FC2ブログ

もう眠い、眠い。そろそろ限界。

 今朝書いたブログが何故かfacebookに転送されず。普段、ブログを書くとfacebookに自動的に転送されるように設定しているのですが、時折その自動転送の設定が切れるのは何故かしらん? 不可解。まあ、ブツブツ言ってても仕方が無いので、再度自動転送の設定をしましたが、切れるなら切れるで何らかのお知らせをしてくれないのかなあ?



 って事で、朝一に浜松から新幹線で帰阪。

 昼過ぎから経営改善計画策定支援事業の申請をするためにお客さんと経営改善支援センターに同行しました。某信金さんから個別相談を依頼されて、本格的な経営再建に着手する事になったのですが、普段顧問関与をしていないお客さんなので聞けば聞くほど新しい事実が出て来てある意味新鮮ですし、ある意味怖い。

 やっぱり通常の顧問関与をさせてもらっているお客さんは色々な事がしっかりと把握できているだけに、ある意味では安心感があって楽ですね。経営再建そのものはしんどい仕事ですが、普段の信頼関係がベースにあるのでツーカーの意思疎通ができるというのが大きいなあと思います。



 15時半から梅田の新阪急ホテルのロビーの喫茶コーナーで、新規事業を立ち上げるお客さんと打ち合わせ。

 最近、新規創業のお客さんが続きます。

 特定の紹介ルートを持っている訳でもないのに、よくこれだけ案件が次から次に続いて出てくるものだなあと感心します。

 事務所としてはホームページこそ持っていますが、看板を掲示している訳でもなく(小さくてしっかりと見なければ分からない程度の表札が掛けてある程度です。ある意味、隠密事務所みたいな感じになっています。)、何かの媒体に広告を出している訳でもない。特定の金融機関から紹介がある訳でもありませんから、自分で言うのもおかしいのですが何で増えるのかなあって感じです。

 結局のところ、うちのお客さんが知り合いの社長さんを御紹介下さるという有り難いパターンだけでここまで来た感じです。普通に仕事をさせてもらっているだけでもありがたいのに、本当にありがたい話だと思っています。
 
 今進めているこの案件は、創業資金に不安がある状態ですので、日本政策金融公庫を御紹介して、創業計画を作成してできるだけ多めの創業融資を成功させることがテーマになっています。まあ、こうして新たな事業を始める瞬間というのは、どなたも気分がウキウキ、ワクワクと高揚しているもので、相談させてもらっているこちらまで楽しい気分になります。

 日本の国として考えても、この新規創業を一件でも多く成功させることが国是と重なりますので、頑張らないとあかんなあと思います。



 夕方に事務所に戻って、この1泊2日で溜まったデスクワークの片付けをエッチラ、オッチラ。

 今週は仕事が立て込んで、睡眠時間が5時間程度の日が続いたのでもう眠気が強烈です。少なくとも8時間ほど眠らないといまいち調子が出ないロングスリーパーの私にしたらもう死にそう。

 明日は事務所の月初会議なんで、会議資料も作らねばならないんですが、眠気には勝てそうにありません。

 21時頃まで頑張りますが、 その辺りが限界になりそうです。小学生並みのロングスリーパー体質が恨めしい。

 
 
スポンサーサイト

浜松出張

 昨日は6時過ぎに事務所を出発して担当スタッフと合計3名で車に同乗して浜松のお客さんの所へ訪問。

 もうかれこれ7~8年前にお会いした時から劇的に会社の業況が好転し、今や関連会社3社を含む企業グループを形成しているお客さんです。

 当初は一社専属下請で、元請け会社の無神経は仕事の発注に死ぬような思いをされて会社経営をされていたんですが、時間をかけてこの元請け会社からの受注割合を半分程度まで引き下げて、受注先の多様化に成功されました。強みは社会保険も完全完備をした練度の高い従業員を多数抱えている事。同業他社は従業員の外注化に走りましたので、仕事の発注元からすれば仕事の安心感が全く違うようです。

 一頃、阿保の一つ覚えの様に何が何でもアウトソーシングによる固定費の引き下げが叫ばれましたが、物には限度というものがありますし、会社の中枢機能までアウトソーシングしてしまう事には私は反対です。深みの無いペラペラの自称コンサルタントは、固定費の圧縮という一項目だけに注目(何せ、短期的視点で見れば、簡単に効果が出たように見えますからね。)して、極端な施策提案に走りがちですが、何事もバランス感覚や、自社の強みの理解が重要ですよね。

 現在は、自社の組織力を底上げしていくためにあれこれ頑張られています。

 私達のアドバイスも本当に真面目に向き合って頂けるので、やりがいを感じさせて頂けるありがたいお客さんです。



 午後からは、このお客さんの知り合いでちょっと会社経営に行き詰っている社長さんを紹介頂き、会社再建の打ち合わせ。
 
 私は神さんではありませんから、何でもかんでも一発解決ってな事にはなりません。地道に問題点を聴き出し、再建の道筋を組み立てて、社長さんとしっかりと意思疎通をして成果がはっきりと出るまでPDCAサイクルを回すだけ。

 まだまだ会社再建の端緒に着いたばかりですが、真面目に取り組みたいと思っています。



 夜は、浜松の地元で経営幹部の方と居酒屋で一杯。

 社長の思いが上手く経営幹部の方に伝わる部分と、なかなか伝わらない部分があります。双方ともにストレスを抱える事もあります。私たちが第三者的に間を取り持つことでちょっとでもスムーズな意思疎通ができれば微力ながらも会社の組織力の底上げに貢献できるものと思っています。



 そのまま浜松のビジネスホテルに一泊して、8時半頃に浜松発の新幹線に乗り込んで、現在帰阪中。昼から経営改善計画策定支援事業の対象になっているお客さんを訪ねて打ち合わせをする予定です。それまでは、新幹線の中でゆっくり、ボンヤリです。

火曜日はゴルフ

 今日はTKC全国会の中小企業委員会のメンバーが大阪に来られて会議をして二日目はゴルフをして帰られるという事で、何故か私もそのお供として能勢のアートレイクゴルフ倶楽部へ行ってきました。

 下手糞なので足こそ引っ張る事はあっても、決して有効なお供にはならないのですが。

 結果は案の定、ボロボロ。まあ、毎度練習もせず、ぶっつけ本番ですからこんなもんですが...。

 ドライバーも当たる時は当たるのですが、右へ左へ飛んで全く打球が安定せず。アプローチもいいところ無し。グリーンは完全に駄目駄目という具合で3拍子揃っての駄目の勢揃いでした。インスタートで前半は57、後半が59ですから合計で116。まあ、最近では最高クラスの打数を叩きました。

 ゴルフはいくらやっても(それほどやっている訳でもありませんが。)、一向に上手くなる兆しが掴めず辛いもんです。



 16時頃には事務所に帰って来て、デスクワーク。

 17時にお客さんが来られて、この度の3月決算の見込みと落とし処についてあれこれと喋りました。途中からはお客さんの営業についての話題に話はズレて行ったのですが、私が知っている事例や人脈も登場するのでどうしても話がヒートアップします。

 とうとう22時を回る時間帯までワーワーと喋り続けたのでいささかグロッキーの状態になりました。まあ、これだけ長時間、ハイテンションでお客さんと喋り続けられることは幸せな事ではありますが。



 その後1時間ほど、今度は税理士会研修制度の届出関係を調べて23時過ぎに事務所を後にしました。明日は担当スタッフと新人の合わせて3名で静岡のお客さんのところに出向きますが、早朝の6時10分に事務所集合になっていますから、急いでベッドに潜り込まないと寝坊をしそうでちょっと怖いなあと思っています。

 もう瞼がトローンと重く、完全に電源オフの状態です。

 お疲れさんでした。



 

忙しの月曜日 

 月曜日は朝からやる事がビッシリ。忙し、忙し...。

 朝一で経営改善計画策定支援事業の申請書関連で関係各所に電話をして記載内容の最終確認を行い、さらに社長と今後の進め方を電話で打ち合わせ。さらにスタッフから提出された日報を読んで個別にコメントをつけて、ちょっと込み入った案件については所長室に読んで踏み込んだ打ち合わせ。バタバタ、バタバタ。



 11時からは懸案の歯医者さん。歯垢が凄いらしくって、今日はひたすら歯垢を取ってもらいましたが、チクチクと痛いし、ドリルの嫌な音が耳に入ってきます。まあ長期間放置している私が悪いんですし、この際ですから徹底的に悪そうなところを全て治してもらおうと腹を括っていますが、やっぱり嫌なものは嫌なもんです。

 結構な時間をかけて丹念に歯垢を取ってもらいましたが、もう治療が終わる頃にはグッタリしてしまいました。



 昼過ぎからは、新規創業のお客さんがうちの事務所に来られて、事務所の応接室に日本政策金融公庫の担当者と創業融資に関する面談をしてもらいました。通常は金融機関の窓口で行うものなのでしょうが、うちの事務所で私も同伴した状態で面談を実施するとアウェイ感も無く、少しはリラックスして面談に取り組めるようで、お客さんには結構好評です。

 また、融資に関する質問をお客さんと一緒にいくつかさせてもらいました。



 創業融資の話が終わったのと入れ替わりに、ノンアポで某提携企業さんが訪ねて来られて税務に関する質問をいくつかお受けしました。事務所を取り囲んでいろいろな分野のプロがたくさんおられるので多種多様な知恵を拝借できますし、こうして彼らからもいろいろな質問を受ける事で新たな視点をもらったりもします。私的には良い実務研修の場だと思っています。



 17時前に近所の某地銀を訪ねて、従前からお客さんから頂いていた融資に関する質問を3点ほど支店長さんに問い合わせ。結局あれやこれやと話に花が咲いて小一時間。支店長の私見も挟みながらあれこれ説明頂いて、概ね疑問点は解消できました。やっぱりこうしてその道の専門家に、専門事項を聴いて解決していく事が早道だなあと思います。



 18時半頃から公認会計士の年間を通じた研修制度(簡単に言うと年間で40単位の取得を求められています。)の締切がおの3月末なので足らず分のレポート書きをシコシコと取り組む。もう残り時間があまりないし、明日以降に持ち越しても取り組む時間も無いので結構必死。気が付けば23時過ぎまで一心不乱。



 朝から晩までずっとあれやこれやと必死にバタバタの一日でした。
 



 

日曜日 ゆっくりラン

 昨日はブログに書いた通り、梅田まで旧能勢街道をトレースしてのランニング。

 15時前から事務所で仕事。19時半頃に自宅に戻って、野垣家4名が勢揃いしてふるさと納税で貰った高級牛肉のステーキ&お好み焼きを楽しみました。最近は壁にぶつかっているとはいえダイエットでお腹いっぱいに食べるという事が無くなっていたんですが、昨夜ばかりはお腹いっぱいで苦しい。苦しい。

 でも、幸せ。



 今朝もゆっくり起床。

 ダラダラと朝食を済ませて、9時過ぎから箕面周回特大+今宮までの延長コースを走りました。距離にして14km。

 走り始めは全く調子が出ず、今日は走るのを止めようかと迷ったほどの調子の悪さ。まあ、辛抱してそのままユルユルで走っていると2~3㎞ほど走ってようやくペースも6分ちょっと/km程度まで上がってきました。と言っても調子が良くなったわけでもないですが。

 まあ、調子が良かろうが悪かろうが、淡々と練習を繰り返す事しか能がありません。地道に淡々と...。

 今日は鉄道会社主催のハイキングがあったらしく、旧西国街道を多くのハイカーが歩いていましたし、石橋を過ぎてからも今度は別の団体が主催しているんでしょうが旧能勢街道を多くのハイカーが歩いていました。桜の蕾も大きく膨らんで、来週あたりに開花が始まるような感じで、いよいよ春が全開になる予感がいっぱいで楽しみです。

 私の方は、いよいよ宮古島トライアスロン大会まで残すところ20日間ほどになりましたが、練習量が全く足りておらず、調子も上がらずという事で、ちょっと気分は暗めです。今回のレースはやっぱり1月の宮古島ワイドーマラソン100Kと同じで、攻めていくレースプランではなくって、爽快さが全く無くってひたすら完走を目指して進めていくディフェンシブプランになりそうです。まあ、準備不足なんだから仕方がありません。

 まあ、それでも昨年一年間、全く走れずでドンドンとランニングやトライアスロンの世界から遠ざかっていた我が身としては、何とか歯止めがかかって、これからもう一度調子を上げていってこういった世界が楽しめるようになるきっかけのレースになると嬉しいんだけどなあと思っています。



 丁度正午頃に帰宅して、しばし休憩。

 今から「ケン」をお風呂に入れて、宮古島トライアスロン大会で使うトライアスロンバイクの整備をして(前回はちょうど2年前に出場した時に乗車したきりですから、各種ワイヤーが伸び切ってしまい、車輪もまともに回らない状態です。こういったレース用機材は目茶目茶デリケートで手が掛かります。無精な私にはちょっと荷が重いです。)、それから仕事。

 まあ、遊びの比重の方が圧倒的に多い残り半日になりそうです。


 

梅田まで 旧能勢街道をトレースしてランニング

 土曜日。

 朝はゆっくり起床。「ケン」と遊んで、新聞を読んで、ダラダラ...。

 ボーッとしているとこのまま一日が終わってしまいそうなので、気を取り直してランニングの準備を始めて、10時半頃から走り出し開始。

 今日は自宅からそのまま旧能勢街道に合流して、完全に旧街道をトレースして梅田まで走る事としました。

 天気も良く、暑くも寒くも無く、ランニング日和。さほどに気乗りはしないものの、淡々とランニング。何度かトレースした道なので迷う事も無し。

 ペースは6分ちょっと/kmくらいなので速くも無く、遅くも無し。気乗りのしない時のランニングだからこんなものか。冬場にこのコースを走った時は、今より5㎏ほど体重オーバーだったのでしんどい印象があったけれども、さすがに身軽になった分だけ疲労感も少なく淡々と走る感じになりました。

 旧街道は、昔の人が自分の足で往来した道だけあって国道沿いを走るよりは走りやすく、沿道もそれ風の古い建物が時折残っており、キョロキョロ見回しながら走る楽しみもある。車が通るには旧街道は細くって、あまり多くの車が通らないので安全でもある。

 いつも走っていて気持ちが良い道だなあと思うと、だいたいがその地区の旧街道だという事が多い。やっぱり人が歩く道として作られたものと、車が走るものとして作られたものが持つ特徴がはっきりと感じられて面白いところです。

 梅田では、駅ビルのトイレで汗を拭いて、着替えを手早く済ませて本屋巡り。先ほどのブログで最近読むペースが落ちて積読が増えてちょっと困っていると書いた筆が乾く間もなく、大型店舗の書棚をうろついて数冊の書籍を購入。

 私は物を買うという事にあまり興味が無いのですが、本を買うのだけは別。立ち読みをして、気に入った本を買うのが楽しくって、ついつい暇ができると2~3冊買い込んでしまいます。

 ただ、そうして買い込んだ本を読んだからと言って、教養が特に身に着く訳でもなく、仕事が格段に優位に進められている効果も実感できませんが、道楽とはそんなもんなんでしょうね。

 事務所を独立開業してからは、仕事関係の書籍を買う事が圧倒的に多くなり、いささか書棚を眺めると風流人の視点ではさほどに面白いリストアップになっていませんが、まあ実務家だから仕方がありません。仕事のど真ん中のテーマから、その外延部で間接的にしか関連の無いものに至るまでいろいろとあります(好奇心が旺盛なうちは、まだ当分は惚けないだろうと思っています。)。読んでも頭に残っているような残っていないような...。特に50歳を超えてからは、頭の中に留まる残存率が極端に落ちたような気がしますし、残ったら残ったで忘却率が加速度的に高まっているような...(泪)。

 帰路は阪急電車に乗って、ずっと居眠りをしながら池田駅まで帰ってきました。ちょっと生暖かい車内でウトウトするのは気持ち良いものです。そのまま事務所へ出勤して仕事の残りを片付けようとするも、ランニング用のサングラスなので手元の文字が読みにくくやる気だ著しくダウン。このままちょっと事務所で昼寝をして、仕事を自宅に持って帰って片付けることとしようか思案中。そう言えば「ケン」も待ってくれているだろうしなあ...。

金曜日の仕事

 朝9時に篠山にあるお客さんの事業場に着いて、今期残りあと一ヶ月間となった決算見込みと来期予算の検討。

 もう顧問契約をさせてもらってかれこれ10年弱になりますが、予算作りも堂に入ったものです。基本的に慎重な物の見方をされるので保守的な予算組みですが、期初に作ったガチガチに保守的な予算を、期中の営業或いは業務努力で上方にジリジリとずり上げて立派な決算上の着地点を作られる様は本当に立派だなあと思っています。

 受注がスポット的な製品に限られるので売上見込みが立てにくいのですが、そういった自社の特性に合せた上手な予算管理の仕方だなあと思っています。

 元々は私どもが予算管理そのもののご指導を始めたのですが、いつの間にやらこんな予算管理の仕方もあるぞという事を教えられている様です。本末転倒ですが、本当に勉強になります。



 そのまま車で大急ぎで大阪市内に戻って、某上場企業の監査役会と取締役会に出席。

 多くは書けませんが、仕事をしながらも多くの事を勉強させてもらえているありがたい仕事場です。



 私がやっている税理士、或いは公認会計士という仕事は、確かに大きなプレッシャーがかかったり、大きなストレスに押し潰されそうになる辛い局面も多く経験します(決して私の仕事だけって事ではなくって、どんな仕事だってそうなんでしょうが。)が、仕事を重ねれば重ねるほど、仕事の中で新たな勉強を積ませてもらえるありがたいところがある仕事だなあと思っています。

 仕事ってのは人生においては極めて重要なパートを占めるものですが、その重要なパートがそれなりに楽しいとか、充実していると感じれることが大切なんでしょうが、ありがたい仕事に就かしてもらっているなあと思える事が幸せです。



 夕方に事務所に戻って来て、デスクワーク。といってもあれこれスタッフからの個別事案の相談、提携企業の方の突然の訪問、さらにはお客さんからの電話での質問と息つく間が無く、いくつかの仕事は積み残してしまいました。

 19時からは、この1月に新規開業された公認会計士の先生が、うちの事務所を見学に来られて会計事務所の経営相談に乗りました。私にしたら、その人その人の人生観、仕事観があるので答えを押し付けてはいけないと思いますので、自分の過去の経験や自分自身の考えを率直に伝えるだけが役割だと思っています。

 その是非を判断するのは本人さんですから。

 話を聴いていて、良いなあと思えば真似をして貰えば良いし、ちょっと参考にできないなあと思えばそれはそれだけの事。まあ、事務所経営において判断をしていかねばならない事が山の様にありますが、その際に参考意見となるいろいろなサンプルを提供しているのだと思っています。

 私だって人間ですから、私の考え方ややり方を尊重して貰えれば嬉しいですが、人の価値観は多種多様。そうじゃない事なんて日常茶飯事ですから、嬉しくない反応が帰って来てもそれはそれ。超然と受け流すように心掛けています。

 まあ、それにしてもここ何年も、年間に10人近い同業者の方々が毎年見学に来られますが、如何ほどの参考意見を届けられたのか? 或いはガッカリを届けてきたのか?

 でも、こういう事を続けてきていいなあと思える事がひとつ。開業間無しの方が来られた時は、やっぱりその人の初々しさがこちらにも伝わって来て、ともすればマンネリ感に埋まりそうになっている自分に初心を思い起こさせてもらうきっかけになりますし、経験年次の長い方が来られた時は、同じような悩みを共有する者として、喋っている自分自身もその問題に思いを深くし直すきっかけを貰う事になります。

 まあ、「他人の振り見て我が振り直せ。」とはよく言ったものでして、ちょっとその言葉の意味とは違うのですが、見学に来ていろいろと質問をされる方々を、逆に私の勉強の材料にさせて貰っているって事になるんでしょうか。



 21時頃には全ての業務をとりあえず終了して、嫁さんと帰宅。

 早々にベッドに潜り込んで、読書。最近は、歳を取ったのか分かりませんが、読書がほとんど睡眠薬と同程度の意味しか持たず、本を読みかけて10分も持たずに睡眠の世界に入ってしまうのがちょっと残念なところ。本を読む前に眠りに付いてしまうせいで、本を読むペースが急激に鈍化しています。

 昔と同じペースで、本屋で書籍を買い込むのが好きなんですが、だんだんと買い込んだ書籍を読みこなせず積読状態になって、ベッドのグルリに本の山が積み上がってバリケード状態になっています。何とかしなければと思うのですが、如何ともし難く...。
 

 
 

木曜日はTKC近畿大阪会デイ

 昨日は朝一で税務署に意見聴取に行ってきました。消費税の還付金額が目の玉が飛び出るくらいの金額でしたので、還付する前に必ず調査があるとは思っていまいさtが、申告書を提出するや電光石火の早業で電話がかかってきました。



 10時過ぎからは経営改善計画策定支援案件の資料作り。11時半には事務所を出てTKC近畿大阪会に出向かねばならないのでどうしても忙しない中でバタバタした感じでの作業でした。



 昼過ぎからはTKC近畿大阪会の正副会長会や会員増強プロジェクト、常務理事会と会議が続きます。

 我々会計業界は、IT技術の急激な進歩で業務形態が劇的に変革しようとしているところです。会計ソフトのクラウド化、仕訳の自動読み込み、さらにフィンテック。ひとつひとつが微妙に違った事ですが、相互に関連性の高い事象です。

 多分、現在進行中であるIT技術の急激な進歩発展は、18世紀半ばから起こった産業革命に匹敵するようなインパクトを社会に与えていくものと思われますが、これまで比較的保守的な動きに終始していた会計業界もこの波の影響を受ける事については例外であるはずもありません。

 まだまだノンビリと構えている会計事務所も多いですが、物事の変化はもう我々のすぐ横まで来ている事を日々実感しています。

 そんな大きな時代の変化の波に我々会計業界が飲み込まれてしまわぬよう、我々の仕事の本質をしっかりと維持しつつ生き残っていくよう、さらに世の中広くに受け入れられるようにアンテナを精一杯に張って対応策を考えて行かねばなりません。その一環として、一昨日に㈱TKCの役員さんと交換した重要情報も理事メンバーの先生に御披露させてもらいました。



 18時過ぎからは懇親会。まあ、この場だけはノンビリムードで楽しく...。

 幸い、近所に住んでおられるI先生が車で会議に出席しているという事で、I先生の車に同乗させてもらって二次会には行かず帰宅しました。ありがとうございます。

 時計を見ると21時半。二次会に顔を出さずにそのまま家に帰らせてもらえると、本当に体が楽です。宴席でウダウダと駄弁るのは好きですが、アルコールを飲むのはさほどに好きではないのかもしれません。いつも惰性で浴びるほどに飲んでいますが、飲まなければ飲まないなりに全く平気ですから。

 早々にベッドに潜り込んで、読書タイムを楽しみました。極楽です。  

朝ラン

 このウィークデイで初めてランニング。

 思うように走れておらず、宮古島トライアスロン大会がドンドン不安になっているので、付け焼刃的に朝ランをしました。定番の箕面周回コース 6.4km。

 嫌々気分で、半ば義務感だけでランニングスタート。

 体重がややリバウンド気味ながら78㎏台後半に留まっており、とりあえず歯痛ダイエットの効果を何とかキープしている事が功を奏しているのか、ゆっくりペースで走っているつもりで手元のGPSを確認すると5分30秒/kmちょっとで走れていてちょっといい気分です。

 歯痛ダイエットがひと段落して1週間弱経って、そろそろ体調も落ち着いてきたのでここからもう一段体を絞って行きたいなあと思っていたのですが、今朝の結果を受けて意を強くしました。とにかく体が不必要に重いと百害あって一利なし。分かっていてもムシャムシャと飯を喰らい、ブクブクと太ってしまう餓鬼の性を備える自分としては、ここから10日間ほどがダイエットの頑張りどころ。

 あと一段、身体を絞ってまずは74㎏のゾーンまでもって行きたいんだけれどもなあ。

 

今日の仕事

 午前中は㈱TKCの役員の方と話をさせて頂きました。今後のシステムの開発方針などを聴かせて頂き、ホッと一安心。

 詳細はここで書き切れませんし、4月以降で順次公表されていく事ですから、私が先走ってどうのこうのという必要も無い事。

 ただ、最近はfreeeやMONEY FOREWARDなどのクラウド会計ソフトベンダーからの情報発信をいろいろと耳にする機会があるのですが、TKC全国会側から直近の数字目標などは頻繁に降りてくる割に、我々の目指すべき業務の方向性や課題などの情報提供がかなり不足している気がしていてストレスが溜まっていたので、いろいろとお話を聴かせて頂き安心しました。情報発信が前後しており、適切なタイミングで上手く投げられていない節もありますが、ちゃんと㈱TKCもTKC全国会も動いているんだなあという確認が取れました。

 巨大な組織故に適切な情報を適時に会員に届けるということの難しさを感じました。



 午後からは、確定申告明けのスタッフ面談。昨日の続きです。

 今日は3名です。

 それぞれ自分の問題点や今後の課題を考えていたので、基本的にはそういった話を聴いていて多少の調整をすれば良い程度まで自分の意見をまとめていてくれたので、やっていても非常にやりやすい面談でした。ありがたいことです。

 表面上の同意とか、不本意ながらの発言が飛び交う面談など大した意味がありません。やはり本音ベースの話の中で前向きな思いや具体的な行動指針が述べられるというのがあるべき姿。求める面談です。前のブログにも書きましたが、こうやってスムーズに面談で意思疎通ができるというのは簡単そうに見えて難しい事だと思いますから、今の状態まで来れた事に喜びを感じますし、そういった応え方をしてくれるスタッフに感謝です。



 さらに今抱えている個別の案件について検討。まあ、主にデスクワークです。

 先ほど、事務所を見回すと既に嫁さんと二人だけの状態になっています。只今、21時。もうちょっとだけ、バタバタと仕事を片付けて店仕舞いとしようかなと思っています。

 
 


 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR