FC2ブログ

フォーシーズンズホテル 椿山荘

椿山荘庭園2
昨日は東京のリーガロイヤルホテルで、午後から丸々TKC全国会の理事会。夜はその懇親会、さらにその後同じ地域会のK会長とI専務理事と蕎麦屋で二次会。

 今朝はゆっくりと起床。ホテルで遅い朝食を食べて、ホテルの庭を散歩。

 宿泊はフォーシーズンズホテル椿山荘でしたが、明治の巌勲 山形有朋の屋敷跡に建てただけあって、さすがに立派な庭園でした。

 夜には庭園で蛍が飛んでるらしいです。酔っ払ってしまうと、そんなこともどうでもよくなってきますが。



 基本的に自分の仕事や遊びでは一般的な清潔感があれば寝れればどんなホテルでもOKだと思っていますから、手軽なビジネスホテルを利用することが多いですし、特に遊びであれば野宿なんてことも割と平気でやってしまう方です(その昔はロッククライミングをしてたので露天で眠るのに抵抗感はありません。)。

 が、TKC全国会で近畿大阪会を代表していろいろな会議に参加すると、いつも立派なホテルに泊めてもらえます。部屋も一人だからシングルベッドがぎりぎり入っていればOKって感じなのですが、広い広い部屋に海のようなベッドがデ~ンと置いてあってビックリすることが良くあります。

 私ひとりじゃなくて地方から各地域会を代表した会員全てが宿泊するので(今回の全国の理事会でも100名前後の役員の方が集まりました。)、まとめて予約をすると相当なディスカウントが利くのでしょうが、貧乏性の私はいつも部屋でひとりオロオロしてしまいます。

 こんな贅沢してたら、いつかバチあたるんとちゃうやろか...(そんな訳ないか?)。

 あんまり部屋が広すぎても、妙にうら淋しいもんです。やっぱり分相応に息苦しくない程度の空間があるだけでいいんだけどなあ...。

 ホテルの人もそんなに恰好良くスマートに対応してくれなくてもいいんだけどなあ...。

 これはこれで有り難いことですが、分不相応な人間にはそれはそれでちょっと困る?話です。
 

 

のぞみに乗って東京へ

 今日は昼から東京の早稲田でTKC全国会の理事会があるので、朝一でのぞみに乗って東京に向かってます。

 朝の6時過ぎから片付ききらなかった仕事を事務所で大急ぎで片づけて、バタバタと新大阪へ向かったんですが、池田から新大阪は近いようで行きにくい所です。新幹線が大阪駅への直接乗り入れではなく新大阪駅止まりということですから、私も阪急で梅田に出てからさらに地下鉄に乗り換えて3駅目。乗り換えがあって、時間的にも40分超かかることになります(大阪直接乗り入れだったら20数分です。)。邪魔臭いなあといつも思います。

 新幹線が東京や名古屋、京都のように直接大阪駅に乗り入れてくれた方がどれほど便利なことか。ターミナル駅ってのはできるだけ各鉄道路線を集中させた方が利便性が高まるのに、大阪駅と新大阪駅を分離するのはどうかなあ?

 多分諸般の事情や歴史的経緯というものがあっての事なんでしょうが、大阪経済の活性化とか底上げを叫んだり、伊丹空港の廃止を叫ぶんだったら、せめて新幹線利用の利便性を高める大阪駅直接乗り入れという案が浮上してきてもいいような気がしますがどうなんでしょうか。

 ということでいつも自宅から車で10分かからない伊丹飛行場からの全日空便を利用してしまうのですが、今回は往復交通費としてのぞみの回数券を現物支給で貰っていたので、珍しく邪魔臭いアプローチを辿って新大阪からのぞみに乗り込みました。

 のぞみの指定席の車両はがら空きです。

 東京に着くまでの2時間半は、パソコンを取り出して仕事の続きをしたり、溜まっていた資料を読み込んだりということでちょっとした仕事場になっています。この辺りは飛行機より座席に余裕があるので評価が高いところです。



 そう言えば、リニアモーターカーはどうやら東京から名古屋までの建設が決まりそうですが、大阪までの延伸ははるか将来の事。北陸新幹線も金沢から大阪までの開通は通貨自治体同士が揉めているためにルートさへ決まっておらず。メガシティ東京への一極集中はこれからもさらに加速するでしょうし、どんどん日本全体の動きから大阪が取り残されていくような気がします。

 何とかこの左前な大阪の空気が活気を帯びるようなことにはならんもんでしょうか?

 けど、大阪って話のまとまらない地域やしなあ...。 

今日の仕事

 午前中は新たに契約を頂いた某社団法人の経理処理の立ち上げについて訪問しました。

 事務局長さんをはじめ執行部が一新されたのはいいのですが、従前の経理処理業務がかなりルーズな状態で、正常な水準に引き上げるのに苦労をしています。一つルーズな処理が見つかると次から次に壁が崩れてくるようなもので、正常化するまでに蟻地獄でもがくようなことをしています。

 立ち上げが始まって2ケ月が経過していますが、傷口が開いていくばかりです。ようやっと反転攻勢に入ってお仕舞までの道筋が見えてきたのが救いですが。



 午後からは隣町の某都銀さんで税制改正セミナーを1時間半とその後の個別税務相談をしました。税制改正セミナーは税制改正大綱ベースで2月頃に数本と、税制改正が国会で決まった内容をベースとして5~6月頃に数本ということになりましたので、もう喋り飽きるくらいのなことなのですが、それでも喋る前には緊張するから不思議です。



 17時前に事務所に戻ってきて、溜まっていた電話連絡を4~5本片づけて今に至ります。19時半から別のお客さんのところで決算見込みと来期予算の打合せがありますから、それまでの小一時間がホッと一息タイムと行きたいところですが、明日から1泊2日の予定で東京にTKC全国会の理事会がありますから、いろいろと今日中に片付けておかねばならない細々とした仕事があってあれこれ気になるし...。 

 悶々としながら仕事の片づけをしているところです。

税理士会豊能支部の40周年記念誌編集委員会

 本日は昼から近畿税理士会豊能支部の創立40周年を記念して発行する40周年記念誌の編集会議でした。

 13時半から、いろいろと集めてきた原稿や対談の口述筆記をきっちりとした記事にするべく編集をしていたのですが、原文をどこまで活かして、どの程度の編集を入れるのか判断が難しいところです。

 確かに編集を入れすぎると原文の良さが消えますし、元々の発言者の味が消えてしまいます。

 ほとんど休みなく編集会議が続き、17時前に解放されましたがドップリと疲れました。

 なかなかこういったものに携わって完成形のものにしていくというのは大変なことだと思いました。

 今は事務所に戻ってきてちょっと一服です。

週初め

 やっぱり1月半の間に宮古島のフルのトライアスロン大会、鯖街道76㎞ウルトラマラソン大会、そして柴又100kiウルトラマラソン大会と3本のヘビーな大会に出場したツケは大きい。

 昨日、飛鳥へマラニックに行って23㎞を走ったとは言うものの、今朝は全くもって早起きができず出勤ギリギリの時間まで惰眠を貪ることになってしまいました。

 やっぱり物事は節度というものが大切です。

 最後の柴又100Kウルトラマラソン大会から2週間が経ち、ようやく過労感が無くなってきたんですが、やっぱりちょっと走っただけでもしんどさを引き吊りますし、気力がバンバンと湧いて出てくるというイメージとは程遠い状況です。



 そんな中、仕事の予定がバンバンでえらいことになっていた6月上旬を何とかやり過ごし、今日は久々にちょっと時間的に余流がありました。

 午前中はTKC近畿大阪会でFX4クラウドという中堅企業向けの自計化支援のシステム普及のプロジェクトの打合せに出ていましたのでさほどに余裕がなかったんですが、昼からはいろいろと積み上がってグチャグチャになっていた仕事を整理して、片付け始めることができるようになってきました。

 とにかくこの辺りで体勢を立て直して、次の仕事に備えるようにしておかないと...って感じです。

 また10日もすれば次の仕事の山が押し寄せてくるのが見えているだけに、今しっかりとした準備をしとかないとなあと呟きながら机に向かっているところです。
 

畑フェスティバル

皆仲良く木の下で宴会
 どうですか? この写真。

 y氏の畑の真ん中にある木陰で真昼間から大宴会です。

 写真に写っていませんが、横にはY氏のお手製の大型のピザ窯があって、薪も十分なのでピザなんか焼き放題。

 どんなに暑くても、この時のためにひたすら辛抱を続けていたようなもんです。

 みんなの笑顔も会心ですよね。

ソーセージ
 ビールで乾杯。あとは飲み放題です。

 あてにまず「ウィンナー」がこれでもかというほど出てきました。










ズッキーニやトマトの炒め物
 私にしたらもう名前は何でもいいのですが、「ズッキーニとトマトの炒め物」。もうちょっと違う名前だったような気がしますが、そんな小さなことは気にしません。既に飢えていた私は食べることに必死です。










オクラオオーブン焼き
 オクラにおろしニンニクを乗せて塩胡椒をしてピザ窯で焼いて出来上がり。

 シンプルな調理ですが、とにかく美味しい。

 みんなあれこれ手伝いながら飲み食いしていますが、動くと人の邪魔になるだけの残念な私は飲んで食べるための専属スタッフとして頑張りました?

 




サーモンとタコのカルパッチョ
 横のテーブルでみんなが一生懸命に作っていた「サーモンとタコのカルパッチョ」。

 私は出来上がった頃に進出していってごっそりと頂きました。

 とにかく何を食べても、文句無しの美味しさです。

 酔いもいい加減に回っていい気分。木陰を通る風も気持ち良くて極楽です。




盛り沢山
 テーブルの上がご馳走だらけ。

 幸せ感満載です。











スペアリブ
 「スペアリブ」

 なんか凄いって感じです。ピザ窯が大活躍です。











フジッリ
 いよいよパスタが登場してきました。

 螺旋状のパスタ「フジッリ」の出来上がり。美味しくて、食べる手が止まりません。










ピザ
 最後にピザが何枚も何枚も登場です。

 飲み過ぎて、途中から訳が分からなくなってきて写真はこのあたりまでですが、実際には凄い数のピザの枚数でした。

 途中からは食べ過ぎでお腹がパンパンで息苦しいような状態でした。






 今回で3回目の畑フェスティバルですが、もうすっかり伏見ランニング交流会がチームY氏の5人のメンバーのお世話を受けて飲んで食べて幸せいっぱいという行事になってきました。

 毎回、お世話をして頂けるチームY氏の5名さん。本当にありがとうございます。

 半年に一回ペースですが、毎回心の底から楽しませて頂いております。

 今日も23㎞ほど走ったことにはなりましたが、それ以上のカロリー摂取だったことでしょうからダイエットにこれほど不向きなイベントも無いと思いますが、幸せなことですから仕方がありません。

 参加者のひとりひとりも考えてみると、単に飲んで食ってグウタラしている感じなんですがさにあらず。以外にランニングの世界で凄い実績を持っていたりして...。

 でもみんなさり気なくというか、嫌みなく楽しい話の出来るメンバーが揃っているので、これがまた楽しいイベントを支える重要な要素になっているのかもしれません。

 どっちにしても私にとっては有り難いことで...。



 幸せ感いっぱいで、近鉄飛鳥駅までの2㎞の道を、満腹で無口になってみんなで歩いて帰りました。しかし酔っ払いながらの満腹の身の上で歩く道の遠く感じることといったら...。






大和八木から飛鳥まで周遊ブラブラランニング 後編

 伏見ランニング交流会のメンバーと橿原神宮に9時に集合して、そのまま橿原神宮へ。

 古事記の記述によれば神武天皇が東征をして八咫烏に導かれて吉野からこの畝傍山の麓の橿原宮で天皇に即位をしたという故事に倣って明治時代に作られた神社です。

 小学生の時に親父と親父の出身の村の大峰講の一団でここをお参りしたのを思い出します。村の人々が40名ほどで組織した大峰山詣りの途中に下車して参拝したのですが、ものすごく神妙にお参りをした記憶があります。

久米寺
 そのまますぐ横にある久米寺へ。

 久米仙人で有名です。

 朝からロクに何も食べず10㎞ちょっとを走ってきましたので随分とお腹が減ってきましたが、とりたてて売店もないのでそのまま我慢して走り続けました。







欽明天皇陵
 橿原神宮から飛鳥までは本当に近い、まさにひとっ走りの距離です。

 ウダウダと喋りながら走っていると、あっという間に岡寺を超えて飛鳥へ。

 この写真は欽明天皇陵です。

 それにしても10時くらいからものすごく暑くなってきました。走ってしんどいというよりも暑くて暑くてたまらない感じです。



猿石(1)
 猿石です。

 全部で4体あります。この写真はそのうちの「僧」と呼ばれているもの。何故かブログにアップする段になって急に写真が横を向きました。縦に治す技術もなく、無気力にそのまま貼り付けてしまいます。江戸時代に付近の田んぼから掘り出されたものです。






猿石(2)
 「男」と呼ばれているもの。

 何とも言いようがありません。











猿石(3)
 「山王権現」と呼ばれているもの。

 「はあ、そうですか。」って感じで、反応のしようがありません。何の目的でこういったものを作ったのでしょうか? 素朴な疑問が湧きますが、とにかく暑くてそれ以上に頭が回りません。あ~、水が飲みたい。








猿石(4)
 「女」と呼ばれているもの。

 これのどこが女なのか、私の感性からしたら全く???ですが、とにかく「女」です。



 とにかくお腹が減って、喉が渇いた!っていう感情が先に立って、もう何も考えられない感じです。





鬼の雪隠
 これは「鬼の雪隠」

 えらい名前がついていますが、これは古墳の石室だったものが盛り土部分が無くなり、石室が転がってしまったものらしいです。

 あっさりとそんな説明が書かれていますが、そもそもなんで盛り土が無くなったんでしょうか。石舞台古墳と同じように盛り土を剥ぎ取るなんてことは死者の弔いの場所を荒らすことで日本人的な感覚ではあまりしないことのように思いますから、かなり異常性のある話だと思います。そっちの方に関心が向きますが、とにかくお腹が減った!

鬼の俎板
 こちらはその鬼の雪隠と対になる「鬼の俎板」。

 横穴式石室の底石部分だそうです。

 昔の人は、自分の理解を超える現象や物を見るとすぐに鬼を持ち出してきます。人の心の奥底に住む恐怖感を偶像化したものが「鬼」なんでしょう。

 でも私は最近だいぶん分かってきたのですが、そんな「鬼」より普通の人の方がよっぽど怖い時が有るってことを。



天武・持統天皇陵
 ここは天武・持統天皇陵。

 壬申の乱で勝利して飛鳥浄御原宮を造営し、カリスマ的な存在であった天武天皇と、夫の遺志を継いで藤原京を造営し飛鳥浄御原令から大宝律令へと律令政治の基礎を作り固めた持統天皇の夫婦合葬墓です。

 でも、暑くて、暑くてもう何も考える余裕がありません。

 



亀石
 「亀石」です。

 もう暑くて、それがどうしたって感じです。とにかく目的地に着いて早くビールが飲みたい一心です。

 








石舞台古墳
 いよいよ飛鳥マラニックの最終観光ポイント。

 飛鳥で最も知名度の高い「石舞台古墳」です。

 でも、暑くて、お腹が減って...。売店の日陰でひたすら水分補給をしただけで、さしたる灌漑も湧かずです。

 朝一から走り出してここまでおよそ20㎞弱。朝食らしいものを食べていませんでしたから、完全にハンガーノックダウンの状態になってしまいました。
 


 石舞台古墳からは微妙な登り坂を走り、いやほとんど歩き目的地の稲渕の棚田の地区へ。

 最後は伏見ランニング交流会のメンバー全員に置いてけぼりにされてY氏の畑に到着です。



 お昼前からはいよいよ本日のメインイベントの「畑フェスティバル」の開始です。


 

大和八木から飛鳥まで周遊ブラブラランニング 前編

 日曜日はいつもの伏見ランニング交流会のメンバーと飛鳥を走ってきました。

 私は超早起きに成功したので、みんなと近鉄橿原神宮駅で合流する前に大和八木からブラブラと観光名所を10㎞ほど走り訪ねましたから凡そ23㎞ほどのマラニックになりました。

今井町説明板2
 大和八木駅からほんの数分で今井町へ。

 環濠集落で有名です。室町時代には大和の富の7割ほどはこの町に集中したほどの栄え振り。

 突然、昔の風情の町屋が立て込む一角が出てくる印象です。

 とにかくかなり大きなこの一角だけが昔の時代にタイムスリップしたような感覚です。右を見ても左を見てもとにかく時代劇風です。


今井町説明板
 今日は20分ほど古い街中を走り回っただけで、じっくりとひとつひとつの建物を見て回った訳ではありません。

 が、しかしみんなが「今井町は...」と言うだけあって、とにかくすごい数の当時の建築物です。







今井町街角 (1)
 これはたまたま写真がひっくり返ってしまっただけ。

 別に建物がひっくり返った訳ではありません(当たり前です。)。









今井町街角 (2)
 とにかく街中がこんな景色。

 時代劇のセットに使えそうなところです。って言うより電線なんかも地下埋設してそんな使い方をすればいいのにって思います。









今井町街角 (3)
 どこを見ても落ち着いた街の風情です。

 観光客にはいい景色なんでしょうが、ここに住んでいる人は歴史的景観の保存のためにそれなりにいろいろとご苦労があるのでしょうね。通りがかりの者には分からないことの方が多いのでしょうが。








今井町街角(5)’
 造り酒屋さんみたいです。

 まだ朝の早い時間なので空いてないのが残念です。
 
 今井町滞在は20分前後。とにかく街中を走り回ってアウトラインだけ把握して、そのまま南方向の神武天皇陵、畝傍山目指して走り出しました。







神武天皇陵
 今井町からほんの数分。

 右手に神武天皇陵とあったので覗いてみました。我が国の初代の天皇です。実在したのか、神話上の人物なのか定かではありませんが、とにかく日本の国を興された初代ですから、大切なもんです。

 厳かな気持ちでお参りをしてそのまま走る方向を東に方向転換です。





天の香久山登山道入口
 大和三山の一つ、天の香久山を目指して走りました。標識を見るとあと3㎞とあったのですが、おもったよりあっさりと麓に到着。

 山の上に登ってみようかなとも思いましたが、まだ半月前の柴又100Kマラソンの疲れが抜けきっていない感じなので、麓の神社にお参りをしただけにしました。

 百人一首の第1首。「秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ」  天智天皇

 この歌の印象が強烈で、是非とも一度は見てみたい場所でした。
藤原宮跡
 天の香久山から今度は西進して耳成山の南麓に着くと藤原宮の大極殿跡。

 現在も一部発掘中です。

 持統天皇が建設した我が国ではじめての大規模な都城です。

 往時の栄華を偲ぶものはなく、横のグランドで少年野球チームが大声で練習に励んでいました。



藤原宮跡説明板
 その説明板です。

 文章で読んでも、往時の姿を瞼によみがえらせることは難しい話でした。

 栄枯盛衰、世の習い。物事の儚さを感じます。

 このあたりで伏見ランニング交流会のメンバーとの橿原神宮駅で9時に待ち合わせという約束が気になりだして、寄り道をせず一目散に集合場所目掛けてランニング。

 ちょうど待ち合わせの数分前に到着しました。ぎりぎりセーフです。

とりあえずセミナー終了! 今週の予定終了!

 先ほど某ハウスメーカーの3時間に及ぶ講演会が終了しました。

 とりあえず講演会としては当初の予定通りの展開ができましたし、お客さんの反応も良かったよう思いますので責任が果たせてホッと一息ついているところです。

 まずまず期待通り「喋りの神様」が天から降って来て頂けたというところです。

 良かった~。



 40名前後のお客さんの前で喋っていて、会場の反応が今一だと辛い話です。そこそこ緊張感が持続できていて、それなりのリアクションがちゃんと帰って来ている状態が作り出せていると満足感でいっぱいになります。

 どちらの結果になるのも自分の下準備と当日の集中力の賜物ですから、一回、一回が真剣勝負です。



 とりあえずこれで本当に色々と大変だった1週間が無事に幕を閉じて、ホッと一息です。

 明日は半月振りに完全オフにします。

 今から風呂に入って、ご飯をゆっくりと食べて、小説でも読むとするか。

講演開始前のドキドキ、ソワソワ

 昨夕は某信金さんの支店長さんや営業責任者の方の前で「経営統計(TKC経営指標「BAST」)の使い方」について講演しました。

 これはレジメが既に用意されていたので、内容をしっかりと確認して分かり易く説明をしていくだけで良いので講師の仕事としては比較的楽なのですが、やっぱり多くの人の前で喋るという一点において緊張を課せられます。

 職人の息子ですし、元々体育会系ですから人様に向かって喋るというよりも黙々と何かに取り組むという事の方が向いていますから、昔の自分が今の自分を観たらさぞやビックリすることでしょう。喋るのが邪魔臭いってな感覚は今でも残っているのですが、この仕事について限りは物事をお客さんに伝えてナンボですから、そうも言ってられないところです。



 多くの講師の先生を見ていると、講演の前は堂々と落ち着いて開演の時間を待っておられる方が圧倒的に多いのですが、私はあっちにウロウロ、こっちにウロウロといかにも自信無さし気で情けないもんです。トホホ。

 私の場合は喋る前は常に自信が無くて、喋り出す段になるとフッと「喋りの神様」が天から降りてくるようなイメージがあります。講演中は何だか自分ではないみたいにスラスラと口が動くのですが、講演が終わるとその「喋りの神様」がどこかへ去って行かれるようで...。半ば神憑りみたいなところがあります。

 それだけに今回の講演で、「喋りの神様」が降って来なかったらどうしよう(本当に降りてこなかったらえらいことです。)という他人さんが聞いたら笑われるような心配を本気でしていて、何だか落ち着きのない時間を過ごすことになってしまいます。



 このブログは土曜日の朝に書いているのですが、今日も13時から某ハウスメーカーさんのところで3時間にわたってお客さんに講演をすることになっていますが、既にもうソワソワが始まっています。

 ドーンと構えて講演時間を迎えてみたいもんです。

 まあ、何とか今日の3時間の講演を乗り切れば、心底忙しくてほとほと疲れ切ったこの一週間を何とか乗り切れることになりますので、残った気力、体力を全て掻き集めて頑張ろうと思っています。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR