お客さんの宴席へ

 日曜日。午前中と夕方から、二件立て続けでお客さんの宴席に呼ばれました。

 まず、9時から吉川町にあるお客さんの起工式。休日の中国道の西行きはゴルフ客や家族連れの行楽客などで宝塚トンネルを先頭にして大渋滞するのが常ですから、余裕を持って担当スタッフと事務所を7時過ぎにスタート。

 1時間ほど起工式があり、その後近所の旅館に場所を移して祝宴です。

 関与させて頂いて間が無いのですが、関係の方と広く挨拶をさせて頂き、お客さんの情報を広く知りえた良い機会になりました。

 私は運転手役でしたから、残念ながらノンアルコールビールですが、地元の地権者の方や工事関係者の方々と楽しいひと時を過ごしました。



 事務所に戻ってきたのは14時過ぎ。

 疲れたので1時間ほど昼寝。その後1~2時間、デスクワーク。



 18時半からは、これまた開業の時から顧問をさせて頂いているバレエスタジオの開業10周年記念パーティーが伊丹シティホテルで開催されました。

 スタジオ ミーシャという名前なのですが、300名前後の参加者が集まり大盛況でした。

 子供や大人のバレエ教室、さらにバレエ公演も熱心に開催されている本格派。完全に本気モード全開で頑張っておられます。

 バレエの世界は、残念ながら私的には全く縁が遠く、顧問をするまでは自分には関係が無いものだと思っていましたが、身近にそういう人がおられると業界の雰囲気がよく分かり興味が広がります。完全に体育会系の匂いが漂う世界ですよね。

 バレエダンサーと言うと完全に女性のイメージですが、男性でプロで頑張っておられる方々も10名近く参加されていました。さすがにバレエで生計を立てておられる方々ですから、シュッとした人ばかり。まあ、私の業界には居られないタイプの方ばかり。格好良いなあ~。こんな生き方もあるんだなあって感じです。

 さすがに自ら、年に何度もステージを企画されているだけあって、パーティーの演出も手慣れたもの。うちの事務所が年に一回お客さんを招いて開催している経営革新セミナーの宴席と比べると月とスッポン。一生懸命に企画して頑張っているのですが、会計事務所の業界で働く人の無骨さが目に付きます。まあ、職業病ですよね。とにかくどれだけ不器用でも一生懸命にやるしかないのですが。

 途中で、バレエスタジオ開業10年でいろいろな局面で貢献をした人を表彰する局面があったのですが、うちの担当スタッフのYさんも表彰してもらっており、所長として嬉しい瞬間もありました。

 開業時に芸術家肌で「お金のことは分からないから...。」と言っておられた代表でしたが、あれこれと色々な苦労を重ねられて今の盛況があるのですが、やっぱり10年間積み重ねた経営の歴史の重みを感じれる本当に良いパーティーだったと思います。

 バレエスタジオを取り囲む人達を見ていると、バレエの踊りそのもの、振り付け、脚本、音楽、衣装、舞台装置、公演のプロデュースと様々な関係者が出入りしており、まさにバレエというのは巷で言われる通り総合芸術そのものなんだなあと思いました。



 さすがに22時頃に自宅に戻ってきた頃には、精も根も尽き果ててそのままベッドに直行。

 我々の仕事は、安全に裏方の仕事なんですが、お客さんの喜びや悲しみにダイレクトに立ち会い続ける伴走者としての役割を持っているのですが、二つの宴席に出席する事でまさにその事を痛感する一日になりました。

 
スポンサーサイト

箕面の奥へランニング

 土曜日。

 一週間の疲れが溜まっており、朝はゆっくりと起床。何だか体中に疲れが溜まり込んでしんどい。当然と言えば当然に、走りたくない気持ちでいっぱい。

 朝ご飯を食べて、リビングで「ケン」と遊びながら二度寝。

 11時頃に渋々、ランニングに行く事に。池田や箕面の市街地は既に湿気と高温。厳しい日射でとても走れる状態に無いので、嫁さんと二人でいつもの箕面滝道から箕面の奥山に入って行き20km前後の距離を稼ごうかという事になりました。

 走り出しは市街地部分はカットして箕面駅からスタート。

 滝道に入ってしまえば深い渓の中を走るために日射が完全に遮られ、渓谷通しの涼風のお蔭もあってどうにかランニングをしていても我慢ができる程度の環境です。

 滝の上からは、さらに一段気温が下がり、勝尾寺と箕面川ダムの分岐点の温度計を見ると27度。まあ下界よりは随分とマシ。

 さらに箕面川ダムから奥に向かって走り、高山の手前の北摂霊園の管理事務所で自販機のお茶を買って休憩。ここから往路を折り返し。

 帰りは政の茶屋から往路を行かず、才ヶ原林道を登りました。

 結局、往復で20km、標高も箕面駅の数十mから折り返し地点の北摂霊園管理事務所の400m弱。さらに才ヶ原林道の最高点の3百数十m前後とかなりアップダウンのあるコースを走ったことになりました。

 まあ、スピードは大したことは無いのですが、疲れて走りたくなかった割にはそこそこの距離は稼げたって感じです。

 ゴールの箕面駅では、同じコースを走っている(帰路の才ヶ原林道は走っていませんが。)嫁さんを待つためにコンビニに入り休憩。灼熱地獄で干からびた体には、クーラーの効いたコンビニのイートインコーナーは極楽です。お茶もビッグボトルを買い込んで一人で飲み干しました(まあ、脱水症状一歩手前の様な感じですから、何本でも飲める感じです。)。

 バテバテになった体には、ガッツリ冷えた休憩場所で冷たい飲み物。今日も調子が悪いものの、とりあえずノルマはクリアしたぞという充実感。ランニングをしていると、この瞬間が一番嬉しいのでしょうね。

 帰宅後、入浴。クーラーのしっかりと効いたリビングで昼寝。引き続き極楽。

 夕方からお客さんの理事会出席があるので、それまではウダウダと...。
 
 
 

今日も何とか朝ラン

 昨日は午後から某都銀さんとハウスメーカーの共催による資産税関係の講演の講師。

 話す時間は2時間ですから、体力的に辛い訳でもありませんが、やっぱりそれなりに集中してその世界に入り込んで話すので、喋り終わるとグッタリと疲れます。

 話を聴いて頂ける方々の中で、途中休憩の時からいろいろと質問をして頂ける方が居られ、講演終了後も20分ほどウダウダとお話し。

 こうしていろいろな話題で講演テーマの近辺の話をするのも楽しいものです。



 お客さんの医療グループの経営構造について2時間ほどミーティング。グループ全体でどのような役割分担で現状の仕事に取り組んでいけば良いのか見直しの意味も含めてあれこれと話しました。

 自宅に戻ってくると23時を回っていたのでそのままバタンQ~。



 今朝は6時前に起床。

 何だか気怠い感じで、今日は朝ランはせずとも良いかなと思いダラダラしていたんですが、何とかギリギリのところを思い止まって朝ランへ。

 案の定、出だしから全く調子が悪く思うように走れず。8分/kmくらいのグダグダのペースで数kmを走り、箕面駅を過ぎた辺りからようやく走るペースが掴み出せました。

 ゆっくりペースで走る代わりに距離だけでも多少でも伸ばしておこうと思い、箕面周回大コース 12.4kmを走りました。

 ここ最近は、案外朝の時間帯は風が良く吹き、思いの外走り易い気候が続いているのが救いです。

 とにかく走る中身はちっとも良くありませんが、毎日淡々と走り続けるという事だ大切だと思って辛抱して走る練習を続けています。調子が上がらないのが辛いところですが、こういう時こそグッと我慢のしどころだと思っています。

何とか踏ん張って朝ラン

 誕生日。

 57回目。これだけ誕生日の回数を重ねてくるとひとっつも目出度いという感情が湧いてきません。まあ、この歳まで大した病気や怪我も無く機嫌良く暮らして来れた事にはたいそう感謝していますが。

 まあ、一年分の歳を重ねた事は事実ですが、嬉しくも無く悲しくも無く、最早淡々と月日が過ぎて行くだけ...という感じです。



 昨日は朝一で㈱TKCの大阪SCGセンターの会議に参加させて頂き、TKC近畿大阪会の会長就任から一年を経過するにあたって、この一年間全力でバックアップしてくれた社員の人へ謝意を伝えるとともに、次の一年も就任当初の自計化推進、都市型支部活性化、ニューメンバーズ活性化の3本柱を旗印にして狂ったように走り続ける旨を話させてもらいました。

 この一年間で驚くほど自計化の進捗率が伸びたのですが、ここで胡坐をかくのではなくより一層の迫力で頑張って行きたいなあと思っています。

 もともとKPIのどの指数を見ても良い物が無かったので、弱者の戦略で、闘うポイントを極めて小さな急所に集約して一点において勝ち切って流れを変えるという戦略です。



 その後、研修所の会議に参加。

 昼食を頂いてから事務所に戻りデスクワークをするものの席が温まる暇も無く、千里阪急ホテルで開催されたTKC豊能支部例会に参加しました。

 総会と例会、さらに研修会では会長として1時間ほどTKCのビジネスモデルについて喋らせてもらいました。

 その後懇親会、二次会。

 タクシーで帰宅。



 昨夜、結構呑んだので朝ランは無理かなと思っていたのですが、今朝起きてみると意外にスッキリとした目覚め。やっと大人の嗜みとしてアルコールを上手にコントロールして口にすることができるようになったのか?

 とりあえず箕面周回コース 6.4kmを走ってみる事にしました。

 走り出しの頃は風が涼しく、日差しも分厚い雲に遮られて、意外に爽やか。

 湿気は相変わらず高く、蝉の鳴き声が暑さを倍増させるものの、辛抱してできないレベルでもなく淡々と走り続けました。

 出だしの1~2kmはいつもの如く体がギクシャクとしか動かず7分半/kmほどのユルユルペースでしか走れていなかったのですが、その内に体が走る動作に馴染んで来て総平均ペースは6分10秒/km程度まで上がっていました。

 たいした負荷もかからず、義務的に朝ランを済ませた感じになりましたが、まあ、今日は朝ランをさぼらず最低限のノルマをクリアできただけでも上出来です。

 

何とか朝ラン

 昨夕はTKC近畿大阪会の中小企業支援委員会。懇親会も済ませて自宅に戻って来たら22時半。

 週初めからややお疲れ気味。



 今朝、5時半頃「ケン」に起こされる。何を思ったのか私のベッドに飛び乗って来て顔を舐めてくる。朝一からジャレてくるのは珍しい。

 目が覚めてしまうが、何だかドンヨリとした倦怠感。

 走りに行くのが億劫で、このままベッドの上でウダウダとしていたい欲望に駆られるが、何とかベッドを離脱して無理矢理に走り出す。

 気分は完全に↓↓

 だいたい出来の悪い人間ほど、ちょっとした理由を見つけて今日は練習をしないでも良いなどとのたまわくものだが、今朝の私は完全にそれ。

 曇り空で、気温は思いの外高くなく、風も良く吹いているのでこの時期にしては随分走り易い状況なのだが、湿気が高いのだけが玉に瑕。

 いつもの定番コースに走りに行くのも嫌だったので、今日は普段は知らないコースを散歩がてらにウダウダと走る事とした。まあ、走らないよりは幾分はマシだという事で。

 ウィークデイは概ね自宅を出て、東側を向いて走り出すのだが、今朝は西側を向いて走り出す。自宅から西側は五月山丘陵を下る事になるので、まずはそこそこの下りをダラダラと下る。

 五月山山麓線を走り五月山動物園の横をすり抜けて唐船ヶ淵の横から絹延橋を渡り(橋の上は猪名川上を吹き抜ける風がたいそう爽やかだった。)、能勢電沿いに南下。小戸の街を探検がてらにウロウロとして、呉服橋を渡り直して辻ヶ池公園経由で自宅までの6km。

 物見遊山的にあちこちを見回しながら走ったので、ほとんど散歩のノリ。

 総平均ペースで7分20秒/kmだから負荷はほとんどかからずだが、汗が猛烈に吹き出し、辛いと感じるほど暑い。



 自宅に戻ると、玄関横に飢えた葡萄が結構な房を付けて実っているのに目が行く。一粒もいで、口にするとまだ酸っぱい。もうあとちょっとで収穫だなあと思うと愉しみ。店頭に飾ってあるほど形が良く、実の並びが良い訳では無いけれども、6~7房は実っているので我が家にしては大収穫である。

 年甲斐も無く、こういった些細な事が嬉しいのである。

朝ラン ちょっとだけ暑さがマシ 

 今朝は曇り。山からの風が心地良し。

 天神祭の時期なので大阪の暑さも絶好調ってところなのだけれども、案外マシ。

 昨夜、あまりに暑いので朝ランで山の中を走ろうかと思案していたんだけれども肩すかしを喰らった気分。

 それじゃあという事で、いつもの箕面周回大コース 8.6kmを走る事にしました。

 出だしの1~2kmは、身体がスムーズに動かず8分/km程度のスピードでロボット走り。山側から涼し目の風が吹き下ろしてきて気持ちが良い。

 諦めずに走っていると次第にペースが乗って来て総平均ペース6分ちょっと/km程度まで上がりましたが、それ以上は無理。いくら風が吹いていても、日差しが雲に遮られていても、さすがに湿度、気温が高く、何だか走るという動作そのものが苦しい感じ。

 走り終わる頃には、上から下までまるでバケツの水を被った様な感じでビショビショ。まあ、新陳代謝が良いとも言いますが、ここまで来るとちょっと極端です。



 走り終わって家まで少しの距離を歩いていると、道端でお婆さん二人が喋ってはったんですが、その内の一人が道にへたりこんでいたので、ひょっとして暑さか何かの原因で倒れはったのを介護してはるのかなあと思い「大丈夫ですか?」と声掛けしました。

 当のお婆さんは単に楽をするつもりで道端に座り込んでいたらしくちょっとビックリしたような表情で「大丈夫。ありがとう。」と返事をしてきました。

 大過無しという事ですから良かったのですが、まあ、紛らわしいと言えば紛らわしい光景です。

 日常生活でも声を掛けた方が良いのか放っておいた方が良いのか微妙に迷う光景に出合います。なるべく声掛けするようにしているのですが、確かにとっさの判断ですから迷いますよね。



 
  

暑い中、箕面の山ラン

 日曜日。一週間の疲れが抜け切れず、朝ゆっくりと起床。

 ウダウダと朝食。新聞。

 気分が乗らないけれども10時半頃から無理矢理走りに出ました。

 今日は自宅から箕面駅までの市街地ランはカットして、箕面駅から北摂霊園まで往復18kmの山ランとしました。

 往路はひたすら登り。標高40~50m程度の箕面駅から450m程度の北摂霊園まで片道9kmですが、滝道を通って渓谷沿いを走るので気温は市街地を走るよりはかなり下がります(とはいっても暑いのですが。)。コースの真ん中辺りにある箕面川ダムと勝尾寺の分岐点の温度表示が26度になっていました。

 とはいってもまとわりつくような湿気も多少はマシになるとはいえ不快指数的にはとんでもなく高い感じです。

 出だしからちっとも調子が上がらず。もうゆっくりグダグダになりながらのランニングです。

 総平均ペースは8分/km。山登りとは言え、普段この辺りを走っている時より1分/km以上遅いペース。

 とりあえず走らないよりマシという感じのトレーニングになりました。

 箕面駅に下りて来たら、本当に頭の上から足の先まで汗ビッショリ。家からお茶を1㍑ほど背負って走ったのですが、脱水症状になる一歩手前。

 急いでコンビニに入って飲み物とアイスクリームを買いました。世の中に色々な御馳走がありますが、こんな切羽詰まった時の数百円の飲み物やアイスクリームの類のありがたさにはなかなか敵うものが有りませんね。

呉服神社 大祓式

 土曜日。

 一週間の疲れが溜まって、朝もゆっくりと起床。もうグッタリで何もする気になれず。

 9時過ぎに事務所に出勤。



 10時からうちの氏神さんの呉服神社(うちの事務所は呉服神社の参道沿いにあります。)の大祓式に参加してきました。大祓式とは、年の半分にあたって溜まった穢れを祓い、気分一新頑張ろう的な行事だとパンフレットには書いてあります。この説明で、まあ、当たらずと言えども遠からじってところでしょうか。

 儀式の開始から終了まで凡そ1時間。

 儀式の中のメインは拝殿の前に作られた茅の輪を3回くぐるところ。まあ、淡々とくぐるだけなんですが、けじめをつけた証になる儀式ですからいささか神妙な面持ちでくぐらせてもらいました。

 最後に拝殿に上がらせてもらって、神主さんの祝詞や神楽などの最後の儀式にも参加させてもらって締め。

 とにかくうだるような暑さと蝉の声の中で粛々と儀式は進められていき、何となく清々しい気分でこのブログを書いています。

 心機一転、残り半年も精一杯に頑張って生きていかにやあなあ...という気分になっています。

 それにしても、大祓式があるって事はもう既に年の半分が過ぎてしまったって事ですよね。本当に月日の経つのは早いものです。ちょっと怖いくらい。

 
 

今朝は距離を伸ばして

 今朝も朝ラン。

 6時前に起床。何か調子が悪いなあと思ったのだけれども、ここはちょっと頑張って朝ラン。

 確かに起き抜けに調子が悪いと感じただけに、走り始めの体の動きがぎこちない。何だかぎくしゃくして、ロボットチックな体の動き方です。スピードも全くのらずで、8分/km前後で走るのがやっと。

 2~3km走っている間にようやく体もほぐれて調子が出てきました。

 コースは箕面周回特大コース+今宮を走って13km。

 確かに暑かったのですが、まだ池田や箕面では微かに山から涼しい風が吹いているのが助かります。日差しは痛いほどなのですが、わざと暑さや日差しのきつさに気付かない振りをして走り切りました。

 最終的な平均ペースは6分20秒/km。出だしのぎくしゃくが無ければ6分/kmイメージですから、この暑さを考えるとまずまず頑張っている方だと思います。

 自宅に戻ってくると、もう汗、汗、汗。身体中の水分が全て失われるんじゃないのかというくらいの汗の流れ方です。

 そのまま朝風呂。風呂の後は汗が引くまで涼んで、それから朝食。

 暑い季節は暑さを楽しまないとなあ(そんなのんきな事を言っている場合じゃないくらいに暑いのですが。)と思い、毎日思う存分汗をかく暮らしをしています。

今朝も朝ラン

 昨日は、午前中はお客さんの所で決算相談。

 昼からは梅田でTKC近畿大阪会の年度重要テーマの研修。

 夕方からは江坂のTKC大阪SCGセンターでシステム委員会に出席して、その後懇親会。帰宅は22時過ぎ。F君とこういった宴席を一緒すると必ず車で自宅まで送ってくれて助かります。いつもありがとうございます。



 6時過ぎに起床。いささか昨夜のアルコールが残っていたけれども、ちょっと走って汗を出すと吹き飛ぶ程度だったので、いつもの箕面周回大コース 8.6kmを走ってきました。

 何も考えずにボーッと走っていると、いつの間にか6分/km程度のペースになっていました。もう日曜日のトライアスロンの疲れやダメージは抜けた様です。

 この暑さにも体がすっかり順応したようで、辛い事は辛いのですが我慢の範囲になってきました。やっぱり人間の身体って与えられた環境に徐々に順応していくものですね。

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR