FC2ブログ

日曜日の残業

 ただ今、18時。さっきのブログに書いたように遅い時間帯から事務所に出勤したので残業になってます(遅い時間帯からの仕事ですから残業とは呼ばないかも?)。

 もちろんスタッフは誰もいませんが、私と嫁さんと1ヶ月振りに帰って来た長女の3人です。長女は税理士の勉強中ですが、いろいろと雑用に忙しいもので緊急に呼び出して単純作業を手伝ってもらってます。まあ、家内制手工業という趣で家族でシコシコと仕事に取り組んでます。

 先ほど嫁さんと長女の二人から「小腹が空いたのでミスタードーナッツへ行って何か買ってきて。」と指示が...。私も「忙しいから...。」と応戦したんですが、如何せん女二人の口に男一人が立ち向かったところで...。外に出ると雨が降っていて、一層寒さが身に染みる感じです。

 まだ残業が続きますが、ひと段落ついたらお客さんが池田にお好み焼き屋さんをオープンされたので、様子見を兼ねて家族3人で顔を出す予定です。

 店が閉まるまでに、とにかく仕事を上げてしまわなければ...。
スポンサーサイト

ゴソゴソ、ガサガサ、ウンウン

ゆっくりと起床。

 走ろう走ろうと思えど、気持ちばかりが空回り。嫁さんは朝早くから学校へ。一方、私は必要以上にダラダラと過ごして9時頃から我が家の掃除。だいたいは1階だけを掃除機掛けして終わらしているのですが、今日は1・2階を丹念に掃除機掛け。さらに風呂掃除。そして和室(片付けるものが面倒臭いものはこの部屋に投げ込んで解決しています。御蔭で他の部屋は何とかゴチャゴチャにならずに済んでますが、この部屋だけは...。)の片付け。

 昼時になったので、一人でスパゲッティを作って...。しばし休憩。

 小一時間経って片付け再会。



 掃除機掛けの途中で、我が家のダイソンの掃除機が持ち手のところのプラスチックがパッキリと割れてしまった(9月末のブログにも書きましたが、モーターが動かなくなり大修繕に出してすごく調子が良くなっていたんですが、何せ他の部品も経年劣化で相当痛んできているようで...。)のでこれを購入した伊丹のエディオンに修理の依頼に出向いたりして...。



 なんやかんやと家の雑用をして、最後に風呂に入ってスッキリして上がってくると15時を回っていました。なんだか一日中家のゴチャゴチャを片付けていたようです。まあ年末の大掃除の前哨戦という感じですか。



 少しだけ「ケン」と遊んで16時頃に事務所に出勤。

 12月の特に前半に事務所の慰安旅行で4日間、タイのバンコクに行ってくる関係でスケジュールが超タイトになっているので、事前準備を整えておかないととてもじゃないけど乗り切れそうにありませんから、その下準備。

 ちょっと前に書いたメインバンクを交えた経営改善に取り組むことになった新規のお客さんや不動産管理法人の設立手続き、相続対策提案が2件、友達に頼まれた事務手続きが2件、某都銀で資産税のセミナー講師をするのでその準備、さらにTKC関連で経営改善関連のディスカッションの議長をするようなのでその準備...。さらに新規で経営改善の依頼が出てきているようでその対応も。これらに関してはまだ担当スタッフを決めていませんし、パッとスタッフを眺めまわしても皆忙しそうで、どうしたらいいのか?

 ルーチン以外の仕事を思い付くだけでもテンコ盛りですが、これ以外に意見聴取出の資料提出や税務調査における対応などもあり、既存のお客さんについてもあれやこれやと動かねばならない状態になってます。こちらについては、もちろん担当スタッフに動いてもらって解決するものも多いのですが、その相談もなるべく効率良く一発で終わらせていくために重要です。
   
 頭の中だけで考えているとやるべき仕事が洪水状になって私に襲い掛かってくるものですから、ひとつひとつをノートに書き上げて冷静に段取りを検討していくのですが、難しいパズルを解いていくような作業になっています。まさに我々の仕事をしていく上での醍醐味ともいえる部分(それらを取組む人によって効率や成果が全く変わってくる部分です。)ですが、考えれば考えるほど頭の芯がシビレてきます。

 仕事がこういう状態に入り込んでしまうと、気持ちの上で走るどころの騒ぎでは無くなってしまいます。まあ、ランニングやジムでのトレーニングに行けない言い訳になっちゃいますが...。
 

本日終了

 土曜日は昼から事務所に出勤して、月曜日の事務所の月初会議の資料作り。

 それから私自身が取り組むべき業務を書き上げて、優先順位を付けて...。さらに所長室の片付けも。

 なんやかんやとゴソゴソと仕事をしていて気付けば外は真っ暗。いつの間にか夕方からジムに行ってトレーニングをする気も失せてしまい...。今日から本格的にトレーニングを再開やと思ってたんだけど。

 なかなか一旦休養に入ったものを再開するのってたいへん。気持ちに火が付かないと言うのか何と言うのか...。



 今日は確たる成果も無く、ゴソゴソと仕事をして何となく疲れたので、嫁さんと二人で20時過ぎに事務所を後にして自宅に戻らず外食。

 私はそろそろ眠気が...。ウルトラマンのカラータイマーガピコピコ言い出したようです(古~っ!)。

 

神社にお参り

 土曜日は午前中は自宅でゴロゴロ。昼前に事務所に出勤。

 事務所の近くに呉服神社があるので、お参り。

 ちょっと時間が空くと、よく神社にお参りに行きます。事務所にいる時は徒歩1~2分で着くこの呉服神社(我が家の氏神さんです。)。出先に居る時は、その辺りにある近場の神社。結構よく行っている方で、週に2回くらいは欠かさず言ってる感じかな(数えてないけど)。

 子供の時から意味も分からず(今をもってしても大して意味が分かっていないのは同じですが。)に、よく神社やお寺でお参りをするのが好きでした。何故なのか分かりませんが...。



 このお参りの仕方ですが、拝殿の前でなけなしの御賽銭を入れて、二礼二拍手一礼をして、お参りをします。このお参りの時なんですが、若い時は「○○が上手く行きますように。」とか「××が手に入りますように」という御利益期待型のお願い事をひたすら唱えていたように思います。

 一番強烈な思い出があるのが、公認会計士二次試験の3回目の受験直前の頃の事。2回失敗して3回目の受験で、年齢は31歳。嫁さんのヒモになって無職で勉強していましたから、家計的にもアップアップの状態です。さらに長女が嫁さんのお腹に宿っていましたし、失敗は許されません。元々勉強なんてまともにした事が無い自分が「清水の舞台から飛び降りる」ような決意で始めた受験勉強でしたが、勉強にほとほと疲れてしまって今回の試験に落ちると「もう二度と勉強なんてようせんわ。」という気持ちになるだろうなあと予想されるくらいまで精神的にも追い詰められていました。

 完全に追い込まれたような心理状態ですから、もう恥も外聞も無く「試験に通らせて下さい。」的なお願いをしていました。まさに「藁にすがる」って言う表現がピッタリって感じです。

 おそらく神さんも「かなんやっちゃなあ。」と思われたに違いありません。好き放題に生きてきて、ちょっとした思い付きで勝手に始めた受験勉強の最終局面に、臆面も無く「試験に通らせて頂戴。」と自分の努力を棚に上げて、無理難題を押し付けてくる傍若無人な輩ですから。普通はこんな身勝手な奴とは関わりを持たないようにした方が幸せってなもんです。

 今思い出しても、顔が赤らむような話です。



 そんな反省もあってなのか、いつの頃からか拝殿でお参りをする時には「神さん、ありがとう。」とか「感謝してます。」って素直な気持ちで唱えるようになってきました。御利益期待型の出番はほぼ無くなった(何か大きな困り事が出現するとまた顔を出すのかもしれませんが。)感じです。

 まあ、歳を取って「自分自身の願望がそんなにスムーズに通る事もないよね。」という事が体で分かってきましたし、いろいろと不幸な局面を目にする事が多くってそんな事態に至っていない我が身がありがたいと思うようにもなって来たからなんだと思います。いわゆる年の功というやつですか。

 命あっての物種。病気もせんと、今日も美味しくご飯が食べられ(食べ過ぎで困ってますが。)て、それなりに楽しく生きていられるってこと自体が充分に幸せなんだということが、身を持って分かってきたのかなあと思います。

 でも、この幸せって、しっかりと見詰めていないと「平凡で何だか面白くないなあ。」なんていう気持ちに押し流されがちですから、ついついドラマチックな物事を我が身と見比べて「今一、盛り上がりに欠ける奴やなあ。もうちょっとなんとかならへんやろか?」なんて不満を感じたりしてしまうんですが...。
 

土曜日は雨

 早起きをして走ろうと思っていたら、雨。

 「しゃあないなあ。」と言いながらほくそ笑む私。

 ちょっとずるい気がするけど、さすがに雨の日は走れません。

経営改善

 金曜日の午前中は今回新たなお客さんになってもらった会社さんのところに訪問してきました。

 まだ顔を出すのは3回目。

 資金繰りが非常に厳しくて、このままでは年末を乗り切れるかどうか自信が無い状況です。メインの金融機関さんに事前に電話連絡し(場合によっては経営改善計画を策定して借入金返済を止めるお願いをするかもしれませんという打診も含めて)て、今日は会社で3者面談をしました。

 社長としては借金返済を止めて経営改善に取り組むという行動に移ることに抵抗感があって、意地でもお金を掻き集めて借金返済を続けて行きたいとのこと。その意気や良しなのですが、お金が集まらない場合にはしんどい話が待ていますし、今回のピンチが凌げても今後がスムーズに運んでいくのかというと?です。

 金融機関側はこの辺りで借入返済を一度ストップして、経営改善計画に真面目に取り組んでちゃんとした財務体質を作り上げてもらった方がいいんじゃないですかというスタンス。まあ、金融機関側から見るとこの社長さんが会社を立て直す見込みをまだまだ見捨てておらず、積極的に支援していこうという姿勢であることだけは確かです。ありがたい話です。

 一見すると、どちらがお金の貸し手でどちらがお金の借り手か分からないような台詞の応酬になっていました。

  私としては借入返済を止める、止めないは、一度ちゃんとした経営改善計画を立てて資金繰りの状況も明確にする段階でしっかりと考えたらいいので、今の段階では両面で話を進めていきましょうという感じで話をしていました。まだまだ会社の細かい状況が分からないので、状況把握に務めてリアリティのある現状の説明と将来の提案をするまでには至っていません。

 ただ1時間ちょっと社長や専務と金融機関の方と税理士の3者が角突き合せて本音ベースで話し合いをもったことで、今までお互いに理解できていなかった細かい内情も分かってきて、「それは使えるねえ。」なんていう意見も何個か飛び出したりして、非常に有意義な打ち合わせになったんじゃないかなと思っています。

 最終的に私側からの提案で、来週にもう一度3者で面談して実際の経営改善計画作りの作業に入っていこうという事に落ち着きました。金融機関の方に同席頂いて厳しい指摘を受けながら、両者の考え方を何とか擦り合せて行けたらいいなあと思っています。

 今のところメインバンクとのみ打ち合わせをしていますが、ここで経営改善計画を作り上げたらそれ以外の金融機関と打ち合わせをする事も当然必要になってきます(メインの融資割合が圧倒的に高い状況ですから。)。複数行の金融機関の意見調整ですからなかなか大変な事態も予想されますが、今日のところはなんとか前に話が転がったんじゃないかなと思います。

 全ての打ち合わせが終わって会社を後にしたら、おそらくかなり集中力を高めて面談をしていた反動なんでしょうが、ガクンと疲労感が襲ってきました。昨夜もベッドに入ってからあれやこれやと悩んで充分には眠れなかったしなあ...。

 とりあえず午後は事務所に戻って、細かい作戦作りに没頭です。 

シーズンオフ終了 そろそろトレーニング開始でトレーニングジム入会

 夕方、事務所のある阪急池田駅の隣駅である阪急石橋駅にあるトレーニングジムの「ティップネス」に申し込みをしてきました。

 ようやく心と体の疲労感が抜けてきた感じ(体が疲れ切ってしまったと同時に、ランニングそのものを見るのも嫌な感じがしていました。)がして、そろそろランニングモードを再開しても良さそうな気配がしてきましたし、1月11日の宮古島ワイドーマラソン100㎞も迫って来ているのでコンディション作り的にもタイムリミット(ちょっと遅きに失した感じもしますが。)だし。



 先シーズンはとにかくトレーニングでは超長距離を一人で走り(例えば次女の下宿のある瀬田まで60数kmを走ったり、北摂の街を30km前後走ったり...。)、「超長距離を走る」という事に体を慣らす事がテーマだったんですが、今シーズンはそれに加えて根本的な体作りも頑張るという事をテーマにしたいと思っています。



 なにせ一生懸命にスポーツに取り組んでいたのは28歳まで。それ以降の25年超は仕事オンリーの超不節制人生を過ごしてきたお蔭で、見るも無残なブヨブヨのボヨボヨ体形(体重が20㎏ほど増量です。)になってしまったもので、とにかく普通に運動できる体を手に入れるために数年かけてロードバイクに乗り、ランニングと取り組んできましたが、ようやく曲がりなりにもフルマラソンなら4時間をあとちょっとで切れる程度の走力が付き、超長距離の100㎞も必死のパッチで走り切れるまでに回復してきました(昔の自分と比べると見る影もないのですが、それはなるべく考えないようにしています。)。

 そんな現状からさらにもう一歩踏み込んだ世界で遊ぶために、昨シーズンはとにかく理屈抜きに超長距離を有無を言わさず我慢して走るという動作を体に浸み込ませる事が最優先で頑張ってきました。本当に馬鹿みたいに淡々と走り続けました。結果として、ありがたいことに100㎞クラスのウルトラマラソンであれば普通に事故や故障なく走れば、完走そのものはそんなに難しいものではないというレベルには到達したのかなと思っています。

 そこで今年は超長距離を走るだけでは終わらさずもっと速いタイムで余裕のヨッちゃんで走り切れるように、すっかり衰えてしまった筋力を大きな負荷に耐えるというよりも持久的な意味で鍛え直し、ストレッチにも取り組んでロスなく走り続けれる柔軟な体を手に入れ、最終的に体重を劇的に減らして今よりもっと楽に走る事ができるようになるぞということが目標だと思っています(一年ぐらいの努力では手に入らないと思いますが、そういったテーマに取り組む初年度という感じです。)。

 あまりに自分の体の落ち込み方が酷かったので、何事もまとめて全部について取り組むと無理が出ますから、年々ひとつづつテーマを設けて徐々にランクアップに取り組むという事です。本当に計画的な考え方で惚れ惚れしますね。

 「さすが伊達に54年生きて来たんじゃないなあ。」と一人で悦に入っているところです(笑)。



 ちょっと前置きが長くなりましたが、受け付け初日の顛末をここで書きます。

 入会申し込みの事務手続きを終わらせて、今日は体重計と体組成分析計が一緒になっているマシーンに乗って体の測定をして、それでお終い。

 本当はそのままトレーニングを始めたい気もあったのですが、なんだか色々と書かされて、説明を受けて疲れてしまって...。さらに「体組成分析カルテ」なるものを渡されてしげしげと眺めた内容が辛くって、心がめげたというのもあるんですが。



 まあ予想された事ではありますが、「スタイルウォッチ」という項目では完璧な「肥満」というカテゴリーに入っていました。また「メタボウォッチ」という項目でも、あっさりと何の言い訳の余地も無い完璧な「メタボ」になっていました。

 「体組成ウォッチ」という項目にはいろいろな小項目が並んでいるのですが、まあはっきり言って「あなたは肥満だってことが言いたいんやろ。」と言わんばかりの内容になっていました。

 「ウ~ン。」と唸りながらも、こうもはっきりと「デブ、ブタ、肥満」って書かんでもいいのに...なんてメソメソしながらスタジオの隅に棒立ちです。

 まあ、「こんなデブが100㎞を走り切ったり、フルのトライアスロンを完走するのですから、ある意味立派だ。」とも言えるのですが、誰が聞いてもなんか言い訳臭いしなあ...。なんか恰好良くないなあ。

 こんな事を考えていると、さっきまでの前向き思考100%の自分がみるみるしょぼくれてしまって、「今日は入会手続きという大仕事をやり終えたんやから、これぐらいにしといたろ!」と自分を励ますように呟いて、逃げるように家まで自転車に乗って帰ってきました。

 家に帰ってからは「ケン」を連れて散歩。その後は「ケン」とひとしきりじゃれ合って過ごしています(この時間が一番楽しいです。なにせ「ケン」は私に向かって「肥満」とか「メタボ」とか「デブ」とは言いませんから...。)。

 まさに前途多難です。

 
 


 

来年のレーススケジュール

 来年のレーススケジュールを考えてみると出ようと心に決めているのは下記の通り。

 1月  宮古島ワイドーマラソン大会(ウルトラマラソン100㎞)
 2月  紀州口熊野マラソン(フルマラソン)
 4月  全日本トライアスロン宮古島大会(スイム3㎞・バイク155㎞・フルマラソン)
 5月  鯖街道ウルトラマラオン(山岳ウルトラマラソン77㎞)
 6月  隠岐の島ウルトラマラソン(ウルトラマラソン100㎞)
 9月  村岡ダブルフルウルトラランニング(山岳ウルトラマラソン100㎞)

 こうして書き上げていくと、自然とフルのトライアスロンとかウルトラマラソンとか超長距離系の大会ばかりが上がってきます。やっぱり私的には超長距離系が性に合っているのでしょう。40~50㎞くらい走ってきて、「おい、おい、これから先どうすんねん。もう既に脚パンパンやし...。」ってな不安と闘いながら、ラストの10~20kmで味わう非日常感覚が楽しいのでしょう(一般の人には理解不能なんでしょうが...。)。もはやスポーツ競技というよりは旅、ひょっとしたらアドベンチャーに近いような感覚といったらいいのでしょうか。

 フルマラソンだと精も根も尽き果てるような次元を味わう事も無く(筋肉的にはすぐに限界を味わっていますが。)、「あれ、もう終わり?」みたいな感じがしてきて...。

 今年もこれと似たようなスケジューリングで一年を過ごしましたが、仕事がとことん忙しかった事も手伝って、9月の村岡ダブルフルウルトラマラソンが終わって完全にバーンアウトしてしまいました。

 来年は、もうちょっと仕事も落ち着くだろうし、トレーニングと休養、さらに体のメンテナンスに気を遣って上手く一年間を乗り切って行きたいと思っています。

 この基本的なコマ割りに、3月末のOOSAKA淀川ウルトラマラソンを割り込ませたり、秋頃に一本くらいフルマラソンを捻じ込んだり、遊び系のユルユルの大会を入れたり...。この出し入れを考えるのが楽しいところです。

 ひょっとしたら実際に大会に出場するより、こうして来年の予定を考えていて何となく出場したらこんなすごい記録が出たりして...なんて妄想の世界に浸っている方が楽しかったりして...。

 こうして机上で物事を考えているとどうしてもジジイの体力を顧みず、過剰なスケジュール設計をしてしまうことになるので、頭で考えた世界の2~3割引きくらいが一番具合のいい辺りなんですが...、ついつい張り切ってしまって。

 まあ、こんな細やかな事でああでもない、こうでもないと考えを巡らせているのは、どっちにしても本当に幸せな事なんですがね。

OSAKA淀川ウルトラマラソン2015

 何気なくインターネットを見ていると淀川でウルトラマラソンが開催されるみたい。

 ホームページを見ると枚方を起点にまず樟葉で折り返してそのまま淀川を流れに沿って下流に向かって走り、柴島で淀川大堰を渡り淀川右岸に移って淀川の流れに逆らう形で島本まで走る。島本で折り返して再び柴島で元の左岸に移って枚方がゴールという100㎞コースです。

 まさに完全フラットコース。

 3月29日開催ですから、そんなに暑くもありません。

 スタート時間は5時半で制限時間は13時間半ですから、天気が大荒れとかにならない限りはそんなに完走自体が難しい大会ではありません。

 

 4月19日に開催される宮古島トライアスロンに向けて、いい足慣らしになるかも(ちょっと間隔が短いので疲れが抜け切らないかも...。)。

 来年のランニングやトライアスロンの大会スケジュールを考える上で、スケジュールを詰め込み過ぎて過労に陥ってパフォーマンスダウンを招くのだけは避けたいし...。

 出るか出ないかは迷いどころ。

 明日から受け付け開始の様ですから、一晩じっくりと楽しんで迷います。

 
 

大雨の朝

 昨夜は嫁さんと二人で行きつけの居酒屋さん「蓮」へ。

 店のお母さんと嫁さんのいつまで続くか先が見えない長話(横から会話に割り込もうと思っても全く入れません。)の横で、眠たくってフラフラになっていました(といっても20時過ぎには帰りましたが。)ので、帰宅後ちょっとしてすぐに就寝。



 昨日は昼寝を3時間、さらに21時前の早寝とさすがにこれでもかというぐらい睡眠時間を確保しましたので、今朝はすっきりと目覚めましたが、外は大雨。

 朝一から走りに行こうと思っていたのですが、断念。走りに行けなくて残念という気持ちと走りに行かなくても許されるという解放感が綯い交ぜになった気分を味わう。

 そのまま二度寝(まだ寝るか?って感じですが、これがまた気持ちいい。)。



 ゆっくり目に起床をして、原稿を少し書いて朝。早目の出勤。

 今日はウィークデイの始まり。

 「さあ頑張るぞ!」

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR