FC2ブログ

うっとおしい曇り空が続く今日この頃 淡々と朝ラン

  7月23日。火曜日。

 昨夜は静岡から齋藤先生をお招きしてTKC近畿大阪会が開催している若手の会員先生の勉強会「大翔会」に参加。二次会まで付き合ったので日付が変わるちょっと前に帰宅。

 齋藤先生をチューターとして、この1年半ほどの間にTKC基本講座という分厚い本を月一回のペースで読み進めてきたのですが、そろそろ終わりが見えてきました。こういった勉強会は、中心で読み進めながら解説していくチューターの力量で充実の度合いが全く違ったものになるのが常なんですが、その理解の深さ、説得力の高さに毎度舌を巻きます。



 あおりで早起きに失敗しかけるも、なんとか7時前にベッドから起き上がって無理矢理に朝ラン開始。

 気も進まず、調子も悪い最悪のランニングですが、とにかく嫌な時でも我慢一筋。「継続は力なり。」という言葉を信じて箕面周回大コース 8.6kmを走る。

 今日も曇り空。今年は6月半ばからずっとこういったうっとおしいお天気が続いている気がします。

 例年なら完全に真夏のギラギラの太陽が昇って皮膚を焦がすくらいの日射になる7時より前に朝ランを終わらせてしまおうと必死に行動するのですが、今年は今のところ8時くらいまでに朝ランを終わらせておけばそれほど問題なく走れてしまう状況なので、出勤前のランニングが随分と楽です。

 蝉の鳴き声も聞こえるのですが、例年のこの時期から半月位の間はそろそろうるさくって仕方がないという感じなんですが、そこまでは行かずです。騒音レベル(蝉にしたらこんな言われ方は心外でしょうが。)で言うと例年の6割程度でしょうかね。

 総平均ペースは6分10秒/kmですから、とりあえず走らないよりは随分とマシだというレベルの朝ランでした。

 朝ランの後、ゆっくりと朝食。朝風呂。「ケン」との遊び。

 ラジオからはカーペンターズの特集らしくって代表曲が4~5曲流れているのですが、なんとも心地良い感じ。

スポンサーサイト

疲れたなあと思いながらも朝ラン頑張る

  7月18日。木曜日。

 昨日は昼からTKC近畿大阪会の常務理事会。その後、懇親会。自宅には21時半頃には戻れていたので、睡眠も充分摂れていた筈なんだけれども、寝起きがスッキリと行かない。

 走りに行くのが嫌だなあ~という後ろ向きの気持ちが強くって...。

 そんな自分を7時前にようやくなだめすかして朝ランへ。コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。

 一昨日の軽い筋トレの筋肉痛がまだ残っていて走り辛い。出だしの1kmは全くペースガ掴めずに6分50秒/km。その後、身体もほぐれだして徐々にペースが上がり出したために総平均ペースは5分50秒/kmまで回復したが、調子はいまいちだ。

 先日から本格的なトレーニングに取り組みだしたのだが、たいして負荷も掛けていないうちから身体がヘバってしまい、一向に負荷の強いトレーニングに進めない感じだ。まあ、還暦前のジジイだから、この辺りのモゴモゴ感とは気長に付き合っていかないとアカンのかなあと思うのだが。

 ランニング中は霧雨のような細かな雨が降っており、体温が上がらず心地良し。今年は7月も後半に差し掛かっているのに、まだ本格的な夏日の中で暑さに苦しみながら走るのは1日しか体験していない。トレーニングをしている身には嬉しい話だけれども、異常気象の一環じゃないのかと気懸かりだ。

 そう言えば走りながら蝉の鳴き声を聞いたのも、まだ1日だけ。

 あんまり暑いのもかなわないのだが、やっぱり夏はバーンと暑くって、汗をドバドバと掻きながら日陰でアイスクリームやスイカを食べているイメージが強いので、そうならない今年はなんとなく不安だ。

 自宅に戻って軽い筋トレをしようとするが、筋肉痛が酷くって辛い。対象部位も腹筋と背筋に留め、負荷もほとんどかけていないのだけれども、それでもかなりきつい感じがしてビックリだ。

 ここまで筋力が落ちているのは、やはり加齢に伴うものだろうと思う。今までは少々筋トレなんてしなくても腹筋や背筋の筋トレなんてさほどにきついとも思わなかったのだけれども、ズシーンと響く感じ。やっぱり放っておくと急激に筋力が退化していく年代に入ってきたという事なんだろうと思うと少々寂しい気がする。

 朝風呂をゆっくりと楽しみ、扇風機の前でボーッとしながら、ゆっくりと涼む。この時間帯が私にとっては一番贅沢な時間帯だ。

今日からランニングのトレーニングも本格化

  7月16日。月曜日。

 6月初めに南砺ウルトラマラソン100Kに出てから、ランニングをほぼほぼ休止。身体的にもアップアップになるまで追い込みましたし、仕事やTKC絡みの用事が忙しかった事もあって申し訳程度にランニングと付き合ってきましたが、そろそろランニングのトレーニングを本格化しないと9月末に開催される今年一番の本命レースの村岡ダブルフル100Kに間に合わなくなるので、ここらで重い腰を上げる事とします。

 とりあえずいつもの箕面周回大コースを総平均ペース5分30秒/㎞で走り切り、途中からダラダラと1km以上の上りが続く直線を走る延長コースを開拓してランニング。いつもの定番コースを今の自分ではそこそこのハイペースで走り切った後に延々と上りが続く1kmをこなすのはそれなりに堪えました。

 その後、自宅で軽い筋トレを再開。腹筋やスクワットですが、いきなり負荷をMAXに上げてしまうと激しい筋肉痛に襲われて明日以降のトレーニングへのモチベーションが続かなくなるので、今日は本当に申し訳程度の軽い筋トレにしました。

 と言っても還暦を前にしたジジイの筋肉は驚くほど退化が激しく、驚くほど低い負荷でもプルプルと痙攣が始まりビックリしました。半年、筋トレをサボると全く何もトレーニングをしていない時の状況に戻ってしまう感じです。これこれジジイの悲哀ですね。

 その後、朝風呂。本格的にランニングのトレーニングを開始したつもりなんですが、まだほとんど負荷を挙げていない状態で既に風呂の中でグッタリです。



 朝一から大阪市内に向かい、新規契約の依頼があったお客さんのところに担当予定のスタッフと同行して、今後の顧問関与の打ち合わせ。

 先代社長の時代から顧問関与していた税理士さんとの契約を解消して、うちの事務所と顧問契約をして下さるという事ですが、確かに従前の決算申告書を見せてもらうと業務品質があまりに低くって、こんな事になったのもさもありなんという感じでした。

 うちの事務所の仕事が素晴らしいという言い方をしたい訳ではありませんが、やっぱりそれなりに思い入れを持って取り組んだ仕事かどうかの判断くらいは一瞥したら見分けがつくもんですが、これは酷いなあと思いました。

 こんな安易な仕事をしている税理士がいるから、いつまでたっても税理士の世間的イメージが「脱税の片棒担ぎ」とか「社長の腰巾着」、「税務署の岡っ引き」なんていう酷いものに留まってしまうのだと思うと腹が立ちました。

 真面目に取り組ませてもらえると、こんなに遣り甲斐があって楽しい仕事ってのは他にはなかなかないと思っているのですが、こんな荒っぽい仕事を目の前にすると哀しくなってしまいます。

 100点満点の仕事かどうかは別にしても、少なくともそれを目指して真面目な気持ちでこの契約と取り組まさせて頂こうと思った瞬間です。



 昼からはFICという研修団体(嫁さんが最初にお世話になった税理士先生が主催されています。結構、ハイレベルです。)の研修に参加。

 税理士ですから、ヘビーな研修にも積極的に参加して商売のネタを仕入れとかないとねえ。

 研修終了後、今後の研修会の運営について打ち合わせ。私は最近、先生から声掛け頂いたところなんで細かい状況が分からないので聞き役でした。

 夕方に事務所に戻って、デスクワーク。20時過ぎに退社。

 朝の軽めの筋トレが早くも効いてきて、軽い筋肉痛が始まっています。何だかあんまりヤワな身体になっちゃったもんでガッカリです。
 


 

終日ダウン

  7月15日。月曜日。

 3連休最終日。なんだかここ最近の疲れが噴き出して、朝からしんどい。

 ダラダラと過ごしているうちに朝ランに出るタイミングも失ってしまい気が付くと11時頃になってしまう。

 さすがに7月中旬の真昼間に走るのは辛いので車で箕面駅近辺まで行って、箕面駅から箕面滝までの滝道を往復して「とりあえず走ったぞ。」と自分に言い訳できるような実績を作る事にする。

 滝道は渓谷通しに涼風が吹き、太陽の日射も谷底まで届かないので夏場の昼間でも走れるのだ。暑いことは暑いのだけれども辛抱の範囲内ってこと。

 気分は全く乗らず、淡々とノルマをこなす。

 総距離は5km。行きは一方的な登り、帰りは下りだけれども観光客がいっぱい歩いていてガンガンに飛ばして走ると危ない気がしてかなりペースを落として走ったので総平均ペースは6分40秒/㎞。

 本当に「最低限のランニングをしたからいいでしょ。」的なランニングになりました。

 箕面駅横のコンビニのイートインで冷房に当たりながらお茶をガブ飲みしながらアイスクリームを食べるのが無常の喜び。いまだに中高生みたいな事で喜んでいる馬鹿な私です。トホホ。

 昼過ぎに自宅に帰って、冷房の効いた部屋で映画を見ながらダラダラ。

 「ケン」と遊びながらダラダラ。

 挙句の果ては昼寝。

 まあ、こんなダメダメの一日も嬉しいもんです。

大阪に戻って来て久々の朝ラン

  7月14日。日曜日。

 今週の中盤からずっと東京だったので久々に地元の池田。箕面をランニング。

 6時過ぎに起床。ゆっくりと身支度を整えて、今にも雨が降り出しそうな怪しげな天気の中を箕面周回特大コース+今宮の14.8kmを走る。

 例年のこの時期だとかなりの暑気と湿気でゲンナリしながら走っている感じなんだけれども、今年は随分と走り易い。さすがに走り出すと暑いのだが、歩いている分には気にならない程度だ。

 総平均ペースは5分45秒/km。まあ、ランニングを再開して1週間前後だから、これくらいで走れていたら充分な感じだ。特に夏場は暑くてペースを上がるどころの話じゃあないので、こうして真面目に走っているだけで良しとしなけりゃあやっておれないものね。

 ランニングの途中でシトシトと雨が降り出すが、既に汗でビショビショだったので気にならず。

 こうして淡々と距離を踏んで9月末開催の大一番。村岡ダブルフル100Kに備えて調子を上げていかないとアカンからねえ。これからはちょっとトレーニング量を上げてランニングベースを高めに持って行かないと勝負にならないので頑張りどころだ。

 帰宅後はゆっくりと朝食。朝風呂。

 その後は、メールやスタッフからの日報のチェック。さらにスタッフの担当先ハンドリングについての個別相談の応答。3~4日間の空白だったのだけれどもかなりの量が溜まっていたので、結構たいへん。昼前までウダウダと...。

 まあ、それにしても近頃は自宅に居ながらにしてこういった仕事がこなせるので良い時代になったもんだと思う。

 IT技術の進展で多種多様な仕事が無くなっていくというちょっと悲観的な書き振りの記事をよく目にするのだが、その一方で生まれてくる新しい仕事もたくさんある筈だし、労働環境はドンドンと便利になっていくのだろうから悲しい話ばかりでも無い様な気がする。要は時代の変化にしっかりとキャッチアップしていけるかどうかってところが大切なんだろうなあと思う。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR