FC2ブログ

台風の中、静岡日帰り出張

  8月15日。木曜日。

 大型台風の10号の影響で西日本を中心に天気は大荒れ。新幹線や飛行機の一斉運休の報道も頻繁に耳にする。

 静岡にあるうちの事務所の2件のお客さんの業務提携の打ち合わせで焼津に出張の予定だったので、台風情報をものともせずに車で日帰り出張に出向く。

 13時から両社の社長の打ち合わせが始まるのだが、台風の影響で通行止めや帰省やレジャーから帰る車の大渋滞なんて事も予想されたので、時間的な余裕を充分に見て6時前に自宅を出発。

 途中、鈴鹿の山を越える新名神や伊勢湾岸道では風が相当強く、ハンドルが取られてヒヤリとする場面もあったが、大型台風の報道を警戒して車で移動する人は少なく、高速道路はガラ空きで逆に走り易い感じだった。「万事、案ずるより産むが易し。」って事だ。

 焼津には普段より早目の9時過ぎに到着。予定よりあまりに早い時間帯に到着したので、駅前のスーパー銭湯で温泉に浸かって仮眠。2時間半ほど時間を潰す。最近はこういう施設が日本全国津々浦々にあるので時間調整に使うにはもってこいだ。

 12時頃に会社に入って、13時前からそれぞれの会社の社長さんが向き合って業務提携の打ち合わせ開始。

 どちらもうちの事務所のお客さんという縁で紹介した案件だ。ヒトの問題で困っていた側とヒトに恵まれている側の顔合わせ。相互補完ができると睨んでこんな場を設定した。

 事前に数回、顔合わせやちょっとした打ち合わせをして準備運動をこなしてきたので、話し合いはスムーズに進む。ちょっと嬉しい。

 両者出資の合弁会社を設立して、来月から業務開始という線でまとまる。うちの事務所も取り纏め役という事で仕事を頂く。

 なかなかうちのお客さん同士を引き合わせて業務提携を進めるというのは、「帯に短し、襷に流し。」って話が多くて纏まりにくいものだが、今回はトントン拍子に話が進んだ。相互信頼の土台がスンナリと築けたのが大きいのだと思う。

 16時過ぎに焼津の事務所を出発して、台風で大荒れだとラジオ報道をしている大阪に向かう。まあ、高速道路が通行止めになっていたらなっていたで、その場で考えればいいやという行き当たりばったり思考で高速道路を西進する。

 やはり、往路と同じく伊勢湾岸道路と鈴鹿山脈を越える新名神でかなり強風に煽られて2回ほど怖い目に遭うが、帰りもいつものコースタイムとほぼほぼ同じくらいの時間で大阪に到着。

 今回の台風については、マスコミ報道もちょっと大袈裟な感じだ。確かに、自然現象だからどうなるか事前に分からないので、事前に大袈裟気味に報道しておいた方が間違いが起こりにくいとは思うが、大阪以西についてはそこまで大層なことにはなっていない。まあ、将来の事を予想して報道するので難しいところだけれどもね。

 19時半頃には自宅到着。

 相も変わらずグウタラの「ケン」が邪魔臭そうに出向かえをしてくれる。家に帰って来て、ウダウダと「ケン」とジャレている瞬間が一番ホッとする気がする。
スポンサーサイト



週末はずっと勉強 辛うじてちょっとだけランニング 頭を酷使すると疲れるわ~

  7月20日と21日の2日間は大阪市内で笹岡税理士の資産税研修を受講。

  1日当たりは10時半始まりの17時終わりの5時間半のレクチャー。

 資産税の取扱の中でもっとも揉め事の発生しやすいジャンルのひとつである小規模宅地等の特例だけにテーマを絞って3日間ぶっ続けの研修なのですが、その後半の2コマでした。

 まあ、私たちの仕事は勉強すればするほど税法の実務運用の難しさが分かって来て怖くなる(ノイローゼ状態に陥ってしまう危険さへあります。)のですが、その怖さを知らずに仕事を続けるのもまるで素人の怖いもの知らずってことになるので、こういった判例を積み上げて実務運用の限界点をしっかりと確認していく勉強は大切になります。

 日常の仕事に追いかけられてバタバタしていると、こういった知識や情報の仕入れが疎かになってしまうので、まとまった時間を取って研修を受けたり、自分で勉強したり...が大切だと思います。この仕事をしていく上で欠くべからずのものなのでしょうね。ちょっとしんどいけどねえ。



 朝ランは20日のみ。箕面周回大コース 8.6kmを総平均ペースで5分30秒/kmで走ったきり。

 21日はテキストを読み返したりしていたら、とてもそれどころじゃあなくなってしまってランニングは省略って事に。

 身体を使う分にはほとんど苦痛を感じないのですが、頭を使い続けるとなると疲労感が半端ない感じです。選ぶ職業を間違えたのかもしれませんね(笑)。

TKC全国役員大会初日

  7月11日。木曜日。

 さっきのブログに書いたように朝は正副会長会。議題が盛り沢山。午後からの役員大会本番の確認事項なんかもあって大忙しの議事だった。

 昼食を済ませて13時から式典開始。

 16時から坂本全国会会長の講演。頭の良い人の話というのは複雑な事象も単純明快にツルリと解きほぐすものだが、それを地で行く講演だった。聴いているとスルスルと自分の中に入ってくる気がするのだが、それを他人に喋ってみろと言われるとたちまち困ってしまうような感じ。この感じ分かるかなあ。

 なかなか、あんな話をする域には行き難いもんだと感心してしまう。地力の差も大きいのだろうけれども、その後の努力、生き様ってのが全然違うのだろうなあ...。

 凡人は凡人なりにそんな立派な人の話をしっかりと聴かせてもらって、我が身の生き様に反映させていけば良いのだと思いまうがね。

 夕方からレセプション。1,000名の立食形式の大宴会。壮観です。

 2次会はTKC近畿大阪会の理事の先生と一緒にホテルの近所の居酒屋へ。結構ハードな一日だったので、途中から眠気がきつくなりフラフラ。2次会終了が22時。まるで子供である。

役員夕食会

  7月10日。水曜日。

 午前中は大阪市内のお客さんの所に訪問して経営改善の検討。

 社長の人事絡みのストレスを延々とお聞きする。

 「分かる。分かる。」っていう話だけれども、私には社長の話を親身に聞いてあげる事しかできない。

 13時発の伊丹空港発の飛行機に乗るために大急ぎでいったん事務所に戻り、嫁さんとバタバタと空港へ。ドタバタで飛行機に乗り込むが本当に気忙しいものだ。

 今日から週末までTKC全国役員大会が東京の帝国ホテルで開催される。凡そ1,000名のTKC全国会の各地域会役員が集まる巨大大会だが、今晩は全国20の地域会の会長が集められて開催される夕食会だ。

 帝国ホテルの玄関に集合して、今晩の綱町三井倶楽部へ。三井グループの役員が社交場として利用する会員制倶楽部だ。三田の一等地に10,000坪の敷地(固定資産税を考えると身の毛もよだつ。)を備えた伝統の迎賓館だ。

 一般の利用は不可。

 もちろん私や嫁さんには縁の無い上等な場所だ。

 こうやってTKC全国役員大会の前日に開催される会長夕食会。これで4回目。毎年、開催地域会がその土地でよほどの縁が無い限り利用がしにくい格式の高い料亭やレストランで開催されるのですが、今年もまた凄い所でした。ありがたいことです。

 夕食会終了後、早々にホテルの部屋に戻りバタンQ~。美味しいごはんも嬉しいのだが、たっぷりの睡眠もまた贅沢な事だ。
 

仕事orTKC?

  7月 3日。水曜日。

 朝一からお客さんに事務所にお出で頂いて、今期の決算見通しと来期の予算作成。社長さんにあれこれと喫緊の問題点と改善の取り組みをお聴きしながら、担当してくれているスタッフが継続MASという予算作成ソフトウエアを使って数字を組上げていきます。

 このお客さんは会社を第3者承継という形で引き継いで数年間は経営状況が厳しかったのですが、予算実績対比分析をしっかりと行いながら経営を立て直してきて、今では安定的に利益が見込める優良な会社になっています。

 とは言っても、問題が全くない訳ではありません。問題が生じる都度、真摯に対応策を検討して、真面目に対応していく繰り返しで何とか今の状況を先々まで継続していって頂きたいところです。



 昼前からデスクワーク。

 夕方からはTKC全国会に未入会の税理士先生が4~5名ほどうちの事務所に見学に来られたので、90分ほど事務所経営の話をさせて頂いて、その後は懇親会で個別相談。最後の方は単なる飲み会になっていましたが(笑)。



  7月 4日。木曜日。

 昨日の飲み会のあおりで軽い二日酔い。

 午前中はデスクワーク。

 午後からは梅田のホテルでTKC近畿大阪会の生涯研修の開講式。私は16時前から90分ほど70名ほどの参加者を前に講演です。

 ビビリの私ですから、夕方から講演をするとなると昼くらいからずっと落ち着かない気持ちでソワソワ。周りからの見た目では堂々と喋っているように見えるようですが、多数の人を前に喋るのは何度やっても慣れる事はありません(泣)。

 このコマで話をするのはこれで4回目。

 一貫してTKCビジネスモデルと事務所経営の事について話をしてきましたが、毎年同じテーマで4回も話をするのはネタが被って辛いもんです。題材は同じでも切り口を変えて喋るのですが、4回も回数を重ねると切り口の出し方が難しい...。

 その後、TKC近畿大阪会運営を巡って打ち合わせ兼飲み会。結構、ヘビーに呑みました。

 何だかここ数日は、TKC関連の事ばっかりにバタバタしているようで...。
 


  7月 5日。金曜日。

 今日は日帰りで静岡県富士市のお客さんの所に日帰り出張なので担当スタッフと6時出発。ここのところ連日の深酒が堪えます。

 会社経営がたいへんな状態で、うちの事務所に立て直しの依頼がかかったお客さんなんですが、この半年くらいで大きな問題はとりあえず蓋をして、ひと息ついたところです。と言っても、まだまだ新たな問題があっちこっちから噴出してくるので、モグラ叩き的に対処療法でやりくりしているところです。

 会社の経理を月次処理する体制作りもようやく着手できるようになってきたようで...。まあ、焦っても仕方が無いので、できる事から確実にモノにしていくしか仕方がありません。

 こうして会社経営の立て直しに社長さんと一緒に取り組んで、バタバタするのは楽しい事でもありますが。

  
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR