FC2ブログ

経営改善計画策定支援事業

 午後から某都銀さんが事務所に訪問して来られました。

 要件は、この某都銀さんから依頼をされた借入金の返済で問題が発生していたお客さんの経営改善について中小企業庁が主導する経営改善計画策定支援事業に申請をしてくれないかということ。

 紹介を受けてから、うちの事務所のお客さんになって頂いて月々の巡回監査の中で経営改善の指導をさせて頂いているのですが、劇的に社長さんの意識の変化が見られ、尚且つ業績改善の兆しが見えてきているので、以後はきっちりと銀行内で経営改善の成功事例として取り扱いをしたいとのことでした。

 うちの事務所としては、いろいろな支援の結果で業績改善の兆しが出てきたことは有り難いことですし、すでにうちのお客さんになって頂いているので何の文句もない世界なのですが、さらにと中小企業庁の経営改善計画策定支援事業に申請を出して今以上にしっかりとした予算措置(補助金)を付けた上で、きっちりとしたお客さんの財務諸表のデューデリジェンスを仕上げ、経営改善計画をさらに詳細なものに作り込み、事後のモニタリング指導まで実施をして成果があがるように動きを加速させて欲しいとのこと。

 この申請に当たっては銀行を上げて全面的な協力をするので是非ともよろしくとのことで、嬉しい話です。

 うちのお客さんに顧問料の範囲で精一杯ご指導をして成果を上げるというだけでありがたい話(それが我々の商売の基本パターンです。)ですが、多少取り組みの方法が違う部分はありますが、それにさらに中小企業庁の補助金が出るというのですから夢のような話です。

 行政としては経営困難な状況に陥っている中小企業を1社でも立て直そうという意図で国策としてこういった措置をとっているのですが、我々にとってはまさに背中を押して頂いているような話です。順風満帆とはこの事?

 業務支援の取り組み方が多少異なる部分はあるのでしょうが、それは最終的に作成する報告書なんかの話であって、それに使う知識や技術に違いがあるはずがありません。今までうちのお客さんに提供してきたサービスの標準形を若干アレンジすればその評価に耐えるという事ですから...。

 私たちの仕事がお客さんのニーズに合うだけではなく、国家的要請にも合致するのだから言う事なしの状態です。

 1時間ほどの面談でしたが、なんだか今日はいい夢が見れそうな一日になりそうです。

最近、ストイックな生活です

 10日ほど前まで体調が悪く、仕事のノリも悪く、いわゆるスランプみたいな感じで調子に乗り切れずに苦しんでいました。

 まあ、体調が悪いのはランニングのやり過ぎで過労気味になったからですが...。あれだけフルのトライアスロンや78㎞のトレイルランや100Kマラソンの大会に短期間の間に出続けると、寄る年波に勝てず...。

 仕事の方も体調が下降するのと比例するように調子が落ちていました。仕事の予定が立て込み、そのスケジュールをアップアップで消化している感じです。さらにここ数年、仕事におけるマンネリ感が顕在化してきたこともあってなんとなくドヨンとしていました。

 とりたてて何が悪いというほどでもないのですが、自分としては全くイケてない感じです。こんな生き方、自分としては面白くありません。



 これではいけないとばかりに、1週間ほど前にひたすらストイックな生活(学生時代やスキーで飯を食べていた時代、公認会計士の受験時代、さらには税理士事務所を開業して土日もなく働き続けた10年間くらいはそんな生活でした。根を詰め過ぎて倒れる一歩手前まで追い込んでいたように思います。)に生活スタイルを戻してみようと決心。

 緩んでいた自分の生活に喝を入れるような感じです。



 御蔭さんで徐々に生活リズム上でも調子が掴めてきています。まだエンジン全開まではいってないのでしょうが、グルングルンと回りだした感じ...。

 こうして精神状態をハイテンションな状態まで追い込んでみると、自分としては決して嫌いな世界じゃないんだなあと思います。まだまだエンジンが振り切ってしまうまでではないものの、何となくそんな予感が漂い始めてきました。まだ、体がついていききれていませんが...。

 とにかく意識のある間は、仕事、仕事、仕事。

 税務や会計の先端部分の知識や技術の仕入れに始まり、業務上でそれを活用していく工夫や努力、さらには事務所組織や営業の引き締め、etc。キリがありませんが、そのキリの無い世界に存念無く五体を埋めてしまおうとしています。

 

  

週初めのランニング

 今朝も箕面滝~箕面ダム~鉢伏山~五月山展望台を走る18㎞コースを走りました。ここのところの一ヶ月間は不調だったのですが、なんとか頑張ってこの一週間は真面目にランニングに取り組んでいます。

 朝5時前に目覚まし時計がなりましたが、起きようかこのままベッドで眠りこけていようかとかなり激しい葛藤がありました。最近ずっとこの箕面奥山コース 18㎞を走り続けていて疲労も溜まってきたので今日はそろそろ休養日でもいいのかななんて気持ちが強く頭をもたげてきたのが原因です。結局5分ほど悩みに悩んで起床。

 まず冷たいお茶を2杯ほど飲んでから、20分ほどゆっくりと時間をかけて着替えとランニングの準備。

 5時半に我が家を出発しました。

 ペースはいつも通り。早くもなく遅くもなく。

 箕面滝からドライブウエイに上がる劇坂と鉢伏山へ上る超劇坂の2か所で歩きが入り、いつもより3分ほどタイムが余計にかかった感じです。毎日走るんだからたまにはこうして緩めてやらないと辛くて続きません。

 いつもの日本猿の集団にも出会い、鹿にも出会いました。

 五月山展望台下の我が家のお墓にもお参り。

 いつもと違うのは気温。気温だけは若干高め。風も無くて、湿気も箕面滝くらいまでは強く感じました。おそらく昨晩は熱帯夜だったんじゃないかな。

 自宅に戻って朝食を食べて、ゆっくりと風呂に入って、しばらく朝寝。

 さすがにこのコースの負荷は毎日走るにしては高くて、体には堪えます。

 この一週間ほどは毎日走るイメージで過ごしていますが、気分的にもちょっとストイックな感じです。



 

昼過ぎから事務所

 早朝の箕面山ランニング。その後のダベリで午前中は終了。

 昼前に朝、昼を兼ねたご飯を食べて、ちょっと30分ほど昼寝。この時間が幸せです。



 14時頃から事務所に出勤して、仕事の開始。

 昼からの暑い時間は事務所のクーラーの下で仕事をしているのが一番快適かもしれません。

 今日は8月末から年商2兆円規模の企業グループの連結納税の立ち上げコンサルが予定されているので、連結納税について知識の再整理。

 子法人数が50数社に及ぶ規模ですし、税効果会計システムの立ち上げコンサルも同時受注しているので、とにかく知識をスッキリと整理しておかないとスムーズに仕事が進まない気がします。

 とりあえず知識の再整理をした後は、連結納税の税額計算をするソフトウエアをじっくりと見直してみてコンサルに不安な要素を残さないというのが肝要と心得ています。

 それにしても、書籍や資料を読み出した途端に眠くなってくる俺ってどうなの?

今朝も箕面鉢伏山から五月山 18km

 今朝も5時45分スタート(ちょっと寝坊しました。)で、このところマイブームになっている箕面滝~箕面ダム~鉢伏山~五月山展望台をグルリと回る18kmを走ってきました。

 今朝は嫁さんが伏見ランニング交流会のメンバーのSさんとKさんと同じコースをちょっと遅れで走るという事になっています。

 箕面駅では、その待ち合わせをしているお連れさん二人としばし話をして、そのまま私は一人で走りました。

 涼しいコースだというのは、このところ連日ブログに書いていますが、山深いところを走るので木々の匂いが良いというのもこのコースの特徴になるのだと思います。

 いつもの日本猿の集団はいつもの場所にはおらず、ずっと離れた五月山ドライブウエイと止々呂美へ向かう林道の分岐点のところでグッタリと道路に横たわっていました。だんだん顔馴染みになってきました。

 このコースを走るのは、3回目ともなってくるとちょっと走るペースが掴めてきてお馴染みコースって感じになってきました。

 最後に五月山展望台下の我が家の墓参りがセットでできるのも〇



 走り終わってひと風呂浴びて、寛いでいると例の3人組も我が家に到着。

 その後、4人でワイワイとお茶。

箕面鉢伏山から五月山へ早朝ランニング

 今朝は早起きをして5時45分から一昨日に走った箕面滝~箕面ダム~鉢伏山~五月山展望台を走り抜ける18㎞のコースをトレースしてきました。

 やはり日が昇る前に箕面の滝道に入ってしまい、その後はドンドンと標高を500mまで上げるコースですから湿気が少なく、緑陰や山影で直射日光を浴びず、吹く風も涼しく本当にいいコースです。

 一昨日は箕面滝からドライブウエイに上がる劇坂部分や鉢伏山直下のダラダラと長い劇坂部分を歩いて登ったのですが、今日は何とか走り上がりました。といっても横で見ていると走っているように見えたかどうかは?



 箕面ダムサイトでは一昨日と同様に日本猿の群れに遭遇。

 今日はちょっと規模が大きくって10数匹。

 彼らは道を占拠していたので、多勢に無勢なのでなるべく知らない振りをしてそーっと集団の真ん中を走り抜けたのですが、最後の方で小猿がキャーキャーと吠えて威嚇してきたのには参りました。



 一昨日に鉢伏山で見た鹿は、今日は出会わず。一昨日は一頭だけしか見ませんでしたが、甲高い鹿の鳴き声をかなりの数聞きましたから群れの一部だったのだと思います。



 五月山展望台では、例によって野垣家の墓参り。うちのお墓の前には立派な桜の木が茂っていて気持ちのいい緑陰を作ってくれています。



 一昨日は後半でバテバテになって3時間程度かかった行程でしたが、今日はそこそこ快調で2時間半程度で自宅に戻ってきました。いいコースだと思いますが、それなりに脚力を要求されるコースですが、ちょっとは体が順応してきたのかもしれません。

全国中小企業支援委員会

 TKC全国役員大会の2日目の午後からは、地域会内で私が所管している3委員会のうちの1つ。中小企業支援委員会の全国委員会にオブザーバー参加しました。縦割り行政で融通の利かないお役所にしては珍しく、中小企業庁や財務省が並んで推進している中小企業経営力強化支援法の主役を任されている中小企業支援機関の役割や、これをTKC全国会の会員にいかに普及啓蒙していくのかという視点で話し合いが進められました。

 全国20の地域会の代表がそれぞれの推進策を発表しており、いろいろと参考になりました。

 近畿大阪会に持ち帰り、検討せんとあかんなあというものもチラホラ。



 しかし、この全国委員会は全国の各地域会の指導的立場の人が集まっているだけあってかなり考え込んだ話が続き、改めて凄いなあと思います。

 私もかつてシステム委員会に近畿大阪会の委員長という事で参加していましたが、当時の事が思い出されて懐かしいなあとも思いました。

 私たちの仕事は、頭で考えることが全て。その能力をフルボリュームで発揮する場の空気を吸うことが大切だと感じました。




 

皇居2周 ランニング

 昨日から1泊2日で東京の帝国ホテルでTKC全国会の全国役員大会開催中。

 昨日は昼から終日、式典や講演。その後は懇親会。

 ざっと全国20の地域会から役員や㈱TKCの社員の人を合わせて1,000名の規模の大会ですから、それなりに壮観です。

 その後はTKC近畿大阪会の役員だけで2次会。

 早めに22時過ぎにはホテルに帰って珍しく就寝。



 朝は5時に起床。

 少しウダウダして5時半からランニングを開始しました。

 帝国ホテルを出て、目前の日比谷公園を少し走ってから、皇居の外周へ。

 桜田門のところから走り出して2周回しました。

 まだ日が高く上る昇る前ですから、高層ビルや木陰が充分にその効果を発揮して暑さを感じません。やっぱり夏は早朝ランニングに限ります。

 ペースも最初の1週回目は調子が上がらず6分半/㎞前後だったのですが、2周回に入った頃から徐々にペースアップしてきて5分半/㎞まで上がりました。まだまだ体が重いのですが、それなりに走れた感じです。

 本日の走行距離は12.4㎞。よく頑張りました。

 もう何度もこの道は走っているのですが、今朝もかなりたくさんのランナーやローディーが皇居の周りをグルグルと周回していました。都心部にあって、信号に邪魔されず、緑も多いということで人気コースになったんだろうなと思います。

 ホテルには7時前に戻って、ゆっくりと朝風呂。さすがに高級ホテルだけあってなんだか優雅な気分です。

 

 今日は9時から16時まで研修や委員会と行事が目白押し。

 部屋でゆっくり寛いでから、一日頑張ります。

箕面山域グルリ18㎞ランニング

今日は東京出張で9時過ぎに家を出発しないといけないので、ちょっと早めに起床をして5時過ぎから箕面滝~箕面ダム~鉢伏山~五月山展望台を走り抜ける18㎞のコースにトライしました。

 6月1日の東京・柴又100K以降はさほどに長い距離を走っておらず、ランニングもさぼりがち。さらにここのところの猛暑も手伝って夏バテ気味。モチベーション的には最低だったのですが、喝を入れるためにちょっと長めでアップダウンの激しいコース(最高標高は500m)にトライしました。

 日の出前に箕面滝道に至る市街地の暑い道路をやり過ごし、滝道に入り込んでしまって以降はグングンと標高が上がっていくために、湿気が少なく涼しいコースでした。夏場には最高です。

 早い時間帯なので箕面滝より先はほとんど人と出会うことはないのですが、7~8匹の猿や鹿にも出会いました。

 調子がいい訳ではないので、劇坂部分は無理せず歩きにしましたが、それでも最後の方は心底バテてしまい、走っていてももうメロメロでした。今の自分にはハードなコースでした。

 最後は、五月山展望台にある我が家のお墓にお参りをして早朝ランニングを〆ました。

日和佐うみがめトライアスロン大会の結果報告

 日和佐うみがめトライアスロン大会がこの前の日曜日(7月14日)に開催されました。

 私もエントリーはしていたのですが、その1週間前に義父が亡くなったあおりでバタバタして棄権をしました。まあ、やむをえない事だと思っています。

 体調も今一で、トレーニングも充分に積めていなかったのでさほどにくやしさも感じず、ゴチャゴチャと片付け仕事をしていました。



 この大会にTさんと二人で出ようということで一緒にエントリーしていたのですが、その彼は出場しました。

 初めてのトライアスロン大会への出場という事で、本来ならば私がエスコートをしてあげんといかん立場だったのですがかなわずに、それだけが心残りでした。たいそう不安だったんじゃないかと思うと申し訳ない気がします。

 結果報告を聞くと、最後のランニングパートの中間の折り返し地点でタイムアウト。関門に引っかかり競技を続けることができなかったとのこと。

 さすがに生まれて初めてのトライアスロン大会への出場で、かなり体にダメージを負ったみたいでした。

 それでも楽しそうにその失敗の経過を話してくれて聞いているこちらも楽しかったのですが、やっぱり出れば良かったなあなんてちょっと思った次第です。



 やっぱりこういう競技ものは人の話を聞いているよりも、実際に出場してワーワー言いながら苦しみ楽しむもんだなあと思いました。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR