FC2ブログ

お盆の入り ゆっくり

 この週末くらいから世間は完全に夏休み、お盆モード。

 昨日のブログに書いたように、私も土曜日はいっぺんに疲れが噴き出した感じなので休養モード。20時頃にはベッドに入って本を読んだり...。



 8月12日。日曜日。

 依然として疲れ抜けず。ゆっくりと起床。

 8時頃に両親と裏山の五月山霊園に墓参りに出かける。まだ、お盆と呼ぶにはちょっと早いタイミングなので霊園までのドライブウエイは空いていました。一月ほど前に、散歩を兼ねて五月山山頂まで登った折にひとりで墓参りを済ませて、簡単にお墓を掃除しておいたので、今回は手入れが楽。

 朝食後、玄関にドーンと座り込んで、ビジネスシューズの手入れを1時間ほどかけて。

 気が付いた時に適当にパッと磨いたりはしているのですが、ここ最近はじっくりと腰を据えてビジネスシューズを磨く機会も無かったので丹念に磨く。この磨くという動作も熱心に繰り返していると、靴の方も得も言われぬ輝きが出てきたりして存外に面白いものだ。靴ヒモが随分とくたびれているので、時間のある時に買って張り直しをせんとあかんなあ...なんて思いながら、ダラダラと。

 ひと段落して新聞に目を通し、パソコンを立ち上げて...。

 「それにしても今週は慌ただしかったなあ。」なんて思いながら、来週の予定をあれこれと頭の中で繰りながら、ボンヤリと記事を追いかけているところです。

 今日はまた暑そうなので、午後からジムでスイムと筋トレはするものの、引き続き休養日ということにしようかなあ...。まあ、その前にとりあえず朝風呂でも。
 
スポンサーサイト

人生のリストラ

 還暦を目の前にして人生のリストラ実施中。

 58年間生きてきて自分の生き様に贅肉の類が着いてきて身動きが徐々に取れなくなってきているのでは...。なんて事を思い立ち、60歳までの2年間をかけて今まで積み上げた贅肉の類をきっぱりと切り捨ててスッキリしようと人生の大リストラに取り組んでいます。



 とりあえず1ヶ月ちょっと前からのダイエット。社会に出てから少なくとも20㎏以上の文字通り贅肉を蓄えてしまったので、これを一気に吐き出してしまおうとダイエットに取り組んでいます。

 今のところ84kgから76kgまで8kgほど減らしたのですが、さすがに身が軽くなってきたので行動半径が広くなり、行動スピードが一段階ほど上がったような気がします。いずれはランニングにも良い影響が出て来そうな予感が...。

 まあ、体重が8kgも減ったら、会う人会う人から「痩せたねえ。」という一言が貰えるようになるので、これがまた次なるダイエットへのモチベーションになります。



 今朝からは家の大掃除に取り掛かりました。

 忙しさにかまけて、靴箱や物置スペース、部屋の本棚、ベッドの周り、ダイニングテーブルの上、開かずの部屋...などに使う宛も無くなった物や書籍が山の様に積み上がっていたので、これを綺麗さっぱり片付ける事にしました。まあ、しっかりと一つ一つを見つめてみると無駄な物のオンパレード。ほとんどゴミになってしまっているこれらを片付けるとさぞかしスッキリ爽やかな生活ができる環境整備ができる事でしょう。

 まずは、玄関にある靴箱から着手。

 10年ちょっと前に家を新築した時に、かなり大きめの靴箱と物置スペースを作ったので最初のうちは空きスペースがあってガラガラだったのですが、いつの間にか窮屈な感じがする収納になってしまっていました。

 見れば使い古して履けなくなっている靴や家て自分で暮らしを立てている長女や次女の使わなくなった靴、さらに気の利いた靴の空箱などがわんさかとスペースを占拠しています。

 靴の手入れ用品もいつの間にか同じような種類のクリームや溶液をダブって無駄に購入したおありで一つの棚を占拠しています。

 物置スペースに至っては使える物が使えない物の陰に隠れて、物凄く使い勝手の悪いスペースに変化していました。

 とにかく、まず綺麗に掃除をして、いらない物を思い切って捨てる事から始めます。これがなかなか勇気のいる行為です。ついつい「これはちょっと痛んでいる部分も有るけど使うかもなあ...。」なんて思いが捨てる手を止めます。「もったいない。」という言葉が頭の中を渦巻いたりして...。

 ただ、あれこれ思い悩んでしまったら作業が進まないので、ここ1年くらいの間で履いた事、使った事が無い物で今後1年間ではっきりと使うシチュエーションが想像できない物は涙を飲んで捨てるというルールを作って、思い切る事にしました。

 結局、2時間ほどかかって8割方終了。ちょっと疲れたので今日のところはここまでです。

 嫁さんはリビングやダイニングの机に知らず知らずの間に積み上がった通販から勝手に送ってくるパンフレットや雑誌の類を捨てていたので、午前中の3時間ほどの作業でこちらも随分とスッキリしました。

 まだまだ、家の大掃除ですから半日くらい一生懸命に頑張ったところで埒が開きませんが、とにかく自宅の大掃除、リストラの緒に着いた事に意味があると思います。数ヶ月かけて徐々に作業を積み上げていき、家から無駄な物をすべて排除して整頓してから、今後10~20年間の我が家の生活をイメージしてリフォームにも手を付けたいなあと思っているところです。



 生活習慣にしても、自分の趣味事にしても、仕事にしても全ての分野をしっかりと見直しをして、60歳以降の生活がよりスムーズに充実しておくれるような生活設計に今から2年ほどかけてしっかりと取り組んでみようと思っています。

 やり出すまでは億劫ですが、やり出してみるとあれこれと思いが巡り、自分なりのこだわりが出てきて楽しいものです。


 

今日も大雨 ダイエットの成果が出始めたよ

 今朝も雨。大雨洪水警報がでるくらいの大雨です。

 って事で朝ランはなし。嬉しい。



 梅雨時ですから、やっぱりこの時期は一生懸命に雨が降ってもらわないとねえ。また夏のカンカン照りの中で水不足の心配をせんとあきませんから...。



 ダイエットの成果が出て来て、現在77㎏まで体が縮んできました。瞬間風速的に84㎏にワンタッチしてから1か月ほどでここまできたから、自分的には大満足です。まだまだ、これからも絞って行きますが。

 低糖質ダイエットですから、空腹に耐えかねるというものでもありません。ただ、炭水化物って美味しい物ばっかりだったんだなあと思いますが(例えばほかほかの白ご飯、カレーライス、チャーハン、うどんにラーメン...。果物だって糖質が多いからあんまり食べれません。あれこれ考えだすとキリがありません。)。

 肉類は食べ過ぎない限りは、そんなに遠慮せずに食べても良いのですが、やっぱりほかほかの白ご飯と一緒に食べてこそ本当に美味しかったんだなあと思います。

 野菜も糖質の多い根菜類以外は積極的に食べていますが、なんだか干し草をムシャムシャ食べている牛になったような気分です。

 それにしてもたかだか1ヶ月の工夫と努力で7㎏も体重が搾れたんだから、以前はどんなに緩い食生活をしていたんだろうという事なんだと思います。

 もうあと2~3ヶ月ほど真面目に取り組んで、身体を絞り切ってベストな状態で来年の宮古島や佐渡のトライアスロンを闘ってみたいというのが近々の夢です。

 もう60歳も目前ですから、大きな闘いに出るのもそうそうできなくなりそうな気がするので、そろそろこの辺りで本気で体を作り変えて、悔いのない最後の闘いをしてみたい。そんあ阿保みたいな思い(周りからは「何に向かって頑張っているねん。もっと他に頑張るもんがあるやろ。」と言われますが。)でダイエットに取り組んでいます。まあ、なにをするにしても成果が目に見えて出てくると嬉しいもんです。
 
 

コックリさんのお告げ

 もうかれこれ50年近く前の出来事。

 中学一年生だった私は、雨が降ってクラブ活動も無かったので、放課後の教室でコックリさんに熱中している友達の輪に入れてもらって遊んでいました。

 コックリさん。

 思えば不思議な遊びです。

 あいうえおの50音と1~0までの10の数字が書いてある紙の上に10円玉を置き、3人(4人やったかもしれない。)がその10円玉に人差し指を乗せる。誰かが質問するとスルスルとその十円玉が動き出し、コックリさんのお告げが下される。そもそもコックリさんを始める前に、10円玉に指を乗せる3人が恭しく頭を下げて「コックリさん、コックリさん、...。」と呪文のような言葉を唱えるところから既に神秘的な雰囲気が辺りに漂い出します。

 今思うと、コックリさんのお告げは10円玉に指を乗せている3人のうちの誰かの潜在意識が10円玉に反映して答が導き出されているのでしょうが、初めて目にするコックリさんですからその霊験あらたかな事と言ったら...。

 何巡目かの時に私もプレイヤーとして参加したのですが、その時に誰かがたいした悪気も無かったと思うのですが、「野垣君は何歳まで生きるのですか?」という無邪気だけど考えてみたら恐ろしい質問をコックリさんに問い掛けたのです。

 私はギョッとしたのですが、コックリさんを途中で降りたら何かバチでも当たるかもしれないとビビってそのまま10円玉に指を乗せていたのですが、その10円玉が突然スルスルと動き出して「54」という数字を示しました。

 「なんやあ。野垣は54歳で死ぬんかあ。」と気の抜けた声でプレイヤーの一人が喋ると、もう一人のプレイヤーが「ちょっと短いなあ。」と冷静な一言。

 私は結構なショックを受けました。その頃、学校では平均寿命は70歳ちょっとと聞いていたような気がするのですが、それに比べたらえらい短い。

 逆に言うと54歳までは確実に生きれるのですから、超短命という訳でもありませんが。

 「まあ、あと40年くらいは生きれるねんから、気にするなや。」と周りの取り囲みの誰かが一言(慰めになってないって。)。



 思えば能天気な私は、それまで自分の寿命なんて物をしっかりと考えた事もありませんでした。平均寿命が70歳ちょっとと言われても、単なる数値を見せられている感覚ですから実感がありません。

 けれども、コックリさんからしっかりとした「54歳で死ぬよ。」という啓示を受けたのですから、自分の死というものを意識せざるをえません。

 それから今まで、意識の隅でずっと自分の寿命は54歳やから、それまでに精一杯に生きとかなアカンという思いがずっとこびり付いていた(思えば高校のアメリカンフットボール部の時に「54」の背番号を貰った時に、「やっぱりや。」と妙に感じ入った事があります。)ように思います。

 実際に、54歳の誕生日を迎えた時にもこの出来事が頭をかすめ、いよいよ今年中になんらかの原因であの世に行くことになるんだけれども、「やり残したことは無いかな?」と自分のto doリストを検索していました。まあ、できていないことだらけでウンザリでしたが(笑)。

 もうあと1ヶ月ちょっとで58歳になりますから、中学生時代に出会ったコックリさんの呪縛は完全に解けてしまったんですが、あんなちょっとした出来事が40年近く私の意識を縛って、どこか短距離走的に全力で決着を付けようとする生き方の癖を付けさせてしまったような気がします。ある種の呪いですよね。

 呪いというといかにもおどろおどろしいイメージですが、考えてみると名前を付ける事も呪いの一種。たった一つの名付けのイメージがその後のその人の生き様に無意識的にでしょうが、大きな影響を与えます。

 世の中、私は呪いとは無縁だと思って生きている人が大半ですが、よく考えてみると呪いとはその人にある種の固定観念を抱かせて生き方を縛る事と言えるので、かなりの数の呪いに縛られて生きているのではないかなあと思います。対極にあるのは無とか空。自分自身が無になるという事のいかに難しいかを考えると、逆に呪いに縛られている自分に気付きます。

 私自身は58歳を目前にして、いわば54歳以降の人生は無いと考えていた自分にとっては、後は貰い物の人生という事になります。

 あれやこれやと全力で闘ってきたお蔭で、バランスが崩れ歪な姿になったものが多々あるのですが、 これからの人生はおまけの人生。そういった歪な財産にいささかの調整を加え、自在に軽やかにリデザインしていきたいもんです。

 
 

仕事再開 チーン

 5月21日。月曜日。

 昨日の野辺山のウルトラマラソンを途中リタイアしたお陰?で昨日中に自宅まで帰れたので、午前中は事務所に出勤(本来的には休暇の予定を取っていました。)。

 スタッフからの日報を始めとした報告をチェック。メールも...。

 100kmの半分も走っていないのにやっぱりそれなりに身体が大きく消耗しているみたいで、パソコンと向かい合っていると強烈な眠気が襲ってきます。疲れているという事なんでしょうね。

 12時前から、こういうエアポケットのような空き時間しかできない屋上緑化の芝生の芝刈り。芝刈りって、見ている分には優雅そうに見えるかもしれませんが、やってみると案外体力を使います。小一時間位の作業でしたが、実際に汗まみれになりました。

 ガチャガチャと片付け仕事をして、結果的には14時半頃に事務所を退出。

 自宅に帰ると、昼ご飯も食べずにベッドへ直行。予定外に早い時間帯の飼い主の帰りに「ケン」が喜んで私のベッドに潜り込んできます。そのまま昼寝。

 「ケン」は多分ですが、自分が犬だという認識ができておらず、私の事も飼い主様というよりは友達位にしか認識していない気がしますが、もうして懐いてくれていると嬉しいものです。

 19時半頃に一度起きて夕食を摂り、再び就寝。どれだけ寝るねんというくらいの睡眠時間ですが、やっぱり眠る事が最大の疲労回復策ですからこれが一番。また、ちゃんとそれだけの時間、眠れてしまう自分のある意味凄いのかなと思います(何の自慢や。)。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR