FC2ブログ

TKC関連行事続きでバテバテ

 ここのところTKC関連行事続きで、かなり疲れ気味です。

 月曜日はTKC近畿大阪会の常務理事会。そのまま入会30年の会員先生をお招きしてゴールドメンバーズ会と懇親会。さらに二次会。

 火曜日は午後から静岡の齋藤先生をお呼びしてTKCビジネスモデルを基軸とした事務所経営の講演会。リスクマネジメント関係のそれも併せて開催。齋藤先生はさすがの安定感で、聴き応え抜群。しっかりと研修参加者の動員もできましたし、内容も素晴らしいものができたと思っています。その後、懇親会、二次会。

 そして今日は東支部が主催する事になっているTKC近畿大阪会の秋期大学の最終打合せに冒頭の1時間だけ参加させてもらい、進捗状況の確認をしました。今回の秋期大学の事前準備は松本支部長がほぼほぼ1年前から立ち上げて、周到に準備活動を行って来られたので、会長として見ていて一定の安心感がありました。さすがです。

 また、明日は午後からTKC近畿京滋会の秋期大学へ来賓として夜まで参加。明後日は夕方から奈良県橿原市に1泊してTKC4地域会の資産防衛委員会の運営についての擦り合わせ会議と懇親会。

 まあ、今週はウィークデイは全て何らかのTKC関連行事が入って来ています。まあ、午前中半日とか、場合によっては夕方までほぼ一日の時間帯は空いているので仕事はそこに押し込んでバタバタとこなしていますが、さすがに夜が遅くなってしんどい。

 まあ、超ロングスリーパーの特異体質ですから21時を回ると活動エネルギーが著しく落ちてしまうので、私にとっては辛い話(まあ、こんな小学生みたいな話を誰に言っても笑って真に受けてくれないところがさらに辛いのですが。)です。

 御蔭さんで朝ランも、月曜日以外はストップ状態。何とか今日は秋期大学の最終打合せを1時間で中座させてもらって、お客さんと打ち合わせをしていますので、この分で行けば早目に家に帰れそうです(寝不足解消のチャンスです。)。明日は疲れた体を引きずってでも朝ランをしておかないと、ランニングへのモチベーションが睡眠不足に引っ張られて落ちてしまわないか不安です。

 なんとか6時前後には起床をして...。

疲労抜きの朝ラン

 月曜日。

 昨夜は20時頃からベッドに潜り込んだのでタップリの睡眠。

 5時半頃に起床。さすがに爽やか、スッキリ。

 昨日、結構ハードに走ったあおりで、身体がカチンコチンに固まっていたので、疲労抜きの朝ランになりました。超スローペースでいつもの箕面周回コース 6.4kmを走りました。

 やっと暑さもひと段落。山から吹き降ろす風も爽やか。気持ちが良い。

 出だしの2kmほどは全く体が動かず。歩いているのと変わらないような感じでウダウダと走っていたので心肺にはほぼ負荷が掛かっていない感じ。徐々にペースが上がるも、それでも最後まで余裕のゆっくりペースを崩さず。総平均ペースで7分20秒/kmですから、ランニングという領域には入っていないのかもしれません。

 まあ、こんな感じでも体中に溜まった疲労物質が血流を上げる事で抜けていくような気がしています。嘘か本当か分かりませんが。



 今日から新しい一週間の始まり。気分一新、頑張らんとあかんなあ。
 

日曜日 箕面の奥へランニング

 この週末はどっと疲れが出たので土曜日は走れず。休養日。

 夕方に中学時代の同級生から電話がかかって来て、駅前の居酒屋に飲みに来いとの事。そのまま飲みに行って、男2名、女3名の合計5名で23時頃までウダウダと喋る。


 
 お蔭で日曜日は早起きができず。軽い二日酔いで午前中は走る気力が湧かず。

 ようやく11時頃から走る準備を始め、12時くらいから箕面駅をスタートして箕面の滝を越えてそのまま奥の高山城址まで一気にランニングをしました。

 標高差は400m弱。往復コースですが、帰りは政の茶屋から才ヶ原林道に入り迂回したので距離は22kmになりました。

 そこそこアップダウンがきつく足に負担の来るコースですが、気温が25度前後で風も吹いていて気持ちが良かったことに助けられて、最初から最後まで緩みなくしっかりと走り続ける事が出来て充実感を感じました。

 総平均ペースは7分/kmですから、これだけのアップダウンコースという事を考えると、私にとってはほぼほぼBESTに近いペースではないでしょうか。

 7月中旬から本格的にランニングのトレーニングを再開して、目茶目茶になっていたランニング コンディションの立て直しに着手したのですが、一時はいくら走り込んでもちっとも状態が上向かずどうなることかと焦ったのですが、ようやく以前の調子の良かった頃の状態に近付いてきた感じがします(この感覚が単なる錯覚でなければ良いのですが。)。

 本来は、ここからさらに追い込んでそこから何割増しかの状態まで持って行って村岡ダブルフル ウルトラマラソン120Kに挑むべきだった(それでも今回のコースを完走できる見込みは低そうなのですが。)のですが、そこまでは時間が足らず間に合いませんでした。まあ、今回は調子の良かった頃に記録した村岡の100Kで13時間半をちょっと切るくらいのタイムを少しでも上回れば、とりあえず良しというのが現実的な私の目標になりそうです。

 まあ、ここ一年間のウルトラマラソンやトライアスロンはリタイアや見るも無残な惨敗がずっと続いているので、反転の兆しが少しでも見える大会になってくれれば嬉しいという感じでしょうか。



 ランニングを終えて、汗かきついでに家の掃除機掛けを一気に済ませ、「ケン」のブラッシングも完了。これで今日の私に課せられた任務は完了。

 今日は昼から嫁さんは小学校時代の同級生達とワイワイと喋りに出かけましたから、一人ぼっちです。今からお風呂に入って、17時頃から物凄く遅い昼御飯を食べて、後は昼寝の予定。気儘にダラダラと過ごす予定です。

 私にとっては贅沢な時間です。

 

ユルユル朝ラン

 今朝も朝ラン。

 昨夜は22時半頃まで嫁さんと事務所で残業をしていたので、朝起きても何だかやたら眠たくって、気持ちが前向きになりませんでした。そんな自分を何とかなだめすかしてとりあえずユルユルで良いから朝ランだけはやっておこうという事で...。

 旧巡礼街道を東に向かって2kmほど走り、そこから折り返して秦の集落をウロウロと散歩がてらにウネウネと通過して自宅まで5kmの朝ランになりました。

 7分半/km程度のペースですからほとんど朝の散歩です。ほぼほぼ心肺には何の負荷もかからず。走っているという自覚無し。

 とにかく走れる日は一生懸命に朝ランに取り組むという自分の中の約束事を果たすための最低限の行為です。

 まあ、こんなもんでもいくらかのカロリーを消費しているのでしょうから走らないよりは随分マシだと思うのですが。



 

朝ラン

 何とか6時過ぎに起床。

 昨日は昼過ぎから梅田でTKC近畿4地域会の書面添付フォーラムとその後の懇親会、二次会。良い企画になり大成功だと思いますが、結構疲れました。いささか飲み過ぎという事もありますし。

 朝ランのコースはいつもの箕面周回大コース 8.6km。

 出だしの3kmまでは寝起きという事も手伝ってペースが上がらず6分半~7分/km程度でフラフラと流して走っていましたが、次第に体も動き出し最終的には5分半/km程度までペースアップ。まだまだMAXまでランニングの出力を上がらずですが、単に距離を踏むだけではなく、徐々に速いペースで走るという事に慣れていかないとアカンと思っています。

 今朝は、湿度も高く、気温も高めでムシムシする感じ。汗が物凄い勢いで噴き出しています。この後、朝風呂を浴びると本当にスッキリします。私の朝の贅沢行事です。

 朝ランを終えて自宅に戻ってくると「ケン」が大喜びで迎えに出てくれました。人見知りが激しく、愛想も悪い。芸も覚えないし、噛み癖まであるどうしようもない落第犬ですが、こういった日常のちょっとした瞬間の動作が何とも言えず可愛いものです。人間から見て賢いとか賢くないとかいう評価は犬にとっては与り知らぬ世界のはずです。犬は犬らしく、飼い主なんて気にせず伸び伸びと暮らして欲しいものです(噛み癖だけはどないかして欲しいけれど。)。

ウトウトしながら

 火曜日。

 朝一はデスクワーク。

 11時前から運転免許更新時の研修。2時間の間、あれこれと研修を受ける。

 今まであまり細かな事を意識せずボーッとして話を聞いていたのだけれども、今回は歳のせいなのか、それとも昔に比べて幾分はしっかりしてきたせいなのか、講師の話を聞いていたりビデオを見ていて身につまされる事が多かった。

 まあ、今まで40年近く随分緩い感覚で車を運転してきて、幸いにも事故に遭わなかったから良かったものの、もうちょっと注意して車を運転せんとあかんなあという感想になりました。



 14時からはTKC近畿大阪会の早期経営改善計画の研修。

 研修の企画側なので、既にあれこれと知っている話ばかりという事で、眠気がきつい。講師の人は上手に楽しい研修を切り盛りしてくれたはるのですが、フッと気が付くと...。

 2日前に高野山の町石道の往復40kmを走ってきたのですが、さすがに800m近い高度差もあって体力的な疲労感がきつく、油断をすると眠りの世界に引き込まれてしまう。走った直後は、前回に走った時に比べて疲労感が少なく、「俺も多少は強くなったのかなあ。」なんて気持ち良く思い込んでいたのですが、なんのなんの。

 しっかり体は疲れていました。昨日は静岡のお客さんの所まで担当スタッフと車で往復したのですが、車中で爆睡してましたものね。さすがに、今日は随分と眠気がマシになっていますが。



 夕方から事務所見学の受け入れがあるので、その後の懇親会まで含めると22時頃まで意識がちゃんと持つのか、いささか不安です(笑)。


高野山 町石道again

 9月最初の日曜日。

 いよいよ差し迫ってきた村岡ダブルフルウルトラマラソン120Kに向けた直前トレーニングとして、今日も高野山の町石道を往復で走ってきました。

 高低差は凡そ800m、往復40kmのコースですが、今回は六本杉の分岐を間違えて丹生都比売神社の手前まで下ってしまったので往復2.5kmほど距離が伸びて42.5kmになりました。

 8月上旬にも一度このコースを走っているのですが、高野山の上部の大門付近でも28~29度の高温多湿、強烈な日射にやられてとにかく行って帰って来るのだけで必死。ヨレヨレでスタート地点の道の駅「柿の郷 九度山」に下りてきたので、片道4時間、都合往復8時間もかかったのですが、今回はさすがに高野山の上部の大門付近で気温は24度くらい。日射もさしてきつい訳では無く、湿気もあまり感じずで、コース上には程良い風も吹いていたのでランニング環境としてはほぼほぼ文句無しでした。

 って事で、コースタイムもグンと上がって、行きのミスコースで2.5kmのアップダウンを足しても往路が3時間50分(コースミスが無ければ3時間20分程度でしょうか?)、復路が3時間10分で、合計でも7時間くらいまで短縮できました。

 今回のタイムもさして速い訳でも無く、まだまだペースを上げていかねばなりませんが、ようやく自分自身のランニングのペースも上がってきた感じがします(夏場に結構、走り込んだつもりですが、ランニングのペースは惨憺たるもので、いったい自分はどうしちゃったんだろうと心配になるくらいスローペースが続きました。まあ、高温多湿がきつすぎて仕方ないのですが。)。

 また、前回よりも足腰の疲労度もかなり少ない感じです。多少は足腰も締まってきたのでしょうか(そうだったら嬉しいのですが。)。

 このペースで行くと、村岡ダブルフルウルトラマラソン120Kに間に合うかどうかは分かりません(と言うより端から120kmの完走は無理で、個人的には100km地点通過タイムが3年前のそれを上回る事が目標なんですが。)が、11月以降に予定している福知山マラソンや大阪マラソン(なんと福知山マラソンの2日後です(泪)。)にはどうにか走れる体に成れそうです。

 自分的には50歳前後になってようやく仕事や事務所経営も落ち着いてきた事をbig chanceと認識して、前々からずっとやりたかったウルトラマラソンやトライアスロンへの真面目な取組も徐々に芽を出しかけて、3年前の時点でようやくこのまま頑張り続けると結構自分なりにはいい線行くぞという目途が付いた気がしていたのですが、仕事が突然に割り込んで来て丸1年半ほど全くランニングとご無沙汰になってしまって(トレーニングが緩いので故障も続きました。)から失速状態になってしまっていました。

 お蔭で今年は1月の宮古島ワイドーマラソン100Kが30km地点でリタイア。6月の隠岐の島ウルトラマラソン100Kでは54km地点でリタイア。とウルトラマラソンは全敗(それまでタイムはともかくとして、ウルトラマラソンでリタイアなんてした事が無かったのですが。)。トライアスロンもオリンピックディスタンスだから大した事は無いと舐めた気持ちで出場した7月の日和佐うみがめトライアスロンで、第一種目のスイムでパニックに近い状態になって制限時間ギリギリの完走という散々な成績に終わっています。もう全く良いところ無しって感じです。

 さすがに日和佐うみがめトライアスロンの後に、「これではあかん。」と真剣に反省(既に57歳のええ歳なんで、ここで頑張らなかったら、もう二度とこの世界には戻って来れなくなるなあと危機感を感じました。)して、7月下旬から計画的なダイエットと走り込みを再開して結構真面目に頑張ってきたのですが、やっぱり一旦落ちてしまった調子というのはなかなか元には戻らない訳で...。

 まだまだ走れるようになったなあと自分で思える状態まで道は遠いですが、それでも徐々には調子も上向いているようで、やっとトレーニングをするのが楽しみになってきました(調子が全く上向かない間は、トレーニングをしていても辛いばかりでした。)。

 そう言えば、ランニングやトライアスロンで、この3年間ほど良い話は一つも無かったし、競技そのものの楽しさも吹き飛んでしまってたものなあ。まあ、これからは仕事とのバランスは上手に取って行かないとアカンのですが、多少は面白いなあという感覚と付き合いながらトレーニングができそうな気がしてきたのが、ここ最近の収穫ですかね。



 明日は遠方に車で出張なので5時起き。今日は結構疲れた事だし、もう早く寝よ。
 

9月に入ってランニング再開

 イタリアから帰って来て1週間ほどの間、とにかくバタバタと忙しくってまともに走れず。疲れも溜まって走るどころでは無い感じになっていたのですが、9月末にある村岡ダブルフルウルトラマラソン大会に向けて、切れかけた集中力を繋ぎ直すべくランニングを再開しました。



 土曜日ですから、事務所は休みなので朝はゆっくりと起床。

 さすがに1週間の溜まりに溜まった疲労感は一晩しっかり寝たくらいでは抜け切らない感じです。とにかくゆっくりと朝食、新聞。「ケン」との遊び。

 10時半ぐらいに箕面駅から滝道を登って北摂霊園を折り返し、帰り道の途中で才ヶ原林道を登って地獄谷に下りてくる22kmのアップダウンのかなり激しいコースを走りました。嫁さんは北摂霊園手前の箕面川ダムのダム湖を一周して折り返すコースを、それぞれ自分のペースで走り、ゴール地点の箕面駅ではほとんど同じような時間帯に到着という感じになりました。

 大阪平野内と違って、ひとたび箕面山中に入ってしまうと、箕面川ダム手前の交差点で気温は24度という表示が出ていましたし、風もかなり吹いていたので、気候的にはもうかなり快適な感じになっています。

 決して調子が上がってきている訳ではありませんが、それでも気候が良くなってきた分だけ夏場の最悪のランニングの状態から比べると随分とマシになってきています。

 あまり途中休憩はせず、ひたすら淡々としたペースで走り続け。さすがにゴール手前の1kmほどは集中力が切れてしまって、歩きになりましたが、まずまず自分のパフォーマンスを精一杯にぶつける感じで走り続けられたことが収穫です。



 自宅に戻って来て、お風呂ついでに「ケン」洗い。最近は風呂嫌いの「ケン」もさすがに慣れてきて、嫌そうにはしていますがジッと我慢の子になってくれるので、随分と洗い易くなりました。

 その後、昼寝。

 こうやって適度に運動をして、風呂に入って昼寝。こんなパターンの暮らしが私にとっての最高の贅沢じゃないかなと思っています。



 夕方から「ケン」を獣医さんのところに連れて行って、メバチコ?の治療。後はゆっくり。
  

9月スタート 立て直し

 8月の最後の一週間は大忙し。やっぱりイタリアの招待旅行で1週間強ほど仕事から離れたあおりです。

 とにかく連日連夜、日付が変わる直前まで仕事や付き合いで体を張っていたのでバテバテ。朝ランをする体力的な余裕も全く無しでした。



 今日は9月の月初会議。

 丸一日かけて事務所の方向性の提示、この一か月間でやるべき業務の確認、スケジューリング、さらに営業の状況などを情報共有していきます。結構、しんどいのですが、事務所にとっては大事な一日です。

 忙しさもひと段落したので、ここで体制を立て直してきっちりとした仕事のリズム、生活のリズムに戻すタイミングなんだなあと思っています。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR