FC2ブログ

朝ラン無し 「ケン」の散歩へ

 10月11日。木曜日。

 朝起きると雨。さすがに雨の中を走るほどの気力はないので、朝ランは無し。

 代わりにいつも父親がやっている「ケン」の散歩を請け負いました。父親にしたら毎朝、毎夕の「、一日に二回の割合で「ケン」の散歩に連れて行くのは良い運動になっていて健康維持にも役立っているように思いますが、雨風の日や極端に寒い日は80歳代半ばの身には辛そうなので、仕事が差し込まれてどうしようもない時や二日酔いの時は別として代わってあげるようにしています。

 小一時間ほど傘を差して気紛れに歩く「ケン」の後を付いて歩いて7時過ぎに帰宅。

 ボーッと何も考えずに「ケン」と道を歩いていると、何だか仕事で溜まったストレスのあれこれがスーッと両耳から垂れ流しになっていくようでなんだか気持ちが良いなあと思います。



 帰宅後、そのまま家の掃除機掛けを丹念に...。一生懸命に掃除機を掛けているとすっかり汗ばみます。

 そのまま筋トレ。ちょっときつめの負荷を掛けて一生懸命にトレーニング。走れなかった穴埋めです。



 朝ランが中止になると、空いた時間がそのまま家事、ゆとりの時間になるので、野垣家的にはたまに雨が降った方が良いのかもしれません。



スポンサーサイト

飛行犬 撮影

飛行犬 ダウンサイズ
 10月8日。月曜日。

 今日は飛行犬写真家の的場さんにお願いをして、「ケン」のベストショットを摂ってもらう一日。

 10時に淡路島の南部にあるドッグランで撮影です。

 動物を被写体にした写真というのは難しいもの。特に「ケン」は自分勝手。飼い主の命令など露知らずのgoing my wayですから、カメラの方を向けと言っても聞いてくれる筈もありません。

 まあ、おやつで釣ったり、遠方から声掛けして興味を引き付けたり、ボールを投げてみたり...。それを超望遠のカメラの連射機能を駆使して偶然のベストショットを狙うのですが、まあたいへんでした。

 あれは素人ではなかなか難しいと痛感です。

 「ケン」もいつの間にか8歳。犬の世界で言えば中年です。また体格も13kg前後が標準の柴犬の中にあって図抜けてでっかくって16kgになっていますから、昔ほどの俊敏さはありません。まあ、それでもそれなりに一生懸命に走ってはりましたが...。

 お互いに年寄りになると色々な意味で厳しいのう。

 1時間ほどでノーリードの状態でベストショットを狙う撮影を終え、その後は淡路島の景色の良い場所で、リードを付けた状態で撮影をする事に。

 慶野松原の海辺、淡路花さじき公園、さらにその昔に花博が開催された国営明石海峡公園を回って、綺麗な背景を選びながら撮影を続けて15時過ぎに終了しました。

 天気が良くって撮影には申し分なかったのですが、直射日光を浴び続け、撮影のサポートもあってグッタリと疲れました。

 さすがに的場さんは動物写真家(犬を専門に取っておられます。何と24,000頭以上撮って来たそうです。)だけあって、撮影場所の決定や機会を逃さず瞬時に撮る間合いは最高です。ほとんど迷いが無いというのか...。素人がいくら一生懸命に見たところで、何が凄いのか上手く表現できないのが残念です。

 3連休の最終日で帰路の高速道路が混みそうだったので、淡路SAでお土産こそあれこれと買い込みましたが、寄り道をせずそのまま帰阪。

 そこそこ混み合っていましたが、新名神を使って混雑をかわしたので17時半過ぎに池田の街に戻ってきました。

 たいそう疲れましたが、家族4人と「ケン」で久々に丸一日どっぷりと楽しめた一日になりました。ありがたや。ありがたや。
 

五月山に「ケン」を連れて墓参り

 7月1日。日曜日。

 昨夜、午前様になった同窓会のあおりで9時過ぎまで熟睡。軽い二日酔い。

 ゆっくりと朝食を摂って、朝風呂。ウダウダ~~~な午前中。

 昨夜の同窓会で五月山の上にある愛宕神社の神主を務めているUさんがこの前の大阪府北部地震で墓石が大きくずれた話をしていたので、同じ五月山の日の丸展望台下にある我が家のお墓も大丈夫だったかなあと気になった事もあって、「ケン」を連れて散歩がてらに五月山に登る事にしました。

 「ケン」は我が家の父親が朝、晩の二回、きっちりと散歩に連れて行ってくれるので散歩自体は充分足りているのですが、それでも予定外のこんな暑い時間帯であっても「散歩に行くぞ。」と声を掛けると大喜びです。健気なもんです。

 うだる様な暑さですが、さすがに街中を歩いているのと違って、住宅街を抜けて山道に入ると涼しい風が吹き抜けて快適です。

 片道2km弱。標高差も200m強ですから、さほどに負荷が掛かる訳でもありませんが、うっすらと二日酔いが残る身には丁度くらいのアルバイトです。

 五月山の山頂にひと汗かいた頃に到着。

 私が見た所では、我が家のお墓も含めて、日の丸展望台下の墓地の墓石はみんな大丈夫そうな感じでした。ホッとひと安心。

 雑草を引いて、水をあげて、般若心経を唱えてお終い。

 昔は我が家のお墓から下界の様子が良く見えていたのですが、お墓の前の樹木が随分と大きくなったので伊丹空港から梅田方面にかけては今でもしっかりと展望が利くものの、真下の池田の街の眺望が利かなくなりました。 50年近く前に父親が建てたお墓ですから、その分は木も成長するわなあ。

 犬は基本的に暑さに弱いものですが、やっぱり普段と違うコースで散歩に出れる喜びの方が勝るらしくて、「ケン」は絶好調です。

 「ケン」は誕生日が私と同じ7月26日ですから、もうすぐ8歳。いつの間にか中年のオジサン犬になっていたのですが、今のところ衰えは見えません。柴犬の寿命は人間に比べて圧倒的に短くて15年前後と聞きますが、あと半分しかないのかと思うとちょっと不憫な気もします。いつか来るであろうXデイを考えると切なくなりますね。まあ、その日が来るまで一生懸命に共に生活して行く事しか対処策はありませんが。



 帰宅後、汗を流してから、冷たくなった朝風呂の残り湯に浸かって冷水浴。外が暑い分、快適に感じます。風呂の中で居眠りをして溺れかけました。

 その後、昼寝。陽が高い時間帯に本気で1時間ばっかし熟睡。贅沢な時間です。

 本当は、この後頼まれていた原稿を書かないと駄目だったのですが、すっかり気持ちが緩んでしまって、とても集中して物事を考えれる状態では無かったのでパス。

 そのままテレビを2時間ほどボンヤリと眺めて過ごす、本当にどうでも良いようなルーズな時間を過ごしました。

 明日から、また新しい一週間が始まるので、気分一新で頑張れるように早目の時間に床に就くつもりです。


 

ゴールデンウィーク7日目 「ケン」とべったり

 5月5日。土曜日。

 7時頃に起床。筋肉痛がまだ残っているが、昨日に比べるとかなりマシになってきた。用心のために今日もランニングは休養日。

 ゆっくりと朝食、新聞。その後、1階と階段部分の掃除機掛けと雑巾掛け。筋肉痛に関しては日常生活は全く問題無し。

 10時過ぎにやる事が無くなったので、「ケン」を連れて、我が家の裏山の五月山に登って墓参りをする事に。高々300m前後の山だから、登り出してちょっと心拍が上がり出したなあと言う頃に山頂に到着するくらいの緩い山登りだけれども、吹く風が爽やかで気持ち良し。

 お墓に生えた雑草を丹念に抜いて、墓石に水をかけて、般若心経を上げて墓参りはお終い。何でもない事だけれども、仕事に追われている日常生活の中では中々顔を出せないので、こういったちょっと手持無沙汰な時に心してマメに墓参りをする事にしています。やっぱり我が家の先祖さんやから、大切にせんとねえ。

 帰宅してちょっと休憩してから、朝風呂。

 12時頃から再び「ケン」を連れて事務所まで徒歩通勤。事務所は一足先に出勤していた嫁さんと二人だけ(スタッフはこういった大型連休の時は大いに骨休めをしてくれた方がありがたいですよね。出勤なんかしていたら、なんだか申し訳ないような気分になります。)でした。そのまま二人で近所にあるCOCO壱へカレーを食べに行き、その足で散髪へ。その後、3時間ほど緩い感じで仕事。まあ、世間は大型連休の真っ最中ですから、引きずられて私たちもノンビリモードです。

 17時前から「ケン」を連れてみたび散歩。「ケン」は朝か夕方のどちらかの散歩でトイレをするのが習慣になっているので、欠かせません。今日はよく歩く一日だなあと思っているに違いありません。

 まあ、こんなどうでも良いような緩い感じで休養日の一日が終わりそうです。

 明日はいよいよゴールデンウィーク最終日。ちょっと本格的に体を追い込むために長目の距離を走ろうと思うのですが、どこに行こうかなあ...と思案中。 

厳冬期に抜け毛

 我が家の愛犬。柴犬の「ケン」ですが、日頃は屋内で人間と全く変わりの無い生活を送っています。恐らく自分は人間だと思っている節があるのが困ったもんです。

 朝晩などはうちの家では床暖房を入れますので、本当にポカポカの環境でダラ~ッと寝転んで過ごしているグ~タラ犬。

 まさに今、厳冬期なんですが、「ケン」にとっては朝夕の散歩の時くらいしか寒さと直面しないので、床暖房犬の定めとして正月過ぎから毎年の抜け毛が始まります。

 冬毛から夏毛に生え変わるのが、屋外飼育している犬に比べてメチャメチャ早い。って言うか、早過ぎて不都合なんです。屋外飼育の犬は、今頃の季節はどれを見ても分厚い体毛に覆われてモフモフ。まあ、そうしないと厳しい冬の寒さを乗り切れませんから、自然の摂理から言うと極めて当たり前なんですが、そうならないから困ったもんです。

 正月過ぎから抜け毛が始まるので、フローリングに散らばる抜け毛を綺麗にするためにマメに掃除をしないとアカンようになります。3月頃に生え変わりが終了するまでマメな掃除を繰り返す訳ですが、日に日にスッキリとか細い姿になっていく「ケン」を見ていると「お前、ホンマに大丈夫か?」って感じです。

 おそらく体にかかる負荷は屋外飼育の犬に比べて圧倒的に低いので長生きになるのでしょうが、屋内飼育が良いのか悪いのか...。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR