ピアノリサイタルに行ってきました

 昨夜は大阪のイシハラホールで開催されたピアノリサイタルに夫婦で行ってきました。

 末岡智子さんのリサイタルでした。



 そもそも娘二人がピアノを習っていた時も、その発表会すらまともに観に行かなかった私ですが、今回は同業の先生の娘さんと言う事で声が掛って出向いた次第です。

 ですから、こういった場はほぼ初めて。ちょっとだけ緊張します(私が緊張してもしゃあないんですが。)。

 語りの部分も無く、ひたすらピアノを弾くことで所定の2時間を聴かせるのは凄いなあと思いました。本当によく間が持つもんです。さすがプロ(誉めるポイントがずれてる気がしますが。)。

 本編ではベートーヴェンのソナタ「第30番」と「第31番」、さらにはブラームスの「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」を弾きはった(どれも聴いた事の無い曲ばかりでした。)のですが、さすがに局自体もかなり難しそうでしたが、いとも簡単に弾いておられました。多分ピアノをする人が聴くと圧倒的に上手いんだろうなあと思う出来でした(この程度しか書けない自分が情けないですが。)。

 最後にプログラムになかったのですが、ショパンの「ノクターン」を弾かれたのですが、これはさすがに私でも何度となく耳にした事のある曲でしたが、プロの手にかかると普段聴く曲の印象とひと味もふた味も違う内容になっていました。同じ曲でも弾き手によってこんなにも印象が変わるのかと思った点に新鮮さがありました。基礎的な要件は当然ながらきっちりと満たしたうえで弾く人の個性が滲んでいる感じです(ちょっといい感じの表現でしょ。)

 やっぱり普段音楽でご飯を食べておられる人の演奏を間近で聴くと迫力があるもんです。ちょっと音楽をかじった程度の私の娘が弾いているのとはモノが違うという感じです(当たり前の話ですが。)。

 演奏会が終わって、ホールを出る時に税理士のS先生も出口の所に立って仕事関係で声を掛けた参加者ひとりひとりに御礼を言っておられましたが、そんな親心を見ていて「分かる、分かる。」と言う感じでした。私にも最後に一声掛けてくれはりましたが、「今度、また飲みに行こな。」って一声は、周りの人に掛けてる一声とあんまり次元が違って、「俺ってこういう場に向いてないねんなあ。」とつくづく考えさせられる一幕でした(まあ、しゃあないんですが。)。
 

 
スポンサーサイト

昨日の仕事

 昨日は夕方まで事務所にいました。

 お客さんからの相談案件の処理や新規の契約依頼のお客さんとのアポイント調整、さらにお客さんのお知り合いの方が新規開業するにあたって資金調達が上手くいかないと悩んでおられるようで電話でその相談に乗ったり...。

 また事務所の企業防衛活動が好調に推移しているのですが、一過性の流れに終わらせないために企業防衛を事務所内の所定の仕組みとして機能するように諸施策を検討したり...。

 ひとつの事案としてカチッと終わらせるというより事案の中枢部分に手を入れて後はスタッフに任せる感じですから、自分ひとりで達成感を感じながら仕事を一から十まで終わらせていくのとちょっと雰囲気が違って、後で仕事を振り返るといろいろと考えたんだけど何をやったのか今一しっかりと記憶に残らないという感じになってます。



 夕方からは神戸の医療グループの決算見込についての相談へ伺いました。先方さんも忙しかったようで珍しく1時間半ぐらいで相談が終わり、22時前には帰宅。

 このところ夜の飲み会が続き睡眠不足でしたからちょっと助かりました。

事務所の経営

 事務所の経営って難しいなあって思います。優しいだけでは駄目ですが、厳しすぎても駄目。経営者の意識をいかにスタッフに理解してもらうのか...。

 事務所を立ち上げていた当初5年位はとにかく自分自身が無我夢中で、何をやるにもまずは所長が率先垂範という意識が強すぎて、「自分がやらなきゃ。」という思いだけで走っていたように思います。独立開業期はスタッフも満足に揃っていませんからこれはこれで仕方がないことだと思います。

 徐々に事務所にスタッフが揃って来ても、当初の「自分がやらなきゃ。」の意識から自分が卒業するのは簡単な話ではなく(自分の成功体験を修正するって難しい話です。)、入社早々のスタッフがモタモタと仕事をしているのが我慢ならずガミガミと怒鳴っていたように思います。確かに一生懸命という気持ちがベースにあるのでこういう行動になるのですが、事務所全体がスムーズに動くことから考えればこれは完全に逆効果。

 最近は、自分が率先垂範するという部分をちょっと押さえて、とにかくスタッフに仕事の状況を理解してもらって自分の判断でスムーズに動いてもらうように心掛けるようになってきました。とは言ってもこれは難しい話ですが。

 意識の高いスタッフだと方向性を示して後は任せておいてもある程度の成果は望めるのですが、意識がそこまで育っていない場合や明らかに未熟な場合にはこちらからテキパキと指示を出していった方が無難に物事を終える事が出来ます。

 何事もワンパターンな解決手法がある訳ではなく、全てはケースバイケースの判断ということになるように思います。

 今はスタッフが自主的に状況を判断して物事を動かしてくれるような仕組み作りに注力しています。ある程度のスタッフ数になって来るとこれは物凄く大事なことになるのですが、うちの事務所ではこれが大きなテーマになっています。

 所長は大きな方向性を指し示して、個々のスタッフと考え方の擦り合わせをする。また事案についてはスタッフの判断をなるべく尊重しながらも軌道修正を一定の範囲で行う。個々の事案の解決に注力をするよりもスタッフが物事に取り組む仕組みを作る事により大きな割合で注力をする。なんて事が大事なのかなと考えています。

 今、うちの事務所では企業防衛の分野の取り組みを円滑に進めていく仕組み作りに頭を悩ましているところです。

写真をいっぱい貰いました

 1週間前にダイハツチームと行った讃岐うどんツーリングの写真を30枚ちょっと貰いました。ありがとうございます。

 私のブログではうどんしか写っていなかったので、ちょっとその時の様子を載せます。

長田in香の香 
 一軒目の釜揚げうどんの美味しいうどん屋さんで。

 まだロードレーサーに乗って走り出す前の腹ごなしですから元気いっぱい。

 私の右側のだし汁の器からだし汁を注ぐのにちょっとしたコツがいります。知らない県外の観光客はたいがいこの器を直接触ってヤケドをするそうです。





走り出して早々のトラブル
 走り出して早々に2台のバイクが不調。メカトラブル。皆でワイワイ言いながら修理中。

 ロードレーサーでツーリングをしているとトラブルはつきもの。落ち着いて対処!








 他にも30枚ちょっと貰いましたが、特段の許可も無くあんまり皆さんの顔を出すというのも考えものなのでこの辺にしますが、ワイワイと楽しんでいる雰囲気が伝わればなあと思っています。

 それにしても同じ職場の皆が揃ってこうしてツーリングができるって、働き易い楽しい空気が漂っているいい職場なんだなあと思います。

英語を...

 昨夜の飲み会の続き。

 同期のTが、通勤電車の20分間で英語のスピードラーニングを聴いているそうです。テープを100時間ほど聴いていると創業者のオッチャンが出てきて「このテープを単に聞き流しているだけでは英語は喋れるようになりません。」という話をしだしてずっこけたらしいのですが...。

 仕事で国際税務をよく取り扱うようになって、英語を勉強するようになったらしいのですが偉くなったなあと思いました。

 私なんて完全にドメスティックな世界で生きてますから。

 彼が言うには、英語が喋れるようには全くなってないのですが、仕事で東南アジアのホテルのフロントで現地なまりの英語を聴くと「下手な英語やなあ。」と思うようになったとのこと。糞度胸が付いたようです。


 また税務の世界で名前を轟かせているKや、未だに会計監査の世界で代表社員の仕事をしているBも偉いなあと思います。頭が下がります。

 それぞれの世界で、それぞれの必要に迫られて頑張っているんでしょうが、昔は決して勉強なんてせずに毎晩飲み歩いていただけの仲間なのに変われば変わるものです。

 私も今ある状態に何かを足していく努力を止めたらいかんなあと思いました。

同期との飲み会

 昨夜は監査法人朝日新和会計社(現あずさ監査法人)への入社同期が5人集まって飲みました。

 バブル経済がはじけた直後の平成3年入社ですから、お互いに会計の業界に脚を踏み入れて22年前後になります。

 ここ数年は一緒に集まる機会が無くなっていましたが、ほぼ同じタイミングで独立した同士なので年に1~2回は飲んでいた感じです。今回はまた同期入社の一人があずさ監査法人を独立するということで集まって一杯飲むことになりました。

 お互いにそこそこのキャリアを積んで来て、そこそこの落ち着きが出てきた感じ(すでに皆、ええ歳のオッサンです。)ですが、イチビリなところはあまり変わりません。黙っているとそこそこ怖そうに見えるんでしょうが、本音で喋ると昔のイチビリが顔を出します。

 独立して事務所を起した者、親の大事務所を承継した者、中小の監査法人の代表社員になっている者とちょっとづつ立場は違いますが、お互いの話に分かる分かるという感じです。やっぱり会計の世界にヨチヨチ歩きを始めた頃に同じ釜の飯を4~5年食べたある種の連帯感っていうのは一種独特の物があるような気がします。

週初め

 この週末はよく走ったので疲れが残るかと思ったのですが、若干の筋肉痛が脚にあるぐらいでまずまず快調。しっかりと風呂に入って、ご飯のいっぱい食べて熟睡というリカバー(何せ食べるのと寝るのは得意中の得意です。)がしっかり効いている感じです。



 午前中はデスクワーク。

 12月中の講演依頼が一本有り。二部構成でお願いしたいとのことですが、二本目のテーマが決まらず何を話したらいいのか??? しばらく考えさして下さいと宿題にしました。

 とりあえずいろいろな依頼が頂けるのは嬉しいことです。

 そう言えば最近、複数の金融機関から経営改善計画の作成支援の個別相談の依頼が重なって出てきました。社会的な要請もあり、自分としても頑張りたい分野ですから依頼に応えていきたいなあと思っていますが、企業が生きるか死ぬかの瀬戸際の状態から何とか立ち直らせるというある種のウルトラシーですから、それなりに集中力を要するのであまり重なると辛いなあとも思います。



 昼からは連結納税の研修会に事務所のスタッフと合計5名で出席。

 夕方からはFX4クラウド導入の事前打ち合わせをTKCの大阪センターですることに。

瀬田から京都へランニング

 5時半に起きて、次女を起こさないようにこっそりとランニングの支度をして、コソコソと朝食を食べて一声だけかけて6時半に瀬田の下宿をスタート。

 さすがに昨日の62kmが堪えていてスムーズには走れないので、何とか阪急四条河原町まで走ってそこからは阪急電車に乗って昼までには帰宅をしてゆっくり疲労回復をしようというプランにしました。歳を取ると疲労回復に時間がかかります。20歳代だったらこのまま走って池田の自宅まで帰るプランもありなのに、残念。

 7分半/km程度しかスピードも出ず、なんだかやたらしんどくて体の中から力が抜け切ってしまった感じです。

 外気温も低くて肌寒いのですが、体力もかなり消耗しているのでことさらに寒く感じました。走っていても体温が上がってこない感じです。

 旧東海道をひたすら山科を目指し、山科では五条別れから五条坂を抜けて賀茂川に着いた地点で走るのはお終い。距離にして18kmでした。

 町屋の風情のある宮川町を歩き抜けて四条河原町へ到着。まだ9時過ぎですから、街はまだ起き切っていないような感じでした。



 ここからは電車に乗りこんで昼前には自宅に到着。風呂を楽しんで、昼寝。「ケン」と遊んで日曜日が終了です。

次女と映画

 次女の下宿まで走って行って、そのまま下宿の風呂を借りて入浴。さらにランニングウエアの洗濯を済ませるともうやることがありません。

 ちょっと時間は早いのですが、近所のイオンモールに二人で出かけてゆっくりと晩御飯を食べて、映画でも見ることにしました。

 イオンモールに着いてもまだ16時頃ですから、いくらなんでも今から夕食というのもなあということで、二人して本屋で立ち読みをすることに。結局、それぞれ何冊か本を買い込んで適当に時間を潰してから、しゃぶしゃぶの食べ放題(70分間)の店に入って夕食を食べました。

 次女の大学やサークルの話、これからしようとしているアルバイトの話、etcを楽しく聞きながら、楽しい時間が過ごせました。

 まずまず色々と悩みながらも一生懸命に生きている感じがして◎



 アルコールもほどよく回ってきたところで、「清須会議」を観ました。

 三谷さんの作品ですから喜劇調を期待していたのですが、派手に笑わすシーンはなくまさに時代劇路線で作品は展開されていました。

 織田信長の跡目を織田家の宿老4人が様々な駆け引きの末に決める過程を撮っているのですが、もうひとつ深味がないなあと思って観ていました。

 多少は史実と異なった部分はあるもののこれは映画ですから許せるとしても、人物像の深掘りが足らず短絡的であり、駆け引きのあやを作り込んだものでもなく...。もう一捻りが欲しいところでした。

 映画全体になんとなく楽しい空気感があるだけに、芯が抜けたような感じというのか...。

 人気作家、人気監督ですからそこそこ行くんでしょうが、もう一歩って感じでした。



 映画が終わると21時過ぎ。

 次女の食品の買い物に付き合って、そのまま帰宅。そのまま就寝。疲れていただけに熟睡でした。

 

瀬田まで62kmのランニング

 この週末は瀬田の次女の下宿目指して走っていきました。

 距離にして62km。

 前回は自宅スタート時間が遅かったことからJR大津駅からJRを利用したので、今回はその轍を踏まないように6時半出発です。外はまだ真っ暗でした。

 2度目ですからコースもよく分かっていて、至って快調なペースで走りました。

 自宅からJR京都駅まで旧西国街道を走っていくと概ねフルマラソンの距離になりますが、4時間10分くらいで通過です。この前の大不調に終わった大阪マラソンよりかなりいいペースで通過です。2kg程度の着替えや次女への届け物などの荷物を背負っていますから◎

 前回は京都府に入ってから京都市街を超えて山科に入るまでの区間が物凄く長く感じて気分的にもバテましたが、山科までは快調です。

 前回は蹴上から粟田越えをして山科に入りましたが、今回は五条坂を越えて山科入り。

 さすがに山科で気分的にもいっぱいいっぱいになって、10分ほどジュースの自動販売機の前で座りこんで気分もすっかり萎えてしまいましたが、何とか気を取り直してランニング再開。

 山科から大津の間の最後の逢坂越えもそこそこ快調にクリアして、大津を通過。膳所や石山を通過する頃にはもう走るという動作の繰り返しに飽きてきて精神的にかなりきつい感じがしました。さすがに走り出して50kmを越えてくると体力的なバテとともに精神的なバテもきつく感じます。

 年明けには昨年に引き続いて宮古島100kmワイドーマラソンに出場することになりますから、その下準備に超長距離に慣らすべく走っているんですが、一人で超長距離を淡々と走り続けるのは思いの外辛いなあと思います。まだ大会で大勢の参加者と一緒に走っていると気分的にも助かるのですが...。

 途中でうどん屋さんで昼食を食べたり、2回ほどコンビニで飲み物や食べ物を調達したり、山科で疲れ切って座り込んでいたというランニングの中断時間はありましたが、それ以外はJR京都駅まではひたすら6分/kmのペースで、それ以後は7分/kmのペースで走り切れました。

 結局15時頃に次女の下宿に到着。予定よりは走るペースが速かったために早めに到着しました。

 
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR