FC2ブログ

ウルトラマラソンのレースを狂気のように申し込んでしまった... どないしょう

 2月1日の正午に鯖街道ウルトラマラソンの申し込みがスタートするというのは知っていたのですが、事務所の月初会議でウダウダとやっていて、フッと気が付くと12時30分過ぎ。

 大慌てで鯖街道の申し込みページにアクセスしたのですが、既に満杯。

 一瞬の油断が命取りになりました。

 若狭の小浜から京都の出町柳まで、山伝いに続くかつての鯖街道を76kmほど走るレースなんですが、いつの間にか大人気のレースになっていたんですね。海抜0mの海際から標高800mクラスの山を三つほど超えるアップダウンの厳しい、そして足場の悪いレースですから、マニアックな人しか出ないものと思っていたのですが、そんな事なかったんですね。ショックです。

 ラン友の関さんにも、即座に「やる気ないんちゃうのん。」と難詰されて、負けん気に火がついてしまいました(ぇらいこっちゃ。)。



 その場で、今からエントリーが可能な大会をランネットで調べて、後先も考えずに怒涛のエントリーです。

 結果的に、エントリーが確定したレースは以下の通り。
 ・5月20日  八ヶ岳野辺山ウルトラマラソン大会100K
 ・6月 3日   南砺100kmウルトラマラニック
 ・6月17日  日光100kmウルトラマラソン

 2週間間隔で100kmのウルトラマラソンを3本まとめてエントリーだ!(ほんまに阿保です。)

 ここのところ10日間以上、体調が悪い状態が続き、宮古島ワイドーマラソン100Kもまさかの途中リタイア。すっかり気が滅入っていて、気分的にも爺さんになったような老け込んだ感じになっていたので、なんかスーパーな刺激でも入れないからには、このままランニングをフェードアウトしてしまいそうな気がして...。

 仕事が忙しくなったり、TKCの会務の関係で忙しくなったあおりで思うように走れなくなり、もうここ2~3年ほどランニングの絶不調が続いているのですが、ここらで喝を入れないとほんまに走るという趣味が無くなりそうな感じになっていますから、ドーンと阿保みたいな大試練に自分を放り込んで何とかショック療法で立ち直りたいなあ。。。というのが思惑なんですが、上手く行くのでしょうか。

 なんか、ちょっと悪い予感がしますが(笑)。
 


 

2月2日 バタバタ仕事をするも調子上がらず

 朝一、デスクワークをバタバタ。2~3件の電話を片付けて、10時過ぎに不動産管理会社を運営しているお客さんが建てられた一戸建て貸家の見学に担当スタッフと行ってきました。詳細は、明日別建てで登校するので、今日はパス。



 昼過ぎに某百貨店に言って税務の催しについてあれこれと打ち合わせ。まだまだ詳細は煮詰まらずですが、色々と話しているうちに大きなイメージができつつあります。

 夕方に事務所に戻り、再びデスクワーク。

 最近は片付ける仕事より積み上がっていく仕事のペースの方が速い様で、やってもやっても仕事の山が崩れていきません。ちょっと辛いところです。

 体調が依然としてスッキリしないので、フルパワーで仕事に向かうのもちょっと出来かねていて、不完全燃焼状態。もうそろそろ体調も全快と行きたいところですが、なんだかしつこいなあ...。

月初会議

 いよいよ会計事務所の最繁忙シーズンである確定申告期に突入。一年のうちで一番寒さの厳しい時期ですが、この寒さも緩んで春の気配が微かに漂い出す頃に確定申告期は終わるのですが、これからの1ヶ月半ほどがたいへんです。

 うちの事務所は確定申告が必要になる個人事業主さんの割合は比較的少なく会社のお客さんの割合が多いので、構造上は確定申告期もさほどに忙しくならないはずなんですが、地主さんのアパート収入についての申告や会社役員の方の申告が意外にあるので、結局はバタバタすることになります。

 まあ、事務所を経営している身としては閑古鳥が鳴くよりは、「忙しくって、たいへんです。」と言っている方がはるかに幸せな事ではありますが。



 今日は、事務所の月初会議。

 午前中は事務所の営業の状況を、色々な実数字を示しながらスタッフに説明し、こういった営業活動の基礎になる日常業務の質を上げる事の大切さも合わせて説明しました。

 会計事務所は一旦、お客さんと顧問契約をさせて頂くと格段の不満が無い限り、会計事務所が真面目に仕事をしている限り契約関係が継続していく性質を持っているので売上の増減が比較的少ない業界です。が、大勢のスタッフを抱える身としては、彼らの生活を慮ると無理のないペースで新たなお客さんの顧問契約を獲得し続ける事は経営体である以上は非常に大切な事です。

 この業界に属している人で、そういった会計事務所の営業の重要性をさほどに意識していないスタッフの人を多く見かけますが、それは会計事務所の経営を危うくするばかりか、その危機感の無さがスタッフ自らの業務上の成長の制約線になってしまい己の将来像を矮小なものにしてしまう要因になると思っています。

 11時頃からは1月の決算申告の結果報告。さらにスタッフ毎に2月、3月のやるべき業務内容を具体的に確認していきました。

 今年の確定申告の事前準備の状況を確認していると、スタッフ数も増え、昨年に比べて幾分業務に慣れてきたスタッフも出てきている関係で順調に確定申告業務も進んでいる感じ。このまま順調に事が進めば嬉しいのですが、どうなるのでしょうか。

 そのまま皆で近所の中華料理屋さんのお弁当を食べて、昼から業務内容の確認と企業防衛会議。

 私はその合間に2社の提携企業の方が訪ねて来られたので、面談。

 月初会議が終了すると、お客さんの借入金の借換相談を提携金融機関の視点に出向いて相談。借入金利が高いので、何とかして調達金利を下げようと、あれこれと画策しているところです。

 夕方からはデスクワーク。あと、担当スタッフとの個別相談。19時半には退社。

 まだ、いささかの体調不良が続いている感じ。体調が悪くなって10日以上になるけれども、ピークは低いものの期間が長期化している感じでストレスが溜まります。今晩も早目にベッドに潜り込んで、とにかく体調回復に努める事にします。まあ、眠るのは得意中の得意ですから。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR