FC2ブログ

高校の同窓会

 昨日はお昼から高校の3年の時のクラスの同窓会。つい2ヶ月弱前に学年の同窓会をしたところですから、何度やったら気が済むんじゃという感じですが(笑)。
 
 それでも10数名集まりましたから、盛会です。



 昼過ぎからアサヒビールの工場見学に行ってビールの試飲。試飲といってもグビグビと3杯までタダで飲めるので嬉しい限りです。

 それからボーリングを2ゲームほど。ボーリング下手ですから碌な結果にはなりませんでしたが。

 最後は中崎町のイタリアンの店で宴席。

 最初から最後までだと12時間近いエンドレス同窓会でした。歳を取っても遊びの時だけは元気です。50歳代半ばで子育ても一服。仕事も押し付きが出てきたってところなんでしょうか。

 話題の多くは健康ネタ。既に連れ合いを無くされていたり、大病を患っていたり、生活習慣病の話を...。まあ、お互いに歳を取ったもんです。あとは子どもがどうしたとか、離婚がどうとか、仕事がこうのという話。まあ我々の世代が集まると話題はこの辺りに集中しますよね。



 私は高校時代は、アメリカンフットボール一色で勉強もせず。クラスの友達とも踏み込んだ付き合いをせず...って感じで、しっかりとクラスメートの事を分かっていなかったのですが、こうして改めていろいろと喋ってみるといろんなタイプの人が身近に居たんだなあと思いました。その日、その日の練習に明け暮れて精神的な余裕の無かった私には、見えているけれども見えていない世界だったんだという事です。

 次回は秋頃に開催予定だとか...。どんなけ顔を会わせてたら納得するねんと突っ込みを入れながら、参加予定に丸を入れている私でした。

リカバリーランニング

 土曜日の朝一。

 先週の日曜日に隠岐の島ウルトラマラソン100Kで脚を酷使していたのと、今週は仕事でてんやわんやだったのでずっと走れずの状態でしたが、今朝はリカバリーの意味を込めて箕面周回大コース 9kmを走ってきました。

 ペースはユルユルで6分半/km。

 日常生活ではもう何の支障も無いくらいに脚は回復していたのですが、やはり走り出すとそれなりにダメージが残っています。まあ、走って走れない事はありませんし、痛みの類は一切ないのが救いです。

 途中で雨が小降りで振り出しましたし、湿気がきつくて走るには快適な状況ではありませんでしたが、とりあえず正常な日常トレーニングに戻って行くきっかけが作れたので〇です。

TKC近畿大阪会定期総会

 昨日は午後からTKC近畿大阪会の定期総会。梅田のホテルモントレー大阪で開催でした。

 7月から始まる新年度から会長という事になったので、冒頭でTKC近畿大阪会の年度基本方針を1時間ほど喋らせてもらいました。

 TKC全国会からは10余りの目標数値が下りてきていて、そのいずれの目標値もTKC近畿大阪会として頑張って取り組みなさいということなんですが、当然に地域は地域の個別事情があるので、これだけ多い目標値を全部達成できるなんていう事は残念ながら今の状況では難しかろうということで、TKCビジネスモデルのインフラ整備に該当する自計化推進に目標を絞って頑張ろうというのが今期の方針です。地域会として自計化が進捗すると、結果的にこれを端緒として他の目標数値も芋づる式に引っ張り上げられるとありがたいという思いを込めたものです。

 また、TKC近畿大阪会の会員の過半数、或いは新入会員の7割方を占める東支部と北支部の両都市型支部の活性化無くして地域会の発展は無いという事で重点目標の一つに加えました。

 さらに明日のTKC近畿大阪会の発展を考えると、ニューメンバーズの支援を強化する事も重要です。

 以上の3点に地域会の力を集中して地域会運営をして行こうという事です。

 それにしても自分の事務所の話をしろと言われれば少々長めの時間でも喋り続ける事ができますが、地域会運営の事をテーマにして1時間喋れというのは結構大変でした。



 総会も無事終わり、㈱TKCの飯塚専務の1時間半の講演があったのですが、とても良い話が聴けました。内容は「TKCのFinTech対応と自計化システムの今後の展開」というテーマでしたが、最新の情報を織り込んで行政や金融機関の動向なども反映させながらの話だったので非常に聴き応えのある内容でした。

 昨日の定期総会では、凡そ50名前後の理事の先生方がこの講演を聴かれた訳ですが、頑張って自らのお客さんに自計化を進めていかないとなあとか、FinTecf対応を進めていかないといかんなあという事を緊張感を持って分からせて頂いた内容でした。

 こんな良い話なら理事に限らず(別に限っていた訳では無かったのですが、結果的にかなりの割合が理事の先生でした。)、もっとたくさんの一般会員にも参加を呼びかけるべきだったなあとちょっと後悔です。その後の懇親会、或は二次会で飯塚専務とこんな内容の講演を再びお願いしますと約束は取り付けましたが。

 AI或はIT技術の急激な進歩で、我々会計人の仕事を進めるための業務環境は劇的に変化を見せているので、少しでも早く正確な情報をTKC会員に伝えるのが我々理事の役割です。最近はあまりに時代の変化が早すぎて、ついて行くのが大変になってきましたが。

 夜は懇親会と二次会。

 結局、自宅には日付が変わる前後に帰宅。その後、倒れるように爆睡。

バタバタ、バタバタ

 月曜日の夕方に隠岐の島での夢うつつの生活から大阪に戻って来て、いきなり仕事の大波に飲み込まれました。

 昨日も朝から幼稚園の監査。合間を縫って事務所で広報関係の打ち合わせ。そのまま再び幼稚園監査。昼から保険外交員の方の起業の相談にのるために大阪市内へ。取引の流れが複雑なので、ちゃんと整理して契約書関係もきっちりと作り込んでおかないとズブズブになりそうなので気を遣います。

 そのまま夕方からTKC関連で飲み会。気持ち良く飲み食いしていたので、ついつい飲み過ぎ。タクシーで帰宅することになりました。



 今朝は、昼からTKC近畿大阪会の定期総会。

 7月から始まる新年度から会長就任という事なんで、1時間ばかり所信表明的な話をせねばならないので、あれこれ思案中。多くの人の前で1時間もあれこれ話をするのは結構大変です。

 この1ヶ月ほどの間に全然違うテーマで3本ほど講演を請けていますし、そのうちの一本は場所を変えて5回ほど喋りますので、ちょっと大変。

 世間話で逃げ切れる訳でもなく、それなりにきちんと考え込んで講演を作り上げないといけないので、頭の中はそういった事で一杯になっています。



 ウルトラマラソンから3日が経過していますが、さすがに脚の筋肉は散々なダメージがありますが、それほど疲労感は残っていないのが幸いです。昨夜は遅くまで飲んでいたのでさすがに朝ランはやめましたが、徐々にリハビリを進めていくために、今朝は20分ほどかけて徒歩通勤。

 今週末くらいから、朝ランは復活させようかと思案中です。






 



 

 

帰阪 さっそく仕事

 今日の午前中まで隠岐の島で夢うつつの世界を楽しんでいました。が、現実は厳しい。

 昼過ぎの飛行機に乗って16時前に事務所に戻ってくるや、仕事です。3本ぐらい立て続けに講演が入っているのでその原稿作りや、お客さんのちょっとややこしい案件の検討...。

 土曜日の昼から出発して月曜日の夕方に帰ってきているので、正味で仕事を休んでいるのは月曜日だけってことですから、さほどに仕事に食い込ませて休んだ訳でもないのにたいへんです。まあ、やっている事が単なる作業では無くってクリエイティブな事なんで没頭しているとそれなりに楽しいんですが。



 幸い、100kmマラソンを走った翌日ですが、体のダメージはいつもよりかなり軽い印象です。

 おそらく練習不足でいつもの巡航速度より1分/kmくらい遅めのスピードしか出せなかったもので、走った距離は同じだとしても、筋肉にかかった負荷は低かったのかもしれませんね。

 まあ4~5時間ほど雨が降り続いた影響でふやけてしまい、足の裏の皮が剥けたり、水脹れになっているが痛くって、歩き方がおかしくなっていますが、明日に「走れ!」と言われてもゆっくりペースで10km以内だったら走れそうな...。まあ、無理は禁物ですから走るのは控えますが。



 只今20時。とりあえずこの辺で切り上げて、今晩は自宅でゆっくりと「ケン」と遊んでから早寝をする事にします。

隠岐の島ウルトラマラソン100K

 本当に苦しいウルトラマラソンでした。事前にほとんど練習できなかったので、100kmという距離になるとやっぱり誤魔化しが効きませんでした。

 平成26年  11時間51分03秒
 平成27年  12時間57秒47秒
 平成28年  13時間22秒09秒

 という事ですから、ここ2年間で劇的に走力が落ちていますよね。2年前からランニングのトレーニングが充分にできなくなっていますから、練習は正直です。

 今回は事前に練習ができていなかったのは重々承知の上だったので、前半から通常のランニングペースより1分/km程度落としてレースに入ったのですが、中間点を過ぎたあたりから既に脚が残っておらず、単にゆっくり走っていただけで作戦でもなんでもないという事になってしまいました。

 自分の中で攻めの姿勢で走る事ができず、常にペースを抑えて走り続けましたから、レース後のダメージもいつもより若干マシなくらいです。いっぱいいっぱいのペースで筋肉を酷使し切っていないので、筋肉痛のレベルがはるかに低い。もっとも悪天候の中を走り続けたので、足の裏の皮が剥けて激痛ですが。

 制限時間が14時間半の大会ですから、まだ1時間ほどの余裕はあったのですが不本意。残念な結果です。



 隠岐の島ウルトラマラソン大会は何度来ても良い大会です。コースが通過する集落毎に、住民の人が一生懸命に応援して下さって、本当に気持ちの通った温かい大会。大阪などの大都会のマラソン大会の応援に比べて沿道の人数は比べるべくもありませんが、何せ温かい。私設エイドもいっぱいあって、話をしていると本当に頑張りを貰えるなあと感じます。離島の人の情の篤さと言えばよいのでしょうか。

 今日の昼過ぎに飛行機で伊丹に戻りますが、ちょっと帰りたくないなあと思っています。
 
 

 

隠岐の島に向けて出発

 土曜日の朝。ゆっくりと起床。

 とくにやる事も無く、自宅でゆっくりと過ごす。13時過ぎの隠岐の島行きの飛行機に乗る(ラッキーな事に10日ほど前にキャンセルが出たらしくてお鉢が回ってきました。)のですが、それまではやる事がありません。

 事務所に行って小一時間ほど仕事をしましたが、それとても気持ちが乗る訳でもなく中途半端。

 手持ち無沙汰なので11時過ぎに伊丹空港まで嫁さんに車で送ってもらい、待合室でテレビをボーッと眺めながら時間待ちをしているところです。自宅でテレビを置いていないので、こういった隙間時間にチャンネルを選ぶ権利も無い状況でボンヤリとテレビを見ている状況が妙に面白かったりします。芸能ネタを多くの芸人がいじくっている番組ですが、あまり意味の無い台詞が飛び、笑いを煽り...。見るに堪えない感じもしますが、何故か面白い。脳が完全に活動を止めた状態では、こういったあまり深い意味の無い台詞の応酬というのはある意味心地良い刺激になるのかもしれません。

 出発時間まであと30分くらいですが、なんかこのままテレビの毒に身を浸して待っている事にします。

私、惚けてます

 ここ数日、仕事でアップアップ。精神的に余裕無し。

 今日も、あれもこれもと仕事が目白押し。何だか休憩する間もなく、まさに息継ぎをする余裕も無いまま19時前に事務所に戻ってきました。

 身も心も疲れ切った状態でデスクワークをしていると、突然悪い予感が脳裏を過りました。何の予兆も無く突然です。

 「そう言えば、明日から出発する隠岐の島ウルトラマラソンの大会ゼッケンやチケット関係が入った封筒、どこいったんやろか?」 

 常識的に考えると自宅のダイニングテーブルの一角にそういった必要書類は置いているのですが、何だか急に気になってきて、腰を据えて机に座っているのが辛い感じになってきました。こうなると仕事に対する集中力を維持するのが難しくなってきます。

 まあ、車のガソリンがほとんど入っていなかったのと、今晩は晩御飯を一人で食べないと駄目だったので、これらの用事を済ませたついでに自宅に帰って書類を確認する事にしようと決意。書類の存在さへ確認すれば落ち着いて仕事の続きができるんだから...。

 そんな経緯で自宅に戻って心当たりの場所を探すのですが、「無い。」、「書類が無い!」 本当にいくら探しても無いんです。先ほど突然走った悪い予感的中です。だいたい悪い予感って、かなり高い確率で的中するから不思議です。

 えらいことです。急に動悸が激しくなります。56歳を目前にしたいい歳をしたオッサンですがもろに狼狽えます。大人の男の落ち着きなど微塵もありません。情けない話ですが。

 果たして大会参加の書類一式が無くっても大会に参加させてくれるんでしょうか? そもそも隠岐の島までの往復のチケットが無くってもちゃんとツアーに参加させてくれるんでしょうか? 不安が募ります。またしても悪い予感が走ります。集合場所のデスクで冷たく断られている絶望的な映像がチラついたり...。
 
 そう言えばここ一ケ月の間に次から次に私の周囲の物が無くなっています。近いところでは、晴明神社に行ってわざわざ買ってきたお守り(ちゃんとブログに書いていた奴です。)を数日後に無くしました。まさに瞬殺って感じです。さすがに縁起物を無くしたので大いに落ち込みました。他にも2~3...。

 物凄く憂鬱な顔をして事務所に戻り、とりあえず今晩中に絶対に片付けないといけない仕事だけ何とかケリをつけ(全くお尻の座らない状態で片付けましたから、ちょっと心配。明日見直しをしておかないとなあ。)、丁度その頃に事務所に帰って来ていた嫁さんに隠岐の島ウルトラマラソン関係の書類が無くなったことを言うと、あれやこれやと怒られました。「まあ、隠岐の島の大会に出ないくらいで命まで取られないけど、ちょっと最近惚けてるんとちゃう?」、「だいたい、あんたは...。」ってな感じです。まあ、返す言葉は一言も無いのですが。

 仕事で心身がメロメロになっている状態で隠岐の島ウルトラマラソン関係の書類が無くなった事件が、どうやら私の心に留めを差したようで、意気消沈。なんだか自分が情けなくて、「もう何もしたくない。」という心境です。もうジタバタするのを止めて明後日の大会も情けないけどあっさりと棄権使用かなという気持ちが頭をもたげます。

 車で自宅に戻る最中に何とか気分を立て直して、自宅に戻って来て再捜索をする事にしました。ここまでは良くある話ですが、本当に怖い話はここから始まります。

 自宅に戻って嫁さんがダイニングテーブルの所定の場所に手を付けた次の瞬間、不思議な事に隠岐の島ウルトラマラソン関係の書類が出てきたんです。「もう百年も前からずっとここに居ましたよ。」というような表情をして出てきました。

 「おかしいなあ。まず最初にそこを見たし、その後も2回も3回もその場所は探したんやけどなあ。」

 書類が出てきたのは嬉しい話なんですが、こうもあっさりと出てくると私の注意力っていったい何者なんだろうと疑心暗鬼になってしまいます。本当に惚けが始まっているのかもしれません。それも極度に進行スピードの速い類の...。お~っ、怖っ!

 隠岐の島ウルトラマラソンに出場する前から、すっかり度胆を抜かれてしまいました。

今朝もランニング

 昨夜は嫁さんと二人で事務所に残り、日付が変わるまである事案の検討をして話し込んでいました。お蔭で今朝は眠い。

 6時に起床したものの二度寝の誘惑を振り切るのがたいへん。

 結局、6時半頃からいつもの箕面周回大コース 9kmを走り出しましたが、この走り出しの時点で「よく頑張ったぞ! 自分。」という気分です。

 明日からいよいよ隠岐の島ウルトラマラソン100Kに向けて隠岐の島に向かうので、完全に調整を目的としたランニングです。

 事前の走り込みが圧倒的に不足しているので、おそらく50~70km時点から脚が完全に壊れてフラフラになりながら走り(歩き?)続ける展開になる気がするのですが、今回はいつもの作戦を変更して出だしからかなりペースを抑えて走り出そうかと思案中です。いつもは6分/kmで走り出して50km通過時点くらいからドンドンとこのペースが壊れ始めて、後半はいかに耐えるか?、頑張るか?という感じの「前半に気分良く行けるだけ行ってあとはひたすら我慢作戦」なんです。が、今回は「6分半/km或いはそれよりさらに遅いペースで走り出して、脚が壊れるタイミングをちょっとでも後ろに先延ばししよう作戦」に切り替えようかと思っています。

 今朝はちなみに6分半/kmまでペースを抑えて走り続けてみました。昨朝は5分半/kmで走りましたから、身体にかかる負荷が全く違います。さすがにゆっくり余裕のペースですから、走っていても爽快感が無く、スッキリしません。なんかこんなんで良いのかなあという感じです。呼吸器系はほぼほぼ日常生活レベルと変わらずで、歩いているのと何が違うのかなという感じ。

 走り終わっても疲労の程度が全く違う気がします。

 このペースで70km地点くらいまで騙し騙し走り続けれれば、何とかレースとして恰好がつくのかな。それともこのペースで脚を余らせたつもりが実際にはいつもと同じ50~60km地点くらいからフラフラになってしまい、脚を保全した効果が全く無くってタイム的に完走が危なくなってしまうのか?

 どちらの結果になるのか知れませんが、ちょっと実験的に作戦変更に取り組んでみようと思案中です。レース的にはあまり面白い作戦じゃないと思いますが。

研修

昨日は、午後から政府税制調査会会長を務めておられる中里 実先生が講師を務められた研修を聴きに行きました。

 テーマは「国際課税と連動した課税庁による情報収集強化の動き」。

 日本の税制改正を取り仕切っておられる現役バリバリの先生ですが、偉ぶったところが無く、軽妙な語り口でユーモアたっぷり。話の中身もシャープです。私はファンですから、先生の講演は毎年一回の楽しみとさせてもらっています。行政の真っ只中におられる人ですから、出てくる話も全てタイムリーな話ばかり。

 TKCの生涯研修の中の一コマですが、これは聴かなきゃ勿体ないという類の話だったと思います。

 しかし、頭の良い人の話って本当にキレッキレで凄いなあと思います。なんか鋭利な刃物で空間を切り裂くような迫力を感じました。だいたい鈍器で物事をぶち壊すような生き方をしてきた私からしたら羨ましい限り。

続きを読む

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR