FC2ブログ

毎晩、飲み喰い オーマイガッ!

 ここ数日、大忙し。

 事務所で席を温める暇無し。

 ずっと大阪市内をウロウロ。お客さんの所に訪問したり、某都銀を訪ねて経営改善計画のモニタリング報告をしたり、はたまた資金繰りが行き詰った事業者さんの経営再建について個別相談を受けたり...。

 大阪中心部から20分ほど外れた池田に事務所を構えているのですが、こういう状況になってくると梅田にオフィスを構えている優位性を感じざるを得ません。だって仕事と仕事の合間の手待ち時間にちょっとしたデスクワークを挟むのですが、自分の事務所でやるのとカフェの一角で手持ちの資料だけでやるのとではこなせる仕事の質や量に差が生じますもんね。でも、意地でも生まれ育ちの街「池田」から事務所を動かしませんが...。



 一昨晩はTKC全国会の仕事で、日本政策金融公庫の関西地区を統括されている偉い方々と会食。

 その後、近畿大阪会運営についてTKC大阪SCGセンター長と居酒屋で議論。結構重要案件を取り纏めていかねばならないので、頭の痛いところです。

 自宅に戻ると日付が変わって1時。猛烈な眠気で倒れるようにしてベッドに潜り込む。



 昨晩はお客さんに招いて頂いて会食。二次会までセッティング頂き、帰宅すると1時半。目が潰れそうになりました。

 借入返済ができない状態まで追い込まれていた時に相談を受けて、その後二人三脚で経営再建に取り組んできたお客さんですが、関与させてもらってからもうかれこれ4~5年くらいになるのでしょうか。

 一度はかなりスムーズに経営再建が進んで3年経つか経たないかで経営再建成功の太鼓判が押せそうな雰囲気になりましたが、好事魔多しとはまさにこの事と言わんばかりに、売上シェアが60%近くを占めていた主力の売上先の2社が相次いで事件に巻き込まれたり、大リストラの旗が振られたりして、みるみる売上が無くなってしまい、最早これまでという判断を下す一歩手前まで追い詰められました。再度の経営再建に取り組んでから2年が経ったのですが、ようやく黒字基調まで業績が回復してきており、この調子で行けばあと数年で正常返済ができる状況もチラチラと視野に入り出してきています。

 本当におめでたい状況になって、喜ばしい宴席になりました。



 御蔭さんで、今朝は二日酔いでグッタリです。

 今、宮古島ワイドーマラソン100Kに出場すべく飛行機に乗って、このブログを書いているのですが、こんなんで本当に100kmも走り切れるんでしょうか(人に聞いている場合じゃないのは重々承知なんですが。)?

 



 

久々に朝ラン

 今朝は久々の朝ラン。

 仕事や会務でガタガタしてましたから4日振りのランニングです。

 いよいよ今週末は宮古島ワイドーマラソン100Kですから、今さらトレーニングで速くなるなんて思ってはいないのですが、さすがに足慣らしでちょっとぐらい走っておかないとなあと思って走りました。

 ピリッと寒い外気の中を黙々と走りましたが、5分も走れば体も温もって寒さも気になりません。

 コースは箕面周回大コース 9km。

 ようやく通しで5分30秒/km程度のスピードまでランニングペースは上がってきましたが、本来的には10km程度の短い距離ならば、あと30秒/km程度のペースで楽に走れるようになっておきたかったところです。

 体は重いまま。ちっとも体重を絞る事ができず、ここ5年間で最も体が絞れて調子が良かった時に比べて8kg程度増えているので、まるで大きな荷物を背負って100kmを走らねばならないことになるので大変だなあと思います。まあ、自業自得ですが。

 今から3年前に宮古島のトライアスロン大会に出た時の写真を見て、過酷なバイクパートの真っ最中のシリアスな場面で、周囲のピリピリした空気感の中で、まるでポツンと浮き出たように私一人がまるで熊のプーさんが自転車をクルクルと漕いでいるように写っていて(本当に真の抜けた写真です。本人は極めて真面目なのに、なんででしょう?)苦笑した事がありましたが、あの時の再来です。

 超長距離のレースに出る人は基本的にスリムな体系の人が圧倒的多数派なんですが(想像に難くないと思います。)、その中でポッチャリとした熊のプーさんがポツンと混じって走っているのは、何だか違和感を感じさせる光景なんだろうなあと思います。もうちょっと格好良いイメージでレースを闘いたいのですが、「なんで私はこんなんなんだろう?」と思わないでもありません。残念!

一日中、税理士会

 昨日は終日、税理士会豊能支部の税務対策支援委員会の仕事。

 確定申告期に納税者の方に向かって実施される税務無料相談の割当会議でした。

 税理士会豊能支部所属の税理士は、少なくとも年に一度は税務の無料相談を担当しないといけない事になっているのですが、日付毎或は相談会場毎に、各税理士の日程の都合(無料相談申し込みのハガキにそれぞれの日程上の都合を書き込んでいます。)を見たり、同じ税理士事務所から偏った日付で税理士派遣されていないかを見たり、その日の会場のメンバーの力量を斟酌したりして日程表を組み上げるのですが、これが結構大変です。

 機械的に日程を組んでしまって、都合が悪ければ各人個々に日程調整をお願いしますってな方式でもいいのでしょうが、やっぱり税理士にとってお互いに確定申告期は一年のうちで最繁忙期にあたるので、せっかくボランティアをお願いするのですから、それなりにスムーズに税務無料相談に取り組めるように一定の配慮が必要だという事で、あれこれ苦労をしています。

 結局、税務対策支援委員会の8名のメンバーが丸一日がかりで組み上げました。

 都市部の税理士会の支部だとこの無料相談というのもさほどに話題にもならない行事なんでしょうが、都市周辺の衛星都市部の支部だと確定申告をする納税者の人数が多くて、一大メインイベントになっています。

 昔はもっと大変だったのですが、コンピュータがこういった確定申告業務にも割り込んできて、かなり楽にできるようになってきていますが、それでも一日がかりの大イベントです。

 昨日からこの税務対策支援事業がいよいよ本格的に立ち上がり、事業が終わる3月上旬までいろいろとこの類の仕事が入ってきます。辛いような悲しいような時もありますが、まあこれも私たちができる社会貢献の一部ですから頑張らんといかんと思っています。



 この割当会議は17時に終了して、打ち上げに地元の焼肉屋「たぬき」で一杯。

 宮古島ワイドーマラソン100Kがいよいよ今週末に迫っているにもかかわらず暴飲暴食に走ってしまう。毎度の嫌悪感。残念。
 

3連休最終日

 午前中は家でゆっくり。

 8時過ぎにノソノソと起き出して、ゆっくり朝食。その後「ケン」と延々とじゃれ合って...。こうして我が家の愛犬とじゃれ合っている時が、無条件に楽しいなあと思います。

 まあ、床暖房の効いた快適な部屋でのんびりと過ごさせてもらいました。極楽です。



 昼をかなり回った時間帯から嫁さんと外出をして、昨夜溜まったストレスを解消するために野垣家御用達の川西の蕎麦屋さん「小花庵」へ出向いて、刻みとじ蕎麦を注文。この店は、手打ちで一生懸命に蕎麦を作っておられて、尚且つ気さく。一品一品の量も蕎麦屋さんには珍しいと思うのですが、たっぷりサイズでちっとも気取ったところが無いので気に入ってます。

 やっぱり日常的に食べる料理は、美味しいのはもちろんですが、気さくで量も手頃ってのが大切な要素だと食いしん坊の私は思っています。



 その後、川西阪急に寄って私の冬服を買ってもらいました。何やらバーゲンもやっていて日頃よりかなり安い値段で買えるようですので、ちょっとお得感高し。まあ、私は御洒落心なんて物に全く無縁で、服を買ってもらって嬉しいという感情もあまり湧かないんですが...。我が家の衣装代については、嫁さんは随分と楽をしていると思います。



 16時前に事務所に出勤して、神棚の整理をして、古くなったお札を近所の呉服神社の宵えびすに持って行って納めさせてもらって、新しいお札と交換をしました。

 先月のお伊勢さんマラソン出場時に買わして頂いた伊勢神宮のお札とわが事務所の氏神さんである呉服神社のお札が仲良く並ぶ形になって、なんとなく気分一新です。やっぱり日本人の血が流れているなあと思うのですが、こうして神さんをちゃんとお祭りすると何となく気が落ち着きます。

 ついでにえべっさんの福笹も供えさせてもらいました。商売用だから値段の張る豪勢な熊手とか大ざるに目が行くのですが、万事始末家の野垣家ですから、一番安い物から二つ目のランクの福笹をささやかに購入したものです。まあ、これが野垣事務所の定番という奴ですが。

 わが事務所は呉服神社の参道に面していて、えべっさんの時期には前の道路が参拝客であふれかえって、車の通行にも支障が出るくらいなんですが、最終日でもある3日目の宵えびすの頃になると、さすがに参拝客も鳴りを潜めた感じになるので、うちでは宵えびすにお参りをするのが通例になっています。



 結局17時半頃まで、事務所の神棚を整えたり、片付け物をしたりしてバタバタしていましたが、それからはデスクワーク。

 何となくノンビリモードで過ごしてきた一日ですので、早目に上がって自宅でゆっくり過ごそうと思案中です。
 

美味しい店って何だろう?

 昨夜、豊能支部の税理士8名で出かけた蕎麦屋さん。

 提携企業の方のお勧めで、美味しいよという事だったんでメンバーの一人が予約を入れていたんですが...。



 職人気質の味一本で勝負しているというイメージで売ろうとしているのでしょうが、愛想のない事甚だしいなあと感じてしまい...。あまり良いひと時を過ごす事ができませんでした。

 ゴルフ帰りの8人のオッサンがつるんで店に来ているんですから、気分も盛り上がって、確かにそばの味をしっかりと味わうと言う雰囲気が店主側から見て乏しく見えたのかもしれません。パッと店に入った瞬間から違和感があったのだろうなあと思うのです。いわゆる店として好ましからざる雰囲気を出している客っていう...。残念ですが。

 ただ予約が18時半から入っていて、店にちょっと早目の18時に着いたので店の前に車を停めて、もう一台の後続車を待って時間調整をしていた時に、店主が出てきて「18時半からの予約なので18時半から入店して下さい。」という事を強調したのには、出だしからちょっと戸惑いを感じました。だってその時、20人位は入りそうなお店の中はアベックが二人いるだけのガラガラの状態(アベックも私たちと入れ替わりに出てしまって、その後私たちが店を出るまで貸切り状態だったので、他のお客さんに迷惑がかかり様も無かったのですが。)だったので、後続の車が揃ったら10分や20分くらい予約時間の前倒しで入店したところで何の迷惑もかかりそうもないのになあ...。外は寒い風がビュンビュンと吹いていたのに...(結局、外で待つのは辛そうなので、車の中で時間を調整していました。)。ボタンのかけ違いはこの時点から始まったんですが。

 入店してビールを頼んだところ、最初の6本はすんなりと出てきたんですが、白木の机に水分の型が残るのでビール瓶やビールグラスの下に布製のコースターを敷いてくれと言い出した頃から違和感が強くなってきて...(もちろん、その後店主の指示を忠実に守ってましたし、ちょっとビールがこぼれても、柄にも無い事ですが、マメにおしぼりで机を拭いていたんですが。)。

 確かに店の備品を大切に使いたいという気持ちも分かりますが、私らも別にそんなに非常識な飲み方をするでもなく、今日のゴルフを巡ってワイワイと喋っているだけなのに、何だか楽しい気持ちに水を掛けるような木で鼻をくくったような言い方をするもんで、みんなのテンションも急に下がってしまって、それからは店主の方を伺いながらヒソヒソ声で会話をするようになってしまって...。

 まあ、ゴルフ帰りのオッサン8人が楽しそうな顔をして店に入ってきた段階で店の雰囲気を壊してしまった(それほど騒いでもいなかったのですが。)のかもしれませんので、店主の対応を非難する気は無いですし、最後まで店主の応対に非を唱えるでもなく1時間ほど御蕎麦のコースを楽しんでから、オズオズと店を後にして、何となく溜まったストレスを解消しようという事でもう一軒別の店で飲み直そうということになったのですが。

 「お金を払うお客さんは何をしても神様だ。」と言うつもりなんて毛頭ありません。私たち自身も一人一人が会計事務所を経営していますので、好ましからざるお客さんがおられることは重々承知。店主のイメージに合うお客さんを大切にしたいという気持ちも痛いほど分かります。けど、一応客商売なんですから、もっと上手にお客さんとお付き合いをする術を手に入れた方がいいのになあとか、その辺りの気付きが店主にどのようにしたら生じるのだろううかなんて事を仲間の税理士と喋っていました(我が事の商売においても同じような事が起こるだけに。)。



 ちょっとした不幸な出会いがあって、不幸なままにこの先の接点もないだろうなあという結末になってしまいました。

 この御蕎麦屋さんとご縁がどうのこうのという点では、おそらくこれでお終いという事でいいんだと思いますが、シチュエーションを違えれば同じような事象を己自身も数々体験しますので、そういった際に如何に判断して、いかに行動すべきなのかって事については深く考えさせられます。

 お店を経営するというのは本当にいろいろなスタイルがありますから、私たちのスタイルに合わないから良いとか悪いという評価には繋がらないのですが、飲食業がお客さんにもたらす幸せ感、満足感っていったいなんなんだろうなあという事から始まって、私たちが自分で商売をしていく上でどのようにしたらいかに多くのお客さんに満足を感じてもらえるようになるのだろうかと考えさせられる出来事になりました。
  

3連休中日はゴルフ

 朝から税理士会豊能支部の定例メンバーでゴルフ。それからの飲み会。

 いつも集まってゴルフに行ったり飲み食いしたりの税理士メンバー合計8名で過ごしました。TKC全国会メンバーが大半を占めますが、それだけでもありません。まあ大阪地区の北端の田舎支部ですから地域の繋がりが濃くって、都市中心部に比べてそれだけ田舎って事なんでしょう。

 ゴルフ場は中国道吉川IC周辺の関西クラシックゴルフ倶楽部。

 2台のミニバンに分乗して出発から既にワイワイと騒ぎながらのゴルフ場入りです。

 まあ、気の置けないいつものメンバーなので緊張感も一切無し。

 スコアの方も締まり無く乱れて57、56の113って事で、まあいつもの事ですが、残念なもんです。天気が良くって温かかったのが唯一の救いでした。



 ゴルフが終わって、そのまま吹田市内の蕎麦屋さんで晩御飯と豊中駅前の居酒屋で2次会。まあ、いろいろと有りましたが、あり過ぎてここでは書き切れないので、詳細は後に譲るとして...。

 結局、自宅に戻ったのが日付が変わるちょっと前。オッサンの騒々しい遊び会は、体力が尽きるまで続いたのでした。

 

3連休初日は夜ラン

 朝一はは有馬温泉にいたので、午前中にランニングができなかったので19時ぐらいに自宅へ早帰りをしてランニング。

 日が暮れて寒そうな景色の中を走りに出て行く瞬間がたまらなく辛いのですが、明日は終日ゴルフ、夜は宴席という事なんで、今日は是非とも走っておかないといかんということで頑張りました。

 コースは箕面周回特大コース+今宮 という事で14km。

 年末年始に思い身体を引きづりながら走り出して7日間ほど連続でトレーニングをしてきて、ここ数日のランニング中断が丁度良い休養になっていたようで、走り出しからペースがいつもより速目。ずっと走っていてもひと段階ほどペースが上がったような感じがしました。まあ、上を見れば切りが無いのですが、泥縄式でもそれなりのトレーニング効果が実感できてちょっと嬉しい感じ。

 終始好調にペースを維持して走り、5km地点以降はおそらく5分半/km程度までペースが伸びていたようです。

 体重が少しも落ちていないので、さほどに軽々と走っている雰囲気はさすがに出ませんが、遅いなりにジワジワとペースが上がってきたようでちょっと嬉しい。

 1週間後の100kmマラソンは、まあそんな小手先のペースが上がったくらいじゃあすぐに化けの皮がはがれてしまいますが、それでも全く手応えが無くふにゃふにゃの自信のまま臨むより、錯覚でもいいからモチベーションアップした状態で大会に臨みたいと思っています。

 

宴席続き

 ここのところずっと夜は宴席続き。まあ、よくこれだけ宴席が続くもんだと思います。

 直前のブログでランニングの事を書いて、1月5日までずっと一週間ぶっ続けで走り込めている旨の書き込みをしたのですが、その後はプッツリと中断。

 来週もスケジュールを見るとウィークデイはずっと夜は宴席になりそうです。

 せっかくジワジワと減り気味に推移していた体重もきっちり走り始めと同水準に戻ってしまいました。残念!

 本日は1月9日の土曜日。昨夜は提携している会社さんの新年会に招待して頂いて有馬グランドホテルで1泊。比較的早い時間帯(といっても23時頃でしたが。私にとっては深夜です。)に就寝しましたので、今朝はスッキリ気分で起床。朝風呂に入って、部屋でゆっくりと過ごして、ちょっと遅い時間になりましたが11時頃に事務所に出社。

 今から一部、年内に面談ができなかったスタッフとの個別面談をして、その後デスクワークです。

 仕事始めからこっちでかなりの仕事が溜まりましたので、とにかく一生懸命に終わらせないといかんと思っております。本日は世間は休日の所が多いので、電話もあまりかかって来ずに仕事に集中しやすい感じです。

ランニングの休養日 スロースタートで仕事 

本日は、恒例化しつつあるランニングの休養日。

 昨日は夜中までたっぷりと飲んでいたので8時過ぎまでドップリと眠っていました。

 さすがに7日連続して15㎞前後の距離を走ると、まだまだ体が走るように出来上がっていないので疲れがドンヨリと溜まってきています。腰や脚の筋肉も張っている感じ。



 10時から新規のお客さんの所に出向いて、マイナンバー対策をするための給与システムの移行と会計システムの移行の準備をしました。ちょっと規模の大き目のお客さんでしたが、前の税理士さんから一切のマイナンバー導入に対する指導が無く、また会社と接触するのも決算申告時期の一回だけなので経理面に対するアドバイスが全く無いという事でしたので、うちの事務所に相談の声がかかったのが切っ掛けです。

 マイナンバーについて、従業員の方に会社の取扱方針や具体的な収集方法の案内などの原案を提供し、スマホなどからでも従業員の方が自分でマイナンバーを登録し、念のために添付画像でマイナンバー通知書の画像を貼り付ける事でマイナンバーのミス登録を防ぐ仕組みを説明すると、給与計算担当の方から登録されたマイナンバーの成否の確認作業こそ必要になるものの、所内でマイナンバーが記載してある書類を保管する手間やリスクと無縁になるという事でかなり喜んで頂きました。

 また、マイナンバーの保管も会社や会計事務所では一切行わず、最高度のセキュリティーの施されたデータセンターのサーバーに保管され、申告作業の都度このデータセンターにマイナンバーを読み込みに行って税務署に申告書の提出がなされるという仕組みを採用しているので、そもそもマイナンバーそのものを会社で保管しない仕組みのためにマイナンバーの流出が構造上起こらないという点も気に入ってもらえました。

 会計システムについても現状では税務申告の為だけの会計処理だったのですが、経営管理に役立つという観点を重視し、さらに仕訳量が多くて経理処理に困っている点を解消するために販売管理システムや給与計算システムさらに銀行データからデータ連携による自動仕訳を縦横無尽に行って経理業務の圧縮化を図る観点からもクラウド会計システムを導入することになりましたので、そのデータ連携を図るための下準備にも取り組みました。

 経理担当の方には、今まで感じていた不自由が一挙に解消するのではないかという期待感がありありと感じられ、仕事としてもやりがいのあるものでした。



 午後からはデスクワーク。次から次に仕事が割り込んできて、なかなか本命の仕事に手が付きません。

 まるで川の流れに押し流されそうな中で、懸念に立ち続けている感じです。



 つい先ほどは、突然お客さんが事務所に訪ねて来られて、正月に考えた経営改善のプランを一生懸命に論じられて、喜々とした表情で帰られました。

 3~4年前に某都銀の個別相談で、ほぼ死に体になっていた状況でお会いして、首の皮一枚のギリギリの状況で経営改善に取り組んだ事が功を奏してようやく目が出だした矢先に、再び売上の半分を占める大口取引先のリストラによる失注という憂き目に遭われて青い顔をされていたんですが、そんな逆境にも辛うじて耐え凌いで再度の態勢の立て直しの成果が出てきたところです。
 
 辛い出来事が津波のような迫力で二度も襲い掛かって来たんですが、何とか凌ぎ切って反攻の体制に入ったという自信が表情にも表れて、見ているこちらも嬉しい気分になります。

 どんなたいへんな事件が起こっても、諦めずに真正面から事件に取り組むという事の大切さを痛感します。

 15時過ぎに遅い昼食を食べに出て、その後はデスクワークを再開する予定。 

事務所の仕事始めの一日

 昨日は朝から事務所の月初会議というか年初会議。

 まあ、年初だからといって特別の事はあまりなく、年頭の方針を20分ほど語ったのみで、後は通常の月初会議と同じ内容でした。

 これから税理士事務所の最繁忙期である確定申告期に突入していきますから、その事前の打ち合わせとマイナンバー制度への対応については特に重点的に打ち合わせる必要があったので、午後からも別に2時間ほど時間を取りました。

 今年は新人が多く入って来たので、彼らにこの確定申告を通じて所得税の申告業務を実感してもらうために事前の準備や研修をしっかりとしておく必要があります。最近の若い世代はなかなか自主的に物事を進めていくというより、用意されたカリキュラムを真面目に消化するという事が得意なようで、我々のようなお客さんを専門分野において指導させてもらうような仕事をする資格業でそんな風でいいのかという疑問はあるものの、それなりに事前の仕組みを作っておかないとミスミス時間を無駄にしかねない事になると思っております。良いのやら、悪いのやら...。

 マイナンバー対応については概ねすべてのお客さんに充分な形で対応できるように案内して、対応の背骨にあたるクラウドシステムの導入への同意も頂いているので、後は実際に従業員さんを始めとする関係者のマイナンバーを収集する具体的な問題について事務所の方針をしっかりとスタッフに申し伝えました。既にマイナンバーの収集については一部のお客さんで動き出していますが、まだまだ実際にやってみなければ分からない部分があります。いったんマイナンバーを綺麗に収集してしまえばデータセンターの高い品質基準で保管が遂行されますので、その後の対応の不安は無くなるのですが、収集の段階でトラブルが発生しないように気を配っています。



 15時過ぎに、近所で新規開業された税理士先生が事務所に訪ねて来られて、新規契約になりそうなお客さんの具体的な事例の中で、税理士としていかに判断して動いて行くべきかという相談をお受けしました。確かに海外税務、特に移転価格が絡みそうな話で税理士先生が迷われる気持ちもよく分かります。私的見解を述べさせてもらいました。ついでに相続事案の質問も二つほどお受けしました。同業の方の具体的な質問に接していると、こちらも間接的にいろいろと勉強させてもらえることが多いので時間の許す限り対応したいと思っています。



 夕方から某提携企業さんの役員さんと支店長さんと北新地で一席。

 日付が変わる時間帯までじっくりと話をして、楽しいひと時を過ごしました。やっぱりこうして異業種の方と、あれやこれやとそれぞれの土俵の違いも意識しながらじっくりと深い話をするのは楽しいもんです。 同業の方との一隻とはまた違った楽しさですし、勉強になります。

 結局、終電も無くなり、そのままTAXIで自宅まで帰る事になりました。


 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR