FC2ブログ

表彰旅行最終日 辛うじて朝ラン

 11月18日。月曜日。

 TKC近畿大阪会の表彰旅行3日目。TKCニューメンバーズフォーラムで大阪を離れて5日目になる。さすがに疲れがドッと噴き出してきた。

 辛うじて6時過ぎに起きて日本平ホテルの広大な芝庭と展望台の間を無作為にブラブラと走る。距離にして5km。申し訳程度に走りましたという程度で負荷はほとんどかからない感じ。

 最後に縄跳びを500回。かなりリズミカルに跳べるようになってきたので2重跳びにトライするが、若い頃の様にスッと身体が動かず頻繁にロープが足に絡む。やっぱりドン臭くなっているのだなあと思う。ちょっと悲しい。

 ホテルを出発して、すぐ横にあるロープウエイに乗って久能山東照宮へ向かう。徳川家康の墓所だ。何とはなしにグルリと東照宮を見て回る。東照宮の主人公はもちろん徳川家康だが、その両脇に織田信長と豊臣秀吉が据え付けられているのを発見。義理堅いなあというより、政権を簒奪したのではなくて正統な後継者であるというイメージ作りが必要だったのだろうなあと感じる。

 私はそのままJR東静岡駅で表彰旅行のバスから降ろして貰って、昼前から仕事モードに切り替えだ。

 昼前にJR焼津駅に到着。社長との待ち合わせの時間まで2時間あったので、焼津駅前にある黒潮温泉で時間を潰す。仕事モードと言いながらいきなりのゆったりモード。ちょっと笑ってしまう。

 14時から社長と面談。新規事業や今期の決算見込みと今後の対処などについてあれこれと打ち合わせ。そのまま晩御飯も一緒させてもらう。うちの他の事務所スタッフ2名もその場に合流させてもらい、あれこれと仕事絡みとそれ以外の話も...。ありがたい話です。

 21時半頃にお開き。部屋に戻ってそのまま就寝。さすがにお疲れモード全開です。

表彰旅行2日目 食べ過ぎにビビリつつ、自分への言い訳作りでランニング

 11月17日。日曜日。

 5時過ぎ起床。真っ暗な中を昨夜走った河口湖東側を3周回走る。距離は12km。

 走り終わる頃にはすっかり夜も明けて、河口湖に綺麗に富士山が映り込んで「逆さ富士」ガバッチリ見える。写真もバッチリ。

 総平均ペースは5分53秒/km。出だしの2kmほどは、まだ身体がほぐれておらず6分10~25秒/kmほどだったので、3km以降は5分30~40秒/kmペース。

 外気温は10度を下回るくらいだったので、走っていても身体が温まってこず寒いまま。手がかじかむ。

 ランニング後は、9階にある大浴場でゆっくりと朝風呂。

 その後、ブッフェ形式の朝食。貧乏人根性丸出しで食べ過ぎてしまう。残念!



 今日は鳴沢氷穴と風穴を見学後、オルゴールの○○(名前を忘れてしまいました。まあ、いいか。)で昼食。見学。そのまま富士山をグルリと回り込んで日本平ホテル入りが18時頃。

 ずっとバスに乗っている感じ。通常の観光バスを14名で乗っているので座席はゆったり快適なんですが、長時間バスに乗るのはそれなりに疲れます。

 ホテル到着後は懇親会と清水の夜景を堪能しながらの2次会。

 今晩は22時過ぎにお開きになり、久し振りに早めの時間からベッドに潜り込めたのでちょっとラッキーでした。

富士山周遊旅行 チマチマとランニング

 11月16日。土曜日。

 6時過ぎに起床。

 ホテルから昨夜走ったコースとほぼ同じルートを走る。ほぼほぼ犀ケ崖往復という感じ。帰りに浜松場周辺をウロウロして、浜松城の前身の引馬城址(今は浜松東照宮)を見学。距離にして6km。

 総平均ペースは7分/km。完全に散歩の延長。

 ピリッとした外気で、走っていてもほとんど汗もかかず。走るには一番良い季節かもしれない。



 今日から2泊3日で富士山をグルリと周遊するTKC近畿大阪会の表彰旅行だ。河口湖畔の「風のテラスKUKUNA」と静岡市の「日本平ホテル」に泊まるそうだが、どちらのホテルも宿泊費がかなり高いみたい。まあ、個人的になかなか泊まれそうにないところみたいなので楽しみ(貧乏人根性丸出しだ。)だ。

 JR浜松駅で新幹線に飛び乗って、大阪から来た表彰旅行組と合流。総勢14名でバス一台を借り切る豪華旅行だ。

 JR三島で下車して、そのまま河口湖へ向かう。途中、古民家を改装した炉端焼きの店によって昼食。これがまた量が凄くって、ここ最近ずっと体重を絞るために断食をしてきた努力を一発で吹き飛ばすような事に...(泪)。

 忍野八海で見学。

 土産物屋さんで洒落た風合いのシルクのスカーフがあったので購入。

 17時前にホテルに到着。

 夜の宴席まで時間があったので、河口湖の東半分をグルリと一周(ざっと全周の1/3~1/4くらいの距離になるのだろうか...。)ランニング。

 6分/kmのゆっくりペースで4kmの距離をこなす。腹ごなし目的だが、さほどに効果無し。走り終わってから、ホテル前の駐車場で縄跳び500回。日が暮れて真っ暗な中でオッサンが黙々と縄跳びをしているのはかなり不審な感じに見えるだろうなあ...。

そのまま温泉へ。露店風呂から夜空に浮かぶ黒抜きの富士山と対面する形でゆっくりと浸かる。

 18時半から宴会。その後カラオケ主体の二次会。ご馳走が過ぎるのが玉に疵。食べ物の誘惑に勝てない私。「アカン。」と囁くもう一人の私がいるにもかかわらず飲食の暴走が止まらない(泣)。

TKC全国会ニューメンバーズフォーラムin浜松 終了後、浜松市内をランニング

 11月14日。木曜日。

 今日から浜松のグランドホテルで1泊2日でTKC全国会ニューメンバーズフォーラムが開催されます。昨夜は事務所の経営支援フォーラムで帰宅が24時を少し回った時間帯になりましたが、今朝は朝一の会議に間に合わすために5時半起床。6時過ぎに自宅出発の強行軍です。

 今週は月曜日の齋藤先生のセミナーに始まり、書面添付シンポジウム、事務所の経営支援セミナー、さらにニューメンバーズフォーラムと一週間ぶっ通しで大きな行事が目白押し。

 行きの新幹線の車内では、事務所管理システムを立ち上げてメール返信やスタッフからの日報、スタッフ達の担当案件の個別相談への対応など休む間もなく仕事をしないと、事務所のみんなに迷惑を掛けてしまいます。ハードな予定ですが、まあ、こうして他人に頼られているうちが花なのかもしれませんね。



 10時からTKC全国会のニューメンバーズサービス委員会と地元静岡会のニューメンバーズフォーラムの開催支援メンバーが集まっての直前ミーティング。1,000名の若手TKC会員を集めて開催される巨大行事ですから、事前に何度も打ち合わせが必要になります。

 お昼は坂本TKC全国会会長と角㈱TKC社長、畑TKC静岡会会長、TKC全国会ニューメンバーズサービス委員会の甲賀委員長と大井副委員長の6名で昼食会。ニューメンバーズフォーラム直前の昼食会は恒例行事。お偉いさんと一緒ですからいささか緊張気味。日曜日の夜から基本的に断食を続けてきたのですが、今回は例外。久々にしっかりと食事を摂りました。

 昼から、坂本TKC全国会会長の会長講演と分科会。その後は懇親会。地域会単位で二次会。断食の引き続きで、ほぼ食べ物は口にせずビールやハイボールを飲むだけ。

 結局、最後は日付を越えて3時近くまで部屋飲み。ヨレヨレの睡眠不足です。



 11月15日。金曜日。

 バリバリの睡眠不足で朝一から㈱TKCの角社長の講演。最後にパネルディスカッション。

 二日間の盛り沢山の内容です。



 ニューメンバーズフォーラムはTKC全国会入会間無しの若手会員に向かって事務所経営をテーマにあれこれと事務所経営が上手くいっている先輩会員が伝授する場。

 私も過去に3度ほどこの場で講師役を務めた事があるのですが、人に教える側の人間が実は事務所経営について一番勉強をさせてもらって身に着くような気がしました。

 一回目は事務所開業して1年後。まだ右も左も分からない時にお客さんだけ爆発的に増えたものだから、顧客開拓をテーマに。メインのパネルディスカッションでパネラーの一人として500名前後の参加者の前で喋ったので、必死のパッチでした。

 二回目と三回目は開業して10年と15年が経過したタイミングで。顧客獲得と受注単価設定の考え方、さらにTKCビジネスモデルとの関連性についてあれこれと。これはどちらも分科会講師として50~100名の参加者に対して。

 ここ最近はTKC全国会ニューメンバーズサービス委員会担当の宣告会副会長として3年連続して関わらせて頂いているが、やっぱり単なる世話役じゃあなくて、一番勉強させてもらっている側なのかもしれないと思います。

 今回も、講師たちのレジメや講演を直接聞いて、目から鱗でいろいろと勉強になりました。ありがたい話です。



 ニューメンバーズフォーラムはお昼に終了。そのまま同じ浜松市内のビジネスホテルに移動。

 明日から2泊3日でTKC近畿大阪会の表彰旅行で富士山周辺をグルリと一周する旅。かなり上等のホテルに泊まらせてもらえるようです。このまま一旦大阪に戻って、明日再び新幹線で静岡に来ても良いのですが、それだと今日明日と新幹線に乗りっ放しになるので、浜松に一泊してJR浜松駅から表彰旅行の一団に合流するつもりです。

 日曜の夜からの断食も概ね5日間ほど続いたことになるので、解除。JR浜松駅のレストランでしっかりとした昼ご飯を食べて、今日勉強したあれこれをノートに取り纏め。鉄は熱いうちに打てですから、記憶に鮮明なうちに事務所経営の改善ポイントをあれこれとメモをして15時のチェックインタイムまでの時間を潰す。



 17時頃から浜松市内をランニング。7分/kmペースで散歩ラン。

 さすがに今回の断食で体重が3~4㎏ほど落ちたので身体が軽く、走りも軽やか。

 総距離は5.5km。とりあえず昨晩の寝不足が堪えているので、今日のランニングは軽い負荷で終了。

 その後、ホテルの駐車場で縄跳び。500回まで回数を伸ばす。かなりロープ捌きがスムーズになり、若い頃の軽やかな跳び方が戻ってきた感じだ。まだまだ負荷自体は軽いが、こういったトレーニングは続けることが肝心。徐々に負荷を上げていくつもりだ。



 今晩はホテルに籠ってニューメンバーズフォーラムのおさらいメモの作成とクレセントアカデミーの課題レポートに取り組むつもり。

 


 
 

 


 

 
 

 

 
 
 

事務所の経営支援セミナー開催!

 11月13日。水曜日。

 今日はわが事務所の経営支援セミナーの日。100名前後のお客さんにホテル阪急インターナショナルに集まってもらって、経営にまつわるセミナーとその後の懇親会の2本立てで開催する年に一回の定例行事です。

 事務所の年間行事のメインイベントですから、朝から事務所の空気が落ち着きません。

 うちの事務所のスタッフ達が頑張ってくれて、今年については私や嫁さんは方針について喋っただけでほぼノータッチ。スタッフだけで自律的に企画、運営、管理をしてくれました。一生懸命にセミナー開催の準備をしてくれているスタッフを横目に見ながら、彼らも成長してくれたなあとしみじみと実感しました。所長としてこんな嬉しい話はありませんよね。

 思えば事務所を開業して23年目。何から何まで自分の手で準備をして、動いて、後始末をして...という繰り返しで今に至るのですが、ここ3年くらいで随分と空気が変わってスタッフ達が自主的にあれこれと動いてくれるようになりました。ありがたいというのかなんというのか分かりませんが、事務所の厚みが出て来たなあと実感する瞬間です。

 いつもならセミナーが始まると無我夢中になるのですが、今回は冒頭30分の講演の講師を務める事と、中盤で開催される表彰式のプレゼンテイターを務める事だけが主たる仕事。後は何から何まで傍観者的な立ち位置で終わってしまいました。

 スタッフ達の運営を見ていると不慣れでバタバタする瞬間が何度かありましたが、大筋は上手に取り纏めができていました。不慣れな部分は経験を積めばグングンと品質は上がって行く筈ですから、◎。

 事後に不慣れで起こったバタバタ(放っておけばその内に慣れて上手く回るようになる筈です。)と考え方や集中力の欠如で起こったバタバタ(これは意識して取り組むとすぐに修正可能です。ただ、本人がしっかりと自覚できるかどうかが分かれ目ですよね。)を切り分けて上手く伝えるとグンと成長スピードが速まると思います。

 20時過ぎに懇親会が終わり、後片付けが21時に終了。

 その後、スタッフ達と近くの居酒屋で打ち上げ。

 心地良い疲労感の中で、ウダウダと話の花が咲き...。

とにかく朝ラン

11月12日。火曜日。

 昨夜はTKC近畿大阪会で静岡会の齋藤先生をお招きしてシステム研修会を実施したので、その後の懇親会に参加。

 昨日のハーフマラソンで4㎏ほど太ったデメリットを痛感したので緊急ダイエット実施中の私としては辛い話だが、飲み食いを大幅に控える。デブは、こういった飲み食い放題のシチュエーションでも無邪気に楽しめない。まあ、散漫に飲み食いをしたツケを清算するにはそれなりのペナルティーを支払わねばならないからね。



 6時前後に起床して、そのまま朝ランへ。

 今日は距離を伸ばして箕面周回特大コース+今宮 14.2km。ハーフマラソン明け2日目なので、今日もゆっくりペースを意識して淡々と走る。

 出だしの1kmは6分56秒/km。その後、心持ちペースを上げて6分前後でラストまで。

 最近は、走っている最中は何も考えない無に近い状態になっている事が多い。意識が抜けているというのか...。外界の変化は視覚的には捉えていて危険回避行動は自然に行っているのだけれども、ほとんど自動運転の様なもので意識は眠っているような不思議な感覚だ。

 走り出した頃は、朝ランは今日の仕事の段取りを考えたり、今抱えている問題点をあれこれと考えたり...なんて事をしていたような気がするのだけれども、今はほとんど脳味噌が耳から垂れ流れているようなほぼほぼ痴呆状態で走っている。

 まあ、これが気持ち良かったりするのだが。

 多分、走るという行為が脳内麻薬の分泌を促しているからこんな状況になるのだろうけれども...。ある意味、麻薬患者みたいなものかもしれないなあ。



 午前中は所内でミーティングを1件こなし、来客を2件対応する。

 午後からはTKC近畿4地域会で共催する書面添付シンポジウムがリッツカールトン大阪で開催される。

今回はTKC近畿大阪会が幹事役なので冒頭に10分ほど挨拶。企画も良く、関連委員会が一生懸命に参加者を集めてくれたお陰(400名ぐらい集まりました。凄い動員力だと思います。ありがとうございました。)で、内容も濃く盛会で終わる事ができホッと一息です。

シンポジウム後の懇親会。さらに2次会では再び辛い断食。アルコールだけは断り続けるのも無粋なので注いでもらった杯だけは楽しく空けるが自分からは取りに行かないというスタイルを貫く。

それなりに緊張して望んだシンポジウムが盛会に終わってホッと一息というところで辛抱というのはきつい。
 

ハーフマラソン大会明けの朝ラン

 11月11日。月曜日。

 昨日のハーフマラソン後の入念なストレッチが効いたのか、ダメージが軽く朝ランをする事にしました。

 コースは定番の箕面周回大コース 8.6km。

 もちろん昨日は調子が悪いなりには一生懸命に走っていてそれなりに筋肉が痛んでいるので、テーマはリカバリーラン。ゆっくりと走る事って血流を上げる事で傷んだ筋肉の回復を早める事です。

 総平均ペースは6分39秒/km。

 朝の街を、ゆっくり、のんびりと走ります。朝の気温は10度前後だったので、じっとしていると肌寒いのですが、スローペースで走っていると丁度心地良い感じです。

 ランニング後はストレッチ。さらに朝風呂。縄跳びや筋トレは止めておきました。



 出勤前にさかぐち鍼灸接骨院さんへ。

 40~50分ほどですが、筋肉や関節をもみほぐして貰います。元々、左肩の調子が突然悪くなり、うまく肩が上がらなくなったのでその治療がメインですが、足腰も揉みほぐして貰っています。施術の後は電気を当てて終了。

 週に1~2回ですが、左肩の調子も戻ってきましたし、身体の調子もジワジワと良くなってきたような気がします。ありがとうございます。



 9時半頃、事務所に出勤。

 今日からウィークデイの始まり。今週は事務所のお客さんを100名ちょっと集めて開催する経営革新セミナーや浜松で1泊2日で開催されるTKC全国会のニューメンバーズフォーラム。さらに週末からはTKC近畿大阪会の表彰旅行で静岡方面に2泊3日の豪華?旅行と盛り沢山の変則日程になります。

 なかなか普段と違う行事が立て続けにある中を、上手く調整して仕事や勉強やランニングも中断しないように自己管理をせんとアカンので、過ごし方が難しい一週間になりそうです。

 

ハーフマラソン出場

 11月10日。日曜日。

 兵庫・丹波もみじの里ハーフマラソン大会に出てきました。結果は1時間56分33秒。まあ、体重が4㎏近く増えているからこんなもんでしょう。思うようにスピードが乗らず最後の数kmはあえなく失速。自己ベストより7分も遅いので駄目駄目ですが、今の力はこんなもんだなあって感じです。

 丹波の小さな街、青垣で開催される小さなランニング大会。出場者も1,000人程度と少なくって走り易い感じです。もちろん出発前のトイレの大行列なんてのも無縁ですから助かります。

 秋晴れの中、暑くもなく寒くもない絶好のコンディションの中を走ってきました。

 出だしからずっと身体の重さが響いてスピードが乗りません。冒頭に書いたような体重増がまともに堪えている感じです。前半の10kmは5分20~40秒/kmのペースを淡々刻みましたが、とにかくしんどい。走っている楽しさをあまり感じる事ができません。まあ、余裕が無い状態って事なんでしょう。

 折り返しから5分10秒前後までスピードを一段上げたのですが、16km辺りからこのペースを維持するのが苦しくなりスピードダウン。ラストの3㎞は完全に勢いを失ってしまって5分50秒~6分/kmまでペースが落ちました。

 後半で上げ出した5分10秒前後を最後まで引っ張れると良かったのですが、まあ今は調子が悪いのでこんなもんでしょう。って言うか、体重増を考えると良く頑張った方かもしれません。

 ゴール後はしっかりとストレッチ。今までは走り終わった後は、身体のメンテナンスもせずにそのままだったのですが、最近通いだしたお客さんの鍼灸接骨院にストレッチの大切さを重々と説かれたので物は試しでここ1週間ほどマメにストレッチと取り組んでいます。

 基本的に身体が硬くってガチガチですからストレッチは苦手。何だか側で見ているとストレッチに見えないかもしれませんが、身体を酷使した翌日のダメージの残り具合が全く違うということらしくって、真面目に取り組んでみました。

 13時には会場を後にして1時間ほどかけて帰宅。ハーフマラソンは半日でスッキリと終わるので楽ですねえ。

 帰宅後、長風呂。昼寝。極楽也り。



 夜は卓球女子のワールドカップ決勝の中国対日本を観戦。結果は残念ながら3-0の敗戦に終わり銀メダルでした。

 伊藤選手などはかなり有利な状態でマッチポイントまで握ったのですが、最後の最後で押し切られての敗戦です。力はかなり拮抗しているのでしょうが、最後の底力の部分であと一歩及ばず。

 平野選手もその潜在能力を伺わせるような善戦ですが、スコア的には大敗です。まだまだ努力が必要という事だと思います。

 アナウンサーが中国の背中が見えて来たとか、あと一歩で力の差はスコアほどには開いていないなんてコメントをしていましたが、私の目から見るとそんな能天気なものではなくって中国の底力が見えた戦いであったように思います。

 日本のテレビはいつも過剰なほど日本チームの善戦を誉め上げて、次こそは...なんていう報道を繰り返しますが、幼稚な報道だなあと思います。もっと専門家の視点から現在の力の差やこれから打つべき手なんてものをもっと解説者目線で報道しないと飽きられるよねえ。

 日本チームを誉めて、期待を煽っておけばそれなりに視聴者の反応はとれるのでしょうが、そんな事は誰でもちょっと慣れた人ならできる事(そりゃあ、そんな報道ならその場の雰囲気で喋っていたら良いので、特段の勉強や突っ込んだ取材がいらないから楽ですわ。)。私が聞きたいのはリアルな姿。これから展望。お祭り騒ぎに加わる気はありません。

 テレビ離れと言われますが、報道関係者のレベルの低さがその原因の一つではないのかなあと思います。
 

 

 

2泊3日研修最終日 やっぱり朝ラン

 11月 6日。水曜日。

 笹岡先生の2泊3日の資産税研修もいよいよ最終日。

 今朝も頑張って欠かさず朝ランです。

 ホテルを出るとやっぱりちょっと肌寒いですが、辛抱、辛抱。昨日は琵琶湖ホテルから南側を向いて走ったので、今朝は湖岸沿いを北側に向いてランニングです。

 今朝も手元のGPSを一切見ずに気ままにランニング。昨日は膳所城までずっと公園通しで走れましたが、北向きに湖西線側に向かうのは幹線道路沿いを走らねばなりません。

 琵琶湖疏水の流入口を過ぎて、競艇場の横を過ぎ、少し走ると琵琶湖に突き出た柳が崎。グルリと岬外周の公園を走って折り返し。復路は同じ道は面白くないので幹線道路沿いを止めて湖西線沿いを走ります。JR大津京駅から皇子山総合運動公園を通過していくと途中から錦絵の径というちょっと風情のある散歩道に行き当たったのでそれ沿いに京阪浜大津駅まで走って帰って来ました。これはこれで街中を走るちょっと毛色が違う面白い道でした。

 都合7km。昨朝とほぼほぼ同じ距離になりました。

 そのままホテル横で縄跳び。今日からは300回。と言っても相変わらずさほどの負荷は掛かりません。まあ、やらないよりやった方がマシって事で。

 そのままホテルの大浴場で朝風呂。急いで朝ご飯を済ませて9時からの研修に間に合わせました。



 最終日は午前中は2時間半。午後からは3時間半と結構ヘビーです。正直言うと最後の30分ほどは眠りの世界に落ちてしまったのが残念です。

 今日もアラカルト的に細かくて普段はさほどに気に留めないようなテーマが盛り沢山。資産税は改めて怖いなあという思いを強めた一日です。

 16時に研修を終えて、そのまま自動車に乗って17時過ぎには事務所に戻って、溜まっている仕事の片付け。と言っても小1時間くらいの時間ですが。まあ、たとえ小1時間でも事前に前捌きをして仕事の山を崩す段取りをつけておくのとそうでないのの差は大きいと思います。事務所に居合わせたスタッフからも個別事案の相談が何件か...。

 今晩は夕食を済ませてから、再び溜まったメールやスタッフからの日報のチェックくらいは終わらせておかないと明日がやり切れないなあと算段しているところです。3日間一匹で留守番をさせられていた「ケン」が遊びたそうにしているのですが、夜の散歩くらいしか相手をしてやれそうにありません。トホホです。

大津 朝ラン

 11月 5日。火曜日。

 6時前に起きて朝ラン。

 浜大津にある琵琶湖ホテルを出て、琵琶湖沿いの公園の中を膳所城北詰めまで往復して7kmの行程でした。ちょっと肌寒い中をスタートしたのですが、走り出すと丁度良い温度感でした。

 琵琶湖畔を走ると、解放感が凄くてとても気持ちが良い朝ランになりました。

 昨朝に引き続き今朝もペースを気にせず走ったのですが、出だしの1kmは6分52秒/kmとユルユルのペースで走り出したのですが、徐々にペースが上がり出して最後の2kmは4分50秒~5分20秒/kmとそれなりのハイペースになっていました。なんだか出だしは眠気もあってさほどに気分も乗らないのですが、身体が温まってくると徐々に調子が上がり出すようで、自分ではさほどに意識していなくても後半に自然とペースが上がってくるようです。

 走り終わると縄跳びを200回。さほどに負荷を感じないので、明日からは300回に回数を引き上げないとアカンかなあ...。



 今日の午前中は休養を兼ねて石山寺観光。私はもう何度も行っているので特に目新しさも無いのですが、全国各地から60名超の税理士が集まっているので、初めて訪ねる人も多数おられた様です。判例を主要教材に使った研修は、そもそも判例そのものが物凄く読みにくいものである事からかなり疲れる作業なんですが、ちょっとした息抜きは必要な事だと思います。

 今日の研修は13時半から17時半までの4時間。

 小規模特例の適用にあたって「同居」や「生計を一にする」という要件の判例等を使った実務的な判断について中心的に講義を頂きました。本に書くとさらっとしたものですが、実務でお客さんの案件に対応していると何とも微妙な状況というものに数多く当たりますが、判例を使って税務当局や裁判所の考え方や実務上の注意点を講義頂き、本当に助かります。

 夕食後は、笹岡先生が趣味的に勉強されている食生活に係る注意点や特に気を付けるべき食品添加物のレクチャーを1時間。税務についてもちろん凄いけれども、こちらの話もまあ凄い。オタクの極みです。これは希望者だけの受講ですが、6割ぐらいの参加者がありました。

 とにかく腹いっぱい食べる主義の私には耳の痛い話ばかりです。

 隣の席で同じ分野に関心を持っていてこのところよく勉強している嫁さんが我が意を得たりとう表情で私を見下しているのが鼻に憑きます(笑)。

 

 

 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR