FC2ブログ

仕事終了!

 仕事終了!

 ただ今22時ちょっと。ようやく今日の予定のところまでは終えることができました。ホッと一息。

 明日訪問予定のお客さんの資料の事前準備(これは印刷、製本するだけだからすぐ終わると思うんだけど。)だけして、今晩は帰るとします(明朝はちょっと早起きをして資料を読み込んどかないとなあ。)。

 今日は本当によく働きました。

 自分ってつくづく偉い!って感じです。

 嫁さんの方もようやく終わったようですから、今から家路につきます。

 家に帰ると23時前だから、さすがにゆっくりと本を読んだりする時間は無くって風呂にポチャリと浸かって寝ることになりそうです。

 また明日からウィークデイが始まりますが、パワー全開で頑張ります!
 
スポンサーサイト

仕事

 日曜日は11時に事務所に出勤。

 予定通り7月の月初会議の資料作成と来週に初めて面談するお客さんの会社のコンサルティング資料の作成に取り掛かるも、作業を進めるうちにいろいろと疑問が湧き上がり途中に小一時間ほど昼食で中断したきりで、ぶっ続けで仕事に没頭。

 先ほど、お腹が空いたので時計を見るともう20時前になっていたので、嫁さんと夕食を食べるために外に出て30分ほどで戻ってきたところ。

 こうして土、日もちょっと朝寝坊をしながらも二人して夜遅くまで働くのは、4~5年前までは日常茶飯事でしたが、ここ最近は週に一日は完全に休むようになっていました(そう言えば50歳を超えた事が一つの節目になっているような気がします。)。休日をちゃんと休めるというのはに確かに幸せな事ですが、嫁さんと二人して0から作ってきた事務所ですから、こうして休日もずっと仕事をしているのは特段に辛い話ではありません(むしろ頑張れる仕事があって有り難いかも...。)。

 世間では長時間労働を罪悪視する空気がありますが、それは効率を考えずにするダラダラ労働に絞って罪悪視をして、こういった専門職で目一杯に仕事の依頼を請けて身を粉にして働いているケースまで広げて考えないことが大切だと思っています。私たち専門職は誰かに働かされているのではなくって、お客さんの期待感を背負って働いているのですから、ある種の喜びを背にして働いている人間にブレーキを掛けるような視線は相応しくないものだと思います。

 ちょっと休憩をして続きの仕事へ。
 

「ケン」のお風呂

 朝のランニングから帰って来て、汗を拭いてゆっくりと朝食。新聞。

 ひと心地着いてから「ケン」を突如として捕まえて風呂場に拉致をして、一ヶ月振りのシャワーです。「ケン」は風呂が大嫌いでいつもは逃げ回るのですが、今日は有無を言わせず突然に羽交い絞めにされたので渋々の入浴ということに。

 ぬるま湯を掛けてシャンプーをしている間、体を固くしてジッと我慢をしている姿を見ていると可愛そうになりますが、人間と共同生活をする以上は一月に一回くらいはシャワーをしないと仕方がないですよね。体を洗っている時に「ケン」の体が小刻みに震えているのを感じるのですが、どうしようもありません。なるべく恐怖心を持たさないように優しく手早く...。

 体を洗い上げて脱衣場で待つ嫁さんに「ケン」を引き渡すと、凄いストレスから解放された「ケン」は大暴れ。

 もう飼い出して3年くらいになるのですが、このシャワー嫌いだけはどうしようもありません。



 その後、長風呂。

 これが私の一番のリラックスタイムです。



 そんなこんなを終わらせて、今日は11時過ぎに事務所に出勤。 
 
 新規のお客さんのコンサルティング資料作りと、火曜日の月初会議の資料作りが今日のテーマです。

箕面の滝へ

 昨夜はお客さんのところのお通夜の後に事務所で遅くまで仕事だったので、今朝は遅めに起床。

 8時くらいからランニングに出ました。

 昨夕にTKC豊能支部でヨサコイソーラン(TKC近畿大阪会の秋期大学の出し物)の練習を1時間ほどした(振付がさっぱり覚えられません。動作が速すぎてついて行けません。ほとんど練習の成果が身に付いてません。残念!)せいで何となく体のあっちこっちに妙な疲労感が溜まっていて、思うように走れませんが辛抱してゆっくりゆっくりと巡礼街道を東に向かいます。

 昨日と一転してお日様が燦々と顔を出していて暑いので、最近上がっていなかった箕面の滝道を往復することにしました。

 箕面駅から左折して、箕面滝まで深い渓谷を片道3kmほど登るのですが、緑陰が濃くて直射日光に当たる箇所が無くて、夏場でも涼しいコースです。

 今日はあまり調子が良くないので6分半/km程度のペースで登って行きましたが、昨年だと必ず息が上がっていた急坂部分に来てもかなり余裕が残っており、ランニングの基礎的な能力がかなり上がってきたのだと実感できて嬉しかったです。

箕面滝へ向かう途中で自宅から散歩をされていたお客さんの社長に会いました。何気なく擦れ違う時に先方から声を掛けて頂いて気が付きました。こんなところでこんな時間にお客さんに会うとは思っていないのでビックリ。

 箕面滝の滝壺ではいつものように滝から舞い降りてくる涼しい風に打たれて、マイナスイオンをいっぱいに胸に吸い込みました。この瞬間が最高で、他のランニングコースではこれがなかなか味わえません。

 そのまま箕面駅からいつものvisolaを回って旧西国街道沿いを走るコースに針路をとれば走行距離が18km位になって丁度良いくらいなんですが、なにせ暑くって気力が盛り上がらず。そのまま家まで往復して帰る事にしました。結果的にはランニング距離は12km。

 

昼から仕事

 先ほどのブログに書いたように朝一でランニングをして、長風呂。ダラダラと午前中を過ごしました。



 12時過ぎに誰もいない無人の事務所に嫁さんと二人で出勤。

 屋上緑化の芝生の手入れを30分ほどして、机に向かって仕事をし始めていたところ、突然に地元の池田で相続税を依頼して頂いたお客さんが預金通帳類を事務所に持参頂いたので、にわかにそちらの対応が始まりました。

 まず私が頂いた預金通帳を整理して、直近の使用中の預金通帳だけその場で嫁さんに渡してコピーを取って原本を相続人さんに返します。過去5~10年に遡って預金通帳を持って来て頂いたので相当な冊数に及びましたので、それぞれの通帳を預り証にしっかりと記載して、こちらはお預かりという対応にしました。

 相続税申告を行うにあたって、なるべく諸資料を直接預からずに可能な限りその場でコピーをしてコピー資料を預かり(なるべく資料の紛失が起こらないように対処しています。)、コピーをしようにも手間が掛かってどうしようもない場合だけ預り証を発行して資料の紛失に備えるようにしています。

 今の80歳前後の方々は、資金的に余裕があっても決してそれを娯楽には使わず定期預金証書などに変えて貯め込むのが特徴なのですが、今回のケースでも本当にマメに貯金に励まれていました。本当に凄いとしか言いようがありません。



 小一時間ほど資料の遣り取りをして、とりあえず作業がひと段落してお客さんは帰られたのですが、集めた資料をそのまま倉庫に保管してしまうのも忍びなくて、いろいろと他の仕事をする予定もあったのですが差し込みで今日頂いた預金関係の資料をエクセルベースで整理することにしました。

 それにしても今年は相続税の申告案件が多い(先日のブログに書きましたが。)です。昨日も一件、うちのお客さんの地主さんがお亡くなりになった連絡を受けましたので、今晩はお通夜に出向きますがこれで6件目(ご夫婦で相次いで同年中に亡くなっておられるケースもあるので相続税の申告としては8件)になります。

 まだ容態が悪く予断を許さないと聞いている案件が2件ほどあるので、ちょっとした当たり年になりました。
 

朝ラン

 今朝起き抜けに体重を測ると激しいリバウドが判明。

 78.4㎏ですから半年前の体重。半月前の隠岐の島ウルトラマラソン大会の時より5㎏もアップ。

 なんぼなんでも激しすぎ。どんだけ安心して食べまくったんやろ?

 かなりショック!



 気を取り直して、8時頃からランニングをすることに。

 コースはいつもの箕面特大周回コースをちょっと今宮まで伸ばして合計14㎞。

 体重計を見てしまったせいか、やたらと体が重い。どんなけ影響を受けやすい体質なんでしょうか。

 数km程走るとだいたい6分弱/kmくらいのペースで落ち着いて走りました。梅雨の合間(といっても今年はあまり雨が降っていませんが。)で、どんよりと曇っており、吹く風が涼しくって非常に走り易い環境。とてももう数日で7月とは思えない感じです。



 

仕事、仕事

 今日は一転して朝からずっと仕事。

 新規で紹介頂いている2件のお客さんと打ち合わせをするための叩き台作りでいろいろと資料取り寄せの打ち合わせ。まだ詳細事項を把握している訳ではありませんから雲を掴みながらの作業です。

 まあ、雲を掴みながらでも叩き台を使って打ち合わせを進めていくと、問題点が明確化されるまでにかかる時間が大幅に短縮できますから重要な作業になります。

 さらに、某保険代理店の方が事務所に訪ねて来られて新規顧客差の紹介の話を...。

 最近、どういった風の吹き回しか知りませんが、新規のお客さんの紹介があっちこっちからあって嬉しい限りですが、そろそろ処理キャパを越えかけている感じです。

 うちの事務所を開業して半年くらいの間に30件弱のお客さんを獲得して仕事が大パニックになった経験がありますが、何だかこのまま紹介が出続けると似たようなことにならなければいいのだが...。お客さんが減って困っている同業者が多い中でちょっと贅沢な心配です。



 昼過ぎから某上場企業の取締役に非常勤監査役として出席。

 夕方に事務所に戻って来て、再びデスクワーク。

 夕方にメールを開けるとアポイント依頼のメールが山のように入っていて、どうしようかと頭を悩ませる事態になっています。上述した新規のお客さんとの面談の時間が先方さんの都合とこちらのそれとがなかなか折り合いが付かず、スケジュールを上手くまとめるのに一苦労という感じになってしまっています。

終日、TKC

 昨日は終日TKCで江坂の東急イン。

 昼過ぎからTKC近畿大阪会の総会、さらには㈱TKCの角社長の講演とTKC近畿大阪会が作成したDVD鑑賞。

 夕方からはその懇親会。

 20時過ぎからTKC近畿大阪会の理事と㈱TKCの角社長と連れ立って北新地へ。

 自宅に戻ると日付が変わっていました。ぐったり。

企業再建実務研修

 今日は終日、企業再建実務についての研修。

 税務や会計といった視点ではなくて、返せそうにない底だまりの負債を抱え込んだ企業に対して金融機関といかに債務整理について交渉していって、少しでも経営者にとって幸せが感じられる企業再建を実務の視点から考えてみようという研修です。

 年間で10日間位の終日研修ですが、こういった債務返済が膠着した際の金融機関の動き方が完全にイメージできないことから、具体的な設計図が書きにくかったのですが、何とかこういった穴の部分を埋めるためにも頑張って研修をしないとなあということで研修参加しています。

 うちの事務所でも今までで十件前後のお客さんについて、程度の差こそあれども経営不振の状況に陥って金融機関と企業再建をテーマにした交渉をする際の支援をしてきました。幸いにもその都度、その都度、全力で事に対処して上手く事案が処理出来てきているので良いのですが、やはりこういった際の対応セオリーをもっと盤石の自信のもとで組上げて行きたいなあと思っております。

 税理士は会計や税務だけ一生懸命にやってたらいいのだという世界はもう終わりを迎えているように思います。ここ数十年のトレンドを見ると日本の企業数は物凄い勢いで減少を続けていますが、その終わらせ方一つとっても、経営者を始めとして全ての関係者がハッピーエンドを迎えられるように適切な水先案内ができる役割を果たせる立場に立てる者は零細企業においては税理士しかないのではないかと思っています。おそらくそういった社会的役割を世間が求めるようになってきているのだという事です。

 何とか零細企業の身近なジェネラルな相談者たらんという希望を持って勉強を進めるべきだと思いますが、実際に勉強をしてみると難しいもんです。

 先ほど家に帰ってきましたが、完全にグロッキー。復習もせずに、まずは昼寝をして気力を回復させないと...。

サッカー ワールドカップ

 今朝、サッカーのワールドカップグループリーグ第3戦の日本-コロンビア戦が行われましたが、残念ながら大惨敗。結果的にグループリーグ敗退が確定しました。

 選手の良し悪しや、日本代表チームへの評価なんてことは、私自身がサッカーという競技経験者でもありませんので、コメントしてもたいした意味がありませんので「お疲れさん。」という気持ちだけですが、マスコミの報道がどうにかならないのかなあと思ってしまいます。

 直前の報道ではグループリーグ突破は当然ってな風潮の報道が横行し、調子が悪くなると一転して監督の戦術批判を繰り返してみたり...。視聴率や販売部数を増やすために人気を煽りたくなる気持ちは理解できますが、ちょっと極端に過ぎる気がします。

 コメンテイターのコメントを聴いていても、冷静な分析という物より感情に走ったイケイケムードのそれの方が好まれるようで...。公共の電波を使ってわざわざ幼稚なコメントを流さなくてもなあと思います。



 それにしても日本と同様に初戦敗退したギリシアが最終的にグループリーグを突破したのですが、第2戦目の日本戦、さらには第3戦目のコートジボアール戦を見ていると本当にしたたかで、大人のサッカーだなあと思います。

 マスコミ取材の中でヒステリックに自分たちのサッカースタイルを語っているところを取り上げてみたり(ワールドカップ本線が始まってからそんな事を殊更に語っても最早意味がありません。もう語るより行動する段階に入っているのですから。)していますが、スポーツ選手なんだから口で訴えるより体で結果を出さないとなあと思います。その点ではギリシアは自分達の理想のサッカーなんて青臭い話をせずに、今できる事を泥臭く獲得していくスタイルが凄い(要は勝たなければ何も始まりません。戦術を論じている場合ではありません。)なあって感じです。私自身の生き方もかくありたいと思っています。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR