FC2ブログ

午後から仕事

 シルバーウィーク4日目は午後から仕事。

 やるべき仕事が積み上がっているのでひとつでも片付けていかないと...。

 昨日も午後からお客さんの紹介をさせて下さい(ありがたい話ですよね。)と日頃お付き合いのある生命保険代理店業を営む方が事務所にやって来られたので、いろいろとお話を聴いて、集めるべき情報と注意すべき点などを明確にしていました。11月頃にそのお客さんのところにお伺いすると万事段取り良く進みそうです。現在、スタッフが不足しており、お客さんの仕事が後手に回りだしてご迷惑をおかけする局面がちょこちょこと起こってきているので、新規のお客さんが増える事はもちろん嬉しいのですが、その後の業務の事を考えると心配だったりします。まあ、だから休日も私と嫁さんが事務所に顔を出して溜まった仕事を一つづつ片付けているのですが...。

 なかなか私たちの仕事は、スタッフを雇ったからといって即戦力で現場で役に立つケースはほとんど無く、それなりに役に立ちだすまでに少なくとも3年前後はかかります。新規採用をしたからといって即効性が無いのが辛いところ。また、雇ったからといっても、真面目にコツコツと仕事と税理士資格取得の勉強を両立させていく事に音を上げて辞めていくスタッフもいるので、スタッフの新規採用とその後の育成については本当に難しいものだなあと思います。

 本日も午後から、相続のお客さんが一件訪ねて来られています。

 いつも助けてもらっている司法書士の先生も同席頂いて知恵を頂いたり、登記等の業務をお願いしたりしているのですが、この事案が終わってからも他の2件ほどの案件について段取りを相談する予定です。

 世間が完全にお休みモードで、リラックスした雰囲気が街に漂っているのですが、事務所の中では私と嫁さんが角突き合わせて全開モードです。

ランニングがしんどい

 9時過ぎからランニング。

 コースは自宅から巡礼街道を東に向けて走って箕面滝を往復して、さらにそこから巡礼街道を東進。旧西国街道との分岐点である今宮まで走って、今度は旧西国街道を西進して自宅まで戻る18㎞コース。そこそこの距離とアップダウンのあるコースです。

 今週末にはいよいよ村岡ウルトラマラソンなので、無理をしない程度に足慣らしという感じで走って来たのですが、全くスピードが乗らずで、絶不調のままでした。

 これはちょっとまずいなあ。

 前年は14時間制限で私のタイムは13時間20分台でしたから40分弱の余裕があったのですが、6月にあった隠岐の島ウルトラマラソン100Kで前年より1時間ほど遅いタイムまで落ちていましたからタイム的にかなり厳しいレースになりそうですし、コースの上り下りが尋常ではないくらいに激しいコースなので走り込みの足りていない脚が保つのか???です。

 日差しはきつかったのですが、吹く風が涼しくて、さほどに暑さを感じない天候はGOODでしたが、肝心の体調が不出来だったので気分はブルーです。

早朝散歩

 「ケン」の散歩を担当していた親父の腰の調子が悪くなってきて、最近は我が家の誰かが朝晩の散歩を担当することになってます。

 現在は両親と私たち夫婦さらに長女の5人で、隣り合う二軒の家に暮らしているのですが、誰か一人の体調が悪くなると家族間の微妙なバランスが崩れるもんです。親父が健康のためにもいいと言いながら雨の日も、どんなに寒い日も黙々と散歩に行ってくれていたんですが、親父の体調が戻るまでは仕方がありません。

 って事で、今朝の「ケン」の散歩担当は私。

 いつもなら朝起きてひと息入れると朝ランに出掛けるパターンでしたが、そういう訳にもいかず。

 今朝は快晴で、爽快。こんな日の「ケン」との散歩は楽しいものです。近所の公園をウロウロと歩き、ボンヤリと考え事をして...。近所をグルリと30~40分程かけてゆっくりと歩いてきました。

 世間は5連休の4日目ですから、完全にお休みモード。普段、朝に散歩をしておられる方々も、どこか旅行に行っておられるのか分かりませんが見かける事も無く、どことなくガラーンとした印象の街を歩いてきました。

 散歩後はゆっくりと朝食を済ませて、掃除でもしてから走りに出かけようかと思案中。

我が家の迷犬

 我が家の迷犬「ケン」と自宅でゴロゴロ。

 柴犬ですが、人見知りで、ベッタリと飼い主にひっついてくることはありません。いつも50~100㎝くらいのほど良い距離を取って家族の足元にゴロリという感じです。多分、彼にとって一番居心地が良い距離感なんだと思います。

 家族が名前を呼んでもたいがいは知らんぷりですが、耳だけはこちらの方を向きますから、知ってて知らんぷりなんです。

 芸もほとんど覚えず(ご飯やおやつを貰う時だけ「お座り」、「お手」、「待て」そして「匍匐前進」ができます。)に、完全にGOING MY WAYです。

 ただ、飼い主に対して気を使っているなあと思わせるのは、どんなに遅く帰ってきても必ず大喜びで玄関まで迎えに出てきてくれる事。これは私にとっても本当に嬉しい事です。まあ、ドロドロの疲れも一瞬で吹き飛ぶというのか...。

 また、朝起きると私のベッドに飛び乗ってきて顔を舐めて「起きろ。」と挨拶をするところも、今日一日に向けて憂鬱な気分が支配的な時には、元気を貰える気がします。



 子供の頃によく見たアメリカのホームドラマで動物物というジャンルがありました。そこに登場してくるペットはみんなビックリするほど頭が良くって、幸せ感いっぱい。

 名犬ラッシーやリンチンチン、種類は違うけどイルカのフリッパーなんてのもいてました。

 それらを見るたびに子供心にペットを飼いたくて、飼いたくて仕方が無かったんですが、いざ自分の家で犬を飼ってみると、無邪気で可愛いのは確かなんですが、躾が全くできず傍若無人なペットになるのが不思議で、不思議で...。

 まあ、「ケン」もその例に倣って傍若無人の代表選手みたいになってます。が、何だかそういった至らなさが犬らしくっていいなあという気もします。躾が完璧に行き届いたペットは確かにいいんですが、何だか動物本来が持っている野生を感じにくくなって今一好きになれません。他人に迷惑をかけるのは論外なんですが、犬本来の野生をうっすらと感じさせてくれるようなところにも魅力があるのかなあなんて思います。

 

小学校の同窓会

 シルバーウィーク二日目。

 初日の監査法人勤務時代の同期会に引き続いて二日目は小学校の同窓会。呉服小学校(くれはしょうがっこうと読むんです。珍しい読み方でしょ。)34期生の学年同窓会です。

 6学級あって、当時の担任の先生も2名来て下さいました。

 顔を合わせた大半が幼稚園から中学校くらいまで同じところに通っていた者同士。まさに幼馴染の集まりです。お互い、物心が付いた頃からの付き合いで、良くも悪くも勝手知ったる間柄です。

 まあ、三つ子の魂百までとはよく言ったもので、55歳になってもお互いに容姿も性格も昔の面影が残ってました。昔は顔を合わせると仕事の話や家族の話が多かったのですが、最近は何を話すでもなく、とにかくその場の雰囲気を楽しむ感じになってます。歳を取って、欲得から離れて、穏やかになったという事なんでしょうか。

 一次会から三次会まで、ウダウダと何を喋るでもなく楽しく過ごしました。話は弾んで酒量も倍増。機嫌良く午前様で帰りましたが、今朝はどんよりと二日酔い。

軽い二日酔い よぼよぼで朝ラン

 昨夜は遅くまで痛飲。朝起きるとドヨーンと二日酔い。なんで適当なところで飲むのをセーブできないんだろうか? 55歳にもなって...。

 でも楽しかったんだから仕方ないか...?



 朝起きて、ボンヤリ。「ケン」が纏わりついてくるので、相手をして過ごす。

 10時頃からようやくランニングに出るが、全く気が乗らず。ダメダメなランニングになりました。

 自宅から箕面駅を通過してそのまま巡礼街道と旧西国街道が交わる今宮の交差点まで東進して、そこから旧西国街道を西進。稲まで走って8㎞。とりあえず走ったという事実だけは作っておかないとなあという感じのランニングでした。

 まあ、気候もランニングにはうってつけ。暑くも無く、寒くも無く、さらに湿気も無し。気分はいいんですが、何せどんよりとした二日酔いという事で...。

 昨日、軽トラックを借りたレンタカー屋さんにレンタカーを返す時に、自転車のキーを忘れていたので、自転車の引き取りを済ませて、そこから自宅までは電動自転車に乗って、鼻歌を歌いながら戻って来ました。

監査法人時代の同期会

 昨夜は監査法人勤務時代の同期会で、北新地へ。

 同期は30人前後いた(バブル崩壊直後で、まだまだ公認会計士が金の卵の時代でした。)ようですが、9名の参加。1年半ぐらい前にゴルフと飲み会をした時には15~16名が集まりました。まずまず忙しい中で、集まりの良い集団だと思います。

 今回は中国の北京で代表社員をしているM君が日本に帰って来ているとのことで集合。

 いつものようにグイグイと飲んで、ウダウダと喋る集まりです。

 同期の集まりと言いますが、私は28歳で会計の勉強を始めて31歳の時に監査法人に就職をしたという事で、同期のメイン集団と10歳弱の年齢差があって完全にジジイです(私より年長が2名いますが。)。聞けばこの監査法人の中で同期の中から5名が代表社員になったとの事。結構高い確率で代表社員が生まれているようで、みんなよく頑張って仕事をしているんやなあと思いました。

 が、彼らの日頃のお茶目を知っているだけに本当に大丈夫?なんて...。

 それ以外にも私のように独立開業している人も多数いるようで、彼らの近況なんかもいろいろと...。

 まあ、彼らの情けない話やスカタンをずっと見てきましたが、皆やる時はやるんですよね。こんな事を言うほどの立場に私自身もないのですが。

 2次会まで付き合ってフラフラになったので、タクシーで日付が変わる直前に帰宅。楽しい一夜でした。 次回は2月に集合という約束をしました。ちょっと楽しみです。

 

シルバーウィーク初日

 世間では9月19日から5日間の連続休暇。シルバーウィーク。

 私は、世間の動きが一時的に止まるのをこれ幸いと事務所の倉庫の引っ越しに精を出しました。

 メンバーは私と長女と事務所のスタッフ1名を加えて総勢3名。嫁さんはお客さんのところに行って仕事をしていました。

 9時前にレンタカー会社に出向いて軽トラックを借り出して、9時過ぎから開始。

 子どもの頃に住んでいた親の家の一部を事務所倉庫に利用していたんですが、事務所から歩くと7~8分かかる距離で幾分不便だったこともあり、事務所の近所のマンションの一室を借りました。部屋数に余裕があるので、余分のスペースでは休憩室としても利用ができそうです(ゆっくりと休憩している暇が無さそうですが。)。

 19年間、会計事務所を経営していると開業当初からのお客さんの資料があるわ、あるわ。現在は電子ファイルを使ってお客さんのデータ類は保存しているのですが、開業当初の10年くらいは完全に紙ベースで保存をしていたものでかなりのファイルが置いてありました。実際に調べる必要もあまり無いのですが、やっぱり何かの時に必要になるとかも...と思うとなかなか捨てられません。

 また事務所の什器備品の類も必要に応じて買い替えてきているのですが、その際に不要になった旧品でもまだまだ使えそうな物があると、保管スペースが有るものだからついつい捨てそびれて保管。

 そんなこんなでかなりの数の荷物がありました。

 軽トラックの荷台にざっと7~8杯分(積み方によって上下の差は大きいのですが。)。

 軽トラックに乗せては下ろし、新しい倉庫にきっちりと置き直す。3人で大汗をかきながら頑張りましたが、結構疲れました。引越業者に任せるのも一案ですし、コスト的に考えるとそちらの方が安くて手っ取り早いのも分かるのですが、今まで何度か繰り返してきた事務所の引越は全て自前でやっています。

 私たち会計事務所の仕事は普段から頭デッカチな傾向があるので、何でもできそうな話をするのですが、実際に物事に手を付けると見ていられない程に要領が悪い。そんな状況をしょっちゅう目するので、せめて自分の事務所で必要に迫られた時にはスタッフに自分の脳と体を使って現場を体験してもらうのも重要な事じゃないかなと思っています。

 実際に物事に取り組んでみると、頭で考えるほど物事が簡単に運ぶ筈も無く、要領の良し悪しも一目瞭然になります。要領が悪いなりに自分の力を実感する事が大切だという事です。

 私はタイルの職人の息子に生まれましたから、手を動かさずに口先だけペラペラ動かすという事については、物凄い勢いで嗜められました。実際に現場で出来もしない事を想像でペラペラと喋りたてるという事に対する拒絶反応のある家で育った影響なのかもしれませんが、私たちのお客さんは全て実務家ですから、その辺りの感覚を肌で感じる事も大切なのかなと思っています。

 とりあえず一連の引越作業が終わって軽トラックを返し終わったら17時ちょっと前になっていました。頭の中で考えると昼過ぎには凡そのところが終わりそうだと思っていましたが、実際にやってみると完全に一日仕事でした。結構な疲労感です。

 その後は、19時から監査法人時代の同期会が北新地であるという事だったので、一風呂浴びて、大急ぎで大阪へ向かいました。

東京見物

 「アラジン」見物から一夜明けて、先ほどブログに書いたように皇居の周回ランニング。その後朝風呂を楽しんで10時くらいまでホテルの部屋で寛いで、ゆっくりと出発。

 帰りの飛行機は18時羽田発ですから、それまで何をしようか思案のしどころです。仕事、仕事に追われて、遊びの事まで頭が回らなかったので、今回の一泊二日の旅行(といってもゆっくりできるのは初日の夕方から二日目の夕方までなんですが。)は初日の「アラジン」以外はぶっつけ本番です。

 ホテルのある新橋を起点にしてあれこれ考えたのですが、結局朝っぱらからそのまま銀座をブラブラと歩いて、築地の場外市場で朝昼兼用の寿司を食べて、そのまま有楽町に戻って、私はその時間帯に都合が良い映画を適当に一本見る。嫁さんは美容室へ行ってゆっくりと過ごすって事になりました。

 私と嫁さんが二人で街を歩くと、歩くスピードが全く違っていつも往生します。私は生まれも育ちも大阪は池田。どこに行くにしてもセカセカと早歩きなんですが、嫁さんは九州の大分。歩くスピードは本当にゆっくりです。それぞれが持って生まれたリスムが違うというのでしょうか...。

 銀座の街は、中国から来た観光客が物凄く目立っていました。まあ、せいぜいたくさんの商品を買って頂けると日本としてもありがたい訳ですから大歓迎です。あっちこっちから聞こえてくる中国語らしき言葉を耳にしながら、ブラブラと歩きます。

 築地の場外市場は観光客で溢れかえって大混雑。ここで商売をしたらいいやろなあなんて勝手に思いながら歩いていましたが、どの店も大盛況で入る店を選ぶのが一苦労。

 昼間から生ビールを飲み、寿司をつまむのは贅沢気分いっぱいです。

 そのまま有楽町に向かい私は映画館へ。丁度10数分後から「天空の蜂」が公演されるという事なんで、迷わず切符を買って館内へ。

 私の隣に結構高齢なおじいさんが座られたんですが、これが鬼門でした。上映が始まるや居眠りをし始め、途中で大いびき。周りの人はこちらを見るし、本当にどうしようかと思いました。いよいよこれは起こさないとにっちもさっちも行かないぞとなった頃に、幸いにも目を覚ましてくれたので良かったのですが、その後も何となく隣が気になって...。高齢だから仕方がないんでしょうが、「もう、頼むわ。」って感じです。
 
 映画の方は結構な迫力。隣の席さへ気にならなければ充分にいい作品でした。多少、設定が強引かなと思えるところもありましたが、まあそこはエンターテイメント。細かい話は気にせず、流れを楽しむべきです。

 嫁さんは銀座、有楽町当たりの美容室はいずれもめちゃめちゃ高そうで、一元客で入りにくそうだったので辺りを散歩してから、お土産を一生懸命に買っていたようです。

 まあ、なんという事も無い時間の過ごし方ですが、何にも追われてせずとも好い時間の過ごし方ができた贅沢な一日になりました。

アラジンから一夜明けて

 アラジンを見た後に夕食をゆっくりと食べて、そのままホテルに戻り22時過ぎには就寝。熟睡。

 すっきりと目覚めて7時前後から嫁さんと皇居へ走りに行きました。皇居の外周はランナーのメッカになっていて、ものすごい数のランナーが走っていました。最初はゆっくりペースで走りかけたのですが、大勢の人間が走っているとついつい周りのペースを意識してしまいペースが上がります。結局5分/㎞をちょっと切るくらいのハイペースで皇居を3周しました。丁度1周回で5㎞くらいと聞いていますので15㎞くらいです。

 かなりのランナーが走っていたのですが、私を抜いていくランナーは1時間半ぐらいの間に5~6名くらい(この人たちはいずれも物凄いハイペースでした。)いましたが、残りは次から次へと抜き続けて走っていましたので、自分のペースの速さにだんだん自己陶酔の状態になっていました。

 自分がそんなに速くない事くらいは充分に分かっていますが、これだけの人を抜きつづけると誰でも自分のスピードを錯覚しますよね。

 この日はたまたまペースの遅めの人が多く走っていただけの事なんでしょうが。

嫁さんはちょうど2周走り切ったところでほぼほぼ合流できたので、今日のランニングは終了です。

 皇居の周回コースは出張の折に何度か走っていますが、やっぱり特別なシチュエーションですから、なんとなく多くの人が走るために集まってくる気持ちが分かる気がします。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR