日大の悪質タックル 酷いなあ

 ネットでたまたま話題になっていたので見ましたが、5月6日に行われた関学対日大の定期戦で発生した日大の選手による関学クウォーターバックに対する悪質なタックルは酷いなあと思いました。

 YouTubeなどで映像が多数出ているのでそれらを見て頂けるとよく分かるのですが、明らかにクウォーターバックがパスを投げ終わって2~3秒後の完全に気を抜いて無警戒になっている状況で背後から一撃です。とりあえず関連映像のlinkを貼っときます。

 (日大の悪質タックル

 もちろんクウォーターバックがボールを持っていてパスを投げ終わるまでだったらディフェンス側の選手は迷わずタックルをすれば良いのですが、投げ終わった後はプレイと関係が無い状態になるのでタックルを仕掛けるとレイトヒットという反則になります。アメリカンフットボールでこういったプレイを認めてしまうと際限のない暴力の応酬を招いてしまうので、スポーツ競技ではなくなって単なる喧嘩になってしまいます。

 プレイヤーなら誰でも知っているルールです。

 私もプレイをしてたので分かりますが、相手にタックルをする前にプレイが既にデッドになっているのかどうかは完全にプレイヤー側で認識をする事ができます。ましてや今回の場合はあれだけプレイが終わってからの経過時間があったのですから悪意があったとしか思えません。

 無警戒の相手に対して背後からタックルするというのは、普通の人間だったら倫理的にもできない事じゃないのかなと思います。いくら監督に言いくるめられたり、チームの状況からやむを得なくというシチュエーションに置かれてもなかなかできるもんではありません。いくら必死になっていても普通の人なら心理的にブロックがかかってしまってできないものはできない行為です。そういう観点であの映像を見ていると、あれは犯罪の領域に足を踏み入れている行為だと思います。

 また、退場になった後にサイドラインでその選手を迎える監督の態度やその後の「力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。待ちでなく、攻めて戦わないと。選手も必死。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任。」という監督のコメント、さらにその後の日大チームとしての対応を見ていると、チーム内部の感覚が常識的感覚とかけ離れた異常な状態になってしまっているのではないかと思えます。



 私も現役の時に、相手チームのラインバッカーにブロックに行ってプレイがデッドになって気を抜いた瞬間にみぞおち部分を正拳突きで殴られて悶絶した記憶があります。その場で、数分間ほど息ができずにのたうち回ったのですが、審判の死角に入ったところで殴られたので、私だけがタンカーでサイドラインに運び出されただけで試合はそのまま続行でした。審判も前後の状況を考えるとそんな悶絶するような選手が出る状況で無い場所で倒れているので何かおかしいと思っても、犯行を目撃していないのでどうしようもなかったのでしょう。

 しかし、、予想していない時に突如襲われると身の守りようがありません。やられた側にしたら激しい怒りと相手に対する恐怖や不信感でいっぱいになります。まあ、5分ほどあれこれ治療されて安静にしているとプレイに復帰できる程度でしたからそれで良かったのですが。

 私たち2年生が主体のチームが練習試合で3年生主体のチームと戦って、その試合が存外に競った展開になったものでイライラが募ったのでしょうが、許されるようなプレイではありません。って言うか、そんな姑息な事をする選手は最早選手ではなくて単なる犯罪者です。彼がその後どんな人生を送っているのか知る術もありませんが、そんな昔の一幕を思い出させられるような事件でした。

 
スポンサーサイト

ふるさと納税

 今年もふるさと納税をするのが大晦日になってしまいました。生来がものぐさ。だけども自分に生じた権利を使わずに流してしまうほどの度量も無いので、毎年期限に急かされながら大晦日に自分の今年の所得からふるさと納税の限額額を計算して、ちょっと慌てながらふるさと納税のポータルサイトからあれこれと返礼品を眺めながら寄付をしていくのが恒例です。

 これがもっと良くできた人だと年の初めから計画的に、しっかりと返礼品も検討して整然と寄付をするのだろうなあ...。

 分かっているんですが、どうしても日々の仕事に意識が行ってしまい、そんな事を考えているどころやないという気分が先に立ってしまって後回しになるんですよね。

 まあ、無い物ねだりをしても仕方がありません。ズボラはズボラの生き方がありますからね。



 今年は昨年末にした南あわじ市の寄付が、「ふるさとチョイス」というポータルサイトから実施した(その時に確かに賞品を選んだはずなのに、制度設計上は選んだことになって無かったという事です。)のだけれども、どうやらその時点ではポイントが溜まっただけなので改めてJTBがやっている「ふるぽ」というポータルサイトでポイントの使用先の商品を選び直さなアカンという事らしいという事を、数ヶ月前に「まだポイントを使ってもらってませんよ。」というお知らせのはがきが来て知りました。どうやら今年の年末がポイント交換の期限らしい。期限を超えると当然ながら失効という事に...。えらいこっちゃ。

 って事で12月30日の夕方から、ガサガサと手続きをし始めました。

 まあ、地方自治体がそういう仕組みにしているので致し方ないのだけれども、一旦寄付してポイントが溜まって、もう一度他のポータルサイトから商品を選び直しってのはなんだかスマートじゃないなあ。それやったら「ふるさとチョイス」で受付をせんと、「ふるぽ」でやって頂戴と言えば良いのに、そんなことを言ったら面倒臭いから寄付金が減ると思ってこんな事になってるんやろなあ。ブツブツ。

 さらに「ふるぽ」のマイページにアクセスしようとするとパスワードが分からない(お知らせのハガキにはIDはちゃんと書いてあったのですが、パスワードが書いてませんでした。)ので、慌ててテレホンセンターに問い合わせの電話。

 どうやら私と同じズボラな人が世の中にはいっぱいいるらしくって、電話が繋がってから10分近く待たされてようやくオペレーターと話ができました。さすがにオペレーターの人は要領良く対応してくれてパスワードを私のメールに入れておいてくれるという事で話がついたのですが、どういう訳か12月30日中にはパスワードのメールは着かず。

 仕方が無いので大晦日の昼過ぎから再びテレホンセンターに電話をして、10分近く待たされてから再びパスワードの件をあれこれ...。なにせ期限が今日なので、メールが着かなかったらお終いなので、その電話の中でポイント交換の手続きを済ませてもらってようやくひと段落しました。オペレーターの人の対応は言う事無しの100点満点なんですが、この仕組みがとにかく煩雑。もうグッタリしてしまいました(もうオジサンは付いていけません。さりとて権利を流してしまったら嫁さんが怖いしなあ。)。

 実は、朝のランニングもこの件が気になっていた(テレホンセンターが17時までとハガキに書いてあったので。)ので、西宮北口で切り上げざるをえなかったのもちょっとなあ(あと10kmくらいは走りたかったなあ。正味の話。)って感じです。まあ、他の家事もあったので、それだけの理由でもないのですが、あれこれと手続きで気を揉むってのは嬉しい話ではありません。



 昨年の寄付のポイント交換がようやくひと段落してから、いよいよ今年のふるさと納税を開始。

 丁度、長女が自宅に来たので、彼女の欲しい物なんかも選んだりしてワイワイと寄付を進めましたが、まあ面倒な事です。地方自治体に寄付をしたら返礼品が貰える。税負担もふるさと納税をしない場合と比べて2,000円しか負担が増えない(寄付金控除の限度額内の場合だけですよ。)ので、返礼品の分だけお得ですから本来は嬉しい制度なんですが、ズボラな人間はそんな事でも面倒さが先に立ってしまうという...。

 まあ、懸案のふるさと納税も終わった事だし、今日は今からゆっくりと過ごす事にします。一年の終わりの余韻を楽しみながら...。


淀川の花火大会

 昨夕は淀川の花火大会を観に嫁さんと行ってきました。

 いつも仕事でお世話になっている積和不動産さんのご厚意で、スカイビル24Fにある本社役員会議室にTKC近畿大阪会の積水ハウス部会の委員の先生達がご招待頂いたので、ありがたく参加させて貰いました。

 以前に、私自身も積水ハウス部会長を何年か務めさせてもらっていた時に2度ほどご招待頂いて観に来た事があるので、これで3度目かな。

 打ち上げ場所になっている淀川の川中に設けられた台船を見下ろす形になり、丁度目の高さの辺りで花火が開くので花火見物の特等席です。

 凡そ1時間ほどの間のショーですが、存分に楽しませて頂きました。ありがたい話です。



 花火の打ち上げが終わる10分前に会議室を抜け出して、阪急梅田駅へ。

 花火が終わってからではどこもかしこも大混雑になり、還暦を前にした年寄りにはきついので、予防措置です。

 スカイビル内も、そこから梅田グランフロントに延々と続く地下道も、グランフロントから阪急梅田駅に続く道路も、さらに阪急電車内もほとんど混雑無しで驚くほどスムーズに自宅まで帰る事ができました。人混みがとことん苦手ですから、最後の10分間のクライマックスが観れないのは残念ではありますが、致し方無しです。



 こういった大きな人混みが予想される行事に参加する時は、いつもこうやって人々が動くであろう大きな流れをかわして、エアポケットの様に空いた空間を見つけ出して行動するのが身に着いた癖になっています。

 生まれも育ちも大阪ですが、都会暮らしが身に着かず田舎者のまんま今に至るという事なんだと思います。田舎者と言われるのも実は嫌いではありませんし。



 それにしても花火だという事で梅田周辺には物凄い数の人、人、人...。

 すっかり人酔いをして自宅に戻って来ました。

 大都会の片隅で暮らさせてもらっているのですが、人の数の多さにはちっとも慣れないのは困ったものです。
 


 

呉服神社 大祓式

 土曜日。

 一週間の疲れが溜まって、朝もゆっくりと起床。もうグッタリで何もする気になれず。

 9時過ぎに事務所に出勤。



 10時からうちの氏神さんの呉服神社(うちの事務所は呉服神社の参道沿いにあります。)の大祓式に参加してきました。大祓式とは、年の半分にあたって溜まった穢れを祓い、気分一新頑張ろう的な行事だとパンフレットには書いてあります。この説明で、まあ、当たらずと言えども遠からじってところでしょうか。

 儀式の開始から終了まで凡そ1時間。

 儀式の中のメインは拝殿の前に作られた茅の輪を3回くぐるところ。まあ、淡々とくぐるだけなんですが、けじめをつけた証になる儀式ですからいささか神妙な面持ちでくぐらせてもらいました。

 最後に拝殿に上がらせてもらって、神主さんの祝詞や神楽などの最後の儀式にも参加させてもらって締め。

 とにかくうだるような暑さと蝉の声の中で粛々と儀式は進められていき、何となく清々しい気分でこのブログを書いています。

 心機一転、残り半年も精一杯に頑張って生きていかにやあなあ...という気分になっています。

 それにしても、大祓式があるって事はもう既に年の半分が過ぎてしまったって事ですよね。本当に月日の経つのは早いものです。ちょっと怖いくらい。

 
 

テレビに出るかも

 今日の昼食時にNHKの取材を受けました。

 お客さんの社命がかかった大切な会議もなんとか上手くこなせて、ホッとひと息という事で社長と私とうちの長女(巡回監査担当者です。)の3人で鰻屋さんに立ち寄って美味しく鰻重を頂いていた時にNHKの取材チームから申し出があり、鰻を食べている光景の撮影とインタビューを受ける事になりました。

 まあ、カメラの回っている前で鰻を食べるっていうのは難しいもんです。鰻の蒲焼が焦れば焦るほど上手く切れてはくれず、お重の中をコネコネと箸で捏ねている様子。どうみても毎食箸を使ってご飯を食べている日本人じゃないみたいに映っているやろなあ。

 だいたいカメラがまわりだした途端に、緊張の会議が終わった解放感でワイワイと喋っていた空気が凍ってしまい、3人とも無言でひたすら鰻重を食する絵になってしまっていました(自然な雰囲気なんてこれっぽっちもありません。まあ、素人ですからそんなもんです。)。

 8月25日の21時からNHKBSプレミアムで新日本風土記「うなぎ」で放送されるとの事でしたが、家にテレビが無いので確認のしようもありません。まあ、いっぱいカメラに映っていても大部分はカットされているでしょうから、映っている時間はほんのちょっとなんでしょうが。

 それにしても髭をちゃんと剃って行っといたら良かったなあ。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR