FC2ブログ

しばらくアップしていなかったものでとりあえず

池田高校 ご近所の桜満開 ダウンサイズ R3/4/2

 最近、バタバタしていて11年ちょっとブログをマメに記事を更新してきたのに、すっかり手が回らなくなってます。困ったもんです。

 齢 60年を超えたところで、世の中は新型コロナで大混乱。立ち上げて24年ほどになる事務所の経営もある程度の落ち着きを見ていたのですが、これを機にしてあれこれと抜本的な業務体制の見直しに着手してドタバタしています。



 今日は仕事を離れて我が母校の府立池田高校のOB会組織の「承風会」の会計監査に行ってきました。と言っても現金収支ベースの簡単な会計ですから、それほど手間がかかる訳ではありません。

 もう10年近くになると思うのですが、毎年、桜の時期になると母校を訪ねて、「承風会」の世話係を務めてもらっている池田高校OBで池田高校の教師を務めている先生と顔を合わせてあれこれとボランティアでやっています。

 冒頭の写真は、母校の近所の住宅街の桜並木があまりに奇麗だったもんで載せてみました。
 
 まあ、年に一度、母校に来て、後輩たちの瑞々しい姿を眺めながら在りし日を思うってのも良いものです。

 今日は、私が訪ねた時間帯にはアメリカンフットボール部が練習をしていなかったのがちょっと残念。



 それにしても尾を引きますね。新型コロナ。

 国民一般までワクチンが行き渡る見込みが来年の 2月頃。治療薬が出回るのはさらに遅れて2年後の 2月か 3月という報道を目にしましたが、この分では少なくとも 2年くらいは今の様な自粛モードの中途半端な日常が続くのでしょうね。

 長期的視点で考えるならば、おそらくコロナ騒動がひと息つくと反動で一気に世間の空気が動く様な気がするので、ここ 2年間は臥薪嘗胆。自分自身の人生或いは事務所の足らずを埋めて、しっかりと来るべき躍動期に向けて爪を研いでおかないとアカンって事なんだろうなあと思っています。

 創業後、それこそ1から10まで嫁さんと二人で駆けずり回って物事を動かしてきたのですが、ここ4~5年で急速にスタッフ達も成長してくれたお陰で、そういった俗人的な経営体制から組織的な経営体制に根本的に切り替えていく時期を迎えています。

 ありがたい話ですねえ。

 10名の小さな事務所ですが、二つの課を立ち上げましたし、何をするにも所長が先頭に立って...というスタイルも見直して、それぞれのプロジェクトが自主的に起案から情報収集、分析、検討、実施という一連の流れで問題解決に取り組む事ができるようになってきて嬉しい限りです。まあ、ここまで来るのに本当に長い時間がかかりましたよねえ(しみじみ。)。

 今では 5~ 6本のプロジェクトがそれなりのスピード感を持って動いてくれる様になってます。

 世間が猛烈な勢いで動き出す 2年後(あくまで予想ですが。)に向けて、スタッフと一緒にあれこれと知恵を絞っている今日この頃。

 ついつい世間一般で言うところの会計事務所の職員というと(あくまでイメージですが。)、目の前の税務や会計の業務を黙々とやっていればそれでOKという感じ(うちの事務所でも、かつては残念ながらそうでした。)なんですが、私はそれは違うと思っています。

 やはり月次巡回監査を通じて経営者の方と会社の経営についてあれこれ打ち合わせをさせてもらわんとアカン訳ですから、自分自身でも足元の事務所の業務見直しや経営改善に積極的に参加してその難しさをリアルで体験しておかないと、所詮机上の空論を振り回しているだけってな事になってしまいますものね。

 なにより、最近の各種プロジェクトで責任をもってあれこれと知恵を絞っているスタッフ達の張り切っている姿を目にすると、やっぱり自分たちの職場は自分たちの手でしっかりと良くしていくという仕事の姿勢が何より自然な事なんだなあとつくづく思います。

 もちろんこういった事に熱心に取り組むにはスタッフ自身にもしっかりとした力を必要ですし、プレッシャーもかかるのでしょうが、それが幅広い分野での成長を促すんでしょうしね。

 事務所が成長していく過程で、まさに今、フェーズが一段変わっていくという感じなのかな。
スポンサーサイト



不思議な夢

 ここのところあまり夢なんて見た記憶が無かったのですが、昨晩はえらい鮮明な夢を見ました。

 そこで、ちょっと訳が分からない夢の顛末を一席。

 台風が通過した直後らしく、かなり流れの激しい川の中州を一人で歩き下っていました。なんで歩いていたのか意味不明です。

 なんとなく自分の中では武庫川だという事になっているのですが、そもそも私は武庫川とそんなに縁が深い訳でもありません。なぜ武庫川が夢に出てくるのか不思議と言えば不思議ですね。

 台風の直後ですから水が濁っているのが普通でしょうが、夢の中では透き通った清流だった(妙に印象に残っています。)のも屁妙な事です。透き通った清流という事ですから、色付きの夢を観ていたのでしょう。

 中州の先端が5m程度の滝状になって切れていたので、岩登りの要領でクライムダウンしましたが、そこから先は中州が途切れて激流が流れているのみ。歩いて下れるのはここまで。行き止まりです。

 数百m先に橋が見えるのですが、橋の袂の土手まで泳ぎ渡ると街に出れそうなのでそのままザブンと川に飛び込みました。後から考えると、なんでそんな危ない決断をしたのかよく分かりません。あまり危険を感じず、まさに飄々とした感じで意思決定をしていました。

 あとは激流に揉まれながらなんとか橋の袂の土手まで泳ぎ切ると、工事のおっちゃん達が集まってきて「よう頑張ったなあ。」と口々に誉めてくれます(なんで美女ではなくて工事のおっちゃん達なんかなあ。残念な夢やねえ。)。まあ、ちょっと誇らしい気分です。

 おっちゃん達のうちの一人が警察に届けを出しに行ったら賞金を貰えると言うので、そこから警察まで黙々と歩いて行きました。結構遠かったような気が...。

 ようやく警察署に到着して、受付で顛末を話すと、「この書類に内容を書いてもらえると賞金が出ます。」との事。至極真面目に書類を作成して念願の賞金を手に入れたのですが、あまり金額は大きくなかったような...。それでも何人かの警察官の方が拍手をしてくれたのでちょっと嬉しいような...。



 なんじゃこれというような夢ですが、妙にリアリティを感じる夢でした。特に激流を泳ぐ辺りは完全にカラー映像で、スリルいっぱい。アクション映画のサビの部分ですが、手に汗握る感じ。

 目が覚めた後、ちょっとしんどかったような、嬉しかったような変な感じでした。



 こうして文章にしてみると、やっぱり何のことかよく分からないですよね(笑)。

 夏目漱石が「夢十夜」って小説を書いていますが、なんだか不思議な感じだけは小説中の雰囲気そのものでした。もっとも内容に至っては、何の含蓄を含んだようなものでもないのが残念ですが(笑)。

 これって夢判断をしてもらうとどうなるんでしょうかねえ。

元伊勢へ行ってきました

  8月 9日。土曜日。

 今日はランニングはお休み。この前の日曜日からランニングを再開してずっと毎日走ってきたので、久し振りの休養日です。ジジイはちゃんと休みを取ってやらないと身体が壊れてしまいますから(泣)。

 ついでに仕事も休みですから、気楽な一日です。って事で、8時頃にゆっくりと起床。

 まず、自宅の1階の掃除機掛けを済ませてから朝風呂。

 10時ぐらいから車のパンク修理をするために伊丹のオートバックスへ。嫁さんは自宅の電球と懐中電灯を買いに、隣のエディオンへ。

 社有車のVOLVOですが、右後輪にネジがブスリと刺さっているのを、昨日たまたま発見。空気が抜け出す前に修理をせんとアカンと思ってオートバックスに駆け込みました。幸い、開店直後の時間帯に駆け込んだので15分待ちで修理開始。

 ジャッキアップして調べて貰うと非常に短いネジが刺さっており、タイヤのゴム面を貫いている訳じゃあなかったのでネジを抜いただけでOKという事になりました。修理代金は0円なり。

 全ての用事を済ませると11時半。

 まだ、ちょっと早い時間帯でしたが、そのまま川西にある野垣家御用達の「小花庵」へお蕎麦を食べに行きました。



 昼から、嫁さんは事務所で仕事。

 私はそのまま前から気になっていた元伊勢と呼ばれている神社がある福知山市大江町に行ってみる事にしました。

 伊勢神宮は現在の場所に落ち着くまでに何度となく遷座を繰り返しているのですが、その初期に内宮があった場所です。どうして皇室の皇祖神を祭る場所を転々と変えていったのかはっきりした理由が分かりませんし、そもそも丹波或いは丹後に何故それが置かれたのか謎と言えば謎です。

 前々から伊勢神宮に係る書籍を興味を持って読んできましたが、そういった事に明快に答えてくれている記述は無く、早い話が今や誰もよく分からないんだって事のようですね。

 皇大神社と豊受大神社、さらに天岩戸神社の3点セットで元伊勢三社と言われていて前々から興味があったのですが、行くタイミングを上手く掴めず...。

 結局、天岩戸神社だけは峡谷内の細い林道沿いにあり、車を停めるのを憚られたので参拝は省略したので、内宮と外宮だけ参拝した形です。

 おそらく古代において丹後から丹波に掛けて大きな勢力を持つ豪族が居て朝廷に対しても大きな影響力があったのではないかとか、出雲から大和に権力が移る過程でここが中継点として重要な役割を担ったとか...。

 ただ細かな話は何も残っておらず...。今やはっきりと分からない部分ですね。

 まあ、古代史の大部分がよく分からない事だらけなのですが。

 最近は地震に台風、疫病等の天変地異を頻繁に目にするようになったので、こういう時こそ神頼みって感じです。

蝉の幼虫を咥えてきた「ケン」

 仕事を終えて、20時前に嫁さんと自宅に帰って玄関ドアを開けたら、「ケン」が大喜びで庭に飛び出してきました。ここまではよくある話。

 庭の方に飛び出して端の方に走っていったかと思うと、たちまち走り戻って来て、私たちの目の前に咥えていたコロンとした黒い物体を吐き出して得意そうにしています。

 最初はギョッとしたのですが、よく見ると蝉の幼虫です。

 そう言えば、ここ半月以上雨が降り続いていて、今年はまだ本格的な蝉時雨を聞いていないのですが、さすがに痺れを切らした蝉の幼虫が土の中から這い出したタイミングでアッと言う間に「ケン」に捕まってしまったようで...。何とも運の悪い蝉です。

 Wikipediaで調べてみると、蝉は幼虫として土中で3~17年を過ごし、成虫として外を飛び回る期間が1ヶ月程度(昔、蝉の命は1週間程度と聞いた覚えがあるのですが、どうやら違うようです。どっちにしても短い命ですが。)との事。せっかく土中から這い出して、これから晴れ舞台に立つ直前に「ケン」のオモチャにされるなんて...。

 口に咥えて持ってきたので、てっきり牙が身体を貫いているものと思いちょっと可哀想だなあと思ったのですが、よく見ると動いています。手に取ってしっかりと見てみると、身体にも傷は無いので多分大丈夫。

 そのまま、そっと庭のシマトネリコの樹に止まらせてソーッとしておきました。

 今朝になって様子を確認しに行くと、もう蝉の幼虫の姿はそこに無く、死骸が転がっている訳でもありませんでした。なんとか彼なりに羽化して何処かに飛び立っていったのだろうと思います。なんとなくホッとしました。

 「ケン」にしたら殺すつもりも無く、とにかく珍しいものを見つけたので私たちに見せびらかして、誉めて欲しかったのだと思います。

 我が家を建てて10年ちょっと。最近、夏のこの時期に庭木にかなりの数の蝉の抜け殻を観るようになりました。また、夜中に酔っ払いながらフラフラと帰って来て蝉の羽化シーンに出合わせた事も何度かあるのですが、今回はかなり気の毒な蝉との出会いになりました。

 それにしても、いったいいつになったらこの梅雨が明けるのでしょうか。もういい加減、退屈で...。

 

急に視界にキラキラしたものが映り込んでビックリ 検査の一日

  3月12日。木曜日。

 昨夜の疲れを引きづって早起きができず。目が覚めると7時過ぎ。天気が良いだけに朝ランに出れないのが残念だけれども、無理は禁物。本業を大切にせんとアカンので、やっぱり仕事がしんどい時はあっさりとランニングは諦めるべきだと思っています。まあ、こんな事を言っているから、一向に速くならないのですが。



 税理士会や日本公認会計士協会が年間の研修時間を設定して、資格維持のためにはそれを是非ともクリアしなさいと言ってくるものだからそれぞれのサイトを見に行って現在の自分の研修時間を確認したところ、未届けの受講済み研修をちゃんと申請するだけで充分に研修時間をクリアする事が判明して、気分が一気に軽くなる。

 税理士会は年間30時間。日本公認会計士協会は3年間合計で120時間。それ以外に細かな条件がゴチャゴチャと書いてあるのですが、本業の周辺の研修をマメに受講しているのだけではるかにオーバーしていました。ただ、いちいちそれをネットを通じて申請する手続きが邪魔臭くって...。

 まあ、制度だから守らなければあきませんが、本業として飯を食っている以上は研修を受けようが受けまいが自己責任。所属団体に上から目線で命令されて研修を受けている段階で専門家としてアウトだと思うんですがね。こういった職域団体としては自己責任を強調して放任ばかりしている訳にも行かないのでしょうが、専門家の集団のはずなんやからこんな幼稚な仕組みを作らないと業界レベルが維持できないというのも哀しい話ではありますよね。



 なんて事をパソコンで書いていると、急に視界の周囲にキラキラしたものが映り込んできてビックリ。こんな症状が数分続きました。

 そう言えば、もうちょっと軽い症状で似たようなことが1週間くらい前にもあったような...。

 確定申告も終わりが見えきた中で、今日はこれといって予定も入っていなかったので、思い切ってお医者さんに行ってこのキラキラの原因を徹底的に究明する事にしました。

 11時頃から近所の眼科へ。1時間ほどかかって眼底検査や眼底三次元画像解析、さらに動的量的視野検査というものまであれこれと検査をしてもらいましたが、眼は視力が悪いだけで、それ以外の問題無しとの事。

 さらに、14時から近所の脳神経外科に行って、MRIから始まって脳波検査、さらに頸椎のデジタル撮影とやらまで徹底的にやってもらいました。

 結果は脳に年齢なりの脳梗塞などはあるものの、腫瘍ができたり、血管が詰まったり破れたり...なんてものは発見できず。完全に正常との事。ただ、脊椎部分がストレートネックと言われている症状になっており、これが自律神経を圧迫して自律神経障害を起こしている可能性が濃厚だとの事。首のところにある血管を圧迫して脳まで血液が上がる量に制約がかかってそんな症状が出ている可能性が高いそうです。

 パソコンに向かう時間の長い仕事をしている人がなりやすいストレートネックが色々な悪さをしている感じ。普段の姿勢って大切なんですね。

 最近、お客さんのさかぐち鍼灸接骨院さんに通って猫背矯正に取り組んでいるところですが、ストレートネックの件も併せて相談しようという事で一件落着です。そう言えば明日も通院する予定が...。

 結局、11時頃から17時までほぼ丸一日かかって目と脳と脊椎をしっかりと検査して、ストレートネック以外は問題無しという診断をもらったので、気分もちょっとだけスッキリです。

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR