FC2ブログ

ローマへ

 朝ランから上がって来て急ぎシャワー、そして4日間滞在したフィレンツェのホテルを出発するための荷造り。

 私はホテルに滞在する時には、部屋に作り付けの箪笥やクローゼットにとりあえず全ての服や荷物を入れて家で過ごすときの様な環境をセッティングするのが常なので、ホテルを移動するとなるとこれらの服や荷物を全て旅行鞄に詰め直しって事になり非常に面倒臭い。

 ですから自分で旅行を企画するなら断然、一っ処で定着というスタイルを好むのですが、招待旅行なので個人の好みまで要求する訳にもいきません。



 イタリア版の新幹線に1時間20分ほど乗ってローマへ。

 そのままレストランで昼食を頂いてからヴァチカン見学。

 ヴァチカン美術館は宗教美術の総本山ですから、まあその収蔵品たるや凄いもんです。フィレンツェでも山のような宗教絵画や彫刻を見てきましたから、もうお腹いっぱいです。仏教に馴染んで育ってきた私から見ると、やっぱりどこかちょっと感覚的についていけない違和感があります。まあ、これが文化の違いというやつなんでしょうか。

 最後にサン・ピエトロ大聖堂の見学。カトリックの総本山ですから、とにかく凄いの一言。

 それにしてもヴァチカンはもう観光客だらけ。

 世界中から観光客が集まってくる訳ですから混雑するのも当然ですが、高い入場料を取りながらもうちょっと観光客に快適に観覧させる工夫が無いものなんだろうかと思わない訳でもありません。まあ、そんな工夫をせずとも環境客が集まって来るのですから、そんな事を考える必要も無いのかもしれませんが。



 18時から日本食レストランへ行って夕食。

 レストランが狭く、今回の旅行の同行者一同で並んでテーブルにつくことができず、嫁さんと二人で店の片隅のテーブルで静かにご飯を頂く。たまには誰にも気を使わず静かにご飯を食べるのも嬉しいものだ。日本食の味はそこそこ。まあ、日本で食べる訳では無いので、細やかさを要求するのも無理な話だ。しかし、久々の日本食なのでホッとするのもまた事実。

 21時頃にホテルに到着。

 フィレンツェのホテルはザ・ウェスティン エクセルシオール。今回のローマは共和国広場に面したボスコロ エクセドラ ローマ。どちらもプライベート旅行なら絶対に使わないであろう豪華なホテルである。ありがたい限りである。

 フィレンツェでは嫁さんと長女が二人で一室。私は一人で気儘に一室利用だったのだけれども、ローマでは私は相部屋になる。ずぼらでどんな環境でも平気の平左衛門に見える私ではあるが、実は証も無い事には神経質な面も持っているので相部屋と言うのに抵抗感があったが、実際に相部屋相手の北海道会の駒井先生都はすぐに意気投合して結構気儘に過ごす事が出来た。

 今日は終始体調が悪く、旅程をこなすだけでいっぱいいっぱい。

 

フィレンツェ4日目の朝ラン

 いよいよ今日でフィレンツェともお別れ。朝からイタリア版新幹線に乗ってローマへ移動です。

 海外旅行の大荷物をまとめ直す作業は憂鬱です。



 でも、すっかり馴染んできたフィレンツェの見納めという事で、朝ランだけは欠かさずに頑張りました。5時半に起きてパッパッと身繕いをして、まだ深夜の趣の残る街へ。

 今日のコースは昨日見つけたアルノ川南岸の丘陵地帯をグルリと回るコース。

 さすがに薄暗い時間帯ですから、誰も走っている人は見かけませんでしたが、朝焼けのフィレンツェの街が一望できて最高です。

 距離は8km。平均ペースは7分半/kmですから、本当にゆっくり、ノンビリの散歩ペースです。早朝の時間帯は20度ちょっとくらいの気温ですから走るにはちょうど心地良い感じ。

 4日間もランニングを繰り返すとフィレンツェの街の土地勘もすっかり身に着いた感じになり、愛着も深まるもんです。

 本当はこのまま延々と距離を踏んでいたい気持ちだったのですが、なんせ荷造りがあるので早めにランニングを切り上げてホテルに戻って出発準備です。
 

フィレンツェで合同懇親会

 今回のTKC企業防衛制度の表彰旅行の4日目は、A班とB班(200数十名の参加者を2班に分けてそれぞれの日程を1日ずらして開催しています。)の全員が揃って合同懇親会が開催されます。

 服装もいつものポロシャツに半ズボンというラフな恰好では無く、正装という事です(まあ、私の場合は代り映えの無いいつものスーツ姿ですから何という事は無いのですが、嫁さんや長女はそれなりに気張った服装をしていました。あんまり野垣家らしくはないのですが。)

 場所は伏せられていたのですが、タクシーに乗って連れていかれたのはヴェッキオ宮殿でした。

 なんとヴェッキオ宮殿を完全に貸し切って、そこの500人広間と言われる巨大な空間で懇親会が開かれました。この旅行は毎回サプライズ企画が用意されるのですが、今回はこれ。

 ダン・ブラウンが書いた大ヒット作の「ダ・ヴィンチコード」や「天使と悪魔」の続編の「インフェルノ」の重要な局面で舞台になった広間です。

 フィレンツェの共和政時代にここで500名にも及ぶ市民を集めて会議が開かれた場であったようで、それはそれは豪華なしつらえの部屋でした。

 以前に参加させてもらったスイス・フランスの時はパリのオルセー美術館を全館貸し切りして懇親会を開催していて度肝を抜かれたのですが、今回もビックリです。

 全国から集まった錚々たる会員先生方とお会いして、あれこれと語れる本当に楽しい懇親会でした。

 このような壮大な規模で開催される表彰旅行も、金融庁からの指摘もあって、今回で休止という事になりましたが、単なる豪華旅行という側面だけでなく、志の高い会員先生同士の懇親や事務所経営へのモチベーションの啓発の場であるという側面を考えると、早々のタイミングで復活させて欲しいものです。

 

フィレンツェ3日目のランニング

 今日は4つのオプション旅行の中からどれかを選んで楽しむ日だったのですが、嫁さんと私はどれも選ばずフィレンツェの街を二人でマラニックする事にしました。

 TKC企業防衛制度の表彰旅行は上げ膳据え膳で何も言う事が無い素晴らしい旅行なんですが、これが一週間に渡って休み無く続くとなるとやっぱり疲れてきます。

 旅行の真ん中で一日休養日を入れる事で、後半に向けて英気回復。



 8時頃に嫁さんと二人でホテルを出発。

 今日はフィレンツェの街をその昔、グルリと囲んでいた城壁を一周するマラニックをする事にしました。

 まずはアルノ川を西に走り、ヴィットリア橋へ。ここから城壁跡の環状道路をグルリと一周ランニングです。

 アルノ川を渡り、外壁跡沿いに南下。途中から未だにその姿を残す城壁が出てきましたので、それ沿いにローマ門へ。そこからは城壁と離れて気持ちの良い丘陵地帯を登り続けてフィレンツェの街を一望しながらのランニングになりました。この辺りは丘陵地帯にかなりお金持ちそうな方々の大邸宅が点在し、景色の綺麗な所でした。

 朝ランだとまだ辺りが真っ暗闇ですから細かい事は分かりませんが、樹々がうっそうと茂り、空気が爽やか。

 途中で数多くのランナーやロードバイクを操るサイクリストに行き会い、軽く挨拶。やっぱり地元でも好まれるランニングコースなんでしょう。

 明日の朝ランもここまで足を延ばそうと密かに決心しました。

 そのままミケジャンレロ広場まで丘陵地帯を走り続けて、再びここでフィレンツェの街を一望。まあ、絵になる景色です。

 この辺りから再びアルノ川を渡り直して、アルノ川北側の市街を今度はグルリと城壁跡の環状道路沿いに駅まで走り続けました。もうフィレンツェの街のイメージは体感的に完全に把握できた感じです。

 ホテルまでは戻って来て、ランニング距離は13.2km。総平均ペースは8分15秒/kmですからハイキングの延長みたいな感じ。まあ、嫁さんと一緒に走るとこんなもんです。

 そのまま朝風呂。洗濯。そして朝寝。

 まだまだ夜の合同懇親会まで時間はたっぷりです。部屋で気儘に過ごすのか、フィレンツェの街をぶらつきに行くのか思案のしどころです(結局昼過ぎまで部屋で気儘にダラダラと過ごしました。まあ、気儘で最高の時間でした。)。

ヴェネツィア日帰り観光

 今日は朝からヴェネツィア観光です。

 フィレンツェ駅からイタリア版の新幹線に乗って2時間の移動でヴェネツィアへ。駅からは運河を船に乗って移動し、まずはヴェネツィア観光の中心地になるサン・マルコ広場へ向かいます。どうも街中は自動車やバイク、自転車の移動は完全に駄目なようです。

 それにしても観光客の人数が異様に多く、大混雑です。

 駅から見える桟橋には巨大な豪華客船が数隻泊まっており、観光客がとんでもない数で押しかけてきている様子がよく分かります。

 ここヴェネツィアでは人口が5万人弱なのに、年間に20百万人もの観光客を受け入れているらしく、日本政府もビックリの超観光先進地。



 ドカーレ宮殿の美術品を眺め、共和国時代の国会議事堂や裁判所跡、さらには溜息橋を渡って牢獄まで見学。

 その後、ヴェネツィア名物のゴンドラに乗って運河巡り。野垣家3名が乗ったゴンドラにはカンツォーネを歌う歌手とアコーディオン弾きのおじさんが乗り合わせ、イタリアムード満点の30分弱を過ごしました。

 しかし、6人乗りの小さなゴンドラの舳先で、こちらを向いてゴンドラで立ってカンツォーネを歌いあげられると、シャイな日本人としてはどんな反応をしたら良いのか本当に困ります。運河を眺める観光客や対面して行きかう他のゴンドラからも注目度抜群。

 ラッキーと言えばラッキーですが、恥ずかしいと言えば恥ずかしい。


 
 レストランで頂いたイカ墨のスパゲッティは絶品でした。これを食べると歯が真っ黒になりお歯黒みたいになるので普段は敬遠していたのですが、やっぱり本場で食べるそれは味も薄味で、パスタの湯掻き具合も最高。やっぱり美味しいものは美味しいなあと当たり前の感想を噛みしめていました。

 ヴェネツィアングラスの店を覗いたりして、再びフィレンツェにイタリア版新幹線に乗って帰りましたが、さすがに昨晩の夜更かしと今朝の朝ランの寝不足が堪えてフラフラ。車内では熟睡です。

 そのまま駅横のレストランで夕食を頂いたのですが、その最中でも完全に体が起きず眠気満載。21時前にはホテルに戻ったのですが、そのままバタンQ~です。

フィレンツェ2日目の朝ラン

 昨晩は遅かったのですが、何とか5時半頃に起床をして朝ランへ。

 フィレンツェのアルノ川から北側はかなり地図が頭に入った感じですが、南側がまだ未開拓ゾーンなので今朝はポンテベッキオを渡って川向こうの街をウロウロとする事に。

 まだ深夜の匂いの残る街を一人で走ります。ランニングの格好をしていますからまだ良いのでしょうが、これで普通の格好をしていれば完全に不審者です。

 ピッティ宮の前を通り過ぎてドンドンと街の深い部分を走り、一度ポンテベッキオまで戻って来て、今度は昔の街の城壁の外側沿いの急坂を上ってヴェルベデーレ要塞を抜けて丘の上をしばらく走って折り返し。

 フィレンツェの街中も良いのですが、南側の丘陵地帯を走った方が、樹々の匂いが立ち込めて遥かに快適な感じです。

 距離は7.8km。総平均ペースは6分45秒/kmですから、完全に散歩ペースです。

 今日は片道2時間も列車に乗ってヴェネツィア往復の強行スケジュールですから、早めにランを終えて出発準備です。

イタリア名物!

 フィレンツェ初日はガイドさんに連れられてフィレンツェの中心部を徒歩で観光。

 ポンテベッキオから始まってウッヒィツィ美術館、ドウォーモ、...。そして街中のレストランで豪華な昼食。いささかの自由時間の後にサンタ・クローチェ教会横のお店に入ったところで、嫁さんが財布が無いと騒ぎ出しました。

 肩から斜めにブラ下げたポーチに財布を入れていたらしいのですが、ポーチのチャックが空いているのに気が付いたので、慌てて財布を確認したら案の定無くなっていたとの事。

 スリの仕業です。

 まあ、嫁さん本人は全く掏られた意識が無かったという事ですからアッパレです。まあ、感心している場合ではありませんが。

 カードが数枚と数万円の現金が被害に遭ったとの事。

 って事で、私たち夫婦は午後からの観光はキャンセルして、急ぎホテルに帰ってカードをストップするように手配をする事になりました。

 嫁さんにしたらやっぱり掏られたショックでちょっと落ち込んでいたようですが、私は大したお金でもないですし、怪我や怖い目に遭わされた訳でも無かったので、まあ話のネタが一つできたくらいの感覚でしたが。

 ホテルの部屋から、大同生命の旅行担当の方が誠心誠意で、カード会社に電話をして使用を止める電話を英語であれこれ段取りしてもらい本当に助かりました。やっぱり旅先でトラブルに遭った時にこうしたサポートをして頂けるとありがたみが倍増しますよね。感謝です。どうも、ありがとうございました。

 カード会社に問い合わせてみると、幸いにもまだ一件も使われた形跡も無く、被害はゼロという事ですから、これまた助かりました。

 確かに掏られた事は、嫌な想い出に違いが無いのですが、被害は軽微(後々の事務手続きが面倒臭そうですが。)に終わり、ダメージコントロール的にはほぼほぼOKという事でしょう。イタリア名物の洗礼を受けたという意味では、これもまた旅行体験の内のひとつになるのでしょうか。

 トラブル処理が済んでやる事も無いので、ホテルでそのまま長風呂と昼寝。これは最高でした。

 夕食はポンテベッキオ橋のよく見えるレストランで頂きました。

 野垣家3名はたまたまですが、坂本全国会長や畑静岡会会長の横に座らせてもらい、楽しい中でもいろいろと踏み込んだ話も頂き、貴重な夕食の時間になりました。一緒に連れて行った長女が、なにやら坂本会長とずっと隣席で夕食の時間中に話をして頂いており、これからこの業界で彼女が生きていく上で本当に良い体験ができたのではないでしょうか。

 こういった表彰旅行では、本当に全国から指折りの先生方が集まって来られる訳ですが、そういった方々と折に触れていろいろな話ができるのも、単に豪華な観光旅行という意味だけは無く、本当に有意義な事なんだなあと思います。

 ホテルに戻ってからは今回の旅行で一緒になった若手の職員の先生方と合計6名でホテルの6階のBARで二次会。

 普段、なかなか顔を合わせてじっくりと喋る機会の無い30~40歳前後の税理士の方とワイワイと喋るのも貴重な時間。すっかり気持ちも若返るって感じです。

 部屋でベッドに転がり込んだのは12時前ですから、ほとんど時間を気にする事も無く喋り続けの楽しい時間になりました。

フィレンツェで朝ラン

 いよいよ現地到着後の初日。

 5時半頃起床。時差ボケの感覚は無し。日頃ボケているとこういう時に便利である。

 散策代わりにウダウダと9.2kmを走る。


 古い石畳の上を靴底が極端に薄いビブラムのファイブフィンガーというシューズを履いて走るので、路面の凸凹が直接足裏を刺激して、いささか痛い。

 初めてのフィレンツェなので、街の様子が分からないし、まだ7時前くらいまで町は真っ暗で深夜の趣なので、とりあえず街の中心部をウロウロと走ろうという事で、ポンテベッキオという街の中心部にかかる橋に向かい、そこから観光地としての中心地であるドォーモ辺りをウロウロ。そのまま北方向に街の中心部を抜けて昔の町の外延部にあたる城壁(今は環状道路になっています。)に沿って反時計回りに回ってフィレンツェの駅を抜けてアルノ川にかかるブィットリア橋を左折してホテルへ。

 石畳の上を走ると上でも書いたように、薄底の靴では石畳の凹凸が痛くって、一向にスピードが乗らない。

 まあ、旅行期間中はとにかくランニングをサボらず真面目に淡々と走るのがテーマなので、それはそれで良いのであるが。

イタリアへ

 いよいよ今日からTKC企業防衛の表彰旅行でイタリアである。

 前夜はTKC近畿大阪会の年度重要テーマ研修でわざわざ長崎から佐原先生にお出で頂き講師を務めて頂いたので、夜は一緒に食事。実は、講師の先生とこうして腹蔵なく話し合える場が勉強になるなあと毎度思う次第である。研修時間中ももちろん貴重な話をして頂いているのだが、その裏の「実のところはね...。」という話が宝物だなあとつくづく思う(まあ、研修中にそんな話をいちいちしていたらとても時間内に研修は終わりませんが。)。

 TKC近畿大阪会側は理事メンバーが私を含めて3名だが、二次会は残念ながら明日の朝早々に関西国際空港に向かわねばならないので辞退させてもらって、21時半頃に帰宅。

 たいそう疲れていたので、そのままバタンQ~。



 朝は5時前から起きて、俄かに1週間分の荷造り。

 いつも長期の旅行に出発する前の荷造りはこういったドタバタになる。まあ、期限ギリギリにならないと本気になれない自分が悪いのであるが...。

 8時に関西国際空港集合という事なので、途中の交通渋滞などのバッファーも見て6時自宅出発となるので、たった1時間の超集中荷造りなのである。まあ、最悪はパスポートさへあれば、後は現地で買えばなんとでもなるという開き直りの気持ちはあるのだが。

 所詮は観光旅行なので、私を現地で待つ仕事上の義務は何も無いので...。気楽である。



 関西国際空港では同じツアーで動く事になるメンバーの顔合わせなどをして、10時には飛行機が出発。

 もう既に朝一からビールなんぞを飲んで、上機嫌である。完全に腑抜け状態。

 フィレンツェまではフランクフルトで乗り継ぐのだけれども、何せ所要時間が12時間弱の長時間フライト。ビジネスクラスなんかに乗れれば快適かもしれないけれども、気の小さい私にはとてもそんな勇気のある行動を取れる筈も無く、大きな体をエコノミーの座席に窮屈に埋めてひたすら映画を見て過ごす。

 新作の映画を4本(ゴースト イン ザ シェル.殿、利息で御座る.初めての泥棒。最後に見たやたら車が走りまくるアメリカ映画は題名も忘れてしまいました。もうこの時点では朦朧としながら見ていたのであろう。)ほど見て目が痛くなってきたので、後は睡眠と読書。

 さすがにヨーロッパまでのフライトはきついものがある。

 現地に行ってあれこれ見て歩くと良いなあと思うのだが、このフライト時間の長さだけがネックだなあと毎回思う。



 ホテルには現地時間の19時半頃に到着。

 さっそくホテルのブッフェで同行のメンバーと楽しく夕食。話が弾み長居をする。

ランニング再開

 今朝は5時半頃に起床。

 もう家の周辺はすっかり秋の気配が漂い出しています。夏の暑さもお盆までとはよく言ったものです。昨夜は庭で秋の虫が鳴き出しました。日中はまだ蝉の声もしますが、それも既に盛りを過ぎたような感じで、最盛期のけたたましい勢いは無くなりました。

 なんだか物凄く眠りが深い感じです。

 6時前から朝ラン開始。先週の金曜日に高野山の町石道往復40kmマラニックのダメージがきつかったのと、仕事の忙しさに引っ張られて3日間ほど朝ランを休んでいたのですが、今朝から再開です。

 出だしは思うように体が動かず7分半/km程度でヨチヨチ走りからスタート。2~3km通過するとようやく体が動き出します。

 コースは箕面周回大コース 8.4km。

 気温も確かに高いのですが、ちょっと前のうだる様な暑さではなくなっています。充分に辛抱が効く範囲の暑さになってきました。

 最後の1kmは5分30秒/kmまで上がっていました。これから徐々に涼しくなってくるので、まだまだラップは上がって行きそうです。まあ、ジジイですから限界が早目に来るんでしょうが、それは言ったらお終いですから言いっこ無しです。要は気分が大切ですから。

 総平均のペースは6分15秒/km。今のところはまあまあこんなもんでしょうか。

 今日から、また朝ランを続けて行くつもりです。


 今日も大忙し。午前中はデスクワークで片付けねばならない案件が3件ほど待ち構えていますし、午後からはTKC近畿大阪会の年度重要テーマ研修で数十分ほど会員の皆さんに向けて話をせねばなりません。

 その後は再びデスクワーク。夕方は年度重要テーマ研修でお招きした講師の先生と宴席を用意しています。全国から優秀な先生をお招きして研修講師を務めてもらうのですが、終わった後にそういった方々と一杯傾けながら仕事やそれ以外のテーマでいろいろと語り合うのは色々と制約だらけの会長という役職をやっている人間としては数少ない楽しみのひとつです。

 
 
 
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR