アップアップ

 今日は普段より2時間ほど早く早朝出勤をして、最近お客さんになって頂い
た民事再生後のリスケジュールをお願いするための経営計画をバタバタと作りました。

 エッセンスは昨日に完成されていたので、最終的な中期経営計画にそのエッセンス
を落とし込むだけの作業なのですが、量が多いだけに大変です。


 アップアップながらに10時までに大きな目処を付けると、10時からは顧問のI社会
保険労務士さんとの事務所の給与規定や人事評価シートの作り込みの打ち合わ
せが始まりました。

 これらの作業もついつい後回しになってしまい、I先生にせっかく来て頂いても、
いつも不完全な宿題しか提出できず、当初の進行スケジュールの足を大きく引っ張り
ながら、ほとんど落ちこぼれ一歩手前で喰らいついているところです。

 もっと頑張らねばといつも思うのですが、I先生に迷惑を掛けながらでも、とにかく
ギブアップをせずコツコツ続けるしかありません。諦めるとその時点で我が事務所の人
事制度の見直しが頓挫する事になりますので、「忍」の一字です。



 昼ご飯を急いで食べて、朝一で作った中期経営計画をお客さんのところへ届けて
帰ってくると、今度はD生命さんが待っておられました。我が事務所の企業防衛指
導の推進について打ち合わせということですが、昨日電話で日時を確認して頂いて
いたにもかかわらず、忘れていて結果20分の遅刻です。どうもすいませんでした。

 最近自分の処理キャパをとうに超えてしまった仕事量が我が身に襲いかかって来て
いますので、物忘れが多発しています。ひょっとしたら若年性のボケ症状か...?



 1時間ほどで打ち合わせが終わると、猛烈な睡魔に襲われて目が開けられないほ
どの状況になってしまいましたので、10分ほど眠るつもりが30分ほど事務所のソファー
で熟睡です。

 昨晩はF会長他と夜中まで飲んでいましたので、超ロングスリーパーの私にはすでに
過酷な状況になっていたのでした。



 目覚めると次の宿題にとりかかるも、なんだか集中力が維持できず、問題点がすっ
と頭の中で像を結びません。なんだか要領悪く、宿題と葛藤をしていました。こういう
状況で取り組んだ時の仕事の質はいつも低い傾向にあるので、これは明日もう一度
零リセットでやり直しだなあと思っています。



 そんなこんなで17時。新人3人に対する事務所内研修の始まりです。テーマはTKC基
本講座をテキストとして使用した巡回監査の講義です。「もう何が何だか...」って気分
です。 
 

 
スポンサーサイト

「働かないアリに意義がある」

 最近読書ネタが少なかったので、ちょっと書きます。

 東京出張の行き道で「働かないアリに意義がある」ともう一冊の文庫本を読
みました。「働かないアリに意義がある」は最近読んだ本の中で結構おもしろ
かったランキングの高い本でした。

 エッセンスを書くと、アリは働き者のイメージがありますが、実は働きアリの7割はボーッ
としており、さらに1割は一生働かないらしいのです。つまりはしっかりと働い
ているアリは全体の2割という事です。まさにパレートの法則(2:8の法則)の通り
です。

 この働くアリと働かないアリというものの差は「反応閾値」の差に寄って生じる
差らしいのですが、この反応閾値というものは「その個体個体の仕事に対す
る腰の軽さの個体差」と定義されるらしく、要するに仕事をする必要性を感じ
る刺激量の限界値が低い個体はいつもマメに仕事に取り組んでおり、これが
高い個体はなかなか仕事に取り掛からず遊んでばかりという事らしいのです。

 この反応閾値の差が何故あるのかという事ですが、実はアリの集団の中に
仕事を継続的に最適分配をしていく上では非常に重要な意味を持っているよ
うで、働き者のアリばかりが揃ってしまうと確かにその時点での生産性は極め
て高くなるのですが、長期的には集団全体が疲れ切ってしまい長続きができ
ないので、長期的観点での効率性を考えると怠け者のアリが存在する方が集
団として優れているのだそうです。神さんが作った仕組みの凄さに感動します。

 これには本当に考えさせられました。

 エリートばかりの集団ではお互いにギスギスして疲れ切ってしまい、適当に怠け
者やできの悪いものが混じった集団の方が集団として安定的に生産効率を維
持できるという事ですから、なんとなく親近感の涌いてくるような話です。

 要は個性派集団は一見不効率に見えるけれども何年間もの間、効率を高い
水準に保っていくには極めて優れたとり合わせなのであるという話です。

 その他、確信犯的に共同体に貢献しないフリーライダーの問題や働き者のアリや
ハチの中には本当に過労死する個体がいる話など、とてもアリやハチの世界とは
思えないそのままずばり人間世界で日常起こっているような問題に対する考
え方のヒントを生物学的アプローチから提供している書籍でした。

 あまりに面白かったので、もう一度読み返してみたいと感じました。

会長と打ち合わせ

 一昨日、東京でTKC全国会の経営改善計画作成支援プロジェクトの打ち合わせに
参加して来た結果を持って、昨晩近畿大阪会のF会長と打ち合わせをしました。

 「鉄は熱いうちに打て。」です。

 まずはTKC全国会の東京での報告と、それを受けて近畿大阪会として考えてい
かねばならない方策を話させてもらい、いろいろと意見を頂きました。

 このプロジェクトは相手金融機関の了解の下で進めていかねばならない案件であり、
それだけに難しい点が多いのですが、さすがに会長。広い視野からのアドバイスをい
ろいろと頂きました。

 最終的には居酒屋、さらには他のメンバー3名も乱入してのラウンジと、飲んで食べて
夜中までのワイワイガヤガヤに変わってしまいましたが、問題点も明確になった事ですか
ら、ひとつ黒子に徹して頑張ってみようと思っています。

キンモクセイ

キンモクセイ H23/9/30
 最近、生活が慌ただしくて息継ぎする間がないくらいの感じですが、だからといって仕事が片付いていかずストレスばかりが溜まる日々です。

 今朝もいつもより2時間弱事務所への出勤時間帯を早めて、慌ただしく自宅を出る時にふっと漂ってきました。

 「キンモクセイ」の香りが。



 「あ!、来た」って感じです。



 いよいよ秋も盛りになってきました。キンモクセイの香りを嗅いだ瞬間にバタバタとした時間の流れが一瞬止まり、数分木の周りでクンクンと犬のように香りを楽しむ朝でした。

 キンモクセイは大好きな木で、家を建てる時にも生垣に選んだのですが、大正解です。焦った気持ちを一瞬にして優雅な落ち着いた世界にワープさせてくれるこの香り。ここ半月くらいはこの香りを楽しめそうです。

箕面周回コース ランニング

 早起き、朝仕事のあと、やる事も無くなったので、ランニングに出る事に。本
来は箕面滝往復 14.5kmへ行きたいところだったのですが、今日は8時か
ら新人研修があるのであっさり諦めて箕面周回コース 6.4kmを走る事に。

 体はダイエットのリバウンドで重たいままですが、意外に走りは軽く、いつもよ
り若干速いペースで、かつ息も乱れず楽々完走。ここ1週間でちょこちょこと
2~3日走っていた成果か、徐々に走れる体制ができつつあるような感じで
す(ちょっとたいそうですが。)。

 走ると完全に秋の爽やかな空気。一年の内で一番過ごしやすい季節の
始まりを感じます。また走る距離を徐々に伸ばしていきたいと思っていま
す。

早朝から仕事

 今朝は4時半起床。たまった宿題を片付けにかかります。

 まだ夜の匂いが漂う中で、一人起きてゴソゴソと自宅で仕事に取り掛かった
のですが、意外に眠気も無く快調でした。最近、TKC関係で引っ張られたり、
事務所の中でもスタッフ~の相談や同行、研修などが頻繁にあり、なかなか自
分の仕事に手が付けられなくて、ストレスが溜まっていました。

 6時半頃には、もう後は直接お客さんからヒアリングができなければ仕事が進
まないところまでいっちゃったので、とりあえず終了。

 後はスタッフから提出された日報のチェックやメールのチェック、今日の段取りなどをし
て7時過ぎから朝食。まあまあ充実の朝です。

 

東京出張

 昨日は東京は九段に、TKC全国会の経営改善計画作成支援プロジェクトのリーダー
会議に出席してきました。13時半から19時ごろまで。

 全国20地域会のプロジェクトの進行具合の報告と、その中での5つの成功事例の
紹介ということでした。

 上手くいっているケースの共通点は、既にこのプロジェクトは始まった時点で過去か
らの地域会と金融機関との信頼関係がしっかりと醸成されているということでした。

 確かに理屈だけを述べて金融機関と共同関係を構築して金融円滑化法下での
中小企業支援を頑張りましょうと言っても、お互いに本当に相手がその気がある
のか、或いはその力があるのか半信半疑ですから、効果がすぐに出ることは難し
いと思います。

 私自身もTKC近畿大阪会の代表として某地銀とのパイプの開設に動き、現状で
は他の標準的な動きの地域会よりは何歩か先んじた結果を得ていますが、ここ
にきて動きがスローダウンしています。やはり俄かに動いて形を作るしんどさや、こち
ら側からの説明で何か至らない点があるのだと思います。

 この経営改善計画作成支援プロジェクトは、TKC近畿大阪会の内部で物事を決め
て進むプロジェクトでもなく、相手金融機関の気持ちが整わなければ上手くは行きま
せんから難しい話です。

 これはさっそく会長とこの点について、方向性の再検討と具体策の練り直しの協
議の場をこしらえなければと思っています。頭が痛い話です。

結婚25周年

 T先生のご夫婦が結婚20周年に北海道旅行に行っている話を聞いて、我が
家の食卓でその事を家族に喋っていました。

 主に子供たち相手に「知り合いの先生のところが、結婚20周年のお祝いの旅
行を子供たちからプレゼントされたらしいで。」

 子供たちは「・・・。ふ~ん。」

 しばらくしてさらに子供たちが「それがどうしたん。」

 私「・・・。」 ガクッ。



 すると突然横から嫁さんが「私らもよう考えたら25年経ってるで~。」の一声。



 そうなんです。数えてみると、多分来年の一月に25年目ということになります。
思えばよく辛抱・・・。いや、遠くに来たものです。

 当時は、自分たちが50歳という大台に乗るなんてことは想像もできませんでし
たし、結婚25周年や30周年なんてどんな世界なのか思いもつかない世界でした。

 現実に自分がなってみると、そこには別に何でもない日常が淡々とあるだけで、
別に薔薇色の幸せが転がっている訳でもなく、とんでもない不幸に巻き込まれて
いる訳でもなく・・・。まあまあ幸せに暮らせているという事なんだと思います。

 人間を長くやっていると、在籍何周年とか通算何年とかいう累積周年数の記録
が必然的にまとわりついて来るようになりますが、自分もそろそろそんな入口に
立ちだしたんだと思います。



 私ら夫婦は今まで華々しいことと無縁に淡々と生活をしてきましたから(婚約指
輪も結婚指輪もなにもありません。結婚当時はとんでもない貧乏でしたから。ま
あお金を持っていても買わなかった気がしますが・・・。)、結婚25周年についても
子供に憎まれ口を聞かれながら自宅で鍋でも囲んでいるのが相応しいなあと思っ
ています。

事務所のスタッフが講師を

TKC継続MAS活用研修会講師(田嶋 ダウンサイズ) H23/9/26
 昨日午後からの3時間。事務所の職員のT君がTKCの継続MAS活用研修会の講師をしました。

 うちの事務所からも応援のため(プレッシャーを与えただけかもしれません。)嫁さんと新人3名に参加しました。嫁さん曰く、「うちの新人もそうやけど受講生の半分くらい寝てたわ。」とのこと。ガクッ!

 昼食後という時間帯の問題はあったにせよ半分くらいが寝るとは厳しい状況です。どうやら一定の口調で抑揚無く淡々と喋り続けたようで、半分が寝てしまうのは講師の責任に該当する部分も多いと思います。講師ですから、やっぱり自分の持ち時間で受講生をできるだけ寝かさないというのは鉄則ですものね。



 まあ、そんな結果とは言え、彼なりに精一杯に講師に取り組んだ訳ですし、なにより未経験者で勉強をしていなかった状態で採用して8年経過した今、曲りなりに人様に講師をするという状況まで漕ぎ着けたという一点に置いて喜ばしいことではあります。

 今後もうちの職員がいろいろな形でこうやって外部で自分の意見を発表したり、講師をしたり、TKCの役務を頑張って遂行したりして、人間としての幅を広げていく事を望みます。打ちの職員のH君もTKCの企業防衛委員会の職員で組成する会の会務に拙いながらも取り組んでいるようでありますし、昨日の一事もそんな思いの第一歩になったのではないかと思っています。

 まあ、講演の最中に受講生の暴動が起きた訳でも無く、良かった。良かった。

午前中は銀行へ、午後から労働組合へ

 本日の午前は、早朝研修を終えて、その足で某地銀の本社へ。

 TKCのBAST(TKC会員が決算処理したお客さんの決算書のデータベース)を贈呈す
る役割とTKC全国会が推進している経営改善計画作成支援作成プロジェクトの打ち合
わせを兼ねて訪問しました。

 なかなか銀行側でも組織が大きく営業企画の一声で各地の支店が一斉に動いて
くれる訳でもなく周囲の状況とバランスをとりながらの動きという事で、思ったようにスムー
ズに物事が進行していく訳にもいかず大変です。

 まあ、諦めることなくコツコツとアプローチをしていかなければと思っています。



 それが終わって昼食を食べて、某労働組合の監査に訪問しました。いつもはこの時
期には訪問しないのですが、会社の合併に伴い労働組合の合併があったのでその状
況を確認する必要からの訪問です。

 合併に伴う財産の引き継ぎの状況などを確認して、とりあえずOK。若干数字が合わ
ず、「なんでやねん。」的にバタバタしましたが、それも解消してスッキリ終了。

 

 結構、終日ヘビー目の昼間の仕事でした。

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR