キャリア教育

 土曜日の午後はキャリア教育のセミナーに出席するために梅田まで出ていました。

 小中高大学生に対して、キャリア教育を学校や企業が協力して行っていこうという試みです。その道、その道で働いている社会人が自らの職業体験を学生に伝える事をキャリア教育と言っているようです。

 私らが学生の時はこんな試みなんて何一つ無かったもんなあ。



 いろいろとキャリア教育に係って来られた企業さんや学校側が体験を発表されていたのでひたすら聞いていたんですが、心に残ったのはキャリア教育をする側の人間が、結局自らの働くことの意味や仕事そのものを問い直すきっかけを与えてもらう場になるというところ。

 学生たちに講演や実技を通して自らの仕事を伝えようとすると、やっぱり自分自身の言葉があやふやでは伝わりにくいので、これをきっかけに自ら働くという事について問い直すことになるようで、まさに教えに言った人間が教えられていたって事なんだと思います。

 ある種の社会貢献ですが、それに留まらず自らに跳ね返って切る体験も大きいとの事。

 面白い試みだなあと思いました。



 学生の方も、学校内の閉鎖空間で先生から一方的に教えられているのではなく、実業に就いている人のアドバイスの下で、働くという事を体験していく事で自尊感覚が高まるようです。

 一見、学生と実業で働いている人とはあまり接点が無く、一緒にしても何も生み出しようがない感じがしますが、実業で働いている人の本物感は学生にちゃんと伝わるようで、多くの物を生み出しているようです。やっぱりその辺りは人間同士ですから分かるんでしょうね。



 私が属する会計や税務に関する業界に入ってくる人たちを見ていて、その関心が知識や技術に偏っている事に以前から違和感を感じていました。

 私たちの業界では中小零細企業の経営者さんの横でしっかりとコミュンケーションを取ってその考えを整理し、実現可能性が高まるようにサポートをしていく事を強く求められます。

 もちろんそういったサポートをしてくために一連のしっかりとした知識や技術が要求されるので、そういったものを身に着けている事は重要な一要素になりますが、それだけでは足りません。根本的には人としてしっかりと器を広げて、フラットな気持ちで色々な事象にフレキシブルに対応する人間力が求められますし、その底辺にはたいそうな話ですが人間愛が横たわっていなければならないと思っています。よく考えてみるとこれはどの仕事でも同じ事なんですが(結局やっている事は違いますが、根本は同じことのように思います。)、そこまで仕事を掘り下げる事ができたなら私たちの仕事(どの仕事もですが)って本当にいい仕事になります。そういったところを、現在会計や税務を勉強している学生たちに伝えれればいいのになあと思っています。そんな機会は無いものかと思いました。



 セミナーの合間に高層ビルから大阪平野の北側を眺めまわしていると、高さは無いけれども横に幅広い北摂連山に雪雲がかかり、本当に寒そうな冬景色でした。

 見ているだけで寒い!っと身震いするような光景でした。
 
スポンサーサイト

何だか得体の知れない夢を見た

 昨夜、何だか眠りが浅くって、起きても全然スッキリ感が無い感じです。

 快眠だけは誰にも負けないという自負があるんですが、ここ最近は駄目駄目です。

 更に、昨晩は物凄く苦しいというのか、焦っているというのか、怖いというのか...の夢を見ました。内容が思い出せないのですが、とにかく不気味な感じで、最後に「ワ~ッ!」と叫んだところで目が覚めたような感じです(汗)。

 夢占いをしようにも内容を思い出せないから、やりようもないのですが、何だかスッキリしないなあ。

 そう言えば、ここ最近はいったん眠りにつくとまさに前後不覚。夢の「ゆ」の字も見ない感じでしたから、珍しいと言えば珍しい事でもあります。

 何だか不気味...。

業界内のトレビアネタ

 昨日、とあるお客さんのところの不動産の売却の件で提携企業の方にいろいろと相談をさせて頂いておりました。

 もともとこのお客さん自体を、この提携企業の方からご紹介を頂いていたので、当然ながら紹介元の不動産会社の方に相談をしました(いろいろな提携企業の方がおられるので、この辺はちゃんと書いておかないと、あの人はあそことしか付き合わないとかいう色付けされているみたいなんで気を遣います。ブログの文章もちょっと不自然になったりして...(笑))。



 そこで話に花が咲いて、いろいろな不動産を取り扱う上での不動産業者としての目安や物の見方を教えてもらっていました。だいたいの北摂地域の賃貸物件の賃料相場や、飲食店が店舗を借りる際の適性賃料の大雑把な目安...etc。

 まさに現場感覚の話で、目から鱗。まあどこの書籍にも乗っていないけど、パッと物事を考える時に「当らずと雖も遠からじ」というものの数々です。

 業界の人に擦れば何を今さらってものなんでしょうが、隣接業界から見れば「なるほど~。」です。

 あんまり面白いので小一時間くらいの予定が2時間弱に。

 でも、勉強になりました。

 どこの業界にも、その業界特有のこういった簡単な目安や物の見方というのがあって、そこにはその業界の数々の知恵が詰まっています。ここにも書いてみたいのですが、細かい指摘をされると違うってな事になりますからこうやって後々まで残るものの上では書きにくいものですね。インターネットを叩けばなんでも分かるという風な世の中になってきていますが、なかなかこういった類の物は俎上に乗りにくい性質を持っていますので、仕事をしている上でふっと目に触れる機会があると本当に楽しいなあと思います。

 仕事の愉しみのひとつですよね。
 


 
 

TKCのニューメンバーズの集まり

 昨夜はTKC近畿大阪会のニューメンバーズの人を対象とした事務所経営セミナーがあり、もうとっくの昔にニューメンバーズを卒業して既に苔が生えかけている私ではありますが、参加してきました。さすがにTKC近畿大阪会入会後18年目ですから、あんまり若い人の場の雰囲気を乱すのもどうかなと思って、会場の隅で大人しくしていましたが。

 資産税畑で有名なT税理士の事務所経営についてのセミナーだったもので、一度は聴いてみたいなあと思っていた事もあって...。

 まあとにかくヴァイタリティーの塊のような人で、私なんぞはとてもとてもその域までは...って感じです。いろいろと勉強させてもらったのですが、一番印象に残った一言は「事務所も4人前後でやっていた時が一番楽しかった。それを超えて組織という体になってからは何事も運営が難しくなって...」ってところ。

 「そうやねえ。仰る通りやねえ。」って感じです。

 先生はそんな難しさも物ともせずに、なんとか解決して頑張っておられますが、我が事務所でも現在奮闘中。

 そうやねえ。4人前後の時は何をやるにしても、まず自分が頑張ればどうにかなったし、やったらやっただけ成果に繋がるようなダイレクト感があって楽しかったよなあ。まさに怖いもの知らずって感じ。

 それにひきかえ事務所規模が上がってくると、自分だけの頑張りだけではどうにもならず、事務所のスタッフの意識の総和で仕事の良し悪しが大きな影響を受けるようなところがあるので、本当に難しいなあと思います。頑張れば頑張るだけというダイレクト感が薄まり、スタッフを通じてお客さんと係る局面が圧倒的に増えますから、まずスタッフの意識が上がっている事が重要です。何も悪い事ばかりではありません(良い事や有利な事も多いから経営規模を上げようという動機も湧いてくるのですが。)が、やっぱり個人的経営の規模から組織的経営の規模にボリュームアップしていく段階で出てくる悩みっていうのは、全て自分がこれまで生きてきた過程で磨いてきた人間としてのスケール感の大小に寄与するところが多いので、そうそう簡単に一つの事を直したら即全部がスムーズになりますというような類の物でもなく...。

 かと言って自分にとって居心地の良い経営規模に留まり続けるというのも、自分の生き方としては違う気がする(人それぞれの判断だと思いますが。)しなあ...。

 まあ、そうやって人はその都度、その都度、自分の体の大きさにピッタリと来る器を捜し歩いて、着替えては首を傾げるヤドカリみたいな感じで、人生を確かめながら歩いていくものなのかもしれません。



 時間が無くて、池田の事務所から江坂の会場まで車で慌てて行ったもので、懇親会でアルコールが飲めず烏龍茶を何倍もお代わりしながら、会場の片隅でぼんやりとそんな事を考えておりました。

 

 

リクルート

 最近、事務所を長年支えてくれたベテランスタッフが独立をする事になりました。

 半月くらい前に申し出を受けた時は、一瞬「ウッ。」と息が詰まりそうになりましたが、そこは頑張って笑顔で話を聴いて基本的に彼の希望に沿う形で応じる話をしました。まだ詳細の部分は詰めていませんが、しっかりと考えてなるべく彼がスムーズな形で新しい自分の事務所を構えて事業スタートができるようにできる範囲のサポートはしてあげないといかんと思っています。

 確かに事務所の人繰りという意味では痛いのですが、辛い税理士試験を勉強する上で将来の独立を夢に描いて頑張るというのは自分自身がそうだっただけに理解ができます。まして長年に渡って貢献をしてくれているので、それに竿を指してはならないと思っています。



 また、ここ1~2年、凄い勢いでお客さんが増えていますので、これに対応していくためにもスタッフの独立の穴埋めと合わせて積極的にリクルート活動を展開しています。

 幸い、私たちの事務所の眼鏡にかなう候補者も複数名見つかって、何とかかんとか独立するスタッフの穴と増えるお客さんへの対処ができそうな状況まで漕ぎ着けてきました。ありがたい事です。一時はなかなか候補者自体も見つからず、本当にちゃんと人繰りが回っていくのか心配でならない時期もありましたが、ようやく目途が立って来て胸を撫で下ろしています。

 ただ、ここ最近こうして人材の募集をしていて感じるのですが、応募してくる人を見ていると40~50歳代の方に優秀な人が多く、30歳前後から下の年齢層でなかなかいい感触が得られないのが困ったものです。確かに40~50歳代の方は社会人として経験をしっかり積んで来られたという事で、その時点で見れば経験年次の少ない30歳前後から下の年齢層の方より評価が高いというのは分かるのですが、そういったものを超えて「最近の若者はもうちょっと元気を出して頂戴よ。」と言いたいところです。

 もちろん若い人の全部が全部、悪い訳ではありませんし、年配の人の全てが良い訳ではないので、年代層別に簡単に切り分けて論じる愚は分かっているつもりですが、面接をしていてどうにもこうにもこの違和感が払拭し切れずに困っています。

 うちの事務所としては、もちろん年配の方で即戦力的に動ける人も大歓迎ですが、長い目で見て今後の事務所を支えてくれる若年層もバランス良く採用していかねばならないのは百も承知の事。いろいろと現時点で能力の足りない点があることは認めるにしても、将来の成長可能性、もっと簡単に行ってしまえば元気、エネルギーを感じさせてくれる若年層の応募者が門を叩いてくれることを強く願っています。



 それにしてもスムーズなリクルートを展開していく事は事務所にとって最重要テーマの一つですが、ここ数ヶ月のリクルート活動の中で本当にいろいろと苦労もしましたし、新たに勉強もさせてもらいました。ようやく今回のリクルートの目途が立つまであと一息。長くて半月くらいの時間がかかりそうですが、最後まで集中力を切らさず頑張って、採用する側も採用される側も満足だという最高の結果になるように務め上げたいと思っています。

 

これから仕事どうするの?

 昼から15年以上のつきあいになるブティック経営のお客さんのところにスタッフと訪問してきました。

 年齢も80歳を超えて、後継者もおらず、売り上げも全盛期に比べると雀の泪になってしまいましたが、仕事が自分の生き甲斐になっており、頑張っておられます。

 スタッフからの報告で廃業時期を悩まれているという事なんで、「どうしますか。」という相談をしに行ってきました。

 今の調子だと毎年損益的には僅かに利益が出るのですが、キャッシュベースでは僅かにショート。預金が徐々に減っていくような状況です。ただ仕事が生き甲斐、楽しみになっておられるので、幸いにも借入金が一切無い事もあって、ショートしていくキャッシュフローの金額が許容の範囲内に収まっているのならば自らの生き甲斐代金として考えて、気力、体力が続く範囲まで事業継続をされたらどうですかというのが当方の意見でした。

 お客さんも、わざわざ私が訪ねてくるというものだから、廃業を進められるのかと思い身構えておられるようでしたが、私の意見を聞いて我が意を得たりという感じでした。

 仕事を止めて自宅に居ても、ブティックを通じての知人関係しか無い為に時間を持て余しそうだし、グータラになってテレビだけ眺めて暮らすことになりそうな予感がするとのことですから、毎年事業継続の判断を見つめ直す作業は必要になるものの、頑張れる範囲で精一杯まで仕事を続けるという感じで相談はまとまりました。お客さんはちょっと嬉しそうでした。

 その後は雑談。

 全盛期の頃の色々なエピソード。息子夫婦の事。ご自身が心臓を患って店舗を長期間休業した当時の事(この時は既にうちの事務所が顧問をさせてもらっていました。)、ブ゙ティックの上得意のお客さんが痴呆になって掛け売りをする際に判断に迷う事が多くなったと言う愚痴。さらには上得意のお客さんが櫛の歯が抜け落ちるように無くなってきて悲しい気持ちになる事なんかをお聞きし、いちいちさもありなんと思いました。

 私たちの仕事はお客さんの悩みや迷い、或は愚痴なんかをしっかりと聴いて、場合によっては適切なアドバイスもして、お客さんの背中をそっと押してあげる事が重要なのかなと思っています。

 誰しも自らの仕事から下りる瞬間を迎えるのですが、その判断を自らでしなければならないのが事業経営者です。最後の判断を充分に満足のいく形でサポートをしていきたいものだと思います。

組織再編

 今朝、相談に来られたお客さんから組織再編についての相談を受けました。
 
 数年前にお客さんになって頂いた方ですが、民事再生決了まであと2年を前倒しで終了させ、その後に新設分割や吸収分割を組み合わせて企業グループの再編をしたいとの事。

 うちの事務所でも合併や分割に取り組んだ経験はありますが、聞いていると今回の事例はかなり複雑で自信を持って言い切れない部分が何点も出てきたので宿題をたくさん頂いた形になりました。

 現在2社で組成されているグループ会社が、紆余曲折を経て3社になって...。そのストーリーのひとつひとつに会計や税務の観点からの可否判断をしていって最終的に手続きを進めるのですが、金額が金額だけに緊張感を伴う判断の連続になります。

 最終的にこういった事案をやり切った後には事務所の貴重なノウハウになりますが、そこに至るまでにはハードルを跨いでいく努力を要されます。

 「だいたいこういった難し目の案件は忙しい時期に来る。」という皮肉な法則があるように思っていますが、この確定申告期にもこういったちょっと???が浮かぶ案件が既にこれだけではなく複数件が目に入ってきました。

 一難去ってまた一難。いよいよ頑張りどころが来たようです。

 それにしても今年は年末くらいからどうしてこんなに次から次と仕事の波が襲ってくるのでしょうか? ひょっとして今年は何かの当たり年なのかなあ? ちょっと身の回りに気を付けて、気を引き締めてかかれと言う神さんか仏さんの思し召しかもしれません。

 

お客さんの訃報

 今日の夕方頃に不動産所得の確定申告の依頼を受けているお客さんの訃報が事務所に届きました。

 さる業界ではかなり高名な方ですが、ここ何年も病床に伏されており、最後にお会いしたのはもう5年以上前だったような...。

 とある方の紹介で初めてご自宅に訪ねた時に、すでに何人かの税理士と面談をされていたようで、私もその候補者という事で30分前後お話をしたのですが、口数も少なく、機嫌でも悪いのかなと思ったような感じだったので、これは私以外のどなたかの税理士に決めはるねんなあと思いながら帰ってきたことを思い出します。

 翌日に奥さんから電話がかかって来て「よろしくお願いします。」と言われてちょっとビックリしたんですが、理由を尋ねてみると「何となく良い人そうやと思ったから。」との事。

 それを聞いて、何とも言えない理由で決まったんだなあ(まあ人間が物事を決める時ってだいたいはそんな感じですけどね。)と嬉しいような悲しいような...。 何となくどん臭そうで、到底悪い事はしようが無いと思われたような気もせんでもないような...。 まあとりあえず、せっかく紹介して頂いた方の顔も潰す羽目にならなかったという事で、ホッと一息。胸を撫で下ろす感じだったなあ。

 それ以後、直接顔を会わす機会もほとんどなく、奥さんを通じて意思、意見の交換をしてきたんですが、ここ何年も施設に入られていましたし、病状もかなり深刻なものでしたから、いよいよ来る時が来たなあという感じです。

 今後は相続税申告の段取りに入っていく事になりますが、今晩はとりあえずこのお客さんについて知る限りの情報を基にその人生の来し方を想像して、人の世の切なさや儚さを感じている次第です。 



 19時くらいから、とある企業グループの決算見込みと設備投資判断について社長と相談をしていて、自宅に戻ってきたのが22時過ぎ。

 普段は自宅ではアルコール類は一切嗜まないのですが、そんな事でちょっと脳味噌が興奮しているのを鎮めるのと、上記のお客さんの人生を偲んでしんみりと一杯飲みながら過ごそうかと思っています。

決算見込みの打ち合わせ

 今日の午前中はお客さんの所に担当スタッフと伺って、子会社Aの決算見込みと子会社Bの決算申告について打ち合わせをしてきました。

 子会社Aの方は物凄い勢いで利益が上がっているので、決算対策的な意味も含めて必要な建物や設備器具の修繕計画の前倒し履行をするほかに諸々の対策が浮かんできたんですが、決算まで4か月の間にこれらを実行するにはかなり前倒しに動いて行かないと時間的制約に引っかかってくる事が分かり、ちょっとスピードを上げて動いてもらう事になりました。それでも狙っていた利益水準に落ち着かない場合には倒産防止共済で最終調整という事になりそうです。

 子会社Bの方は設立初年度なので、まだまだ黒字化が難しい状況。社長としては何とか費用を繰延資産計上するなどして黒字決算に持って行きたいようでしたが、ちょっとそれでも難しいようです。金融機関に対しても初年度の予定水準内の赤字であれば特段のマイナス評価もないので、次年度以降に費用を先送りするより今期中に将来負担になるものはなるべくすっきりと落としてしまい、次年度からの単年度黒字化を遡及した方が今の状況を見ているといいのではというアドバイスを受け入れてもらい、決算申告の方針がまとまりました。

 いずれにしても社長の心はその時その時で、心乱れる物ですから、その都度状況をしっかりと説明して、迷いの無い状態で決算申告や来期の予算作成さらに金融機関との交渉に臨んでもらう必要があると思います。



 ここの社長さんからは今年に入ってからも既に3社ほど知り合いの会社を御紹介頂き、そのうち2社はうちの事務所のドタバタの影響でまだ手が付けられていないような状況にもかかわらず、更に別の会社を紹介させてくれと声を掛けて頂きました。

 ありがたい事です。

 聞けば、現在飛ぶ鳥落とすような勢いで商売を展開されており、先々10~20億円の規模に成長させていきたいという強い希望を持っておられるようです。でも、「財務や会計を絡めた考え方がしっかりとこの社長さんの中に確立されていないような気がするので、その欠落部分さへしっかりと勉強して事業を構成すれば事業自体はもっと伸びると思うから、その部分のテコ入れをしてやってくれないか。」との事。この社長さんとは開業以来のお付き合いですから18年間、ずっと二人三脚で動いてきたので、それと同じような指導をしてくれたらという言われ方をしていました。

 本当に光栄な話です。

 私の事務所でも至らぬ点も多々ありながらも、こんなに応援をしてくれるお客さんがあるというありがたさを噛み締めた一瞬でした。



 私たちの仕事は単に決算書だけを作ったり、税務申告書を代書する事だけに意味が有るのではなく、それらをどういった意図で計画し、実績と対比分析して経営の軌道修正をしていくのかという経営に関する意思決定部分のお手伝いの意味が込められていないと、まさに「仏作って魂入れず。」的な仕事になってしまうように思っています。

 目で見てパッと分かる類の物ではなくて抽象的な物ですから、なかなかお客さんに伝わりにくいものですが、そこは私たち自身の言葉でしっかりとお伝えし続けないと私たち自身の存在価値に疑問符が付いてしまう部分であるように思います。

 


 

 
 



 

夜は枚方のお客さんのところへ

 今日の夕方から枚方のお客さんのところへ。

 遅刻気味の時間帯に大慌てで事務所を出発。GoogleMapを使って最短のコースを探すも結構どのコースも渋滞があって20分程度の遅刻になりそうで大焦り。

 追い詰められると異常な集中力が出てくる(最近そうでもなくなってきましたが。)性分。ピカリと閃くものがありGoogleMapの渋滞情報がさほど正確でもなさそうで予定より早目に走れそうな若干距離長めのコースを選択したんですが、これが大正解。
数分遅刻になってしまいました(誠にすんません。)が、傷口が広がる事を何とか食い止めることに成功。

 いつもなんかあったら必ず相談や依頼をする司法書士さんの紹介で、昨年末に住宅取得資金贈与を受けて新築の家にお住まいになった一家の相談でした。

 小一時間ほど楽しく相談に応じて帰ってきました。

 帰路にF税理士からお客さんが他の会社の事業を買い取る際の会計及び税務に関する問題点の質問の電話がありました。道路の空いているところに車を寄せて、ちょっと長めの電話になりました。咄嗟に聞かれているので、絶対の自信まではないですが私なりの見解をお伝えしたんですが、やっぱり二人であれこれと話していると何となく考えという物は固まっていくものです。ぼんやりとした考え方の方向性が引っ張り出せたんじゃないかな...。

 帰路は小一時間ほど、空いている道路を鼻歌を歌いながらのドライブ。こうして気楽に車で道を流しているのは案外楽しいものです。今日は篠山を往復したこともあって結構、車の距離が伸びた一日でした。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR