FC2ブログ

ハノイ到着

ハノイ空港からバスに乗って市内へ H22/9/24

 「すでに酔っ払いと化しているわが事務所のスタッフ。まあ、楽しいからいいか。でも旅行期間中に事故の無いように!」

機中で事務所スタッフの若干名、ビールの飲み過ぎで周囲のお客さんと明らかに違う雰囲気になるも、大過無くベトナム、ハノイに到着。ざっと5~6時間の搭乗。思ったより長かった。

 一昨年のホー・チ・ミンに続いて2回目のベトナム。

 さっそく飛行場から小1時間バスに揺られてインターコンチネンタル・ホテルへ向かいました。案の定、道路という道路はスーパーカブの大群が右に左に行き交い、その目まぐるしさに早くも圧倒されました。

 道の両側に雑然と細長くて上に高く積み上げた家々(平均的に3~4階建、どうも間口の広さに対して税金がかかるようです。その昔の京都みたいです。))が立ち並び、異様な数の電線が道の両サイドに垂れ下がり(年に何人か電線が切れて感電死するそうです。)、家々の前の道では多数の人がたむろして井戸端会議が繰り広げられています。その熱気に圧倒されました。

 前回ですでに見慣れていた光景の筈なのにやぱり凄いエネルギーで、日本での日常生活におけるエネルギー感とは明らかに異質のものです。かつて日本が持っていて、今失ってしまった何かかもしれません。

 この慰安旅行で経済的な発展の目覚ましい国が持つこのエネルギーにどっぷりと浸ってみたいと思っています。

今、関西国際空港。さあベトナムへ。

 今、関西国際空港で出発便待ちです。

 あ~。忙しかった。旅行で2泊3日で空けるだけで、何故だか仕事の洪水をなんとか治めきるためにテンヤワンヤの大騒動になります。やっとこそさで先程の空港連絡バス内で作業的な部分が終わり、後は電話を何件かすれば終わり。ホッ-。

 もうしばらくの間だけは、開放されます。

 ベトナムで充分に楽しんできます。

明日、ベトナムへ

 明日、事務所の慰安旅行でベトナムへ行ってきます。

 事務所の慰安旅行は例年、国内の温泉に1泊2日というのが通例だったのですが、ここ2年程は忙しくて慰安旅行に行きそびれたので3年目にして充分に旅行資金も溜まったということで初の海外旅行となりました。

 行き先は私の独断と偏見、さらに予算の都合上からベトナムと決めました。

 ベトナム:世界遺産「ハロン湾」とハノイ観光/24日(金)出発の27日(月)早朝帰国  実質的に2泊3日で最終日は機中泊という感じです。



 「何故ベトナムへ?」という疑問があるでしょうね、

 実は2年前に表彰旅行で私たち夫婦二人でカンボジア・アンコールワットとベトナム・ホーチミン観光に招待されたのですが、その時にホーチミンで見たベトナムの人々の生き生きとした空気感にちょっと打たれてしまったのです。

 

 私がまだ小学生になるかならないかくらいの頃の日本の活気と全く同じそれがあると感じて、本当に懐かしいような気分と、今の日本の元気の無さを改めて痛感することになり、何とかこの空気感をうちの事務所のスタッフにも感じて欲しいものだと感じて旅行目的地としたのでした。

 今から40年位前の日本ですから、右肩上がりの経済成長を国民の誰もが信じてひたすら頑張り続けた時代、インフラの未整備も目立ち決して美しい町並みなんてものに心を配るよりも目先の成長に懸念に取り組んでいたような時代、あの爆発的なエネルギー(小学生前後の私でも何となくそんな気分の中に浸りきっていました。)そのものがベトナムにあるように感じました。

 街頭で人々がウジャウジャとタムロして、井戸端会議を繰り広げ、飯を食う。道路にはスーパーカブの群れが蚊の大群のごとく走り回り、秩序というよりもエネルギーの発散に重点を置いている空気感がありました。

 国民一人当たりの所得で比べると今の日本の方がはるかに恵まれているのでしょうが、彼らを見ている限り将来への洋々たる希望に溢れている様に見えて、一体どちらが幸せな状態なのかと自問自答してしまうようなところがありま
す。

 この閉塞感漂う日本の空気に染まってしまっている状況を認識して、もう一度自らのエネルギーを問い直して、お客さんへのサービスに今とちょっと違った視点で取り組んで欲しいものだと自分も含めてですが思っています。

 2泊3日で最終日機中泊という強行日程気味のスケジュールですが、ベトナムのエネルギーを精一杯吸収して帰って来たいと思っています。



 海外からのインターネット接続が良く分かりませんので、残念ですが27日(月)の午前中までこのブログはお休みです。
 

パナソニックオープン第一日目は雷雨で中止

パナソニックオープン中止(ダウンサイズ) H22/9/23

 写真はクラブハウスから見た大会スコアボードです。雷雨が激しく、椅子がバタバタ倒れています。まさに大荒れ。

 今朝は取引先さんのご招待でゴルフのパナソニックオープンを見に、早起きをして六甲国際ゴルフ倶楽部に行ってきました。

 ゴルフは周りの税理士や取引のある業者の方々にさんざん勧められて、昨年のお盆過ぎから始めました。全くの自己流でやっていますので、ほとんど上達がなく、ゴルフに行く度に悔しい想いばかりしています。ただロードレーサーに乗ったり、マラソン大会に出場したりと言うほど熱中出来ずに何だか中途半端な取り組みです。

 まあ、ゴルフに行ってしまうと丸一日潰れてしまうので仕事をしていたいという気持ちとの調整が大変だからということが背景にあるのだと思いますが...。

 というのもロードレーサーやマラソンの類は大会当日こそ丸一日潰れてしまいます(大体月一回程度の頻度にしています。)が、トレーニングは1~2時間程度で済ませれるので仕事の足を引っ張らないどころか、気分転換にも結構効果があって、仕事の効率の促進効果を実感するの部分が大きいから...。

 ゴルフ場には8時過ぎに到着したのですが、雷雨で競技中断中した。取引先さんの東野さんとも8時半頃に合流して競技再開を待ったのですが、雷鳴激しく、結局は10時前に第一日目を中止する旨の館内放送が流れました。

 実はゴルフを見ていても、結果としてゴルフボールがいいところに飛んだか否かと言うこと位は解りますが、今のスウィングがどうのこうのという分析などは全くできません。彼らのプレイを参考にということも全く出来ません。プロゴルファーも石川遼選手や池田勇太選手位は解りますが、ほとんど解らないというのが正直なところです。

 アッ! そう言えばクラブハウス内でジャンボ尾崎選手を見かけました。私が見て解る数少ない選手を見かけてちょっと嬉しい気分です。

 そんな私を熱心にお誘い頂いた東野さんや岸本さんの熱いおもてなしで、重い腰を上げてゴルフ場へ行ったのですが、残念無念。結局クラブハウスの食堂でブランチ代わりのバイキングを一緒に頂いて、ワイワイと仕事の話や取り止めのない話をして昼過ぎに自宅に戻りました。「また来年もご一緒しましょう。」とお誘い頂きました。

 懲りもせずに、こんなゴルフ音痴の私をもてなしてくれる東野さんや岸本さんに感謝です。

 

「剣(ケン)」との遊び

 「剣(ケン)」が我が家に来て1週間と少し。体が一回り大きくなりました。メチャメチャ元気です。

 家に帰ってゲージから出すと、物凄い勢いで部屋中を走りまわります。一息つくと私の足を軽く噛んで「追いかけろ。」と訴えてきます。ちょっと追いかけると、嬉しそうに逃げていきます。私のことを友達扱いしているようです。

 今はすっかり家族の中心にすっぽりおさまっています。我が家は元々テレビがない家ですから、「剣(ケン)」をいじって毎日遊んでいます。

 元々は「娘達が自分たちで世話をするから飼ってくれ。」ということで飼い始めたのですが、早々と嫁さんと二人、さらに日中は両親の合計4名体制で世話をしている状況です。次女は高校のハンドボール部でバテバテで生活しているので、それも無理のないことかなと思っていますが...。それでも暇な時間にそっと可愛がっているのを見ると犬を飼って良かったのだなとつくづく思います。

 オシッコとウンチの場所だけはまだ確定できません。だいたいの場所(2~3箇所)と時間帯は決まっており、様子を見ているとこちら側も察知できるのですが、そのうちしっかりと覚えて欲しいというのが今の望みです。が、やっぱり元気が一番。無邪気に走り回っていることそのものが本当に尊いことだなあと思います。

 

ちょっとしんどいながらもランニング

 今朝は起きてから何となく体がしんどい(病気がじゃないのだけれど...。)ので走るのは止めようか迷ったのですが、あげくに走りました。

 いつもの箕面周回コース。6.4km。

 走るのは3日振りで、ちょっと体が重く(もともと重いのですが...。)、憂鬱な感じで走りだし、自宅に戻るまでずっと今一の感じで走り続けました。湿気も高く、つらいなあと思いながらの約40分でした。

 こんな日もあるさ。


                    ◆◆◆◆◆◆◆


 それにしてもです。私の携帯電話はauのスポーツ携帯と銘打ってあるやつで、防水機能があり(これは雨中でロードレーサーで走ったときなんか本当に助かります。)、GPS機能もあって(ランニングのトレースが記録され、走った距離やスピード、消費カロリーまで表示されて本当に面白い機能です。)、便利な奴なんですが、これが画面上の指示がすべてタッチパネル入力になって
いて本当に使いにくいんです。

 今朝もランニングでGPS機能を使っていたのですが、途中の信号待ちで現在状況を確かめに携帯をポケットから取り出したのですが、その出し入れの際に相当気を使って動作した筈なのですが、タッチパネル上で休憩のボタンを触ってしまったらしく、記録がその信号の処で中断していました。

 本当に「モー。」という気分です。このスポーツ携帯はいつも勝手にスウィッチが入ったり切れたりしてイライラしますし、通常の電話操作の時でもタッチパネルの認識が、こちらの感覚とズレて異常に敏感だったり、鈍感だったりで、「いい加減にしてくれ。」といった感じです。買った当初はそんな目新しそうな機能性と小さくて軽いボディが気に入っていたのですが、操作性その他の部分でまだまだ不満な点は山のようにありますが、キリがないのでこれ以上の書き込みは控えます。

 すぐにでも機種変更したいのですが、最低2年間は使わなければ不経済らしく、我慢に我慢を重ねて使っています。

 ちょっとこのスポーツ携帯は企画倒れではないでしょうか。

今朝は「剣(ケン)」と散歩

 今日はトレーニングは休み。完全休養もなんなので、「剣(ケン)」と散歩に近所をウロウロ。このブログにも書いたように予防接種がまだ終わっていないので抱き袋に入れてダッコして歩いているために、何となく怪しげ。

 近所の公園の丘のテッペンまで登って、池田の街を見下ろすも曇り空で今一の視界。「剣(ケン)」は全く関心なく、キョロキョロ。

 犬を連れて散歩をしていると、同じような犬の散歩の人と自然にあいさつをする雰囲気になります。犬を飼うまでそんな世界があるとは露知らず、不思議な気分です。

 しかし、これはこれで何だかディープな世界がありそうで、それなりに一生懸命に「犬の散歩道」を極めていこうと思います。

 こんな子犬一匹で、自分の知らなかった世界がジワジワと広がっていくのを感じます。子犬の力の不思議さです。

ペットショップに行きました

 夕方に相続税のお客さんから資料を回収したついでにペットショップに行きました。嫁さんに言われて、ゲージの周辺に引く防水性のあるシートを買うためです。

 南千里にある「COOKIE」という店ですが、駐車場からすでに一杯でした。店内でもお客さんが一杯で、昨今のペットブームを改めて肌で感じました。

 店内を見て歩くと、それこそいろんな商品が売っています。食器から散歩の時に使うリード、ペットフード、おもちゃ、薬や躾の道具等々、犬の服なんてのもご多分にもれずありました。


 ひとつひとつ手に取ってみていると本当に面白いです。どれもよく考えてあって、なるほどなあとうなるようなデザインや機能性です。ただ見ていて気が付いたのですが、とにかく値段が高めです。ペット用と銘打つとそれだけで高めの値段設定になる様な印象があります。当然に人間用に比べればひとつひとつの原価は低目のはずなのですが、売値となると下手をすると人間のそれよりもちょっと高目。当然、粗利率が高いことが予想されます。

 ペット屋さんも昔のように一軒家の一階部分で家業的に経営しているのではなく、スーパーマーケットの小型版の店舗の展開で商売をしているので、当然に投下資本が大きくなり、それを回収する必要性から高めの粗利益設定となるのでしょう(人間相手のスーパーマーケットよりは商売の土俵ははるかに小さいですものね。)が、今よりも巨大な資本がこの業界に進出してくれば販売価格帯も一段は下がるだろうなあという感じがします。

 ただ巨大資本からしたら進出するほど魅力のある大きな利益を生み出す市場でなく、結局はこの高めの値付けはニッチ市場だから可能なのだということなのでしょうけど。でももうちょっと新しい商売の目がありそうな気がします。


 なんやかんやと言いながら商品を見て歩くのが楽しくて、結局は色々と予定外の小物を買い込んで帰ったのでした。

ゆっくり一人で能勢周遊ツアー

 今朝は遅い出発。10時20分頃に自宅を出て、箕面ドライブウエイに向かう。先週はずっと毎日RUNNINGをし、昨日は猪名川河川敷を10km走ったせいか、疲労感が残っている。

 ロードレーサーで走れば使う筋肉が違うので、トレーニングとしては有効だろうと考えて走り出したのだが、どちらにしても今日はゆっくりペースだ。筋肉に溜まった疲労物質を血液の循環を良くすることで排出することを第一義として走ることとする。とか何とか言って結局は速く走れないだけなんですけどね。

 箕面滝上の政の茶屋でサイクリング協会の記帳をすませ、さあ今からどこに行こうかと考えるも、名案も浮かばず、何となく北を目指してひたすら走ろうとホンヤリと思う。

 そのままゆっくりペースを保ったままで、高山、余野を越えて堀越峠にとりあえず登る。そのまま下って歌垣を経由して大阪と京都の府境である柊峠へ。ここで折り返して、ひたすら一庫ダム目指して山を下る。いつもこのルートで下っていると不思議だが、下りなのに何故かいつもペダルを漕ぐ足が重い。

 一庫ダムもそのまま通過して、畦野のコンビニでちょっと飲物と軽食を買って5分程度の休憩。さらに多田を経由して池田に戻ってきた。

 距離にして52.87km(携帯電話のGPSによると)。2時間半程度。消費カロリーは647Kcal也。

 帰宅後、風呂に入ってスッキリしたところでさあ事務所へ行くぞ。

「剣(ケン)」と散歩

剣(ケン)(ダウンサイズ) H22/9/20

 今朝、「剣(ケン)」と家の周りを散歩しました。といっても予防接種がまだ済んでいない(予防接種が済むまでは外を歩かせたら駄目らしいです。)ので、ダッコして近所をグルリと歩いただけですが...。

 昔、といっても40年前には予防接種もさすがにしたけれども、それまでに外を歩かせたら駄目もクソも関係なく最初から外で飼っていたけど、別に大丈夫だったけれどもなあとは思うものの、買ったお店でそう言われると素直に従って、家の中のゲージで飼っているところです。

 推定ですが、一日の半分位は寝て過ごし、起きている半分はゲージの中、それ以外は我が家の一階を走り回っています。オシッコやウンチの場所は一切覚えてくれず、家族がちょっと目を離した隙に、サッと済ませてしまいます。その度に家族は後始末に追われますが、結構楽しげにやっています。

 写真を撮ろうとしても、ジッとしてる間がなくて、特にデジタルカメラだとピントが合うのに時間がかかりピンボケばかりが写ってしまいいい写真がありませんでした。

 この写真も「剣(ケン)」のちょっとした隙にやっと撮れたものですが、背景なんかを設定する間もありませんでした。まあ雰囲気だけでも解って頂ければとアップしました。

 家の中で野放しにすると、そのヤンチャ振りは凄まじく、それこそ家の中を全速力で走り回り(よくこんな狭い空間で全力で走れるわと感心します。)、そこかしこのものを噛みまくります。

 家族にも追いかけて欲しいらしくわざと噛んできたり、わざと家族が嫌がる事をしてくるから、生後2ヶ月足らずのクセに結構な知能犯です。

 次女に対してだけは特に噛んだり、引っかいたりしてちょっかいをだしに行きます。これはものの本を読むと「家族で一番年少の子供の世話を焼いている意識」なのでそうです。生意気な赤ちゃん犬です。

 ここで冒頭の散歩に出た話に戻るのですが、家の中ではかくのごとき振舞いながら、散歩で外に連れ出すと、あらまあというぐらいの変わり様で、すっかり内気の内弁慶。じっと物静かに抱かれたまま、されるがままでした。

 彼が家の外に出るのはこれが2~3回目なので、多分極度の緊張状況なのでしょうが...。

 散歩中にダックスフントを連れた御夫人とお会いして、ちょっと喋ってみても、その間に顔をあげようとしません。

 あと1ヵ月半ほどで予防接種が終わるようなので、それからは毎日散歩に行かなければいけないのですが(今の段階では散歩に行く希望者が殺到しています。次女、長女、ジイチャン、バアチャン、結局最後は私の仕事?)、それまでに外の空気に徐々に慣らしていかねばならないと思います。

 とにかく気長にうまくてやっていこうな。「剣(ケン)」。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR