FC2ブログ

マウイマラソン続報

ゴール直後のヘボヘボ写真
 先ほどSさんからマウイマラソンのゴール直後のヘボヘボ写真を貰ったのでアップします(アップするほどの事ではありませんが。)

 まさに暑さにやられてヘボヘボです。笑顔も出ないとはこのことです。

 タイム的にも全然だったので、まさに苦笑いって感じです。














完走記念メダル
 こちらはマウイマラソンの完走記念メダルです。

 七宝焼っぽい素材を使って、カラフルでお洒落です。さすがにこんなセンスはありふれてなくていいなあと思います。

 日本の大会も色々と参加してこういったメダルを貰いましたが、どちらかというとありきたりで真面目に作りましたって感じがしますが、これなんかデザインの力って感じがします。

 メダルの質感が写真では表現できていなくてちょっと残念です。

 

ウクレレ教室

 昨夜、夕食を食べてウロウロしていた時に見つけたウクレレショップ。

 無料ウクレレ教室が毎日10時からと書いてあったので、家族で参加してきました。やっぱりハワイはウクレレでしょ。
P1030521_convert_20130925065653.jpg
 画面左端に映っているのが先生です。全部英語の説明でしたが、見よう見まねで楽しかったです。生徒は10人ちょっとで9割方日本人でした。

 今まで楽器に縁のない生涯でした(音楽の時間はちんぷんかんぷん。)が、触ってみると案外面白いもんです。

 とりあえずコードを4つ(C、Am、F、G7)覚えて簡単な曲を弾くのですが、なかなか左手が言う事を聞いてくれず四苦八苦。丸で他人の手のようです。

 思わず顔もしかめっ面。

P1030522_convert_20130925065831.jpg
 どんなに真面目な顔をして弾いても、なかなか上手くは弾けません。

 が、50の手習いというのはある意味楽しいもんです。今まで全く縁のなかった世界を体験してみる意外感というんですか、このアウェイ感が楽しいなあと感じました。

 教室の最後に先生が数曲披露してくれましたが、同じ楽器を触っているとは思えない演奏でした。まさに大人と子供です。



 
ウクレレ初心者セット 1万円也
 結局、教室が終わって家族みんなで一台、ウクレレの初心者セット(ウクレレ、ケース、チューナー、初心者ガイドブックの4点セット)を1万円也で購入しました。写真がどうしても横を向いてしまいます。ご容赦のほど。

 昼前にホテルに戻ってきて、ちょっと休憩して女3人でそのままワイキキにショッピングに出かけていきました。私は一人取り残されたので部屋でちょと仕事をして、ウクレレの練習でも...。



 いよいよ明日でハワイともお別れになりますが、今日は部屋でゆっくり休んで、夕方にもう一度走りに出て〆にしたいと思っています。

 

ダイアモンドヘッド一周

 今朝は7時過ぎから都会の喧騒漂うワイキキを背にダイアモンドヘッドをぐるり一周する都合7.5㎞のコースを走ってきました。

 やっぱりマラソン大会が終わって二日目ということもあって、まだまだペースが上がらず7分/㎞程度でダラダラ走りになりましたが。

ダイアモンドヘッドの直下から海を見る
 写真はダイアモンドヘッドの直下の高台から海を見たところです。サーファーが結構な数、波間を漂っていますが海抜60m前後なのでみんなケシ粒の様に見えます。

 ダイアモンドヘッドを一周してみて分かったことは、ぐるり全部が高級別荘街だということ。

 どの別荘もみんな青々とした広い芝生の庭が見えます。あんまりジロジロと別荘を覗き込んでいたら不審者と思われて逮捕されたらかなわないので、淡々とランニングを続けましたが、一度はこういう所に住んでみたいもんです。


ダイアモンドヘッドからワイキキまでの緑道
 5㎞ちょっと走るとダイアモンドヘッドへ上る分岐点に到着。ここから登っていきたかったのですが、家族で8時半頃から朝食を食べに行こうと約束していたので、今朝は断念してそのままダイアモンドヘッドを周回し続けます。

 この分岐点辺りがこのコースの最高標高だったようで、ここからはひたすら下りでワイキキの街に向かいます。

 道の両サイドには芝生の庭や公園、さらには立派な街路樹がいっぱいで緑の道です。



ワイキキに出た虹
 ほとんどワイキキまで戻ってきた頃には、前方に虹が見えました。

 写真では分かりづらいのですが、うっすらと映っています。

 なんかいい気分です。

 

ワイキキ一周ランニング


 今日はマウイ島から昼前にホノルル到着。

 家族でワイキキをブラブラして昼食を食べて、私は17時過ぎからワイキキを一周ブラブラと走ってきました。

 ワイキキの東端にあるホテルを出て、ワイキキ北辺のアラワイ運河沿いをゆっくりと走り(たくさんのランナーに行き交いました。また運河ではカヌーの練習をしているチームが。アクティブです。)、そのままワイキキの西端のヨットハーバーに到着。しばらく豪華なヨットを羨ましげに眺めて、パチリ。



P1030515_convert_20130924135902.jpg
 そこから反対側に見えるダイアモンドヘッドをパチリ。

 ここからは今までと反対方向の東行でワイキキの浜辺を走りますが、当然に砂地ですからかなり走りにくい。

 場所によっては堤防上を一列で歩く場所もあって、ランニングには不向きですが、まあ観光がてらですから、これも良し。

 小一時間かけて6.4㎞のちょっとしたランニングでした。


 昨日のマラソン大会では暑さに負けましたが、逆に脚をそこまで追い込むほど走れなかったのでダメージを受けるには受けていますが、いつものそれと比べると明らかにダメージが軽いです。

 確かに若干の筋肉痛が残っていますが、7分/㎞くらいで走っている分には全く辛くありません。

 ワイキキの街は本当に都会ですから、まさに観光客だらけ。目に入って来る人の数や車の数が全く違います。確かに風光明美なところにあるのですが、これだと大阪の街中とあまり変わらない感じがします(とても同じとは言いませんが。)。嫁さんも娘二人も嬉しそうにウインドショッピングに興じていますが、残念ながら私は全く興味なし。都会の喧騒の中に放り込まれてちょっと戸惑い気味です。やっぱりあのまま何も無いマウイ島でゆっくりしているのが良かったなあとつくづく思います。
P1030516_convert_20130924135941.jpg
 ワイキキビーチから見た夕陽。

 確かに大都会と言っても景色の美しさは見事なもんですが。

 もうちょっと静かな感じだといいんだけどなあ...。
 

マラソン大会が終わってゆっくりビーチで

カアナパリ ランニングコース 海岸(縮小)
 マラソン大会が終わって、家族全員が揃ったのが11時半頃。

 何だかもう一日が終わったような気がしていましたが、起床が2時半だったからそう感じただけ。

 ってことで昼からはゆっくり過ごそうということで、ウェスティンホテルのビーチでまったりです。

 ビーチでタオルを借りて、ビーチパラソルをセッティングしてもらって、ビーチチェアーで昼寝。お日様の日射は刺す様に暑いのですが、パラソルの下は風が吹き抜けて涼しい感じで、最高の昼寝ができます。よく海外のリゾートでビーチパラソルの下で昼寝をしているシーンが写真に乗ってますが、さすがに湿気が全くないので快適なのが良く分かります。日本で同じことをしても湿気がきつくて日射は遮ってもジトーッとした湿気がきつくて言うほどに快適ではありません。

 時折、海に入って波間に漂って、フルマラソンで火照った体をアイシング。再び昼寝。

 極楽です。

 結局15時半ぐらいまでこの繰り返し。

 やっぱりマウイのリゾートはマラソン大会に出場するよりは、こっちですよ。旅行期間中ずっとビーチの昼寝を繰り返していてもいいくらいです。時間がのんびりと流れていき、本当に贅沢な遊びだと思います。53年の人生でこんなビーチでゆっくり何もせずなんて過ごし方をしたことが無かったのですが、こんなのも悪くないなあと思いました。

 マウイ島は、指折りのリゾート地です。本当に田舎で景色にも恵まれ、時間の流れが緩い感じ。ただリゾート地ゆえに物価が高く、ホテルの施設も相対的に古いのが玉に瑕(決して不快なレベルではありません。あくまでワイキキのホテルとの比較です。私はワイキキよりマウイのカアナパリの雰囲気の方が好きですが。)ってところかな。

続きを読む

新聞に載った!

 私じゃありません。嫁さんですが。



 今朝マウイ島からオアフ島へ飛行機で向かうところで新聞を買ったら、なんと嫁さんのマウイマラソンのゴールシーンがカラー写真で掲載されていました。1人のアップではありませんが、3~4人ぐらいまとまってゴールしてくるところです。

 新聞に載るなんて何か悪いことでもしない限り載らないと思ってたからビックリです。



 ちなみに私の成績は年代別で見ると50歳から54歳の部で14位(44人参加)ですから、良くないけど悪くもない程度。

 45歳から49歳の部だったら17位(48人参加)、40歳から44歳の部で21位(59人参加)っていう感じ。やっぱり加齢によって徐々にそのクラスのタイムが落ちている様子が分かります(まあ、当たり前ですが。)。

 ちなみに次女はハーフマラソンに参加して、滅茶苦茶遅いタイム(書くと殺されます。)でしたが、16歳から19歳の部でなんと2位! 参加者は3人だけですが...。

昨日の結果

 自分のタイムや順位などの結果を夕方に確認すると、タイムが4時間33分38秒で、順位が185位(791人中)でした。

 タイムはこの前のブログに書いたように駄目駄目でしたが、順位は上の1/4に入っているのでまずまずかなと思ってます。やっぱり暑かったので、皆も完走するのが精一杯って感じでした。

 さすがに海外の大会らしくて、結果の発表もA4のコピー用紙7枚にずらずらと結果を並べ書いて、屋外に一か所だけ張り出してあるだけ。その後にパーティーという事になっていましたが、指定された時間に行ってみるともう終わってました。どうやら私たちがもらったパンフレットの記載の時間が間違っていたみたい。

 日本ではもっと運営が細かいのですが、こっちではそんな細かいことは気にしないって感じです。

 ま、命に係わることでもないし、こちらもバカンスモードですから細かいことは確かにどうでもいいのですが...。

マウイマラソン本番

 今日はマウイマラソン本番を走ってきました。

 とにかく暑かった!

 4時間ちょっとのイメージで走ったのですが、途中から風が凪いでしまい、太陽の強烈な熱照にさらされて完全に脚が止まってしまいました。

 どうして5時半スタートなのか、走ってみて意味が良く分かりました。



 今朝は2時半に起床をして、軽食を食べてマラソンの準備をして、3時半にツアーの送迎バスに乗るべく集合。スタート地点に4時半前に到着して、スタートに備えました。

 まだ辺りは完全に暗闇です。

 参加者の数も思ったよりも少なくて1,000人程度じゃないかなあと思います(正確な参加者数が現時点では分かりません。)。完全にマウイ島のローカルなマラソン大会にイメージです。まあ、大阪マラソンや京都マラソンみたいにコース上が大混雑するよりは走り易さという点でマシです。

出だしの10㎞弱は緩い上り。適当に風が吹いているときはそこそこなんですが、場所によっては風がバッタリと凪ぎの状態になり物凄く暑い。まだ日の出を迎えておらず日射が無いのが幸いなのですが...。

 10㎞を過ぎてコースが東海岸にぶち当たる15㎞地点のマアラエア港(一昨日クルージングに行った際に利用した所です。)までは下り基調。

 そこから20km地点までは海岸沿いの道を上り下りするこのコースのハイライト部分です。

 が、私は快調に走り続けて20km通過タイムが1時間53分ですから、このままのペースを維持していけば(あとはずっとフラットなコースです。)4時間切りも夢じゃないなんて感じでしたが、そうは問屋が卸しません。

 20㎞を通過してしばらくしたぐらいから本格的にお陽さんがギラギラと照りだしてあっという間に日射と気温で体力が奪われる状況になりました。

 それでも辛抱して走っていたのですが、私の前後のランナーも軒並み歩き出したのを見て、25㎞地点でついに歩き始めてしまいました。確かに脚もある程度消耗していたのは事実ですが、そんなことより暑くて、暑くて...。

 私が歩き出したのとほぼ期を同じくしてSさんが「野垣さ~ん。」と元気な声をかけて嬉しそうに抜いていきました。本当に軽そうな走り方です。私もついていこうと思ったのですが全然体が言う事を聞きません。暑いのは同じなのにどうして?

 その後は何とか歩かないようにだけは心掛けましたが、全くペースが上がらず苦しいランニングです。

 35㎞前後はラハイナの街の中を走らせるコースなのですが、全く精彩なし。ただ私の前後のランナーもほとんどが歩いているのか走っているのか分からないような走り方をしていました。

 だいたい常夏の島「ハワイ」でマラソンなんて誰が考えたんじゃ!なんて文句も頭の中をグルグル回ります。そうです。マウイ島はリゾートで有名なんですから、朝から何もせずにビーチに寝転がってウダウダというのが合ってる筈。こんなマラソンなんてことにシコシコと励むなんて邪道ですよね。ここで走って初めて気が付きました。景色は最高なんですが、なんでも適材適所ってもんがあります。

 そんな文句を考えながらも35㎞からゴールまでの区間はさすがに暑さに体も慣れてきたのかスピードがかなり回復してきて、前を歩く若しくはトロトロと走るランナーを多数キャッチアップ。さすがにこういうごぼう抜き状態というのは気持ちのいいもんです。

 ゴールタイムは4時間33分。

 だいたい私のイメージより20~30分遅れで到着です。

 私を抜き去って行ったSさんは4時間ちょっと。これまた20~30分遅れって感じのタイムでした。

 また、Sさんの奥さんやうちの嫁さんも申し合わせたように目標タイムから20~30分遅れになってました。これはもう暑さのせいでしょ。

 あ、それからうちの長女ですが、全くランニングのトレーニングをせずにぶっつけ本番で出場したのですが、嫁さんより遅れること数分でした。昨秋の大阪マラソンに私と一緒に出場してあやうく抜かれそうなタイム(4時間15分程度だったと思います。私と10分差でした。)を記録しましたが、今回はそれより遅れること1時間半ちょっと。

 やっぱりいくら若いと言っても、マラソンはぶっつけ本番が効くほど甘いもんじゃないことも立証されました。



 マウイマラソンは思いの外小さな規模で開催されていましたが、大会を支えるボランティアの熱心な応援はありがたいもんでした。日本人と違って陽気な彼らはこういう応援するという表現は上手です。何という事はないのですが、明るい笑顔で恥ずかしがらずに一生懸命に応援をしてくれる姿が印象に残っています。日本人の一番苦手なところですよね(最近は徐々にマシになってますが。ちなみに私は大の苦手です。)。

 でも暑さだけは用心してかからないとえらいことになりますよ。衷心まで
 

 

ラハイナへ

 ランニング後にシャワーをして、洗濯をして、ひと段落したら昼前になってました。

 朝兼昼ご飯を食べにシャトルバスに乗ってラハイナへ。

 ラハイナはこの地域の中心的な街で古くはハワイ王朝があった場所。フルの間にハワイ周辺に大挙してやってくる鯨を捕る捕鯨基地があったところでも有名です。今では観光客目当てのお土産屋さんやレストランがたくさん軒を連ねています。

 海岸沿いにあって、海に向かって大きくデッキが広がっているKIMO'Sへ入ってビールとハンバーガーを頼みました。

 こちらのハンバーガーは予想通り大振りです。

 横にフライドポテトもたっぷりと添えてあって、本当にボリュームたっぷり。

 途中で食べるのが辛くなるほどです。朝昼兼用ですが、夜も食べなくてもOKかも?



 その後、サトウキビ列車に乗るべくラハイナ駅へ歩いていきましたが、駅には駅員さんもおらず。観光客も人っ子一人おらず。
今日は営業じゃないみたいですが、一体みんなどうしてそのことを知っているんだろうか?と不思議です。

 以前、TKCの表彰旅行で来た時に楽しく乗った思い出があったんで、今回も是非にと思ったのですが残念です。



 そのままシャトルバスでホテルに戻ってきたら15時前。

 明日のマラソン大会本番の準備をして、ブログを書いたらもう17時からの前夜祭の始まりです。

 今日はパーティーでひたすら炭水化物系を食べて(昼のハンバーガーがまだ残っている気がしますが。)カーボローディングに務めて、早目に就寝。明日は何と2時半起床で3時半にホテル出発という事になりそうです。

大阪はどうなってるのだろう

 マウイで楽しく過ごしている最中ですが、今頃我が家の「ケン」はどうしてるのだろうかという話題になっています。

 案外平気? それとも...。

 私たち家族がハワイに来ている1週間は隣に住んでいる父親が、我が家に泊まりに来て「ケン」の面倒を見てくれるということですが、今頃ちゃんと普通にいてるのか興味深々です。

 家族の誰かの帰宅時間が遅くなるといつも1階の玄関で寝ながら待っているのですが、ずっと誰も帰って来ないのでどうしてるのか気になるところです。案外平気な気もしますが...。

 多分、朝と夕方の散歩を毎日してくれている私の父親が一緒に泊まるので何もないとは思うのですが。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR