FC2ブログ

危ない! 危ない!

 さっきのブログで、19時位に「今晩は今から1時間ほど仮眠してから事前準備...。」ってな感じで無邪気に書き込んでベッドに入ったのですが、気が付くと翌日の午前2時。

 ビックリ!です。

 その間、全く意識がありませんでした。まさに前後不覚です。

 たまたま午前2時に目が覚めたからいいようなものの、場合によってはこのまま朝まで一気に眠りこけてしまうようなこともあながち不自然な事でも無いだけに、冷や汗もんです。

 危ない! 危ない!



 やっぱりインフルエンザ明けと慣れない形式のセミナー講師ということで、よっぽど疲れてたんでしょう。



 幸いにも、2日目のセミナー準備についてまだ十分に最終の確認や調整に取り組む時間が残されていますので、今からボチボチ取り組んでいきたいと思っています。



 それにしても確定申告も佳境になっているこの時期に、こんなしんどいセミナーの講師を持ち込んでくるセンスって一体なんなんでしょうか? 

 もうフラフラ。
 

研修初日終了

 とりあえず3日連続研修の初日が無事に終了しました。

 今回の「経営力強化支援法認定支援機関のためのコンサルティング実践講座」は特定の職種の方を対象に喋るのではなく、この中小企業支援ネットワークを構成する金融機関、弁護士、税理士、公認会計士、中小企業診断士、他の各種のバッ
クボーンを持った方々が受講生として集まって来られていますので、特定の団体にばかり配慮をしたというようなことが無いようにやっぱり公平性という点で気を使います。

 また業種が異なるので、それぞれの人がどの点の理解が深くて、どの点を苦手としているのかというポイントが掴みにくくて、説明のしどころが作りにくいなあと思います。

 まあ、愚痴っていても仕方がないのですが。



 ただ本日のセミナーでは受講生の方々で睡眠の世界に入ってしまわれる方もなく、とりあえず熱心に聴講頂き、さらに半日のグループワークにおいても熱心に討論をいただき(このグループワークが全く盛り上がらなかったら、半日間が苦痛なものになってしまうためにどうしようかと心配していました。)、感謝しております。

 いい受講生の方に恵まれたという事でしょか? 感謝です。



 とりあえず19時過ぎに自宅に戻って来て、早起きをした分の疲れが出てきたので1時間前後の昼寝(いや夜寝?)をしてから明日の下準備に取り掛かろうと思っています。

 あと2日間のセミナーをなんとか盛り上げて終了させるためにも、事前の準備に抜かりが無いようにと願っているところです。

本日から3日間連続セミナー開始

 今日から3日間連続で「経営力強化支援法認定支援機関のためのコンサルティング実践講座」がいよいよ始まります。

 連日9時開始の17時終了ですから、時間もみっちり。

 また従来の縦割り行政の弊害を乗り越えて初めて実施される中小企業支援策ですから、内閣府や金融庁、中小企業庁の意気込みも強く、この母体となっている中小企業基盤整備機構もかなり力が入っているようです。



 昨夜は23時頃まで調べ物やセミナー当日の構成を考えたりしていましたが、病み上がりの弱った体力を考慮して早目に就寝。

 今朝は4時半から起きて、最後の確認を行っているところです。

 聴講に来られるのが同業の税理士や公認会計士の方を始め、弁護士や中小企業診断士等の士業の方、さらには金融機関の方々ですので今までやってきたいろいろなセミナーの中でも、ちょっと対象者が微妙に違う感じがして、今一どんな感じ?って感じがしています。

 最後の確認をして、後は度胸でドーンと走らにゃあ仕方がないのですが、最終チェックのこのタイミングが一番苦しい瞬間かな?と思います。
 

ヒエ~~~!

 インフルエンザの影響で自宅で仕事2日目。

 幸いにも体の調子は良くって文句無し。言う事なし。



 でも朝から、次から次から問い合わせが入り結局明日からの3連チャンのセミナー準備が出来ず仕舞。

 昼からは新規のお客さんとの最初の面談があったので1時間強外出。

 さらにその後に新規のお客さんのところに届け物の書類を持参して、何個かの相談を受けました。まだまだ契約したててうちの事務所の指導は3月から入れる予定ですから、年一記帳代行スタイルの経理ですから雲を掴むような資料の中から進むべき道を探る不安定なタイミングです。早くうちの事務所主導で全てを仕切りたいし、そうすれば全てがもっと単純化するのに...。悶々とします。



 結局16時過ぎに帰宅。

 再び問い合わせの電話が数本。

 普段は直接私に電話をかけて来ず、担当者で事足りているお客さんたちですが何故か今日は私にばっかり...。

 まるで明日からのセミナー準備で焦りが見え始めている今の状況を分かって焦らしているかのようなタイミングの良さです。単なる思い過ごしですが。



 やっと全てが終息して、テキストを開けれたのが17時半頃。

「おいおい、大丈夫か?」ともう一人の自分が耳元で囁いています。

 とりあえず一度は目を通している内容ですが、自分の中に定着させてスムーズな言葉として紡ぐ作業がいるのですが...。

 さらに明日の進行表を確認して、遅すぎず、早すぎずのペースを設定して...。

 今晩は長い夜になりそうです。
 

 

「ケン」

 今日は夕方にテレビ会議で一時間強ほど外出した他は終日自宅で仕事。

 今一集中力に欠けて、ストレスの溜まる一日でしたが、その横でずっと一緒に居たのが「ケン」です。

 彼にしたら私が日曜日から二日連続して家にいるのが嬉しいらしくて、終始ちょっかいを出してきます。

 ちょっかいを出してこなくなったなと思ってふと見ると昼寝。

 そしてまたちょっかい。

 そして昼寝。

 彼の行動を観察していて思うのですが、一日の大半を睡眠に費やし、残りの時間は遊び。まさに絵に書いたような極道者です。

 私も彼の様になりたいなんて思いもチラホラ。

 

ボロボロじゃ~

 午前中にお客さんになってもらっている友達から質問がありました。

 同業の友人の確定申告上の素朴な質問だったので、メールで丁寧に解答してその友達に転送しといて頂戴みたいな気楽なノリで済ませたのですが...。



 先程、その友人から電話が。

友人 「これ①の答の一部を②にコピペしてるやろ。」

私  「そやで。」

友人 「ほんなら②の部分で一部内容を変えな答えになれへんのとちゃうか?」

私  「?」



 メールを読み返してビックリ。まさに私の注意力欠如の産物で②に関して友人の指摘通りのボロボロの文章になっていました。

 まあ、普段から注意力散漫な私ですが、あんまりにも初歩的で...。

 ちょっと仕事を続けるのが怖くなりました。

 とりあえず友人には「スマン。スマン。」と謝ってメールを送り直しましたが、相当に注意力、集中力の類が欠けている状態になっているようです。

 まあ、とりあえず自分が危ない状態にあるという事が自覚できただけでもマシです
が。



 でも、これは高校からの友人だから思うところをストレートに言ってくれて事なきを得ましたが、お客さんの側にちょっとでも遠慮心があると間違いに気が付かないままに謝る機会もなく縁が切れていく...。怖い話です。

 友達の有難味を感じました。



 

気付けばもうお昼

 今日は水曜日から3日間の予定で始まる「経営力強化支援法認定支援機関のためのコンサルティング実践講座」の下準備を本格的に行う予定だったのですが、朝から事務所の日報承認やスタッフとの打ち合わせ、お客さんからの質問受け付
け、さらには金融機関とのお客さんの件でのやりとりなど(すべて事務所管理システムやメール、電話を通じてですからインフルエンザウイルスは撒き散らしていませんよ。念のために。)に追われて、気付けば正午。

 あまりの時間の流れの速さにビックリです。



 お蔭さんで若干の気怠さは残るものの、さほどに仕事に影響もない様です。

 頑丈な体だけが取り柄ですが、今回だけはその頑丈さに心底感謝です。全くもって両親のお蔭だと思います。



 午後からは、さらに集中力を高めて研修講師モードに突入!


 

平熱に戻りました

 さすがにリレンザは良く効きます。

 昨日の昼前に最初の吸入をして、夕方に2回目の吸入。

 最初の吸入から12時間後には体温が36.2度と、完全に平熱に戻っていました。

 今朝も体温を測ると36.1度。

 体温が戻ったからと言って治った訳ではないらしいのですが、さすがに体はだいぶん楽になりました。

 といってもなんだか気怠い、アンニュイな空気感が漂っていますが...。



 ありがたいことに仕事はボチボチ取り掛かれる状況になりましたので、自宅で今週にフルタイムで3日間連続して行われるセミナーの準備をしようと思っています。

 お客さんに届け物と決算の打ち合わせをしなくてはいけないのですが、届け物についてはマスクをして5分ほどで手早く済ませることで感染リスクをヘッジせんとなあと思っていますし、さらに決算の打ち合わせは幸いにも東京の社長
さんとテレビ会議ですからさすがに感染の心配は無し。

 事務所には寄り付かない事とします。

 スタッフからの業務報告の類はありがたいことにTKCの事務所管理システムのOMSをフル活用していますので、こういう時には安心です。業務日報やイントラネットなどの機能が充実しており、助かります。

インフルエンザの峠は越したかも...

 結局、今日は病院に行った以外は一日中ベッドで過ごしました。

 17時頃までは39度近く熱があって、なんだかフワフワと中を漂うような浮遊感覚の中で過ごしていました。



 夕方に本日2回目のリレンザの吸入をすると熱がどんどんと下がりだし、ただ今37.2度。もう一息で平熱です。

 フラフラ感もかなり解消されてきました。ありがたいことです。



 朝ご飯と昼ご飯の時の嫁さんとの会話。

 嫁さん 「あんた、39度近く熱があってようそんなにパクパクご飯が食べられるねんなあ。」

 私 「? ? ?」

 嫁さん 「普通はそんな熱が出たら、食欲がなくなるもんやで。」

 私 「? ? ?」



 そうなんです。食い意地が服を着て歩いているような私ですから、熱が出たくらいで食欲が落ちるなんて...。

 そう言えば幼少のみぎり、扁桃腺が腫れて喉が真っ白になって熱でウンウンうなされていた時に、

 お医者さんが 「これでは飲み物もロクに喉を通らんのと違いますか?」

 母親 「エ~。この子、喉を食べ物が通る時に息を止めて痛みをこらえて食べてますけど。」

 お医者さん 「ヘエ~。それでも食べる量はかなり減っているんと違いますか。」

 母親 「普段と一緒です。ちょっとだけ食べる時間が余計にかかってますけど。」

 お医者さん 「ボクは大物やなあ~。」

 っていう会話があったと母親に聞かされたことがありました。こんなひどい状態になっても、ムシャムシャとご飯を食べていることが頼もしいやら、恥ずかしいやら...。

 三つ子の魂百まで(いや、今は52歳ですが。)と言いますから、生まれ持った食い意地の汚さは全くもって今も不変です。

インフルエンザでダウン

 昨夜の同級生の税理士合格祝賀会が始まった頃からすでに何となく体調が思わしく無く、2件目の店に向かう頃にはゾクゾクと寒気が...。

 阪神甲子園駅から阪急池田駅まで、ほうほうのていで帰り、ベッドにもぐりこむ頃にはかなりの高熱!

 朝方に体温を測ると38.9度。

 完全にインフルエンザです。

 今朝、嫁さんに車で送ってもらい池田市民病院の休日診療センターへ行ってリレンザの吸入薬を貰ってきました。



 私が熱を出す、内科的な病気になるのはかなり珍しい事で、ちょっとびっくりです。

 過労でダウンしたりというのは何度も経験がありますが、思い起こせば結婚以来、いや高校ぐらいから病気らしい病気になったことがないのでは..。ちょっと記憶が曖昧ですが。

 日頃は自分の健康に感謝した事なんてあまりないのですが、病気になって初めて感じる健康体の有難さ、幸せ。



 夕方頃にはおそらく熱も引くだろうと希望的観測をしているので、その後に来週の水曜日から始まる連続3日間のセミナー講師の下準備をせんとあかんなあと、ちょっ
と焦りを感じつつ...。

 とにかくまずは安静、安静(じっと昼日中からゴロゴロしていると妙な罪悪感を感じるのはどうしてでしょうか。)。 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR