FC2ブログ

父親、退院

 先週の土曜日にブログに書きましたが、父親が緊急手術の後に入院をしていたんですが、朝一で退院をしました。

 母親と二人で梅田の病院まで迎えに行って、帰りは3人で戻って来ました。

 もう普通の生活を送るには何の不自由も無い状態まで回復していましたので、ホッとひと息です。

 やっぱり家族の誰か一人が倒れると、なんだかんだと微妙なバランスが崩れていろいろなストレスが湧き起ってきます。病状に対する心配はもちろんですが、それ以外にも...。

 ちっちゃな話ですが、「ケン」の散歩についても散歩係が倒れちゃったもんだから、私か長女が時間の都合をつけて何とか朝晩の散歩をこなしてきましたが、これまでは朝、夕、夜の一日三回(朝と夕の長めの散歩が父親の役割でした。)だった散歩が一回減らされて、「ケン」ですら被害者的立場になっていました。

 まだ「ケン」の散歩をするにはもうちょっと体力を回復させる必要がありそうですが、元々の生活ペースに復元していく事がこれからのテーマになります。

 まあ、日常生活というのは何気無く送っていますが、いざ何か事が起こるとその日常生活のありがたみが良く分かるもんですね。

大阪マラソン受付

 10月25日に開催される大阪マラソンの受付を済ませてきました。

 受付開始の11時頃に会場でさっさと受付を済ませて、お客さんの所にちょっと挨拶程度に顔を出して、さらにその後の13時から某上場企業の監査役会、取締役会出席というタイトなスケジュールでした。

 受付開始早々の時間帯といえでも受付会場はランナーがいっぱい。また受付会場横のスポンサー企業のブース(これが結構広大なスペースを占めています。)も既にランナーがいっぱい。みんな結構ハイテンションで、盛り上がっていました。まあ、ちょっとしたお祭り状態です。

 仕事の狭間にビジネスライクな格好で、そそくさと受付を済ませている人なんて私ぐらい...。完全に私一人、置き去り状態でした。

 もう自分自身でどれくらいのマラソン大会に出場してきたのかよく分かりませんが、事前にしっかり練習を積めている時は大会本番が近付いてくると楽しみでワクワク感がいっぱいになるのですが、練習が駄目な時は気分が後ろ向き。やっぱり大会本番を充分に楽しもうと思ったなら、しっかり事前準備をしておくというのが必須条件。

 今回の私はもうダメダメの一言。この一年間ほどまともに練習できていませんし、9月の村岡ウルトラ100Kでは初めてのリタイアまでしてしまっているので調子は最低。特に村岡ウルトラ100K後の一ヶ月は、ほぼほぼ練習をしておらず、わずかに10月12日に突然の思い付きで次女の生活をしている滋賀県の瀬田まで60kmほどの超長距離をフラフラと走ったのみ。まあ、ほぼ完璧なブッツケ本番になりました。

 まあ、こんな事では自身の気持ちも盛り上がる筈も無く...。

 完走することに特別の不安感はありませんが、中身がなあ...。

 こんな後ろ向きの気持ちで出場させてもらうなんて、ここ最近は大阪マラソンの抽選はなかなか当たらず、プラチナチケット化していると聞きますが、落選をして残念な思いをしているたくさんのランナーの人に対して、ちょっと申し訳ないような気がします。



 こんな調子では今年のフルマラソンシーズンは全くのダメダメですから、来シーズンの絶好調を夢見て、「大阪マラソン出場をきっかけにして練習再開としたいなあ。」ぐらいの気持ちでこのブログを書いています。

 来年4月の宮古島トライアスロン大会、さらにその後に続く鯖街道ウルトラマラソンや隠岐の島ウルトラマラソンなどのロング系のトライアスロンやウルトラマラソンに照準を置いて、徐々に体を作りあげていって、来シーズンこそ一昨年並みに盛り上がった気分でランニング等を楽しめるようになりたいなあと思ってます。

 
 

金曜日の仕事

 何だかあっと言う間に金曜日です。

 先週末の父親の入院騒ぎがあったり、予定自体もずっと出張や何やかやと慌ただしくって、息継ぎをする間も無いって感じで一週間が過ぎました。



 午前中はバタバタと割り込んできた数々の仕事を事務所内で片付け。さらにスタッフとそれぞれ担当している案件についての個別の打ち合わせ。

 昼一から某上場企業の監査役会と取締役会に出席。守秘義務があるので書けませんが、かなり活発な議事展開でした。



 会社から池田に戻ってくる道すがらで梅田を通るので、先週末に緊急手術、入院となった父親の病状説明を聴きに立ち寄りました。私は先ほどの取締役会が大幅に時間超過となったのでお医者さんから直接に内容をお聞きする事ができず、母親と妹から病室で内容を聴く形になりました。

 昨日も病室に立ち寄って顔を見ていますので、ほぼほぼ安心していたのですが、お医者さんの説明もそんな感じ。全ての歯車がうまく噛み合って、とんとん拍子に物事が進んで、明日に退院という事になりました。ありがたい話です。

 そのまま母親をいったん自宅まで車で送って、18時半頃に事務所に戻りました。


 まあ、今週はバタバタと目まぐるしくって、事務所で落ち着いて仕事をする間が無かったので、今晩は今から残業です。
 
 自分の机に座ると、ドッと疲れが湧いてきて、眠気が...。昨晩、たっぷりと眠って疲れも取れて気分爽快という感じだったのに、やっぱり体の芯の方は疲れたまんまだったのだなあと思います。若い時のように一晩寝たらケロリとしているなんて事が無くなって来たんだなあと思うとちょっと残念。

良く寝たなあ

 昨夜はかなり早い時間帯からベッドに潜り込み、今朝は7時までグッスリと熟睡。

 気分爽快です。まあ、今朝の秋晴れの空と同じ。



 昨夕ぐらいから眠気が凄くって、目の奥が痛くって、辛い状況だったのですが、幸いにもスッキリ回復です。

 今日もあっちこっちを出歩くんですが、とにかく元気が戻って良かった。良かった。

 それにしても一晩寝たら元気を取り戻す元気な体には毎度の感謝です。 

木曜日の仕事

 今週に入ってずっと睡眠時間が極端に短くって朝起きが辛くなってきましたが、頑張って6時頃に起床。

 「ケン」の散歩をせんといかんので眠いとか何とかは言ってられません。ちょっと辛いけど犬を飼うという事はそんな面倒事も引き受けるという事ですから頑張らないとね。



 7時半頃に自宅を出て、堺まで移動です。大阪市内を南北に縦断していくのですが、さすがに遠い。

 今日は某金融機関で借入返済がスムーズにできない状況に至った会社さんの個別相談会が2件入っていました。

 それぞれ2時間弱の時間で、私が話を聴いてスパッと名解答を引き出せるほど偉くも無いのですが、とにかく個別の事情を聴いて改善策を提案していきます。まあ、当の社長さんはそんな改善策などとうに思い付き済みという事も多いのですが、それでも時折ラッキーパンチが当たる事も有ります。

 基本的には客観的な心根で相談事項に対処していかねばならないのですが、どうしても話を熱心に聴いていると自分自身の心情も話の中に入り込んでしまい、精神的にはかなりしんどい感じになります。まあ当事者の社長さんはもっとしんどいので、私のしんどさなんて足元にも及ばない筈ですが。

 でもこういった経営再建関連の個別相談をしていていつも感じる事なんですが、どうしてこの社長さんに就いている顧問税理士は何もアプローチをしないんだろうなあと思います。本当に決算書の作成と税金の申告書の作成だけをやって事足れりになっています。もちろん決算や申告が我々の基本業務ですから疎かにしてはなりません。精一杯頑張らねばならないという点ではそうなんですが、目の前で徐々にお客さんが財務的にたいへんな状況になっていくのを見て、どうして何のアプローチもしないのかな?と不思議に思います。

 完全なアドバイスができない事はありますが、それにしても目の前の社長さんよりは財務的な情報や知識を沢山入手しうる立場にいる筈なんですから、人の情として何とかせんとあかんと思わないのかな?

 会社経営が負のスパイラルに突入しだした初期段階で手を打てば、苦労も比較的少な目で正常な状態への復帰も図りやすかろうに...。事が重大になってから手を打つというのは、かなりの労力が必要になるという事なんて、誰の目から見ても明らかだろうになあ。



 昼の休憩時間が予約時間の関係で2時間ぐらいあったので、堺の街並みを散歩。

 堺の街をゆっくりと歩くなんて初めての経験です。

 ブラブラと歩いていると偶然に千利休の旧居を見かけたので、敷地の中に入ってみるとボランティアの説明員をしているオッチャンがおられたので20分ぐらいあれやこれやと千利休談義。さすがに堺の旧市街の案内ボランティアをされているだけあって物知りの方でしたので、話も弾み楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

 こんな楽しみは想定外でした。



 堺から電車を乗り継いで池田の事務所に戻る道すがら、入院中の父親を見舞いました。日曜日に見舞ってから仕事が立て込みましたので4日振り。明日の午前中にCTを撮って、お医者さんから病状の説明があるという予定だったので、わざわざ今日立ち寄る必要も無かったのですが、やっぱり回復状況を母親から電話で聴いているだけでは今一歩実感が掴めないので、百聞は一見に如かずという事で寄り道をする事にしました。

 まあ、顔や行動を見ていると順調に回復しているようで、まずまず安心というところです。明日のお医者さんの説明を聴かないと正確なところは分からないのですが、素人判断ではそこまで心配する必要も無いのかなというところでした。



 18時前に事務所に戻って来て、デスクワーク。

 出張や大阪に居ても出ずっぱりという予定ばかりでしたのでやる事は山積ですが、途中から何しろ強烈な眠気が襲ってきてどうしようもなくなったので20時過ぎに仕事を切り上げて早目に自宅に戻りました。

 今晩は今からベッドに潜り込んで久々に小説でも読んで、早目に就寝して、明日の早朝からデスクワーク再開と行こうと思っているところです。
 


水曜日

 浜松で一泊。

 6時半頃に起床して、ホテルの周辺をブラブラ散歩。準工業地帯らしく工場が散在する殺風景な景色の中をうろつく。



 9時から企業グループの親会社へ訪問して、決算見込みや次年度予算の打ち合わせ。さらに子会社との意見調整について社長や幹部の人と打ち合わせをする。

 関与が始まった7~8年前には一社専属下請けで、取引条件を良いようにコントロールされて、経営的にえらい事になっていた頃と比べるとその現状のあまりの変わり様に驚きます。

 今では当時の請負元の会社と対等に意見交換ができるようになり、なんとつい最近は経営のテコ入れに取り組むにあたって協力業者の代表として協力を依頼されたというのです。まるで奴隷のような取扱いからパートナーとしての取扱いまで、その道程は本当に色々ありましたが、社長さんが良く頑張られたなあと思い頭が下がります。

 まだまだ色々な問題があって、経営努力の手綱を緩めることなどできませんが、自主独立の思いを貫いて堂々と胸を張って経営をしていける立場を確保できた自信に溢れておられます。

 こんな変革の姿を真横で見させてもらえる幸せを感じます。この仕事をやっていて幸せを感じる一瞬です。



 15時頃に全ての議題が終わり、そのまま先方を出て一路事務所まで車で戻ってきました。凡そ3時間ちょっとのドライブです。これがちょっとしんどい。



 19時からTKCのY大阪センター長が事務所に来られて、近畿大阪会の運営について打ち合わせ。

 また、翌日に行われる某金融機関での経営改善計画策定支援の個別相談の資料の受け渡しをしました。決算申告書を一瞥して、対象企業の経営再建についてアドバイスをして、実際の支援に移行していくのですが、日頃お付き合いの無い社長さんと2時間ポッキリの打ち合わせの中でこちらを信用頂いて、重要情報を聞き出して、それなりに的を得たアドバイスまで至らないと個別相談の成果を上げた事になりませんからそれなりのプレッシャーです。

 TKC近畿大阪会の先陣を切って走り抜ける役目なんですが、第一走者がもたつくと後々の展開に支障が出るだけに責任を感じます。

 打ち合わせ後に、居酒屋で一杯。

 23時頃に就寝。
 

火曜日から静岡出張

 火曜日は5時半過ぎに起床して、車に乗って静岡にあるお客さんの企業グループに向けて出発です。事務所で担当スタッフと月次巡回監査の見学をするための事務所の新人の2人と待ち合わせて車に同乗して、合計3名で向かいます。一泊二日の旅になります。

 今日はまず静岡県の焼津に向かいます。

 企業グループの中で、1年半前に設立された子会社さんに訪問です。

 2期目の決算を迎えて、なかなか企業グループ全体の会議の時にはこの企業独自の悩み事や問題点を探る動きが取りにくい事から、今回は個別に時間を取って社長さんと話し合いをしようという事がテーマです。

 決算1か月前の大詰めの時期です。試算表を見ながら、いろいろと前向きの話を伺いました。また子会社独自の悩みや親会社と連携して動いていく上での役割上の疑問や問題点などいろいろと話をして頂きました。聴いていて理解できる部分と本業の詳細に踏み込んだ部分なので理解がしがたい部分などがありますが、うちの事務所が間に入って親会社と意見調整ができる部分を社長さんに提案して、了解を頂きました。

 会計情報のやり取りを通じて明らかになってくる子会社の社長さんの頑張る気持ちと、親会社と細かい部分でコミュニケーションが十分に取れず疑問が広がる部分のギャップを埋める作業も、私達でも取り組める部分は精一杯に取り組んでいかねばならないと思っております。難しい事ではありますが。



 午後からは同じ焼津にある別の子会社の事業所に出向いて、ここの会議室で親会社の社長さんと個別面談。

 まあ3時間ほどの時間ですが、グループ全体の話や、先ほどの子会社さんの話をしました。

 今回の親会社の社長さんの話は、グループ全体の経営戦略像が今までの水準をグンと突き抜けるような感じで、はるかに明確にイメージングされており、ここ数ヶ月の間にかなり周りのスタッフと意見交換に努め、自身も考え込まれたんだなあという事が手に取るように分かる話し振りで、聴いているこっちまで嬉しくって、前向きな気持ちにさせてもらえるような内容でした。

 なんか社長の頭の中でブレークスルーが起こって、今まさにそれが姿を現し出しているのだなという感じでした。

 こんな瞬間に立ち会える事も私たちの仕事の喜びのひとつです。本当にいい仕事をさせてもらっているなあと思います。



 夕方から浜松の親会社に戻り、参謀役を務めておられるYさんと親会社の社長さんとうちの事務所の3名の合計5名で近所の居酒屋に行って意見交換。

 Yさんがしきりに組織論や営業論を展開されて、社長さんと意見を擦り合わされていました。本当に全身全霊という感じのやり取りです。おそらく親会社の社長さんがブレークスルーの瞬間を迎えそうになっている秘密は、こんなバックヤードが原因なのだろうなと思って横で色々とお話を聴かせて頂いておりました。

 私達会計事務所は、若い時からこういった会社幹部の意見交換の場に立ち会って、話を聴く機会に恵まれます。とても素晴らしい環境だと思うと同時に、現場で働く社員の苦労を直接目にせず、こういった高いところの議論だけを聴いてしまって、己の経験不足も顧みずその気になってその場におられる会社幹部の方の目線に立って話をしてしまう危険がある(あきらかに背伸びをした意見になっているのですが、本人は頑張って考えているつもりなんです。)のも事実です。自分自身でこういったギャップに気が付いて自己修正していくしか仕方がないのですが、こういった事を上手に済ませる事が出来るのかなあとちょっと不安に思いながらうちの事務所のスタッフを見ていました。

 居酒屋での話は23時頃に終了。

 今朝は朝早かったので、もう眠気でフラフラです。明日に備えてそのままベッドにバタンQ~です。


 

今後どうする? 社長

 今日は夕方から21時半頃まで、会社を今後どうしていくのかという深刻な相談を受けていました。重要な問題でしたので、今回はかなり遠方から、わざわざうちの事務所まで来ていただきました。

 詳細は書けませんが、場合によってはこのまま破産というのも選択肢の一つです。取引先さんとの交渉結果も見ながら検討ですから、今日、明日に結論を出すものではありませんが、近いうちに方向感を定めて全力疾走していかないと、どの選択肢を採用したとしても、とても時間的な意味で間に合いません。

 もちろん事が事だけに軽々に結論が出せる者でもなく、社長も真剣に悩んでおられましたが、スピードとの勝負になってきた感じです。

 付き添う私も人の人生を左右する問題だけに、思わず後ずさりしそうな気分になる時もありますが、こういう時のための顧問です。うちの事務所創業時からのお客さんですから早くも20年を迎えようかという付き合いなんで、良きにつけ悪しきにつけ最善の落としどころに導いて行かないといけないという使命感があります。

 ただ、相談を受けるこちらも興奮しているからだと思うのですが、疲れ方が普段の倍以上の激しさ。

 今、相談を終えたところですが、とにかくグッタリです。今晩の所は仕事をこの辺で切り上げることにします。
 

一週間のスタート

 週末はこのブログにも書きましたが、父親の病院付添いで思いの外、疲れました。まあ術後は順調でありがたい話ですが。

 昨夜は19時にはベッドに潜り込んで、数独パズルの上級者編を10数問解いて(数独パズルって癖になりますね。)、超早目に就寝。



 今朝は6時過ぎに起床。「ケン」の散歩にいつもの公園まで往復して小一時間を過ごしました。

 丘陵の住宅地の頂上部分にある公園ですが、公園で耳を澄ましていると野鳥の鳴き声が5種類くらい聴き取れました。野鳥の鳴き声を聴き分ける技術は無いのですが、そろそろ野鳥も山から麓の住宅地に下りてくる時期になって来たんだなあと思い、あっちこっちを見まわしましたが、もちろん姿は確認できません。

 野鳥を観察する望遠鏡を持っているのですが、住宅地の中の公園で望遠鏡を覗いていると変質者に間違われるのも辛い話ですから自重してます。朝から覗きま扱いされて大騒動になるのもねえ...。



 新聞をゆっくりと読んで朝食、朝風呂。

 父親の代わりに「ケン」の散歩をするようになって朝ランができなくなりましたが、代わりに物凄くゆとりのある朝の時間が手に入りました。どっちが良いのかよく分かりませんが、与えられた環境に上手く順応していく事が一番だと思うので、これはこれで良し。



 事務所に出社して、パソコンを開いて一週間の仕事がスタートです。日曜日の午前中に下準備をしていたのですんなりと仕事本体に入っていけます。
 
 スタッフから担当している個別案件の相談が3件。スムーズにアドバイスができたように思います。ほぼほぼ順調な滑り出しです。

 今から自分自身の仕事に手を付け始めます。

日曜日はゆっくりと

 6時半頃に起床して「ケン」を連れて近所の横岡公園まで散歩。何だか雲一つない空で、気分爽快。

 小一時間ウロウロと辺りを徘徊して自宅に戻って朝食。



 9時に高校以来の友人のお店から電気製品の納入があったので立ち会い。ウダウダ話をしながら気楽なもんです。

 聞けば彼は今晩、鳴門で行われるMISIAのコンサートに行くそう。前々からMISIAの追っ駆けをしてるとは聞いていたけれども...。気楽そうでいいなあ。

 次は「お前も誘ってやるわ~。」と恩着せがましく言ってましたが、会話の内容がまるで中高生のそれと同レベル。お互い55歳になったからには重厚感を漂わせて生きて行きたいもんですが、現実はほど遠し。

 年に数回は高校の同級生と10~20名のレベルで集まって、一杯飲みながら取り留めも無い話をしてますが、毎回女子から「阿保や。」とか「同級生として情けないわ。」と言われ続けてきましたが、確かに今朝の会話を思い返すと適正な指摘をしてくれているのかもしれません(泪)。



 10時前に事務所に出勤して、仕事をバタバタと片付ける。山積している宿題が減る気配はないものの、それでもちょっとした隙間時間にひとつでも頑張って済ませて行かないとえらいことになりそうで...。



 12時過ぎに我が家4名と隣家の母親の5名で、ブログに書いたように昨夕に緊急手術を受けた父親のお見舞いに梅田へ車で出向く。

 頭蓋骨に穴をあけて脳内に溜まった出血を抜く手術(聞いているだけでちょっと怖い感じがしますよね。)だったのですが、術後は順調そのもので、もう普通の昼食を食べて、差し入れた大福餅を美味しそうに食べていました。

 かなり動きづらかった右脚もスムーズに動くようになっているようですし、右手の違和感も消えたようで何よりです。

 池田市内のクリニックでいくら相談してもちっとも分かりませんでしたが、こういう大病院でちゃんとした設備を使って調べると一発で原因が究明できて、即座に手術までして、術後は順調。この対比にはビックリです。天国と地獄って感じです。

 闇雲にクリニックが悪いと言う気はありません。やっぱりお医者さんも症状によって使い分けが必要なんだという事なんでしょう。確かに風邪なんかでこんな大病院に来ても不適当なんだと思いますが、クリニックでいくら調べても分からないとか、日常生活を送るのに支障が出てきたとなると早目に大病院でしっかりと検査をする事が重要です。

 うちの父親のケースは7月末の転倒で脳内に微小な出血箇所ができて、その出血が脳を圧迫して右半身に色々な障害を引き起こしたのですが、昔だったらCTを始めとした検査器具が無かったから、今回のようにいろんなお医者さんに診せても何だかよく分からないままに徐々に症状が進行して行ったんだろうなあと思います。

 現代の進んだ医学に感謝ですし、何か体調上で具合の悪いことが起こると見てもらうクリニックや病院のみきわめをしっかりとしないと怖い事になるんだなあと勉強しました。

 また、今回ビックリしたのですが、父親が診察或いは手術をしてもらった先生が二人とも30歳代とおぼしき女医さんでした。女性の社会進出がどうのこうのと言われますが、ジワジワと進行してきているのだと思いました。お二人とも謙虚で実に真面目で親切な対応をして頂き、横でその様子を見せて頂いていて「格好良いなあ。」と素直に感じました。



 15時前後に母親を連れて自宅に戻って休憩。まだ今から一仕事をしてもいい時間帯ですが、さすがに昨日からの父親の手術の付き添い等のゴタゴタで疲れがドッと出てきたので、今日は仕事はお終い。

 1時間ぐらい「ケン」を連れて近所をグルリと大回りコースで散歩をして、後は缶ビールを一本ゆっくりと飲んでいるところです。

 何だかウダウダの疲労感とアルコールの酔いがない交ぜになって、トロトロっとした意識に陥りながらこのブログを書いているところです。

 今晩はこのまま19時ぐらいから眠ってしまいそうな感じで...。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR