FC2ブログ

㈱TKCの宇都宮本社とその周辺施設見学

 慰安旅行の最終日。

 いよいよ、うちの事務所スタッフを連れて㈱TKCの宇都宮本社とその周辺施設の見学をする日です。

 8時にホテルを出発して8時20分頃に本社駐車場に到着。ここで懐かしの伊藤さんと須永さん、さらに会議のついでにアテンドして頂ける松上センター長代理が出迎えて頂きました。忙しい人達なのにこんなところで私を出迎えていて大丈夫なのって感じです。ありがたい限りです。



 ここから㈱TKCのバスに乗り換えて、データセンターであるTISCへ向かいます。私は既に2回ほど見学に行っているのですが、うちのスタッフ達は初めて。地震、雷などの自然災害やハッキングなどのサイバー対策でこれだけ凄い費用と手間を掛けている様をスタッフ達には見て欲しいなあと思っています。

 まあ、私なんか単純なもんだから、説明を受ける度にホーッと感心する事しきりです。

 まあ、個人事務所がどれだけ頑張ったところで、顧客データを護るためにこのセキュリティーレベルを維持するのは無理ってもんです(地方自治体の各種データも保管しているので、そらあ生半可なセキュリティレベルじゃあだめですよね。)もんね。



 その後、昨年立ち上がったTKCカスタマーサポートサービス㈱(TCSS)を訪問。いわゆるシステムノヘルプデスクを独立させて子会社として運営している施設なんですが、森田さんが直々に我々を待って頂いていて、丁重に施設の案内を頂きました。「あんた、忙しいねんから他の仕事をしときいな。」という感じで、私は気が気ではありませんでした。

 ヘルプデスクのスタッフの方々は近隣の主婦の方が多いので、保育施設まで整えてあります。またストレスの多い仕事ですからリラックススペースもかなり工夫を凝らしてあり、スタッフ達も感心することしきり(うちの事務所では、なかなかここまでは手が出ないなあ。すまぬ。)。さすがに一部上場企業が本気で取り組むとこうなるんだなあって感じです。

 まあ、一生懸命に真似れるところは真似ないとなあ。



 お昼前に㈱TKC本社に戻ってから水月庵を見て、昼食を済ませてからシステム開発研究所の説明と飯塚毅記念館の見学。

 ここ宇都宮本社には数え切れないくらいに来ているのですが、TKC全国会の仕事絡みがほとんど。こうしてじっくり見学というのは20数年来で2回だけ。実は私自身も楽しみです。

 小池さんと五十嵐さん、そして宮下さんが丁重にそれぞれの案内や説明を頂きました。皆、㈱TKCでは重要な仕事をしている人ばかり。忙しくって首が回らないくらいの人なのに真面目にお付き合い頂き感謝です。特に宮下さんとは、私がTKC全国会に入って数年後にTKA監査法人に係らせて頂いた折りからのお付き合いで、懐かしさもひとしおです。

 飯塚毅名誉会長の話のあれこれをお聞きしていると、私にとっては既に何度も耳にしている話が多いのですが、それでも初めて耳にしてハッとする話が含まれていて興味深い物でした。まあ、何度話を聞いてもその人間としての器のでかさに驚きを禁じえませんね。

 まあ、比べてしまうと足元にも及ばない小さな器の私ですが、職業会計人としての方向性をこんなに明快な形で示してもらった事に心から感謝しています。こういったはっきりとした羅針盤がなけりゃあ、あっちにフラフラ、こっちにフラフラと腹の座らない経営を続けていたことは想像に難くないだけに、税理士事務所として独立開業した時期にこういった一連の話を知る事ができた幸せを改めて噛み締めました。

 こういう創始者の話を聴く度に我々の次の世代に今の時代に即応した形できっちりとしたTKCビジネスモデルを整えて、さらに伝えていく事が我々に与えられた使命なんだなあと思います。ちょっと重いですが(笑)。

 うちのスタッフ達がそれぞれどんな感想を持って話を聴き、現場を見学したのかは分かりませんが、それぞれの胸に飯塚毅名誉会長のイズムの欠片が染み込んでくれたら嬉しいなあと思います。



 15時過ぎに見学を終了して、レンタカーを飛ばして成田空港まで走ったのですが、レンタカーのナビが一部の高速道路区間の新設をデータ更新されておらずコースをミス誘導する一幕もあって大慌てでした。最後に成田空港に到着したのは本当に滑り込みセーフという感じです。GoogleMapの凄さが改めて身に染みました。



 今回の2泊3日の慰安旅行は観光旅行と㈱TKC見学の二本立て。私としたら丸二日間くらい使ってジックリと1から10まで㈱tkcを見学して、説明を受け持った社員の方々と語り合いたかったのですが、そこまで腰を据えてやり出すと㈱TKCにも迷惑でしょうし、スタッフも精神的に持ちません。まあ、これくらいが丁度良い頃合いだったのかなあと思います。

 自分たちがこんなに手厚い業務サポートを受けて仕事ができている幸せを噛み締めるきっかけになればいいのだけれどもなあ。



 最後に、今回の㈱TKC見学で対応して頂いた社員の方は今までお世話になり、それなりに深いかかわりのあった方ばかり。それぞれが忙しい仕事を持っておられるのを物ともせずに実直に対応して頂き、本当にありがたいなあと思いました。なんだか同窓会に行って出会う昔の友人みたいな感じといったら言い過ぎでしょうか。本当に貴重な時間を割いてお世話頂き心から感謝します。ありがとうございました。 
  
スポンサーサイト

二日目は鬼怒川ライン下りから始まって日光江戸村で遊ぶ

 朝一から鬼怒川ライン下り。

 船頭さんの操る船で鬼怒川渓谷を6km下るのだが、瀬に入るとそれなりに水しぶきが上がり、爽快感たっぷり。

 一ヶ月ほど前に嫁さんと訪れた釧路川のカヌー下りは艇も小さく、パドルで自分で漕ぎ下る必要があったので、スポーツ感が強かったのだが、こちらはそれに比べると遥かに艇がでっかく(30人くらいは乗っていたような...)って安定感があり、正に遊覧という感じ。ビールでも片手に下ると良い感じだ。

 船頭さんのトークが上手で、ボーッと聞いて阿呆の様に笑っているのが楽しい。喋りができるというのが船頭さんの大切な要件になっているようだ。まあ、サービス業だからねえ。お客さんを愉しませてなんぼなんやねえ。



 その後、日光江戸村へ。

 以前、我が事務所の慰安旅行で伊勢に行った際に訪れた戦国時代村と同じ経営母体だったようで、懐かしの「にゃんまげ」や忍者の戦闘シーンをふんだんに取り入れた芝居、さらにコメディ調の時代劇という構成も基本的にそのまま同じでした。

 まあ、それぞれプロの役者さんが演じているだけあって、同じ様な芝居構成であって落ちが予想できてもしっかりと笑わせてくれるのは大したものです。

 最後に見た両国座のコメディ調の時代劇。既に既視感たっぷりの芝居でしたが、役者さんがしっかりと各々の間を掴んで喋る技術はさすがだなあと思いました。まあ、私は真似ができませんが。



 15時前に日光江戸村を出て、宇都宮のホテルへ向かいました。

 敢えてカーナビが勧める最短経路を取らず、旧日光街道の杉並木が続く国道119号線を忠実にトレースしました。まあ、時間にして5分か10分程度の回り道です。しかし、杉並木が所々は途切れるものの宇都宮近郊までほぼほぼずっと続いていたのにはちょっと驚きでした。さすがは江戸時代の5街道の一つ。主要幹線だったので念入りに手入れをされていたのですねえ。

 距離にして30km程度。歩けば一日足らずの行程です。

 日光街道といっても江戸から宇都宮までは奥州街道と言い、宇都宮から日光までの区間だけが日光街道だそうですが、その距離感が良く分かりました。宇都宮城の釣り天井事件などを思い出し、その位置関係なんかも確かめられてちょっと面白いなあって感じです。

 うちのスタッフにはこの事は喋らず、密かに自分だけで楽しみながらの道中になりました(日光街道云々を喋り出すと、それはそれで長い話になるので...。自己顕示欲バリバリの長講釈になってもアカンし、あんまり興味ないだろうなあと思ってついつい黙ってしまいます。)。
 

 

慰安旅行で日光、鬼怒川温泉、㈱TKC本社見学の2泊3日旅

 10月13日。土曜日。

 今日から日光、鬼怒川温泉そして㈱TKC宇都宮本社見学の2泊3日の内の事務所の慰安旅行です。

 かねてよりうちのスタッフに㈱TKC本社を見せたくって、ようやく機が熟したという感じ。

 事務所総勢13名のうち、育児や子供の学校の関係で3名、さらにインターン期間のスタッフが1名不参加になったのが残念ですが、これは仕方がありません。

 私はもう17~18年前からTKC全国会のシステム委員長やシステム開発小委員会メンバーとして何度も㈱TKC宇都宮本社やシステム開発研究所を始めとした諸々の部署を見知っていますし、そこで働く社員の方々とも親しくさせてもらっているのですが、うちのスタッフ達にやっぱり日頃の業務インフラを支えてくれている㈱TKCを目で見て、直接肌で感じてもらいたいというのが本音です。

 なにせ我々の業務そのものが飯塚毅名誉会長に端を発し、真面目一本槍で今に至る㈱TKC(不器用な会社だと思います。まあ、私には合ってますが。)の社風と高いプロ意識に支えられている事を身体で感じ、㈱TKCが単なる会計ソフトベンダーと異なるのだという事を知り、格別の愛着を感じて欲しい(それが我々の仕事にもある種の力を与えてくれると思っています。)なあと思っています。



 6時45分に伊丹空港に集合して、成田空港へ向かう便に搭乗。9時過ぎに成田空港に到着して12名乗りのコミューターバスをレンタルして、私が3日間の運転手を務めます(大型の運転免許証が必要なので、私しか運転できません。)。

 この2泊3日はスタッフ達に日頃の仕事の緊張感を忘れて、ノビノビと楽しく過ごして欲しいなあと思っています(まあ、私は世話役。縁の下の力持ちという役処です。)。



 初日は日光東照宮を訪問するだけ。途中、佐野サービスエリアに立ち寄って佐野ラーメンを皆で食しましたが、私にはさほどに美味しいとも思えずでした。まあ、高速道路のサービスエリアですから、こんなものかもしれませんね。

 日光東照宮も20年近く前に一度来ているので、私にとっては物珍しい感じは無し。スタッフの中には初めてという人が多かったのが救いです。物凄くたくさんの観光客が押し寄せていたので、人混みが嫌いな私には苦痛でした。まあ、世界遺産なんだから仕方ありませんよね。

 鬼怒川温泉には夕方早めの時間に入って、宿でゆっくり。まず、慰安旅行初日は無難にスタートしました。

週末、ドンヨリ

 10月6日。土曜日。

 疲労困憊。

 疲れが噴き出して、早起きをしてもドンヨリとした疲れが抜け切れていない。外を見ると雨だったので、二度寝。意気上がらず。

 8時ぐらいまでベッドの中でウダウダ。

 午前中は新聞を読んだり、朝風呂に浸かったり...。ほとんど何もせずボーッとして過ごす。

 昼前から筋トレ。足腰の筋力強化を目的に、軽めの重りを付けたバーベルやダンベルを使ってかなりきつめに追い込んだトレーニングに取り組む。歳を取ると、年齢の経過と連動して筋力が落ちるので、これを補ってやらねばランニングやトライアスロンなどで良いパフォーマンスは出ないと考えています。

 その後、固定バイクを漕いで、心拍を計りながら追い込む。今週は仕事やTKC関連行事が立て込んで4日間ほど続けてランニングのトレーニングができなかったので、明日からのランニングに備えた準備運動という感じ。



 夕方からお客さんの経営会議に担当スタッフと一緒に参加。

 全社員を集めて、経営に関する諸々の問題について決定事項の伝達。或いは必要事項については全社員との議論の場です。20名ちょっとの会社ですから、規模的にも運営面で色々と難しさが出てきており、これらを何とかスムーズに解決しようと始められた試みです。

 20時頃に終了。そのまま帰宅して夕食。久し振りに今晩は早寝。

税務調査立ち合い

 昨日の秋期大学の疲れが噴き出して、早起きできず。朝ランなし。

 今日は、朝から税務調査の立ち合いです。

 ここ2年ほどは幸か不幸か税務調査と全く無縁だったのですが、今年は税務調査の当たり年。税務署の事務年度は7月から新年度になるのですが、今の時点で3件の予定になっています(既に1件は終わりましたが。)。

 基本的にうちの事務所で出している税務申告書には税理士法第33条の2の書面添付を付けているのが大半です。税理士が自分の首を掛けて品質保証をしているもので、税務調査が絶対に入らないとは言えるはずもないのですが、圧倒的に税務調査の対象になる確率が低くなっているのもまた事実です。

 今年入る3件はどれも既存の税理士さんからうちの事務所に変わってきて、まだ税理士法第33条の2の書面添付を付けれる状態まで持って行けていない進行形案件ばかり。

 そんなに大きな問題が出る余地はないと思いますので、心配はしていませんが、やっぱり実際の税務調査の立ち合いとなるとそれなりに緊張はします。



 夕方からは、来年の秋期大学開催に向けてのTKC近畿大阪会豊能支部の打ち合わせに参加。

 秋期大学実行委員会の立ち上げが本番の一年以上前から実施されているので、心強いばかりです。

 打ち合わせ後にみんなで懇親会に動いていましたが、私は昨日の秋期大学の疲れが抜けきらず疲労困憊でしたのでそのまま帰宅させてもらいました。随分と体力が無くなったもんですねえ。残念ながら。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR