FC2ブログ

バタバタとやる事一杯で忙しい休日

  3月23日。土曜日。

 昨日はあれこれとヘビーな一日だったので9時頃までグッスリ。随分と遅い目覚めになる。起きてからもしばらくボーッとして身体が動かず。

 昨日から2泊3日で嫁さんは次女と姫路から倉敷、児島方面に旅行に行っているので、ゆっくりと一人で「ケン」の朝食と一緒に私の分の御飯を作ってラジオを聴きながらグダグダと朝食。その後、新聞をダラダラと読んで時計を見ると10時半。

 このペースで過ごしているとアッという間に一日が終わってしまうので、慌てて家の掃除機掛けを済ませて、着替え。



 そのまま箕面周回特大コース+今宮 14.2kmを走る。

 何だか気分が乗らずユルユルペースで走り続ける。結局、総平均ペースは6分7秒/km。まあ、とりあえず走りましたという言い訳ができる程度の義務的ランニングになってしまいました。残念。



 ランニング後、長風呂。この瞬間が一番嬉しい。



 14時から事務所に顔を出して、宮古島トライアスロン大会本番に向けてしっかりとパッキングしたトライアスロンバイクをヤマト運輸に持ち込んで郵送の手配をする。あまり取り扱わない類の多いな荷物なので社員の人も扱いに慣れていないようで、手続きに相当手間取る。過去に2回同じやり方で送っているので、単に相手方が慣れていないだけだと分かっていたので気長に待ち続けたが、初めてだと「ひょっとして駄目なのかなあ。」と不安になるよね。

 帰りにコーナンに寄って、事務所用の芝刈り機とハイプレッシャーの洗浄機(ケルヒャー)を買う。芝刈り機は屋上緑化の芝生の手入れ用だが、初号機が使い始めて10年になり全く芝生が刈れない状態になってしまった事からの買換えだ。

 あれこれと手間取って事務所に戻ると16時過ぎ。なんだか上手く物事が進まず、ちょっとイライラ。

 その後、公認会計士の認定研修の受講時間数が足りないので、レポート書きを進める。18時前に事務所でやるのを諦めて、書籍一式を自宅に持ち帰って夜なべをする事に。憂鬱だが23時ぐらいまで黙々とレポートに取り組む。何も年度末の提出期限ギリギリに手を付けなくても良いようなものだが、夏休みの宿題は期限ギリギリで大慌て、もしくはやっていない言い訳を考えるのに必死だった子供の頃の習慣は58歳になっても抜け切らないものだ(笑)。



 夕食はスーパーで買い込んだステーキ肉を焼いて、豪華な一人飯。一人であれこれと作って一人で食べるのもたまには楽しいものだ。

 デザートは苺。一人なのでいっぱい食べれるのが嬉しいところ。
 
 
 
スポンサーサイト

朝ラン

  3月22日。金曜日。

 とりあえずちょっと早起きをして朝ランへ。コースは超定番の箕面周回大コース 8.6km。

 寝起きに近い状況で走り出したので、出だしの1kmは身体が思うように動かず6分30秒/km。なんだか今日も調子がいまいちだと思いながら走り出したのだが、1km地点ぐらいから急に身体が動き出してペースアップ。やっぱり実際に走ってみない事には調子の良し悪しというのは分からないものだ。

 5分30秒/kmまでペースが上がり、多少の上げ下げはあったものの最後までハイペースが続く。

 総平均ペースは5分42秒/km。

 絶好調とは言わないまでも、徐々にランニングの調子が上がってきている感じだ。ちょっと嬉しい。



 9時から事務所の幹部会議。確定申告が終わったので、課長とスタッフで個別面談をしてもらおうと思っているのだが、その際のポイントをあれこれと打ち合わせ。

 また、うちの事務所での巡回監査支援システムの使い方がまだまだ甘い部分があるので、この確定申告明けから甘い部分の改善をしていく際の問題点やスケジュール感についても打ち合わせ。

 その他諸々について話し合ってお昼前に終了。



 13時からは今度は企業防衛委員会内で4月からの一年間の取組課題の打ち合わせ。



 19時半からお客さんの所に担当スタッフと訪問して、今後の会社の収益構造をどうしていくのかという経営方針に関わる部分の打ち合わせ。あれこれと激論が続き、自宅に戻ったら23時。お客さんとあれこれと奥深い領域に切り込んで打ち合わせをして問題解決を進めていくのはこの仕事をしていて感じる醍醐味のひとつだが、さすがにグッタリ疲れる。

 帰宅後、そのままベッドにバッタリ倒れ込んで就寝。
 

春分の日は一日中ガサガサ

  3月21日。木曜日。

 春分の日。休日なんだけど週初めから2泊3日で東京から熱海にTKC絡みの会議で出張していたもので、やる事がたんまり溜まっていて休みどころではなし。

 朝は雨が降っていたのでスロースタート。8時頃に起きて、丹念に自宅を掃除機掛け。ゆっくりと朝食を摂って11時頃に事務所に出勤。

 誰も居ないガランとした事務所でまずゆっくりと紅茶を飲んでひと息。

 スタッフの日報やイントラネットで個別の相談事案を片付けて、メール対応も。出張先でもやっていたのだけれどもあれこれと慌ただしくって結構未了の案件が溜まる形になっていました。

 一渡り目先の仕事を片付けて、あれこれと頼まれたTKC関連の仕事に着手。さらに明日の幹部会議の資料を用意しにかかるがなかなかスムーズに進まず。ちょっとイライラ。

 15時前に4月上旬に出場予定の宮古島トライアスロン大会本番に向けて事前整備に出していたトライアスロンバイクの引き取りに自転車屋さんに出向いて、それから宮古島に向けて発送をする梱包準備を始める。これが結構時間を取られて大仕事だ。バイクのホイールを外すまではどうということは無いのだが、ハンドルやサドルさらにペダルを外して本番用のウエアの類を詰め込んだりしていると2時間ぐらいあっと言う間に経ってしまう。まあ、明日には運送屋さんに出せる段取りができたのでとりあえずひと息。

 そこから再び仕事を再開。交通費等の立替経費の精算を済ませ(これが案外手間なんですよね。)たり、出張の飛行機便の予約をしたり...。最後は再度幹部会議に向けた資料作りに挑んで頭を悩ますが、ふと時計を見ると20時を回っているので、とりあえず自宅に戻ってダイニングテーブルで知恵を絞る事に方針変更をする。

 今日はジムの大規模改装も終わっているのでスイムの練習を再開させたかったのだが、そんな時間的余裕は一切無し。なんだかバタバタと取り留めの無い仕事やトライアスロン本番に向けた準備で追われてしまった。なんだか、やらなきゃあアカン仕事や雑用だけど、達成感の薄い一日になってしまった。

 今夜は、これからちょっと腰を据えて頭を捻ってそれなりの成果物を出さないと、本当に何がなんだかなあという一日に終わってしまいそうだ。ちょっと頑張るとするか。

出張中もなんとか朝ラン

 前述した2泊3日の東京~熱海出張中も朝ランは欠かさず実行しました。毎晩、夜遅くまで呑んでいた割には偉い!と自分自身を褒めてやりたい気分です(まあ、それくらいしか褒めてやるところが無いからね。)。



  3月19日。6時前に起床。なんだか昨夜のアルコールがちょっと残っているようなだるい感じだけれども、水を一杯飲み干してそのまま皇居周りを朝ラン。さすがに調子が良いとは言えないので、走りに出ただけで立派だと思うのですが。

 総平均ペースは6分14秒/km。まあ、とりあえず走ったという感じです。

 飯田橋のホテル エドモントから九段下、北の丸公園を通って皇居の周回コースに合流して、そのまま周回コースを竹橋まで走り、その後はホテル周辺を適当にブラブラと散歩がてらに走って7.5km。

 出だしの2kmまではまともに走れるような状況でもなく、7分/km前後でブラブラ。もう、このまま走るのを止めようかと迷うも、なんとか皇居の周回コースに合流したので気を取り直してここからペースアップ。

 やっぱり皇居の周回コースは走っているランナーの数が多く、中には結構ハイペースなランナーもいるので、徐々にペースガ引っ張られて上がっていきます。周回コース上に限って言えば5分15秒/km前後でランニング。出だしの2kmとは全く別人のようなペースです。やっぱり走っている周りの人の影響っていうのは大きいものです。

 ラスト1kmのホテル周辺のブラブラランはまた一気にユルユルペースに逆戻りして7分30秒/km程度。まあ、頑張った後の足慣らしみたいな感じで、あっちこっちをキョロキョロと見回しながらほとんど散歩の延長みたいなもんです。



 3月20日。二晩連続の宴席で相当きつかったのですが、なんとか6時に起床。

 全く気が乗らない感じでしたが、後楽園ホテルの裏山を上がっていき熱海城を過ぎて3km弱ほど行った所から折り返しです。行きはほとんど緩やかな上りで帰りはずっと下り。熱海の海岸まで降りて来てからは海岸沿いを後楽園ホテルと反対側の街外れまで走って往復。

 距離にして7.5km。総平均ペースガ7分/km弱ですから、まさに走るだけは走ったよという言い訳程度の朝ランになりました。

 まあ、出張先で走ると日頃見知らぬ土地を走る楽しさがあるので、調子の良い悪いはいろいろあるのですが、ささやかな出張の喜びではあります。

 その土地、その土地が発する表情や匂いを感じていると、急にその土地との心理的な距離感が近くなったような気がします。

 まあ、交通機関だけを利用して仕事だけをして帰ってくるだけじゃあその土地を知るという事についてはなかなか難しいのですが、ランニングを挟み込むと急にその土地が身近なものに感じれるようになる不思議。まさに現場感覚という言葉が良いのかどうか分かりませんが、身体を通して知る現地情報というものがあるのだなあと思います。
 

東京から熱海へTKC関連で2泊3日の出張

  3月18日から20日までの3日間は東京から熱海へ2泊3日のTKC漬けの出張でした。

 18日は東京の飯田橋にある㈱TKC本社の会議室で正副会長会議。19日のお昼から20日のお昼までは熱海の後楽園ホテルで企業防衛の全国共同推進会議です。

 確定申告を終えてホッとひと息つこうというタイミングでまさに間髪を入れずで集合がかかりました(泣)。



  3月18日は昼過ぎからの会議なので、10時発の飛行機に乗り込んで東京へ。

 週初めという事もあるのでしょうが、私の携帯メールにスタッフやお客さんから矢継ぎ早にあれこれと連絡、相談事項が入りてんやわんやの道中でした。まあ、昔なら一旦出張に出てしまうと、なかなかスタッフやお客さんと同時進行的に打ち合わせを進めて行くという事が物理的に不可能でしたが、近頃は便利になったものです。

 昼過ぎからの正副会長会議はいつもながらにヘビーなテーマが目白押し。私の近畿大阪会としても相当気を引き締めて対処せねばならない事案が多くてあれこれとメモしたのですが、まあ宿題山積と言ったところです。まあ、それが仕事ですから文句を言っている場合じゃあないのですが。

 夜は懇親会。その後2次会、3次会。

 まあ、他の地域会会長はみんな元気です。私は2次会の後半ぐらいからグテングテンになって来て、途中から部屋に戻りたかったのですが...(笑)。

 日付が変わる前にホテルの部屋に戻れたのが幸いです。



  3月19日。昼過ぎから前述したように熱海で会議。その前に近畿大阪会の企業防衛委員会の先生方と熱海駅前で昼食を一緒に食べる約束だったので、時間を逆算して10時前にホテルを出発して熱海まで移動。

 今年の企業防衛は、屋台骨に係るほど影響が大きいと思われる保険商品絡みの税制改正の行方が見えないので、毎年のそれより少し運営が難しいなあという状況でしたが、不確実な状況の中で懸念に今後の方向性を捻り出そうと苦労されている様が見えて頭が下がりました。

 まあ、なんでも実務の世界ですからビジネスの前提条件が根こそぎ変わるような大激震というものが時折起こるのですが、まさにこのタイミングでそれが起こっているという感じです。まあ、企業防衛本来の目的を忘れず、愚直に原点を見つめ続ける事が最大の解決策に繋がるのではないかと思っていますが。

 夕方からは400~500名のメンバーが大広間に集まっての大懇親会。毎年の恒例行事です。その後、2次会からまさかの締めのラーメンで日付が変わる頃に部屋に戻りました。近頃、22時を過ぎると極端に眠気が強くなりメロメロになる度合いが激しさを増してきたジジイに2晩連続の夜更かしは辛いものがあります。



  3月20日。9時から参加者がそれぞれグルーピングされていて企業防衛の取組についてディスカッション。その後、近畿大阪会メンバーが集まって再び今後の企業防衛の普及に向けた打ち合わせで12時にお開き。

 私はそのまま大阪に戻って、TKC大阪SCGセンターに顔を出して夕方から近畿大阪会のTKCモニタリング情報サービス普及の基本施策について専務理事や委員長、㈱TKCの統括センター長やセンター長と2時間弱ほど打ち合わせ。

 年一で決算時だけお客さんの所に顔を出して決算申告をする多くの税理士と違って、TKC会員は月次巡回監査をきっちりとこなし、正確な月次決算に基づく経営指導を行い、精度の高い決算申告書を作成した上で税理士法第33条の2の書面添付や記帳適時性証明書、中小会計要領チェックリストなどを付けて国税当局に対して品質の高い決算申告書を提出しているというアピールをしてきた結果、国税当局からその意味を認めてもらえるような状況は手に入れつつあるのだけれども、民間金融機関などはまだまだこういった現状を理解してもらえるようにはなっておらず、このTKCモニタリング情報サービスを足場にしてきっちりとアピールしていきたいものです。

 税理士業界の信頼性アップもしくは自分の事務所の信頼性アップだけに関心があって取り組んでいるような書き方になっていますが、そういった信頼性が高い税理士事務所が提供した決算申告書に対する融資がスムーズに進むような状況を創り上げる事で最終的にお客さんの満足に繋げる事ができると考えています。

 まだまだ、税理士と言っても玉石混合の印象が強く、金融機関全般から全幅の信頼を得られるような状況が作れていないのですが、我々の業務の信頼性をきっちりと確保する事で金融機関の業務の効率性や安全性が格段に向上する事に繋がり、ひいては融資を受けるユーザーの利便性にも繋がっていく事になるのだと思っています。

 地域会に対する普及ですから、べき論に偏ることなく(ある意味、べき論だけだと模範答案を真顔で述べるだけですからやりようによっては簡単な事ですよね。)、できるだけ目線を下げた普及活動を進めて行かないと幅広い普及に繋がらないので相当の工夫が求められます。
 
 打ち合わせ後は近所の中華料理屋で晩御飯代わりにちょっと一杯。

 自宅には23時頃の帰宅になりました。なんだかこの3日間はずっと喋りっ放しだったので随分と疲れた印象です。

ゆっくりと距離を踏むランニング

 3月16日。土曜日。

 確定申告明けの休日。どれだけ楽だった言っても、やっぱり事務所にとっての一大イベントが終るとホッとするもので、朝はゆっくりと惰眠を貪る。精神的にはそれなりに疲れていたんだろうなあ。

 ゆっくりと起床をして、家の掃除機掛けを丹念に済ませて朝食。それからゆっくりと新聞。

 一渡りの朝の恒例行事を済ませて時計を観るともう昼前。まあ、随分とゆっくり過ごしたもんだ。



 13時過ぎから万博会場を目指してランニング。自宅から旧巡礼街道、さらに旧西国街道を走って万博周回道路を一周してそのまま自宅まで戻ってくる28kmのコースだ。

 なんだか寒冷前線が本州上空で停滞しているようで、にわか雨が降りやすい不安な感じ。気温も低めでいまいちランニングをする気になれない嫌な天気だ。

 出だし1kmは7分/kmくらいでトロトロと走るが、そこから6分/km前後のペースだ淡々と巡航していく感じ。調子は良い事も悪い事も無し。万博の外周道路に差し掛かると同じ周回道路を走るランナー達に引っ張られて5分30秒/kmくらいまで上がるが、またそこから自宅までの戻り道では6分~6分20秒/km程度のペースに戻る。

 まあ、一人で気ままに走っているので、ついついだらけてしまってペース維持が難しいなあと思います。

 万博周回道路でかなりきつめの夕立に見舞われるが、武道館の軒先を借りて5分ばかり雨宿りをしているとピタリと雨が止んだので助かりました。たまたま、雨脚がきつくなって来た時に軒先が見つかったから良いようなものの、そういったものが見当たらなかったら肌寒いこの季節で濡れ鼠というのも様にならないなあと思う

 また、万博周回道路近くのファミリーマートのイートインで軽食を摂る。一人ぼっちでイートインでパンを貪っているとなんだかちょっと侘しい感じがするが仕方なし。

 自宅に戻ってから、ゆっくりとお風呂。

 そのままテレビをボーッと眺めて...。まあ、完全に頭を使わないユルユルの一日になりました。

 

確定申告打ち上げ

 3月15日。金曜日。

 いよいよ確定申告最終日。と言ってもうちの事務所は山場はとうに過ぎてしまっていて、昔の様に最終日独特のバタバタ感なし。なんだか「本当に困難で良いの?」というくらいの緊張感から縁遠い空気感の中で日が暮れて行きました。

 秩序整然として終わった確定申告という感じ。まあ、めでたい事なんですけど、昔を知る人間としては当時のバタバタ感、緊張感が懐かしいような気がしたりして...。



 7時頃からとりあえず朝ランへ。昨夜、提携企業さんと一杯呑んだので走りたくない気持ちが強かったのですが、「とりあえず継続は力也。」という事で超定番の箕面周回大コース 8.6kmへ。

 手元のGPSを後で確認すると嫌々走り出した出だしの1kmくらいは7分/kmのユルユルペースだったけれども、辛抱して走っている間に6分/km前後までペースが上がっていました。

 まあ、義務的に走った感じですからこんなもんです。

 帰宅後、掃除機掛けをして、そのまま汗を流しに朝風呂へ。それからゆっくりと朝食を摂って出勤。まあ、いつもの朝のちょっと調子悪い版ってところです。



 今日は確定申告最終日という事で私自身の予定は特に入れず、何か緊急事態があればいつでもどこでも駆けつけれるようにしていましたがそんなスクランブルな事も無く、前述したように気が抜けるほど平穏無事な一日でした。めでたし。

 昼前には積水ハウスさんの収益物件の現地見学会にお客さんと担当スタッフと3人で見学に出かける余裕があったくらいで、昼からは小一時間くらい昼寝をするほど時間を持て余しました。

 まあ、スケジュールをきちんと守って仕事を納めていくと必然的に期日が来ても慌てなくて済むのは当たり前の話ですが、そこは実務ですから飛び込みの話があったり、既存の案件が思わぬトラブルに見舞われたり、事務所スタッフの問題が生じたり...。

 予定が狂う事由なんて山の様にありますから、 とにかくめでたい。

 しかし、人間というのは勝手なもので、余裕が有れば有ったでもっと仕事を詰め込んでひっきりなしに仕事をしている状態やないとアカンのと違うやろかと変な不安が頭をかすめたり...。

 まあ、昔から脇目も振らずに仕事、仕事、仕事で生きてきたので、余裕ができると罪悪感を持ってしまう妙な病に冒された様な...(笑)。



 18時過ぎから地元の「ふぐ好」で事務所の確定申告の打ち上げ。事務所スタッフ全員が揃って粛々とお疲れさん会です。

 まあ、今回の確定申告は繰り返しになりますが、うちのスタッフ達が頑張ってくれて大助かりでした。成長著しいと言えば良いのかなあ。課題もいろいろと見えましたが、以前に比べて問題点が遥かに絞られた様な...。

 所長としては嬉しい限り。今までと違って、始めから終わりまで裏方に徹するだけで終わった初めての確定申告だったと言えば良いのかもしれません。

 てっさにてっちり...と河豚のフルコースをつつきながら、今回の確定申告の様に初めから終わりまでずっと脇役で静かに料理をつつきながら、事務所の成長の手応えを噛み締めた一晩になりました。

朝ラン

 3月14日。木曜日。

 今年の確定申告期はかなり順調に仕事が進み、ありがたいことに心理的にもかなり余裕があったのですが、やっぱり仕事の方が気になってトライアスロンのトレーニングの方は停滞気味。やっぱり仕事で気にかかる事が多いとノビノビとした気持ちでトレーニングができません。

 世間では仕事とプライベートをきっちりと切り分けて...と言う人がおられますが、偉いなあと思いはすれども私は俗人なんでどうしても引っ張られてウダウダになってしまいます。まあ、人間だもの、そんなに完璧に自己コントロールしきる事って難しいですよね。

 また先週半ばから体調を崩していたので...。

 とりあえず今朝から朝ランを再開。久々に走る感じなのでペースは気にせずゆっくりと走りました。コースは箕面周回大コース 8.6km。

 出だしの1kmはかなりぎこちない感じで走って6分20秒/km。その後は5分40秒~6分/kmの間をウロウロしながら走り切りました。

 走っていると、辺りはすっかり春の気配が漂い、寒さも緩み走るには絶好の気配になっていました。

 これから4月中旬の宮古島トライアスロン本番に向けて徐々に調子を上げていかないとなあ。



 午前中は大阪市内のお客さんの所に担当スタッフと同行して、決算見込みと納税予測の相談に行きました。懸案だった不良在庫の処分もしっかりと織り込む良い決算になりそうで嬉しい限り。ここ数年はそこそこ立派な黒字を上げれるようになり、調子が上がっていましたが、これで胡坐をかかず来期以降はRPAに足を突っ込んで「働き方改革」にも対応できる業務体制づくりに取り組んでいく話になりました。

 昼過ぎにクリニックを営んでおられるお医者さんの所を訪問して、先生とも1年半振りに顔を会せてあれこれとお話をさせて頂きました。クリニックのスタッフさんの雰囲気がとても明るくって和気藹々の良いムードです。

 夕方からは提携企業さんと一緒に夕食。あれこれと仕事絡みの話をしながら3時間ほど楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 確定申告最終盤になって、それとはかかわりの無い仕事をあれこれと出来る幸せを噛み締めながらの一日になりました。




 


 

雨が降っていたので朝ラン中止

 3月12日。火曜日。

 夜中に目が覚めて、小一時間ほど眠れず。ここのところ体調が悪く、早寝遅起きを繰り返してきたお陰でさすがに睡眠時間が余り出したあおりなのか...。

 朝、起きて外の様子を確かめる雨降り。

 今朝から朝ラン再開という事を考えていたのだけれども、あっさりと中止。体調不良もようやく治る目途が立ってきたのに、ここで無理をしてぶり返したらもったいないもんね。



 午前中はデスクワーク。

 10時過ぎに某提携企業さんが陣中見舞いという事で事務所に顔を出して頂いたので、30分ほどあれこれと雑談。

 昼頃に某地銀さんを訪ねて、うちのお客さんの借り換えの相談をする。確定申告でいろいろと資料を見ていて、場合によっては借り換えでいくらか金利負担が楽になる可能性も有るなあという事で、お客さんに一声掛けてから、銀行さんの所に出向いてあれこれと打ち合わせました。

 私たちの仕事は、できる範囲でお客さんに選択肢を一つでも多めに提供して、その判断についてしっかりとサポートをする事。最終的に借り換えが通るか否かは金融機関さんの内部の判断になるので、最終結果に責任を持つことは不可能ですが、可能性がある場合にトライをお勧めしてみる。上手く行ったら喜ぶし、残念な結果に終わればまた次の選択肢を求めて情報収集を始める。。。ってなところがサービス内容の一つになるのでしょうか。

 14時から公認会計士試験に合格して最初に務めさせてもらったあずさ監査法人のOBを対象にしたCPE研修を受講。公認会計士資格を維持するために3年間で合計120単位。単年度で最低20単位の他に取得が求めらるので、これをクリアするのが必死です。

 私の場合はTKC全国会の方で生涯研修の受講時間が最低54時間求められていますし、税理士資格維持のために年間36時間を要求されているので、ちょっと辛い。

 まあ、兼用で申請できる単位もあるのですが、それにしてもそれぞれの団体が自分の基準で単位計算をするので合わせていくのも大変です。まあ、資格維持が楽だというのも、それはそれで問題な気がしますが...。

 私はお尻に火が付かないと頑張れない絵に書いたような泥縄人間ですから、年度の終わりの今頃になってバタバタと単位取得に励むのが恒例になっています。毎年、こんなことで良いのかなあと思うのですが、性分というのは恐ろしいもので...。



 事務所を早めに切り上げて、ちょっと休憩をはさみ、20時頃からスイムのトレーニングをしようとジムに行くが改装工事で休み。ガ~ン。

 

 

 

今朝も雨

 3月11日。月曜日。

 今朝も雨。

 まだ、体調不良が治まらず。結果、8時過ぎまでグタグタ寝。

 昨日も結構時間があった割に、本を読む気にもなれず。集中力が保たないというのは辛い事です。

 午前中はデスクワーク。2件ほど提携企業の方が陣中見舞いも兼ねて来られて、あれこれと相談。

 昼過ぎからお客さんの所に担当スタッフと訪問。予定よりかなり早い時間に先方入りして、あれこれと会計回りの業務フローや会計処理のための基礎資料或いは会計からアウトプット若しくはアウトプットして欲しい経営管理資料などを調べようと思っていたのだけれども、社長も既に時間を空けていつでも相談可能な状況を作っておいて下さったので直近の会社の経営状況をヒアリングさせてもらい、そのまま決算見込みと来期の予算見込みの打ち合わせに入る。

 半年前に不充分な先方からの資料を物ともせずに事業買収した(仲介業者を通さずに当事者同士で直接話し合いをして進めました。それだけにたいへんでした。)後に、案の定あれこれと問題が噴き出したのですが、それなりにちゃんと問題点潰しに務めて買収前の赤字体質は完全にシャットアウトできた状態になったなあというめでたい話になったのが嬉しいところ。

 まだまだ、恥ずかしながら、半年を経過しても経理業務のフローが立ち上がり切っておらず、問題点は山積しているような状況なので、今後の経理業務改善に対する打ち手についてもあれこれと相談。



 夕方に事務所に戻ってからは、お客さんの所に数件ほど電話。新規開業案件の話やら、経営再建の話やら...とにかくルーティンではない案件の調整ばかりです。電話がひと段落するとスタッフからの担当案件の個別相談や日報、メールのチェック。ふっと気が付くと早くも時計は20時を指しています。

 今日のところはこの辺にしようか。まだ、何だか体の芯の方のダルさが抜けきっていないしなあ...。

 
 

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR