2017年は犬洗いで更けてゆく

 夕方から「ケン」を風呂場に連れ込んで犬洗い。2017年の垢落としです。

 風呂嫌いというのか水が怖い「ケン」は何度犬洗いを経験しても、一向に慣れる気配がありません。風呂場の隅で固まってしまって、震える始末。別に手荒に扱っているつもりはないのですが、まあ嫌いなものは仕方が無いのでしょう。

 いつもより丹念に洗っい終ってから、私自身も本日二度目の入浴。まあ、湯船にじっくりと浸かるだけなんですが、まあ一年間の疲れ落としという事です。



 風呂から出るとそのまま年越蕎麦。食べ終わった時に、ふっと時計を見ると18時半。こんな時間に夕食を食べ終わるなんてなかなか無い事ですから、ちょっと贅沢な気分です。

 さあ、今からは自分勝手に過ごせる贅沢な時間です。隣家の両親の所で年末年始のテレビを見るという手もあるのですが、何だか芸能人がワイワイと景気良さそうな顔で騒いでいるのを見ているのもバカらしい感じがするので☓

 「ケン」と遊びながら本でもじっくりと気儘に読み続けるってのが最有力候補です。



 2017年も最後の方はバタバタでしたが、何とかかんとか幕を下ろす事ができました。とりあえず1週間ほどは自分のペースで過ごせる贅沢を思う存分楽しんで、また来たるべき新年に立ち向かって行かねばなあ...。

 まず、来たるべき1年間のマスタープラン(概ねは出来ているのですが。)を、あれこれと転がして熟成する事を楽しむ期間でもあります。ああでもない、こうでもないと思案を巡らす苦しみと愉しみ。ノートにあれこれと書き連ね、消し込んでは考え込む。事務所経営というものは私自身の作品を作り込む作業にも似たものですから、こういった長期休暇の時期はありったけの推敲を重ねる事が必要ですよね。



 このブログを読んで頂いている皆さん、2017年中はいろいろとお世話になりました。皆さんにとってはどうでも良い私の日常をあれこれと書き連ねたブログをどういった動機かは知りませんが読んで頂き、或いはコメントまで頂き感謝です。来年も同じ調子で淡々と続けて参りますので、お付き合い下さい。

 また、来年もよろしくお願いします。
 
 
スポンサーサイト

ふるさと納税

 今年もふるさと納税をするのが大晦日になってしまいました。生来がものぐさ。だけども自分に生じた権利を使わずに流してしまうほどの度量も無いので、毎年期限に急かされながら大晦日に自分の今年の所得からふるさと納税の限額額を計算して、ちょっと慌てながらふるさと納税のポータルサイトからあれこれと返礼品を眺めながら寄付をしていくのが恒例です。

 これがもっと良くできた人だと年の初めから計画的に、しっかりと返礼品も検討して整然と寄付をするのだろうなあ...。

 分かっているんですが、どうしても日々の仕事に意識が行ってしまい、そんな事を考えているどころやないという気分が先に立ってしまって後回しになるんですよね。

 まあ、無い物ねだりをしても仕方がありません。ズボラはズボラの生き方がありますからね。



 今年は昨年末にした南あわじ市の寄付が、「ふるさとチョイス」というポータルサイトから実施した(その時に確かに賞品を選んだはずなのに、制度設計上は選んだことになって無かったという事です。)のだけれども、どうやらその時点ではポイントが溜まっただけなので改めてJTBがやっている「ふるぽ」というポータルサイトでポイントの使用先の商品を選び直さなアカンという事らしいという事を、数ヶ月前に「まだポイントを使ってもらってませんよ。」というお知らせのはがきが来て知りました。どうやら今年の年末がポイント交換の期限らしい。期限を超えると当然ながら失効という事に...。えらいこっちゃ。

 って事で12月30日の夕方から、ガサガサと手続きをし始めました。

 まあ、地方自治体がそういう仕組みにしているので致し方ないのだけれども、一旦寄付してポイントが溜まって、もう一度他のポータルサイトから商品を選び直しってのはなんだかスマートじゃないなあ。それやったら「ふるさとチョイス」で受付をせんと、「ふるぽ」でやって頂戴と言えば良いのに、そんなことを言ったら面倒臭いから寄付金が減ると思ってこんな事になってるんやろなあ。ブツブツ。

 さらに「ふるぽ」のマイページにアクセスしようとするとパスワードが分からない(お知らせのハガキにはIDはちゃんと書いてあったのですが、パスワードが書いてませんでした。)ので、慌ててテレホンセンターに問い合わせの電話。

 どうやら私と同じズボラな人が世の中にはいっぱいいるらしくって、電話が繋がってから10分近く待たされてようやくオペレーターと話ができました。さすがにオペレーターの人は要領良く対応してくれてパスワードを私のメールに入れておいてくれるという事で話がついたのですが、どういう訳か12月30日中にはパスワードのメールは着かず。

 仕方が無いので大晦日の昼過ぎから再びテレホンセンターに電話をして、10分近く待たされてから再びパスワードの件をあれこれ...。なにせ期限が今日なので、メールが着かなかったらお終いなので、その電話の中でポイント交換の手続きを済ませてもらってようやくひと段落しました。オペレーターの人の対応は言う事無しの100点満点なんですが、この仕組みがとにかく煩雑。もうグッタリしてしまいました(もうオジサンは付いていけません。さりとて権利を流してしまったら嫁さんが怖いしなあ。)。

 実は、朝のランニングもこの件が気になっていた(テレホンセンターが17時までとハガキに書いてあったので。)ので、西宮北口で切り上げざるをえなかったのもちょっとなあ(あと10kmくらいは走りたかったなあ。正味の話。)って感じです。まあ、他の家事もあったので、それだけの理由でもないのですが、あれこれと手続きで気を揉むってのは嬉しい話ではありません。



 昨年の寄付のポイント交換がようやくひと段落してから、いよいよ今年のふるさと納税を開始。

 丁度、長女が自宅に来たので、彼女の欲しい物なんかも選んだりしてワイワイと寄付を進めましたが、まあ面倒な事です。地方自治体に寄付をしたら返礼品が貰える。税負担もふるさと納税をしない場合と比べて2,000円しか負担が増えない(寄付金控除の限度額内の場合だけですよ。)ので、返礼品の分だけお得ですから本来は嬉しい制度なんですが、ズボラな人間はそんな事でも面倒さが先に立ってしまうという...。

 まあ、懸案のふるさと納税も終わった事だし、今日は今からゆっくりと過ごす事にします。一年の終わりの余韻を楽しみながら...。


大晦日ラン

 大晦日。世間はすっかり年末年始のお休みモード。空気感がノンビリしてます。

 昨日に引き続き朝からランニング。

 今日は自宅を8時に出て、旧西国街道を西に向かって淡々と西宮まで走りました、距離にして18km。

 出だしは昨日に29km走っているので何だか体が重くペースが上がらなかったのですが、4~5kmほど我慢して走っていると徐々にペースが上がり出して総平均は昨日と同じ6分40秒/km程度まで上がりました。まずまずの出来。

 とにかくこの一週間はしばらく走る事にご無沙汰だったので、内容は別としてひたすら距離を稼ぐ事に主眼を置いています。とりあえず走る事に体を慣らさないとウルトラマラソンでは通用しませんから。

 止まると肌寒いのですが、走っていると丁度いい具合。黙々と走り続けました。景色は何度か走っている道ですから、目新しさはありません。こんな変化に乏しい状況だと、走りながらただただ最近の事務所の事や来年から何をどうするのかなんて事を考える事無しに考える感じになります。ひたすら内に思考を籠らせて...。決して、そうやって考えたからその場で名案が生まれる訳でも無いのですが、自分の中で新たなものを生み出すにはこういった考えるでもないけれども考える時間が必要な気がします。

 西宮北口に到着してまだまだ走り続けたい気もしたのですが、まだ年末の家事がいささか残っているので今日の所はランニングはここまでという事にして阪急電車に乗って池田に戻って来ました。さすがに大晦日ですから電車もガラガラ。完全にリラックスモードで帰って来る事ができました。

 

本格的にランニング再開

 今日は暮れの忙しない空気の中、次女の住んでいる鶴見緑地前までランニング。距離にして29km。総平均ペースは6分40秒/km。まあ、ひとりでフラフラ走ったにしてはそこそこのペース。

 丸々太って危険水域まで体重が増えてしまった(82kgまで膨らみました。事務所でお菓子を食べ過ぎたのが原因なんだろうなあ。)割には、マシ。

 1月中旬の宮古島ワイドーマラソン100Kに向けて泥縄式にトレーニングを起ち上げて一発目ですから、まずまずこんなもんでしょう。走り終わってもあまり疲労感も残っていないので、明日もちょっと距離を伸ばして、とにかく長距離を走るという事に体を慣らしていかないとアカンと思っています。



 10時前に自宅を出発して、一旦事務所に寄ってちょっとした用事を済ませ、そのまま阪急電車沿いを走って石橋へ。ここから旧能勢街道を伝って服部天神まで一息でランニング。神社の境内でgoogle mapを確認し、庄内の手前から旧吹田街道へ左折。江坂のゴルフの打ちっ放しを過ぎて新大阪に向けて右折。そのまま淀川河川敷を走り長柄橋から淀川を横断。毛馬の閘門から大川沿いの良く整備された川沿いの道を南下して、桜宮橋の所で国道1号線と合流してそのまま東に向かってずっと真っ直ぐに走ると次汝のマンションに到着です。

 途中、何度かコンビニによって温かい飲み物や食べ物を頂きながら、気儘にランニングです。

 一人で走っていて寂しくないかと良く聞かれますが、私はありったけ自分勝手に振る舞える一人走りが好きです。

 次女宅で嫁さんと「ケン」と集合。

 そのまま私はスーパー銭湯へ行き、嫁さんと次女は「ケン」を連れて鶴見緑地に散歩。

 ようやく年末のバタバタから逃れて、ボーッと一家団欒が楽しめました。

 今晩は、そのまま我が家に全員で戻って来てすき焼き。久し振りに自宅で賑やかに食卓を囲める幸せが味わえます。

何だかじっくりと仕事をしているとハイテンションに

 12月29日。「仕事納めの翌日の仕事」というブログをさっき上げたところなんですが、電話がかかって来ず、スタッフからの相談も無い完全フリーな状態で事務所の現状分析や来年の課題をあれこれと考えているとだんだんとハイテンションになってきました。まあ、完全に自分の世界に浸り切っている感じです。

 事務所には年賀状の最終チェックをしている嫁さんしかいないので、ほぼほぼ無音。

 ふっと時計を見ると20時ですが、まだまだこのままこの世界に浸っていたいような感じ(最早、変態の世界に突入しているような感じですね。)。



 お昼にリクルートの面談を2件。それぞれ1時間ほどじっくりと時間をかけてあれこれと経歴やうちの事務所への志望動機、仕事のイメージなどをお聞きして、その中で我々が考えている事を正直ベースで話させてもらいながらお互いの考えを詰めていきました。型にはまったものではなく、先方の希望とうちの希望が上手く合致するポイントがあるのかないのかを探りあう作業だと認識しています。

 夕方には今年最後の相続申告のお客さんが来所されて、これまた1時間ほどあれこれとお話をさせて頂きました。まあ、相続税申告書の提出が終わって、その申告書の控えをお渡しして、我々にとっては肝心の請求もお渡しするのがメインでした。幸いなことに充分に今回の申告には満足頂いたようで、今後の注意点などをお話しして和やかな雰囲気の中で終了です。

 全くもって幸せな事です。



 それ以外の時間は、机周りの片付けと事務所の現状分析。さらに来年度の課題を書き上げて、来年の月初会議の仕切りその他の段取りをノートに書き上げて行っています。また積み残しの仕事も書き上げて、この休暇中にほとんど一掃してしまえるように段取り。

 こうやって来期の計画や注意点をあれこれと書き上げる仕事ってのは楽しいものですね。

 「紺屋の白袴」とはよく言ったもので、ついつい会計や税金周りの検討、事業計画やモニタリング、その他さまざまな経営周りの課題解決について自分の事務所のことは後回しになってしまいます。もっと早く手を付けておけば...なんて事がうちの事務所に限ってはしょっちゅう起こるのですが、うちのスタッフ達がよく仕事をやってくれるようになり、ようやく先手を取って物事を動かしていける状態が作れるようになってきたなあと思っています。

 明日も自宅か事務所のどちらかで、あれこれと思案を巡らしてみたいと思っています。まあ、失敗したところで自分の事務所ですから大胆な手も打てます。何せ自分で頑張ってその分を取り返せば済む話ですからね。そんな気楽さもあるので、半ば遊び感覚であれこれと考えてみます。

仕事納めの翌日の仕事(笑)

 直前のブログに書いたように昨日は事務所の仕事納めだったのですが、今朝はちゃっかり私と嫁さんだけ出勤です。経営者の二人ですから、働く事に何の不満がある訳ではありません。って言うか、働いている方が安心だったりして...(笑)。

 昨夜は22時半頃に帰宅。そのまま就寝。さすがに疲れが噴き出して、そのまま熟睡。

 今朝、目が覚めると8時。9時間ほど前後不覚で眠っていたようです。

 最近、なるべくしっかりと睡眠を取るようにしているので、ここ1か月ほどずっと感じていた根深い疲労感もようやく抜けてきたような...。錯覚なのかな?

 まあ、今日からは世間さんが仕事休みモードに入っているので、電話もかかってこず精神的にかなりリラックスして働けるのが嬉しいところです。

 まだ、片付いていない仕事とコツコツと向き合い、乱雑に散らかった机を片付け、整理が間に合わず積み上がった資料を整理して...という事と、リクルート面談が2件あります。



 このリクルート面談ですが、うちの事務所にとっては最重要事項なので、いろいろな方から申し込みがあればあっただけ素直に嬉しいです。まあ、あれこれと色々な工夫はしているのですが、ここ数年はリクルートを申し込んでくる人が格段に増えましたし、事務所にとって望ましい人が門を叩いてくれる確率が上がっているような気がします。

 昨今、中小零細事業者にとってリクルートで良い人が来てくれない、全く採用ができないなんていう問題が顕在化してきていますが、うちの事務所は何とかこういった問題にも上手く対処できている方なのかなあと思って密かに喜んでいる今日此の頃です。

 まあ、人を採用したらしたで、今度は育てる義務が生じますし、それを支える売り上げを増やしていく事がマストになるので、それに応じたプレッシャーがズシリと両肩にかかるのですがね。まあ、こういったプレッシャーを己の喜びと解釈して頑張って行かねばならんと思っています。

 

仕事納め 一年間ご苦労様でした

 本日は事務所の仕事納めの日。 
 
 スタッフ達は明日から7連休。一日出勤してからさらに3連休。長期休暇です。14時ぐらいから大掃除をして夕方にお客さんや提携企業さんから貰ったカレンダーや手帳を山分けして三々五々帰って行きました。一年間、一生懸命に働いてくれた訳ですから、長期休暇を存分に楽しんで欲しいもんです。

 「一年間、どうもお疲れさんでした。来年も、またよろしくお願いします。」



 午前中は、最近立ち上げた広報委員会と企業防衛委員会(こちらは従前からあったものの呼称を変更して機能を強化しました。)に出席。冒頭に事務所の現況その中で委員会に期待している事を喋りました。

 それぞれの委員長が事前に下準備をしてくれていて、議事を進行していく様を横で見ながら意見も挟ませてもらいました(言い過ぎると委員長がやりにくいでしょうし、全く言わないのもなあ。具合が難しいなあ。)。

 今まではどうしても私や嫁さんがこういった領域に対して個人的に取り組んでいたのですが、ようやく事務所の体制も整ってきてスタッフが自主的にあれこれと検討してくれる一歩が踏み出せたのがありがたいと思っています。また、こういう依頼について嫌な顔をせず前向きに取り組んでくれている事には感謝です。ここ最近、スタッフの空気感が随分と変わってきたなあと実感します。



 12時前にTKC近畿大阪会事務局に顔を出して、事務局の忘年昼食会。事務局メンバーの3名とセンター長と私の5名で1時間ちょっと、昼食を共にして一年間の御苦労を労いました。

 こんな頼りない会長を一年間、支えてもらってどうもありがとうございます。



 そのまま事務所に戻ると、まさに事務所の大掃除真っ盛り。途中参加した私は全体の流れも分からず、完全に邪魔者でした(泣)。

 夕方からはデスクワーク。

 私のパソコンが壊れて部品取替えをした直後から調子が悪く、巡回監査支援システムの報告書が1週間くらい見れなかったのですが、ようやく溜まりに溜まっていた報告書が閲覧できるようになり、山の様な報告書と向き合いました。1週間溜めるだけで、結構な量になりますね。ちょっと辛かった。

 私の机の片付けなどは今日中には無理。どうせ明日はリクルート面談が数件入っているために出勤しますから、この分だと明日の宿題になりそうです。

 とりあえず年内はこれで新たな仕事が入ってくる事は無し。落ち着いて溜まった宿題を片付けるだけですから、気分的には随分とリラックスできるのが嬉しいところ。

 今日は21時くらいまで残業をして、後はゆっくりとした夜を家で過ごそうかなと思案中。{ケン」の顔がさっきからチラついています。

 

 

仕事ラスト2日

 朝一で東京から帰ってきて、10時に事務所に出社。

 それからバタバタとデスクワーク。本当にあれもこれもって感じで、一生懸命に頑張ったけれども、後から考えてみると何をやっていたのかもう一つはっきりと思い出せない...。

 惚けたのか?



 15時から提携企業さんが年末挨拶にお出で頂き、あれこれと話。

 17時半からはお互いに4~5歳の時からの幼馴染のY君が事務所を訪ねてきたので、あれこれと1時間半ほど話。後のアポイントがあるからという事でそそくさと帰って行きましたが、まあ50数年の付き合いだけに話をしだす取り留めの無い話があれもこれも...。まあ、年明けにアメリカンフットボールの集まりでまた顔を合わすので、そこまで必死に情報交換する必要もないのですが、幼馴染ってそんなもんです。

 まあ、生まれ育った地元で仕事をしているありがたさですよね。幼稚園前後から始まって、小学校、中学校、高校さらに社会に出てからという具合(大学の頃はROCK CLIMBINGで年間の半分くらいは山に籠っていて、残りの半分は資金稼ぎのアルバイトだったので、この期間だけ地元にプッツリと痕跡が残っていません。)にそれぞれのステージの友達が雲が湧く如くですから、嬉しいような、悲しいような...。



 いよいようちの事務所も明日で仕事納めです。まあ、私と嫁さんはその後も出勤してくるので、仕事が終わりという事ではありませんが、それでも一年間仕事をしてきた区切りという事では感慨深いものがあります。

 とりあえずスタッフ達は12月29日から1月4日まで7連休。さらに5日は1日だけ出勤してから、さらに3連休という事ですから、まさにビッグホリデイです。私だったらこれだけ続けて休み続けると1月9日からの本格的な仕事に耐えられないほど緩んでしまいそうで何だか怖い感じ。

 まあ、今時ですから、その辺りはメリハリをつけるという意味でしっかりと自己管理をして精一杯遊ぶって事なんでしょうが。

 とりあえず年内でやり残している仕事を書き上げて、明日(及びさらに数日)中に片付けるリストを作り直しています。何だかまだまだいろいろとあってたいへんなんですが。



 それにしても今年はいろいろと自分のキャパを超えて仕事やTKC絡みの業務が溢れ返って、個人的に大切にしていたランニングが全く手に付かず。記録も低調(そう言えばここ1~2年、ずっとそんな台詞を言っている気がしますが。)。

 特に12月に入ってから、いよいよ体力的にも精神的にも出し尽くし感でいっぱい。もう何も在庫が残っていません状態で、防戦一方に追い込まれてしまいました。やっと明日でそんな追い込まれた状態も一息つける訳ですが。

 来年はもうちょっとスケジュールの調整も上手にして、大人っぽい要領の良い取り回しで一年を乗り切らないと、こんな全開で動き回る生き方を繰り返していると命が根っこのところから削り取られていくような感じがして何だか怖い気がします。って事で、来年の私のキーワードは「大人な取り回し」って感じかなあ。

 
 

東京出張

 昨日から一泊二日でTKC全国会のニューメンバーズ支援委員会の正副小委員長会議で東京出張。

 朝一は自宅でバタバタとデスクワークをして、伊丹空港10時発の全日空機に間に合うように駆け込み搭乗。飯田橋にある㈱TKC東京本社に会議開始1時間前に到着して、ゆっくりと昼食。

 13時半から会議開始。

 全国から選ばれたTKCニューメンバーズ支援委員会の委員長、副委員長、小委員長の7名とこれを支援してくれる㈱TKCの4名の社員の方、さらにTKC全国会事務局の2名。そして担当副会長の私の合計14名の会議です。

 まあ、全国20の地域会からの選りすぐりのメンバーですから私がどうのこうのという事は一切無くって、それぞれの委員長が自分の役割をしっかりと把握されていて自主的に事を進めて行かれるので、横でただただ会議を傍観している態です。議論しているテーマはそれぞれ難しいものの、受け身のメンバーがいないとこれだけ組織運営が前向きに進んでいくのかと思っていつも感心して見ています。

 その後、懇親会。神楽坂の料理屋さんでクエ鍋。21時過ぎまであれこれと楽しく話し込み。

 そのまま2次会に流れ込んで行きたかったのですが、翌日の羽田発の飛行機が7時の便なので寝坊が怖くて飯田橋のホテルに戻りました。

 ホテルの部屋では、まだ若干時間が早かったのでデスクワーク。



 今朝は5時に起床。そのまま着替えを済ませて早々にホテルを出発。地下鉄を乗り継いで羽田まで行っても良かったのですが、さすgない朝が早くて乗継便もスムーズでない気がしたので浜松町までタクシー。さすがに快適でした。お陰で6時10分頃に空港着。

 飛行機の中では、いつもは仕事絡みの書籍や書類を読んでいるのですが、今日はひたすら熟睡。さすがにホテルで眠るといまいち眠りが浅いような気がします。

 9時過ぎに一度自宅に戻って、10時頃に事務所出勤。いつもより1時間ほど遅れて今日の仕事スタートです。

 羽田を7時発の飛行機に乗れば大きな影響無く当日の仕事に入っていけるのはとても便利。ただ、5時起床というのが精神的にはかなり辛いのですが。

朝からずっと仕事

 9時に大阪市内のお客さんのオフィス入り。

 ここの会社の社史編纂を手伝っているので、今日は夕方までここでデスクワークです。何せ100年超の社歴があるので、あれこれと盛り込みたい事が色々と湧いてきて...。

 とりあえず創業者や会社について取材した業界誌や書籍、さらに新聞記事を読みこんで、これらの記事を簡易年表に落とし込む作業は終了。その後1年弱ほど作業は中断(何せ仕事の合間に好きでやっている事なんで、どうしても後回しになってしまうのが悩みどころです。)。

 今日からは歴代の決算申告書を推移表形式で並べて、経理面から読み解いた会社の歴史を解説しようと思って資料の編集作業をしています。と言っても過去の決算申告書は手書きですし、終戦直後のそれは漢数字で記載してあったりして読み解くだけでもたいへん(決算申告書の類は若干の歯抜けがありましたが、昭和22年から残っていました。)。ちっともスムーズに作業は進みません。

 終戦直後のそれを読んでいると、今の時代のそれに比べてはるかに簡易な様式なのですが、和文ライターでコツコツと作成した痕跡があって、これはこれで大変だっただろうなあ(作成の手間がコンピューターが当たり前の今と比べて比較にならないほど手間です。)とか、見慣れない名前の税金が表示されていたり...。

 「ホ~。」とか、「ヘ~。」とかいう台詞の連続です。まあ、これはこれで面白い。決算申告書をあれこれと観察して、その会社の特徴的な事、興味深い事をどれだけ掘り出せるのかが試案のしどころです。

 お客さんの方では、過去の自分の会社の歴史を大切にして、自らの社風をしっかりと観察して、その上で今後の経営理念などを再編集していきたいという事です。そんな中で私がこんなブログを書いているもんだから、文章を書くのが好きなんだったらちょっと手伝って頂戴よって事でお願いをされたのですが、実際にやりだすと面倒でもあるし、面白くもあるって感じです。



 17時からは同じく大阪市内の別のお客さんのところに担当スタッフと訪問し、あれこれと相談。年末の挨拶も兼ねて顔を合わせて喋れたのが良かったと思っています。



 事務所には19時頃に帰社。

 その後、日報やメールをチェック。明日の東京出張の飛行機の手配(さすがに前日の手配なのでぎりぎりセーフで席が確保できました。)。さらに担当スタッフからお客さんのハンドリングについて個別相談があったので、私なりの考えをイントラネットに書いて返信。

 まだまだやる仕事が残っているのですが、今日のところはこのまま帰宅して、年賀状の発送先リストのチェックをゆっくりと寛ぎながら済ませればとりあえずは良しという事にしようと思っています。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR