FC2ブログ

異動の季節

 3月末は企業さんの人事異動のタイミング。

 うちの事務所と提携関係にある企業の担当者さんもたくさん異動になられて、その挨拶のためにわざわざ事務所まで訪ねて来られます。

 ここ二日で5名くらい...。

 中には退職の挨拶の方も。

 社命ですから、サラリーマンとしては粛々と異動命令に従わざるを得ませんが、せっかく親しくなったのに...って事が多くって心理的に辛い季節でもあります。まあ、こうして別れがあるから新しい出会いもあるのですが。

 やっぱり一度縁を結んだ方とは縁が薄くなることは致し方無いにしても、それをきっかけにして縁が切れてしまうのは寂しい事。人の縁が広がるのは人生の楽しみの一つだと思っているので、縁をこれっきりにせず細く長く続けて行ければなあと思います。



  4月に入ると今度は新任の挨拶でいろいろな方が来られます。こっちは新しい出会いの方。

 どんな方が来られるのかちょっと楽しみ。

 コロナウイルスでちょっと暗い世相ですが、身の回りの楽しみ事を探して楽し気な気持ちで生きていきたいもんです。
スポンサーサイト



連日TKC漬け

 ここ二日間はTKC漬け。

  3月24日はお昼前からTKC近畿大阪会の業務。事務局に顔を出してあれこれ...。

 15時からは常務理事会。

 私が会長になってから、会議は報告部分をなるべく減らして議論を中心にするという方針で運営してきましたが、昨日は常務理事のみんなであれこれと議論するテーマがてんこ盛り。コロナウイルス対策で常務理事会の後の懇親会は自粛になっているのでお尻の時間を気にせずとも良かった事もあって、あれこれと議論百出で1時間も時間オーバーという事になりました。

 内容にもよりますが、人の話をひたすら聴き続ける会議って嬉しくないですよね。やっぱり自分の意見を喋る事で会議に参加しないと...。

 真面目に思った事を気兼ねなく意見発信できる環境作り。これは風通しの良い地域会運営を実践するための必須条件じゃないかなと思っています。



  3月25日。TKC全国会のニューメンバーズ・サービス委員会の正副小委員長会議で東京へ日帰り出張。

 会議自体は13時半から17時までなんですが、伊丹空港を10時発の飛行機に乗らないと間に合わないので一日仕事になります。飛行機のお陰で大阪~東京の時間的距離は短くなりましたが、やっぱり日帰りとなると体力的にはきつい。



 コロナウイルスの収束が一向に見えないので、これからのTKC全国会或いはTKC近畿大阪会の運営も前例踏襲が通用しなくなってきました。活動の自粛という対応は数ヶ月という短い期間なら良いのですが、1年を超える長丁場となると会務運営の火を消してしまう事になるのでなんらかの代替的手段を考え出して動いていかねばなりませんよね。

 頭が痛い問題です。



 
 

静岡出張

  3月19日。木曜日。

 昨夜は午前様。呑み過ぎ。

 5時半起きが辛い!

 今日は担当スタッフと2名で静岡へ日帰り出張なので、寝坊する訳には行きません。

 頑張れ! 野垣!



 今回は通常行っている月次巡回監査ではなく、経営改善の成果が出てきたお客さんの経理システムを抜本的に見直すための会議が目的。浜松に本社があるのですが、焼津の事業所で経理機能は集約していこうという事になったので焼津まで車で往復します。

 いつもは中間点の刈谷のサービスエリアまでは私が運転してから運転交代という段取りなんですが、昨夜の寝不足が堪えているので前後の順番を逆転。走り始めの2時間ちょっとは助手席で熟睡させてもらいました。

 10年以上昔に経営再建の依頼を受けてから、ずっと月次巡回監査とモニタリングで通っているのですが、新東名高速が焼津から豊田、さらに桑名から栗東まで開通したり、名古屋の湾岸道路ができたり...という事で片道で30~60分ほど時間短縮になりました。高速道路網の整備が進むと、身体への負担も劇的に減るので本当にありがたい限りです。



 世間はポカポカと春が来たモード。サービスエリアで外を歩くと本当に気持ちが良い。薄着で充分。ポカポカ陽気だと身も心も軽やかな感じ。やっぱり春が来ると開放感を覚えますねえ。

 なんやかんやと10時半から会議が始まって、16時過ぎに終了。

 問題点がいろいろとあったので、それをひとつひとつ潰して議論。

 教科書と違って実務ですから、中小零細企業故にいろいろな制約線があります。できる事とできない事の見極めが肝心。甘過ぎず、厳し過ぎずという匙加減が難しいところ。



 20時過ぎに帰宅。さすがに昨夜の飲み過ぎから始まって長距離の日帰り出張は疲れます。

雨 確定申告終戦モード どこまで続くコロナウイルス騒動

  3月14日。土曜日。

 朝から雨。朝ラン中止。

 昨夜は事務所の確定申告の打ち上げで22時過ぎに帰宅。私はここのところ良くない事続きなんで、験を担いでアルコール断ちの最中。結果的に大して翌日に疲れを引きずる訳でもなかったのですが、8時頃までベッドの中でウダウダと過ごしました。極楽です。

 しかし、昨夜の打ち上げでは、うちのスタッフ達は怖いくらいの勢いで土手鍋をつついていました。牛肉の大皿お代わりを何回も...何回も...。

 確定申告業務中のストレスを土手鍋にぶつけていたんでしょうか(笑)。

 まあ、心ゆくまで食べる事で楽しんでくれたんなら本望。所長としても何も言う事はありませんが。



 10時頃に出社してデスクワーク。通常は週休二日なんですが、確定申告期間中の1ヶ月ちょっとだけは土曜日出勤にしています。もう、事務所としては決算申告処理自体は終わっており、残務が残っている感じなので事務所は完全に終戦モード。大半のスタッフはお客さんのところに出向いて決算申告の報告をしているのでガラーンとした雰囲気です。

 例年であれはこんな気怠い雰囲気のまま、いよいよ春が到来という感じになるのですが、今年はコロナウイルス騒動がどれくらい尾を引くのか予想できないので何だか春を迎えるワクワク感がありません。

 うちの事務所のお客さんでも、コロナウイルス騒動による売上激減などで資金繰りに危機感を持つ会社が出てきているので、先月末からその手当てに走り回ったり...なんていう事も起こっているのでお気楽モードに入っている場合では...。

 それにしてもコロナウイルス問題ですが、どうやら絶滅させてしまうような事は無理みたいですから、今後はインフルエンザと同じように、あって当たり前の世界に突入するような気がします。

 ワクチンを始め(今のところワクチンがまだ開発されていないのが痛いですね。)として各種予防策に工夫を凝らして上手に付き合っていきましょうというフェーズに入っていかざるを得ないように思います。だって、いつまでも経済活動全般を止め続ける訳には行かないもの。

 高齢者や持病を持っている人は用心しないとアカンのでしょうが、健康状態の良い人はしっかりとした予防策を講じながら仕事や勉強に取り組まないとご飯の食い上げになってしまいますからね。もちろん安全というのは大切ですが、用心し過ぎて肝心の日常生活が犠牲になってしまってはねえ。ここら辺りの難しいバランスを取って行かねばならないのでしょうね。

ガサガサと動き続けの土曜日

  2月29日。土曜日。

 午前中はお客さんのさかぐち鍼灸接骨院に通って、動きが悪くなって痛みも感じる左肩の治療と、自費治療の猫背矯正の施術を受ける。

 歳を取ると知らず知らずに筋力が落ち、関節の柔軟性が失われたところにパソコンのプロジェクターを睨み続ける日常生活などが相乗効果を発揮して猫背化が進んでいたようで、それを正常化させているところです。

 先生に指摘を受けるまでは自分では気付かなかったのですが、いつの間にか猫背が進み、腰骨の角度が浅くなり、足幅が広くなり、外股で歩くようになっていました。これって結果的に歩いたり、走ったりする際にストライドが小さくなるのでランニングのスピードにも絡んでくる話みたいです。

 体重増ばかりを気にしていましたが、思うように走れなくなっていた原因が筋力の低下や骨格のゆがみなんて事も総合的に関係していたという事です。やっぱりかつてのイメージが再現できないのはいろいろな原因が絡み合っている訳なので、簡単に考えるのではなく、そのひとつひとつを丁寧に解きほぐして、ちょっとでもこましなランニングライフを送れるようになりたいものですね。



 お昼から高校の学年同窓会の幹事役で、招待状の発送準備。

 今回は2回目ですが、幹事役のうちで8名が集合してワサワサと下準備に励みました。

 4年に一度のオリンピックイヤーに定期的に開催してきた行事なんですが、今年も5月のゴールデンウィーク後半に開催予定です。が、その時にコロナウイルスの状況がどうなるのかが気になるポイント。

 やっぱり100名超の同級生が集まる場なので、その時の社会状況がどうなるのかで開催するべきかどうかが決まってくるのでしょうが、5月月初の状況なんて予想のしようもないしなあ...。

 ホテルの会場を貸し切っているので、キャンセル料の取り扱いもどうなるのかが気になるところ。

 基本的に能天気な人間ばかりが幹事役を務めているのでかなり楽天的な議論になっていましたが、どうなる事やら。



 私自身はTKC近畿大阪会の会長を務めているので、とりあえずTKC会員の感染リスクを抑えるために3月中のTKC近畿大阪会行事を中止する方針を出して、理事会メンバーに書面決議で同意をもらう手続きに入ったのですが、コロナウイルスの状況は日替わりですし、人によって考え方、感じ方が違うので難しい判断を迫られます。当然、異論も出るでしょうしね。

 あれこれと情報を集めて深く考え込む事は必要ですが、最後の最後はエイヤーとばかりに決断を下すのが最高責任者の役割。

 結果論で決めれるとこんな楽な事はないのですが、不完全な情報、突発的な動きの中での決断になるので、やっぱり決める段になると「間違ってたらどうしようか?」という怖れが脳裏を掠めます。

 4月以降の諸行事についてはどうしようか...なんていう次の問題点が既に頭の中をグルグルと回り始めて、テレビやインターネットの情報を熱心にチェックしている今日この頃です。



 15時から、お客さんの所に訪問して税務調査の対応方針を相談。通常は確定申告期に税務調査はあまり入らないものだけれども、今年は2件も入ってきたのでちょっとだけ忙しい。

 このまま行ったら今年も税務調査は無いのかなあなんて能天気に思っていたのですが、やっぱり150~160件もお客さんがあれば税務調査が全く入らないなんて事は無いですよね。



 鬱陶しい冬の雨の中をウダウダと車で動き回って、17時頃に事務所に戻って来てデスクワーク開始。

 うちの事務所は通常は週休二日なんですが、確定申告期の1~2ケ月だけは土曜日出勤になります。年間で見るとその分の休日を他月で消化しているのでトータルベースでは完全週休二日と同じなんですが。

 昨日に確定申告の申告期限が一ケ月延長されて4月16日になるというアナウンスがされましたが、うちの事務所は実際にはあまり関係なくて(気分的にはまだまだ遅らせたとしても大丈夫なので、ちょっと気楽ですが。)、このままだと3月の第一週でほぼほぼ完了する見込みです。

 って事で、ここ1週間は事務所としては最後の追い込み期。スタッフの表情も真剣そのもの(普段さぼっているという訳ではありません(笑)。)。

 確定申告については特別に心配はしていないのですが、コロナウイルスの影響で資金繰りに悪影響が出そうなお客さんが何件か見当たるので、早々に確定申告モードを脱してコロナウイルス対応支援モードに事務所の雰囲気をチェンジすべくあれこれと基礎資料を作成中です。

 今晩も19時前には自宅に帰って、「ケン」とウダウダ遊びをするつもり。やっぱりあれこれと仕事上の微妙な判断事項やTKC関連の決断事項、プライベートでの迷い事などが連なると精神的に疲れるものですが、「ケン」とウダウダ遊びをすると救われる気がしますねえ。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR