FC2ブログ

成分献血

 昨日は某上場会社の取締役会に出席して、夕方税理士のNさんと会う
まで2時間半ほど梅田で時間が空きました。往復60分かけて事務所にいっ
たん戻ってデスクワークという選択肢もあったのですが、かねてより2回ブロック
されていた成分献血にトライすることとしました。

 場所は梅田グランドビル25階の献血ルーム。目の前に観覧車が見えて本当
に見晴らしの良い場所です。

 このブログにもその都度書いていましたが、1回目は海外旅行(事務所の
慰安旅行で台湾へ。)から戻って4週間以内でしたのでアウト。

 2回目は初めて成分献血をする際には、お医者さんの問診と血液検査、
さらには心電図の検査が必要になるようなのですが、kの心電図検査の結
果で心筋梗塞を疑われまさかのアウトです。

 今回はバッチシ池田の循環器科で検査をしてもらって心筋梗塞ではないと
言う旨の診断書を持参していましたので、事前の検査もクリアできました。そ
れにしても私の心電図の波形はよっぽど個性的なんでしょう。困ったことで
す。

 成分献血自体は血を抜いて血小板と血漿だけを取り出して、残りの赤血
球部分を再び体内に戻すというもので、献血の受付から始まって全てが終
了するまで概ね1時間半くらいかかるものです。

 成分献血中はベッドで寝転んで雑誌を眺めているだけ。看護婦さんもやさ
しくて、冷房の効きも快適で時間潰しには最適な環境です。

 まあ、この献血ってもんは自分の体が元気なうちでしかできませんし、どこ
をどう間違って考え込んでも善い事には違いがありませんから、なんだかちょっ
といいことをした感が感じられて好きです。

 唯一、あの注射針のチクリとする感覚だけは何度やっても慣れませんが。

 通常の400ml献血だと次回の献血は3ヶ月空ける必要がありますが、成分
献血だと2週間後にはもう献血可能ですから、献血の回数も増えそうです。

 献血ルームの帰り際に成分献血ポイントキャンペーンカードなるものをもらいました。
要は成分献血を一回するごとに判子が貰えるというものですが、こういうカー
ドを貰うと妙に判子を集めないと何だか駄目な気がしてきます。どうやら有効
期限の平成26年7月29日までに3,10,20,30回目にそれぞれ記念品が貰えるそ
うでちょっとした楽しみです。

昨日一日

 朝から某上場企業グループの連結納税のコンサルティングに神戸へ。

 今次の税制改正と連結納税ソフトウエアのバージョンアップの説明です。連結納税
自体を普段はあまり触りませんし、何せ企業グループがとてつもなく大きなもの
で私の方にも戸惑いがありますが、与えられた任務を粛々とこなすしかありま
せん。



 いったん事務所に戻り、昼一に江坂のTKC大阪SCGセンターで某都銀さんと共
同で行っている経営改善計画作成支援についての個別相談プロジェクトの説明
会(ぐんとパワーアップをして枠を拡大する節目でした。)を開催しました。

 私は企画者側で、今回は11名の一定の資格要件を満たした先生方に参加意
思表明を頂き、そのうちの7名の先生に出席頂きました。

 まずは某都銀さん側から、このプロジェクトの位置付け、現状、課題、注意事項
などの説明をしてもらい、その後の小一時間を私の方からこの半年強の期間で
4件ほど行ってきた個別相談事例を基に、税理士の立場でどのような点を気を
つけて取り組めば良いのかということについて説明しました。

 やはり同じ会議でも参加者として出席している場合と企画者として出席する場
合とでは緊張感が異なります。



 14時からは同じ場所でTKC近畿大阪会の常務理事会。

 何点か私の方からも報告事項がありました。この7月から会長も変わって新体
制となった一回目の会議で、まだ何となくしっくりと落ち着いた感がありません。

 まあ、おいおいこれからの仕切りで落ち着き感を出していかねばなあと思いま
す。


 18時からは江坂で懇親会。

 20時半頃にお開きになり、珍しくそのまま自宅に戻って22時頃にはベッドに寝転
がって「真田太平記」の世界へ。文庫本全12巻ですから、面白いのですがなかな
か読み終わりません。今は第5巻。寝る前のささやかな楽しみです。

終日監査

 昨夜は結構飲んだので朝のランニングは無し。何となく気だるい朝になりま
した。

 10時から昨日に引き続き財団法人の監査業務で事務所のスタッフを2名引
き連れて仕事をしています。

 今年一年監査を継続していく基礎的なパターンが何となく確立できそうな感
じになってきました。

 それぞれが一生懸命にやった監査手続きを監査調書に取りまとめる体系
を確立して...。あと3時間ほどで今回の第一回目の期中往査が終わりま
すが、もうひと頑張りです。



 お客さんが江坂にあることを幸いとして、昼前に小一時間ほど抜け出して
TKC近畿大阪会の事務局へ行って、明日の金融機関との経営改善計画作
成支援のための個別相談メンバーとの打合せ会議の打合せ、某地銀さんと
TKC近畿大阪会のそれぞれの支部との金融交流会開催の為の下打ち合わ
せ、そして私が所管しているシステム委員会、巡回監査・事務所経営委員会、
中小企業支援委員会の調整会議の下打ち合わせをK事務局長と。

 最近TKC関係の打合せも多岐に渡って、頭がついて行かなくなってます。

 それにしても片道10分くらいの炎天下の歩行が辛い。暑い、暑い。

TKCの中小企業支援委員会

 夕方からはTKC近畿大阪会で専務理事という役職を貰ってますから、
その所管委員会である中小企業支援委員会の新年度一発目の委員会
へ参加しました。
 
 とにかく中小企業支援委員会はこの7月に旧のTKK業務推進委員会
と創業経営革新委員会が合併する形が誕生し、それに経営改善計画
支援プロジェクトやなにやの各種プロジェクトまでが相乗りしてきていますか
ら、やることの多いこと。

 パッと見ただけでは頭の整理がつかない複雑さです。

 メンバーも旧の二つの委員会の寄せ集め(表現が悪い?)ですから、そ
もそもこの委員会の旧委員会からの引き継ぎ業務の全貌が分かってい
る人もおらず、そこに新しいプロジェクトの説明をガンガンされても...。

 とにかくそんな雰囲気を少しでも和らげるために、新委員会の全貌を
簡単に整理して説明して、委員の人の頭の中に新委員会のMAPを作っ
て貰うことが肝要と心得て説明させてもらいました。

 しばらく新委員会の順調な立ち上げまで相当な力が必要になりそうな
予感がします。



 委員会後の懇親会。さすがに委員全員で12名。そこに新会長や事務
局長、センター長に私まで含めた大所帯ですから賑やかな酒席になりまし
た。

 いろいろと難しいことはあるでしょうが、とにかく活気が大切。

財団法人の監査

 今日、明日の二日間はある財団法人さんの監査業務です。

 ちょっと前に一般認可をとられた際に、財団法人の内部統制を強化
しようということで、監事さんの監査機能を強化する必要から監事さん
に実質的な会計監査の心証を提供するためにすでに顧問関与をして
いたうちの事務所に監査業務の打診があったので請けさせてもらった
お客さんです。

 まずは4月からの会計期間の期中監査を行っていくのですが、監査の
体制を組んで監査調書を作成する必要があるのですが、うちのスタッフも
税務顧問の巡回監査は知っていても会計監査の経験が無いので、上手
く監査スタッフとして機能してもらうために業務の説明をして、監査オレペーショ
ンを理解してもらうことがたいへんです。

 慣れれば既存の巡回監査の知識のかなりの部分を援用できるのです
が、こういった取り組みの初期段階はたいへんです。

 現場では軌道に乗るまでの間、本当にバタバタします。

いつもの箕面周回コースへランニング

 火曜日の朝は、いつもの箕面周回コース 6.4㎞へランニング。

 ちょっと疲れ気味でしたが、意外に体が軽く感じられ(錯覚かもし
れませんが)て快調に走り切りました。

 幸いにも高曇りで、太陽が顔を見せなかったのもGOOD!

 自宅に戻ってきてシャワーをしても、しばらく汗が引きません。扇風
機のスイッチを強にして涼みますが、それでも...。

 仕事に行く前のささやかな寛ぎの時間です。

浜松のお客さん

 月曜日の朝。

 昨夜の深酒が効いて、起床時間が予定ギリギリに。50歳を超えてこん
な飲み方をしていたら体が持たないよと思いながら、急いでホテルを出発
して浜松へ向かいます。

 JR浜松駅で事務所のスタッフを拾って、浜松のお客さんの会社へ入りま
す。

 昨夜の子会社の社長さんもしんどそうな表情(あれだけ飲めばそらしん
どい。)で出迎えてくれました。

 今日は親会社本体の決算予測です。もちろん継続MASで行うのですが、
ここの会社さんのこの類の会議の特徴は、とにかく現場の職長さんがいっ
ぱいその場に参加される(自主的な参加で強制にはしていません。どうし
ても外せない仕事があれば当然のようにそちらの仕事優先です。)ことで
す。今回は会社側から社長を含めて5名参加です。

 3年前に私たちが関与した時には大変な状況に追い込まれていましたが、
1社専属下請けから抜け出して外部の得意先を開拓する(仕事の卸先へ
の遠慮や恐怖感などがない交ぜとなってたいへんなことでした。)ことが上
手くまわり、今では10~20百万円の利益を当たり前のように稼ぎ出せる優
良な会社に変身された会社さんです。

 現場の職人さんの意識変革(既存の考え方と違う事をするのですから簡
単な事ではありませんでした。)、現場のオペレーションが急激に変わっていくこ
とへの不安なんてことが次から次に壁の様に現れて、それをこういった会
議の場で率直に言い合って、ひとつひとつ乗り越えてきました。

 今でも現場の職人さんが完全に現行の経営方針に対応しきれているかと
言うと?で、急激な変化に不適応部分が顕在化してきている部分も目につ
きます。

 それらとコツコツと向き合って、ひとつひとつ潰していくしか無いと思っていま
す。

 こういった過程を経て痛感するのが、会社の改革に重要なのはしっかりと
したビジョンと綿密な計画、そして社長の人間力だと思います。



 結局17時頃に会議を締めて、自宅に戻ったのが20時半。

 1泊2日の巡回監査でしたが、かなり疲れましたが精神的には高揚したいい
時間が過ごせました。

経営改善計画の作成支援の個別相談

 財団法人の監査業務の体制の立ち上げもままならぬのに、昼からは
某都銀さんへ出向いてリスケをしているお客さんの経営改善計画の作成
支援についての個別相談がありましたので、スタッフをそのままそれぞれ
の監査業務を託してその場に残して、急いで移動です。

 夏真っ盛りですから暑いのには参ります。

 13時半からまずは某都銀の担当者と事前の打ち合わせ。

 14時からいよいよ今日の相談者を迎えて個別相談の始まりです。もう
昨冬くらいから4件程度、こういった個別相談を請けて概ね経営改善計
画が出来上がりっていう域にまで3件程度は行けてますから、大きな不
安はありません。

 相談者がどのように感じて、目の前の何時に対して対応して行かれる
のか十人十色ですが、私はその人その人の個性を尊重して金融庁以下
が望む改善方向に舵を切ってもらえるようにアシストしていくのが役割です。

 その場にしゃしゃり出て行って方向感を提示し、具体的な実施方法を指
導することはもちろん重要ですが、本気でそういった事に取り組もうと意思
決定するのは相談者本人さんですからあくまで出過ぎず心の中の機が熟
すタイミングをそっと待つという押したり引いたりの間合いが大事なんだと痛
感します。

 今日も結局すべてが終わったのが16時頃でしたが、とりあえず経営改善
計画なるものを一生懸命に作ってみようという意思決定をしてもらうところま
では何とか行き着きましたので、初期の目的は達成です。

 後日の実際の作成作業でのアドバイスが待っていますが...。大きな宿題
が目の前にブラリとブラ下がりました。

日曜日の夜から仕事開始

 さっきのブログで書いたように、大井川鉄道のSL見物を終えて島田
市のビジネスホテルに16時過ぎに到着。

 大浴場で気持ち良く汗を流して、一服。



 17時にホテルフロントで子会社の社長さんと待ち合わせて、近況について
話し合いました。

 そのまま17時半からは近所の料亭で引き続き仕事の話。

 飲み食いをしながら結局23時過ぎまで(途中一件店を変えて)ひたす
ら会社のマネジメントの話です。

 社員との意見の摺り合わせ方、親会社との意見の調整の仕方、それ
より何より自社の今後の存在価値や経営の方向性の持ち方...。切り
がありません。

 30歳代半ばの社長さんですが、こんな熱さが好きです。



 日曜日の夜はこうして更けてゆきました。

転車台のオペレーション見学

 大井川鉄道は単線の行き止まりですから、蒸気機関車は千頭駅に着くとグルリと180度方向転換する必要があります。

 千頭駅ではその方向転換の様子がつぶさに見学できました。

写真_3
 まずは大勢の作業員の誘導で機関車部分だけ転車台に乗せます。











写真_4
 ちゃんと機関車が転車台に乗ったら、ちょっとびっくりしたのですが4人の作業員が人力で転車台を回します。

 人手がかかるシステムです。思わず蒸気機関車を運用していく人件費コストが気になってしまいます。








写真_5
 もう一息。












写真_6
 これで反転しました。

 時間にしても1分ほど。鮮やかなもんです。

 それにしても4人で方向転換って重たくないんでしょうか。

 一度自分も一緒に回してみたい気がします。





写真_7
 スイッチバックして、ホームで待機している客車と機関車部分の連結完了。

 何となく凄い!









写真_8
 さあ、これから始発の新金谷駅目指して出発準備OKです。

 蒸気機関車の全景ですが、やっぱり何度見ても懐かしい感じでいっぱいです。

 こういった昔の産業機械の動態保存って、コスト的には物凄く割高だとは思うのですが、全国で少しだけでも行っていくべきでしょうねえ。モッサリとした風情がいいなあって思います。

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR