FC2ブログ

東京ラン

 昨夜はTKC全国会理事会と懇親会終了後、Nさんと二次会。ひたすらワインを飲み続けたお蔭で二日酔い。

 店を出る時に上着を置き忘れをしたおまけ付。若年性の呆けかもしれない。



 朝7時起床。体調悪し。天気は良し。

 今日は12時羽田発の飛行機に乗って大阪に帰るだけ。10時頃にホテルを出発するまでやることもないので、ちょっと無理をして朝ランに出かける。

 ペースを意識せず、とにかく走っているだけで充分だという感じで走る。7分/km。

 今日は住宅街の細い道を宛も無くウロウロと走る。自分がどこにいるかも考えずにボーッと...。地図も見ずに思うがままに見ず知らずの住宅街の細道を走り続けるのはちょっとした探検気分だ。

 戸山公園を通り抜け大久保から新宿の百人町辺りをウロウロ。この辺りは完全にインターナショナルな感じで面白い。10数年前に株式公開準備のコンサルティングを請け負って、年間40~50日は通っていた思い出の場所。ちょっと懐かしい。

 帰り際に早稲田の近辺で偶然に「漱石山房」を見つける。夏目漱石が晩年の9年間を過ごした居宅跡に建てられた記念館だそうだ。

 立ち止まって物珍しげに眺めていると、ボランティアらしき人に呼び止められて、資料室に招き入れられて漱石関係のビデオを見せてもらう。熱心にあれこれと説明をして下さり、その場を立ち去り難いような状況に...。

 結局、小一時間ほどあれこれと喋り込む事になりました。説明を受けるだけじゃなくて、ある程度こちらにも予備知識があったものだからおっちゃんも興が乗った感じでした。

 昨日は関孝和のお墓で、今日は夏目漱石の旧居跡。「犬も歩けば棒に当たる。」ではないけれども、知らない土地を走るとこういった知らない物に出会う楽しみがありますね。

 本日のランニングの距離は10km也。



 9時頃にホテルに戻り、朝風呂、朝食、荷造りを済ませて空港へ向かう。

 飛行機の私の座席の両サイドに超大柄の男性がドーンと座っていて、かなり暑苦しかったのが残念。私も横に大きい方だが、両脇の男性は誰が見てもまごうことないブーちゃん。ちょっと悪そうに身を縮めているのは分かるのだが、いくら縮めてみても大きいものは大きい。さすがに隣の座る人まで選んで飛行機に乗る訳にはいかないので辛抱、辛抱。

 14時前に帰宅。疲れていたけれども、ちょっと辛抱してこの一週間履き続けたビジネスシューズを磨く。革靴というのはちょっと手入れをしてやるとすぐに見違えるように綺麗になるもんだから磨き甲斐があると言うものです。

 昼食を済ませて、このまま自宅でモバイルパソコンでメールやスタッフからの日報や個別案件の相談の対処をするだけで本日の仕事は終了するつもり。忙しかった一週間もこれでお終い。

 

出張先で朝ラン

 6月15日。金曜日。

 昨日のブログに書いたように6月14日は早朝から東京出張。夜は宴席、二次会まで出席したものの比較的早めの就寝ができたので疲れ残らず。

 お蔭さんで6時前に元気良く起床。

 朝ランの着替えを済ませてホテルを出発。気温は20度。曇り。暑くも寒くも無く、走るには絶好のコンディション。 

 早稲田にあるリーガロイヤルホテル東京を起点として、まず南に向かって住宅街の中を走る細い道をウロウロと走る。市ヶ谷の防衛省に突き当たったので、別の道を早稲田まで折り返し。

 ホテル周辺に戻ってきて手元のGPSを確認するとまだ6km程度しか走っておらず物足らない感じが残ったので、神田川沿いを西に向かって走り面影橋で折り返し。

 知らない土地を走るので、物珍しさも手伝ってゆっくりペースでキョロキョロと辺りを見回して走るのが、また楽しい。

 今朝は、算聖と崇められた関孝和のお墓を発見。円周率やベルヌーイ数(なんじゃそれ。)を発見した天才だそうです。最近、冲方丁が書いた「天地明察」という時代小説に出てきますよね。私は冒頭部分は読んだのですが、忙しさに紛れていつしか積読状態になっていました。家に帰ったら読み直してみようと決意。

 結局、総平均ペースは6分15秒/km。距離は8km。まずまず、今日のお勤めは終了です。



 ホテルの部屋に戻って、朝風呂。

 ホテルのレストランに朝食を食べに行くと、TKC中国会で古くからお世話になっていたT先生と顔を合わせたのであれこれと喋りながら一緒に朝食を頂きました。もう15~16年のお付き合いになるでしょうか。TKC全国会の役をやっているからこそ続いた縁です。ありがたい事です。

 10時からはTKC全国会の正副会長会。13時半からはTKC全国会の理事会。とにかく終日、会議続き。貴重な情報が飛び交うのはありがたいのですが、ずっと座りっぱなしで話を聴くのは結構辛い。

 今日は、会議さへ終われば、懇親会の後にこのホテルでもう一泊して、明日のお昼に大阪に戻る事になっているので、比較的のんびりしたスケジュールになる。一息つける状態になるまで、あとひと踏ん張り。


 

東京出張

 6月13日。水曜日。

 朝一から社長さんと工場長さんが事務所に訪ねて来られて、担当スタッフと一緒に来期の予算作成。話がドンドンと膨らみ、従業員の方の福利厚生を充実させるための施策があれこれとまな板に乗りました。

 また、早期経営改善計画の取り組みにも踏み込んでいく事になりました。



 昼一は某信託銀行を訪ねて来月にうちのお客さん向けに開催を予定している特例事業承継税制のセミナーのご案内やその他諸々の状況交換です。

 その後はお客さんの生前贈与と遺産分割に係る問題の検討。お客さん毎に親族間の人間関係は異なるので、案件毎にスペシャルオーダー仕様にする事が求められます。



 18時から大阪市内でTKC近畿大阪会の共済会等支援委員会が開催されたので出席。主に小規模企業共済や倒産防止共済などの普及を司っている委員会です。会議終了後は懇親会。

 ダイエット中ですから、懇親会での飲食には気を遣います。あんまり何も飲まない、食べないだとその場の雰囲気を壊しますし、食べ過ぎるとダイエット的には×。その具合が難しいところです。

 目の前に御馳走が並ぶ訳ですから、辛い。



 6月14日。木曜日。

 今日から2泊3日で東京出張。私が所管するTKC全国会のニューメンバーズ・サービス委員会の正副委員長会議。17時からTKC企業共済会の定時社員総会。明日はTKC全国会の正副会長会、午後から全国会理事会と会議の類が目白押しです。

 とりあえずお客さんの会社の社長の東京の自宅に10時に入って、役員退職金規定やその財源の整備、今期の予算についての見通しや棚卸資産の圧縮が及ぼす影響測定についての打ち合わせをする予定ですので、伊丹空港を7時過ぎに離陸予定のANAに搭乗予定という事で5時半頃に起床。バタバタと2泊3日の出張の荷作りを済ませて空港へ駆け込みました。

 お蔭で眠たい。朝が早いから一日が長い感じ。

 只今、13時。今からTKC全国会のニューメンバーズ・サービス委員会の正副委員長会議が始まります。会議開始までモバイルパソコンを使ってスタッフからの日報や個別案件の相談に対処中。

朝ラン続く

 6月12日。火曜日。

 午前中はデスクワーク。

 15時から大阪市内でTKC近畿大阪会の職員向けの企業防衛の勉強会のKIBO会が開催されました。うちの事務所からは全員出席。100名超の大人数が集まりました。

 私は冒頭で会長挨拶。こういった場での挨拶は何回やっても慣れません。

 今回はTKC九州会の松本健二先生の事務所の職員の室さんをお呼びして、企業防衛の取組について話をしてもらいましたが、本当に良い話をして頂きました。何を隠そう、私は16~17年前にTKC近畿大阪会のシステム委員長になって全国の場に出た時に颯爽と九州会会長で全国システム委員会の担当副会長を務めておられたのが当の松本先生。あんな先生になりたいものだと目標にさせて頂いていただけに思い入れもひとしおです。実際に話を聴いてみて、さすがに先生の事務所の職員だなあと感心しました。

 勉強会の後は懇親会。
 
 ダイエットに取り組んでいる私にとっては、目の前の御馳走に思うがままに箸が付けれず辛い時間帯です。アルコールも止めて烏龍茶。

 20時前に打ち上げたので、そのまま事務所スタッフを車に乗せて池田まで戻って来ました。まあ、アルコールを飲んでいないので車の運転ができるのは便利な事ではあります。



 6月13日。水曜日。

 6時前に起床。アルコールを飲んでいないだけにスッキリ爽やか。

 いささか疲労感が残っており走りに出たくない気分でしたが、そこはちょっと我慢して朝ランへ。明日は東京出張で、7時過ぎの伊丹発の飛行機に乗らねばなりませんから、朝ランは無理。その分、今日はちょっと我慢しても走っておかないとアカン気がしました。

 何も考えずにボーッとしながら、いつもの箕面周回大コース 8.6km。

 手元のGPSも気にせず、本当にボーッと走りました。脳味噌が耳からこぼれ出るくらいのリラックスです。

 走り終わってペースを確認すると6分10秒/km。前日より15秒/kmほど落ちています。まあ、ペースを気にせず、とにかく走り続ける事が大切です。

 自宅に戻ると、風通しの良い玄関先で「ケン」が待っていました。彼はこの場所が好きで、暇があればこの場所でボーッとしています。まるで飼い主を待っているように見えるのですが、何の事はありません。風通しが良くって気持ちが良いだけなんです(笑)。

 帰宅後、筋トレ、朝食、朝風呂。いつものパターンです。

雨が止んだから朝ラン

 6月11日。月曜日。

 一週間のスタート。朝ランまでは昨日のブログに書いた通り。

 義母をデイサービスに送ってから事務所に出勤。

 まず、金融機関とTKC近畿大阪会の提携関係について㈱TKCやTKC近畿大阪会事務局、TKC近畿大阪会の役員と電話で打ち合わせ。その後、メールのチェックとスタッフからの日報や個別相談への応答。一渡り終えて時計を見るともうお昼。

 本気で痩せようと思っているので、昼食も外食を止めてスーパーに出かけて低糖質の惣菜の類を買い込んで事務所で昼食。痩せよと思いながらズルズルとここまで来たけれども、還暦を目の前にして人生のリストラに取り組むつもり。高校や大学当時の体重に戻る(20kgほど減らす事になりますが。ちょっと無理かなあ。)とウルトラマラソンやトライアスロンのパフォーマンスも劇的に向上するはず。遊びだからこそ真剣に取り組みたいものね。おちゃらけだけの遊びに魅力は感じません。

 急ぎの昼食を終えてデスクワークの続き。ひと段落して、そろそろ伸び出した屋上緑化の芝生の芝刈り。まだ伸び出したところなので20~30分で終了。そのまま30分ほど昼寝。所長室のソファーでドタッと正々堂々とした昼寝。これができるのはまさに自営業ならではです。

 あれこれと仕事が溜まっていて、やってもやっても仕事の山が減らず。ちょっと辛い。

 16時からお客さんが相談で事務所に訪ねて来られたので担当スタッフと応接で対応。今期の役員報酬の設定の考え方や役員退職金原資の確保と役員退職金規定の作成、さらに適正在庫の考え方とそのシュミレーションなど結構込み入ったテーマであれこれと話し込み、気が付けば19時前になっていました。

 スタッフはもう全員が帰っていましたが、嫁さんがポツンと残業をしていました。まあ、毎度の事ですが。労働基準法は経営サイドには適用されませんから、私たち夫婦は長時間残業や休日出勤をしてもなんら問題無し。何故か過労死もしそうにありません。やっぱり仕事をさせられているのと、自らの意思で進んで仕事をしているのとは天と地ほどの違いがあるようです。

 その後、デスクワークの続き。

 20時半頃に嫁さんと二人で事務所を片付けて帰宅。いつもより早目の帰宅になりました。

 帰宅後、1時間ほど自宅のダイニングで仕事の続き。まあ、これはこれでリラックスしながら仕事ができるので好きなんですが。



 6月12日。火曜日。

 朝方、雨音を聴きながらうつらうつらしていました。結構な雨脚。これは走れないなあ...と意識の底でボンヤリと思いながら...。

 6時前にパチリと目が醒める。雨だと思いながら家の外を見ると、雨は上がっていて充分に走れそう。ちょっとガッカリ。

 着替えをして、家の外に出ると結構な風が吹いていて気分爽快。走りに出て正解でした。

 コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。ペースは何も考えずに走っていると、結果的には総平均ペースで昨日並みの5分55秒/km。まあ、今の時点でこれくらいが普通に走れていれば良しという事です。とにかくコツコツと走る事に体を慣らすのが目的です。

 帰宅後に筋トレ。朝食。そして朝風呂。

 今日も、やるべき仕事が山積みなのでちょっと頑張りモード。食事もかなり気を付ける事がテーマ。

コックリさんのお告げ

 もうかれこれ50年近く前の出来事。

 中学一年生だった私は、雨が降ってクラブ活動も無かったので、放課後の教室でコックリさんに熱中している友達の輪に入れてもらって遊んでいました。

 コックリさん。

 思えば不思議な遊びです。

 あいうえおの50音と1~0までの10の数字が書いてある紙の上に10円玉を置き、3人(4人やったかもしれない。)がその10円玉に人差し指を乗せる。誰かが質問するとスルスルとその十円玉が動き出し、コックリさんのお告げが下される。そもそもコックリさんを始める前に、10円玉に指を乗せる3人が恭しく頭を下げて「コックリさん、コックリさん、...。」と呪文のような言葉を唱えるところから既に神秘的な雰囲気が辺りに漂い出します。

 今思うと、コックリさんのお告げは10円玉に指を乗せている3人のうちの誰かの潜在意識が10円玉に反映して答が導き出されているのでしょうが、初めて目にするコックリさんですからその霊験あらたかな事と言ったら...。

 何巡目かの時に私もプレイヤーとして参加したのですが、その時に誰かがたいした悪気も無かったと思うのですが、「野垣君は何歳まで生きるのですか?」という無邪気だけど考えてみたら恐ろしい質問をコックリさんに問い掛けたのです。

 私はギョッとしたのですが、コックリさんを途中で降りたら何かバチでも当たるかもしれないとビビってそのまま10円玉に指を乗せていたのですが、その10円玉が突然スルスルと動き出して「54」という数字を示しました。

 「なんやあ。野垣は54歳で死ぬんかあ。」と気の抜けた声でプレイヤーの一人が喋ると、もう一人のプレイヤーが「ちょっと短いなあ。」と冷静な一言。

 私は結構なショックを受けました。その頃、学校では平均寿命は70歳ちょっとと聞いていたような気がするのですが、それに比べたらえらい短い。

 逆に言うと54歳までは確実に生きれるのですから、超短命という訳でもありませんが。

 「まあ、あと40年くらいは生きれるねんから、気にするなや。」と周りの取り囲みの誰かが一言(慰めになってないって。)。



 思えば能天気な私は、それまで自分の寿命なんて物をしっかりと考えた事もありませんでした。平均寿命が70歳ちょっとと言われても、単なる数値を見せられている感覚ですから実感がありません。

 けれども、コックリさんからしっかりとした「54歳で死ぬよ。」という啓示を受けたのですから、自分の死というものを意識せざるをえません。

 それから今まで、意識の隅でずっと自分の寿命は54歳やから、それまでに精一杯に生きとかなアカンという思いがずっとこびり付いていた(思えば高校のアメリカンフットボール部の時に「54」の背番号を貰った時に、「やっぱりや。」と妙に感じ入った事があります。)ように思います。

 実際に、54歳の誕生日を迎えた時にもこの出来事が頭をかすめ、いよいよ今年中になんらかの原因であの世に行くことになるんだけれども、「やり残したことは無いかな?」と自分のto doリストを検索していました。まあ、できていないことだらけでウンザリでしたが(笑)。

 もうあと1ヶ月ちょっとで58歳になりますから、中学生時代に出会ったコックリさんの呪縛は完全に解けてしまったんですが、あんなちょっとした出来事が40年近く私の意識を縛って、どこか短距離走的に全力で決着を付けようとする生き方の癖を付けさせてしまったような気がします。ある種の呪いですよね。

 呪いというといかにもおどろおどろしいイメージですが、考えてみると名前を付ける事も呪いの一種。たった一つの名付けのイメージがその後のその人の生き様に無意識的にでしょうが、大きな影響を与えます。

 世の中、私は呪いとは無縁だと思って生きている人が大半ですが、よく考えてみると呪いとはその人にある種の固定観念を抱かせて生き方を縛る事と言えるので、かなりの数の呪いに縛られて生きているのではないかなあと思います。対極にあるのは無とか空。自分自身が無になるという事のいかに難しいかを考えると、逆に呪いに縛られている自分に気付きます。

 私自身は58歳を目前にして、いわば54歳以降の人生は無いと考えていた自分にとっては、後は貰い物の人生という事になります。

 あれやこれやと全力で闘ってきたお蔭で、バランスが崩れ歪な姿になったものが多々あるのですが、 これからの人生はおまけの人生。そういった歪な財産にいささかの調整を加え、自在に軽やかにリデザインしていきたいもんです。

 
 

週初め 朝ラン

 6月11日。月曜日。

 日曜日は久々に家でゆっくりと過ごしたので、精神的にも肉体的にもギリギリまで追い詰められていた部分がかなり楽になったような...。

 6時に目が覚めたので、そのまま朝ランへ。

 コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。

 コース序盤の自宅から箕面一中辺りまでの五月山裾の丘陵地帯は涼しい風が吹き抜けて爽快。コース中盤以降の30~40mほど標高を下げた箕面や池田の平地部分では風がパタリと止んで蒸し暑い感じ。

 まだまだ先週の100Kマラソンのダメージが抜け切らずペースはユルユル。最終的に総平均ペースが5分55秒/km。まあ、こんなもんです。

 とりあえず朝のお勤めは終了。

 帰宅後、朝御飯、筋トレそして朝風呂。やっといつもの生活パターンが再開できました。それにしてもここ1ヶ月強ほどの期間はハードスケジュールやったなあ。もうまともな人間の生活じゃなくて囚人の暮らしやったもんなあ。

 今日から生活再建です。

浜名湖で朝ラン

 6月9日。土曜日。

 前のブログで書いたようにTKC近畿大阪会豊能支部の旅行二日目。

 浜名湖畔にあるホテルから弁天島の駅まで往復で朝ランをしました。連日の宴席でしんどかったのですが、やはり自宅以外で眠ると眠りが浅くなる(寝付きは良いし、夜中に目が覚める事もほとんど無いのですが。)せいか6時前に決まって目が醒めるので、多少の二日酔いはものともせずに走る事にしました。

 一週間前に100Kマラソンに出てコテンパンにやられてから脚が戻った訳でもないのですが、7分/km程度のユルユルペースならリラックスして走れました。日射は既にきつかったのですが、湖の上を渡る風は涼しく気持ち良し。

 以前から地図を見ていると浜名湖と太平洋が繋がっている弁天島近辺の地理に興味を感じていたので、ホテルからJR弁天島駅を往復して、弁天島辺りの住宅街をウロウロしてきました。距離にして8km。

 海と隣接した低海抜地帯ですから、大地震が揺ると津波が心配ですが、浜名湖の景観も美しく、品の良い住宅が立ち並ぶ良い住宅地です。夏は浜名湖なのか太平洋なのか知りませんが、海水浴やボート遊びができそうですし、通年で釣りをするには良さそうな場所です。浜松に出るにもすぐですから、住むには良い所なんでしょうね。

 6時ぐらいから走り出して、7時ぐらいにホテルに戻って朝風呂。まあ、この走り終わってからの露店風呂というのが最高の楽しみなんですが。

 今日の予定では8時50分にホテルロビー集合ですから、まだまだ時間はたっぷりあるので、随分とゆとりのあるのんびりとした時間を珍しく過ごす事ができました。まあ、この後は航空自衛隊浜松広報館のエアパーク見学とうなぎパイの工場見学と鰻重の昼食しか予定が入っていませんから緊張感も何も無し。久々に完全に脱力状態で過ごせる一日です(ちょっと嬉しい。)。

またまたバタバタ もう、あっと言う間

 前回の6月6日にアップしたブログでも書いたのですが、もう目先の仕事に追い回されて息継ぎをする間無し。ブログの更新も、またまた時間が空いてしまいました。今まではなんとか自分の時間をコントロールしていたつもりですが、ここ半月くらいは予定が自分のキャパをオーバーフローしてしまった感じ。精神的にいっぱいいっぱいです。

 ざっくりと過ぎた4日間をまとめると...。



 6月6日。 水曜日。

 午前中は事務所でデスクワーク。なんだかんだとスタッフの個別案件の打ち合わせに忙しく、自分の仕事に手が回らず。

 昼一に某地銀の支店長さんが事務所に訪ねて来られたのであれこれとお話を伺う。昔は色々な金融機関の偉い方が事務所を訪ねて下さるようなシチュエーションが無かったのだが、ここ3~4年は急激にそういう事が増えたような感じ。お客さんの資金調達の相談をお受けする際に参考になる情報が色々と手に入るのでありがたい。書籍や新聞、雑誌に書いてある情報も大切だけれども、やっぱり現場を仕切っている人の話が一番大切。情報は生ものですから。

 15時からTKC近畿大阪会の理事会。江坂にある㈱TKCの大阪SCGセンターで開催される。18時までみっちりとあれこれ議論。

 19時から十三でお客さんと一席。うちの巡回監査担当者も同席して3名であれこれと喋りながら蟹刺しを腹いっぱい頂く。ありがたい。「痩せるぞ。」宣言をした記憶はあるのだが、目の前に御馳走が並ぶとどうしようもありません。その後、二次会。23時ぐらいまであれこれと喋り続けたのですが、最後の方は酔いが回ってもうベロンベロン。「社長、どうもありがとうございました。」。



 6月7日。木曜日。

 午前中はデスクワークと言いながら、二日酔いでダウン。報告書等を一生懸命に読むのだが、どうにも意見がまとまらず。昼前ぐらいからようやく頭も回り出した感じ。

 13時から、お客さんから紹介頂いた新たなお客さんが事務所に訪ねて来られたのでスタッフ2名と一緒に対応。創業で動いておられるので、日本政策金融公庫の国民生活事業の担当のIさんにも最初から同席頂き、資金調達について色々とアドバイスを頂く。ちょっと通常の創業とパターンが異なるところがあるので、直接金融機関の担当者の方の見解をお聞きする事ができたので打ち合わせも有意義なものになりました。どうもありがとうございます。

 創業について今後考えていかねばならない点なども指摘し、宿題事項とさせてもらいました。

 14時をかなり回った時間になったのですが、千里中央にある千里阪急ホテルに向かい税理士会豊能支部の定期総会に遅刻して出席。自分が所属している業界団体行事ですから、とりあえず顔だけは出しておく必要があると思っています。

 18時からは北新地にある大阪の経済人の会員制クラブの「クラブ関西」へ。今日はTKC近畿4地域会会長の全員が大同生命保険株式会社の工藤社長から近畿大阪銀行、関西アーバン銀行やみなと銀行を保有している持株会社(関西みらいファイナンシャルグループと言います。新聞では知っていたのですが、お会いするのは初めてです。)の菅社長を御紹介頂き、食事会がありました。TKC近畿地区のそれぞれの地域会はそれぞれの銀行とまだまだ提携関係が深まった状態になれておらず、何とか関係性を深めたいと試行錯誤していた中でのご紹介ですから本当にありがたい場でした。

 食事会そのものの会話も滑らか。私たちが伝えたかった話もスムーズに菅社長に伝わり、それぞれの銀行の頭取にその旨を伝えて、積極的にグループとしてTKC全国会が熱心に普及に努めているモニタリング情報サービスやデータ処理実績証明書、税理士法33条の2に規定する書面添付などを活用していきたい旨の意思表明も明快にして頂き、まさに会心の食事会でした。

 今までは各銀行の窓口から話を上げて、何とか役員レベルまで情報を上げるのが精一杯。銀行全体の動きを変えて頂くようなダイナミズムなど発揮するにはほど遠い状況でしたが、ホールディング会社の社長から各銀行の頭取に積極的に取り組んでいく事が銀行利益を最大化させる有効な手段であるというトップダウンの指示があると、物事は一気に進みます。

 2次会はそのまま北新地のお店へ。夜も更けて満足感いっぱいで帰宅。

 二晩続けて午前様。ロングスリーパーの私には睡眠時間的にかなり厳しい状態です(笑)。



 6月8日。金曜日。

 土曜日まで1泊2日の予定でTKC近畿大阪会豊能支部の旅行。今回は静岡県浜松市にある小川税理士の事務所見学を目的にしています。

 集合時間は蛍池駅に8時ですから、ちょっと厳しい。何せ二晩続きで午前様の二日酔い状態ですから。

 とにかく体だけその場にあれば後はバスの中で居眠りをしていればどうにかなるという事です。結果的には嫁さんに車で送ってもらって時間ギリギリに到着してセーフでしたが、頭は完全に死んでいる状態でした(笑)。

 浜松と言えば毎月訪問して巡回監査をしているお客さんがおられるのですが、今回はまさにその近所。場所的な目新しさはありません。まあ、TKCビジネスモデルの普及にかけては全国の先進モデルである静岡会の副会長の事務所ですから、内容的には立派なものですが。

 支部旅行って事ですから、昼ご飯は浜松の餃子定食。夜はホテルで宴会。二日目のお昼は鰻重。行きのバスではさすがに事務所見学前に酒盛りでアルコールの匂いをプンプンさせて行くのも常識外れですから自粛していましたが、帰りのバスは飲み放題。

 もう「痩せるぞ。」と言い放ったあの一言はどこに行ってしまったのでしょうか。今週は火曜日だけは早めに帰宅して碌に晩御飯も食べずに床に就きましたが、毎日美味しいご飯を腹いっぱい食べて、呑んで...の暴飲暴食生活です。

 今は旅行から帰って、事務所に顔を出して、スタッフから提出された日報や個別の相談事項に目を通し終わってちょっと休憩をしているタイミングなんですが、ようやく自分のペースでじっくりと仕事に取り組める間合いを取り戻したような感じです。土曜日ですから、事務所には嫁さんと二人だけ。落ち着きを取り戻して、ホッと一息ついているところです。

日常生活再開 二日目

 6月6日。火曜日。

 朝一から事務所の月初ミーティング。今月の巡回監査や決算申告の進捗状況などを報告してお互いの業務を調整します。1時間の予定でしたが20分ほどオーバーして終了。予定がタイトな私にはちょっときつい。平気で予定時間をオーバーするのは勘弁してほしい(当の本人は自覚がないのだろうが。)。

 その後、事務所の研修委員会と公益法人委員会のミーティングに参加。とりあえず両委員会とも年末までの活動予定をあらあらで確定させて、そのまま事務所を飛び出して大阪市内へ車でgo!



 12時からTKC近畿大阪会の書面添付委員会の行事で、初めて書面添付をした会員を豪華昼食にご招待という企画に参加しました。

 場所は肥後橋にある天ぷらの「一宝」さん。まあ、目の前で次から次に天ぷらを揚げて食べさせて頂ける高級天ぷら屋さん(さすがに美味しかったです。まあ、当たり前といえば当たり前ですが。)です。

 冒頭で挨拶をさせて頂き、あとはひたすら食べることに専念。

 3名の参加者の方から、ここ1週間ほどこのブログが更新されていない旨をこっそりと指摘頂きました。こんなどうでも良いオッサンのブツブツにいちいち付き合ってくれたはったんですね。ありがたい事です。

 実は5月後半は昨日のブログにも書きましたが、仕事やTKC関連行事や日常生活のあっちこっちで大忙し。もう忙しさの波に飲み込まれてしまって、ブログを書く精神的余裕もありませんでした。このブログを始めて(改めて見てみると2010年7月末に開始しましたから、もうかれこれ8年も続いています。こんなに一つのことを続けてこれたのは人生初かもしれません。)から、かなりマメにどうでもよいようなあれこれを書き綴ってきたのですが、ここまで間が空いたのは多分無かったのではないかと思います。

 14時前にお開き。



 その後、大急ぎで事務所に戻って15時からはリクルート関連の取材や打ち合わせ。事務所全員の集合写真を撮ったりしてバタバタでした。

 大半は事務所の広報委員会が受け持ってくれて粛々と進んでいくので助かるのですが、細かい予定が一日中組まれていてその場に顔を出すだけで疲れてしまいます。

 やっぱり事務所経営というのは、もちろん所長自身が先頭を切ってバリバリと仕事に取り組むことが大切だと思うのですが、こうやって自分の意を汲んでしっかりと物事をテーマに沿って運営していってもらえるような仕組みを作ることも同じくらいに大切ですよね。

 TKCビジネスモデルはそういった意味でも、真面目に取り組んでいると自然とそういった仕組み作りに進んでいくようになりますから、今となってはこれ一本で事務所作りに取り組んできて良かったなあと思っています。



 17時頃には一日の仕事がひと段落。残務を片付け、その後事務所のデータ分析をあれこれ。これまた事務所の業務管理システム(OMS)を駆使すればチョチョイのチョイです。標準設定を外し、あれこれとオーダーメイドでいろいろな視点からデータを切り出して眺め回すのですが、データの切り出し方ひとつでこれだけ見た目の印象が変わるのかと思うと感動ものです。

 まだまだTKC会員と言えどもここまでデータをあれこれと触っている会員も少ないだろうなあと思うのですが、もったいない事です。



 19時前に全てがひと段落。

 嫁さんと請求書発行を担当してくれているOさんがまだ残って残業に励んでいましたが、私はこの時点で仕事終了。

 やっぱり日曜日のウルトラマラソンの疲労感が抜け切れず。どっと眠気が襲ってきました。

 脚はそこまでのダメージは残っていない(53kmでアウトですから、幸か不幸かそこまで傷んでないみたいです。)のですが、体の芯に疲れがこびりついているような...。

 帰宅後、豪華な昼食を食べた御蔭かもしれませんが空腹感も感じなかったので、早々にベッドに潜り込みそのまま就寝。ドップリと12時間近くの睡眠を獲ることになりました(幼児も顔負けや。)。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR