FC2ブログ

苦しみながらもコツコツと

 本日は体調不良ながらも粘って月初会議の事前準備、リスケ会社の経営改善
計画コンサルティングの事前準備さらには事務所ルールブックの作成に置いての最終原
稿の編集まで終わりました。

 あとどうしても今日中に民事再生過程の会社の修正再生スキームの検討の目途
を付けておきたいのですが、身体がフワフワしてしまってどうにも頼りないのでとりあ
えず自宅に帰ってソファーに寝転びながらどないかトライしようかと思案中です。

 ちょっと辛いけれども、何とか今日の終わりが見えてきたので、ちょっとでも楽に
仕事ができる環境整備だけでもして、ここ一番で踏ん張りたいと思っています。



スポンサーサイト

ちょっとしんどいんだけど、忙しい仕事

 4日振りに事務所でゆっくり仕事をするともう残務整理の山です。

 朝からメールの返事書きに追われました。日曜日の夕方に一旦は
メールを処理し終わっていたのですが、事務所の資料を見ないと返事
ができないメールが4件くらいあって積み残し。そして昨日山のように
メールが来て無残に積み上がっていました。

 電話対応などの合間にメールの返事をし終わったら11時頃になって
いました。

 それから昼食の前後に明日の事務所の月初会議の会議資料の作
成です。

 なんか疲労感からフラフラする感じがする中での作業ですから、ペー
スが上がりません。

 さらに事務所のスタッフ全員と作成したルールブックを小冊子として印刷
してスーツの胸ポケットに入れておこうという事に決まったので印刷製本
を業者の方を呼んで打合せです。

 それからいよいよお客さんから個別にもらっている宿題を片付けに
かかるのですが、すでにフラーッと重心が定まらないような状況になっ
ています。

 1月後半の過密スケジュールが身体に堪えているのだと思います。な
にせ10日間ほど全開状態で複数件数づつお客さん等の所に伺って
相談などをにあたっていて疲れたところに持ってきて、土日も研修や
付き合いのゴルフ等が入ってゆっくりする暇が皆無でした。

 歳を取ると踏ん張りが利きにくくなりますね。昔はこれくらいなんで
もなかったのですが...。

 夕方から自宅に戻って、ちょっとペースを落としてソファーでぐったりと
寛ぎながら、お客さんの宿題に取り組むなりしないと間に合いそうに
ありません。

 ピンチです。

 

ボーッとした朝

 昨日はハードだったので、今朝は起きるのがやっと。

 起きてからもしばらく茫然自失の状態でした。

 何もする気がせず、食卓でボーッとして過ごしました。「ケン」が足元でじゃれ
るので相手をするだけ。

 午前中は、ちょっと体力、気力の回復を待ってディフェンシブに事務所で仕事
をして過ごします。

 幸い今日は一日事務所で残務整理です。来客があったり出たり入ったりは
しますが、基本的にはマイペースで仕事が進められることが助かりです。

 明日の月初会議の事前準備、合同会社の設立準備、リスケ会社の経営改善
計画コンサルティングの事前準備、民事再生過程の会社の修正再生スキームの検討、
NPO法人の知識整理等々、山のように積み上がった宿題ですが、今日はこの
うち最低でも3つほどは崩したいと思っています。

 どうなりますことやら...。

浜松からの帰り

 浜松のお客さんの所を社長以下経営幹部の方々に見送られて20時過ぎに出発。

 一路東名及び名神高速を西を目指して走り続けますが、さすがに朝早かったの
と、今日1日のハードなやり取りの疲れがどっとでてきて御在所SA、さらには土山SA、
草津SA、大津SAと連続してサービスエリアに車を止めて休憩を連続して取り続けました。

 普段は大阪池田から浜松位ならノンストップかやすんだとしてもどこかのSAで1回程
度の休憩で走り切ってしまうのですが、さすがに今日は帰り道の後半でヨレヨレになっ
てしまい、休んでは少し走っての繰り返しになってしまいました。

 まあ歳を取ったということです。

 単調な高速道路走行ですから、居眠り運転をしないようにSAに寄ってはお茶を飲
んだり、外気にあたって眠気を覚ましたり、軽い体操をしたり、ちょっとした仮眠をし
たり、あげくのはてはSAで売っているレトロなCDを買って大音量で社内に流したり、
あの手この手で走り続けました。

 自宅に着くと日付が変わる頃でした。ヘトヘトの1日でしたが、充実感でいっぱいのい
い1日が過ごせたと思っています。

 自宅に帰るなり泥の様に眠りこけましたが、30歳代はずっとこんな感じで仕事をし
ていたような気がしますので(今だったらこれが続けば体を壊します。)、なんだかそ
んなことさへ懐かしい気がする1日の幕引きでした。

浜松へ

 今朝はスタッフと2人で車で浜松へ。6時半に事務所前で集合して9時半頃に到着
です。

 片道3時間の往復は結構たいへんですが、お客さんが待ってくれていますから
頑張って走ります。

 土木の仕事をしているお客さんでここ数年で営業的にも構造改革を試みて、劇
的に業績が上向いてきています。当初は1社専属の下請けをされていて、その親
元からの受注が細ってきて資金繰りまで窮々としている状況でしたが、勇気と細
心の注意をもって親元以外の会社からの受注を開拓し始め、昨年はとうとう1/3が
親元以外からの受注ということになりました。

 劇的な営業構造の変化です。

 親元との関係もいろいろと山あり谷ありでしたが、今では2社間の信頼関係もか
つてより高まり、社員の方も最近の劇的な業務内容の変化に気が付いてきて社
内的なムードも高まってきています。

 社長が勇気をもって1社専属下請けからの離脱と下請け業務の内容において工
種の増加、さらには工事管理のウエイト増加を決断したことが、売り上げ総額のアップ
と工事粗利の上昇をもたらしました。

 会社の損益状況も劇的に改善し、今後は貸借対照表的に見て純資産部分の増
加を目標に掲げ、長期的視点で安定成長が望める会社になれるように更なる社内
改革に着手しています。

 4~5年前から関与させてもらってその間の変化が劇的でしたから、私たち会計
事務所としても仕事冥利というものです。ありがたいです。

 今日は銀行に提出する会社のプレゼン資料の作成と中期経営計画の作成を目的
にしていましたが、会社に着くなり社長から組織的経営を展開していくための物の
見方や考え方に関する質問が矢継ぎ早に飛び、終わることなく延々と20時頃まで
続きましたので、とうとう当初の目的の中期経営計画までは終わらすことができず、
スタッフが私と社長の質疑の横で当該会社と子会社の月次決算を占めるのがやっと
でした。

 昼食と夕食をはさみながら、延々と熱心に続く問答はハードですが、私にとっても
本当にいい勉強になります。ここまで熱心に相談頂くことは職業会計人として本当
に喜びを感じるなあと思いました。

新年 第1回目のゴルフ

 今日は、アートレイクゴルフ倶楽部で今年初めてのゴルフでした。提携企業の方と一
緒に8人でラウンドです。

 朝一番は粉雪が舞っており、スタートホールのグリーンは雪で真っ白という状態でし
た。パターでボールが転がるうちに雪がホールに巻き付いて雪ダルマになるような厳し
いコンディションで私は4パットの8打を叩き、いったい今日はどうなるのかと不安にな
りましたが、セカンドホール以降は雪も見なくなり、風も思ったほど吹かず、厳冬期
にしてはそこそこの状態でのゴルフとなりました。

 スコアはイン53のアウト53で合計106。ここ1ヶ月間は全くクラブを握っていませんでし
たし、時間ギリギリにゴルフ場に到着(昨日の中学校同窓会のダメージで起床が遅れ
ました。)したので事前の練習も何もなしのぶっつけ本番でしたから、まずまずま
とまったなあと思っています。

 ドライバーやアイアンは良くはないのですが、そこそこ安定していて比較的思ったと
ころに飛んでいましたのでスコアが作りやすかったように思います。ただ後から考え
るとホールを攻める上でのクラブ選択や狙いどころ等のコース戦略の拙さで5打前後は
スコアをロスしたような気がします。

 やはりまだショットを打つ時には打つことばかりに気持ちが行ってしまって、どんな
目的でどのように打つのかという視点を忘れがちになってしまうのが痛いところで
す。

 まあ、スポーツをやっていてこういった戦略眼を持ちながら常にプレーできていれば、
それはまさに一流選手の領域に足を踏み入れつつある証だと思いますから、私の
この面での葛藤はずっと続いて行くことになると思いますが。

中学時代のなんとなく同窓会

 土曜日の夕方からは池田の居酒屋で池田中学校時代のクラスの垣根を越えた
なんとなく集まった25名程度の人間の同窓会?でした。

 クラブ活動や町内会やクラス、はたまた現在の職業や趣味などこれといった共通
点が全くない者同士が、人づて、口づてで集まっています。中学校時代はお互い
は知らなかった或いは喋ったことが無かったが、最近のこの手の集まりで結構仲
良くなったという新たな人間関係が生まれてきており、結構面白い集まりです。

 お互いの近況もここ何回かの集まりの中で概ね喋っていますからこれといった
話もないのですが、それはそれで同じ年代に同じ場所で同じ空気を吸った者同士
の気安さでウダウダと喋るのが面白い。妙な連帯感が心地いいっていう感じです。

 結局18時半頃から日付が変わる直前まで、ウダウダと喋り込んでニタニタと笑って帰
りました。

 お互いの昔を知っている者同士の妙に緊張感のない気楽な会話って、まさに池
田村の寄合に参加しているようなもので楽しいなあ思います。
と思います。

NPO法人に関する専門家養成講座 第2弾

 土曜日は公認会計士協会から案内が来たNPO法人の専門家養成講座の講義を
受けました。

 先週は特定非営利活動促進法の立法経緯から始まって、認定NPO法人の法務
手続きについて丸一日。

 そして今日はNPO会計基準から始まって、税務に至るまでの講義です。

 昼食後に30分程は意識を失ってしまいましたが、まずまず一生懸命に勉強をしま
したので、細かい部分での知識の混乱はあるものの概ねの理解はできたように思
います。

 NPO法人の認定作業における実務上のリアリティの感じ取れる問題点の紹介なども
頂き、実務的にこういった相談に対応していける感覚をお裾分け頂けたように思い
ます。

 会場には公認会計士が多く参加していて、中には私が公認会計士の二次試験を
一緒に勉強していたMさんとも久々に対面して、いろいろと近況報告などをして同窓
会的な楽しみもありました。

 なかなか勉強の時間が取れないのが辛いところですが、来週のどこかで知識の
整理をして、これらの知識を定着させておかにゃあなあと思っています。

なんじゃもんじゃの木

 昨年の5月14日のブログで宝塚ガーデンフィールズで見かけたなんじゃもんじゃの木の苗木を見て、こんな植物ほんまにあるんやとビックリしたことを書きましたが、今日大阪市内を歩いている時に実際の木を発見!

 場所は肥後橋のちょっと南側の街路樹でした。

 これです。
なんじゃもんじゃの木(ダウンサイズ)H24/1/27
 葉っぱが全部落ちていたので、それとは気が付きませんでしたが、何気なく案内プレートを見てビックリ。

 結構大きな木です。


なんじゃもんじゃの木②(ダウンサイズ) H24/1/27
 なんじゃもんじゃの木。

 これは別名で正式には「ヒトツバタゴ」。

 なんだか覚えにくいなあと思いましたが、よく読んでみるとヒトツバタゴは一ッ葉のタゴの木という意味のようです。タゴとはシマトネリコの仲間の木のことだそうです。カタカナで読むと意味が分からず発音も難しい感じでしたが、感じに直すと単に一ッ葉のタゴの木という意味。やっぱり日本語の感じは意味を伝える上で素晴らしい道具です。表意文字のある国に生まれた誇りを感じます

山下達郎コンサート

先日、嫁さんと二人で大阪グランキューブに山下達郎のコンサートを見に行ってきまし
た。

 大阪でのコンサートはフェスティバルホールの工事の為に3年振り。その間は神戸に行っ
てました。

 高校、大学時代の思い出と山下達郎の曲がダブリ、当時のいろいろな出来事
がフラッシュバックします。当時は脳味噌が筋肉状態で、とにかくロッククライミングとかス
キーとかそういったアウトドアな風景の中でBGMとして流れていたような記憶があり、
とにかく懐かしさでいっぱいです。

 もちろん山下達郎自身はその後も継続的に活躍を続けていますから、その後
の曲の方が圧倒的に多いのだと思いますが、聞いていると何故だかみんなその
頃の記憶とリンクしてしまうのが不思議です。

 山下達郎自身は浮き沈みの激しい業界で37年間も歌い続けてきただけに、ど
のコンサートでもさすがにプロだよなあと思わせられる完成度で、毎回楽しみにして
います。ビジュアルでは到底勝負にならないと私が勝手に思っていますが、やっぱ
りその歌とシャベクリの力は突出したものがあるように思います。

 18時半から22時まで、たっぷり3時間半。楽しいひと時が過ごせました。

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR