FC2ブログ

事務所の信用って何だろう?

 ずいぶん以前のブログに、うちのスタッフが独立するにあたってかなりの件数のお客さんを持ち出した話を書きました。まあ、その一つ一つがあまり綺麗な手段じゃなくて、ちょっといい加減にせえよってな内容で書きました。

 また持ち出したお客さん以外にも、自分が担当していたお客さんに独立した旨の書状を送っていたようで、そんなお客さんから時折、私に質問が来ます。

 「この春まで担当してくれていた彼から、独立しましたという挨拶状が来ているんだけど、挨拶状には先生の名前が一切入ってなかったのは何かあったんか?」という感じのやつが。

 またアパートなどを保有されている地主さんに対しては、うちの事務所の定番の毎月ご訪問して社業の是非を話し合う業務スタイルを取っておらず、確定申告の時期に一年間分をまとめて決算申告処理をする(不動産所得の決算はルーティンの取引がほとんどを占めており、大きな変化が起こりにくいために、年に一度の接触でも構わないと判断しています。アパートを売るとか大規模修繕をするなどの大きな変化が見込まれる時は、当然ですがマメに相談に乗ります。)のですが、直前の確定申告(平成26年3月15日が期限)を済ませて以来顔を会わせていないお客さんもそこそこの数おられるので、「うちの顧問契約は先生とこと違って、彼の方になったんかな?」とか「挨拶状を送ってくるって事は、あわよくばお客さんになって下さいって事で、年末に彼がひょこんと顔を出しに来るのと違うのか?」なんていう質問があったりもします。

 お客さんを間に挟んで取った、取られたなんていう迷惑な事をしたくないので、なるべく取った、取られたの騒動に関係の無かったお客さんは新任の担当者を紹介して、彼との経緯などは説明していなかった(説明するとどうしても彼の悪口を言う形になってしまうので、そんな事をお客さんにお知らせするのもどうかなと思ったのです。)のですが、それがある種の混乱を呼んだようです。事後処置が下手糞だったという事です。反省。



 それはさておき、そういった問い合わせをしてこられたお客さんのかなりの方が「彼は一生懸命にやってくれていたんは認めるけど、あくまでも野垣会計事務所の一員として動いていた訳で、なかなか顔を会わせる機会は少なかったけど顧問は野垣さんに任せているんやからね。」という嬉しい台詞を言って頂けます。本当にありがたい話です。

 「肝心な時に必ず出てきてくれる。綺麗に事を捌いてくれると期待してるからこそ、今までずっとお金はろてるねんで。」っていう台詞を言われると、本当に嬉しいなあと思うと同時に自分の責任の重さに身が引き締まる思いです。



 また、彼が引っ張って行ったお客さんの中からも「彼自身は円満退社の末に、所長の了解を得て顧問契約の付け替えをする。」という彼の説明を信じて、ちょっとおかしいと思ったけれども同意書に押印をしたと言って電話をかけて来られた方も数名出てきました。これも、もう彼と同じレベルに立ってお客さんを間に挟んで揉めるのが情けなくて、彼の台詞を100%信じて持って行かした判断が甘かったという事ですし、電話口の向こうでそう話される社長さんには本当に申し訳ない事をしたんだなあと思いました。

 とりあえず「現状の顧問契約は、彼がよっぽど気に入らなかったり、頼りないと感じたなら、仕方が無いから顧問契約の付け替えに動いて頂いたら結構けど、彼も使った手口は汚いけれども、自分の客さんになった限りは一生懸命にサービスをすると思うので様子を見てやって下さい。」という説明をすると、「そんな人のええ話をしてて、野垣さんはええんか。」と怒られるのですが、「私にそれだけの人徳が無かったという事です。」と答えるようにしています。だって彼の顧問契約に移動した後に不都合が起きていなかったのなら、今更、うちの会計事務所内の不祥事を理由にして契約を巻き直して、諸手続きをし直して、新任の担当者が一からお客さんの状況を聴き直し(私が当然にサポートしますが、それでも完全にスムーズに行く保証はありません。)ながら顧問契約を再開していくのは、お客さんにとって迷惑がかかる可能性が高い気がして...。

 今回のいざこざは事務所内の不祥事で、お客さんに一切落ち度のない話です。できるだけお客さんが嫌な気持ちにならないように、或は迷惑がかからないように収束させるのが私の使命ですから、結果的にうちの会計事務所の売上が落ちようが、そんな事を気にせず、まずは事態を収束させる事が最優先だと思っています。

 まあ、そんな気持ちで半年ほどやっていると、新たなお客さんが次から次に増えて、かなり大きな売上分が凹んだはずなのに増収になる珍現象が起きています(創業期に爆発的にお客さんが増えましたが、それに近い水準で増えているからビックリです。)。やましい気持ち無く、真面目にやっていると、神さんか仏さんがどっかでこっそりと帳尻を会わしてくれたはるって事なんでしょうか。

 またスタッフ達も自分たちが頑張らなあかんと思ってくれたのか、所内のムードも本当に和気藹々のいい雰囲気になっています。

 まさに「雨降って地固まる」ってこういう事を言うのかという感じです。



 それにしてもこういった事件が起こった際に、それを見たお客さんが本当に親身になって温かい声をいっぱいかけて頂けるってのは仕事冥利ですし、こういった信頼を裏切ったらあかんなあとつくづく思いました。

 ともすれば会計事務所を自分たちだけの努力や裁量で切り回しているような錯覚に陥る事がありますが、お客さんが持って頂いている信頼感をベースにして私たちの事務所は仕事をさせてもらっているだけなんだ。あくまでも仮にこういった仕事を世間さんから預かって、納めさせて頂いているだけなんだ。こんな謙虚な気持ちを失うと、即、お客さんの信頼を失う事に繋がっていくのだとなあと痛感しました。

 とにかく今回の一連の事案が完全に収束するのは今年の確定申告がつづがなく終わる平成28年3月期。必ずしも満点の解決は難しいものもありますし、すでにあれこれと綻びが目についている部分もありますが、できる事を精一杯務めるしか他に道はありません。

 事務所を創業して早20年になりますが、その間に積み上げた信頼関係(これって本当に凄いもんなんですね。まあ、失う時は一舜でしょうが。)を実感させて頂いたありがたい瞬間でしたし、この顛末もそういったハッピーエンドに持ち込んでいかねばならないと思っています。 
スポンサーサイト

10月最後

 さっきのブログに書いたように朝はゆっくりと自宅で過ごして、11時頃に事務所に出勤。

 スタッフからの日報を承認して、某信用金庫で行った会社再建に係る個別相談の報告書を社長さんに電話でそれ以後の経過などを確認しながら作成。その他、何件かのお客さんに電話をして、頂いていた相談事の続きを...。さらに11月の月初会議の下準備やリクルートの選考作業なんかも...。

 13時過ぎから、天気が良かったので嫁さんと池田の街をブラブラと探検して目新しい店でもできていないかと探したものの、めぼしい店が見つからず、結局はいつもの川西の小花庵へ行って蕎麦を頂く。土、日に仕事をする時は、比較的時間の余裕があるので、ついつい小花庵まで10数分の道のり(今日は池田探検を兼ねて歩いたので30分弱)を散歩がてらに歩いて行くのが楽しみです。

 帰りの道すがら、カンノ養蜂園の蜂蜜店に立ち寄ってたっぷり蜂蜜をかけながらソフトクリームを食べる。店の奥さんのミツバチや蜂蜜のあれやこれやの講釈が楽しくって30分ほどあれやこれやと話を伺う。養蜂って、なんだかミツバチの巣箱を野原にポンと置きっ放しにして待っているだけの優雅なイメージがあったんですが、さにあらず。いろいろと物理的、行政手続的にメンテナンスが必要で結構大変そうでした。まあ、楽な仕事なんて言うのは無いですわね。そんなのがあるのなら、次々に第3者が参入してきてたちどころに過当競争の世界に突入なんて事になりますもんね。日頃知らない蜜蜂の世界をマニアックなところまでお聴きできて、いい勉強になりました。

 事務所に戻ってからも、再び同じ仕事を淡々とこなして、ふと顔を上げると外は真っ暗。最近、陽が落ちるのが早いなあと痛感しつつ、最近お疲れ気味なんで早めにこの辺で仕事を切り上げる算段中です。

土曜日の朝

 入院騒ぎ以降、順調に回復してきている父親ですが、さすがに暴れん坊の「ケン」の散歩はちょっと荷が重たい。

 柴犬ですが、体重が15㎏もあって(一般的に柴犬は9~11㎏くらいです。)、犬の散歩で会う人会う人に「大きな柴犬やなあ。」と感心されています。性格も荒っぽくって粗雑。とても愛玩犬という雰囲気はありません。まあ、私はそんな野性っぽい粗さが残っている犬が好きなんですが、グイッとロープを引っ張ると老人や子供だと体がそちらに大きく振られるくらいの力があります。

 日常生活にはなんの不自由もない状態でも、こんな暴れん坊の散歩はちょっと無理だという事で、私が朝晩の散歩係を受け持っています。

 以前は朝起きてちょっとしたらそのままランニングに出ていたんですが、30~40分ほどたっぷりと時間をかけて「ケン」の散歩をするので、ちょっと早朝ランニングができなくなってます。さすがに犬の散歩の後にもう一度朝ランをすると時間を取り過ぎて、仕事に差し障りが出ますから...。ちょっと何とかせんと、このままじゃあランニングが全くできなくなってしまいそうで...。

 まあ、そんな朝ランの悩みと引き換えなんですが、朝はゆっくりと近所の公園をうろついて、ゆとりを持って自宅に帰って来て風呂に入って、新聞を読んで...という具合で以前よりはるかにゆとりが感じれる朝の時間が過ごせます。まあ、何事も一つ失うと一つ手に入るというようなトレードオフの世界ですから、こんなもんなんでしょう。



 今朝も、土曜日なのでいつもよりさらに時間をかけてたっぷりと散歩をして、ダイニングテーブルでボーッと寛いでいます。今から朝風呂でも楽しんで...。

 年齢的にはこんな時間の過ごし方の方がしっくりと来るような気がします。ランニングの世界が縁遠くなる危ない空気が漂っていますが...。
 

会社が危ない!

 昨日、某金融機関から依頼されて正常返済が続けていけない会社の社長さんと個別相談をして、何とか経営改善計画を作成して、会社の経営立て直しに持って行く算段をあれやこれやと...。

 いっつもこういう既存のお客さんではなくって、他の事務所が税務顧問をしていたお客さんが経営が危ないという話を持ち込んで来られた時に思うのですが、この顧問の会計事務所は何をしてたんだろうなあという素朴な疑問を感じます。

 もちろん税務や会計の顧問契約であって、経営コンサルではないので、そこまで踏み込んでいく必要が無いという理屈は理解できます。でも、日常的に作成している会計データが明らかに異常値を示し、このままそれを放置しておくと経営として重篤な結果を招いてしまうと予測される時は、それなりに警告を上げ、無い知恵を絞って予防措置を取っていくべく相談相手になるというのが人として自然な流れではないかなと思います。

 私たちのコンサル能力自体はたかだか知れたものですが、いろいろな会計データで問題点を分析して、その改善策を社長さんに考えてもらうという流れを作る事なら充分に実施可能です。会社の経営は、どこまでいっても社長が能動的に取り組まない限り絶対に好転しないのですが、そのきっかけ作り、判断材料の提供、事後の分析やさらなる改善策の検討を後押しできるのが、会計データを作り出している我々の役どころです。



 昨日も2~3時間、ドップリと相談の中に心がはまり込んでしまい、相談が終わる頃にはゲッソリでした。

 やっぱり、社長さんの追い込まれた気持ち、焦りの気持ちが、こちらにジワジワと伝わってきますし、だんだんと我が身を侵食していきますから、最後には社長の必死感をそっくりそのまま頂いたような心理状況に追い込まれます。まあ、それくらいの気持ちにならないと、作り上げた経営改善計画も迫力を持たないものになってしまうと思いますが。

 スポット的にこういった相談を受けさせてもらった場合には既存の会計事務所との関係に配慮しながら動くという事もあるので、より一層事を進めるのが難しくなります。任せるなら全部任せて下さいという事なんですが、なかなか現実はそうもいかず。
 


 とりあえず今後の方針を確定させたので、とりあえず既存の会計事務所に決めた方針の基での経営改善計画の作成を依頼してもらって、既存の会計事務所から「どうしてもそれができない。」という返事が返って来たなら、もう一度私の方に相談してもらうと悪いようにはしませんよという何だか面倒臭い台詞を残して帰ってきました。

 既存の会計事務所が請け負ってくれれば、現行の顧問料の範囲内で取り組んでくれるかもしれませんし、別途報酬を請求するにしても安目になる可能性があります。スポット的に私に依頼すると、スポットのためにどうしても既存の会計事務所よりも高目の報酬設定になりそうですから。
 
 

TKC近畿兵庫会の秋期大学

 昨日はお昼から、TKC全国会の隣の地域会の近畿兵庫会の秋期大学に来賓として参加してきました。

 お題は運動会。

 って事で玉入れと綱引きに参加してきました。まあ、綱引きなんてもう何年ぶりって感じですが、やってみると力が入りますよね。姫路の方の支部を中心としたチームに入れてもらいましたが、結構接戦を制しての優勝だったんですが、綱引きがこんなハードなものだったとは...。綱引き後はちょっと体の節々に痛みが...。

 懇親会後も、その足で2次会に突入して帰宅が1時半頃。結構、泥酔に近い状況で帰りましたから、今朝も軽い二日酔い。ちょっとした公開を胸に仕事をしています。能率は上がりません。残念!
 

 

ゴルフコンペ

 火曜日はTKCの企業防衛関係のゴルフコンペ。滋賀県の栗東にあるジャパネースゴルフ倶楽部に行ってきました。ここはこれで3回目ですが、さっぱり回ったゴルフコースの記憶が残らない私には毎回新鮮。まあ、とにかくいいコースです。

 朝一に自宅まで、わざわざI税理士が車で迎えに来て頂き、その後豊中方面の2人の税理士も拾う形で合計4名同乗でゴルフ場に向かいました。まあ、自分で運転せずにボーッと車に乗っていられるのは楽でありがたい事です。ビールも気にせずに飲めますし...。


 日曜日に大阪マラソンを走ったところなので大丈夫なのか?と思いましたが、マラソンのダメージはほとんどなし。幾分、太腿辺りに軽い筋肉痛が残る程度でした。まあ、あれだけ調子が悪くって、身体をとことんまで追い込めなかったので、身体にはまだまだ余力が残っているという事なんでしょう。



 インスタートで54と50の合計104。自分にしたら満足水準の出来でした。

 毎度、どこかで大荒れのホールが出てきて、見るも無残なスコアになるのが最近の定番でしたが、前半の上がり直前の17番ホールで荒れ出して9打を打ったものの何とか踏み止まったという感じです。OBもスタートホールと、16番ホールでそれぞれ一発づつですから、私にしたら許容の範囲。

 基本的にドライバーやアプローチショットが安定しており、概ねイメージに近い出来上がり。パターに苦しんで41パットを打ちましたが、それさへ無ければ100切りも充分に視野に入る感じです。

 数年前にちょっと詰めてゴルフに行っていた頃(と言っても年に7~8回ですが。)のスコアにようやく近づいてきた感じです。

 まあ100前後のスコアだと、ゴルフコースを回っていても精神的にも余裕がありますし、ようやくゴルフそのものを楽しめるなあという感じです。まあ、一緒に回るメンバーにもよりますが。

 目茶目茶なホールがあまりなかったので、一緒に回っている他のプレイヤーにも目が行くので、あれこれそれぞれの人のゴルフを観察する余裕も...。

 私はスポーツはかなりの部分は頭の勝負だと思っている(思っていてもそんなにクレバーに切り回せている訳ではありません。むしろ衝動的、突発的な行動をする方が多いのですが...。まあ、仕事の合間にやっているので楽しみ半分で理性に支配されないスポーツも楽しいと思います。)のですが、周りを観察しだすといろいろと勉強になる事も拾えて...。何事も余裕と言うものが大事ですよね。



 コンペの賞品としてイカソーメンとボタンエビの刺身をどっさりと頂き、こちらも大満足。久々にスッキリとしたゴルフになりました。
 


 

ここまで墜ちた 大阪マラソン散々の完走

 大阪マラソン。出場してきました。

 いやー、酷かった。

 30km過ぎから、身体がふらつき出して、なにやらやばい雰囲気まで漂い出しました。まあ、それ以上に症状は進行しなかったのですが。



 スタート直後から全く体が動かず。ペースも抑えに抑えて6分10秒/kmくらいで入ったのですが、とにかくしんどい。中間地点までずっとこのペースをキープしましたが、何だか自分の体ではないような感じでした。

 気分も乗らず、中間点通過直後にトイレに小用をたしに立ち寄ったのですが、さすが大阪マラソンはマンモスマラソンです。5分待ちでした。

 その後レースに復帰して走るもペースはずるずると落ち出して、最早留まるところを知りません。

 先ほど書いた30km過ぎからは、体調までおかしくなってきて...。歩きを交えながらとにかくゴールを目指しました。



 ウルトラマラソンでは40km通過をだいたい4時間ちょっとのペースで走るのがマイペース。フルマラソンの距離が過ぎた辺りからいよいよ本番開始と鉢巻きを締め直す感じなんですが、どうしてフルマラソンでここまで失速するのかよく分かりません(フルマラソンよりウルトラマラソンの方がいつも40km地点までは調子が良い感じがします。)。まあ、体重超過、練習不足、体調不良の3拍子が揃っているともうなす術が無いという事なんでしょうか。残念。

 1ヶ月後に福知山マラソン。この1ヶ月で何とか体勢を立て直して、普通に走れる状態まで持って行かんとあかんなあと思っています。

土曜日の仕事

 さっきからのブログでちょこちょこっと書いてますが、昼から出社。

 今週いろいろな事があって、それぞれたくさんの資料を貰って帰って来ているのですが、それらを取り纏めをする時間が無たっかので、ワサワサと資料整理とそれらを基に今後どんな展開に持ち込んで行ったら良いのか思案をしていました。

 私は、事務所の中では所長ですので、個々のお客さんの決算申告などの作業はせず、個々のお客さんの経営や問題事項に対してその対処方針やチェック、具体的な作戦を立てる役割なんですが、なかなか端で見ていると何だか遊んでいるように見えるらしくって今一周りからの評価が低そうな...。

 まあ、私がいろいろと資料を作って考えている所なんて横から眺めているとまるで遊んでいるような感じ。ブツブツと独り言を唱えて、手当たり次第に周りのメモ紙に意味不明の図形や省略しすぎて周囲の人から見ると丸で何かの暗号の様なものを書き込んでいたりして...。

 これを書いていて改めて思い返してみると、幼児が一人でお絵かきをしている様を眺めているのと同じようなもんだという気がしてきました。



 18時半頃に事務所を出て、自宅に戻って来て「ケン」の散歩。今日はウィークデイでは無い分、多少時間的なゆとりもあるのでいつもの倍の距離を歩きました。



 戻ってくると再び、資料整理と前後策の思案。

 明日は逢坂マラソン本番で早起きをせんとあかんので、今晩は22時頃までには決着を付けたいところです。

宮古島トライアスロン大会申込完了

 明日が大阪マラソン本番だというのに全く気持ちの盛り上がりも無く、淡々と事務所で仕事をしている最中に、「そう言えば例年、今頃に宮古島トライアスロン大会の申し込みをしていた筈なんだけど...。」という事でインターネットを開いてみるとやっぱりありました。

 来年の4月17日開催予定の第32回大会の申込受付開始が10月1日からなされていました。 

 危ないところです。



 昨年は抽選で落選してしまいましたので、第29回、第30回と出場して完走してきたんですが、無念の涙を飲みました。御蔭さんで練習にも身が入らず、仕事が想像を絶する忙しさになってしまった事も重なり、まったく走らない日々、ブクブクと太る日々を9か月ほど過ごしてしまい、体重も元々運動をする前に87kgあったところが74kgまで絞り込みに成功していて嬉しかったのですがまさかの80kg超へのリバウンドを招く最悪の一年間になってしまいました。

 このヘボヘボの一年間のきっかけがまさかの宮古島トライアスロン大会の抽選の落選でしたので、今年は是非ともお願いしますという心境です。

 まあ、その延長線上で全く気力も何も盛り上がらないままの大阪マラソン出場となってしまったのですが、宮古島トライアスロン大会をロックオンしたからには、いよいよ明日のぶっつけ本番(本当に酷いレースになると思います。恐ろしや...。)をきっかけとしてトレーニングの再組立てで頑張り直すぞ!と決意を固めているところです。

 何せ、私の年間のフルマラソンやウルトラマラソン、そしてトライアスロンの大会の出場予定の中では、この4月に行われる宮古島トライアスロン大会と9月に行われる村岡ウルトラマラソン100Kがきつい大会の双璧になりますから、もう一度土台から体を作り直して、自己ベストを更新し直せるような状態までもっていきたいなあなんて思っているんですが。

 上手くこのまま気持ちを育てていけるんでしょうかね?

 藁にもすがるような気持ちでポチッとボタンを押したんですがどうでしょうか。

 

ご近所さんの困り事

 父親の退院の付添いを終わらせて昼時に事務所に出勤していく道すがらで、事務所のご近所さんにお会いして困り事の話を聴きました。

 ちょっと話の筋が見えなくなりますが、本人さんの特定ができない範囲で書き込んでみたいと思います。

 家族の一人が夜な夜な家の窓から大声で騒ぐので...。騒いでいる当事者さんに注意しても全く聞く耳を持たず、対処の仕様が無くって困りあぐねたとの事。ちょっと精神的なものが原因だったらしく、当事者さんが自覚するという事自体が難問だったようです。

 いや、私も当然にここ一年近くそんな状態が起こっているという事は知っていましたが、普段顔を会わしても全く常識的な対応をされていて、こちらに危害を加えるような怖さが無かったもので、そのまま黙って見守る事にしていました。

 最終的に、各方面の協力を得て世間に迷惑がかからない形で収束していく目途が立ったのを機に、話をして下さった当のご本人さんも隣町に引っ越しをするとの事。

 「どうもこの度はすいませんでした。」という言葉で話を締めくくられていましたが、本当にその気苦労や心配というのはたいへんだったんでしょうね。



 確かに夜道を歩いている時に、家の建物の上の方から窓を開けて大声で騒いでいる状況を目にすると、誰しも戸惑いますし、ちょっとした恐怖感を覚えるものです。

 が、精神的なものが原因であれば当事者としては問題を起こしている自覚が無いので、周囲の人も止めるに止めれず(特に騒いでいる当事者の方が屈強な体躯であればそうなりますよね。)、ただオロオロするばかり。

 本当に対処が難しい問題ですよね。

 まあ、今回は大きな事故になる事も無く、どうにか解決の道が作れたので良かったのですが、そうともならない家庭も多いのだろうなあと思います。



 何気なく歩いていた通勤途上で、いきなりヘビーな話をお聴きしてビックリしたとともに、目途が見えただけに良かったなあと感じました。
   
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR