FC2ブログ

夜に走った

 家に帰って、迷いに迷ったのですが、ついに意を決していつもの箕面周回 6.4kmを走りました。

 いざ外に出てみると思ったほど気温も低くなく、風も無く、走るには快適なコンディションでした。

 夜に走ると周囲の景色が目に入らず、自分の世界に没頭する感じになりますので、いつも知らず知らずにペースが上がり気味になります。

 今日も例に違わず早めのペース。体重は重いままなのですが、意外に足が前に出ます。残念ながら昨秋からほとんど走っていないので呼吸器系が着いてこれずに息が上がりますが、これは仕方が無いこと。

 タイムは39分。全然走れていないこんな時期にしては上出来です。

 これは、意を決して走った甲非があるというものです。



 こんな感じで夜にトレーニングが続けられて、体重が絞れれば、3ヵ月後位には時速12~13km程度のペースで走れるようになれそうな予感がします。



 で、果たして続けれるかが大きな問題ですが...。



 確定申告期でデスクワークの連続でうんざりしていた中、いい気分転換になりました。

 
スポンサーサイト

夜にランニング

 21時前。

 気分的にも煮詰まってきました。 

 雨もすっかり止んだようなので、今から家に帰っていつもの箕面周回コース 6.4kmでも走ってこようかなと思っています。

 多少でも気分はスッキリするでしょうし、この肩凝りもちょっとはマシになるかも...。

 でもだいぶんしんどいので、家に帰ってグタグタになってしまってそのまま寝てしまうかもしれませんし...。心の中では大きな葛藤があります。



 とりあえず思い切って帰って走ってみようと思います。

 

確定申告の追い込み

 数日前からやっと私の担当先の確定申告に取り掛かれるようになりました。といっても決して私の担当件数が多い訳ではありませんので、今からやっても大丈夫なのですが...。

 やっぱり気が急きます。



 基本的にはうちのスタッフが担当先の大部分を処理してくれています。皆それなりに充分な経験年次になってきましたので、私が手を出すよりも遥かに出来上がりも安心です。スタッフの方はしんどいでしょうが、例年に比べて幾分落ち着いたペースで消化ができているようで、横で見ていてちょっと安心しています。

 最近は、そんなスタッフを見ていて事務所に入ってからそれぞれが成長したなあと感じる瞬間がチョコチョコとあります。所長としては嬉しい限りです。スタッフにとっては、あんなけ働かされたんだから当然と言えば当然でしょうが...。


 
 確定申告の提出期限まであと15日。

 色々な想いを乗せて、確定申告期の仕事が進んでいきます。

鈍感?な雀

 先程のブログからみるみる雀の数が増えて、現在20匹前後の結構な集団になっています。

 窓際に私が立つと、全ての雀がパッと飛び立って、近くの電線からこちらを見つめて私がいなくなるのを待っているのですが、中には1~2匹ですが我関せずでそのまま餌を啄ばみ続けている輩がいます。

 勇敢というか、肝が太いというのか、空気が読めないというのか、単なる鈍感なだけなのかは分りませんが、ひたすら餌を啄ばんでいます。

 自然界では、天敵に襲われて一瞬にして落命してしまうのですが、「本当に大丈夫?」と声を掛けたくなる奴らです。

雨にも負けず、風にも負けず

 外は雨。

 窓の外に目をやると、それでも事務所のベランダの芝生に、雀が7~8匹で餌を啄ばみに来ています。

 屋外の風景はまさに冬の雨。冷たい風も吹いて本当に寒そうです。が、野鳥には雨も風も関係がありません。生きるために一生懸命に餌探しです。

 そもそも鳥は空を飛ぶ為に大きなエネルギーを必要とします。また飛ぶ為には体重が軽くないと不利になるのでその身にあまり多くのエネルギーを蓄えることができないそうです。私などと大違いです。

 ですから餌を絶えず採り続けないと、エネルギー切れを起こしてすぐに落鳥してしまうと本には書いてありました。

 まさに絶えず餌を探して、食べ続ける必要があるようです。

 まさに生存を掛けて一生懸命のその様子。生きていくというのは厳しい事だなあとシミジミ感じます。

雨。

 朝起きると雨。

 朝から一っ走りと思っていましたが、断念。ちょっと嬉しいのですが...。

 ゆっくり起きて、朝食をとって、新聞を読んで、9時前からお客さんと電話で20分ほど相談にのって、9時半頃に出社です。

 雨のお陰でゆっくりとした落ち着いた一週間のスタートになりました。

 

 ホームページを見ても、今日は雨のお陰で花粉はほとんど飛んでいないようです。

昨夏の猛暑を原因として、今年は花粉が大量に飛ぶそうです(近畿地方では昨年に比べて約10倍、もっともよく飛んだ2005年と同じ程度と予想されているようです。)。

 私は花粉症にはなっていませんが、この季節には朝起きると異常なほどの眼ヤニで目が開けにくい時があったり、涙がやたらでたりする時がありますので、花粉症に入口辺りにいるのではないでしょうか。

 今年はこのブログでも書いたように事務所でも自宅のダイニングや寝室にもプラズマクラスター発生機を設置していますので、幾分この効果もでてくるのではないかと期待していますが、どうなることでしょうか。

夕食は長女がアルバイトをしているオムレツ屋さんへ

 昨晩は、長女がアルバイトをしている隣町の川西のオムレツ屋さんへ家族4人で夕食。19時くらいから1時間弱でしたが...。

 長女は日頃自分がアルバイトをしているものだから、何ということは無いのだけれどもちょっと意識をしているようでした。何ということは無いのだけれど...。

 今日の簿記2級の試験の事、これから何をどうしたいのか、はたまた日常生活の事...。色々と喋りました。高校1年生の次女は横でじっと聞いていて、たまにイッチョ噛みです。

 大学1回生ですから、あれもしたいこれもしたいの嬉し恥ずかしの時期です。横で話を聞いていても本当に楽しいなあと思います。

 こういう場ではついつい自分の意見を言ってしまいそうになりますし、長女の意見がまだらっこしいので手っ取り早く解決策を伝授したい衝動に駆られますが、我慢、我慢。

 誰でも自分の人生ですから、自分の考えで人生を決めたい筈なので、ちょっとしたヒントを述べるに留めて、後は話の聞き役に回ることが大切と心得ています。難しいことではありますが...。

 要はお客さんの悩み事を税務や会計を通じてお聞きするのと、その考え方においては同じことではないかと思っています。長女は家族だけについつい遠慮が無くなてその一線を踏み越えて喋ってしまいがしになるだけの事で...。

 大切なことは、こうやって家族で話を共有するということではないかと思っています。



 夕食を食べ終わって、嫁さんは引き続いて事務所で仕事(明日が決算申告書の提出日なもので...。)、私と子供はそのまま自宅に戻ってゆっくり。

 私は決算申告書を作ったりする作業が苦手なもので一緒に事務所にいると邪魔になるのでこんな事になりますが、その内に嫁さんに怒られそうです。
 

一週間ぶりにランニング

 日曜の午前中に、いつもの箕面周回コース 6.4kmへ。

 ボーッと何も考えずに走ってざっと41分位でした。嬉しいことに左足の膝の痛みは全く無しでした。下りなんかでわざと膝に衝撃がかかるような走り方も混ぜてみたのですが、それでも痛み無し。

 ようやく故障から抜け出したようです。

 もう一周走ろうかとも思ったのですが、思ったより気温が温かくて、厚着が堪えたので一周で打ち止め。

 週に一度のペースで走っていてもそんなに走力が上がる訳もありませんが、今は会計事務所の繁忙期ですから仕方がありません。何とか走る気力だけでも無くなってしまわないようにするのが精一杯の最近です。

 明日こそは何と早朝に一っ走りできたらなあと思ったりします。



 日曜日の朝の楽しみは、走った後の朝風呂。最高の贅沢です。ボサーッと湯船に浸かっている時の「無」の感覚は何とも言えません。

 日頃のストレスや疲労感がお湯に溶けていくような気がします。入浴剤の香りもいい感じです。

 今の私には、この朝風呂とランニングは休日の気分転換の最高の組み合わせです。



 昼過ぎからは事務所に出て残った仕事の片付けです。

クリスマスローズの花

クリスマスローズの花 H23/2/27 ここ半月、庭の樫の木の根元でクリスマスローズが咲いています。

 まず白い花。その奥には紫の花も。

 庭の芝生が冬枯れをしていますので、殺風景な庭の中で凛とした花が咲いているのですが、ちょっとアンバランスです。高麗芝を引いているのですが、冬は殺風景になるので洋芝をオーバーシーディングして、冬は洋芝、夏は高麗芝という風に年中緑色の芝生が見られるようにアレンジしてみようかなとも思います。

 それの方がクリスマスローズも映えるだろうし...。

 何度か芝生のオーバーシーディングを研究したのですが、今一歩決心がつかづ昨秋は取り組まなかったのですが、ここは思案のしどころです。





クリスマスローズの花② H23/2/27 この写真は携帯電話で撮っていますが、それにしてももうちょっと綺麗に撮れる技術が自分にあればいいなあとつくづく思います。

 せっかくいいなあと思う景色や、面白いものを見つけてブログで紹介しようにも、いつもこうして写真をアップするとなんだか今一なんでガッカリします。






長女のこれから

 朝起きて、ボーッとして新聞と朝食。家族4人でワイワイと騒ぎながら...。

 聞けば、長女は今日簿記2級の試験があるとの事。受かるかどうかのボーダーライン上だということでひとしきりボケと突っ込みの会話。

 こんな話を人が聞けば、すわ娘を事務所を継がす為に...という感じで解釈されるケースも多いように思いますが、事情はちょっと異なります。

 その実は、長女に事務所を継ぐ気持ちはどうやらないようで、一般企業に就職がしたいようです。ただこの就職氷河期ですから他のリクルーターとちょっとは差別化しておかないと...と長女自身が考えたようで、大学3回生までに簿記1級は取っておこうと思っているようです。



 私は、それを聞いていて大学生の分際でたいそう真面目な奴やなあと感心しています。私が大学生の頃には勉強なんて1秒もしたことがありませんでしたし、就職活動も今から思えば会社を舐め切って4回生の10月1日から始めて、色々な会社を回ることもせず成り行きで決めたようなものです(そんな時代だったとも言えますが)。

 生意気に会社を舐めたような態度で面接を受けていましたので、当然面接であがることもなく、不思議なものでそれが役員の方から見て面白い奴という印象になったようで何の苦労も無く就職が決まってしまいましたので、世の中は皮肉なものです。

 当時はちょっと緩過ぎる面接時の態度でしたが、なにも真面目一辺倒が良い訳ではないんだなあと事後的に感じたことを想い出します。

 真面目に物事の備えをすることは、勝率を上げる為には必要なことですが、本番の直前にはそんなパンパンに張り詰めた緊張感をちょっと緩めって気持ちに余裕を持たす(遊びの部分を作る)ことがより良い結果をもたらすものなのだと今の私には分かります。

 長女にもその真面目さはいいけれども、それをこころもち緩める感覚(これが結構難しいんだと思いますが...。)も大学生の間に体験してくれたらいいなあと思っています。



 とりあえず合否はどちらでもいいから、「試験頑張ってきなさい。」としか言えない父親です。

 

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR