FC2ブログ

春分の日は一日中ガサガサ

  3月21日。木曜日。

 春分の日。休日なんだけど週初めから2泊3日で東京から熱海にTKC絡みの会議で出張していたもので、やる事がたんまり溜まっていて休みどころではなし。

 朝は雨が降っていたのでスロースタート。8時頃に起きて、丹念に自宅を掃除機掛け。ゆっくりと朝食を摂って11時頃に事務所に出勤。

 誰も居ないガランとした事務所でまずゆっくりと紅茶を飲んでひと息。

 スタッフの日報やイントラネットで個別の相談事案を片付けて、メール対応も。出張先でもやっていたのだけれどもあれこれと慌ただしくって結構未了の案件が溜まる形になっていました。

 一渡り目先の仕事を片付けて、あれこれと頼まれたTKC関連の仕事に着手。さらに明日の幹部会議の資料を用意しにかかるがなかなかスムーズに進まず。ちょっとイライラ。

 15時前に4月上旬に出場予定の宮古島トライアスロン大会本番に向けて事前整備に出していたトライアスロンバイクの引き取りに自転車屋さんに出向いて、それから宮古島に向けて発送をする梱包準備を始める。これが結構時間を取られて大仕事だ。バイクのホイールを外すまではどうということは無いのだが、ハンドルやサドルさらにペダルを外して本番用のウエアの類を詰め込んだりしていると2時間ぐらいあっと言う間に経ってしまう。まあ、明日には運送屋さんに出せる段取りができたのでとりあえずひと息。

 そこから再び仕事を再開。交通費等の立替経費の精算を済ませ(これが案外手間なんですよね。)たり、出張の飛行機便の予約をしたり...。最後は再度幹部会議に向けた資料作りに挑んで頭を悩ますが、ふと時計を見ると20時を回っているので、とりあえず自宅に戻ってダイニングテーブルで知恵を絞る事に方針変更をする。

 今日はジムの大規模改装も終わっているのでスイムの練習を再開させたかったのだが、そんな時間的余裕は一切無し。なんだかバタバタと取り留めの無い仕事やトライアスロン本番に向けた準備で追われてしまった。なんだか、やらなきゃあアカン仕事や雑用だけど、達成感の薄い一日になってしまった。

 今夜は、これからちょっと腰を据えて頭を捻ってそれなりの成果物を出さないと、本当に何がなんだかなあという一日に終わってしまいそうだ。ちょっと頑張るとするか。
スポンサーサイト

雨の日曜日 熱っぽい...

 3月10日。日曜日。

 確定申告も大詰めを迎えた日曜日。

 幸いうちの事務所は概ねの仕事が終わっており、未了の案件も目途がたっているものばかりなので慌てず粛々と休ませてもらっていれば良いのですが...。

 この時期に飛び込んできた会社再建の案件絡みと、これを処理する絡みで玉突きで予定が狂った案件、さらに相続税申告でお客さんの所に打ち合わせにお伺いしないとあかん案件なんかがあって、休日出勤をしてきた3名のスタッフと一緒に日頃はちょっと昼食で食べに行きにくい価格帯のお店でご飯を食べました。ちょっとくらい良い事が無いとねえ。

 私自身は、個別の確定申告案件を抱えていないので忙しい訳でもないのですが、昼食の前後に事務所に顔を出して日報やメールのチェックと今後の仕事の段取りを少し...。事務所スタッフが頑張ってくれているお陰を持って、気楽なもんです。

 この20年間の会計事務所業務を取り囲む劇的な技術革新と事務所内の業務体制整備のお陰で、その昔は随分と大変だった確定申告の仕事も整然と流れるようになり、ありがたい限り。労働生産性も20年前に比べると相当上がっている気がします。まあ、まだまださらに上積みにトライしていく必要性を感じているのも事実ですが。

 また、うちのスタッフ自身もここ数年で見違えるように順調に成長してきてくれて、私や嫁さんが抱え込まざるを得なかった仕事を徐々に任せれるようになってきた事。これも大きいなあと思います。仕事を任せてしまえる範囲がここ2~3年で劇的に広がりました(年々、呆けていく私にとっては本当にありがたい(泣)。)。

 最近ではスタッフの採用そのものが難しくなっていますし、採用できても素直に先輩の話を聞いて...って事が難しい人がいたり...(これはどんな事業者でも起こる話ですよね。)。よく考えてみると、事務所側の受け入れの問題としてスタッフが在職年度なりに順調に成長できる環境作りそのものも難しい話です。

 あれこれと事務所経営の難しさは言い出したらキリが無いのですが、何と言っても会計事務所のメインエンジンはスタッフそのものだという否定しがたい事実を前にすると、当のスタッフが快適に働けて、順調に自己成長していける環境を作り出す事が一番大切ですし、一番難しい問題でもあるのかなあと思います。



 朝から熱っぽいので、遅くまでベッドでゴロゴロと惰眠を貪り、遅い朝食を摂り、ゆっくりと新聞。先ほど書いたように11時頃に出勤をして休日出勤のスタッフと一緒に昼食を済ませて、さらにちょっとだけ仕事をして15時頃には帰宅。

 その後は床暖房の上に寝転がってダラダラ。

 何だか熱っぽいので集中力が保たずにボーッとしています。まあ、日頃もボーッとしているので、周りの人から見ると普段とあまり違いは無いように見えているのかもしれませんが(泪)。

 こういうドヨ~ンとしんどい日は、「ケン」と一緒にウダウダと遊ぶのが一番うってつけ。何という事も無い単純な動作を延々と繰り返して「ケン」と遊ぶのですが、「ケン」にしたら大喜び。「ケン」が喜んでくれるとこちらも嬉しい訳で...。 

 単に疲れが噴き出しているのか、花粉症を生れてはじめて発症して堪えているのか、風邪なのか、か弱いインフルエンザに罹患したのか...。とにかくスッキリしないモヤモヤの一日。天気もすぐれずモヤモヤでしたが、私の体調もそれに合わせてモヤモヤ。
 

風邪との闘い

 3月 7日。木曜日。 

 昨日のブログに書きましたが、風邪になるかならないかのライン上の鬩ぎ合い中。微妙。

 昨夜は23時半頃に大急ぎでベッドに潜り込んで朝まで熟睡。さすがに朝ランは無し。

 朝起きると幸いにも熱が出ておらず、体調も幾分マシになっているような...。



 今日から静岡県の新しいお客さんの所に出向く1泊2日の出張。午後一番で出発なので、その事前準備に追われています。

 なにせ顧問税理士が付いていたにも関わらず過去3年間決算申告がされていなかった(東京の税理士みたいやけど、いったい何を考えてるねん。同業として本当に恥ずかしいわ。)ために、税務署から決定された源泉所得税と消費税の徴収目的でお客さんの所にある売掛債権に対して差押通知が大量に出されて優良顧客の解約が相次ぐという異常事態なので、迅速な対応を求められています。

 一応、今後の道筋は見えましたが、まだまだ難問は山積。

 税務の問題しかり。売上激減に伴う資金繰りの問題しかり。経営の歯車が一つでも狂いだすと連鎖的にヒト、モノ、カネそして情報というそれぞれの分野で様々な問題点が噴出して大変な状況です。

 もちろん社長自身の責任によるところは大きい(話を聞いていると社長自身の無知が主因ですが、もちろん言い訳の余地はありません。)と思いますが、充分に反省して事態改善の意思を固めて真面目に前向きに対応しようとしておられるので、うちの事務所としても体を張ってサポートをせんとアカンなあと思っています。これがスッキリと立ち上がり直すような仕事が出来たら税理士冥利だなあ...。

 まだまだ手に入っている情報が限定的なものなので、今晩は社長とゆっくりと腹を割って自身のこれまでの人生経路や人生観、さらに将来に向けての指針などもお聞きしてみたいと思っています。

 

ゆっくり、まったり 日曜日

 2月24日。日曜日。

 前回のブログにも書きましたが、このところ仕事絡みの予定が詰まっていてお疲れ気味。なかなか疲れが体の芯から抜け切りません。

 って事で8時くらいまでベッドの中でゆっくりと過ごして、起床後もダラダラと新聞を読んで朝食を摂って...、換毛期の「ケン」を無理やり組み伏せてブラッシング(これをしないととてつもない抜け毛を家の中にまき散らすことになります。)をしたり。言わばダラダラ生活です。

 なんだかドヨ~ンと疲れの感覚が残っているので、今日もランニングやスイムのトレーニングは無し。一向に宮古島トライアスロンに向けてのスイッチが入らずちょっとやばい感じです。

 10時過ぎ嫁さんと車に乗ってドライブ。三田の外れの青山ダムそばにあるカフェで昼食を食べるのが目的。車に乗っていても、なんだかしんどい。

 カフェでもボーッと過ごし、なんということもなくそのまま家には14時頃帰宅。とりあえず外の空気を吸いに行っただけって感じ。

 そのまま昼寝。

 夕方からダイニングで無目的にテレビを眺め、「ケン」のブラッシングにリトライし、集中力の全くない状態で本を乱雑に読んで20時頃に就寝。多少はエネルギーの充填ができたような気がするけど、どうだろうか。

連休最終日 スティック型のDYSONが凄い!

 2月11日。月曜日。

 3連休の最終日。ゆっくりと起床をして、走りに出ようと着替えをしながら家の外を眺めると雪交じりの雨。

 あっさりと走りに行くのを断念。あっと言う間に、今日は終日、家でまったり過ごそうと強い決心を固める。

 朝から床暖房の上で寝転がって「ケン」と遊んだり、無目的にテレビを見たり...。本当にダラダラとした過ごし方だ。

 昼過ぎから嫁さんと川西にある小花庵へ行って蕎麦を食べて、エディオンに寄ってスティック型の掃除機を購入して、そのままCAFEでダラダラ。

 夕方前には家に帰って来て再びダラダラ。



 我が家の掃除大臣を拝命している身としては今回のスティック型の掃除機購入は大きな関心事であったが、店頭に陳列されている各社の物をあれこれと見ていると、値段は多少張るもののDYSONのそれが性能的には図抜けているようだったのであっさり購入。

 「ケン」がそろそろ換毛期が始まっており、チョッとしたタイミングで気になる部分だけをパッと掃除ができるスティック型の掃除機が重宝する時期に入って来たのだが、従来から使っていたそれが壊れてしまったので買い替えに来たのだが、やっぱり目の前で実機を比較すると性能の良い物に目が行ってしまうものだ。

 我が家のメインの掃除機もDYSONだが、こちらはもう10年以上使っているロートル。モーター部分を2度ほど交換したりして、修繕を重ねながら長く使っているのだが、やっぱり歳月の経過というのは恐ろしいもので今回のスティック型の方が吸引力もヘッドのゴミの吸い込み能力も圧倒的に性能アップしているのを実感した。

 DYSONはイギリスのメーカーですが、元々イギリスの電化製品なんて...という思い込みがあったのですが、電化製品といえば何でも日本製という能天気な世界じゃあなくなっているんだなあと実感しました。やっぱりメーカーが日進月歩で製品開発に真面目に取り組んでいるから売れているんですよねえ。

 家に帰ってから試験的に3~4分ほどの短い時間ですが、ジュータンを掃除機かけしてみると取れるわ、取れるわ。昨日、掃除機掛けをしたはずなのに驚くほどのゴミが取れました。まあ、1日分の「ケン」の体毛の抜け毛分はあるのでしょうが、やっぱり吸引力が凄くって、ロートルのDYSONでは吸いきれなかったゴミを一気に吸い上げたという感じです。

 持って操作してみた感じも軽くって使いやすい。

 これは我が家のメインの掃除機の座は交替せねばならない感じです。

 今まで使ってきたロートルのDYSONも、長々と修理を重ねて使ってきているのでそれなりの愛着はあるのですが、これだけ吸引力に差が出てしまうとメインの座を張るのはちょっと厳しい感じ。まあ、サブ的に2階専門とか、2名同時に掃除機掛けをする際とかいう使い方もあるので、まだまだ使っては行きますが。



 夜は珍しくワインを片手に夕食。

 まあ、買ってきたものではなくて、ふるさと納税の地域物産セットの中に入っていたやつですが。

 家でアルコールを呑まないのですが、このままワインを置きっ放しにしておくのも勿体ないので二人でボトル一本を空けました。

 外で仕事絡みやTKC関係の会合、さらに古くからの友達と一緒にアルコールを呑む時は少々呑んだところでなんという事もないのですが、家でじっくりと呑むと酔いが回りやすい気がします。なんでだろうか?

 って事で21時過ぎにはあっさり就寝。


プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR