週末 ゆっくり

 2月25日。日曜日。

 うちの事務所の確定申告は順調に進んでいるようで嬉しい限り。この分だと2月中で概ね終了という運びになりそうです。まあ、一部は3月に残りますが...。

 例年なら3月に入っても緊迫した空気が事務所を覆っているのが常だったので、ありがたい事この上なし。

 ここ数年でスタッフを大幅に増員したのが効いているのだが、まだまだ入社数年のスタッフだらけなので1人当たりの生産性は大幅に下がっているのでこの改善が今後のテーマですが、とにかく期限に追われない状況が作り出せている事だけは評価ポイントだと思っています。



 私もいよいよTKC関連のあれこれから解放されて3月15日の確定申告期限の終了まで完全フリーの状態になれます。事務所のあれこれや自分自身のあれこれ...などやるべき事は山の様にあるのですが、自分の意思で物事を決めれるのが嬉しい限りです。

 22年前に独立開業して以来ずっと自営業を営んできたので本来的には何をやるには自己責任。自分の時間は自分でコントロールするのが当たり前の世界なんですが、何故かTKC関連のあれこれが割り込んで来てどうしても自分のコントロールから外れた世界が広がって来ました。あながち嫌な事ばかりではないのですが辛い事も...。実に不思議な話です。

 今日は日曜日。

 朝起きると、もう心身ともにグッタリ。朝ランに行く気力も無く、ゆっくりと過ごす予定。昨夜から次女が泊まりに来ているのでウダウダと喋ったり...。

 昼前からは事務所に出勤してあれこれと依頼を受けている講演のレジメ作成や、明日から何件かお伺いする予定の新規のお客さんの関連資料作りに取り組む予定。

 まあ、ボチボチと動く予定です。
 
スポンサーサイト

姫路

 昨日は午後から姫路でTKC近畿4地域会会長会。

 ㈱TKCの姫路SCGセンターで4人の地域会会長と露口全国会常務理事の合計5名と各地域会事務局長、さらに㈱TKCの各センター長や統括センター長が集まって、それぞれの地域会運営についての報告や相談をしました。

 お互いに会長の孤独を背負った者同士。あれこれと情報交換に励みました。

 夜は真正面に姫路城の全景が見渡せる絶景にビューポイントになっている大手前交差点にあるSORANIWAという店で懇親会。さらにその後、姫路の繁華街の魚町にある「クラブ小りん」で二次会。なんとこの店は昭和41年に創業ですから50年を超えている老舗中の老舗でした。

 その後は、私はおとなしく予約を取っていたビジネスホテルに退散。23時頃には就寝。



 朝は6時に起床。そのまま朝ランに行きたかったのですが、昨日にたんまり呑んだので、二日酔いではないものの、走る気にはなれず。姫路城の外周部分をグルリと散歩。

 私は小学校の時以来の歴史フリーク。勉強をさっぱりしていなかったのでまともに行く大学もなかったのですが、歴史絡みだと授業の類をまともに受けずとも悠々と卒業できるだろうという甘い見立てで文学部私学地理学科に進んだ経歴があるのですが、やっぱりこういった城址を目の前にするとウロウロと周辺をうろつきたくなります。

 まあ、私が好きなお城の類はこんな立派な近世城郭ではなくて、日本全国に点在する名も無い山城(全国には3~4万個はあると言われています。お城といえば堀や石垣を想像する人が多いですが、その大半は山の斜面を利用して作られた砦のようなものです。最近は、えらい人気が出てきたようですが。)。とても素人の目で見るとお城が在ったなんて推測できない感じの荒れ果てて、崩れ尽して名残も無くなっているような廃墟です。

 だって、こういった巨大な近世城郭はお城の中でもスーパーエリート。世間一般の人が知っている歴史に登場するスーパーヒーローの世界なんですが、私が愛好している山城は全国にただただ星の数ほど転がっており、その一つ一つが地域のオッサンが世の中の趨勢を怯えた目をして観察し、あれこれと策を弄し、ある時は快哉を叫び、ある時はとんでもない悲劇に見舞われた生活臭あふれる泥臭いステージ。

 かなり歴史を勉強していないと、お城の存在を知ることもなかなかないですし、ましてそこでそんなドラマチックな...、或いはコミカルな人の営みがあったこと自体が分からないような細やかな場所です。いわばお城版の中小零細企業そのもの。

 私たち税理士事務所は文字通りお客さんのほとんど全てが中小零細企業と言われるカテゴリーに入るのですが、そのお客さんと同じカテゴライズにあるのが全国至る所に散在する山城です。まあ、近世城郭に比べて親しみやすさ、人臭さが段違い。



 とりあえず小一時間ほどブラブラと姫路城をブラつき、ホテルで朝食。

 そのまま車に乗って帰阪。事務所には10時に出勤。確定申告真っ盛りのこの時期は税理士事務所の最繁忙期ですから、出勤日になっています。あれこれとお客さんから宿題を頂いているので、今日は一日デスクワークになりそうです。

 

2月22日 淡々と仕事

 昨夜のお客さんの事務所での仕事が深夜にまで及んだダメージで、朝がスッキリと起きれず。

 意識朦朧としたまま事務所に出勤。午前中はメールやスタッフからの日報、個別相談への対応、さらに宿題の山崩しのデスクワーク。

 午後からは眼科のお客さんを担当スタッフと共に訪ねて決算申告と確定申告についての打ち合わせ。一旦事務所に戻り、再びデスクワーク。

 夕方から梅田に出て、提携企業の役員の方と夕食。北新地であれこれと楽しく話ながら、フッと気が付けば1時頃になっていました。私は元来は口が重い方なので、まあ、あれだけのロングラン、よく話のネタが途切れない事だと感心します。さすがに営業の世界で生き抜いて来られた方ですよね。ここのところグンと北新地に行く機会が減っているので、久々のディープな時間でした。



 お蔭さんで、今朝もスッキリと起きれず(笑)。

 今日は午後から姫路でTKC近畿4地域会の会長懇談会。宴席がおそらく21時前に終わるくらいですが、もうその時間帯から大阪まで戻ってくる気力も尽きたのでビジネスホテルを確保して一泊する事にしました。明日の朝一には大阪に戻ってきて出勤という段取りです。

 とりあえず午前中はあれこれとデスクワークを仕上げてしまわないと...。

週半ば バテ気味

 2月21日。水曜日。

 昨夜、某提携企業の社員の方と一献。もう20年近くまえからの知り合い故に話が盛り上がり、日付が変わる頃までワイワイ。アルコールも度が過ぎたようで軽い二日酔い。朝起きるのが辛い。

 朝一、今度新店を出店予定のお客さんの新規運転資金の調達の為に某地銀さんを紹介したので、お客さんの事務所で金融機関の方と顔合わせ。事前に会社の決算書や新店絡みの資料を提出して説明もしていたのでスムーズに話も進む。

 10年弱前にズブの素人から会社を立ち上げ、あれこれと曲折があったものの順調に3店目の出店となったところ。横で見ていて、会社経営をする上で素直で真面目って事が本当に大切なんだなあと勉強させてもらっています。



 昼からは卸売業を営むお客さんを担当スタッフと一緒に訪ねて、部門別の予算立てや中期経営計画立案の打ち合わせをする。こういった予算や中期経営計画を立てる際に使用するソフトウエアが部門別でもスムーズに対応できるようにバージョンアップされたので、このソフトウエアの初使用であった。

 今まで決算見込までは熱心にされるものの、予算や中期経営計画には取り組んで来られなかったのだが、部門別の予算や中期経営計画を作成する画面を説明するとしっかりと興味を持ってもらい、次回訪問時に本格的な予算及び中期経営計画作成に取り組む事になりました。

 やはり見た目に分かりやすく、使い易そうだという印象があった事がきっかけになりました。



 夜は神戸のお客さんの所に訪問し、立体駐車場の売買価額の最終決定交渉の立ち会い。本当に色々とありましたが、両者の見解がようやく一致して話がまとまりました。お客さん側の理論作成の根拠資料を作り続けてきましたが、今回は結構ややこしかった。

 その後、グループ内取引の見直しをあれこれ検討。グループ経営の根幹を支える部分だけに慎重な検討が必要です。課題点をあれこれと書き上げて、次回訪問時までの宿題としました。

 全ての話が終わって事務所に戻ると23時半。今日はヘビーな一日でした。もうフラフラ。

 日付が変わる頃に自宅に戻ってベッドに直行。結構、頭が興奮していて1時間ほど寝付けず。頭はドンヨリと眠りの世界に入っているのですが、芯の部分だけがカッと興奮して何かを考え続けているような不思議な感覚です。

やっとランニングのトレーニング開始

 いよいよ確定申告の仕事が真っ盛り。会計事務所の最繁忙期です。

 が、この時期は、私自身が確定申告の作業を担当する訳では無く、スタッフが仕上げたそれのチェックや問題点の解決、お客さんへの説明などが主な担当ですから、作業的な意味で忙しいという事ではありません。スタッフの皆、すまぬ。かえって会計事務所の最繁忙期という事でTKC全国会関連の行事や提携企業さんから声が掛かる事も少なくなるので、忙しくはあるのですが、一定のペースで淡々と仕事と向き合えるので規則正しい生活が送れる期間でもあります。

 朝ランから遠ざかってどれくらいの時間が過ぎたのかも覚えていませんが、ようやく朝ラン復活です。

 やっぱりランニングの本格的な復調を考えると、地道に毎日走るしかありません。



 6時頃に起床。さすがに早起き習慣が取れてしまったので、ベッドから抜け出すのに一苦労。ランニングスタイルに着替えている最中でも、走らなくても良い理由を探し続けている消極姿勢でいっぱいです。

 コースは超定番の箕面周回コース 6.4km。まずはオーソドックスなコースからスタートです。

 出だしは6分15~30秒/km前後のペースでスタート。早くも息が上がります。

 その後は5分40秒/km前後で走り続けましたが、とにかく呼吸器系がしんどい。足腰も精一杯な感じ。

 やっぱり自分の中では一番走れていた3年くらい前に比べて15%程度は走力が落ちている感じです。30kmを過ぎて粘りが要求されるウルトラマラソン領域に入って来ると20~30%程落ちているのではないでしょうか。まあ、3年かけて坂を転がり落ちる様に落ち続けた走力がその程度で留まっている事にむしろ感謝して、これからコツコツと走力の底上げに励みたいなあって感じです。

 コース終盤は、もう既にアップアップ。とても6.4km以上は走り続けれないような感じでしたが、とにかく本日のto do事項は終了。

 自宅に戻って、筋トレ。これもちょくちょくと断続的に行っていたのですが、今日からは規則的に実施する事にしています。

 とにかく規則正しい運動習慣の復活。これが当面のテーマです。

 

 

仕事のゾーンに入り続けているとやっぱりしんどい

 2月17日。土曜日。

 ひたすら事務所で仕事。19時半から久し振りの池田JC同期会。7名集合。40歳で卒業なんだけれども、それ以来断片的に会う事はあっても7名がまとまって会う事は無し。

 話に花が咲き朝方3時まで飲み続ける。勢いというものは恐ろしいものだ。



 2月18日。日曜日。

 目が覚めると10時前。昨夜の飲み会が響いて朝が起きれず。二日酔いが無いのがありがたいところ。

 ここ数ヶ月はきっちりと週末のどちらか一日はきっちりと仕事を休めているのが嬉しいところ。日曜日はそのまま休みとする。午後からはおニューのテレビで平昌オリンピックを見る。さすがにこういったスポーツ中継は生の映像で見ると楽しいものだ。

 せっかくテレビを買ったのに、我が家でテレビが付いている時間は1週間に半日も無し。さすがにテレビを見る習慣が取れてしまっているので、リモコンのスイッチをわざわざ探すという発想が湧かず。こうしてド~ンと腰を据えてテレビを見ようと覚悟を決めた時だけ見ていると、結果的にほとんどテレビを見ない事になってしまっている。まあ、それはそれで良いけれども...。

 夜も早めに就寝。



 2月19日。月曜日。

 事務所で仕事。

 日報やメール、スタッフからの個別相談などに応えるルーティンの仕事から入る。この辺りはトントンとリズム良く進む。

 明日、㈱TKCの大阪SCGセンターで社員の人を前に30分弱ほど喋らせてもらう事になっているので、その資料作り。ストーリーは既に頭の中にあるのだが、レジメが格好良く編集できずストレスを感じる。どうも自分で一生懸命にこういった類のものを作ると内容はまあこんなものなんだけれども、見た目がたいそうダサい。

 エクセルやワードやパワーポイントといったオフィスソフトで一生懸命に作るのだが、可愛そうなくらいに不格好なそれが出来上がってくるのが不思議だ。こういったものを上手に編集できるように研修にでも行こうかとしょっちゅう思うのだが、生まれながらのセンスの問題だといくら練習しても残念なことになりそうなので、行く勇気が持てない。

 昼ご飯を食べに嫁さんといったん自宅に戻る。往復の時間を入れて、概ね一時間ほど。帰ると「ケン」が退屈そうな感じで迎えに出てくれるのがいつもの事だが、嬉しい。

 事務所に戻り際に、二ヶ月位前の次女の引っ越しの時に無くして困っていたETCカードとガソリンカード(すぐに失効手続きをして、新しいそれを発行してもらいました。)が出てきたとレンタカー会社から電話連絡があったので、それをもらいに行く。

 シートの裏に入り込んでいたらしく、車両整備の時に出てきたとの事。礼を言ってカード類を受け取るが、すでに失効となっているので特段の意味は無し。車の洗車の回数券も一緒に手渡して貰ったのはちょっと嬉しかった。日本はまだまだ立派で良い国だなあと思いました。

 事務所に戻ってくる時に氏神さんの呉服神社にお参り。ちょっと時間があればマメにお参りに行っているのだが、今日は失ったと思っていたカード類が出てきた事を感謝する意味も込めて(出て来ても実利は少なかったのだけれどもね。まあ、それでもありがたい事には違いなし。)。

 昼からは、お客さんの経営改善計画策定支援事業の抜け口で資本性ローンの導入とメイン銀行の移し替えを企画して、今のところ良い線を行っているところなんだけど、それに関する資料作り。意外に手間がかかってたいへんでした。一部だけリアルな数値が分からない部分があったので、そこだけ担当スタッフに宿題をお願いして夕方に終了。



 なんか最近は意識がお客さんの確定申告に埋没してしまって、下を向いて淡々と仕事をこなしていく感じになっている。謂わば精神的な引き籠り状態。

 確定申告そのものは例年より事務所のスタッフ達がかなり成長してくれたお陰で淡々と終わっていくので、私自身はそれをチェックしたり、問題が生じたときにあれこれと頭を悩ませれば良いので随分と楽になっているのがありがたいところ。でも、やっぱり気になってソワソワする気持ちは昔と変わらず。まあ、これは最終責任者だから、この仕事を辞める時まで解消される見通しは無いのだけれども。

 もう少しで寒さも本格的に緩み、春の予感が感じられるようになってきたころに確定申告期限の3月15日がやってくる算段なんだけれども、その日が来るまでやっぱり精神的にしんどいもんだ。
 
事務所のスタッフ達はもう遠の昔に帰宅して、野垣家の3名だけしかおらず。事務所はガラーンとしている。とりあえず、今日は22時頃には帰宅しようと思案中。

黙々と仕事

 いよいよ本格的な確定申告期入り。うちの事務所では順調にお客さんから請け負った確定申告書の作成が進んでいるようでありがたい限り。

 本格的にスタッフの増員に取り組みだして3年ぐらい経ちますが、新人たちもようやく仕事の雰囲気が掴めてきたようで、まだまだ多いとは言えないまでも片付ける仕事の量が徐々に増えてきたようです。専門業種ですので、新入社員が戦力化するのにうちの事務所では少なくとも3年、普通は5年ぐらいかかると見込んでおり、なかなか一人前になるまでがたいへん。事務所としても我慢のしどころです。



 私の方もあれこれと依頼を受けた仕事が多く積み上がっておりデスクワークがたいへん。

 15日。木曜日。

 ひたすらデスクワーク。日報やスタッフからの個別案件の相談、さらにお客さんからの依頼事項の処理。事務所の管理業務など...。

 夕方に、うちの事務所のサーバーのデータ容量が凄い勢いで増えているのでが㈱TKCの方来られて内容調査をしてもらいました。確かに取り扱いの改善すれば良いデータの類も見つかったものの、やはり本来的に取り扱いデータそのものが急激に増えてきているようです。まあ、お客さんの会計データのバックアップなどもうちのクラウド上に設けてあるサーバー領域に保管しているので致し方ないなあという事です。

 さらにお客さんの会計ソフトを従来のDAIC2という建設会計ソフトからクラウド会計ソフトであるFX4クラウドに積み替えるにあたっての事前打ち合わせ。クラウド会計ソフトにバージョンアップして、工事原価管理ソフトからのデータ連携を進めて会計業務の二度打ちと言う重複を無くして経理効率化を進めたり、経理担当者の手を煩わさずとも今より格段に充実した経営管理データの切り出しができるようにするのが目的です。謂わば経理業務から手作業の領域を無くして、余った時間を経営管理業務に役立つ情報提供という領域に進化させる狙いを何とか実現化させようという事です。

 その後、㈱TKCの企業情報部の佐々木さんとパナソニック店会の経理業務の合理化についてあれこれと情報交換。そのまま居酒屋で一献。



 16日。金曜日。

 朝一でうちのホームページを見て、税務顧問の依頼をしたいというお客さんのところに訪問。先方さんから直接電話があったので、事務所の資料を持参してあれこれと内容を説明にあがりました。うちの事務所はとにかくTKCビジネスモデルを徹底的に追及しているというのが特徴ですから、説明が簡単。

 きっちりと経理業務をして、リアルタイムな会計情報を基に的確な経営判断や納税申告、資金調達を展開していきたい真面目なお客さんにはしっかりと満足頂けるビジネスモデルですから、淡々と真面目に説明するだけで良いのが助かります。変な駆け引き無し。ひたすら真面目に仕事に励めば顧客満足に繋がるというところが、ドン臭い私には打って付けだと思っています。

 商談もトントン拍子に進み、従前の会計事務所からの引継ぎであれこれと相談せねばならない事があるものの、是非ともお願いしますという嬉しい返事を頂き嬉しい限りです。

 この仕事をしていて、あれこれ苦労した末にお客さんが喜んで下さった時というのが大きな喜びを感じる瞬間ですが、新しいお客さんの所に訪ねて行ってトントン拍子に商談が進み契約を頂ける時と言うのもやっぱり嬉しい瞬間ですよね。喜びと並行して大きな責任が発生する瞬間でもあるのですが。

 午後一番で非常勤監査役を務めている上場企業の取締役会に出席。

 15時過ぎに事務所に戻って来て、ニッキンを一読。知り合いの銀行マンが記事の主人公になっていたのでちょっと嬉しい気持ちで記事を読みました。彼は毅然とした態度は取りながらもお客さん本位で頑張っていたので、私の印象に強く残っているのですが、やっぱりやり手やったんやなあと再認識。

 最近、ベッドに入る時間が日付が変わる時間帯になる事が多く睡眠不足傾向になっているので眠気が強く、そのまま30分ほど昼寝。30分ほど、本気で昼寝をするとさすがに体が随分と楽になります。

 夕方からは、うちの提携企業を退職してからも個人的に付き合いが続いているI君と晩ご飯を食べに行く予定。職場の同僚も連れて来るとの事。うちの事務所に関わっていた人と、仕事の関係が終わっても細く長く付き合いが繋がる関係というのも、私自身の視野を広げる意味でも良いものです。

 

仕事、仕事、仕事...

 ウィークデイが始まって早くも3日目。飛ぶように時間が過ぎて行きます。

 13日。火曜日。

 朝から税理士会の確定申告の無料相談会。千里中央の千里阪急ビルで開催されました。

 私は、会場の受付係。エスカレーターで次から次に納税相談のために上がって来る相談者の群れに向かってマイクで混乱が起きないように会場整理をして、整理番号順に相談会場に誘導していく役回りです。無料相談会のボランティアと言いながら、頭を使う納税相談ではなくて体力勝負の会場整理役です。適材適所?なんでしょうか(笑)。

 相談者は1時間ぐらい時間待ちをする状況だったので、なにか不適当な事が起こると順番待ちの相談者から不満が噴出してパニックになりかねない緊張感漂うポジションです。パートナーのいない一人だけの役回りなのでちょっと心細い。

 ほとんどの相談者の方はジェントルな対応をして下さるのですが、中には端から喧嘩口調で私に話しかけてくる人も...。

 「税金を払ったるんやから、お前ら、こんなに待たして平気なんかっ! もうちょっと相談員の数を増やすなとして、待たんでええようにせんかいや。」なんて喰いかかって来る人も。

 いやあ、私に会場の設定をどうこうする権限も無いのですが...。

 自分を助けてくれる目の前の人に自分の感情をぶつける人。このボランティアをしていると、毎年そういった方に数名に出会いますが、哀しい気持ちになります。

 確かに私たちの働き振りが完璧とも言いませんし、相談者の方が1時間近く待つ状況が良いとも思いませんが、できる状況で精一杯対応しているのもまた事実。限られた状況の中で、精一杯頑張って、後はお互いの優しさ、思いやりの遣り取りでその場をこなしていくしかありません。

 16時過ぎに無料相談会終了。



 その足で、TKC豊能支部と日本生活金融公庫十三支店との情報交換会に参加。国金側からの情報提供とその後の懇親会。

 うちの事務所のお客さんの大半がお世話になっている金融機関ですから、密接な情報交換が必要です。一般金融機関ではなかなか融資が難しい案件でも頼りになる存在ですから、言わば中小零細企業の生命線ですよね。 

 21時前に懇親会終了。以前ならそのまま2次会に流れて行ったんですが、最近の私はそのまま事務所へ戻りました。なにせTKC近畿大阪会の会長になってからこっち、懇親会の類が多すぎて、そのひとつひとつに最後までお付き合いをしていたら身体がもちません。年齢的な話もあるし...。

 事務所でちょっとだけ仕事をして22時前に帰宅。



 14日。水曜日。

 朝一から大阪市内の某上場企業に出向いて、監査役としての仕事。守秘義務があるので内容は書けません。15時頃に終了。



 16時からTKC近畿大阪会事務局で、山口書面添付委員長と塩見ニューメンバーズサービス委員長の3名で、書面添付普及推進の実行計画作成会議。税理士法33条の2に規定されている書面添付の推進は税理士の職業上の存在意義を明確化させる非常に重要な制度だと思っています。現在、TKC近畿大阪会は全国20地域会の中で普及状況は2位。打つ手が上手くはまって、順調な状況にあるので、書面添付の普及推進の実行計画も立てやすいのがありがたいところ。

 18時前から、TKC近畿大阪会に入会して来られた新入会員3名を前に会長講和を30分ほど。その後、懇親会。地域会では新入会の人が次から次に現れて、順調に税理士業務に馴染んで行ってもらう事は地域会の存続目的でもありますし、会の盛衰に大きな影響を与える重要事項と認識しています。

 懇親会終了後、やっぱり2次会に出席せずにそのまま帰宅。



 ここ数日の間に、顧問関与の問い合わせが数件あり、確定申告期で既存の仕事が大わらわになっている状況の中で大忙しになっています。まあ、嬉しい悲鳴ですが。

 ホームページを見て問い合わせを頂いているお客さんもありますし、お付き合いのある金融機関からの紹介があり、既存のお客さんからのまた紹介もあり。非常にバラエティに富んだ内容です。

 倍々ゲームでの事務所の成長は、業務品質の維持が難しい事もあるのであまり良い事ではないと思っている(売上が倍々で上がればもちろん嬉しいのですが、それでお客さんの信用を失う事になったら元も子もありません。スタッフの教育育成に非常に時間がかかるので事務所の成長スピードに一定の制約がかかります。専門職ゆえの制約線だと思っています。)のですが、適正スピードでの成長は必須事項でもあります(事務所のスタッフの給与は能力の成長と比例させて昇給していかねばなりませんから。)。

 新規のお客さんの紹介は紹介者の意思によるものですから他律的な物なのですが、不思議と自分の気持ちを前向きにセッティングして、ノセて行かないと紹介は来ないものです。ここに合理的な説明を付ける事はできないのですが、何やら不思議なオーラの様なものが噴き出しているのでしょうか。

 

3連休最終日のランニング

 3連休最終日。

 ゆっくりと起床。朝食を摂った後に掃除。一昨日、結構丁寧に掃除機掛けをしたので、比較的ラフに掃除機掛けを済ませて床の拭き掃除を一生懸命にする。フローリングについた汚れを雑巾でゴシゴシこするとピカピカになっていく過程が面白くて、ついつい夢中になる。掃除も遊び感覚でやると楽しいものだ(毎日となるとそういう訳にもいきませんが。)。

 昼前からランニング。

 今日は自宅から旧巡礼街道を西進して、清荒神を往復する事にする。

 一昨日に20日振りくらいに走った疲れがあってペース上がらず。一昨日と同じ7分/kmをちょっと切るくらいのペースでトロトロと走る。幸い呼吸器系の不安は無くなっており、ようやく体調不良から抜け出した感じがする。

 この道は何度も走った事のある通いなれた道だが、とにかくランニングの調子が上がらず、走っている事自体が辛い。ちゃんとした感じで走れるようになるには1ヶ月くらいは泥臭く走り続けないと駄目な感じがする。歳を取ると一旦調子を落としてしまうと、回復にやたらと時間がかかるものだ。リカバーが難しくなってくるので、調子を落したきっかけでランニングを離れてしまうというパターンも多いのだろうなあと思う。

 清荒神は相変わらず大勢の人がお参りをしており、山門前の駐車場からの参道は歩いている人に迷惑になるので歩く事とした。密かに嬉しかったりする(そんな事を感じるくらいなら走るのを止めてしまえば良いのにねえ。不思議です。)。

 往路はしんどいなりに誤魔化して走るも、復路では体だけではなく精神的にも走る事が辛くなってしまう。小雪がチラついてきたので「並行して走る阪急電車に乗って池田に帰ろうかな。」なんていう考えが浮かんでは消える。

 体力が落ちると、精神力そのものもグサグサに落ちてしまうものだ。やっぱり精神力と言うのは強固な体力に支えられている面も大きいのではないだろうか。

 最後の方は本当にヘロヘロになって池田駅前の我が事務所にゴールイン。18kmごときでこんなヘロヘロになっていたら、これから始まるウルトラマラソンのシーズンを考えるとお話にならない。絶望的な気持ちになる。



 事務所では嫁さんだけが出勤をして、スタッフから提出されてきた確定申告書のチェックをしていた。今年は確定申告の進行が例年に比べて格段に速いので、チェックをするタイミングも随分と前倒しになっていて嬉しい悲鳴だ。

 私は、スタッフから上がってきている個別の相談事項が何件かあったので関連資料を見るために顔を出した。

 家で義母が待っているので、早々に二人とも必要書類を鞄に詰めて帰宅。

 昼から関連書類のチェックや、事務所業務の改善提案、講演のレジメ作成、税制改正関連の勉強などを自宅に籠ってやるつもり。今までは二人して休日でも事務所でこういう事をやっていたのだが、義母が我が家に来てからはできるだけ家に持ち帰ってやる事にしている。

 事務所でこういった仕事をやるのに比べて随分とリラックスモード。昼寝もし放題だし...。精神力が試される。試練である(笑)。

続きを読む

しんどいランニング

 土曜日の午後。

 体調不良による20日以上の空白を埋めるべくランニングを開始。

 走り出しの1kmほどが苦しくって、苦しくって...。久々に死ぬかと思いました。ペースは7分30秒/kmくらいですから苦しいはずがないのに、呼吸器系が完全に機能不全を起こしていて息が続きません。

 ここのところの呼吸器系の不調も日常生活を送る上ではようやく落ち着きを取り戻して、そろそろ治りきったかなと思ったので走り出したのですが、やっぱりランニングで負荷を掛けると本調子にはほど遠い事がよく分かりました。

 ほとんど歩いているようなスローペースでもがいている自分が悲しくなりました。

 何とか立ち止まらずに走り続けましたが、「こんな調子じゃあ、もうランニングは駄目じゃないかなあ。」なんて弱気な感想が頭を横ぎります。

 2~3kmを通過する頃にようやく呼吸器が落ち着きだして、まともに息が肺に入って来るような感覚に。と言っても2~3割ほど酸素の量が少ない様な感じ。

 徐々にランニングのペースも上がり出し、最終的には総平均ペースが7分/kmくらいまで上がりましたが、こんなんじゃあお話にならない感じです。

 10kmを通過する頃には足腰に疲れが出て、思うように走れていません。もうヨタヨタ。

 結局、箕面周回特大コース+今宮の14kmを走ったのですが、もうしんどくって、明日はもう走るの嫌だなあっていうマイナス気分モードに入ってしまっています。

 体調が悪い時のランニングってのは本当に辛いもんです。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR