FC2ブログ

LLC設立手続き完了

 無料の税務相談から帰って、ちょっとした用事を終わらせて事務所に
戻るともう18時前。

 たまった電話の返信を時間帯的に失礼にならない分だけ済ませて(後
は明日の朝一です。)、所内の書類に目を通して、ここ最近動いているLLC
設立の関係書類の仕上げと代表者の方に最終的な印鑑を貰いに訪問し
ました。

 私は公認会計士でもありますので、商業登記の手続きは合法的にでき
ます(税理士は残念ながら登記手続はできません。)。

 かれこれ16年間の間にもう50社近い会社を立ち上げてきましたので、こ
ういった設立登記には充分慣れているのですが、実は未だに緊張します。

 事例的には下手な司法書士よりよっぽど充分なサンプル数をこなしていま
すし、別に設立手続関連で特段に分からないことなど無いのですが、やっ
ぱり法務局に提出する書類の調製は何故だか毎回緊張感を感じます。
どちらかというと自分の性に合わない仕事の類だからでしょうか。

 基本的に会社を設立すると言っても、法務局の登記手続きだけがちゃんと
できても片手落ちで、法務局以外の関係官庁への設立届の類の書類の提出
や、今後の事業計画(ビジネスプランを単なる文言で終わらせず、設立後5年程
度の中期経営計画(一般に創業計画といいます。)を作成し、問題意識や目的
意識を明確化してもらいます。)の作成サポート、場合によっては資金繰りを支
援する為の金融機関のご紹介、さらには経理を始めとした社内の事務手続き
の流れの確立など総合的にサポートをしていくという意味では、我々会計人に会
社設立時からしっかりと人間関係を確立してこういった設立手続き一切合切に
係らして頂くという事は合理性のある経営者の判断だと思いますし、私達会計
人の力の発揮のしどころだと思っています。

 が、やっぱり法務局への提出書類を改まってコツコツ作成するという行為そのも
のが苦手だなあと感じます(そうは言ってられませんので、一生懸命にやってい
ますが。)。

 まあ頑張って手続の準備一式が終わりましたので、明日は提出するだけ。と
りあえず完了といったとことです。

 すべての用事が終わって20時半に事務所に戻ってきて、さあ今から宿題の山
崩しです。所長が遅い時間に事務所でダラダラ残業していたら他の職員が帰りに
くいので、自宅に持ち帰って隠れ残業です。頑張ります。
スポンサーサイト

税務の無料相談

 本日は朝9時前まで雨だったのですが、それ以降みるみる天気が回復
しました。

 結果的に昼前後から豊中市庄内の税務の無料相談会場は来場者が増
え出して、結果的に500名を超えました。

 会場責任者として終日、会場入口で来場者の混乱がないようにを整理し
ていましたが、500名超の人と顔を合わしていた訳で人あたりをしました。

 結果的に16時半頃に相談会場を後にしましたが、ドンヨリとした疲労感でいっ
ぱいです。



 基本的にはマナー良く無料の税務相談を利用して頂いている方々が圧倒的
多数なのですが、中には...。

 

 この豊中市荘内の相談会場は、実は昨年までは豊中市曽根の市民文化
会館で行われていたもので、そこの建物の建築年次が古くて耐震の問題で
使えなくなったことから会場変更になったのですが、来場者の中には昨年と
同じ会場だと勘違いをして間違って曽根の市民文化会館に行ってしまってブ
チブチ文句をいう相談者の方が10名前後おられて参ってしまいました。

 税務署からの案内で確かに曽根の市民文化会館だと書いてあったと強弁
する人(さすがに税務署が会場変更したので、間違って案内する筈は無い
と思うのですが。)や、税金を払ってやるのだから勝手に会場変更などする
なと凄む人とか、天下国家を代表して意見をしてやっているからしかと聞きな
さいと説教をされる人、...。

 私はボランティアでたまたま庄内会場に行ってくれと言われて会場責任者をし
ていますから、会場変更の経緯がさっぱり分かりませんでしたし、私に言わ
れても手の打ちようもないのですが、とりあえず会場責任者ですからこれら
の方の言い分をしっかりとお聞きして、謝って、とりあえずこんな事でしたと口
頭で報告をするしかありません。

 思い違いや案内不足で会場が違った人達の腹立ちも全く理解できない事は
ありませんし、誠実に対応せねばならないと思って対応に努めていますが、あ
きらかに感情的になって話してこられる時には本当に悲しい気分でいっぱいに
なります。

 税務の無料相談を運営する側の人間ももちろん謙虚にクレームに対応していく
必要があると思いますが、税務の無料相談を利用される側の方々もある程度
の節度が必要ではないかと毎年感じる事があります。

 決して100点満点の運用が実現できている訳でもなく、来場相談者の方に御
不便をおかけしていることも多いので、毎年一生懸命にそういった至らぬ点を
改善しているのですが、「だから公務員は駄目なんだ(実は私たちは公務員
でもないのですが。)」式に決め付けてあきらかに上から目線で話してこられる
と、何とか前向きに務めようという気持ちがめげてしまう自分がいます。

 ボランティアって難しいと感じる瞬間です。

 

今朝は雨

 朝起きるとシトシト雨が降ってます。

 さすがに冬の雨の中で走る気はしません。ランニングは中止。ちょっと嬉しい。



 でも、1ヶ月半後に迫ってきている宮古島トライアスロン大会が気になります。例
え気休めと言われようが多少でもトレーニングを積んでおかねば...。確定申告
期で思うようにトレーニングができない中での雨ですからちょっと焦っています。

 

 ということで家の階段でステッパーをすることに。いわゆる踏み台昇降運動で
す。なんだと思うなかれ!

 結構な負荷になります。

 段を上がり下がりするごとに4ステップすれば通常のジョギング程度の負荷が。
2ステップで段を上がり下がりを20分もすれば日頃30㎞程度走っても大きな筋
肉疲労を感じない私でも軽い筋肉痛が残りますからそこそこの負荷があるの
でしょう。

 雨風、寒暖の影響を受けませんから、ちょっとした合間にトレーニングとしてスク
ワットとともによく取り入れているのですが、20分、30分としているとちょっと「俺っ
て何をしているんだろう。ひょっとして阿保とちゃうかな?」と素朴な疑問が湧
いてきますので、長時間トレーニングをするにはちょっと辛い。 

 今日は20分でしたので、ランニング距離に換算して3㎞程度かと思っています。

 ステッパーをやりだして10分もすれば滝のように汗も流れますので、外を走る
ほどでもないですがとりあえず気分も爽快。

 これから風呂に入って、LLC設立の資料を最終確認して、無料相談のボラン
ティアに出発です。

 

今日も一日

 今日の午前中は製造業のお客さんの中期経営計画策定でした。

 ここ1~2年の受注の落ち込みがひどく、不安定な売上状況になっ
てきています。元々は技術的な優位性を持っている会社さんでした
が、ここ数年の製造業不況の波に飲み込まれそうな状況になってお
ります。

 従来でしたら上場企業からの受注がひきも切らないような状況が
普通だったのに、商流に大きな変化があったようで思ったような売上
高さらには利益率の確保が難しくなってきています。

 今まででしたら速いタイミングでの決算対策と次年度予算の策定くらい
で何とか毎期の決算を切り抜けてきましたが、抜本的に今後の経営
構造について見直しをかける必要に迫られてきましたので、中期経営
計画についての取組を開始しています。

 売上についてはやはり相手次第の所もありますが、仕入材料の単
価切り下げや残業代のコントロール、さらには受注先の組み合わせについ
ての考え方などいろいろと今後に向けた改善点が上がってきましたの
で、これらを具体的に計画書に記載して改善していくことに取り組んで
もらおうと思っています。



 午後からはソーシャルビジネスについての研修会に行ってきました。アエラ
にも今後の日本を背負う100人の一人として掲載されたOさんの講演
でした。

 ソーシャル・ビジネスとはなんぞや?という素朴な疑問があったので、その
道の第一人者の話を聞くのが一番理解には早いと思いましたので、ま
さにグッドタイミングな研修でした。

 ソーシャル・ビジネスというと何だか社会貢献を意識した肩肘張ったイメージ
があったのですが、お話を聞いていてまずは基本のビジネスモデルがしっ
かりとしている事が必要で、その基本骨格にソーシャルな部分を上乗せし
ていくことが理解としては正しいのかなと思いました。

 また経営規模などもお聞きしましたが、一般の事業に比べれば本当に
小さなレベルであり、その方向性や考え方に興味が惹かれる事は理解が
できますが、まだまだ世の中一般の流れに大きなインパクトを与えて行くほ
どの質量が確保されていないのではないかという感想を持ちました。

 一般のビジネスとは評価基準が異なり、利益で良し悪しを測定するという
のではないことは重々承知ですが、ビジネスを展開していく上でのパワーが
日本ではまだまだ足りないのだなという感じです。まさにこれからの分野
です。

 最近はNPO法人関連の研修会に出席したりして、今まで自分があまり
接していなかった業態にも興味が湧き、手広く勉強をしているところであ
ります。

 事業の経営形態がここ数年で大きく変動して来て、明治以来固定的に
営まれてきた法形式を超えた構造が次々に現れてきていますので、なん
とか頭だけではなく実感でその良し悪しを把握できるようになっていなけれ
ばいけないなあと思っています。



 研修から帰ってきて、身の回りの仕事を片付けて今は20時。

 今から合同会社(LLC)の設立登記の資料作成を片付けて今日は終了
かなと思っています。ある程度ベースの資料は作ってあるので、あと1~2
時間くらいかな。

早朝ランニング

 今朝は7時くらいからいつもの箕面周回コース 6.4㎞へ走りに行きまし
た。仕事が忙しくてバテ気味の上、ずっと風邪気味ですから体調は最
悪です。

 走っていてもなんだか身体がフワフワして、頼りない。どこか雲の上を
走っているような不安定感です。

 時速10㎞前後のラクラクペースですが、なんだか締まりのないランニング
でした。

 戻ってきても、もうひとつどこをどう走ったのかほとんど印象に残っ
ていません。夢見心地というのはこんな状況を言うのでしょうか?

クリニックの開業準備と経営改善計画のコンサルティング

 今日は午前中に、このゴールデンウィークから本格的に改行されるクリニックの
開業準備に係る相談をしました。

 泉南地区ですからかなり遠方ですが、高校の同級生のお医者さんが紹
介してくれました。ありがたい事です。

 開業準備期間における様々な不安や悩みをお聞きし、税務や会計に関
する部分についてはアドバイスをさせて頂き、実務的には4月頃から自計化
指導を開始するということになりました。

 なんでもさあこれから始めるぞというフレッシュな感覚の方とお話をさせて頂
くと、こちらまでなんだか初々しい気分になるから不思議なもんです。



 夕方からは、金融機関への返済がにっちもさっちもいかなくなってリスケを
している会社さんの経営改善計画のコンサルティングです。

 社長さんにしたら金融機関に約定通りに返済できなくなって、申し訳ない
気持ちやこれから先の不安感などがない交ぜになっておられるのですが、
そういった情緒的な部分は一旦棚上げして、できるだけフラットな心理状況
でもつれた糸をひとつひとつ解きほぐして、その会社が打つべきコストの圧
縮案や売上計画を検討していくことが役割だと思っています。

 いろいろと話をしていくうちに、今まではとにかくやみくもに売上高の拡大
だけを意識して頑張ってきたために粗利益に目を瞑っていたり、回収条件
の悪い得意先にも我慢して取引を続けていて資金繰りの首を絞めていた
りということがだんだん社長さんにも理解頂けるようになってきました。

 数回目の面談ですが、下を向いて喋っていた社長さんが面談を重ねる
ごとに、考え方を整理して合理的な再建策を真面目に追求していけばひょっ
としてなんとかなるのではないかという期待感を持って頂けるに至ってきて
います。

 その一挙手一投足の変化が嬉しくて、コンサルティングをしている私の方が力
を貰えるから不思議な事です。

 今日の面談で経営改善計画の凡その完成を見て、社長の腑にも落ちた
ようですから、いよいよ後は金融機関にその経営改善計画を提出するば
かりになりました。

 これからも課題山積ですが、とにかく第一段階のハードルはクリアーできそう
ですし、なにより社長の闘志に再び火が付き出した事が大きな喜びです。

 

 今日は午前と夕方に2件、仕事を通じて私自身が力を貰える出来事に遭
遇しました。両案件とも集中力をかなり使いましたが、心地よい疲れに転じ
ています。

「ケン」と散歩

 夕食を食べてからの散歩は私の仕事。仕事でへばっていたり、遅く帰るとき
は別ですが。

 「ケン」との散歩です。

 犬を飼いだして1年半。座敷犬として家の中をウロウロと歩き回る飼い方をして
います。寝る時は私のベッドの下で丸まって寝ていますから、自宅の中での暮
らしではほぼずっと一緒です。

 これだけ密着して犬と生活しだすと、さすがに最近のペットブームの意味もよく
分かります。

 とにかくかわいく感じますし、心身ともに疲れた時なんか癒されます。

 今日の散歩をしながら、近所の住宅街をウロウロと歩き回る訳ですが、何となく
一緒に歩いているだけで楽しい。この寒空の下なのに。

 不思議な感覚です。



 「ケン」は文字通り「食っちゃ寝。食っちゃ寝。」の生活で、何一つ生産的なこ
とはしませんが、実は私たち飼い主の心身のケアをしてくれているのだなあと
感じ入ります。

 不思議なことですが、事実です。

長女、トルコへ!

 日曜日ですが、午後から出勤。いろいろと電話に追いかけられない
環境で、落ち着いた気分で片付け仕事をしています。

 今日は17時から我が家と両親揃って鍋パーティー(パーティーと言うほど
たいそうなものでもありませんが。)です。

 実は長女が今日から9日間の予定でトルコに旅行に行きますから、そ
の送り出しの壮行会(これもちょっとたいそうな言い方ですが。)という
ことです。20時前に我が家を出発らしいです。

 旅行先を聞いて「なんでトルコ?」と思いましたが、それはそれで面白
いかもしれません。

 文明発祥当時から地域的には何らかのかかわりがあり、ギリシア神話
にも頻繁にその地名が登場する土地。シュリーマンのトロイの発掘の逸話。
キリスト教とイスラム教が鬩ぎ合った複雑な宗教的紛争を経験した土地。そ
して日露戦争で日本海軍がロシアのバロチック艦隊を殲滅したニュースに同じ
ロシアの南進政策に苦しんでいたトルコが狂喜し、それ以降ずっと日本を尊
敬し続けて親日国家として有名な国。

 きっと日本人の私達から見て新鮮な驚きがゴロゴロと転がっている国な
んだろうなあと思います。

 長女にもその場でトルコに係るいろいろな話をしました。長女はそこまで
いろいろと知識は無かったようで、興味をかきたてられた様子。若干の勉
強もしているようです。

 ヨーロッパやアメリカなんて感じで旅行に行く人は多いですが、よくもまあ海
外旅行の経験もさほどにないのにトルコを選んだなあと思います。

 きっとトルコに行って見ると新鮮な驚きがゴロゴロと転がっていることでしょ
う。若い内はそんな驚きに出会っておくことが大事だと思います。

 まあ、安全にだけは配慮して元気で楽しんできて頂戴って感じでお見送
りです。

ほぼ1週間振りのランニング

 今週は月曜日の朝に走ったきり。とうとう確定申告期の仕事の忙しさ
と精神的に結構追い込まれていることからウィークデイは走れませんでし
た。

 仕事が大事ですから、仕方がないと思いますが、4月15日の宮古島
トライアスロン大会が気になります。

 今日は朝起きてゆっくり朝食を食べて、10時頃から箕面滝往復コース
12㎞へ走り出しました。さすがに半月くらいトレーニングできていませんか
ら、筋肉疲労はありませんが、体重増とトレーニング不足で身体が重く感
じます。

 ボーッとしながら黙々と走り込んで自宅に戻ってきましたが、今一走り
足りない感じがして、さらに箕面周回コース 6.4㎞も追加。

 身体が重い感じが最後まで取れず、爽快感がありません。ペース的に
は時速10㎞位になっていますので、ラクラクペースで走ったにしてはそこそ
この速さなのですが、やっぱりトレーニングをさぼっていた御蔭なのでしょう
か? 今一歩充実感が感じられないままのランニング終了でした。

 自宅に戻ってくると私の両親と長女、次女の4人が近所の回転寿司に
昼食に行くと言って車で出発するところでしたので、私も大急ぎで汗を拭
いて着替えをして祖父母と孫の昼食会に割り込みで同席させてもらいま
した。

高校の同窓会

 昨夜は私の母校「大阪府立池田高校」の同窓会組織「承風会」の会長さんと
一席。

 実は先日、突然に「承風会」の副会長さんからどこをどう探したのか分かりま
せんが私宛に電話がかかってきて「監事を請けて下さい。」との依頼がありまし
た。

 一瞬「えーっ。何で私が?」との思いがあったのですが、人選に困っておられ
るようで、お請けすることにしました。

 元々学校指定の正式な同窓会組織なんて大仰なものは苦手ですから、卒業
以来一回も近寄ったこともありません。4年に一度自発的に開催している学年の
同窓会の幹事役なんていう役はしていたのですが、だいたい正式な○○なんて
ものにはあまり近づきたくない性分ですから、まさに青天の霹靂です。

 そんなこんなで承風会の会長から、一度晩飯でも食べてゆっくりと喋りましょう
というお誘いが、たまたま同じアメリカンフットボール部の同級生がその組織の副会長
になっていましたので、彼経由でかかってきたのでご一緒させて頂いたという訳
です。



 元々私の高校の校風は受験勉強にアクセクしない自由闊達を持ち味としたもので
すから、個性的な人間が極めて多いのが特徴です。

 会長も御多分に漏れず御年70歳前後にはとても見えない若々しさ。年寄り臭さ
のかけらもありません。話も面白かったのですが、飲み方が半端ではありません。
のっけから日本酒をバンバンと傾け合うアグレッシブな飲み会でした。あれはほとんど
大学生のノリに近い飲み方です。

 会長は柔道部のOBらしく、誘われた私たち2名はアメリカンフットボール部のOB。小賢
しい理屈を抜きにした飲み会になりました。

 本当は物凄く偉い人なんでしょうが、気を使って頂きグイグイと飲みながら堅苦し
い礼儀抜きの無礼講といった塩梅。楽しかったです。

 聞けば前会長なんぞは御年80歳超にもかかわらず、現会長の飲みっぷりなん
て足元にも及ばない豪傑らしいです。最近の老人は元気だと言いますが、もはや
元気なんていう言葉では事態を正確に表現することは難しいのではなかろうかと
思います。

 浴びるように飲んで、バッタリと倒れて飲み会終了。そんな感じでした。



 それにしても、お互いに若くないんやからもうちょっと体を労わらんとあかんなあっ
てな感じの一晩でした。

 お蔭さんで今日は一日ドンヨリ気分で仕事でした。ますますもって若い時からちっ
とも調整という素敵な言葉を学ばずに来たオッサン3人の集まりでした。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR