FC2ブログ

庭の造作

  2月のブログサボリを埋める意味で、2月中の記事をもう一本上げます。

 実は 2月17日に我が家の庭の植木の植え替えをしました。

 高校時代の同級生がガーデンデザイナーをやっているもんで、彼のアドバイスを受けながら最終的に庭の植栽図を作ってもらった上での植え替え工事です。



 まずは、玄関横に生い茂っていた「雪柳」を移植し、その隣に春と秋の二期咲きの桜「十月桜」を新たに植えました。

 「雪柳」はまさにこれからが花の盛り。白い小さな花がそれこそ雲霞の如く生い茂って本当に奇麗ですが、今年は移植したので本格的に楽しめるのは来春から。今春はちょっと辛抱って事になります(植え替えてもしっかりいっぱいの花を付けてくれていてホッとしています。大好きな花です。)

 我が家の裏山、五月山の登山道を登るとあっちこっちに咲いていて本当に奇麗なので、自分で苗を買って来て玄関横に植えたのですが、その樹勢の強いこと。決して主役として愛でられる存在じゃあないのですが、その名バイプレイヤー振りが何とも言えません。

 「十月桜」はガーデンデザイナーの彼のお薦め。染井吉野ほどは大きくならない様ですから、小さな我が家の庭にもピッタリと収まりそうです。

 やっぱり日本人の感性にピッタリくる樹は桜ですよね。決して一輪一輪は大きくない花ですが、集団で見事に咲き誇って、颯爽と散っていく潔さ。私も大好きなもんで、なんとか我が家にも一本欲しいと思っていました。

 これで来春辺りからの楽しみになりました。

 実はキッチンの窓や裏庭から隣の渋谷中学校の土手の桜(こちらは染井吉野の大木が何本も植えこまれています。)が毎年見事なので借景として楽しませてもらっていましたが、これで表と裏の両方の庭でダブルの楽しみになります。



 サブテーマは玄関横の花壇の作り込み。

 この花壇にいろいろな樹や草花が生い茂って、ある種のカオスな空間を作り出していたのですが、そこをガーデンデザイナーの力でスッキリ整理してもらいました。

 花木の苗を植えたところなので完成形になるにはもうちょっと時間がかかりますが、毎日目にする場所にあるので出勤前の楽しみができて嬉しいところです(植え替えて一ヶ月が経ちますが、その様を観察するのが毎朝の楽しみです。)。



 植え替えの工事に熱中している彼を見ていると、本当にこういった植物と関わりを持つ今の仕事が好きなんだなあと感じました。仕事をする後ろ姿から好きが滲み出てくる感じと言えば良いのでしょうか。

 と言うのも、彼は高校の頃からの盆栽好き。植木好き。

 お互いに学校の勉強はサッパリ駄目(彼はバスケットボール部でした。)で、授業中も雑談ばかりしてしょっちゅう先生から怒られていたのですが、当時はわざとジジ臭い事を言って道化ているのかなあと思っていました。

 しかし、50歳を超えた頃の同窓会で久々に会ってみると、脱サラをしてガーデンデザイナーの仕事を立ち上げてこれが自分の天職だと思っているという話になっていました。まあ、自分の好きな道を貫徹した感じで、随分と格好良い生き方だなあと思ったものです。

 これからは年に二度ほど庭木の手入れでお世話になるので、また昔の様にウダウダ話をする機会もできるので、ジジイ同士が茶飲み話をするにはうってつけの楽しみ事ができた感じです。

 庭は何年にも渡って人の手を入れ続けて良い状態に作り上げていくもの。

 今までは隣家の父親と素人知識で庭木の世話をしてきましたが、玄人の知恵と力を借りれるのが楽しみ。私もそろそろ老境と言われる領域に足を踏み込み始める年齢になってきましたが、本当に良い機会に良い縁を頂けた気がしています。 



スポンサーサイト



土曜日は朝から雨

 11月 7日。土曜日。

 朝から雨。

 11月に入ってからパタリと走れていなかったため今日はしっかりと走り込もうと思っていましたが、空振り。今週は仕事上の成果も乏しく空回り気味で推移していました。

 お疲れ気味の上に寝不足気味だったので 9時頃まで朝寝。朝一番から寝床でダラダラという変則モードの入り方になりました。

 午後からはやっぱり事務所に顔を出し(事業主には労働基準法の適用はないもので、こういった事ができます。休日出社って意外に楽しいもんです。)て仕事をするか仕事絡みの勉強をするか...とあれこれ思案。

 って事はお客さんと接する事は無いにしても普段と大きな変わり映えの無い一日になりそうかなあ。まあ、こうして暇な時間ができても自然と仕事や仕事絡みの勉強をどうのこうのと思える事こそが幸せってものかなあと思っています。



 結局、昼前から出勤。

 まずは定番のスタッフからの業務日報や巡回監査報告書、さらにメールのチェック。

 明日からの半月は佐藤ゆかり衆議院議員との対談に始まり、TKC神奈川会のニューメンバーズ70名に向かっての講演会や関西みらい銀行の役員との対談、TKC全国会ニューメンバーズフォーラムの挨拶など講演や対談が目白押し。

 失礼の無いように事前の下調べをしたり、レジメを編集し直したり...で結構手間がかかりました。

 さらに事務所内の資産税案件が急増しているので、ミスが出ないように業務進捗管理の見直しを...。資産税案件は相続税の申告に始まって、遺産分割の相談や節税スキームの提案依頼。さらに税金とちょっと離れて借地権の付いた底地の取り扱い相談や土地建物の売却相談など多種多様です。

 内容によってはうちの事務所だけでは扱いかねるものもあるので他士業の方や不動産屋さん、建築業者の方々などの応援を頼まないとアカンので管理の仕方も通り一遍では済みません。

 こういった業務管理こそ所長の仕事の最たるもの(とは言え、ほとんどの管理業務はルーティン化して課長に任せていますが。)ですから、私がちゃんと頑張って管理の仕組みをしないとねえ。



 途中から長女と次女がやって来て、私のふるさと納税枠を使って自分達の希望商品をGETすべくふるさと納税のポータルサイトを前にワイワイと...。

 「あの~。それ、私の所得枠の分なんですけど...。」と言っても、お構いなしにドンドンと...。娘は強しです(笑)。

 まあ、私のふるさと納税と言えば大晦日に自分の所得と寄付額を見比べてバタバタと済ませてしまう味も素っ気もないイメージですから、こうして家族が楽しんでくれるのならそれで充分ですが。

 そう言えば、娘がまだ小中学生の頃は開業から日が浅かったので私も嫁さんも土日も深夜も気にする事無く仕事をしていたので、事務所が家みたいになっていたなあ...(一家団欒と言っても、場所は事務所。)なんて事をちょっと思い出しました。

 今でこそ私も嫁さんも土日は休む気になればちゃんと休めますし、平日も早い時間帯から家に帰る事も出来るようになっていますが、昔は職場と家庭の距離感がほとんどない一家でした。

 良いのか悪いのか分かりませんが、文字通りの個人事業ですから当初頼りになるのは自分たちの頑張りしかありませんから、そんなもんなんでしょうねえ。
 

お疲れ様状態で呆けたように

 10月28日。水曜日。

 このブログに書いた3泊4日の函館研修旅行とその翌日のロケットマラソンのあおりで、一週間の立ち上がりが上手く行かず。やっぱり疲れが抜け切りません(あれだけ動き回れば当たり前じゃと怒られれば、その通りだと思いますが。)。

 月曜日から今日までの3日間は朝ラン中止。フルマラソンを原因とした筋肉痛はさほど出なかったのですが、なにせ疲労感が凄い。

 まだお客さんや提携事業者の方と打ち合わせしている間は相手のある事ですから緊張感もあり、集中力も持続できるのですが、デスクワークをしているとうつらうつら...。これはイカンと自分に鞭打つのですが、ちょっと時間が経つと再びうつらうつら...。

 まずいなあ。

 そんな中でも、世間さんは私の体調を考慮して動きを止めたりなんかはしてくれません(当たり前です。)。

 いろいろな問題に追加の宿題が積み上がって、目の前に仕事の山が積み上がっていくのが目で見て分かるような感じになっているのがちょっと怖いです。

 昨日はグループ法人税制の取りまとめをせねばならないグループ会社の案件が舞い込んできました(ちょっと難易度高そうです。)し、つい先ほども5年ほど前に資産税相談で20~30分程の短い時間でしたがお話をさせて頂いたお客さんから突然電話が掛かって来て、仕事の依頼がありました。

 ありがたい話なんですが、ちょっと弱り切ったマインドでアタフタしながら対応しているひ弱い自分がその場にいました。なんか仕事に追いかけられているやばいイメージになっちゃっているのがまずいですよね。

 本来は、仕事なんて言うものは自分の方から追いかけまわしているくらいで丁度だというのが自分の持論なので、自分の本来の型になり切れずに仕事と向き合う流れになってしまっている状態をなんとかして変えないとあきませんねえ。



 そう言えば26日の月曜日も、高校時代のアメリカンフットボール部のメンバーが5名ほど集まってちょっと一杯っていうお誘いを断り切れず顔を出しました。私にしたら何をおいても大事にしたい縁なんですが、還暦なんだからもうちょっと自分の身体もかばってやらないとアカンのかもしれませんね。

 まあ、行ったら行ったで楽しかった(そりゃ、そうでしょ。)ので良いのですが。

お義母さんの四十九日に大分へ

  7月17日。金曜日。

 夕方から久し振りに野垣家4名が集合して、お義母さんの四十九日の法要のために大分に向かいました。

 16時過ぎからバタバタと仕事を片付けて、事務所で一家4人が集合して伊丹空港へ。そのまま大分へ向かうANAの最終便に乗り込んで...。何とも慌ただしい大分行きです。

 大分空港からはレンタカーを借りて、JR大分駅上にあるまだまだ新しい匂いのするJR九州ホテルブロッサム大分にチェックイン。

 かつてはちょっと寂れた風になっていた大分駅が再開発で一新。ショッピングセンターや公園やオフィスが立ち並んで本当に便利な所にある良いホテルです。屋上に大分市街や高崎山、別府湾を見下ろせる展望露天風呂があるのがなおよろしい。実家は無人になっているので、大分に帰ると野垣家の常宿になっています。

 駅前の居酒屋でゆっくりと晩御飯を食べて、展望露天風呂でゆったり。

 夕方からバタバタしてここまで来ましたが、一日の締めはゆったり気分です。

梅雨、真っ只中

  6月13日。土曜日。

 朝から雨。一時的に小降りになったりはするものの終日、雨。

 必然的にランニングは無し。

 6時半頃から起きていたのだけれども、ボーッとしているのもなんだから家の掃除機掛けを済ませてから「ケン」と遊ぶ事にしました。

 何だか勉強に手を付ける気にもなれずダラダラと午前中を過ごし、昼食は野垣家御用達の蕎麦屋さんの「小花庵昼」へ。

 コロナウィルス騒動の真っ最中はガラ~ンとしていて「大丈夫かいな?」と心配しましたが、8~9割は戻っているような...。やっぱりちゃんと商売をしてファンを作っている個人商店はどんな状況になっても強いよね。



 その足で嫁さんと事務所に出社。

 ガランとした執務室であまり頭を使わずに済む片付けをして、これからの業務上の段取りを組み直したり...。

 取り立てて仕事を頑張ったというほどの成果のないものをダラダラとこなす感じで過ごしました。

 途中、最近急に凝り出した社有車の洗車に必要な洗浄剤の類を買いに行ったり、新たにお客さんになった地主さんのアパートを暇に任せて下見をしたり(やっぱり、現物を見ているのと見ていないのでは相談の深度に差が出る様な気がします。)...。



 明日も天気予報は雨。

 ランニングは難しそうだし、洗車や庭木の手入れも雨が降っているとなあ...。

 ジムが再開しているから、久々にスイムの練習にでも行ってこようか。さらに、ジムのスケジュール表を見ているとヨガ教室なるものも発見したので、ちょっとストレッチにはまり出している事もあるのでトライしてみようか(変なオッサンが突如参加してきたら教室の空気が悪くならへんかちょっと心配やなあ。)と思案中。 
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR