FC2ブログ

東京朝ラン

 6月28日。金曜日。

 昨日は朝一から飛行機に乗って東京出張。TKCニューメンバーズフォロー委員会の正副委員長会議に出席です。委員会終了後は懇親会、二次会。23時頃にホテルにチェックイン。

 6時起床。心持ちアルコールが残っている感じだが、頑張って朝ランへ。

 ここ最近、仕事やTKCの会務に追われてランニングとご無沙汰。

 久々のランニングなので無理をせずユルユルペースでホテル周辺を気ままに走る事とする。

 まさに思いつくままに走ったのだけれども、散歩の延長のようでこれもまた楽しいもんだ。

 ホテルから靖国神社を通り抜け外濠沿いに走って市ヶ谷、四谷を通過。そこから麹町を通って半蔵門、北の丸公園を伝ってホテルに戻る7.5kmのコースになりました。

 東京はまさにビルだらけなんですが、公園も多くって、見知らぬ景色の街をフラフラと放浪していると意外な景色に出会えて面白いもんです。

 総平均ペースは7分/kmですからほとんど負荷はかからず。楽なもんですが、好奇心の赴くままにあっちこっちにブラブラと...。ランニングスタイルで走っているからマシだと思うんですが、人気の少ない早朝にフラフラとで歩いていたら完全に不審者と見間違われるかもしれないなあと思います。



 7時頃にホテルに戻って来て、朝風呂。朝食を摂って、そのまま羽田空港へ。

 梅雨に突入したようで湿気が強く、せっかく朝風呂に入ってさっぱりしてもすぐにジトーッと汗ばんでくるのが不快です。

 10時の伊丹便に乗って帰阪。一旦事務所に戻って出張の荷物を置いてから某上場企業の取締役会へ出席。

 その足で夕方からTKC近畿大阪会の積水ハウス部会に出席。その後、懇親会と二次会。

 次から次に予定が押して来て、それをこなしていくのでアップアップです。

 とりあえず7月中旬まではこんな感じで、押しかけてくる予定をクリアしていくので精一杯かなあ...。




 
 
スポンサーサイト



仕事、仕事、仕事

  6月25日。火曜日。

 朝ラン無し。

 午前中はデスクワーク。担当者から提出された日報や担当案件の相談、さらにメールチェックをしていると瞬く間に時間が過ぎ去って...。

 嫁さんと13時過ぎから遅めの昼食を摂り、14時からTKC近畿大阪会の運営について㈱TKCの大阪SCGセンターのFセンター長と相談。夕方から企業防衛のマスターズ研修会と懇親会で大阪の北新地へ。

 ついつい飲み過ぎてしまう。帰宅は23時過ぎ。



  6月26日。水曜日。

 昨夜の飲み過ぎが堪えて朝ラン無し。ここのところ朝ラン再開のきっかけを逃し続けで、ちっとも走れていません。一旦、ランニングから遠ざかり出すと、すっかりお尻が重くなって走る事に縁遠くなってしまうのが人の常。そろそろこの辺りで仕切り直して、本格的なランニングのトレーニングを再開せんとアカンと焦り出しています。

 朝一からお客さんの業務提携先の会社さんを訪問して、決算説明。いろいろと深い業務連携を進めているので、情報開示をして意思疎通に祖語の無いようにせんとアカンと考えての事です。

 昼からは梅田のホテル阪急インターナショナルでFICという税理士の研修団体の研修があったので参加。特例事業承継税制とこの民法改正で新しくなった遺留分侵害額請求との関わりについてレクチャーとパネルディスカッションでした。かなりマニアックのテーマでしたが、あれこれと思考を巡らす事で事案の理解が深くなったような気がしました。

 まあ、よくそんなところまで深掘りして物事を突き詰めて考えていくもんだと感心します。同じプロとして感心ばかりしていられませんが、上には上がいるなあと素直に思います。

 夕方からは神戸の医療グループのお客さんの決算見込み、或いは個別相談の対応。比較的スムーズに相談が進み、帰宅は21時過ぎになりました。

 今晩はこのまま寝床で横になりながら、本でもゆっくり読みながら...。明日は東京に一泊二日の出張ですから、英気を養うって感じです。 

週初めの仕事

  6月24日。月曜日。

 今日から新たな一週間が始まる。とは言え先週後半の出張続きの疲れが未だ抜け切らず、朝ランはやらず。

 午前中は事務所の課長以上を集めて幹部会議。

 6月中に起こった所内の問題点を聞き、半月前に事務所のお客さん向けに開催した消費税改正セミナーの反省点を総括。さらに7月に取り組むべき仕事のテーマを列挙したり...。
 
 途中からは㈱TKCのSCGさんも同席頂いて、あれこれと意見も頂きました。

 午後からはデスクワーク。依頼されている原稿が溜まっているので、こういった仕事の狭間で要領良く片付けていかないと追い付きません(汗)。

 夕方からはTKCサプライのIさんが訪ねて来たので、TKCサプライの取扱サービスの内容についてあれこれと議論。我々TKC会員の税理士業務を設備、備品、周辺サービスの提供で支援するセクションですが、会計事務所のニーズは時代と共に変化していくのでこうしてユーザーの意見を聞きに来はる訳です。

 まあ、私が開業した平成8年頃はまだまだ手書きや紙の資料や申告書が中心。携帯電話もそこそこ広がりつつありましたが、まだまだ黎明期。それから思うと随分と我々の業務環境も変わったものです。

 最近ではあまりの変化の激しさに付いて行くのもやっとになりつつあるジジイの意見が役に立つのかどうか自信はありません。聞かれればあれこれと真面目に喋りますが...(笑)。

 夜はそのまま二人で居酒屋へ。エンドレスの泥沼会話は続く(笑)。
 

日曜日は終日研修受講

  6月23日。日曜日。

 連日の出張ですっかりバテてしまったので朝はゆっくり。とてもじゃないけど、朝ランで出る気力は無し。

 今日は10時半から、大阪市内で笹岡税理士の小規模宅地の研修を嫁さんと受講しに行く。

 小規模宅地にテーマを絞って、丸3日かけて微に入り細に入って勉強する有償のセミナーなんだけど、まあその内容の濃い事。

 とても自分で一つ一つの判例や当局が出した通達の類を掘り起こして比較研究する時間が削り出せないので、笹岡先生のこの手の研修は本当にありがたいと思います。

 申告の手引きなどで小規模宅地の項目を見るとポイントが要領良くまとめられていて、骨子をサラリと理解するのはさほどの苦労ではありませんが、実務のいろいろな事例に当たっているとその解釈が難しいようなボーダー上の事案に結構行きあたる訳で、そんな時にこの研修は本当に役に立ちます。

 また、遺産分割の際に、税理士として踏み込んだアドバイスをしておかないとお客さんに不利益を掛けてしまう恐れがあるポイントなんてのも見えてきて勉強になりました。

 素人として相続税を触るのであれば税法の規定の解釈についてはサラリと通れば許されるのでしょうが、その道のプロとしてお客さんから報酬を頂いて相続税を取り扱う限りはこういった微妙な案件を自信を持って捌かない事にはお客さんの期待を裏切ってしまう事になるので...。

 まあ、細かい仕事ですが、ここをスルーしてしまうと専門家たる所以が無くなってしまうので、頑張らんとアカン部分です。

 17時に研修を終えて、そのまま嫁さんと梅田でサラサラッと晩御飯を食べ終えて、そのまま事務所に戻って来て、嫁さんはそのまま決算申告書の審査を夜中までやっていました。過去に遡って更正の請求をしなければならない複雑な申告案件があったので、頑張らんとアカンところです。

 私は連日の疲れが噴き出した状態なので20時過ぎに家に帰らせてもらって、そのまま熟睡。

 すまんのう。

熱海でも何とか朝ラン

 何とか6時に起床。朝ランに行きたくない気持ちの方が遥かに強かったのだが、そこを何とか自分を言い聞かせて朝ラン開始。

 熱海温泉はTKC企業防衛絡みの行事で、6~7回は来ているので、何となくの土地勘はある。

 いささか昨晩のアルコールが残っているような気もする。

 調子は最悪。

 まあ、ペースはユルユルでも、「とにかく走っているだけで充分に偉いんだからね。」と優しく自分に言い聞かせながらのランニングになる。 

今日は金城館という旅館に泊まっているのだがそこから山側に向かって走り出す。ずっと上り。途中から傾斜がグンと上がるのだが、どうせペースが上がらないのは一緒なので我慢してそのままJR伊東線を越えて山の上ホテル前まで上って折り返す。

 ホテルに戻ってくると、今度は海岸線に下りてその辺りをユルユルと走る。最早散歩に近いような感じだが、「継続は力なり。」って事で細かな注文は付けない事とする。

 結局、5kmほど走ってから、朝風呂に浸かりに行く。

 旅館に入るや、一気に雨が降ってきたので、走るタイミングとしては絶妙な物があったのだろう。って言うか、もう少し早く降ってくれていれば惰眠を貪れたのになあ...(笑)。



 私は9時から講演。

 まあ、私の事務所経営についての話なんぞは20数年ずっと同じ話なんで、もう何も見ずとも空で喋れるような感じ。まあ、その時々の思いを長年の定番に乗せて喋るのですが、よく飽きもせずあっちこっちからオーダーが続くもんだと感心します。

 人間、人から頼まれると悪い気がしないのでホイホイと出かけてそれなりに一生懸命に喋っていますが、もう20数年だからねえ。ひと昔どころかふた昔を超えているので、長く続いているなあと思います。

 私の講演の後は、若手の先生のパネルディスカッション。熱演でした。なんなら私の時間もみんな使ってやってくれても良かったのにと思わされる感じ。

 それにしても昨日の昼から、ずっとこんな感じで熱いプログラムが続いていたかと思うと、熱気の高さに感心してしまいます。

 最後はみんなで昼ご飯を頂いて解散。

 私は一人で熱海から新幹線で帰ってきましたが、熱海からの新幹線の接続が結構不便。こだまに乗ると横に長い静岡県を通過するのに各駅停車なので異様に時間がかかります。結局、隣駅の三島駅までこだまで向かって、そこでちょっと長めの列車接続待ちをして、のぞみ乗り換えで戻って来ました。

 しんどかったので、ありがたくグリーンの座席をベッタリと倒して車中は熟睡です。



 自宅に戻ってきても、とにかくドンヨリとした疲れが抜けずだったので、「ケン」と遊んでから21時頃には寝室に籠って熟睡。
 

東京で朝ラン

  6月21日。金曜日。

 昨日は午後からTKC近畿大阪会の定期総会。今日は朝一からTKC全国会の正副会長会なので前泊しないと間に合わないって事で、懇親会後に新幹線に飛び乗って東京に向かう。新幹線の車中はとても本を読んだりする余裕は無く、熟睡。

 リーガロイヤルホテル東京には24時丁度くらいに到着。さすがにしんどい。

 とりあえず6時頃に起きて、ホテル周辺を朝ラン。

 とにかく走っているだけでも充分に偉いので、ユルユルのペースで5.5km。目白から護国寺の境内を通り抜けて雑司ケ谷の霊園の外周をグルリと回って戻ってくる感じ。

 朝風呂にゆっくりと浸かり、ブッフェ形式の朝食を摂りに行くといつものTKC全国会の役員メンバーがチラホラ。テーブルを一緒にしてあれこれと雑談。これが結構な楽しみ。



 朝一からTKC全国会の正副会長会議。昼からはTKC全国会理事会。って事で終日、会議の連続。多動症の気がある私としては一日中机に座りっ放しってのは苦痛以外の何物でもないのだけれども、地域会を代表して出席しているからサボる訳にもいかず...。

 まあ、こうしていろいろな議題に触れていると目新しい気付きがあったりするのだけれども...。



 1時間ばかり懇親会に出席してから、そのままTKC城北東京会を始めとした4地域会のメンバーに拉致される形で、そのまま熱海まで護送される。今日、明日の1泊2日で、TKC城北東京会、東東京会、東京都心会、静岡会の4地域会のニューメンバーズ委員会が共催でフォーラムを開催するので、そこで講演をするのが私の与えられたミッションだ。ついては今晩からニューメンバーズ会員との夜なべ談議に参加すべしという事。

 行きの新幹線車中で缶ビールを何本か空けて、若手メンバーのテンションに負けないように自らのボルテージを上げながら熱海温泉入り。

 結局、24時まで若手の会員先生と「あーでもない。こーでもない」と話し合いを続けて、そのまま熟睡。
 

朝ラン再開 意外に好調やん

  6月20日。木曜日。

 いよいよ今朝からランニング再開。

  6月 2日の南砺ウルトラマラソン100Kから3週間弱、ずっと休養でした。とことん身体を消耗したというのもありますが、仕事も忙しくってランイングどころでは無かったというのもあります。

 疲労回復を錦の御旗に野放図に食べまくったあおりで体重も2kgほど膨らんだようで...。トホホ。

 もっともシンガポールではダラダラと4日ばかり走っていましたが、走るというほどのペースでもなく気分だけランニングって感じでしたので、走ったうちには入らず日なあ。

 コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。

 ランニング再開の初日なんで、今日はペースを度外視して完全に成り行きで走る事とする。

 一昨夜、窓を開けっぱなし寝ていたら思いの外冷え込んで喉を傷めていたので、やや呼吸が苦しい感じ。身体が重く、調子が出ないのかなあと思いながら走っていると、意外にスルスルとペースが上がっていきちょっとビックリ。

 走り終わってからGPSを確認すると、出だしの1kmこそ6分30秒/km程度のユルユルペースですが、そこから俄かにペースアップ。5分20秒/kmを切るくらいの自分にとってはかなりのハイペースでずっと最後まで走り続けていました。

 意外に調子が良いやんか。

 さすがに3週間弱も休養を取っていると100Kマラソンの疲れも抜け切ったようです。まだ身体の節々に微妙にひっかかりがある気がするのですが、さほど気にする事も無いのかもしれませんね。

 悪い筈だと思っていたランニングの調子が思いの外好調だったので、何となく気分良し。

 今日は走るだけですが、そろそろ本格的に筋トレを始めとした補強も開始して行こうと思っています。

静岡日帰り出張

  6月18日。火曜日。

 昨夜のアルコールが意外に響いて軽い二日酔い状態。そんなにいっぱい呑んだ記憶は無いのだけれどもなあ...。

 6時に事務所前に担当スタッフ達と集合して4名相乗りで浜松へ向けて出発。

 浜松で2名(今回は私は浜松組でした。)が降りて、残りは焼津へ。浜松ではグループ親会社の巡回監査。焼津ではグループ子会社や取引先企業など3社の巡回監査。今月は残りの2社は別の日にお伺いする事になっているので日帰り往復です。

 さすがに静岡車で日帰り出張というのは体力的にきついけれども、お客さんが頼って頂いている限りは頑張らないとなあと思っています。仕事冥利ってやつですよね。

 もう早いもので、静岡通いもかれこれ10年近く続いてきているのですが、次から次に新しい課題が湧いて来て、仕事の幅がドンドンと広がっていく感じです。

 会社に着いてから社長とあれこれ喋っていると、社長が嬉しそうな顔をして3件ほど新規のお客さんを紹介したいと言って下さってビックリでした。元々、お客さんが我々会計事務所に新規のお客さんを紹介する義務などある筈もないのですが、こんなに次から次に紹介して頂けるのはありがたいと通り越して、むしろ申し訳ない感じがします。

 一社は後継者が居ないので社長にM&Aをしてもらいたいと考えている先さんらしく、会社の企業戦略的にも重要なポイントになるので慎重に取り扱わないとアカンと思っています。

 残り2社は外注下請けの先さんです。

 まあ、紹介頂いたからと言ってその全てと顧問契約できる訳ではありませんが、規模的に考えてもっと月次巡回監査がスムーズにできるような仕組みを考えないとなあ。税理士法の規定があるので違反行為はできませんが、知恵の絞りどころです。

 事務所内では、このグループの担当をしている人達は静岡組と呼ばれて独特の連帯感があったりしていますし、静岡ならではの海のもの、山のものをあてに酒宴を張る楽しみもあるので、体力的にきつい面とトレードオフの関係になっている気がします。

 業種特性で、本来的にはあまり出張の無い仕事ですが、月に一度の割合ならば生活に彩を添える程度の解釈で、ちょっとした楽しみにしたら良いのかなあと思います。

 出張を終えて、自宅に戻ると23時を回っていました。さすがに疲労困憊。そのままベッドに倒れ込んで熟睡。

 

大学院で講義をした

  6月17日。月曜日。

 午前中は新たに顧問契約をしたいと言って下さっているお客さんがわざわざ事務所にお出で頂いたので、会社の事業内容をあれこれとお聞きし、過年度の決算申告書を見ながら問題点だと思われるポイントを何点か指摘させて頂きました。その後は顧問契約の説明も...。

 うちの事務所の顧問契約は安値で勝負している訳ではないので、世間相場の比較も入れながら、尚且つ、うちの事務所で提供させて頂く業務内容と合わせて説明させて頂きました。

 まあ、それでもお客さんの側から顧問契約を依頼して下さって、わざわざ事務所まで来て頂けるってのは本当にありがたい話です。まあ、それだけに高い期待値を裏切らない仕事が求められる訳ですが。って事で、ちょっとプレッシャー(笑)。

 本格的な業務関与は8月からという事になりました。

 ありがたや。ありがたや。



 午後からは兵庫県立大学の大学院の会計研究科で一コマ頂いて、実務家の立場から税理士という仕事を実態面も赤裸々にして説明しました。
 
 そもそも大学院というところに足を運んだことが無いのでどんなところか興味津々でしたが、実際に行ってみると特別な場所でもなんでもなくって、全く持って普通な所でした。まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。

 自分自身、大学を卒業はしましたが、まともに出席した事がなかったので大学の空気がよく分からず、どんな話をすれば良いのかピンと来ないところがあります。また、働いた経験の無い人を相手に税理士という仕事を赤裸々に話をしても、どのくらいリアリティを感じてもらえるのかなあという疑問がありますが、自分が思う講義を淡々とするしかありません。

 まあ、自分より30歳以上若い人達を前に講義をするというのは戸惑いも大きいのですが、普段接しない人を相手に講義をさせてもらう経験は貴重なもんだと思っています。だって、慣れた状況で物事を続けていると矮小な人間になりそうで...。

 今回の経験はランニング仲間のSさん(最近は走らない交流会で顔を合わせる関係になっています。)が声掛けして頂いて実現したもので、本当にありがたい経験をさせてもらっているなあと思っています。
 
 夕方、まだ陽も高い時間から三宮で今回のセッティングをして頂いたSさんと一席。一軒目を終えて店から出てもまだ外が明るかったのでそのまま二軒目に突入。贅沢なもんです。

 

新しい社有車が来た

 先日、お客さんから譲ってもらった新しい社有車がやって来ました。

 BMW320iツーリングというワゴンタイプの車です。さすがによく走ります。スピード違反、要注意です(笑)。

 毎回、ここのお客さんの会社の社有車を譲ってもらっていて、今回が3台目です。

 会社で5年間のリース期間が満了したタイミングで、リース会社の下取価額と同額でうちの事務所が買い取らせてもらっています。まあ、新車価格から言うと1/3~1/4くらいですし、同型車の同程度の中古車を買うより格段に安い値段だと思うので、本当にありがたい話です。

 まあ、私がほとんど外見を構わないタイプなんで、かなりみすぼらしいボロボロの車に乗って会社に行くもんだから、見かねて気配りを頂いているのだと思います。

 もともとセンスの良い車を選ばれていますし、走行距離も圧倒的に短く、手入れも行き届いていて、とても5年落ちの車に見えません。少なくともうちの事務所だったら、5年も経てばもっとヤレ感が出てこんな風にはなっていないよなあ。

 自分で新車をわざわざ選んで買うより、こっちの方が結果的に品よく見える気がします(泣)。

 前の2台はセダンタイプだったのですが、今回はワゴンタイプ。静岡に4名で出張なんて事もよくあるので、荷物がたっぷりと載せれるのは嬉しい限りです。

 さっそく2日間ほど短い距離を乗ってみましたが、基本的な操作系で操作に迷う事は無いのだけれども、ナビゲーションシステムや諸々の安全デバイスが昨今は急激に技術進歩の荒波にさらされていて、こりゃあ取扱説明書をゆっくりと読まないと何の事やらよく分かりませんっていうような機能が付いています。

 昨今の電子技術の技術革新のお蔭で、車に限っても技術は急伸しているのだなあと実感します。

 まあ、車ぐらいが急激に変わるのは良しとしても、同じような技術のブレークスルーが我々の仕事の世界でも起こっているので、こちらの変化には幾分の余裕を残しつつ対応していかなくっちゃって言う方が格段に心配事であり、楽しみ事でもあります。

 でも、私が子供だった50年近く前に、誰が今の世の技術革新を想像しえただろうかと思うと、人間のあくなき技術開発への執念って空恐ろしいもんだなあと思わざるをえませんね。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR