献血結果

 前のブログにも書いたのですが、先の7月25日にやった成分献血の際の血液検査結果がネットで送られてきました。

 ありがたいことに全て正常値。


 ただ幾分コレステロールの値が若干高め。そう言えば最近太り気味だからなあ~。



 献血って、何だか世の中の役に立っているという嬉しい感覚が味わえると共に、ついでに簡単な健康診断まで出来てしまう優れものです。

 時間の許す合間を見つけて、そこそこまめに通うとしようと再び決意した瞬間でした。
スポンサーサイト

最近のトレーニング

 4、5月そして最後に6月1日に3つ距離の長いヘビーな大会(宮古島フルトライアスロン、鯖街道78㎞、東京・柴又100㎞)が続いたあおりで、6月から体調がガクンと落ち込みました。

 「やっぱりもう歳やなあ。ヘビーな大会を半月間隔で出場し続けたら壊れたわ~。」って状態が7月半ばまでずっと続きました。

 なんとなく倦怠感満載という感じです。

 御蔭さんで6月は月間のランニングの距離は162㎞(うち東京・柴又の100㎞が入ってます。)ですから、月間のトレーニングとしては62㎞しか走っていません。ほとんど何もしていないのと同じ。まさに完全オフ状態です。

 7月に入っても倦怠感が抜けずに半月が経過してしまいました(13.4㎞しか走ってませんでした。)。

 しかし月半ばから一念奮起して、後半で今のところ(あと一日残してます。)154㎞を走りましたから、何とか体調も持ち直しってところでしょうか。

 やっぱり夏は暑い場所を走るとどうしてもランニングの距離が短い目に終わってしまいますから涼しい山の上を走るに限るということで箕面奥山コース 18㎞を開発したのが大きな貢献です。確かに標高500mまで登りますからアップダウンが厳しくって日々のトレーニングコースとするには厳しいのですが、何といっても国定公園内の景色のいいところを走りますし、木陰が充分にあって、吹く風が涼しくって、鹿や猿に日常的に出会って...という見所満載コースですから何とか走る興味も続くというもんです。走った後の足のダメージは結構なもんですが。

 7月後半ですでにこのコースを6回走っていますので、このコースだけで累積ランニング距離は108㎞。まさに除夜の鐘。

 ランニングの距離を大きく伸ばすことに大きく貢献しているコースです。



 こういう経過を見ていると、やっぱり何をするにしてもちょっとした工夫次第で悪いものが良くなったり、良いものが悪くなったりという微妙な綾の上に物事は成っているのだなあと感じずにはおれません。

 それにしても家からブラブラ走っていける距離にこんな景勝地がたまたまあって、俺ってラッキーみたいな感じがします。池田市民であって、尚かつ池田市内で事務所を構えている地の利をフルに感じます。

今朝も箕面奥山ランニング

 朝5時過ぎに起床。

 まだちょっと寝足りないかなと思って、起きるべきか否かかなり迷ったんですが...。かなりウダウダしながらもなんとか起床をして、ランニングの用意。

 冷たいお茶を2杯、グイッと飲んで5時40分頃にスタートです。

 コースは最近しょっちゅう走っている箕面滝~箕面ダム~鉢伏山~五月山展望台を駆け抜ける18㎞。標高500mまで登りますから、結構足腰には厳しいコースです。

 一昨日は一生懸命に走りましたが、今日はゆっくり余裕のペースでランニング。

 朝から凄い湿気でなんとなく景色ももやっているような感じでした。箕面滝くらいまで登るといつもは湿気もなくなり、快適な風と山の冷気にさらされて気持ちの良いコースなのですが、今日は最高標高地点(標高500m)の鉢伏山直下でも湿気がたっぷり。

 さすがに箕面滝上の政の茶屋くらいまでくると気温は下がるのですが、いつもの快適さはありませんでした。

 今日は一日、湿気がきつくて、暑い日になりそうで辛いなあと思います。



 ゆっくり走りましたから、自宅からちょうど6㎞地点にある箕面滝で39分36秒。一昨日より3分ほど遅いペースです。
また自宅から16.5㎞地点の五月山展望台直下では2時間50秒ということで一昨日より7分ほど遅いペース。

 とにかく夏の暑い時期ですからゆっくりペースで、アップダウンの激しい山道を距離を踏むことを主眼にして走れればいいなあと思っています。



 本日はいつもの日本猿の集団と池田市・箕面市境周辺で遭遇。

 赤ちゃん猿が目の前を一生懸命に横切って走る姿が〇でした。



 五月山展望台直下の我が家のお墓で、いつものように墓参り。このコースを走ると墓参りもまめにできるのが〇です。

 墓参りの時は基本的に先祖さんにありがとうという感謝の意を持ってお参りするのが常ですが、今日は母親が目の手術をするので、御利益を期待するもんじゃないと思いながらも珍しく手術の無事もお願いをしました。



 自宅近くまで下りてくると、暑さも湿気もうんと強くなっていました。今日も一日暑くなりそうです。

 自宅には8時過ぎに到着。さっそく風呂に入って、冷水シャワーを浴びて体温を一生懸命に下げますが、汗がなかなか止まりません。まあ新陳代謝的には最高の状態なんだろうけど...。

 風呂で寛ぎ、朝食を食べて、ひと段落したところで事務所に出勤。

 池田に事務所がある御蔭で、贅沢な朝の時間の過ごし方ができて満足感高し。

 


 

今日も一日が暮れて...

 15時から事務所に「ケン」を連れて出勤。

 クーラーで涼んで昼寝をする「ケン」を横目にスポットで頼まれたお客さんの相続税のシュミレーションをしました。

 どっさりと関連資料を預かったので、それらをひとつひとつ整理してエクセルでまとめて行きます。いろいろと細かな資料を見ていくと、「あれれれれ。」

 そもそもこのお客さんは現在もかなり年配の税理士先生に所得税申告を見てもらっているのですが、相続税やその他の税金や財産運用に関する相談をするのが結構怖いらしくて、「先生、一度うちのものも見て下さい。」って感じで依頼をされてきたのですが、致命的な間違いが数件出てきました。

 「う~ん。」

 何とも言えません。こちらとしては修正申告をして正しい状況に戻して今後の相続税の対策を講じていくしかないのですが、こんな初歩的なところでコケていながら偉そうにするか?って感じです。

 数日後には状況を説明して前後措置を検討せんといかんのですが、困ったもんです。

 うちの事務所でもこういった間違いが出ないように細心の注意で作業をしますし、二重のチェックを入れるなどの措置を取っていますが、そこは人間がする悲しさ。いつも100点満点という訳にもいかない悲しさがあります。

 が、ちょっとこれはひどいなあ。



 なんて事務所で19時頃に悩んでいると、かなり昔に一度相続税対策の相談に乗ったお客さんからお母さんが亡くなったのでその後の措置について諸々相談に乗って下さいという依頼の電話がありました。

 もうかれこれ5~6年以上昔だったような気がします。

 私としても年間に相当数のお客さんとお会いしますから、その全部を記憶に留めておくことも難しいのですが、電話で喋っているうちにかなりの程度当時の様子を復元することができました。

 ずっと長い期間覚えていて下さったことも嬉しい話ですし、当時の空気感そのままの感じで電話をしてくれたのも嬉しいなあと思いました。

 5~6年以上昔に数回お会いしただけですから、覚えてくれているだろうかと不安に思って電話をするのを気後れする方もたくさんおられると思うのですが、本当に昨日お会いしたような感じで電話がかかってきました。

 詳細は当時の相談事項のメモを読み返して、今後の相談の緒に着かねばならないのですが、とりあえず頑張るぞ~って感じです。



 日曜日の夜に事務所で仕事をしてたから、いいタイミングで電話が取れました。有難い話です。

 今日は相続税関連に終始した一日でした。



 本日は20時半に業務終了(嫁さんは家に仕事を持ち帰って、まだこれから仕事をするらしいのですが。)。スタートが大幅に遅くなったのが玉に傷。でもいい一日でした。

日曜出勤

 朝一で箕面奥山を走ってきて9時半頃帰宅。

 風呂に入ってすっきりしたところで、遅い朝食。

 そのまま昼寝(朝寝?)。

 目が覚めると12時半になってました。どんだけ寝るねん。2時間ほどですが、完全に熟睡でした。



 そのまま昼食を食べて、嫁さんが掃除をしているのを横目に再びウダウダ。



 結局、事務所には15時に出勤という事になりました。昨日に引き続いて「ケン}を連れて。

 今からお客さんの相続税のシュミレーション資料を作成するんですが、「ケン」が机周りをウロウロして...。昼寝でもしてくれたらいいのに。

誕生日会?

 昨夜は一日遅れで誕生日会?

 嫁さんと長女と3人で近所の行きつけの居酒屋「蓮」へ。

 小さな店ですが、「箕面まつり」の影響で次から次にお客さんが入ってきたので長居をせずに1時間半ほどで店を出ました。何せ店の書入れ時ですから営業協力です。

 誕生日会という事で家族で行きましたが、とりたててお祝い事をする訳でもなく淡々と飲み食いをするだけですから、普段と何も変わりません。とりあえず誕生日会と名乗ったぞってくらいのもんです。

 まあ、私もいちいち名乗られるのも、どう受け答えすればいいのか分からないのでそれの方がありがたいのですが。



 目出度さも 中くらいなり 誕生日

箕面奥山ランニング

 今朝は早起きに失敗しましたが、気を取り直して箕面奥山へランニングに行きました。

 最近凝っている箕面滝~箕面ダム~鉢伏山~五月山展望台を走り抜ける18kmのコースです。

 自宅は6時45分に出発。

 体が相変わらず重くて今日も調子が今一だと思って時計を確認すると意外や意外、いつもより20~30秒/kmほど速いペースでずっと走っている感じでした。

 箕面滝までが自宅から6kmなんですが、36分39秒。結構な登りがあって6分/kmちょっとのペースですからまずまずです。調子が良い時は確か33分くらいで走ってきたような記憶があるのでまだまだですが、徐々にタイムが上がってきた感じです。

 そのままずっと山岳コースもいつもより早目のペースで走り切って五月山展望台の我が家のお墓のところで1時間53分28秒。確か先週一番タイムのいい時で2時間50秒前後でしたから7分ちょっとタイムアップしていました。



 スタートの時間が予定より小1時間遅れましたが心配していた暑さは感じず、湿気も無い状態で快適に走れました。さすがに渓谷の中や標高500mまで高度を上げるコースですから、平地を走っている時より夏場はいいコースです。



 走り出しの時間が遅かったせいか、いつもの日本猿の集団には出会わず。はぐれ猿を1匹見かけただけでした。本日はハズレ。
 

休日出勤

 今日は事務所の休日ですが、私と嫁さんは朝一ダラダラ過ごしてから、11時頃に超ゆっくり出勤。

 今週の疲れが溜まっていて、今朝も朝ランができませんでした。



 自宅で「ケン」がものすごく暑そうにしている(自宅では原則冷房を使っていません。)ので、今日は「ケン」と同伴出勤です。彼は他のスタッフが誰も出社をしてきていないので所長室でクーラーで冷やされた快適空間で昼寝をしているところです。

 何せ毛皮で覆われている柴犬ですから、夏の真っ盛りは大の苦手です。

 とりあえず彼にとってのこういうラッキーデーを有効に活用してもらって、夏バテせずにこの夏を乗り切ってほしいもんです。といっても彼も誕生日が私と同じ7月26日(ただ生まれた年が50年違いですけど。)ですから、本当は夏男のはずなんですが...。

 嫁さんは事務所に出社して早々にお客さんのところに仕事に出向いて行きましたし、「ケン」が慣れない事務所で不安そうにしているので一匹だけにしておくのも心配ですから、昼ご飯は外食を避けて弁当を急いで近所のスーパーで買ってきて食しました。「ケン」を連れてくると、それはそれで日頃の生活パターンとちょっと変わった過ごし方になります。



 今日は、スポットのお客さんから2件ほど相続税の対策シュミレーションを頼まれていたので、その宿題を片付ける日です。

 パソコンに向かって、預かった資料を黙々と集計していく作業をしています。

 こうしてじっくり仕事と向き合ってる瞬間が、実は一番好きなのかもしれません。

 考えてみれば、日頃の仕事はスタッフの日報や口頭の報告を聴きながらいろいろとハンドリング上のアドバイスを与えたり、税務や会計の問題点を指摘したり、お客さんのところに出向いて相談をしたり、関連の業者の方と打ち合わせをしたり...。さらにはTKC関連の仕事(これが結構なウエイトを大きな顔をして取るようになってきました。困ったもんです。)をしたりということで、対人打ち合わせの業務が圧倒的に多くなっています。

 それはそれで面白い分野ですし、我々の仕事においては肝の部分であると思いますが、元来はお客さんの資料を整理、分析したり、ヒアリングをしたりする業務が我々の業務の出発点であったはずです。

 今はこの部分をスタッフに任せて、上がってきた報告に手を加えたり、問題点指摘をして書き直しを迫ったりということが多いのですが、久々に自分がゼロからこの作業を行っていると昔の頃の自分が何となく思い出されて懐かしい気分がします。やっぱりいくらスタッフガたくさん入ってきてその指導育成に手を取られようとも、OJT的な意味で業務をスタッフに譲ってその管理監督役に回ろうとも、常に幾ばくかは触っておかなくてはいけない部分なのかなと思っています。

 
 

献血

 先ほどのブログニも書きましたが、一昨日献血に行ってきました。

 経緯はこの前のブログを読んでもらうこととして、献血について一筆献上。



 いつもは梅田にある阪急グランドビル25階にある献血ルームに行っているのですが、一昨日は西梅田にも献血ルームがあるのを知りそちらの方へ。

 場所はヒルトンプラザウエストオフィスタワー10階。

 最近できたちょっとこ洒落たビルです。

 献血に来た人の数が阪急グランドビルよりもはるかに少ない感じで、結構空いていました。こっちの方が待ち時間を気にすることもないので快適な感じです。

 これやったら今後はこっちでするかって感じです。



 成分献血ですから、いったん採取した血液のうち有効成分だけを採取して残りを体に返すという形式ですから、体にダメージが少ないという事らしいです。が、時間が1時間強かかるのが弱点。

 仕事をしていて、今回のようにポコンとエアポケットのように次のアポイントとの間に空き時間ができてしまった時くらいしかやりにくいなあと思います(仕方がありませんが。)。よくやる400ml献血だと5~10分であっという間ですから、仕事のついでに献血車を見かけたらちょいとやってもらうことも可能なんですが。

 いつもはそうでもないのですが、今回は採決の針がなんだかチクッと痛くって採決の1時間強の間中ずっと気になっていました。何だか当たり所がちょっと悪かったようです。でも当たり所が悪いと言って別の場所にチクッと指し直されるのも嫌な感じでしたから、そのまま何ともない顔をして我慢していました。

 献血って、誰がどういう考え方をしてもまさに人のお役に立つ良い行いなんですが、この針がチクッとするのだけがちょっとなあと思います(仕方ないんですけどね。)。自分自身としてもちょっと「良い奴」だなあと自覚できるための代償というやつなんでしょうか。



 献血が終わるとジュースやアイスクリームを貰って、ちょっと休憩。

 子供の時は夢にも思っていませんでしたが、50歳を超えたオッチャンでもジュースやアイスクリームを貰うと無邪気に嬉しいもんなんですね。ちょっと気恥ずかしいですが、素直にカミングアウトすれば、そうです。

 なんか良いことをした後のご褒美みたいなもんです。



 最後にちょっとした粗品(今回は割と洒落た感じのメモ用紙とたこ焼きのペンスタンド)まで貰って、ちょっとニンマリ。まさに子供がおもちゃを貰って嬉しそうな顔をしているのと全く同じです。別にそれが欲しい訳でもないのに、何故だか嬉しい小さな自分です。



 2時間ほど時間を潰す必要がある時なんかには、夏場の暑い盛りに冷房のしっかり効いた場所で、フルリクライニングの椅子で横たわりながら、ジュースやコーヒーを頂き、最後に粗品まで貰えるってのは、何だか最高に都合のいい場所のようにも思えてしまいます。

今週は忙しかった!

 今週は忙しかった!

 火曜日から仕事やTKC全国会関連の行事がずっと立て込んでたいへんでした。

 とくにTKC関連は必ず行事の後に飲み会がセットになっているので、翌日に尾を引くから困ったもんです。



 火曜日は昼前からTKC近畿大阪会行事で常務理事会と、その後に会員と提携金融機関を集めて金融交流会がありました。場所は谷町四丁目にある大阪銀行協会。

 とりあえず専務理事という役職ですし、金融交流会は私の管轄委員会主催行事という事もあって一生懸命に主宰をする側で参加しなければなりません。

 19時前後には懇親会も終了していたんですが、F前会長から某都銀さんと連れ立って3人で新地に行こうとお誘いを受けたので否という返事を言う余地もなく、そのまま北新地へ流れ込みました。

 結局日付が変わる前後に終了しましたが、就寝は25時頃。日頃21時から22時頃に寝ている私にとっては泥沼の世界です。最後の方は当然、ボーッとして何が何だか...。アルコールを飲むのは何という事はないのですが、夜更かしができない私には辛い世界です。

 当然、翌日の起床は7時半頃になってしまい(それでも極度の睡眠不足で体調最低です。)、せっかく習慣化していた朝ランはできませんでした。



 水曜日は寝不足のまま午前中は事務所で仕事をして、昼過ぎから千里中央のホテルでTKC近畿大阪会の豊能支部総会と例会に出席して、その後は懇親会。

 20時頃にはお開きとなったので、不義理を承知で二次会の声がかからないうちに矢のように帰宅をしました。21時半頃には就寝。

 何とかこれで体調取戻しというところですが、翌日の2時間の講演会の内容が気になって眠りが浅くスッキリしません。

 結局、翌朝は寝坊をしてしまい、またまた朝ランができませんでした。



 木曜日は、午前中は天満橋にある某公益法人の業務指導立ち上げの総括をするために理事長さん達と面談をして、立ち上げ作業の総括と現状の問題点、さらには今後の対処策なんかを話し合いました。

 お昼前にこの面談が終了し、14時からの講演会まで2時間半ほど空き時間ができたのですが大阪市内から池田の事務所に戻ってみてもあまり落ち着いて仕事ができる訳でもないので、そのまま梅田に残って献血をすることにしました。

 半年振りの献血です。献血マニア(ちょっと大げさですが)の私としてはちょっと間隔が空き過ぎた感じです。

 空き時間にゆとりがあるので成分献血を1時間ちょっとかけて、ゆっくりと...。

 14時から、いよいよホテル モントレー大阪でTKC全国会の未入会者向けの事務所経営セミナーがありました。こうやってTKC全国会に入会を検討している未入会の方を集めて、TKC全国会が設定している事務所経営におけるビジネスモデルを自分の事務所を例にして話す機会をしょっちゅう頂くのですが、今回は近畿一円から20名の方が参加されました。中には愛知県や愛媛県から参加される方もおられて、ちょっとビックリ。

 今回の講演会では、そんな事務所経営の話と最近ホットなトピックになっている経営革新等支援機関についても話をしてくれという事でしたので、それぞれ1時間づつくらいに割り振って話をしました。

 その後に1時間ほど参加された先生方のグループディスカッションに参加させて頂き、その後の懇親会、さらには二次会まで付き合いました。

 やっぱり帰宅は日付が変わってからの時間帯になり、ロングスリーパーの私には過酷な試練となりました。

 だいたい同業の税理士先生は宵っ張りの人が多いようで、私のように21時過ぎからもう眠たくなってくる幼児型の睡眠パターンを持っている人の苦しみなんてさっぱり理解する気がありませんから、辛い話です。またそんな幼児型の睡眠パターンの説明をいくら真面目にしたとしても世間一般として取り合ってくれそうな気もしません。

 嗚呼、悲劇!

 御蔭さんで翌朝は7時半に起床したものの、ドヨーンとした睡眠不足の世界にどっぷりと浸かった頭で仕事をしても全く能率が上がらず、辛く悲しい一日を送ることとなりました。最早、朝のランニングなんてどこに行ったの?という世界です。



 金曜日は午前中は冴えない頭で事務所の仕事。昼一で某上場企業の取締役に参加。思いのほか取締役会が長引き、16時過ぎに事務所に戻ってきてましたが、あまりに眠たくて30分ほど緊急避難的に所長室のソファーで昼寝をしました。

 夜からは神戸にある医療グループの社長さんと定例の打合せ会があり自宅に戻れたのは22時過ぎですが、そのままベッドに倒れ込むようにして眠りの世界へ...。



 こうして1週間を振り返ってみると、どうやらお酒を飲んで日付が変わると翌日は睡眠不足で著しく駄目駄目になることがはっきりと分かります。せっかくストイックモード前回の生活パターンになっていたのも一気にリズムが崩れてしまっています。

 恐るべし夜中のお酒。

 でもなあ、好きな人は好きやからなあ...。断ったら不義理やとか、最近性格が悪くなったとか散々なじられるしなあ...。

 浮世の義理ほど難しきものは無し。

 
 
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR