本当に久々 本日の名言

 このブログを書き出した当初、一生懸命に書いていた本日の名言に対してのコメントを久々に再開。

  困らなきゃだめです
  人間というのは
  困ることだ

  絶対絶命のときに
  出る力が
  本当の力なんだ

  人間はやろうと思えば
  大抵のことは
  出来るんだから

    by 本田宗一郎

 本日は本田宗一郎さんです。まさに仰る通りですよね。

 ただ、困るってのは本当に困るので、凡人にすればできれば困らないように事前にあれこれ画策をして困らないように手を打ってしまう。手を打つこと自体は悪い話じゃないけれども、真正面からぶつかっていくのではなく、ちょっとはすかいにかわしてみたりして...。

 そういったビビリや小賢さがその人の成長のスケールを小さなものにしてしまうんでしょうね。

 ある意味、馬鹿者の構えで真正面からドーンと飛び込んでいくと道が開けて行くもんなんでしょうが、凡人はそれが怖くてなかなか踏み込んで行けずにあれこれ言い訳を考えたり、方法論を歪めてみたり...。質の悪い場合には自分自身が逃げているという自覚そのものが無かったりして...。

 この言葉を噛みしめてみると、つくづく自分もかくあるべし。賢そうな顔をして逃げるべきじゃないんだなあと思います。とても勇気のいる話ですが、その一歩を踏み出さないと本当の所は何も始まらないのだろうなあと思います。

 かなりの覚悟を求められる言葉ですね。

 ちょっと怖い(泣)。
スポンサーサイト

今日の「名言」

  前後を切断せよ
  満身の力をこめて
  現在に働け

   by 夏目漱石

 久々に「名言」カテゴリーの復活です。このブログの左下に「名言」TIPSを張り付けてあって、気に入ったフレーズがあるとコメントをしていたのですが。ここ数年ご無沙汰になっていました。

 夏目漱石の言葉らしいです。まさに仰る通りって事は分かるんですが、これは簡単にできることではありません。

 今まさに目の前にある事象に対して、その前後に連なるしがらみの数々が頭を横切り、時としてはこの有象無象の影の方が大きくなって...。

 「人の心の裏の裏はただの表だったりして。」なんて大黒摩季さんの歌のフレーズがありました(結構好きです。)が、物事の真実なんて実は単純なものに終息されるんですけど、この前後の切断ができないばっかりに複雑怪奇なようなものに姿を変えて行く...。

 人の世の難しさ、辛さ、哀しさそして愛おしさの源泉がこの前後の切断の難しさに起因しているような気がします。
 

今日の名言

    夢を抱いた光る目
    プロとしての気迫と
    頑張り。

    これに勝る
    才能などない。

    (ジャニー喜多川)

 ジャニー喜多川さんってジャニーズ事務所の創始者だそうです。私はあんまり芸能
界のこと知りませんし、好きでもないのですが、とにかくひとつの形、時代を築い
た人ですよね。

 今日の名言は、さすがにいいこと言ってます。私も大賛成ですし、そのようにあ
りたいと願いますし、さらにいつまでもそうありたいと思っています。

 でも、そんな目をした人少ないなあと思います。評論家然としたコメントは喋り慣れ
ていても、責任を引き受けて頑張るっていう度胸が必要なんだと思います。

 私の世代でも評論家的な物言いをする風潮は根強いですし、私より下の世代に
なるとますます色濃い感じがします。facebookを見ていてもいいコメントが行き交っ
ていますが、どこか評論家的なフレーズが多くて迫力不足です。

 彼の経済学者ケインズが不況を脱する引き金になるのは「WILD MIND」がキーだと
言っていますが、それもこれも同じ話だと思います。

今日の「名言」

   結果は
   重要なのではない

   結果が
   全てなのだ。

   アーセン・ベンゲル




 サッカーのアーセナルFC等の監督を経て名古屋グランパスの監督だったベンゲルさんの「名
言」です。

 厳しい一言ですね。

 でも、プロの世界に住む人間ならまさに仰る通りですよね。

 努力すればOKってなことを言うと今的にはウケがいいのですが、やっぱりそれでは
物足りません。自分的にはそれでいいのでしょうが、最後の一歩の努力を許してしまっ
ていることで結果として他人に迷惑をかけてしまっているような気がします。

 プロの世界ですからそれではちょっと問題が...。

 確かに努力しても駄目な時はありますが、その駄目な結果も決して自分を許すこ
となく粛々と受け入れていくことがプロの世界では求められるのだと思います。

 私も税務会計の世界のプロの端くれ、会計事務所の経営のプロの端くれです。決し
てこの世界で起こってくる事象に対して言い訳することなくこの言葉を胸に生きて行
かねばならんのだと思います。ちょっと厳しくて、怖いけれども...。

今日の「名言」

   人生80年の内の
   最も貴重な
   40年間を使う仕事が

   おもしろおかしく
   なくて
   何のために
   生きるのか。

   (堀場雅夫)

 今日の「名言」を見ていると上の言葉が。

 まさに、これですよね。これ。

 この思いをもって仕事に取り組めればかなり幸せな人生が送れるのではない
でしょうか。

 たいへんで辛い事も多いですが、この一言が言えなくては人生ちょっと残念な
感じがします。心の底からこの一言が言えるように頑張らにゃあと思います。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR