FC2ブログ

S先生の講演

 今日は午前中はNPO法人の決算書の引き渡しと今後の業務についての打ち合
わせ。

 昼一から某上場企業の取締役会に非常勤監査役として出席。

 バタバタと予定に追われながら、10分ちょっと遅れてTKC近畿大阪会のシステム委員
会主催の静岡のS先生を招いて実施している「会計事務所の業務品質と経営効率
向上を実現するためには」の講演に出席しました。

 私の所管委員会が主催する講演会ですから、どうしたって気を遣います。

 講演の内容はS先生ですからなんの心配もないのですが、出席者が思ったように
集まるかとか当日の段取りがどうなるのかといういったことが頭を駆け巡ります。直
接的なハンドリングは委員長を始めとした委員会のメンバーが動いてくれていますから、
私がガサガサ動くといけないと思いますが、想定外の状況になると私の出番になりま
す。

 今日は、終盤で講演に使っているパソコンの調子が悪く10分程度講演が中断するア
クシデントがありましたが、さすがSさんの落ち着いた対応で大過なくクリアできましたの
で、裏方でオロオロすることはありませんでした。

 講演の終わりに当たって挨拶をして私の出番はお終い。



 そのままシステム委員会のメンバーとS先生を囲んで夕食会。さらには2次会、3次会と
ぬかるみの世界へ。日付が変わってからの帰宅になりました。



 いつも感じることですが、全国のシャープで元気な先生方の実体験を交えた各種の
講演はその人の業務ノウハウの公開であり、何物にも代えがたい値打ちのあるものだ
と思います。本当に感謝に耐えません。



 今朝は幾分昨夜のアルコールが残っています。ちとしんどいですが、今からアメリカンフッ
トボールの練習です。大量に汗をかいてアルコールを体外に出してスッキリしてこようと思っ
ています。

事務所見学

 昨夜は、講演会が終わってからS税理士とT税理士が二人で我が事務所の見学
に来られました。

 日頃から見知ってはいたのですが、じっくりと話をする機会が無い30歳代半ばの
若手の先生方でした。50歳オーバーのいささか疲れ気味の私には、フレッシュな方々で、
それだけで元気が貰える気がします。

 一時間ほど事務所を見学(そんなに見学に時間をかけるほど広くはありませんが。
応接間で話をしていました。)して、それから居酒屋へ。

 22時半まで事務所の経営についてあれこれと喋らせてもらいました。

 先生方の問題意識もしっかりと絞られており、私の方が勉強になりました。そもそ
もいろいろとお聞きしたいという申し出で始まった見学会でしたが、結局勉強させて
もらったのは私の方で、ミイラ取りがミイラで申し訳ないような気がしました。

 気分良く喋り続けて、すっかり元気を貰って帰ったのですが、完全な独り善がりの
見学会になってしまい、見学に来られたS先生、T先生の感想が気になります。

 Sさん、Tさん、怒らんといてね。

講演会

 昨日は某上場企業主催の経営セミナー講師として、14時から講演をしました。

 テーマは「経営計画の作成について」。

 TKC近畿大阪会の専務理事という立場でいろいろな金融機関の役員や支店長
さんを前に多少の内容の差はあるものの、大同小異な内容を講演してきています
ので、内容については話慣れたものでした。

 一生懸命に話ができたと思っています。



 その講演で私が感心したのは、その上場企業の幹部の方と密接な関係を築い
て、この講演にも自らの顧客を多数紹介されて、講演会場でそのお客さんに熱心
に挨拶を繰り返されていた行政書士さんや、講演後に幹部の方とお茶を飲んでい
る場に参加された社会保険労務士さんの営業熱心さです。

 非常にスマートな雰囲気で、関係性を強める動作をスッと実行されていました。



 私の事務所は、今まで営業的にはまずまず順調に拡大をしてきましたので、決
して営業的に下手糞な事務所ではないと思っています。事実直近の1年間で17~
18件の顧客拡大ができていますので、自分なりには立派な事だと評価しています。

 が、それもこれも税理士業界という無償独占市場の閉鎖空間で営業させてもらっ
ているからのような気がします。

 私が思っている営業は単に目先のお客さんに対して一生懸命に対応するだけ(非
常に重要な事ですが。)で、それが次にどのように繋がってどう転んでいくのかとい
う戦略性の無い稚拙な動きのように思います。それが私の持ち味とも言えますが、
50歳を超えたオッチャンなんだからもう少しいろいろと器用に動けるようになってもいい
ような...。

いつまでたっても社会に出たての新入社員の全力投球スタイルの営業ではなあ...。

 最近、他でも他の士業の先生方のアグレッシブな営業を目にすることがあり、自分も
あんな風にスマートな身のこなしで...なんて思うことが多くなってきました。

 まだまだ人脈の構築、営業ルートの確立なんてことを勉強しなければと思ってしま
います。死ぬまで勉強です。

ハナミズキ満開

ハナミズキ(ダウンサイズ) H24/4/25
我が家のハナミズキ、満開です。

 家を建てた時に、庭のシンボルツリーとして植えたのですが、他の木々が順調にたくましく育っていく中、何故かこのハナミスキだけはか細いままです。

 土が合わないのか肥料で何か足りないものがあるのか???です。

 幹が太くならず、花も幾分寂しげ。どうしたんだろうと思います。

 最近めっきりポカポカ陽気な日が増えてきましたが、この満開のハナミズキを観る度にちょっと気掛かりな気分になります。

 庭の芝生も新芽が出てきましたので、もうちょっとしたら青々し色になって、目を楽しませてくれる頃合いになりますが、画龍点睛を欠くっていう気分で眺めています。

ちょっと一息

 今日は珍しく予定が2件だけ。

 財団法人の監査補助業務の仕事と神戸のグループ企業の月次ベースでの経営相談
です。

 神戸の案件が19時過ぎからですから自宅に戻るのが22時から23時頃になるのが
ちょっと辛いところですが、社長さんの都合でこの時間帯しか会えませんのでこれは
致し方ないところ。



 午前中は時間が空きますので、NPO法人の決算についての打ち合わせと明日の講
演の最終確認なんかをして、とにかく今の仕事の状況を落ち着かそうと思っています。

 いよいよゴールデンウィークですが、その前にひと段落できる仕事は全て決着をつけて、
落ち着いて連休に臨みたいと願っています。
 

今日の予定

 朝起きて今日の予定を整理しています。

 朝一で某地銀の方が事務所に来られるので対応。

 さらに昨日のNPO法人の業務処理の方向性とポイントを担当のスタッフと打ち合わ
せ。

 そのまま11時から神戸でお客さんのところでスタッフが調べてくれた事項を基に
現状の問題点や今後の予算や経営計画について相談です。

 13時半に江坂駅で講演資料の受け渡しを行ってから、引き続いて財団法人の
監査補助業務。

 17時頃に先方を切り上げて事務所に戻ってきて、浜松からわざわざ事務所を
訪ねてこられる(別件で大阪に来られるそうです。昨夜連絡が入りましたのでスケ
ジュール調整しました。)社長さんと喫緊の諸問題を話しながら会食。

 

 どれひとつとっても個々のお客さんから見れば重要事案ですから、ポカが無い
ように気を付けながら真面目に対応していきたいと思っています。



 でもあの社長ともはなしをしなきゃあなあとか、あそこの会社にそろそろ顔を出し
てこの話をしなければとか気になることは山積み。スタッフが個々に担当してくれて
頑張って対応してくれているのでその報告を読み、対処策を事務所で相談して対
応をつねに行っていますが、やっぱりお客さんは人間ですから所長が直接顔を合
わせてしっかりとした対応をすることも重要です。

 事務所の規模が大きくなってくると、必然的に起こってくるジレンマです。スタッフが職
業会計人としてどんどんと成長して私に成り代わってお客さんの信頼を直接的に獲
得してくれるようになる(今でもかなりの程度は信頼を得ているのですが。)ことを望
んでいます。

”あ~忙しい”の一日

 昨日は終日バタバタでした。

 立ち上がりは週末に入っていた電話連絡のキャッチアップ。スケジュール調整が結構
たいへんでした。



 10時からは相続税の意見聴取で豊能税務署へ。

 書面添付を付けていたので、直接の税務調査ではなくてまず事前の意見聴取
から始まります。調査官の方もかなり好意的に対応して頂きました。

 結構、微妙な判断の広大地の評価や自社株評価、その他の問題になりそうな
テーマがありましたのでその意見交換をしてとりあえずはひと段落です。

 つい最近、税務調査がここ数年間無いなあと言っていたら案の定税務調査の
声が掛かりました。やっぱり税務調査が無いと言ってしまうと税務調査が入って
くる法則ってあるのかしらと思います。



 午後からは財団法人の監査補助業務。

 このブログにも何度か書いていますが、監査調書の体系を作っている最中です。
お客さんのところで16時半まで頑張って、次のアポイントが大急ぎで事務所に戻っ
てきました。



 17時からはNPO法人さんの相談です。

 社会貢献の意図でNPO法人を作って頑張って活動を展開されているのですが、
組織運営や経理業務の経験が無く、NPO法人の第1期の決算を苦労されていま
す。

 半月前の税理士会豊能支部が実施している無料の税務相談会(豊能支部所
属の税理士が輪番で相談員を務めています。1年に一度くらいの割合で回って
きます。)で相談に来られたのですが、すでに4~5回は同じ無料の税務相談会
に来られていて埒が明かない様子でしたので、ボランティアで事務所で個別に指導
をすることとしました。

 一生懸命に経理処理をされているのですが、簿記の知識が無くて単式簿記で
決算書まで作られているので、複式簿記との差を原因とする細かな誤りが目に
付きます。

 ひとつひとつの誤りを説明しているとまるで簿記の教室のようになってしまうの
で、一度会計ソフトでうちの事務所が年間分の取引を仕訳処理して決算書を作成
して、次年度以降はその会計処理を見ながら会計処理をして頂くこととなりました。

 年間分の取引を仕訳処理する必要が生じましたが、600仕訳程度ですから月間
50仕訳。多い量ではないので何とかそのNPO法人さんの業務上のいい教科書に
なるようにしておいてあげたいと思っています。総会が4月30日に開催される予定
ですから、29日までにきっちりとした決算書や経理業務の体制を確立しておかね
ばなりませんから時間的にはタイトですが。

 私たちは営利を目的として業を行っていますので適正報酬を頂くのは極めて当
たり前の行為だと思っていますが、今回の場合は社会貢献を旨としたNPO法人さ
んであり、自律的な経理処理を志向して真面目に経理業務に取り組んでおられた
けれども簿記の知識が無く混乱されていただけであり他者依存の傾向が薄い事、
年間の取引量が少ない事、NPO法人自体があまり収益をあげられておらずさらに
はそこで働く方々も極めて少額の報酬しかとっておられない事などを鑑みて、うち
の事務所のボランティア活動の一環として無報酬でご支援させてもらうこととしました。

 こういった事例が複数になるとできない事ですが、事務所の規模に合わせた範囲
であればトライをしてもいいのかなと思っています。



 夜は昨日電送した講演原稿が着いていないという連絡に対応。要は添付ファイルが
大きすぎて遅れなかったようなのでファイルを分割して再電送しただけなのですが。
これが結構手間を取りました。

 さらにさっきのNPO法人の会計処理の初期設定と期初の取引の仕訳のテスト入力。



 まだまだやることはいっぱいですが、昨日はここまで。ひとつひとつの仕事にまと
まった時間で対応できればありがたいのですが、それぞれの仕事に期限がありま
すし、飛び込みの仕事もあるのでどうしても細切れ時間を上手くバランスさせて乗り切っ
ていかねば仕方がありません。自分一人でする仕事ではなく相手があっての仕事
ですから宿命的な忙しさになるんだろうなあと思います。
 
 

人事評価制度の確立への取り組み

 夕方からは事務所の人事評価資料の作成です。

 「成長シート」を作成して、これに基づいて人事評価したものをベースにスタッフと面談
を行う事になっていたのですが、延び延びになっていたのでこの辺りで最終的に
「成長シート」に手を入れて完成させて、さらにスタッフ各人の人事評価を完成させてし
まいます。

 すでに概ねは出来上がっていて残り1~2割方、手を入れればいいところまで来
ていますから、できれば今晩中に仕上げてしまいたいと思っています。



 「成長シート」はスタッフに対して事務所が期待している成長すべき道筋を個別具体的
に指し示し、好き嫌い評価に偏りがちな人事評価に少しでも客観性をもたせる意味
があります。

 人事評価においてはなかなか好き嫌いの要素を排除しづらく、「成長シート」を導入
したからと言ってもいろいろと屁理屈をつけて採点を行えば何らの意味も無い事に
なってしまうという限界がありますが、それでも高所の判断で前向きに活用すれば
客観性を持たせた評価が可能になっていくように思います。

 しかし私が成長シートに期待しているのは、むしろ事務所が期待する成長すべき道
筋を個別具体的に指し示し、それに基づいて個別面談を四半期に一回程度行って
いく事で、それぞれのスタッフとしっかりと意思疎通をする機会が増えるので、人事評
価特有の曖昧さが多少でも低減し、所長とスタッフの相互理解が進むきっかけになれ
ばいいと思っています。



 それにしても新たな試みにトライしていくには事前の準備がたいへんです。

 この部分は今の事務所の現状では所長が頑張って実施するしか他は無く、真正
面からしっかりと取り組んで行かねばと思っています。

さらにもうひとつ解決

 昼食後からとりかかった財団法人の監査補助業務のチェックリストと監査計画は
とりあえず完成。

 とりあえずは明日、お客さんの所の事務局長とこの叩き台で打合せができる
状況までもってこれました。

 後は、監査調書の体系作り。監査法人勤務の時には後は任したの一声です
べては終わったのだけれど、税理士事務所じゃあ監査調書なんて作った事が
無いので「いろは」の「い」から手取り足取り教えて行かねばなりません。

 まずは今年の監査は部分的に手伝ってもらうにしても私が行い、次年度以降
で何とかスタッフが見よう見真似でトレースができる状況を作り込んでおく必要があり
ます。

 時間が足りないけど山のようにやる事があって、本当に苦しいですけど今年に
しっかりとベースを作っておくと来年以降が楽にもなりますし、監査の精度も上が
りますから手を抜けません。

 今日の所はこのあたりでいいところまで来ましたが、明日からも激戦が続きま
す。




 

来週のスケジュール調整

 先ほど来週のスケジュール調整をしている時に、この週末に電話が入って反応
できなかった連絡先の伝言を見ていたら、週明けに3件も挨拶や相談の依頼
がありました。

 それぞれ日時を指定してこられているのですが、爆発です。

 いろいろと必要だと思って声を掛けてきて頂くありがたさとスケジュールの爆発
が紙一重の所にあってたいへんです。

 伝言を眺めていて、最初は気が遠くなり、次にこれをいかに調整するかとい
う一点で頭が動き出し、今は何とか調整しきれそうだと思いなおして一安心し
ています。

 自分のスケジュールを自分のペースで管理運用することが必要な筈なのですが、
どうも現実の動きに引きずられて、自分自身で考えているオリジナルな動きが加
速できず苦しいなあと思います。

 この辺りのハンドリングが上手な人も多数おられると思いますが、羨ましい限り
です。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR