FC2ブログ

リカバリーラン

 1月19日。月曜日。

 5時半起床。ストレッチ。やればやるほど自分の身体のあまりの方さに悲しくなってしまう。

 6時過ぎから朝ラン開始。

 雨が微かに降っていたので中止にするのかそのまま行くのか迷ったけれども、思い切ってGOサインを出す。

 昨日のハーフマラソンの疲れが残っているので、今朝はリカバリーを目的としてゆっくりペースで走る事にしました。ペースも途中での確認は一切無し。

 コースは箕面周回大コース 8.6km。

 さすがに出だしは身体が重く7分/kmで入るが、徐々にペースが6分/km程度まで上がってきた。最終的に総平均ペースは6分22秒/kmだから、まさに疲労抜きのリカバリーランという感じだ。
スポンサーサイト

天空ハーフマラソン大会

 11月18日。日曜日。

 さっきのブログにも書きましたが、二週連続でハーフマラソンに出場。

 先週は久々にスピードを意識して走る大会に出場した事もあって、スピードに体がついて行かず随分と疲れたのだけれども今回はどうでしょうか。何となく疲労が抜け切っていない感じなので、いささか悪い予感もするが...。

 この大会は全国でも珍しく高速道路を完全閉鎖して最初から最後まで高速道路を走り続ける大会。

 ICに隣接する高校グランドから一気に高速道路上まで急傾斜の道を60mくらい駆け上がり、その後、40mの上りを2回、60mの上りを1回上り、上った分だけ下りがある折り返しコースだ。ざっと200mほど上って、200mほど下るアップダウンがかなりあるのが特徴だ。

 会場に着いてからスタートまでかなり時間があったので、人工芝のグランドに寝転がって居眠りをして時間待ち。すっかり身体が緩んでしまった状態でスタートを迎える。

 スタート直後の60mの上りはかなり抑え目で走る。

 天気は快晴で走っていると暑いのだが、トンネル部分のウエイトがかなり大きく、トンネルの中は気温が一定で走り易くって助かる。

 上りを心配していたのだが、逆に下りでかなりスピードがのり、最速で4分10秒/kmくらいまでペースが上がる。上りも心配したほどペースが落ちず6分ちょっと/kmくらいでしのぐ。先週は河川敷コースだったので完全フラットだったのだけれども、こうして実際に走ってみるとある程度上り下りがある方が使う筋肉も微妙に変わるのかもしれないが、思ったより疲労感が少ない。

 ペースも最後まで落ちず、1時間49分16秒でゴール。先週に比べて5分もタイムが短縮。

 ハーフマラソンの出場者は568名だったようだが、全体で133位。上位1/4に入っているので自分なりには満足。50歳代の部では129人中の29位。まずまず、よく頑張りました。



 ゴール後は参加賞の弁当をや茶がゆ、鮪の刺身をゆっくりと食べながら同行の桜井さんと嫁さんのゴールを待つ。

 二人とも調子が悪いなりになんとかゴール。

 まあまあ、来た甲斐がありました。



 15時位に新宮を出発して、そのまま熊野本宮大社にお参り。この辺りは温泉天国。湯の峰温泉、川湯温泉、渡瀬温泉に龍神温泉。今回はまだ行った事がない渡瀬温泉の大露天風呂で疲れを癒して中辺路を車で走って大阪へ。自宅には21時前に到着。

 熊野は本当に魅力的な場所なんだけれども、大阪から車で行くと本当に遠いなあと行く度に思う。まあ、歳から遠いから元々持っている魅力が欠ける事無く今に伝わっている側面もあるのだろうけれどもね。

新宮で朝ラン

 1月18日。日曜日。

 今日は和歌山県新宮市で天空ハーフマラソン大会に出場する予定。先週は枚方で淀川河川敷を走るリバーサイドハーフマラソンに出場したので週末連チャンだ。

 朝、5時頃に起床して、入念にストレッチ。全く体が折れ曲がらない。無理矢理に曲げるとバキバキと関節から嫌な音が鳴り響く状態。いつの間にこんなに固い体になったのだろうか? 確かに元来から固かったのだが、こんなバキバキと音が鳴ったりはしなかった。歳のせいなんだろうか。

 6時からホテルをスタートして、ウォーミングアップを兼ねて7分/kmでゆっくりとランニング。市街を横切り、新宮城に突き当たって左折。そのまま熊野三山の一つである熊野速玉神社へ。

 神社に着いてもまだ陽が昇る時間帯になっておらず真っ暗闇。奉仕のオバチャンが1人で境内を掃き清めておられたので挨拶をして本殿に向かい、お参り。

 お参りが終わり、神社を出る頃にようやくぼんやりと陽が出始めて、ようやく朝の雰囲気が漂い出した。

 そのまま先ほど横を通り過ぎた新宮城へ向かい、本丸まで登って新宮市内を一望する。完全に熊野川を睨んで縄張りが組まれており、吉野や熊野の山の産物を熊野川の水運で運び出す積み出し港として栄えていた面影が残る小さなお城だ。

 縄張りも熊野川を背に、市街の平坦地に聳える小さな独立丘陵の急傾斜を利用して作った単純な構え。まあ、本州の脊椎部から随分と離れた紀伊半島の最南端部にそれほど大きな勢力がわざわざ攻めて来る事も考えにくかったのだろうなあと思われる。

 その後、市街地をあっちにウロウロ、こっちをウロウロと散歩を兼ねて6分20秒/kmくらいでゆっくりと流す。

 ホテルには6時40分頃に到着。

 結局、総距離は4.5km。総平均ペースは7分11秒/km。

 まあ、ウォーミングアップとしたらこんなものか。

 

今日から新宮へ

 11月17日。土曜日。

 5時半頃に起床。広島の二日間は忘れていたストレッチを30分近くかけて入念に。体を曲げるとバキバキと関節から音が出るような感じ。

 6時から朝ラン。箕面周回大コース 8.4kmへ走りに出ました。

 結局、今週はあまり走れなかったので、なんだか調子が悪い感じ。疲れも抜け切っていません。

 ペースを考えずに気ままに走る感じ。走り終わって手元のGPSを見ると、出だしの1kmは全く調子に乗れない感じで6分45秒/km。その後は5分20~30秒/km程度で流していく感じでした。



 今日は朝一から明日のハーフマラソン出場の為に和歌山県新宮市に向かって自動車で向かいます。嫁さんとラン友の桜井さんの3人連れ。まあ、気ままに走って現地に着けば良いだけ。気楽なもんです。

 あっちこっちに寄り道でもして楽しい道中になれば良いですよね。

広島から帰ってくる

 11月16日。金曜日。

 昨日書いたブログのTKCニューメンバーズフォーラム2018in広島の最終日。

 連日、夜中を回っての就寝ですから寝不足。辛い。

 何とか6時に無理矢理起床して、そのままホテルで朝食。30分ほど広島の街をウロウロと散歩。いささか肌寒い街を歩き回っているとようやく目が覚めてくる。

 8時に準備本部に集合して今日の打ち合わせ。

 9時からスタート。角TKC社長の講演。我々の税理士業務をソフトウエア等をメインとしたインフラ面で支援してくれている㈱TKCの今後についての話です。

 うちの事務所は全面的に㈱TKCに業務インフラを依存しているので、物凄く興味を持って聞きました。いっつもありがたい事だと思っています。

 10時から今回のフォーラムのメインのパネルディスカッション。1,000人の聴衆を前にニューメンバーズのパネラーがそれぞれの事務所を語るのですが、これが毎年聴かせます。

 さすがに全国から集められた選りすぐりの3人のパネラーと1人のコーディネーターですから良くできて当たり前なんですが、そういう想定を超えた優れた内容になっていました。多分、あの壇上に座ってあれこれと話し出すと何かが降ってくるのでしょうね。

 私は開業初年に訳も分からず壇上に座らされて、コーディネーターから聞かれるままに必死に喋った思いでしかありません。聴く人を納得させるようなたいした内容も無く、思いの丈をぶつけるだけの拙いものだった気がします。結構強烈な体験で、その後の職業人生に大きな影響を与える事件でした。

 ああいった良いパネルディスカッションは、聞く人もある種の感動とか納得を与えるものですが、実は喋った本人達にも強烈なプラスの影響を与えるものです。



 12時にニューメンバーズフォーラムは終了。

 恙なく一大イベントを終えれたことにひと安心。緊張感が一気に溶けて、ここ数日の疲れが一気に噴き出すような感覚に襲われました。

 その後は単独行動。広島駅で広島焼を食べて、そのまま新幹線に乗って一路大阪へ。車中はひたすら睡眠。

 16時頃に事務所に帰着。まず、氏神さんに大仕事の無事完遂のお礼をしてから溜まっていた仕事の片付けでバタバタ。眠気に何度も襲われるが、とにかく必死で片付け。あんまり気力も体力も残っていない感じなので、残り少ないエネルギーを叩きつけるようにぶつけて期限のある仕事をとにかく終わらせてしまいました。

 自宅には20時前に戻り、ゆっくりと晩御飯。やっと一息つける状態になりました。21時には就寝。
 
 

 
 

TKCニューメンバーズフォーラム2018in広島

 11月14日から16日まで広島でTKC全国会の入会間無しの若手税理士とその世話役の税理士、さらに㈱TKCの社員の方、総勢1,000名弱を集めての一大イベントが開催されています。

 私はTKC全国会ニューメンバーズサービス委員会担当の副会長なので組織図上では運営責任者。実際は委員会の委員長以下の運営メンバーの先生方や㈱TKCの社員の方々がしっかりと動いてくれていますので、ドンと座ってあれやこれやの挨拶をしていれば良いのですが、元来ドンと座って...なんて事が苦手ですからみっともなくオロオロしながら過ごしています(笑)。



 11月14日。水曜日。

 本番は15日からですが、ニューメンバーズサービス委員会の幹部とフォーラムで分科会やメインパネルディスカッションの講師を務めて頂く若手の税理士先生が30名前後ですが前日から乗り込んで打ち合わせと懇親会です。

 まあ、講師の先生方は明日からそれぞれ90分から180分の長丁場の講演時間を喋り切らねばならないのですでにアドレナリンが体中を駆け巡り出している様で...。

 結局、懇親会の後の二次会やなんやかんやで日付が変わるまであれやこれやと騒ぎ続けで部屋に戻ったのは既に日付も変わった頃になりました。



 11月15日。木曜日。

 って事で早起きできず。って事で朝ランは無し。

 7時過ぎに何とかベッドを抜け出し、そのままホテルのブッフェスタイルの朝食を頂き、そのまま朝ランの代わりに隣のブロックにある平和公園をグルリと散歩。

 心持ち肌寒いが、歩いていて心地良い感じ。

 10時からニューメンバーズ委員会メンバーや講師の先生方、受け入れ地域会支部の広島支部の会員先生がホテルの準備本部に集まって打ち合わせ。

 なにせ約1,000人の大集団ですから、事前の打ち合わせもかなり綿密なものになります。ちょっとした段取り不足が大混乱に繋がる可能性がありますからね。

 13時から本番開始。

 坂本TKC全国会会長の1時間の講演。私自身は同じ内容を何度も耳にしているのですが、何度聞いても内容も凄いなあと思いますし、話し方、伝え方が素晴らしいなあと思います。

 物事の本質を簡単な言葉や言い回しでスッキリと伝える。簡単な様で一番難しい事だと思います。本当に勉強になります。

 講演の途中で、壇上から最前列の席に座る私の顔が見えたのでしょうが、「野垣さん、今の規模だと全てが先生のコントロール下にあって品質管理も充分行き届き、経済的にも充分な実りがあり、お客さんとの信頼関係も不安が無い状態。独立開業してまさに大成功と言っても良いレベルなんだけど、もう一段規模を上げる事に挑戦してみなさい。こんな良いサービスを世の中に広く普及させていくという社会的意味や、後輩の税理士に対する希望モデルを提供する意味が出てくるから。」ってな声掛けを頂きました。

 ビックリ!です。

 1,000名の新入会員の前で叱責、励ましを頂いた格好ですが、背筋がピンと伸び、同時に冷や汗がジトッと流れた瞬間でした。



 その後、分科会。7つの分科会に分かれてそれぞれのテーマ別にそれぞれの講師が講演。私はいろいろな会場をつまみ食い形式で覗いて歩きました。どの会場も熱が入っていました。

 自分が開業してから苦労した点、成功事例と失敗事例...なんかを事務所の売上推移などのなかなか表に出さない情報まで提示して赤裸々に後輩税理士に語るTKC全国会の伝統はそのまま今の時代まで引き継がれています。

 私もこのニューメンバーズフォーラムの場で3度くらい講師やパネルディスカッションのパネリストを務めてきましたが、聞いて下さる税理士先生に3時間近い時間を使って話し続ける訳ですから、自分の事務所の経過や今後の方向性、長所や短所を整理したり、話の内容を組み立てたり、慣れない人前での話し方をあれこれと考えたり...。本当に良い勉強の機会を頂けたと思います。
 


 18時からは懇親会。なにせ1,000名が一堂に会しての懇親会。壮観です。

 私は締めの挨拶担当。

 小心者の私は、自分の挨拶が終わるまで気が気ではありません。懇親会ではいろいろな人と挨拶をして、あれこれと喋りましたが、挨拶が気になって、気になって(笑)。

 好きでやっている役職ではありませんが、この役処は私にとっては重たいもんです(泣)。



 懇親会が終わると各地域会は広島の夜の街に散らばってそれぞれ2次会です。

 私はニューメンバーズサービス委員会の役職者ですから、その2次会会場を一軒一軒訪ね歩いて、盛り上がっている会場に割って入って挨拶をさせてもらい、未入会の税理士先生の個人的感想を聞き、会場の雰囲気を確認していく役を務めさせてもらいました。

 私の分担は北陸会の松岡先生と同行して、近畿京滋会、近畿兵庫会、中国会、中部会さらに九州会の会場を訪ね歩く事。

 二人で淡々と夜の街をスマホのナビを頼りに歩き回り、行った先で真面目に話を聞き...。真面目に話を聞き過ぎたせいでしょうか。最後の九州会の2次会会場に辿り着いた頃には残念ながらもう2次会はお開きになっていました(笑)。

 まあ、要領が悪いもんで、どうもすいません。

 勤めを終えてそのまま、松岡さんとホテルの近所の居酒屋で二人酒。松岡さんとはTKC全国会のいろいろな活動を通じてもう20年近い付き合いです。積もる話もあれこれ山積みです。ボツボツと話し続け日付が変わった頃にお開き。



 11月16日。金曜日。

 って事で、今朝も朝ランは無し。

 6時に何とか起床。あとの予定がタイトなんでホテルで朝食を摂って、そのまま30分ほど広島の街を散歩。まあ、朝ランの代わりです。

 7時頃に部屋に戻って来て朝風呂。

 ちょっとだけ仕事。

 8時から今回のニューメンバーズフォーラムの裏方を務めているメンバーが本部に集合して打ち合わせ。

 今日は12時で全ての予定が終了。もう一息だ。

いつもの朝ラン

 11月14日。水曜日。

 5時過ぎになんとか起床。30分弱ほど入念にストレッチ。体の節々がギシギシと悲鳴を上げる。ここ1ヶ月ほど真面目にストレッチをしているが、一向に成果が上がらず壊れかけのロボットの様なぎこちない動きは変わらず。

 6時過ぎからいつもの箕面周回大コース 8.6kmに走りに出る。

 まだ暗い中を一人で黙々と走る。

 ペース配分は全く考えずに、楽に流す感じで走る。こういう感じで走ると脳の中が空っぽになり気持ちが良い。おそらくランナーズハイという現象になっているのだと思う。

 後で手元のGPSを見ると総平均ペースは5分50秒/km。まあ、このくらいのペースが今の自分には一番走り心地が良いペースなんだろうと思う。

 帰宅後、朝風呂。これが一番嬉しい瞬間だ。手足を伸ばして湯船に浸かって、ボーッとしていると本当に贅沢だなあと思う。



 今日は午前中はお客さんの所にお伺いをして会計処理の仕事の流れの改善についてあれこれと打ち合わせ。

 午後一から某上場企業の取締役会と監査役会に出席。

 夕方から広島に向かい明日から開催される「TKCニューメンバーズフォーラム2018」の前日の夕食会に参加。全国から1,000名を超えるニューメンバーズの方を集めて研修をする一大行事が成功裏に終れるように気分を盛り上げる場だ。

 とりあえずやるべき事を粛々とこなさんとなあと今日の予定を反芻しながら、朝食後のお茶を飲んでいるところです。徐々に気持ちを上げて...。
 

朝ラン中止 淡々と仕事

 11月13日。火曜日。

 5時半頃に起床。30分弱かけて入念にストレッチ。身体が固くって、横で見ているととてもストレッチをしているように見えないかもしれないけれどもとりあえず一生懸命にあっちこっちを折り曲げて悲鳴を上げる。

 6時過ぎ。まだ夜も明けきっていない暗闇の中、玄関から外に出ると雨がピリピリと降っている。さすがに寒くなりかけたこの時期に雨の中を走る気力は無いので朝ランは中止。

 変わりに「ケン」を連れて朝の散歩に出る事に。

 5分も散歩をしていると雨も止んでしまい、あのまま頑張って朝ランをすれば良かったと悔やむが後悔先に立たず。

 近頃、「ケン」を散歩に連れていると昔ほどリードを見苦しいほどグイグイと引っ張って我勝ちに先に進むシーンが減ったなあと思う。世間的に言うとお行儀が良くなったというのだろうが、私的には犬にお行儀が良くなってもらっても嬉しくもなんともない。犬は犬らしく(例え馬鹿犬と言われようが。)の方が断然好きだ。

 見知らぬ人に吠えまくり、場合によっては噛むことまであるのは考え込んでしまうが、それとて人間の世界のお約束事を犬の世界に持ち込んであれこれと思案しているだけの事であり、犬にしたら与り知らぬ世界だと思う。

 「ケン」も8歳になったので、そろそろ老犬の入り口。昔ほど溢れる体力という訳にもいかなくなったので心持ち大人しくなったのだろうと思うと何だか侘しい。

 一緒に歳を重ねて、いつしか老境に入りつつあるんだなあと思うと人生の戦友の様な感じもしないでもない。

 まあ、当の「ケン」はそんな事など露も考えず無邪気にハーハーと息を荒げながら、ご機嫌にいつもの散歩をこなしているだけなんだろうが。



 午前中は企業買収をした先の会社の経理の立ち上げで会社訪問。

 あれこれと会社側の要望を聞き、今後解消していくべき事項を書き上げて、解決していくべき過大をお互いに認識していく。これさへできれば後は粛々とお互いに頑張るだけだ。ひとわたりの課題は認識できたように思う。

 お昼ご飯は商品の弁当を頂く。美味しい。

 ありがたい事である。



 昼から事務所に戻り、メールやスタッフからの日報、さらに個別の相談事項に対応。さらに自分の仕事を書き上げて優先順位を付けてスケジューリングをしていく。

 事務所の組織改革に熱心に取り組んでいるのだが、手を付けるべき事項があれもこれも山積みだ。

 熱心にあれこれと無い知恵を巡らしてフッと時計を見ると21時半。

 今日は、かなり集中して仕事をしたもんで時間の経過が異常に速く感じる。

 嫁さんと一緒に事務所を出て店屋さんで軽く夕食を済ませて、家に着いてからも再び先ほどから取り掛かっている仕事に没頭。23時半まで頑張る。とりあえず明日も早起きをするつもりなので、「今日はこのくらいにしといたろか。」と言い捨てて就寝。
 

お疲れ

 11月12日。月曜日。

 週初めにもかかわらず昨日のハーフマラソンのお蔭で随分とお疲れのスタートとなった。

 早起きは全くできず。惰眠を貪る形になってしまう。残念。

 先週半ばに朝ランで14kmちょっとの距離をほぼ同じペースで走り切った時はさほどに疲れも無く、そのまま仕事にスッと入って行けたのだが、距離がそこから7kmくらい増えただけで残るダメージが全く違うのは驚きだ。確かに昨日は立ち上がりから調子が悪く、何だかチクハグ感満載で走っていたのだけれどもそんな問題でもなさそうだ。

 距離が増えるにつれて疲れが逓増していくのは理解ができるのだが、その増え方があまりに急激という感じがする。

 まあ、6月から復活を期してトレーニングで走っているのは15kmくらいまでの距離で、20kmを超えたランニングはほとんど取り組んでいないのだから、距離に体が馴染んでいない事も一因なんだろうなあとは思うが...。

 結局、今日は一日中身体のどこかが傷んだような感覚で過ごす。



 午前中は面談が予定されていたお客さんから急にキャンセルが入ったので、自分の仕事をあれこれと片付ける。



 お昼過ぎに某金融機関の方から電話がかかって来て、税理士で困っておられるお客さんがおられるので紹介したいという嬉しい話がありました。細かい内容は聴いていないので詳細は不明ですが、うちの事務所は脱税指向があったり、粉飾決算を企図するお客さんは残念ながらお受けすることはできませんが、それ以外は大歓迎です。

 何とか一生懸命に自己紹介をして、相手さんの困り事を聴いて解消目途を持った中で契約に至れば嬉しいなあとあれこれイメージが広がります。

 資金繰りその他で困っていたお客さんを何社かその支店さんに紹介させて頂いていたので、お返しの意味で持って来られたのかもしれません。

 うちの事務所は、元来はお客さんの又紹介で徐々にお客さんが増えてきたのですが、最近はそういった既存のお客さんが資金繰り等で困った際に、困った状況に合わせておそらく最適な対応をしてくれるであろう金融機関をあれこれと斟酌して紹介する機会が多く発生してきており、それと比例して金融機関からの紹介も増えてきている気がします。

 give&takeという事なんでしょうか。

 もっとも、それは結果であって、相手から紹介を引き出すためにこちらから無理をしてお客さんを紹介するなんていうあざとい事を考えていたら、長期的視点で考えると一番肝心の目の前の私たちのお客さんの信頼を失う事につながると思うので絶対にやっては駄目だと思いますが。

 あんまり上手にこういった外部機関に営業を掛けたりする才覚を持たず淡々とお客さんと向き合って来た23年間ですから、今さら経営のやり方について大きな軌道修正をする気はありません。

 お客さんと真面目に向き合った結果、金融機関に対するニーズがあれば最適な金融機関を紹介して問題解決のお手伝いをする。これしかないでしょうね。

 まあ、いずれにしてもめでたい話です。ありがとうございます。



 午後からはTKC顧問の宮田矢八郎先生をお招きして「経営学者の目で見たTKCの機能と課題」というテーマで講演を頂きました。

 私も講演の後の控室やその後行われた懇親会の席であれこれと意見をお伺いし、勉強をさせて頂きました。先生が考えられている事と実務家の視点の擦り合わせというほど立派なものでは無いものの、あれこれと話をさせて頂いた事で私自身にもあれこれと気付きを頂けたのがありがたい事です。

 会長になってから、こういった外部の著名な講師をお招きした際には会を代表して応対する必要から控室で個別に話をさせてもらう機会が随分と増えました。あらかじめ関連の著書を読んだりして話をしないと失礼になるので、あれこれと事前準備が入ったり、失礼が無いようにと気を遣うのであまり得意な役処ではありませんが、自分より随分と立派な人と面と向かってあれこれと意見交換(対等に話し合っているイメージまでは行きません。やっぱり貧相な地金が出てしまいますから。残念。)したり、教えを請うたりできるのは贅沢な事だなあと思います。

 会長というのは忙しい役処でたいへんなんですが、唯一ある役得と言っても良いのではないでしょうか(生かすも殺すも自分の力量いかんですが。)。



 懇親会が終わってそのまま車で自宅に帰ってきたので、只今21時。

 疲れを抜くために、今晩も早寝をしようと思います(何だか早寝ばっかりやなあ。小学生より早い時間帯に寝ているかもしれへんなあ。)。ベッドに寝転がる瞬間が何より嬉しいと思える瞬間ですよね。
 

大阪リバーサイドマラソン2018出場

 11月11日。日曜日。

 大阪リバーサイドマラソン2018に出場してきました。枚方の河川敷で行われるハーフマラソンの大会ですが、ようやく走れる体に戻りつつあるなあという手応えを感じる事ができました。

 まあ、仕事が極端に忙しくなって全く走れなくなった事をきっかけに坂を転げ落ちるようにランニングの調子が落ちて、もう二度と以前の様にはならないかも...とかなり悲観的になっていたのですが。

 一旦走力を落すと60歳前という年齢を考えると元に戻すのは本当にたいへんです。ここ3年くらい、本当に泥沼の中であれこれもがいていたけれども何をやっても駄目で...。

 タイムは1時間54分57秒ですから、個人的に言ってもまだまだ好タイムと言える域には無いのですが、まあ誤魔化して何とか100kmマラソンの完走もできそうな感じにはなってきました。めでたし。めでたし。

 288名しか出場していないロコな大会でしたが、大規模大会に比べてコンパクトな大会の方が混雑が無くってはるかに走り易い。私はメジャーな大会よりこういった小粒な大会の方が好きですねえ。まあ、他人さんに大会の話をしても相手さんが知らない事が多くって上手く内容が伝わらないのが残念な処ですが。

 トイレもちっとも混みません。これもポイント高し。

 今回は288名中の108位、男子50歳~59歳の部では57名参加して26位ですから、還暦目前のオッサンの部の方が全出場者の中の順位よりも厳しい競争になっているという事ですから、同世代のランナーはみんな頑張っているんだなあと思いました。

 まあ、我々の世代はとにかく上の世代から「頑張れ! 頑張れ!」と叱咤激励されて育ち、その成れの果てで終身雇用はどこ吹く風とばかりに早期退職を迫られるという厳しい世間の風に曝されてきたんだもん。そらあ、下の世代と比べたらはるかに頑張り屋さんやわ(その割に報われていないのが残念やけど。)。

 個人的にはラップタイムを見ていると4km地点までは5分~5分20秒/kmのハイペースで突っ込んだものの、途中でこのまま走り続けたらえらい事になると気が付いて以後は5分30秒~40秒/kmに落して何とか最後までそのままペースをキープし続けたレースでした。

 今朝、寝違えたのかどうかわかりませんが、何だか背中の筋肉がドンヨリしていて呼吸がスッキリとできず本調子では走れなかったのでちょっと残念ですが、とりあえず恙なくレースを終える事ができましたし、以前調子が良かった頃にかなり近付いた感があったのでこれで良しとします。

 とりあえず、あと体重を3kgほど絞って11月23日に予定されている福知山マラソンに臨めば、私のフルマラソンの自己ベストとは言いませんが、そこそこの水準で走り切れるのではないかなあと欲どおしい考えがグルグルと頭の中を回り始めました。



 11時スタートだったので13時頃にレース終了。

 着替えをしてそのまま事務所へ顔を出しました。本当は家に帰って早々に風呂に浸かった後に昼寝をウダウダとするのが望みだったのですが、今日は我が家の1階と2階にあるトイレの便器の入れ替え工事の日。

 「ケン」は見知らぬ人が工事に来るとそれはそれは般若の様に険しい表情で吠えまくるので、嫁さんは今日一日ずっと「ケン」を連れて事務所に避難していたので、私も一緒に避難をする事になりました。

 工事の人が5人来られていたのですが、5人も見知らぬ人が家に上がり込んだ日にはもうえらい事になりそうで...。番犬として優秀と言えば優秀なんでしょうが、ちょっとくらいその場の空気を読めよと言いたくなります。

 そういった飼い主の心はちっとも理解してくれません。残念。

 18時頃に「工事が終わりそうです。」という電話が入って、工事の引き渡し説明を受けるために帰宅するまで、事務所で昼寝をしたり、「ケン」を散歩に連れ歩いたり...。

 まだ新築から13年しか経過していないのですが、1階のウォシュレットの配管から水漏れが発生し始めたためにまとめて入れ替えという事になりました(配管とモーター部分がひとつのユニットになっていて、ユニットごと交換すると入れ替えた方がマシなくらいにお金がかかると言われました。)。

 ついでにトイレに書棚を2段ほど付けてもらい、壁紙も換えると劇的にイメージが変わって、そこだけ見るとまるで新築の家のようです。この13年間でトイレの便器も劇的に進化をしているようで、色々と説明を受けましたが途中で覚え切れないくらいにあれこれとスイッチが付いています。何だか凄い!



 今晩は嫁さんと自宅でゆっくり晩御飯を済ませてからようやくお風呂。とりあえず今日の疲れをスッキリと抜いて、明日からまた頑張らないとなあ。

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR