週半ばの朝ラン とにかく暑い

 5時半頃に起床。

 7時頃にはもう気温がかなり上がるので、ちょっとでもマシな環境で走ろうという事で6時頃から走り出す。

 コースはいつもの箕面周回大コース 8.6km。

 体重が76kgくらいまで落ちて来ており、さすがに身が軽く感じてきた。さしてペースを上げて走ったつもりはないが総平均ペースは5分40秒/kmだから、まずまず喜ばしい気持ちになる筈。だが、暑さが先に立ち、辛いという感情の方が優位になる。もう嫌だ。

 5時頃から走り出せればもう少しマシなのだが、さすがにそんな早起きはできそうもなく...。

 あと一ヶ月はこの暑さと闘わねばならないと思うと気が遠くなる。
スポンサーサイト

暑い一週間の始まり

 7月17日。火曜日。

 3連休が終わり、今日からまた新しい一週間の始まり。とにかく暑い。

 早目に出勤してデスクワーク。3連休中に片付けておけば良かった事務処理だが、休みは休みでけじめをつけたあおりで早目出勤となった。

 朝一番にお客さんの所に担当スタッフと訪問して、会社の今後の対策について相談する。売り上げの半分くらいを占める得意先が買収されて今後の取引条件や取引量に大きな不安が出て来たため、あれこれと対応策を検討する。やむを得ない事とは言え、やはり売上シェアを特定企業に偏らせると怖い。

 昼から来客。その後、デスクワーク。次から次にやるべき仕事が浮き上がってくる。まあ、やる仕事が無いよりはマシ。自営業だからありがたいと思うべきなんだろう。

 夜は某提携企業の担当社員だったI君と税理士のSさんとグランフロントで飯を食う。ダイエット中なのでアルコールは最初のワイン一杯に留める。辛い。イタリアンだったのだが、パスタやデザートも一口だけもらっただけで辛抱。低糖質ダイエットなので主食のステーキは一生懸命に食べる。

 最近は低糖質ダイエットで、肉や魚、野菜ばかりを食べているが、やっぱり炭水化物が美味しいんだなあと痛感する。米や麺が食べたい...。



 7月18日。水曜日。

 新規に契約になりそうなお客さんの自宅を訪ねて奈良県香芝市まで車で向かう。車に乗っているだけで暑い。

 既に会社は作ってあるのだが、その後の諸手続きは放置されていたので現状把握をして、今後実施するべき手続の一覧を案内し、今後の経理や財務の考え方を説明する。新しい事業をしようという方はとにかく初々しさが魅力。そんな何とも言えないワクワク感と同席させてもらえる事は幸せな事だと思っています。

 昼からお客さんと一緒にメインバンクの某地銀さんを訪ねて早期経営改善計画のモニタリングを3社で実施する。なかなか当初提出した事業計画通りに進んでおらず、社長と金融機関と我々会計事務所の3社で現状の反省と今後の打ち手を話し合う。解決策は見えているのだが。スッキリとした進行にならず苦しいところ。頑張りどころだ。

 夜は神戸のお客さんの所に訪問してグループの経営状況について話し合い。

 自宅に戻ると22時半頃。

 とりあえずポンポンと週明けから二日間が怒涛のように過ぎ去ったが、とにかく暑い。とにかく目まぐるしい。あと一ヶ月はこんな暑さが続くかと思うとゲンナリする。


 

3連休最終日 猛烈な暑さの中をユルユルランニング

 3連休の最終日。

 5時過ぎに起床。そのまま荷造りをして高野山まで車で出かける。

 このところの猛暑で、大阪で長い距離を走るのはちょっと難しかろうという事で、高野山の町石道を走る事にしました。大阪は37度前後の猛暑日。運動は原則中止という厳しい気候です。

 高野山の麓の九度山もやっぱり35度前後の気温なのですが、町石道に入ってしまうと高度が600~850mまで上がる事と、ほぼ樹林帯の中を走るので直射日光にさらされない事。さらに時折風が吹くので体感温度的には26度前後まで下がる感じがします。

 とは言っても、暑い事は暑い。また、ここのところのTKC全国役員大会疲れと昨日の筋トレの疲れが重なり、物凄く調子が悪い。

 まだ、気温がガンガンに上がる直前の7時頃から走り出したのですが、全く走れない感じです。もうこのまま帰りたいと思う心を抑えて(なにせ池田から1時間半ほどかけて車で走ってきているので、そう簡単に諦める訳にもいきません。)ユルユルランです。

 あんまり調子が悪いので上りはほぼ歩き。平坦な個所と下りはユルユルラン。横から観ているとほとんど走っているようには見えない感じです。まあ、それでも850mの高度まで登って行くのでそれなりに負荷はかかっている筈。やらないよりはマシという割り切りで頑張りました。

 もうタイムなんてほとんど気にせず。

 高野山上の金剛峰寺についてコンビニで昼食。ダイエット中ですから、ほとんど買って食べるもの無し。辛いなあ。あんまり暑いのでランニングウエアも潮が吹いて真っ白になっていたので、ミネラルウォーターを買って水分補給だけはしっかりと心掛けました。ほとんど水腹。

 帰りは矢立までは町石道を忠実に下って行きましたが、あんまり暑くてしんどいのでそこからエスケープをして紀伊細川駅まで一気に下ることにしました。エスケープルートは距離的に駅まで3km弱なんだけれども、道幅が広めでほとんど日射を遮る木陰が無くジリジリと強烈な日射に焼かれるのが辛い。

 今日のランニング距離は30km。とりあえず良く頑張りました。

 結局、九度山の駅に電車で降り立ったのが14時過ぎ。

 九度山の道の駅まで歩いて向かう道すがらに真田ミュージアムなるものが有ったので見学。一般的に知られている真田のヒストリーに従って展示物がしっかりと展示されていましたが、あまり深掘りした内容のものではありませんでした。まあ、一般受けを考えたら、深掘りをし過ぎても観客動員に結びつく訳でも無いだろうから程度が難しいなあと感じました。

 帰路、泉南辺りで自然渋滞に巻き込まれ2時間ちょっとかかって帰宅。そのまま直ぐに風呂。

 さすがに汗まみれの状態から風呂に入ると一気にスッキリ気分。冷房の効いたダイニングでゆっくりと夕食。わざわざこんな暑い時に走りに行かんと一日中クーラーの効いたところでユックリしとけば良いのになあと思いますが、やっぱり秋の村岡ダブルフル100Kを考えると練習をしない訳にもいかないし...。

 

 

3連休中日 のんびり

 3連休初日の昨日はブログに書いたように金沢から戻って来てバテバテでそのままゴロン。

 今日はあおりで9時に起床。やっぱりTKC全国役員大会で相当に疲れた感じだ。

 午前中は、簡単に1階を掃除機掛けしたのと「ケン」を風呂場に連れ込んで洗ってその後朝風呂を楽しんだだけ。とにかくのんびり過ごす。

 昼からジムに行って筋トレ。さすがにこの暑さだから外に走りに行く気になれず。

 夕方から役員大会でもらった山のような資料を整理して、もう一度内容を読み込んで地域会運営に反映させるものと、事務所経営に活かすものを選り分けるつもり。とにかく情報のシャワーだから事後整理をきっちりとしておかないと単なる情報の垂れ流しになって時間の無駄になってしまうから...。それにしても凄い情報量だ。

 

TKC全国役員大会を終えて大阪に帰るだけ 無理矢理に金沢の街を朝ラン

 7月14日。土曜日。 

 TKC全国役員大会終了。昨夜は遅くまでニューメンバーズ・サービス委員会の二次会で呑んでいたので軽い二日酔いだ。6時前になんとか目を覚ましたが、しんどい。

 このまま、大阪に戻ろうかとも思ったのだが、やっぱりせっかく金沢まで来た事だし、勿体無い気がしたので朝ランをする事に。

 昨日のグルリと金沢城と兼六園を一周するコースを変えて、犀川大橋を渡って対岸の寺町や茶屋町を走ったり、片町周辺にある武家屋敷群を走ったり、そして最後は金沢城内を走り抜けたりというロングランのコース取りをして12kmのランニングになりました。

 しんどかったのと、観光を兼ねてキョロキョロしながら走ったので7分/kmまでペースダウン。まあ、走らないより随分とマシ。

 ホテルには8時頃に帰って来て、そのまま朝風呂と朝食。とりあえず、これで金沢での全予定は終了という事にしました。



 10時過ぎにホテルをチェックアウト。

 そのまま一路大阪に向かって車で走っても良かったのですが、せっかく北陸まで来たんですから、山中温泉の外湯に足を伸ばして一風呂浴びる事に。

 温泉街の真ん中にある菊の湯は立ったまま入れる深い湯船が特徴です。湯温は熱め。以前、TKC近畿大阪会の理事会で二度ほど来た事があるのですが、良い感じだったので再訪したという事です。

 とにかく夕方に所用で梅田に行かねばならなかったのですが、それ以外には特段焦る必要はないのでのんびり、ゆっくりのロングドライブでした。



 18時頃に自宅に戻ってきたのですが、とにかく濃密なTKC関連の3日間だったので自宅に戻るなりグロッキー状態。夕食を食べて22時前にはベッドに入って熟睡。

 「あ~、疲れた。」

TKC全国役員大会二日目 なんとか金沢の街を朝ラン

 昨夜は3次会まで顔を出さず23時前にはベッドに潜り込めたので、なんとか5時半頃に起きる事が出来た。

 とりあえずしんどい感じはあったものの金沢の街を朝ランすることとする。過去にも何度か金沢の街はランニングをした事があるので、とりあえず大きな土地勘はある。

 金沢駅前のホテル日航金沢を出て、武蔵、尾山、香林坊を経由して金沢城と兼六園の外周をグルリと周り近江町市場のある所にヒョッコリと顔を出して、そのまま金沢駅前へ。とりあえず金沢の有名処を伝ってグルリと一周した感じ。まだ走り足りない感じだったのでそのまま金沢駅を通過して駅の北側をグルリと走って8kmのランニングでした。

 コンディションはあまり良くないし、暑いし...というところにもって来て、金沢の街をキョロキョロと眺めながら走ったので6分40秒/km程度のユルユルペース。

 今日の予定は8時55分から始まる事になっていたので、時間が気になってあまり距離は伸ばせず。

 内容的にも距離的にも、とりあえず走らないよりはマシという程度で終る。

 ホテルの部屋に戻って急いでシャワーを浴びて、朝食を摂って今日の研修会場へ向かう。



 朝一はこの7月17日付で金融庁長官に就任する事になった遠藤俊英さんに「金融行政の方向性と外部専門家への期待」というテーマで1時間の講演を頂いた。金融行政を司る役所の最高責任者になる方から今後の金融行政の考え方と、我々を含む外部専門家との協力関係がより良い金融サービスへ繋がっていく可能性について語られたのですが、本当にタイムリーな時期に良い話を伺う事が出来て勉強になりました。

 通常、金融庁長官が民間の任意団体で講演をする事などないそうですが、今回は異例中の異例との事。それだけ私たち税理士に対する期待感が高いという事なんでしょう。ありがたい事です。頑張ってそういいった社会からの期待に応えていかんとアカンねえ。

 やっぱり日本の金融行政のトップを務める人の頭の回転の速さ、深さを痛感させられる講演でした。まあ、伊達や酔狂で勤まるポジションではありませんから当たり前ですけれどもね。

 10時からは2時間弱の時間で「地域経済活性化のための地域金融機関と税理士の連携強化」というテーマでパネルディスカッションです。これまた超豪華メンバーで開催です。

 コーディネーターは中小企業再生支援全国本部顧問の藤原敬三氏、パネラーは神戸大学経済経営研究所教授で金融庁参与の家森信
善、福岡銀行役員の大庭真一氏、広島銀行役員の中間克彦氏そしてTKC全国会からは全国会の中小企業支援委員長の増山秀和さんの5名です。

 従来は税理士と金融機関はお互いを知る事は無く、相互協力をしていこうという感覚がお互いに無かたのですが、税理士法第33条の2に規定する書面添付を起点として相互に協力関係を築き上げる事が顧客の為にもなるし、税理士や金融機関自身の利益にも繋がるというのが話の筋なのですが、それぞれの立場で赤裸々に意見を戦わす構成になっており説得力は充分でした。

 うちの事務所では既に何行かの金融機関と協力関係を築いており、不完全ながらもそういった世界に足を踏み出しつつありますが、税理士一般にはそこまで金融機関との協力関係が築けている事務所は極めて少なくハードルはまだまだ高いという印象です。

 自分の事務所はもとより、TKC近畿大阪会を上げてこういった事に取り組んでいかねばならないと決意を新たにしました。



 昼からは私が担当しているTKC全国会のニューメンバーズ・サービス委員会に出席。全国の20の地域会を代表してくるニューメンバーズ委員長さんが熱心で、あれこれと情報伝達、相談、取り決めが進みました。

 委員会の性格上、委員長の平均年齢が最も低い事もあって、とにかく元気。活気漲る委員会で参加していても楽しい委員会なのでありがたいなあと思います。

 夕方からは恒例のニューメンバーズ・サービス委員会の懇親会。まあ、賑やかなもんです。そのまま片町まで繰り出して2次会。私は23時頃に退散しました。最後まで付き合っていたら身体が持ちません(笑)。
 

TKC全国役員大会本番 

 昨夜の焼酎が効いて軽い二日酔い。朝ランできず。

 今日からいよいよTKC全国役員大会本番。昨日はその前夜祭みたいなもんだけれども、そこで呑み過ぎてバテてらた話にならない。

 ホテルのブッフェ形式の朝食を摂る。あれこれとダイエットに励んでいるので、選ぶ食材にも結構気を遣う。低糖質ダイエットだから蛋白質や脂質、或いはビタミン類を含んだ野菜はちゃんと食べても良いので凄い空腹感にさいなまれる事が無いのが嬉しいところ。ただ、世の中の美味しい食べ物の大半が炭水化物系のメニューだという事に気が付き、メニュー選びにひと苦労する事になっている。ここ1ヶ月弱はあれだけいっぱい食べていたラーメンやチャーハンにうどん、蕎麦、さらにスパゲッティなどとご無沙汰をしていてちょっと寂しい。

 嫁さんは昨夜の役員夕食会のみに参加して、朝一でサンダーバードに乗って大阪に戻る。慌ただしい事だが、仕事のアポが昼から入っていて致し方ないらしい。

 9時からTKC全国会の正副会長会が始まる。のっけから厄介な議題に当たり、あれこれと頭を悩ます。

 昼からは式典と坂本全国会会長の講演。全国各地からTKCの地域会の役員を務める人達が1,000名超集まっているのだが、なかなかそこで聴衆全員に納得感を持たせながら話をし切るというのはたいへんな事だ。いつ聴いてもクレバーな話だ。私もあっちこっちで講演をするが、さすがに全国会の会長だけあって、逆立ちしても内容や喋り方、聴衆の気持ちの掴み方などは足元にも及ばない気がする。相当、勉強を積んで来られている話は良く聞くが、さすがに努力は裏切らないという事か...。

 夕方からはその1,000人超のTKC会員が大広間に集まって大懇親会。毎年の事とは言え何回見ても壮観だ。会場キャパの関係で立
席だったのでいささかくたびれる。2時間立ちっ放しで飲み食いするのは辛い(まあ、これは言っても仕方のない話なのだが。)。

 その後、TKC近畿大阪会の役員だけで2次会を金沢駅の中の店に場所を変えて開催。これもおよそ2時間前後。2次会後はみんな三々五々に夜の街に散って行ったようだけれども、私は昨夜の役員夕食会の後の二人呑みが堪えているのでそのまま部屋に戻る。

 朝一から22時頃までフルスペックで動き続けたので、さすがにバテた。部屋に戻るとそのままバタンQ~。


 

TKC全国役員大会で金沢へ

 7月11日。水曜日。

 午前中は、この度新規に採用することになった新入社員の濱田君と、これからの予定の打ち合わせです。大学4回生ですから、卒業までまだ9ヶ月ほどの時間があるのですが、それまでの間は週に2~3回ほどの割合でインターン的に働きたいとのことなのでそのスケジュールなどの打ち合わせです。

 大学在学中から自分が将来進む道をしっかりとイメージして資格試験の準備をしているのは本当に偉いと思いますし、少しでも早く実務も体験してみたいという思いも見上げたものだと思います。

 ただ、頑張ってくれるのはもちろん嬉しいのですが、まだ大学生ですから大学生の間しかできない体験も積んで欲しいなあと思うのも事実です。アルバイト料なんて働いてくれるのだったらいくらでも払うつもりはありますが、大学生しかできそうにない得体のしれない体験というのもなかなか人生においては大切なもんだと思います。



 昼過ぎに今日から金沢で始まるTKC全国会の全国役員大会に参加するために、嫁さんと車で金沢に向けて出発。

 名神、北陸道を伝って3時間半ぐらいの道程でした。今日から3泊4日を過ごすホテル日航金沢には役員夕食会の時間まで2時間弱ほど余裕がある時間帯に到着。

 ホテルに車を泊めている時に、背広の上着を忘れてきた事に気が付きビビる。慌てて金沢駅横のショッピングモールに飛び込んで吊るしのブレザーとズボンを買い、特急扱いでズボンの裾上げをしてもらう。何事も余裕を持った時間帯で動いているとこういう緊急事態にもスムーズに対応できるもんだ(笑)。

 今日は、明日から始まる本番を前に正副会長会の20数名だけで役員夕食会が開催されます。場所は金沢で最古の料亭「つば甚」。創業は宝暦2年と言いますから260年の歴史があるそうです。結構な数の金沢芸妓さんも座敷に上がられての大宴会です。明日から始まる濃密なスケジュールを前に寛ぎの時間を与えてもらっているのですが、個人としてこういった座敷は体験できないだけに面白い体験です。

 宴会後はホテルの部屋に戻り、ずっと世話をしてもらった私の師匠格の藤原先生と部屋呑み。なんだかんだと言いながら焼酎を二人で1パック空けてしまい、翌朝が辛いことに...。

事務所で特例事業承継税制セミナーを開催

 7月10日。火曜日。

 朝一で筋トレ。下半身の筋肉を鍛えるためにスクワットを一生懸命にこなす。



 今日は、事務所のお客さんにご案内をしてこの4月から始まった特例事業承継税制のセミナーを開催しました。梅田の第4ビルの貸会議室でこの税制改正に大きな関係があると思われるお客さん10数名に集まってもらいました。

 対応したスタッフは私を含めて8名。事務所の6割のスタッフが関わっています(事前準備まで入れるとほぼほぼ全員です。)から、セミナーとしては小振りですが、事務所の対応としては総力戦です。

 なにせ、今回の特例事業承継税制セミナーは既存のリスクが極めて高く使いにくかった事業承継税制と異なり、今後10年以内に引退が予想される70歳前後の中小零細企業の社長さんのうちの約半数(およそ120~130万社と言われています。)が後継者への事業継続の目途が立っておらず廃業をしていくというある種の国難(120~130万社の中小零細企業が無くなると600~700万人の雇用が無くなると言われています。)に対処するために、大幅に要件を緩和させたものです。

 先代経営者から後継者に経営を引き継ぐ際に贈与税や相続税という税の問題がいつも大きな障害になっていたのですが、そういった問題を抜本的に解消しようという意欲的な税制改正です。

 さすがに大きな税制改正ですし、これによる損得の影響が極めて大きいものになると予想されるお客さんに声掛けをした訳です。

 私が冒頭に税制改正の背景を喋り、特例事業承継税制の詳細はスタッフの原田が説明をして、最後の締めを再び私が務めさせてもらいました。始まりから終わりまで2時間。濃密な内容のセミナーになりました。

 中身が中身なだけに、お客さん個々の個別性が高いので社長さんには基本的な考え方を理解してもらって、あとは私や担当者からその会社の個別性を配慮して個別相談をしていくことになります。

 某信託銀行の支店長さんと課長さんにも参加頂きました。別にこういったセミナーを開催される場合の講師なども依頼頂きありがたい限りです。

 セミナー後は懇親会。お客さん4名とうちのスタッフ4名で楽しく夕食を頂きました。その後、お客さんに連れられて北新地のJAZZ CLUBへ。今回は最初から最後まで事務所がおもてなしをするつもりが、すっかりとご馳走になりました。楽しい夜を過ごさせて頂き、ありがとうございました。23時頃に事務所メンバー4名は同じタクシーに詰め込み乗車して池田に戻ってきました。


 

夜のスイム 

 引き続き7月9日の事を書きます。

 遅い夕食を食べて(時間帯が遅かったので普段の半分くらいの量にしました。ダイエットを始めてからこういった器用な芸当ができるようになりました。エッヘン。)から、その足でジムに向かいスイムの練習をする事にしました。

 今日は丸一日ずっとデスクワークでしたので、ちょっと力が余っている気がしたので発散する意味もこめて、普段やらない夜のスイム練習です。

 ジムについて泳ぎ出したのが22時過ぎ。普段だったら寝る体制になりつつある時間帯です(それだけで大人な感じがしますね。)。

 昨日泳いだ感触でかなり水に馴染んできた感じがあったので、今日は1,000mを一本泳ぎ切る事にしました。

 昨日に上半身中心の筋トレをしたので肩や胸の筋肉がそれなりに張っていたのですが、それもあまり苦にせず楽々泳ぎ切る感じ。呼吸もあまり乱れません。泳ぎ終わった後もさほどに疲労感無し。

 やっと以前のよく水にのれていた時期の感触が戻ってきたような気がします。そろそろ本格的にスイムの練習に入れる段階まで来たような感じ。

 こうして自分の状態が上がってきたのを確認できた瞬間というのは嬉しいものです。今週はTKC全国会の全国役員大会で3泊4日の金沢出張が入るので週末までまとまって泳ぐ時間は取れそうにありませんが、次のスイムの練習が待ち遠しいような嬉しい感じです。

 23時頃に我が家に戻ってきて門柱の蝉の羽化の状態を確認すると、まだ抜け殻に止まったままジッとしています。まあ、もう数時間もすれば体がフルに動くようになり、1週間(ネットで調べると実は3~4週間くらいらしいですが、どちらにしても短いですね。)という短い命を振り絞るように哭き続けて夏を過ごす訳ですが、その始まりの瞬間に立ち会わせてもらってちょっと嬉しい気分をもらいました。

 蝉の種類はクマゼミ。その昔、池田近辺では声量が一番大きくて「ジャンジャン」と哭くのでジャンコと呼んでいました。子供の間ではアブラゼミやミンミンゼミよりよっぽど値打ちがあったのですが、最近では地球温暖化の影響なのか当時一番ポピュラーだったアブラゼミをあまり見かけなくなり、最も目にする蝉になった感があります。我が家の庭でも、毎夏このクマゼミが庭木という庭木にたかって声を限りに哭き叫ぶ様は壮観です。

 いよいよ夏本番です。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR