FC2ブログ

夕方はプール

 17時前から近所の池田市民プールへ。

 小雨が降り出していましたが、傘を差してブラブラと散歩がてら。

 宮古島トライアスロン大会に向けてそこそこ4月中旬までは泳いでいましたが、まさ
かの受付失格でなんか気が抜けたようになっていましたので、ここ半月は全く泳
いでいませんでした。

 差し迫って何か大会の目標がある訳でもないので、タボンタボンとゆっくり休みな
がら泳ぎましたが気が抜けているだけにしんどい。

 結局200m、100m、50m×3の合計450mだけ泳いで終了。

 とりあえず泳がないよりマシ程度の軽い練習です。
スポンサーサイト

ゆっくり、のんびり

 今日は、朝からのんびりムードです。

 ここ数日分のブログを書いて、宮古島から届いたロードバイクを始めとした荷物をダラダラと片付けて...。

 ハナミズキと「ケン」 H24/4/30
 昼から高曇りで、風が気持ち良かったので芝生の庭にキャンピングチェアを出してのんびり。ケンが周りを走り回っています。

 庭でのんびり寝転がって...なんてよく考えたらこの家を建てて5~6年になりますが初めてです。

 あ~、極楽、極楽。








芍薬 H24/4/30
 ふと見ると芍薬の花が綺麗に満開。

 昨年より花の量が減っていますが、これは株分けをして玄関横の花壇に持って行ったから。

 写真では、なかなかこの美しさが伝えきれないのが残念です。

 毎年、ゴールデンウィーク時期の楽しみのひとつです。





 夕方から家族で映画館に封切直後の「テルマエロマエ」を見に行こうかという話になっています。

 その前に池田市民プールに行ってひと泳ぎでもしてこようかボンヤリ思案中。

 こんな脳味噌が耳の穴から垂れてきそうな緊張感の無さが心地良いです。

日曜日の夜 リラックス

 日曜日の夜は家族で夕食と思ったら、長女は友達と池田の居酒屋で一杯飲
むって話で出て行きました。さっきまで柳生街道マラニックで25㎞を走ってきたの
に元気な話です。

 大学生ですが、きっと今は楽しくて仕方が無い時期なんでしょう。

 ってことで嫁さんと次女の3人で、夕食を作るのもしんどいので近所の食事処
で夕食です。さすがに今晩はアルコールは抜きました(元々そんなにアルコールは飲ま
ないのに。)。

 25㎞走った疲れも心地良く、真面目に作られた食事を頂き、幸せな事です。

 何より幸せなのは、明日も明後日も休みってこと。5月6日まで仕事を休みに
しましたから、完全にリラックスです。

 多分連休の後半には事務所に出て、それ以降の仕事の準備などを始めなけ
ればならなくなりますが、それもまだ3~4日後の話です。

 切れたパンツのゴムのような心境で居れる幸せ。最高です。

 

柳生街道マラニック⑤

 柳生の里から今度は笠置山を目指して皆でランニング。

 平坦路なら楽なのですが、ゴルフ場手前から延々と登り。メンバーが淡々と一定のペースで走り続けるので、否応なく走りましたが、もう太腿が完全にアウトでした。

 笠置山の頂上部で嫁さんを待ちましたが、何とか歩きながらゴール。そんなに10分も20分も待つことがありませんでしたから、まずまず頑張って当初の目標を延長して走って良かったということです。
笠置寺山門 H24/4/29
 これは終着の笠置寺の山門。

 ここは鎌倉時代末期に後醍醐天皇が籠って鎌倉幕府に抵抗したことで有名な場所。

 南朝ファンの私としても見逃せないところですが、今日はゆっくり見ている暇はありません。

 ちょっと休憩して、後はJR笠置駅までひたすら山道を下ります。この下り道が結構な急坂ですが、体重の重たい私は重力に身を任せて転げ落ちるように降りていけるので楽なところ。



 今日は奈良の市街地から柳生の里を経由して笠置まで25㎞。距離にしたら短いのですが、アップダウンが激しかったので、結構負荷の高いコースでした。

 体調が悪い中をかなり無理をして走ったのですが、後半から尻上がりに体調も回復し私にとっては(脚は駄目なままでしたが。)、リハビリっぽいマラニックになりました。

 まあ、いろいろとありましたが楽しく走れたマラニック。毎度のことですが、この交流会を企画して頂いているAさん、Hさん、この度もありがとうございました。

 

柳生街道マラニック④

疱瘡地蔵 H24/4/29
 さらに柳生の里を走ると疱瘡地蔵。疱瘡治癒を願って作られたのでしょうが、借金棒引きをうたった徳政一揆の銘文が入っているようで、それもまた興味をそそられます。文面はとても読めませんが。

 そう言えば今の世の中でも、リーマンショック直後に亀井大臣から金融円滑化法が発せられましたよね。借金棒引きではなくて返済期限の延長の方ですが。いつの時代も借金は借りた人の頭を悩ませるものです。

 私も金融円滑化法の事後処理を金融機関と一緒になって経営改善計画を立てたりしていますが、いつの世も同じだなあって思いました。

一刀石 H24/4/29
 これは一刀石。この直前の登りはきつかった。

 もう完全に太腿が悲鳴を上げていました。

 この天乃石立神社の辺りは何となく神々しい厳粛な雰囲気がありました。








天乃石立神社 ご神体 H24/4/29
 これも同じく天乃石立神社。

 前立石と中立石。天照大御神の天岩戸を開けた時、飛んできた扉だそうです。

 写真ではとらえ切れませんが、とても不思議な造形です。








芳徳寺山門 H24/4/29
 芳徳寺です。

 柳生一族の菩提寺です。綺麗に手入れがされていました。

 元々は柳生氏の山砦だったようで、四方に切れ落ちた崖、頂上部の土塁跡など山城の特徴がはっきりと残っていました。上に建てられた綺麗なお寺の建築物というよりは、その基礎の土木建築部分に地方の小豪族の小規模な城塞の雰囲気が楽しめました。





芳徳寺境内 H24/4/29
 お寺の境内です。綺麗に手入れをされています。





  







家老小山田主鈴屋敷 H24/4/29
 柳生の里の代表的な観光スポットの柳生藩家老屋敷跡。小山田主鈴の旧邸宅ですが、山岡宗八が買い取って、ここで「春の坂道」などを書いたそうです。ちょっとした城塞ですよね。

 今は奈良市に寄贈されて観光スポットになっています。



 





家老小山田主鈴長門門 H24/4/29
 同じく家老屋敷の長門門前でパチリ。

 我が家だったら、この門だけで用が済んでしまいそうです。

柳生街道マラニック③

田園越しに柳生の集落を見る H24/4/29
 円成寺から下り主体の道。

 田園の中、山林の中を気持ち良く走ります。

 写真は田んぼ越しにみる柳生の集落。正しい日本の田舎って感じの風景が続きます。暑いのですが、日陰に入るとちょっと涼しい。まだ湿気が無いのが救いです。







夜支布山口神社鳥居 H24/4/29
 しばらくいくと夜支布山口神社です。「夜支布」と書いて「やぎう」と読みます。これは読めませんよね。

 こういうのをさりげなく読めるとちょっとインテリッぽいんですが...。









夜支布山口神社説明板 H24/4/29
 神社の説明板です。

 確かに「やぎう」って書いてありますよね。











夜支布山口神社ご神体の磐座 H24/4/29
 もう一発、夜支布山口神社絡みで。

 これは神社のご神体の磐座です。

 日本人はこういったちょっと特徴的な岩や滝や山を見て、そこに神の存在を感じたんですね。私も同じ日本人。ちょっと厳かな感じがして、こういった磐座を祭った古代人の心情が何となく理解できるような気がします。

柳生街道マラニック②

峠の茶屋から棚田の間を走る H24/4/29
 峠の茶屋から少し集落の中を突っ切って棚田の中を走っているところです。

 さすがにもう二日酔いの影響も完全に消えて、気分は普通に。

 天気も良く(っていうかちょっと暑い。)、田んぼの中をジョグスピードで走り抜けていくのは気分爽快です。






茶畑の石仏 H24/4/29
 少し走ると茶畑の上の方にお地蔵さんが。

 綺麗に刈り込まれた茶畑の中にポツンと立つお地蔵様。のどかな雰囲気でいい感じです。










円成寺楼門 H24/4/29
 茶畑からさらに下り主体の道をダラダラと走ると中間点の円成寺です。

 拝観料も払わず、門の外からパチリ。

 ここで昼食。奈良から背負ってきたおにぎりをパクつきます。

 ここで近鉄奈良駅からの距離は12㎞ちょっと。アップダウンが厳しくて距離以上にダメージが激しいコースです。

 一緒に走ってきた長女は快調そうでしたが、嫁さんがここで走るのを止めてバスに乗るかこのまま走り続けるのかハムレットの心境で悩んでいました。当初予定ではここまでということでした。が、みんなの勢いに引っ張られて...。

 結局、思い切って後半の13㎞も走ることになりました。すでに体力的にはアップアップな感じですが、大丈夫でしょうか? 皆に迷惑を掛けないか心配なところです。

柳生街道マラニック

 連休2日目は、いつもの伏見ランニング交流会のメンバーと奈良から柳生街道(滝坂の道)を通って柳生の里を経て笠置寺までの25㎞をランニングです。

 昨夜は池田高校31期生の学年同窓会。最近4日連続の午前様になっていて体調が悪くて(二日酔いが抜けなくて)、尚且つ昨日の朝のアメリカンフットボールの練習で太腿裏を始めとして激しい筋肉痛もあったりして、とても走れるような状
態になく休ませてもらおうかとかなり迷ったのですが、結局は出席することに。

 かなりアップダウンの激しいコースを25㎞ですから、体調が大丈夫なのか、そもそも太腿がもつのか不安でしたが、エイヤーで出席でした。

 近鉄奈良駅に集合して、春日大社横から滝坂道に入り、延々の登りです。
 朝日観音 H24/4/29
 写真は林道の登り道の途中にある「朝日観音}です。崖面の岩に観音様が彫ってあるようですが、とても私にはじっくり観ている余裕が無くてアップアップの状態でした。この辺りが脚も痛くて、思うように動かず、昨夜のアルコールも抜けずで何度かリタイアも考えながら...。

 でも今日は嫁さんと長女の3人で参加ですから、父親のメンツ(どんなメンツや?)もあって意地でもリタイアはしたくないし...。

 結局頑張り続けました。





地獄谷石窟仏 H24/4/29
 これは「地獄谷石窟仏」です。奈良駅から6㎞程登り主体の道をやってきたところです。

 さすがにこの辺りになってくるとアルコールも汗で抜けたのか、しんどさもましになってきました。っていうか感覚が麻痺して分からなくなってきているだけかもしれませんが。

 脚が思うように動いてくれないのも、もう慣れっこになってきて、とうとう最後まで誤魔化しながら走ることに。

 歳をとると自分を誤魔化すっていう技術に長けてくるもんです。


峠の茶屋 H24/4/29
 登りらしい登りが終わって、山林が切れると峠の茶屋です。

 本当にポツンと現れます。

 ここで皆で草餅を頂きました。我が家3人はワラビ餅まで。こんなけ食べていればいくら走っても痩せる訳もありません。

 休憩をしながら、メニューにあるうどんやお餅などの茶菓の値段を見て、いったいこれでどうして経営が成り立つのか採算を考えてしまう悲しい性。休みの日くらい、経営云々の話は忘れなさい!



学年同窓会

 連休初日はアメリカンフットボールの練習に引き続いて高校の学年同窓会。

 4年毎のオリンピックイヤーに開催しているのですが、今年も100名弱の参加者で盛況
でした。

 もう前回辺りからお互いに白髪或いは禿頭、肥満に皺だらけって感じなってきまし
た。

 でも不思議なものですが、お互いに喋っていると30年の年月を飛び越えて高校時
代の気分に逆戻りです。まあ、いいもんです。

 メンバーは毎回似たようなメンバーが集まり、特段のサプライズがある訳でもありません
(当たり前です。)が、こうして当時の同級生の1/4のメンバーが50歳を超えても4年に
一度の恒例行事ということでワイワイと集まって笑っているのは幸せな事だとつくづく思
います。

 まあ、たまたま自分もこんな仲のいい学年のメンバーの独りであったことに感謝です。



 同窓会が終わってからも1次会、2次会...と夜なべの話が続きます。

 私も今までは酒席においては必ず最後まで参加することを旨としていましたが、さ
すがに4連チャンの午前様が続き2次会で完全に疲れてしまい、早退させてもらったの
が無念です。

 これも歳を取ったということなのでしょうか。

アメリカンフットボールの練習

 連休初日の今日は、朝一でアメリカンフットボールの練習に池田高校へ。

 5月3日に池田高校OBユニットを組んで、大阪選抜チームとして兵庫選抜チームと戦う
ので、その際のアサイメントの確認です。

 35歳以上の部で戦うのですが、池田高校OBユニットは基本的に50歳前後のメンバー
が過半を占めるロートルチームです。以前は何気なくできたプレーが、今は最新の注意
でトライしても結構無残な失敗になったりして、どんくさい自分になっていくのを感じ
ながらのプレーになるので、ちょっと寂しい気持ちがしたりします。

 まあ、51歳ですから正常進化だと前向きに受け止めてプレーを楽しむ(実際には
苦しんでいますが。)ことにしています。

 もう池田高校ユニットで毎年5~6回は出場を続けてきましたが、年々プレーの切れ
が悪くなっています(元々キレが無かったとの声もあり。)ので、今年はひとつ観客
が目を奪われるようなスーパープレーをひとつふたつはさめればなあと皆で喋ってい
ますがどうなりますことやら。

 現役の頃の練習に比べて7~8割方負荷の低い練習でしたが、1時間半のトレーニ
ングの結果、両足の太もも裏の筋肉にハリを感じますし、腰が痛い。

 驚くほど体が弱くなりました。

 普段はランニングやドーロレーサー或いはスイムのトレーニングをしていますが、アメリカンフット
ボールのような瞬発的な筋肉の使い方はここ30年していませんので、負荷に筋肉
が堪えかねているのだと思います。

 イメージの中では、目の覚めるようなキレのあるプレーをしている自分があるのです
が、イメージ通りに動こうとすると体を傷めそうな感じがします。まあ年齢なりにほど
ほどに労わって試合ができればと思っています。



 自分たちの練習が終わってから現役選手の練習をしばらく見ていましたが、基
本は一緒なんでしょうが随分と様変わりです。一人一人は挨拶もちゃんとできて
好青年ですが、かつてと随分雰囲気が違います。

 昔のような厳しい雰囲気もなく、結構和気藹々と言った感じです。何が良いのか
は現役世代が判断することで、30年も前に引退した世代が口をはさむことではあ
りませんが、時代が変わったんだなあとしみじみと思いました。

 いずれにしても現役世代にエールを送りたい気持ちでいっぱいになりました。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR