大晦日 何かと忙し

 結局遅ればせながらの大掃除をしたり、お節料理を貰いに行ったり、「ケン」を風呂場で洗ったり...という事をしていると夕方が差し迫る時刻。



 それからインターネットを起ち上げて、恒例のふるさと納税。

 毎年、年間スケジュールを決めてその季節の旬の返礼品を考えないとなあと思うのだけれども、バタバタの日常生活が始まるとどうにもこうにもそういった気になれず。必ず大晦日という事になってしまいます。

 ふるさと納税のポータルサイトを開けると、今年は例年にも増して各自治体は返礼品の種類が激増しているようで、選択肢が広がる嬉しさはあるもののあまりに量が多いともう何でもよいような気がしてきて...。あれやこれやと画面とにらめっこをして決めたのですが、一仕事でした。

 まあ、例年は紅白歌合戦も佳境に入っている時間帯に焦って選んでいた事を考えると、今年はまだまだお陽さんが出ている時間帯にふるさと納税に着手できているだけゆとりがあるって事かもしれません。



 今から早目の風呂に入って、隣家の親の家に行って年越蕎麦を食べてゆっくりと年越をすごすつもりです。

 何度もこのブログには書いてきましたが、我が家にはテレビが無いので本当に静かな夜になります。テレビが無いと言うと、常識外の生き物を見たような顔をされる人も多いのですが、テレビの音を切って自分達のペースだけで生活をするというのは本当に快適だなあと思います。

 確かにタレント達が精一杯頑張ってテレビ番組を盛り上げているのは分かるのですが、私にはちょっとけたたまし過ぎて、見ていてもすぐにしんどくなってきます。ひとつひとつの台詞の遣り取りについて頑張っておられるのでしょうが、作り込み感がきつくって不自然な台詞に聞こえて仕方がありません。まあ、テレビというものの性格上、常にウケ続けなければならないのでそうなるのでしょうが。

 ニュースや報道番組でさへ、取材が甘くって、解釈が一方的に過ぎて...。ニュースキャスターの人もほとんど勉強していなくって、ノリで喋っているだけの様な...。いつも、もっと客観的な視点(これが難しいというのは良く分かっているのですが。)をちゃんと提供できる報道機関というものは無いのだろうかと思ったりします。

 20年近く前にテレビを放棄してしまった事で、大晦日を始めとした夜の時間帯を人に掻き回されることなく、落ち着いた自分或いは家族の時間として過ごせる幸せをつくづく感じます。

 まあ、たまに見るとテレビも面白い時があるんですがね。

 
 

 
スポンサーサイト

大晦日 大忙し

 いよいよ今年も最終日。

 遅ればせながらですが、我が家も一年の汚れを落とす大掃除。

 隅から隅まで掃除機を掛けて、拭き掃除も念入りに。もっとも念入りにやればやるほどキリが無くなるのですが。エアコンのフィルターも綺麗に水洗い。嫁さんはキッチンを始めとした水回り関連をあれこれ...。

 昨日、50km弱の長距離ランをやったお蔭で、身体の節々が痛く動作は緩慢。疲労感の中での掃除は辛いんですが、とにかく一年間の煤払いですから仕方が無い。

 掃除をしている私に纏わりつく「ケン」。彼にしたら遊んでいるつもりですが、とにかく掃除の邪魔。まあ、犬にいくら説教をしようが分かってくれませんが。

 気が付くとお昼前。

 後は、「ケン」のお風呂とお客さんに頼んであるおせちの受け取り。そろそろ終わりが見え始めてきました。ラストスパート。

久々に長距離ランニング あ~しんど!

 このところほとんど走らず。ランニング習慣が無くなってしまったような状態だったのですが、さすがに1月中旬の宮古島ワイドーマラソン100Kにぶっつけ本番で出場するのもまずいと思って泥縄式に長距離ランニングを試みました。

 コースは自宅から旧巡礼街道を東に向かい、箕面の今宮で旧西国街道と合流。そのまま一路京都に向かい、1条或いは2条辺りにある晴明神社、白峯神社そして護王神社にお参りをして終了という事にしました。だいたい距離は48kmくらい。

 晴明神社は厄除け、家内安全なんですが、大同生命の担当営業の人が大事なキャンペーンの時にお願いをすると御利益が強力という話をされていたので、うちの事務所も経営全般が上手く行くように折に触れてお参りをする事にしているのですが、今回はあえて走って行ってみようと考えました。

 白峯神社はスポーツの神様。護王神社は足腰の神様という事でランニングがせめてかつてのレベルまで回復するようにという思いを込めて...。

 スタートはのんびりしたもので自宅を10時出発。

 朝食で食べた2つの御餅がドーンと胃に残っていて、ちょっと調子が出ず。というかここ数ヶ月ほとんど走っていないので、身体が自分の身体じゃあないような感じでちっともスピードに乗れず。

 駄目駄目です。

 だいたい7分/kmのゆるゆるペースをキープするのがやっと。

 えらい事です。宮古島ワイドーマラソン100K、大丈夫なんでしょうか?

 出だしの10kmほどは走る事が辛くって、もう走るのを止めて家に帰ろうかと何度思った事か...。

 その後も最後までペースは落ちる事はあっても上がる事は無し。ひたすらしんどさに耐えて走っているので、苦行以外の何物でもありません。

 京都市内に入った頃から辺りは暗くなりだし、風も吹き始めて...。もう京都まで走って来たのだからこの辺りで打ち切りにしても「自分なりにはよく頑張ったという言い訳もできるなあ。」なんて事も頭の中をチラホラ。

 とにかく辛いばかりのランニングでした。

 どうにかこうにか当初予定の目的地を全てクリアーして、丸太町から地下鉄に乗ってJR京都駅へ。地下鉄が温かくって、今日初めてホッとした気持ちになりました。

 汗臭いのが気になったので京都タワー地下の銭湯でスッキリ。着替えも済ませてJRの新快速に乗って帰ってきました。JR川西池田の駅に嫁さんが迎えに来てくれて随分助かったのですが、この時点で20時20分過ぎ。

 スタートが遅かったとは言え、スピードが全く乗らず蝸牛の様な走りで終始したので結構夜遅い時間帯までアタフタする事になりました。

 とりあえず50km弱の距離をこなせたことだけが収穫ですが、このペースじゃあ100kmの完走はちょっと難しそう。

 残された半月で、かなり走り込むとともに体重もかなり絞り込んでやっとタイムは関係無しという事で完走がギリギリというところか。

 えらい事になったなあ...。

仕事納めの翌日 実は仕事

 昨夜、事務所の仕事納めがあったので年内の営業は終了だったのですが、私と嫁さんは朝から出勤でした。

 昨夜は二人とも事務所の仕事納めの打ち上げで飲んで帰ったので車が自宅に無くって徒歩通勤になりました。

 いつもより1時間遅い10時出勤なんですが、お客さんからの相談があったので。

 お客さんは北摂にお住いの地主さんなんですが、今は誰も住んでいない元々の本家(これが結構広い敷地なんです。)にアパートを建てるか否かで迷っているとの事。

 ハウスメーカーからの提案書を見せてもらって、相続税の節税効果や建築後の損益、キャッシュフローの状態について解説する事から始まって、一括借上制度の説明、この計画のリスク、メリットとデメリット等々。

 二階建てと三階建ての2プランありましたし、アパートの一角にご自身の自宅を組み込むか否かなどオプション的な質問もあって、それぞれにお客さんが他に所有している賃貸物件や自宅などの全体像も意識しながら会計や税務或いは賃貸経営という観点から説明をしたので、面談は結構な長時間に及びました。

 ごく最近、既存のアパート建築に係る借入金の借換を私たちのアドバイスで成功させているという事もあって、格段に信頼を置いて頂いているようで、ハウスメーカの営業の方からも同様の説明は受けられているようでしたが、改めて顧問税理士から解説をすると安心感に繋がる感じでした。

 頭の中がスッキリと整理できて、現時点で調べるべき問題点なども意識してもらい、判断ポイントを明確化できて良かったとの事。

 いろいろとご自身で抱え込んおられた迷いを一気に吐き出されて、帰る頃にはスッキリとした表情になっておられました。

 アパート建築の是非については、最終的にはご自身の決断で決められる事ですが、その決断に至るまでの思考の整理役が私達税理士の役割なんだと思います。

 こういった強い信頼関係の元で仕事をさせて貰っていると、仕事で疲れたなんていう感覚とはすっかりご無沙汰という感じになりますよね。まさに税理士冥利を感じる瞬間です。



 昼頃に相談が終わり、それからスタッフ達が提出してきた今年最後の日報とお客さんや仕事関係の方からのメールを確認。

 入社歴の浅いスタッフでも、この一年でかなりしっかりとした日報が書けるようになったもんだなあと喜ばしく思えるものもあり、ちょっとほくそ笑みながらコメントを返していました。やっぱり事務所の所長としてはスタッフの成長を実感できた瞬間ってのが何よりも嬉しい瞬間ですよね。



 14時半から嫁さんと昼食。事務所を出る直前に長女ともう一人のスタッフが、それぞれ昨日やり切れなかった仕事を片付けに30分前後出社をして来ました。仕事熱心なのはありがたいですが、しっかりと休んでも欲しいし微妙な気持ちです。

 今年一年の締めくくりに野垣家御用達の川西市にある「小花庵」で少し早目の年越蕎麦を食べる事に。

 ちょっと寒かったのでざる蕎麦は止めて嫁さんは鴨南蛮、私は鍋焼きうどん。確かに体はポカポカ温まったのですが、私の場合は年越蕎麦でも何でも無くなってしまいました。やっぱり美味しかったから良いのですが。



 昼食後、嫁さんは事務所に戻って仕事。私は自宅に戻って、「ケン」と遊びながら年明けに実施される予定の資産税関連の講演レジュメ作りをする事に...。

 床暖の入った床にゴロリと寝転んで、「ケン」とじゃれ合いながら...。って、危ない、危ない。

 油断をすると仕事をほっちらかして、すぐに遊びがメインになってしまいます。

 とりあえずおさらいの意味を兼ねて関連の書籍や資料を読み返して、話すべきポイントを選び出してパワーポイントでレジュメを作っていくのですが、年内は話すべきポイントを選び出して講演のストーリーを作るところぐらいまで行けば充分かなと思っています。

 世間は完全に休養モードに入ってきているので、私も精神的にかなりのリラックスモードになってきました。

 やっぱりどんなご馳走を食べさせてくれる名店よりも自宅でゆっくりと過ごすひと時は何物にも変え難いリラックス感があります。年末の夜長をゆっくりと過ごしたいと思っています。 

 

仕事納め 本年もどうもお疲れさまでした

 昨日はわが事務所の仕事納め。

 午前中からスタッフ達が事務所の掃除をしたり、お客さんの所に仕事で訪問したり...とバタバタとしており、何となく慌ただしい雰囲気でした。

 私も来客が数件あったので、その対応でバタバタ。



 今年も何だか慌ただしい一年でした。まあ、開業して20年間。ずっとバタバタと立ち回り続けて今に至るですから、何も特別な事は無いのですが、とりあえずこれでまた一区切りを迎える事が出来ました。

 めでたし。めでたし。

 まあ、独立をして自営業を営んでいますから、こうやってバタバタと慌ただしく仕事と向かい合っている事はしんどい事でもありますが、幸せな事でもありますよね。だって、お客さんから声が掛からず、暇で仕方がないというのはある意味悲惨ですもんね。



 今年は、うちの事務所にとっては、いろいろと不安な事や想定外の出来事などが起こりましたが、今のところ「災い転じて福と成す。」的な結果が続き、ありがたいなあと思っています。

 私自身も7月にTKC近畿大阪会の会長に就任して、そちらに相当の時間が取られるようになり、事務所経営に大きな不安を感じましたが、その隙間を埋めるようにスタッフ達が成長してくれたようで、今のところ何とか上手く事務所は回っています。私が手掛ける仕事を整理して、重要な事項や状況の場合にのみ動くという事を徹底した事が良かったのだと思います。

 昨年後半に新人を大量採用したために、一時は在職年数の少ない若手スタッフの経験不足が目に付き、大丈夫かなあと危惧した事もあるにはあったのですが、彼ら自身が頑張ったこと、与えた仕事なりの成長ができていること、何より仕事に対する固定観念が少ないので素直に私の指示を聴いて動いてくれる(後ろ向きのオーラを出す人が無くなったのが大きいです。)ので組織としての一体感は今まで以上に強化されたように思っています。

 まだまだ事務所内には次なる課題が山積していますが、スタッフ間の一体感も昨年の夏くらいからドンドンと強まっておりムード的には本当に前向きで良い感じになっているなあと思います。

 来年はこの流れの延長上で頑張って行けば大きな問題は出ないだろうなあと、一年間の締めのこの時期に思える事は幸せな話ですよね。



 夕方からは池田の馴染の中華料理屋さんで打ち上げ。スタッフと日頃業務上のサポートを受けている㈱TKCのFさん、さらに企業防衛のサポートを受けている大同生命のYさんだけですから、14名ぐらいののささやかな宴席です。例年通りママさんスタッフの子供達も参加しますから賑やかではありますが。

 ママさんスタッフの子供達が参加するのは、スタッフの職住接近を図る事で生活の質を高めようという事務所の方針を具体化させていく一貫で数年前から実施しています。

 子供達が親の職場の人間関係を観察する機会になっていて、家族の会話の中で事務所の話題が出る事も多くなったそうです。サラリーマンとして働いているとなかなか子供達が親の仕事を目にする機会が無いのですが、こうして働いている親の姿を実際に目にする事で家族間の相互理解がより進むような気がしています。

 また、独身スタッフにすると昨今の少子化の影響でなかなか身の回りで子供と接する機会がないので、こういった場で実際の子供と接するという実体験をする事は生活感を持つという意味でも重要だと思っています。 

 まあ、何より無邪気な子供たちが参加するだけでその場が和みますので、単純に楽しいというのが一番の理由ですが。  



 二次会はここ最近定例化してきましたが、私と嫁さんは早帰りをしてスタッフだけの無礼講。

 何だか盛り上がっていましたのでどこに向かったのか知りませんが、一年間の仕事が終わった解放感を心行くまで楽しんでくれれば幸いです。

 

年末の仕事納め前日

 昨日は、お昼から規模のかなり大きな某財団法人さんから経理体制の組み替えをしたいという事で相談に行ってきました。

 歴史的経緯で2つの大きな事業所の会計ソフトと本部のそれがそれぞれ異なっており、決算時にそれぞれの決算をエクセルシートで取り纏める必要があり、かなり面倒な事になっていました。会計監査をしている監査法人からも経理体制を改善するように要請を受けていたんですが、ようやく来年一年かけて抜本的見直しに取り組もうという事になりました。

 会計ソフトそのものはうちの事務所が主導しているTKCのFX4クラウドが良いという判断を頂いたので、他の事業所へ順次導入して行く事に。

 その際、事業所毎に異なった勘定科目や会計処理の運用を統一(物凄い勘定科目数ですから、そう簡単な話でもありません。)したり、管理資料の様式統一、さらに経理規定を完全に刷新するなど相当手間のかかる手続きを要求されるのですが、一式をうちの事務所へ依頼されました。完全に会計面におけるコンサル業務です。

 完全にうちの事務所を信用して頂いた上での依頼ですから光栄な話なんですが、喜んでばかりもいられません。

 基本的な部分は私の方で素案を書くにしても、年間を通してサービス提供に値するマンパワーが確保できるのか? この辺りが心配です。もちろん受託する以上、途中でギブアップは絶対にできない話ですから、事務所内の業務体制そのものをシフトしたり、それぞれのスタッフの能力アップを求めたりする必要があります。まあ、頭で考えるだけでは駄目で、事務所の総合マネジメントが求められる大プロジェクトになりそうです。



 夕方からはTKC近畿大阪会の秋期大学の打ち上げに参加。引き続き2次会まで同席。

 帰宅は23時半。

 家に帰ると、「ケン」がいつものように玄関で待っていてくれました。ちょっとした事なんですが、欠かさず待っていてくれるのが嬉しい。寒さに震えて身も心も震えながら帰ってきても、そういった固さが一気に溶ける瞬間です。

 そのまま10分ほど一緒に遊ぶのですが、自分の中で一気にユルユルモードに気分が切り替わりが進む大切な儀式になっています。

 


 

 
 

浜松出張

 昨日は静岡日帰り出張。

 6時にそれぞれの会社の担当者2人と一緒に社用車で池田を出発して、一路焼津へ。午前中は焼津にある2社の決算報告と来期の見込みのやり取り。

 午後から浜松へ移動して3社の決算報告と現況の問題点の整理、年明けからの動き方の相談。

 池田には21時半帰着。

 さすがに静岡の日帰り出張は身体に堪える。社長さんとあれこれ話をさせて貰う楽しさがあるから頑張るんですが、徐々に若手に切り替わって行かないとアカンのでしょうね。あと10年は頑張りますが。



 社長さんとあれこれ喋っていて静岡の浜沿いの地価下落の凄まじさを教えてもらう。もちろん東南海大地震の際の大津波を警戒するあまり起こる現象だけど、聞いていて耳を疑うような下落幅。

 確かに、心の底で津波の不安を抱えながら生活をする精神的な辛さ(東日本大地震の時の映像は、あまりにインパクトが強かったですよね。)を考えると地価下落するのも分かるのだけれども、あまりに極端な値落ち。

 せっかく終の棲家として手に入れたマイホームが二束三文。津波の恐怖を抱えながらの生活。

 バブル前後に土地を購入された方々は文字通りドブに金を捨てたような結果になった訳だけれども、こういう話を聴いていると不条理と言えばよいのでしょうか、人間の運命というのは分からないものだなあとつくづく思う。



 浜松からの帰り際に、鰻をご馳走になる。感謝です。

 最近、鰻が高騰してなかなか口に入る機会が無いのだが、さすがに浜松に出張に来るとちょくちょく鰻を食する機会があり楽しみ。

 私自身は鰻の捌き方については関西風というよりは関東風の方が美味しいように思う。大体の料理は関西風の味付けが美味しいと思うのだが、蕎麦と天婦羅と鰻は関東風かなあ...(まあ、味に鈍感な人間が感じる事なんで、突っ込みどころ満載だと思うのですが。)。

 
 

 

 

気力減退

 土曜日の朝。

 ゆっくりと起床。最近、5時あるいは6時台に起床という事が無くなってしまいました。朝ランという習慣もすっかり無くなってしまって...。

 ゆっくりと朝食を摂って、朝風呂。新聞を読んだり、「ケン」と遊んだり...。午前中は自宅でユックリ。

 11時頃に出社。帰宅が21時半頃。

 仕事とプライベートの間のメリハリも無くなり、調子上がらず。

 いわゆるスランプ(スランプというほど日常で凄い事をやっている訳でもありませんが。)というやつなのかもしれません。気分的に落ちてしまっているので、何だか頑張りが効かない感じ...。そう言えば友達と会って話をしていても楽しい事は楽しいのですが、テンションの上がり方がいつもに比べて低いような気もします。

 個人事業主ですから何が何でも頑張って生きていくんだという気を張って生きているんですが、ちょっと空回りになっているような...。

 何だかここ最近、強烈なストレスが我が身にかかり倒していたので、精神的にアップアップしているのかもしれません。まあ、年末まで本当にあと一息ですから、とにかくそこまではやり過ごして...。

同窓会続き

 昨日は祝日でしたが、私は出勤。まあ、先週に1週間も休みを取ってフィンランドに行ってたので、そのあおりで出勤ってのは致し方なしですが。

 夜は高校の学年有志の同窓会兼忘年会。

 合計34名の出席者ですから盛会です。

 昨夜は基本的に見慣れたメンバーでしたが、私的には同じアメリカンフットボール部のチームメイトで10年振りの再会ってのが目玉でした。まあ、クラスも良いけれどもクラブの仲間ってのは一層良いもんですよね。

 50歳代も半ばになると仕事や家庭がひと段落してくるのでしょうか。やたらと同窓会に呼ばれる事が増えてくるもんです。高校、中学校、小学校のそれ。それぞれに学年、クラスや有志と言い出すと結構な回数になります。

 今年は5~6回目になるのでしょうか。

 中にはいろいろなカテゴリーで4~5回、顔を会わせている友達も。

 何せ幼稚園から大学までずっと同じ学校なんていう友達もチラホラいてたりしますので...。これも、ずっと同じ地元で生まれ育って50年ですから、周囲も顔見知りだらけなんで起きる現象です。

 まあ、何かの理由に格好を付けて昔からの友達に会って話をするのは良い事なんで悪い話ではありません。もっとも昔の様にエンドレスに何次会も繰り返して、結果的に朝帰りなんていう気力も体力も無いので、22時前にはお開きになるのが年寄りの嗜みってものです。まあ、これも私にとってはほど良い感じです。

 たまたま子供の時の一時期を一緒に過ごした体験というのは実に不思議なもので、人間関係の微妙な距離感を一気に飛び越えて相手の間合いに入り込んでコミュニケーションがとれますよね。これは大人になってから知り合った関係性と大きく違う点。

 私の場合には周辺にそういった輩が山の様に居るって事なんですが、まあどちらかと言うと幸せな事なんでしょうね。

宮古島トライアスロン 落選

 昨日、宮古島ストロングマン・トライアスロンの抽選結果が届きました。

 残念ながら落選! 

 今はまったく走ったり、泳いだりという身体作りができておらず、大会が実施される4月中旬までに本当に身体の作り込みができるのだろうかという不安と闘っていたのですが、幸か不幸か大会参加自体が無くなってしまいました。

 この1~2年はランニングやトライアスロンの大会に出場するものの、日頃のトレーニングが全くできておらずほぼほぼぶっつけ本番状態ですから芳しい結果も出ておらず、このまま行くとランニングやトライアスロンという遊びと縁が遠くなりそうな状況にあるのですが、これでますます加速がついて縁遠い感じになって行きそうな...。

 このまま気乗りのしない状態を続けているとこういった遊び事から引退ってな事になりそうなので、そろそろ体勢を立て直してトレーニングを始めないといかんのだけれどもなあ。4月中旬に宮古島トライアスロン大会に変わる大きな大会の予定でも入れて、このように膿んだ状況に喝を入れてみようかなあと思案中です。

  
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR