FC2ブログ

大晦日 一生懸命の掃除と甥っ子の訪問

 12月31日。月曜日。

 大晦日。

 朝ご飯を済ませてから、丹念にストレッチ。ここ一ヶ月くらい固い体を無理やりにでもギシギシと引っ張り伸ばしているのだが、心持ち関節が柔らかくなったような気が...。錯覚かどうか自信が無いけど。

 還暦前だからストレッチの成果も劇的に上がる訳でも無く、まさに牛歩。分かったような分からないようなささやかな成果を喜びとして続けています。



 年越の準備で、朝から丹念に掃除機掛け。一昨日に掃除機掛けをしておいたので吸い取ったゴミの量は少な目。まずまず綺麗になったような気がする。

 続いて風呂場の鏡周りにこびり付いた汚れ落とし。風呂場自体はそんなに汚れは目立たないのだけれども鏡周りに長年の間に溜まりに溜まった通称うろこ汚れがこびり付き、鏡が見にくくなっていました。なんか白っぽい垢のようなものです。

 ちょっと腰を据えて洗剤を塗布して一生懸命に磨きます。

 2~3度、磨いては水洗いを繰り返すと白っぽい汚れが相当綺麗になりました。まだうろこ汚れの一部は残っていますが、かなりマシになった感じです。どうしても10年という年月で水回りに何とも言えないような汚れが溜まってきますが、これくらいまで回復すれば上出来かなあと思える水準です。ちょっと満足。



 昼前に、両親を訪ねてこの前に結婚して初孫が出来た甥っ子がやって来ました。しばし掃除の手を止めて雑談。この正月は奥さんの実家で過ごすようなので、年末に顔を出したとの事。会社に入って4~5年ですが、いっぱしの口を利くようになってます。

 いつまでたっても子供の時の記憶が残っていますが、それなりに一人前になったなあ。



 お昼には年越蕎麦を食べて、事務所に出勤。正月に事務所の事をあれこれと考えるための資料を引き上げに行きます。ついでにふるさと納税もしようかなあ。

 バタバタしながら、平成30年も暮れていく感じです。


 
スポンサーサイト

年末ランニング

 12月30日。日曜日。

 今年もあと2日。いろいろとあったけれども、このままなんとか無事に年が越せそうだ。

 ゆっくりと8時頃に起床。のんびりと朝ご飯を済ませ、朝刊を穴の開くほどあっちこっちの記事に目を通し...、とにかくやる事が無く暇だ。仕事が無くなると、私の生活っていうものはご飯を食べて風呂入って寝るしかやる事が無い様な感じだ。これに本を気ままに読むことぐら胃しか思いつかない。単調なもんだ。

 11時頃から身支度を整えてランニングに出る事にする。

 コースは気ままに走って、自宅から旧巡礼街道を東に向かい今宮から千里丘陵に上って船場団地、桜井谷を経由して旧西国街道の桜井に合流。そのままいつものコースを西進して自宅到着の15kmとなった。

 昨日はランニングを休んだのだが、まだ疲れが抜け切っていない感じ。調子上がらず。

 ダラダラと総平均ペースで6分30秒/kmの超スローペースで走る。まさにLSDというやつだ。

 体重が1~2kgほどリバウンドしているせいなのか、身体も重く感じる。

 まあ、今日からまたボチボチと走り込んで、この2ヶ月くらいの間で5~7kgほど体重を絞って行くつもりだけれども上手く行くかどうかちょいと不安を感じる。やっぱりある程度は食べるものを抑えるので、満腹感を喜びとして生きてきた人間としては、この空腹感との闘いになるのが一番辛いところだ。

 調子が悪いなりにも15kmの距離は踏んだので、自分に対してはとりあえずやる事はやったという言い訳が立つ。

 帰宅後、念入りにストレッチと筋トレ。30kgの重りを持ちながらスクワットをするが、筋トレも1ヶ月ちょっと中断していたのでかなりしんどく感じる。

 やっぱり還暦を目の前にすると、身体能力を上げるのは微々たる成果しか上がらないが、身体能力を下げるのはいとも簡単。ちょっとさぼれば劇的に能力が落ちてしまうのが辛いところだ。

 今から昼風呂。明るい時間帯に風呂に浸かってウタタ寝をする贅沢。私の中では贅沢ランキングのトップ3に入るので、大いに楽しみ。

夕方から事務所へ

 12月29日。土曜日。

 さっきのブログに書いたのですが、朝はゆっくり。昼前から自宅で事務所管理システムを立ち上げてスタッフから提出された日報や担当案件に係る個別相談へ対応し、メールを片付け、さらに掛かってきた電話に対応しているとアッと言う間に15時過ぎになっていました。

 とにかく時間が経つのは早くって、もう怖いぐらい。

 それから荷物をまとめて歩いて事務所に出勤。

 途中、事務所の近所の呉服神社にお参り。今年一年のお礼を忘れずに。また、明日も顔を出すかもしれませんが...。まあ、いろいろと感謝をしてもし過ぎという事も無いでしょうから念のために。

 事務所には誰も出勤しておらずガランとした感じになっていました。昨日、仕事納めだったので、これで正常なのですが、誰も居ないオフィスというのは何となく寂しいもんです。

 机に座って、ゆっくりと机の上に届いている各種資料に目を通し、2~3の電話に対応しているアッと言う間に17時になりました。

 12月の後半に一度、結構長めに休養も入れたのですがまだ足りないようで、一年間の疲れが一気に身体から噴き出している感じです、なんだか気怠くって...。

 まあ、ダラダラと片付けるべき仕事に手を付けて、今日は早めに帰宅してとにかく体を休める事が最優先になりそうです。風呂も朝風呂を楽しんだんだけれどももう一度ゆっくり浸かってみたいしなあ...。

仕事納めの後、ゆっくりダラダラ

 12月28日。事務所の仕事納め。

 私はさっきのブログに書いたように静岡出張でドタバタして22時半前に事務所を出て個人的な仕事納めとしました。



 12月29日。土曜日。

 さすがに2泊3日の出張の疲れが出て、9時まで熟睡。相当疲れが溜まっていたようです。

 朝起きると私のベッドに「ケン」が乗って来て一緒に眠っていました。

 柴犬ですからベタベタした付き合いをしない犬で、いつも私の手が届くか届かないかの微妙な距離で寝転がっている(まあ、この辺りの微妙な距離感の取り方が日本人的だなと思います。)のですが、さすがに3日も家に居ないと寂しかったようで...。

 ジャレている時以外はベッドの上には絶対に上がらないのですが、犬にも寂しいという感情があるのでしょうねえ。可愛い奴です。



 午前中は、このまま自宅で事務所管理システムを立ち上げてスタッフの業務日報や個別案件の相談に目を通したり、メールの応答をしたり...。出張中もモバイルを使ってこういったチェックができるのですが、どうした訳か今回はモバイルの調子が悪くてこういった事務所管理業務ができず仕舞いだったので、その穴埋めです。

 仕事をしている時も、足元で「ケン」がドテンと眠っています。よっぽど寂しかったのでしょうねえ。

 時折、脚でお腹を軽く蹴ったりすると邪魔臭そうな顔をしてこちらを睨み返します。嫌だったら離れれば良いのになあと思うですが、これくらいの付かず離れずの距離が彼の心地良い距離感なのでしょう。

 とりあえず昼過ぎまでかかってこうした溜まってしまった報告類を片付けてからは、ひと風呂浴びてスッキリしてから、引き続き事務所の総務や人事系の仕組み作りに知恵を絞らないとアカンと思っています。昨日遅い時間帯に仕事納めをしたつもりでしたが、結局、14時頃から事務所に顔を出す事になるかなあ...。


 

静岡朝ラン 二日目 

 静岡の朝ラン二日目。

 昨朝はホテルから旧東海道を西進したので、今日は東進することとする。何せ知らない土地はできるだけ高角に動き回って、そこの土地感を身体で身に付けるのが私の流儀というか楽しみです。

 途中からは静岡電鉄の線路と平行して走る形となる。

 風は冷たく、信号で停まると、とにかく寒い。走る気力も萎えそうになるが、走っている間はさほど寒さは感じず。いよいよ冬本番に差し掛かって来たなあ思う。

 富士山を真正面に眺めながら走るのは本当に気持ちが良いものだ。地元の人には慣れっこになっている風景なんだろうけれども、他所の土地の人間からしたらこれだけでも来た値打ちがあるというものだ。



 午前中は創業融資の相談。お客さんの取引先さんで独立開業したい人がいるので指導をして欲しいという旨のご紹介を頂き、お付き合いさせて頂いている。

 創業についてあれこれと聞き取りをしながらお互いで相談して作り上げた創業計画を基に、今日は日本政策金融公庫に同行して創業融資の面談を受けることになっている。

 大阪の税理士が静岡にやって来たことで驚かれたが、元々のお客さんの経営改善計画に基づく経営再建がきっかけでそのグループ子会社を次々に立て直してきた経緯と、その会社さんが今回の創業者さんと今後は密接に取引を続けていきたいという事でご紹介頂いたという説明をすると、融資担当の方は思考の糸が全て繋がった感じで随分と感心されておられました。

 日本政策金融公庫の創業融資はスムーズに進みそうな目途がつきホッと一息だが、協調という形で地銀さんにも一部融資をお願いしているので、そちらの動きも気になるところだ。まあ、こっから先は年明けからの話になるが。

 当初は浜松にあるたった1社の経営再建の話だったのが、これも社会的使命のひとつだと割り切って不採算覚悟(自分の知見を増やす意味もありました。私らの仕事は真面目に取り組んだ経験が次に活かせるありがたい仕事なんで、できるだけいろいろなパターンの仕事に前向きに取り組みたいと思っています。)で月次ベースでずっと浜松に通い詰めて経営立て直しに関わってから、お客さん経由の紹介で芋蔓式に経営再建案件が転がり込んで来るようになり、既に7~8社に膨らんでいる。

 別にわざわざ遠方の静岡でお客さんを広げる意図は無かったのだが、歴史的経緯で広がってきたものはどうする事もできず。むしろ個々の社長さんとの信頼関係が密になってしまっているので、今さら撤退する訳にもいかないので、その場の自然な流れに任せる事にしていたのだが、わらしべ長者を地で行くような展開で我ながらビックリしている。

 今では事務所のスタッフも総勢5名で訪問するようになり、月次ベースで日帰り若しくは1泊2日の予定で静岡にやってきて仕事をこなす集団合宿の態をなしている。

 浜松や藤枝、焼津、静岡とどこで泊まっても、地元の食材が美味しくって、宿泊で仕事をしに来るときは晩御飯が楽しみだ。まあ、私たちの仕事は事務所の近在にあるお客さんの所で淡々と仕事をこなしていくスタイルが一般的。あまり出張などというスタイルは無いのだが、事務所スタッフにしても県外の、日常性とちょっと感覚が異なったお客さんを数件ほど対応するのも変化があって新鮮かもしれないなあと思っている。
 


 午後からはロードレーサー乗り仲間のIさんからご紹介頂いた会社さんを訪問するために富士市へ向かう。遊び仲間なので仕事の話などした事が無かったのだが、数年振りに電話を掛けて来られて始まった話だ。

 元々、某上場メーカーの資材調達セクションで勤務。退職後にその取引先さんの会社で顧問として仕事をされているのだが、製品の性能は物凄く良いのだけれどもどうも税務申告で大きな問題がある会社があって、資材の安定供給という面で不安があるためにこのままだと取引ができないので何とかならないかというお題を頂いていたのだ。

 Iさんとは新富士の駅で待ち合わせをして、一緒にその会社に訪問させて頂く。

 これで静岡県内の新幹線の駅は全て乗り降りした事になる(どうという事も無いが、どうだという気持ちもちょっとある。東海道新幹線で残る乗降経験の無い駅は岐阜羽島、三河安城、豊橋の3駅だ。)。

 社長さんと挨拶をして状況をお聞かせ頂くと、どうやら税理士事務所とちゃんと契約はしているらしい。担当者が2~3年に1度は会社に来るらしいのだけれども、何故2~3年に一度しか来ないのか逆に不思議だ。碌に仕事もしていないようで、会社には過去の決算申告書や会計帳簿、会計証憑の類は一切残っておらず。何がどうなっているのか一切不明。

 話を聞いていて、同じ税理士業を営む人間として本当に恥ずかしくなるような凄まじい怠業の様子が目に浮かぶ。お客さんの幸せなんて微塵も考えていないようないい加減な仕事だ。

 過去には税務署から売掛債権の差押通知が得意先に届いて、優良得意先が何件も離脱したようで痛々しい。まあ、そうなってもまだ現状の会計や税務の状況を変えようとしなかった社長自身の責任問題はあるものの、素人さんをそこまで追い込んだ同業者に憤りを覚える。

 こんな半端者の税理士がいる限り、私たち税理士という仕事が世の中から良い仕事をしていると認知されることは無いし、そんなビハインドな状況で我々の力をフルに発揮して世の中を少しでも良いものに変えて行こうという志の足を引っ張られる事になるのは残念だ。

 社長に、その税理士に連絡を取ってもらい、とにかくそこに預けた資料一式を引き上げるとともに、ある限りの決算申告書を全て会社に持って来てもらうようにお願いするとともに、年明けに税務署に同行して納税申告の現状を正確に把握する事を提案。まだ、問題解決のスタートラインにさへ立てていないことを説明する。

 また会社における経理業務は税金申告のために嫌々やらされているようなくだらないものではなく、社長さんが一生懸命に製品開発をして世の中に提供していく仕事そのものを金銭面でバックアップしていく大切な仕事だということ。さらに。翌月10日には月次決算をきっちりと締め、あらかじめ立てていた予算と差異分析をして細かな経営の軌道修正をしたり、資金繰りを考えて足らずの場合には数か月前からメインバンクと資金調達の交渉を開始したり、節税策を検討したり、企業のリスクを事前に想定して対策(企業防衛やBCPなど。)を打ったり...。

 製品開発や販売を続けていく上で無くてはならない業務なんだという事を認識してもらい、この際だから抜本的に経理業務を立て直し、納税だけに留まらず旺盛な製品開発力をサポートしていけるようなキッチリとした業務改革に着手するという旨を説明して、納得を頂く。

 うちの事務所としても会計事務所の最繁忙期である確定申告時期にかなりのマンパワーを要求される事になるなあと思うと辛い面もあるが、こういった根が深い案件は見つけ次第に徹底的に問題解決してしまわないと問題の芽を摘む事には繫がらないという事を経験的に知っているので、「えい。やあ。」とばかりに思い切って取り組んでしまわないとアカンと自分に言い聞かせる。



 今日は全国的に仕事納めの日で、今日の夕方から民族大移動が始まるようにニュースでは耳にしていたので、帰りの新幹線は乗車時間の2時間半ほどの間は立ちっ放しかなあと覚悟していたのだけれども、「こだま」は思いの外空いていて、Iさんと並びの席で座ってビールを呑みながらあれこれと話の花を咲かせて帰阪。助かりました。

 たいへんな案件ではあるものの、こういった案件で困った時に私を頼って頂いて、本当に仕事冥利に尽きます。ありがとうございました。

 21時前に事務所に戻って来て、ちょっと残務の整理をして22時半前に退社。とりあえず今年の仕事はここまで。仕事納めとしては本当に慌ただしい一日でした。

 疲れたのと出張の荷物が膨らんでいて重たいので池田駅からはタクシーに乗って帰ろう(新幹線でビールを呑んでしまったので社有車に乗ると飲酒運転になっちゃうもんねえ。)と思ったのだが、忘年会帰りらしき人が大量にタクシー待ちをしていたので20分の道のりをトボトボとスーツケースを引きづりながら歩いて帰宅。

 自宅には23時前に到着。疲れたのでそのまま倒れ込むようにベッドに転がり込んで熟睡。



静岡で朝ラン

 昨日は昼前からTKC東京都心会の理事の方々と会務運営についてあれこれとディスカッション。横から見ていると近畿大阪会の普及活動が上手く動いているように見えるらしく声を掛けて頂いたのだけれども、一生懸命に動いている事は事実なれど、蓋を開けると問題点山積みという実情を正直に話させて頂く。参考になったかどうか自信無し。

 どこの地域会もいろいろとたいへんだなあと思う。特に東京や大阪の大都市部を抱えた地域会はTKC全国会の趣旨を会員に伝達する事自体で色々と難しい面が多くって、悩みが深い。

 昼過ぎからはTKC全国会のニューメンバーズサービス委員会の正副委員長会議。その後、懇親会。一次会で抜けさせてもらって、そのまま新幹線に乗って静岡のビジネスホテルで一泊。

 12月27日。木曜日。

 5時半起床。しばらくベッドの上でボーッとしていたが、6時前にようやく目が覚めてきたので、朝ラン開始。

 まず駿府城の前を通り、そのまま浅間神社に向かいお参りを済ます。まだ夜が明けきらず薄暗い。

 そのまま旧東海道を西進して安倍川を超えて丸子宿に達して、そこから折り返し。帰りは静岡の繁華街をあっちこっちブラブラしながらホテルに戻る。距離にして14km。

 知らない土地をブラつくのは楽しいもんだ。

 10日以上走っていなかったので、いまいちスピードに乗れず。出だしは7分/kmのスローペースで、徐々に6分/kmを切るくらいのペースまでは上がるが、そのまま流す感じのランニングになった。

 まあ、とりあえず今日は体をほぐすだけで充分だろうという感じで朝ランは終了。

 静岡市を走るのは初めてだが、何が良いと言って、走る方向を東に変えた途端に真正面にドーンと富士山が聳え立つ感じが嬉しい。さすがに富士山。やっぱり綺麗だ。

 背景はどんよりとした曇り空で、薄暗がりに富士山が聳え立つ感じだったのだけれども、それはそれでちょっと迫力があって良い感じ。

 今日は浜松のお客さんをお訪ねして、メインバンクと今後の方向を打ち合わせたり、経営改善の目玉にしている原価管理システムの運用状況の視察の立ち合いの予定。重要なミッションではあるけれども、タイムスケジュール的にはのんびりだ。

東京から静岡へ 

 12月26日。水曜日。

 昨日は22時過ぎまで残業。来客が多く、デスクワークが後回しになったツケを一生懸命に支払う形になった。

 今日から2泊3日で東京から静岡を回る出張だ。

 眠い目をこすりながら5時半に起床。昨夜は帰宅後にそのまま眠ってしまったので、2泊3日の出張手荷物の取り纏めをガサガサと行う。「ケン」が横に来てその邪魔をする。

 7時過ぎに空港に到着。

 手荷物検査を済ませて空港のゲート内に入ると、搭乗を待つ20~30分ぐらいの間だがやる事が無くなり手持無沙汰になる。最近は、こういった半端な時間は靴磨きコーナーに行ってビジネスシューズを磨いてもらうことにしている。

 自分でも気が付いた時には一生懸命に靴を磨くようにしているのだけれども、やっぱりプロの手に掛かると出来栄えが全く違う。手早く磨く様を眺めているだけで気持ち良い事この上なし。

 元来、こういった身の回りのものには無頓着。まあ、お客さんのところにも半パンにサンダルで出かけて行くのが普通だという変わった兄ちゃんだったのだから、靴磨きもヘッタクレもない訳で(笑)。

 しかし、人間ってのは哀しいもので、年齢を重ねてくるとこういった傍若無人スタイルが持つ見苦しさも手伝って、世間が段々と許してくれないような気がして...。まあ、元々許してもらってなかったのかもしれませんがね(笑)。

 「年齢為りに丸くならないと、いつまでも尖がっているだけだと周りの人も疲れるだけだしなあ。」なんて事を思い始めてから、ちょっとくらいは身の回りの事も気を遣うようにしています。周りの人から見たら笑ってしまうほど些細なレベルでしょうけど。
 


 今日は11時からTKCの東京都心会の常務理事の方々と会務運営のあれこれについてディスカッションをしましょうという事でお呼ばれをしています。この2年間のTKC近畿大阪会の会務運営の様を喋って下さいという事ですが、取り立てて凄い事をした訳ではないので何を喋れば良いのか戸惑い気味です。まあ、気張らず、ありのままをお伝えするしかないなあと思っているのですが。

 昼過ぎからはTKC全国会のニューメンバーズ・サービス委員会の正副委員長会議。その後、懇親会。その後、新幹線に乗って静岡へ向かう予定ですから盛り沢山。最終的にホテルに入るのは22時頃になりそう。

 今日もいろいろと面白そうな事が起こりそうな予感。目の前の一つ一つの出来事に精一杯に取り組む事が自分の人生を生き切るという事に繫がるのだと思うので、頑張って一日を過ごして行こうと思っています。



 

第35回全日本トライアスロン宮古島大会 出場決定!

 12月25日。火曜日。

 完全に休養オンリーの週末を過ごしたお陰で、疲労感も抜けてスッキリ。

 午前中は社会保険労務士の先生に来てもらって来年の事務所のカレンダーや残業時間の取り扱いについて打ち合わせ。最近の働き方改革の流れの中で、年次有給休暇の計画付与や、時間外労働の上限規制、高度プロフェッショナル制度の創設さらにフレックスタイム制度の見直しなどのトピックについてあれこれと議論させて頂きました。

 私たちが新入社員だった頃は、今でいうブラック企業が当たり前。何だか今の若い人が随分と恵まれているよなあと思う反面、今の時代の方が若者が色々な意味で窮屈そうに生きているような気がするのが不思議です。

 まあ、事務所としては時代の流れに合わせて(いや、先頭を切って...。)、制度にはきっちりと対応していって、うちのスタッフの仕事や職場に対する満足感をドンドンと引き上げていきたいものです。

 専門外の事でもあるので、顧問になって頂いている社会保険労務士のI先生からしっかりと情報を頂いて、あれこれと議論をさせて頂けるのはありがたい話です。



 昼過ぎにメールをチェックしていると、4月に開催予定の宮古島トライアスロン大会の出場決定の通知が来ていました。

 昨年は駄目だった(例え出場OKだったとしても惨憺たる結果に終わったのは想像に難くありませんが。)だけに、本当に嬉しいです。

 スイムが3km、バイクが157kmそしてランが42.195kmの超長距離のトライアスロンの大会で、ゴールに到達するまで骨の髄まで苦しみ続けるので内心ゾッとしない事も無いのですが、それでも嬉しい(阿保とちゃうかの声の方が多いのは承知の上です。)。

 日常の仕事もしんどい話はいっぱい転がっているのですが、同じしんどいでも全く種類の違ったしんどさです。元々、体育会系で生きてきたんだから、真正面から向き合って何とかやり過ごしてきた苦しさ。対処の仕方は分かっています。どうせ闘うなら、相手は強ければ強いほど闘った後の満足感が大きいような気がします(ちょっと身の丈を超えている感が半端ありませんが。)。

 現時点では今年の6月くらいから取り組み始めた減量も上手く進んできており、フルマラソンのサブ4の実績までは作れてきています(まだまだタイムは伸びそうな予感あり。)。

 スイムやバイク、ランのトレーニングは当たり前ですが、もう一段体重を絞るとともに、ストレッチや筋トレにも力を入れて身体のベースの力を底上げして、かつての宮古島トライアスロン大会のマイベスト(12時間27分57秒 848位/1531人)の大幅な更新を目標にしたいと思っています。

 とりあえず完走が目標なんて生ぬるい事は言わずに、精一杯に攻めるレースを展開して大幅な自己記録更新が目標です。具体的な数値はなんぼにしたら良いのか見当が付かないので、もうちょっと考えますが。

 もうかなりのジジイになりましたが、やっぱり、いくつになっても闘う姿勢だけは失いたくないものねえ。

 

ペッタリとへたり込んでる週末

 この3連休。とにかくこの1年間で溜めに溜めこんだ疲れを一掃する感じでひたすらゆっくりモード。



 12月22日。土曜日。

 これは直近のブログにも書いたけれども事務所に出勤して、夕方から高校の学年同窓会。早めに帰宅して22時頃に就寝。



 12月23日。日曜日。

 ゆっくりと起床。午前中はゆっくりと朝ご飯を食べてから、家を丹念に掃除機掛け。その後、朝風呂。

 昼からは「ケン」を連れて事務所まで散歩して、色々な資料を自宅に持ち帰って自宅でダラダラと仕事。夕方から早々に寝室に閉じ籠って読書。温かい布団に包まって本を読んでいると極楽だなあとしみじみ幸せを感じます。



 12月24日。月曜日。

 ゆっくり起床。午前中は超長風呂と読書三昧。

 昼から「ケン」を連れて裏山の五月山にあるお墓まで往復してきました。先祖さんに手を合わせて、般若心経を唱える。ただそれだけですが、暇ができるととにかくマメに顔を出す事にしています。

 山から下りて来たらそのままいつもの「ケン」の散歩コースをなぞって歩いたので、「ケン」にしたら今日はかなりの距離を歩くハードな一日になったみたいです。まあ、あんまり苦にしている様子はありませんが。

 何も考えず、ボーッと「ケン」を連れ歩くだけなんですが、何となく楽しい瞬間です。まあ、生産性は完全に零ですがね。

 夕方に自宅に戻って、「ケン」とジャレ合って遊びましたが、こういうなんでもない時間が楽しいもんです。その後は、本日2回目の長風呂。

 本当に贅沢に時間が流れて行きます。

 二日間も丸々自宅周辺に籠ってひたすらジッと過ごしているなんていう事はあんまり記憶にないのですが、やっぱり還暦目前になってくると、こういうオーバーホールの時間が必要になって来るのかもしれません。

 明日から今年最後の一週間が始まります。うち3日間が東京と静岡への出張ですから最後の最後までハードワークが続きますが、英気は充分溜まった感じですからラストスパートといったところですか。

 

やっと一息

 12月22日。土曜日。

 慌ただしくって息継ぎする間もなかった感じの年末だったけど、ようやく今日はゆっくりと事務所で仕事。



 昨日は非常勤監査役を務めている某上場企業の株主総会に始まり、取締役会さらに監査法人と会計監査について打ち合わせ。そのままバタバタと江坂のTKC大阪SCGセンターに駆けつけて来年の近畿大阪会のTKCモニタリング情報サービス普及の基本方針と対応策の打ち合わせを済ませて、そのまま大翔会。

 わざわざ毎月、静岡県から齋藤先生をお招きしてTKC基本講座をメンバーで読み進めて事務所経営や税理士業務について勉強しています。もうかれこれ1年弱になりますが、若手の会員を中心にして集めた16名の勉強会メンバーも勉強の成果が出てきたような...。これからのTKC近畿大阪会を支えて行ってもらえる中核メンバーに育って行ってくれればありがたいなあと思っています。

 その後、懇親会と二次会。



 お蔭さんで早起きはできず。幸いにも雨降りだったので朝ランはできずなんだけれども、やっぱり雨という正当事由がある分、自分を攻める必要が無い分だけ気が楽だ。

 事務所に出勤して来たら、私の机の上にお土産の事務所内での分配分のポテトチップスの袋が二袋置いてあった。目の毒だ。誘惑に負けて一袋、食べきってしまう(泣)。

 私を太らそうという誰かの陰謀かもしれない。



 昼前にいつも付き合いのある地元の取引先さんが訪ねて来て、かねてからいろいろと問題になっていた懸案事項の相談があった。また、事務所のリフォームについても動き有り。色々な話が湧いてくるのはどちらにしてもありがたい事だ。

 18時から高校時代の同一学年の同級生の忘年会の予定だ。十数名は集まってワイワイと騒ぐ気の置けないお気楽会だ。

 高校時代の友達は、学年の集まりやクラスの集まり、さらにアメリカンフットボール部のメンバーの集まりがそれぞれ1年の間に数回づつあるので、もう同窓会といった感覚ではなくって単なる地元の友達の集まりと化してしまっているのだが、まあ何かにつけて顔を会せてワイワイと騒げる友達付き合いが続くというのはありがたい事だ。

 それこそ「長~~~~~いお付き合い。」というやつだ。

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR