FC2ブログ

ふるさと納税

 夕方から平成26年分のふるさと納税を一生懸命にしました。

 好みの地方自治体に寄付をすると一定の控除限度額までであればその金額から2,000円を控除した金額分だけ所得税がお安くなって、尚且つ寄付先の地方自治体から寄付額の4割くらいまで(返礼率は結構ピンからキリまであるようです。)のお礼の品が還ってくるという制度。

 つまりその年の所得税はほぼ同じ程度ながら、寄付先から肉や魚...のお土産が貰えるってことなんで、お得感の高い仕組みで、ぼちぼちやる人が増えているようです。

 私も仕事に追われてやるタイミングを逃し続けて、大晦日にタイムリミットを横目にしながらせわしなくふるさと納税をする事になりました。

 実際にやってみると、寄付を受ける地方自治体によって受け入れ態勢が全く異なっていて、お礼の品も物凄く広いラインナップから選ばせてもらえるところから何の用意もしていないところまで、手続きのしやすさもピンからキリまで、支払いのしやすさもクレジットカード決済を認めていたりいなかったりということで、本当に多種多様なんだなあと感じました。

 少なくともふるさと納税という制度は所得税の枠の中で認められた制度ですから、地方自治体とすればもっと寄付を受けれるように使い勝手を良くするための努力を払わないとなあと思われる市町村も多く散見されました。まあ、色々な考え方があるのでしょうが、考え方の問題というよりはやる気の問題じゃないのかなと思ったりしています。

 とりあえず全国津々浦々のお礼の品を眺めていると、新鮮な魚介類や極上の牛肉、豚肉、鶏肉の類、野菜や果物、加工食品など本当に多種多様で飽きる事がありません。

 貰う品物によってはもっと早い段階で締め切りもしくは売り切れというのもあったので、平成27年にはもうちょっと計画的に早いタイミングでじっくりと選ばないとなあと思っています。

 紅白やその裏番組も一切見ず(隣の両親の家でテレビを見て過ごすことが多かったのですが。)、パソコンをパチパチやって過ごす大晦日。初めての体験です。、

 
スポンサーサイト

ようやくiPhoneの引き取り終了

 さっき事務所の近所にある混雑しているauショップへ行って、ようやくiPhone6Plusを引き取ってきました。

 データをitunesにバックアップしなさいという指令を長女の助けでクリアーできたので、ようやくって感じです。

 長女にこの指令を伝えたところ、大笑いされました。どうやら私はスマートフォンを使うのはもったいない人間なんだそうです。まあ、携帯電話でも何ら不自由しませんから、言っていることはごもっともなんですが、やっぱりちょっと悔しくて...。ってなんのこっちゃ?

 眼の前で私のノートパソコンにitunesをダウンロードして、さらにiPhoneのデータをゴチャゴチャとバックアップ。知らん間に得体の知れない事ができるようになったもんです。ちなみに今まで使っていたiPhoneに保管されていたデータ量のあまりの小ささに二度目の笑い。やっぱりスマートフォンはもったいないらしいです。

 いつの間に世間の皆はこういう物を当然の顔をして使えるようになるんだろうか? とっても不思議。

 別に怠けている気はないんですが、皆の動きから大きく周回遅れになっているこの状況。

 「なんでだろ~?」



 引き取ってから感じたんですが、さすがにiPhone6Plusの画面が無茶苦茶大きいです。

 私は指が太いので、今までのスマートフォンではキーボードタッチの誤入力が多かった(これがイライラします。相当気を付けて打っても隣の文字が入力されたりして...)ので、これでちょっとは楽になるかも。

 

郵便局の粋なはからい

郵便局の粋なはからい ダウンサイズ 以前facebookで知ったのですが、我が家でもたまたま年賀ハガキをゴソゴソとやっていたら干支一回りの12年前の年賀ハガキが出てきたので現物で確認しました。

 右側が12年前の年賀ハガキで、左側が今年の年賀ハガキ。

 そうです。羊さんは自分のウールを使って、12年かかってとうとうセーターとマフラーを完成させたんですね。頑張った甲斐あって今年の羊さんは温そうに寛いでますね。

 なかなか12年がかりのデザインですから、人に言われなければ気が付かない粋なはからいですね。

 消費税増税のあおりで、残念ながら郵便料金も値上げになってます。

今朝も走った

 昨夜は早く帰ろうと思いながら、結局21時頃まで仕事。いざ帰ろうと思うと、あれとこれをやっとかないとなあ...なんて事になって。

 何だか疲れたなあって感じで起床。

 昨日から走り出して2日目。今朝も箕面周回特大コース 12kmを走りましたが、早くも体が順応を始めて昨日の息苦しさは影を潜めました。体は重たいままですが、とりあえず6分/km程度のペースだと普通に走れます。最後の2kmほどは5分40秒/kmを切るくらいまで自然とペースアップしましたから、3ヶ月間のランニングの中断明けにしてはマズマズです。

 1月11日の宮古島ワイドーマラソン100Kの事を思えばまだまだって感じですが、昨日走り出してみて「一体どうなる事か?」とうろたえた事を考えるとちょっと嬉しい誤算でした。

 まあ、100Kマラソンはさすがにそんな甘いものではないので、50㎞を過ぎた後半辺りからさすがにメロメロになるのでしょうが、なんとか遅れ遅れでも前半の50㎞はバタバタとやり過ごせるんじゃないかと甘い思惑がムクムクと頭をもたげだしています。

 正月三日間は悪天候という天気予報が出ているのですが、何とか悪天の合間を縫って練習距離を稼いで、宮古島ワイドーマラソン100Kに備えておきたいところです。

今日は早めに帰ろうかなあ

 年内の細々とした片付けに目途が付いて来ました。

 後は新年早々からやるべき仕事の書き出しや、電子ファイリングにし損ねて机の上に積み上がっている資料のスキャニングとか...。

 明日から年末年始にかけて大きな仕事に取り掛かろうかと思っています。が、それなりの踏ん切り、勢いってものがいりますので、今日はほどほどのところで仕事を切り上げて休養にしようかなあなんて思っているところです。

 そう言えば「携帯電話のデータをituneに退避しておいて下さい。」って言われてたし、ふるさと納税もせんとあかんしなあ...。



 仕事をしながらも、頭の中ではちょっとでも楽しそうな生活を過ごしている妄想が膨らみます。「仕事に集中せえ。」と命じても、なかなか言う事を聞いてくれない今日の私。
 

今日も仕事、多分明日も...明後日も...

 暮れも差し迫った12月30日。

 朝ランをして、朝風呂に入って、「ケン」と遊んでゆったりとした朝の時間を過ごして、ゆっくりと嫁さんと事務所に出勤。11時出社です。

 さすがに世間さんは長期休暇に突入しており、事務所への色々な電話はかかってきませんから、超ゆっくり出勤も許されます。



 自分の机に座って、美味しいお茶を一服。

 私はコーヒーというより日本茶や紅茶が大好き。こういった静かなひと時に、落ち着いて飲む日本茶って本当にホッとします。

 今日の仕事の一覧を見ながら作戦を立てて...。



 こうして一生懸命に働いているのはいいのですが、何だかプライベートの生活と仕事の差がほとんど無くなってきました。目が覚めると仕事。多少は走ったり、人と喋ったりという楽しみの時間はありますが、それとても僅かなものです。

 まあ、個人事業主と言えば、そういうものかもしれません。

 よく仕事とプライベートをきっちりと分ける話がありますが、サラリーマンなら良く分かる話ですが、零細企業の事業主だとなかなか実現するのが難しいのかなと思います。要は仕事の取り方、段取りの組み方なんでしょうが、どうしても自分の力の許すギリギリまで仕事をとりにかかってしまいます(無理だったら最後は自分が死ぬほど頑張ったらしまいやと思ってしまいます。貧乏性かもしれません。)。
 
 家族も結構仕事に巻き込んでしまってますし...。

 まあ、そういう事が嫌だったら個人事業なんてあまり考えない方がいいのかな? あくまで私見ですが。

 毎年、「仕事とプライベートをきっちりと分けていかんとなあ。」と思いながら、ちっともそうならない事を繰り返してきましたが、本年もとうとうそういう事になってしまいました(まあ、本当に変えようとどこまで本気で思っているのかちょっと疑問の節もありますが。)。

久々に朝ラン

 久々に朝一でランニングをしてきました。

 箕面周回特大コース 12km。

 走り始めからすでに体が重く、ノタノタと地面を舐めるような走り。息もすぐに上がって、苦しい。

 全く走れていないんですが、それでも辛抱に辛抱を重ねて何とか完走です。全く爽快感も無く、こんなんで2週間以内に本当に100㎞のウルトラマラソンが完走できるのか?という疑問だけがムクムクと湧いてきました。

 嫁さんはあっさりと「無理なもんは無理や。」と断言してはりますが...。

 何とか今日から1週間分くらいはランニングのトレーニングを重ねて、誤魔化しながら走ったら何とかなれへんでしょうか? って誰に聞いてんねん。ほんまに。

献血失念

 朝、事務所で仕事をしていると、近所を広報の車が走って「献血のお知らせ」を流していました。どうやら事務所から徒歩1分の駅前広場でやっているようです。

 そう言えばここ最近ずっと忙しさにかまけて献血に行けていないなあ(手元の記録を調べてみると何と丸々一年間行ってませんでした。すまぬ。)と思い、仕事がひと段落したら行こうと密かに決意していたんですが...。



 ようやく主要な部分のケリが着いて、携帯電話の機種変更に行くために事務所を出る時にハッと思い出しました。そうです。完全に献血の事を失念してしまっていました。



 ここ最近、ひどくなる気配の物忘れもここまで来ると悲しいもんです。

 献血を必要としている人に申し訳ないなあ。元気だけが取り柄の私が手軽にできる社会貢献なんだけど...。

 そろそろ呆けの治療が必要なんでしょうか?

iPhone6Plus

 夕方に近所のauショップにiPhone6Plusが入荷されたとのことで、引き取りに行きました。

 何となく新しい携帯ってワクワクするもんです。

 が、カウンターで契約更新の説明を聞いていて、あんまりにチンプンカンプン。とても日本語で喋っていると思えない説明で、気が遠くなりそうでした。

 「auスマートパスに加入はいかがなさいますか?」とカウンター嬢。

 「auスマートパスって何ですか?」と私。

 「auスマートパスというのは.....。」

 ほとんど説明について行けない私。集中力が切れそうになりましたが、ここで諦めたらアカンと思い直して必死で食い下がりましたが、結局何の事やら...。

 眼の前のカウンター嬢は、ひょっとしてフランス語か何かで喋っているのかしらん。

 「電話カケ放題プランを選ばれた場合にはデータ定額プランも容量をお選びいただけます。3GB、4GB、5GB...。」って一体何の事。そもそも私は何GBのデータ通信をしているんだろうか?

 って未だに携帯電話から電話と簡単なメール、時々マップとInternetを利用してる程度だから、さほど使ってないんだと思うんですが、データ容量が超過すると何やら怖ろしい事が起こるような気配で喋りはるし...。



 結局、今のiPhoneのデータをitunesにバックアップしてからでないと手続きが進められないらしくて(このバックアップっていったいどうしたらいいのやろ? えらい難問です。明日までにやらんとあかんみたいです。娘に相談しようと思ってます。)、途中で帰って来たんですが、えらい時代になったもんです。娘に付いて来て貰わないとお手上げです。

 たかだか携帯電話ひとつの機種変更が、どうしてこんなラビリンス状態になってしまうのか?

 「もうジジイは携帯を買うな!」と言われているような...。

 もう機種変更なんて無謀な事は、これで人生最後にしとこと思っています。

 そもそも携帯電話を持つこと自体が嫌なんですが、仕事の関係で仕方なく持ってます(未だに携帯電話が鳴ると「何か悪い事が起こったんちゃうか?」とドキドキします。)。どうせ持つんだったら新しい機種の方が良さそうな気がして、今回買い換えるのですが、こんなややこしい事になるなんて。私が無謀でした。

 「とにかくちゃんと電話が繋がって、損しないプラン」ってもんがないもんでしょうか?

 この分では、都市部で何とか仕事をしているよりも、仕事も山で芝刈りをしに行った方が何となく性に合ってそうで良さそうですね。

 

とにかく仕事

 年末にも拘らずとにかく仕事をしています。

 事務所の仕事納めは先週末の金曜日でしたが、それ以降も私と嫁さんは出ずっぱり。まあ、毎年の事ですが。

 事務所に籠って仕事ばかりしていると精神的に煮詰まるので、とにかくやたらとブログの更新に走っているようです。気付けば、取り留めもない事をひたすらブログに書き殴ってストレスを解消しているような感じになっています。まあ、それもブログの持つ効果の一つなんでしょうかね。



 今朝は7時前後に事務所に出勤。とにかく時間に追われて仕事です。何とか13時に来られるお客さんへの提出資料は片付いたので息抜きをしているところです。

 宮古島ワイドーマラソン100Kに向けたトレーニングなんてさっぱりできていませんから、せめてストレッチの類だけでもしておこうかと罪滅ぼし的に事務所でゴソゴソと...。



 いろいろとあった一年でしたが、年末に差し掛かる2~3ヶ月は爆発的な忙しさに見舞われました。現時点でもまだそれは収まり切っていませんが...。

 新しいお客さんが増えて増えて...。世間的には羨ましい話なんでしょうが、処理キャパというものがあります。また声を掛けて頂けるお客さんも、平凡に淡々と仕事をこなしていけば済む案件もあるにはあるのですが、「資金繰りがたいへんで...。」とか、「このまま行ったら会社が危ないんだけど、どうしたりいいのか分からない?」とか、「金融機関の返済を続けれなくなってえらい事です。」という喫緊の大問題を背負っての依頼が多いもんで、予定外、想定外の動きを要求される事も多くて忙しさに拍車をかけた感じです。

 この仕事をさせてもらっている上では冥利な事なんですが、もうちょっとプライベート面での余裕が欲しいところです。贅沢ですが...。仕事というのは一か所に集中するという性格があるようで、なかなかほど良いペースで集まるというものではないようです。



 今の仕事をひとわたり片付けたら、ルーティンワークとしてトライアスロンのトレーニング(宮古島大会はあいにく抽選漏れになってしまいましたが。)を復活させたいところですし、もう全く読める様な状態でなくなっている読書も再開したい。来年こそ、今まであまり手を付けてこなかった自分にとって未知の遊びを見つけて来てトライもしたいもんです。それよりなにより週に一日はゆっくりと家で寛げるような生活に憧れがあります(そうなってみると存外退屈かもしれませんが。)。

 あれもこれもと夢が膨らみますが、その前に目前お仕事を綺麗に片付ける大問題と向き合わないと...。
 

  
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR