FC2ブログ

4泊5日の旅 初日の朝ラン

  1月17日。金曜日。

 昨日、夜に飛行機に乗て東京の早稲田にあるリーガロイヤルホテル入り。4泊5日の旅の前半の二日はTKC全国会の正副会長会と理事会。後半の三日は宮古島でワイドーマラソン100K出場。前半と後半で全く異なった色合いの旅。

 持って行く鞄に詰め込む荷物も全く属性の違うものが同居する事になるので、いろいろ大変です。



 5時半起床。しばらくベッドでボーッとして身体が目覚めるのを待つ。着替えをし、6時過ぎから朝ラン開始。神田川沿いを上流に向かって走り、下落合で瀟洒な住宅街の中をゴチャゴチャと縫うように走って目白通りを戻ってくる。学習院の前を通り過ぎて椿山荘を過ぎて江戸川橋からユーターン。都合、8.2km。

 100kmマラソンに出場するために先日神戸で買ったHOKAONEONEの試し履きをした。あえて足とのマッチングを見るために裸足で直接履いてみた。どこも当たる部分もなくスムーズな足入れ感。HOKAONEONEはフカフカのクッションが特徴のシューズなんだけれども、今回の靴はそのフカフカ感が微妙に変わっていて興味深い。

 従前は物凄いフカフカ感で、確かにランニングの着地衝撃を大幅に緩和してくれている具合がよく分かり、体重の重い私にとって70km以降の足の壊れ方が随分と違うと感じたものだけれども、今回のそれはフカフカ感が随分と抑えられている感じだ。

 フカフカ感が強ければ確かに足を守るという一点で優れものだが、前へ進むという推進力が幾分ロスッている感じがするのもまた事実。今回は足底にカーボン素材を使うことでフカフカ感と推進力のバランスに手を入れたという感じだ。

 2日後に大会を控えているのでペースは上げず、総平均ペースは6分26秒/km。後半になると徐々にペースが上がりだし最後の2kmは5分50秒/km前後まで上がるが、今日のところは大会前の調整という意味で走っているのでそれ以上に頑張っても仕方がないと思い流した感じで走る。

 ウルトラマラソンはペースを上げるというより、とにかくタフに動き続けるという点が大切だ。



 ランニング後、ホテルの部屋に戻って朝風呂。極楽。

 そのままホテルのレストランでブッフェ形式の朝食。今日の正副会長会に出席する予定の他地域会の会長とも顔を合わせて、あれこれと会議前の情報交換。ジワジワと頭の中が会議モードに切り替わっていく感じ。

 今日はこの後、夜まで丸一日TKC漬け。

神戸までユルユルランニング

  1月12日。日曜日。

 いよいよ宮古島ワイドーマラソン100Kが一週間後に迫ってきたので、今日は一日かけて足慣らしに神戸の三宮までゆっくりペースで走る事に。

 10時頃から、ランニング後に風呂に入ってから電車に乗って帰ってくるために着替え一式や入浴セットをザックに詰め込んで走り始めました。靴まで入れてあるので3~4㎏ほどあるのでそれなりに足に負荷が掛かる感じ。

 とにかく長時間身体を動かし続ける練習。一週間後にダメージが残らない程度ですから、それほど距離を伸ばし過ぎる訳にもいきませんし、ペースを上げて筋肉を酷使する訳にもいきません。なにせ還暦を迎えたオッサンは回復力に問題がありますから、労わってやらないとねえ。

 自宅から五月山の丘陵を下り、ダイハツ本社の先で旧西国街道に合流。そこからはひたすら旧西国街道を走り続ける感じです。

 アップダウンもほとんど無し。淡々と7分/km前後のペースで走り続けます。

 コースは何度も走っているので目新しさは無し。もう何も考えず、ほとんど無念無想(こういえば格好良いのですが、単にボーッと走っているだけなんです。はい。)の状態でトロトロと走っています。

 私が一人でよく走るロングランコースは我が家を起点にして、旧西国街道をひたすら東に向かって京都の晴明神社や大津、瀬田(娘が下宿を引き払ってからは行かなくなったなあ。)まで走る40~60kmのコースと旧西国街道をひたすら西に向かって神戸の三宮や舞子辺りまで走る30~40kmのコース。さらに猪名川沿いに北に向かって篠山まで40kmを走るアップダウンの結構あるコース。この3本がメインコースかなあ。

 南に向かって旧能勢街道を服部天神(往復)や梅田まで走る20km前後のコースもあるのですが、大阪の真ん中向かって走って行くコースだから信号が多いし、温泉が無いので楽しみがショボイ。まあ、2時間から3時間でケリがつくので手っ取り早いのが取り柄ですが。

 その他に旧巡礼街道を西に向かって清荒神まで走って往復する20kmのコースやそのまま有馬温泉まで走り切るコース(温泉に浸かるまでが楽しみですが、帰りがバス便になり結構不便。)もあり。さらに旧巡礼街道を東に向かって走り万博の外周道路を一周回ってから戻ってくる27kmなんてのもありますが、いずれも3時間までのお気軽コース(有馬温泉だけはちょっとたいそうになります。)です。

 そろそろ全く新しいコースを開拓せんとアカンなあと思っています。ただ、自宅を起点にすると行き先が限られてくるし、温泉と帰りの同線がスムーズじゃないとおまけの部分でしんどいしなあ...なんて事を考えているとなかなか新たなランニングコースが開拓できていません。



 14時頃に三宮に到着。距離にして32km。

 まだまだ脚にダメージが来ておらず、走る気になればこのまま10kmほど距離を伸ばして垂水まで行くのもさほど難しい感じは無かったのですが、来週のウルトラマラソンを考えるとそこまで頑張るのもどうかなあと思ってここでお終いにして、地元の銭湯でゆっくりという事にしました。

 4時間少々、寒し冬空の下でユルユルと走り続けているので、身体は冷え切っています。そんな時の銭湯ってのは本当に心地良いもんです。

 まさに生き返るって感じです。

 せっかく三宮まで来たんだからという事で生田神社にお参りに行くも、大混雑だったので隅からちょこっとお参りをしただけ。

 その後、来週の大会に備えてシューズを新調すべくネットで検索してショッピング。と言っても、私はウルトラマラソンは迷わずHOKAONEONEなんですが。

 超厚底のシューズで、新しいうちはソールのフカフカ感が半端無くって、体重の重たい私でも脚の筋肉のダメージが後半までかなりマシになっているような気がしています。

 もう今履いているHOKAONEONEは買ってから2~3年経っていてソールもヘタっているし、なにより片減りが酷くなっているので、まさに買い替えタイミングです。

 今日買ってから、本番前に練習で2~3回試し履きしておけば良い感じになりそうです。

 仕上げにご飯。銭湯に生田神社にシューズの買い物。三宮でやるべき事を済ませてちょっと疲れたので、手っ取り早くうどんを食って終了。とりあえず腹がいっぱいになれば何も言う事はありません。



 18時頃に帰宅。

 今晩は嫁さんが長女と二人で東京に笹岡先生の資産税の研修を受けに行っているので「ケン」と二人。床暖房の上で寝転がりながらウダウダと過ごします。

 柴犬ってのは個体差もあるのだろうけれども、洋犬と違ってあまりデレデレとしてきません。

 飼い主が手を伸ばせば届くか届かないかギリギリの距離のところで寝転んでいる感じ。まあ、いかにも日本的な間の取り方です。

 全然、こちらの事を気にしていないようで、実はメチャメチャ気にしているって感じ。私的にはそんなところが一緒に居て楽なところ。 

 何の芸も覚えず(こちらが教えていないというのもあるのだけれども。)、他人には一切媚びを売らず(子供だけはメチャメチャ好きですが。)、ほとんど吠えず無言のまま。不愛想を絵に書いたような犬ですから、最近のペットブームの中でも完全に流れに乗り遅れている古風な奴です。

 「ケン」が元々そんな性格なのか、単に飼い主に似ただけなのかは分かりませんが。






 

クレセントアカデミー出席のために東京1泊2日の出張

  1月10日と11日の1泊2日で中央大学のクレセントアカデミー出席のために東京出張。

 伊丹空港10時初のANAに乗って東京へ。飛行機や電車ではひたすら居眠り。ほとんどスイッチオフ状態です。

 13時から中央大学市ケ谷田町キャンパスで授業開始。今日は民事訴訟法を18時まで勉強します。

 なんだか気が乗らず、ボンヤリモード(先生、すんません。)。授業中もパソコンを開けて、事務所管理システムを立ち上げてスタッフからの日報を見たり、メール対応をしたり、管理資料を作ったり...。先生の話を片耳で聞きながら、仕事も同時並行でバタバタとやってました。「何をやってるねん。聖徳太子でもないのに。」ってな感じです。

 今日はなんだか気持ちが上がらない弱めの一日。民事訴訟法(通称“民訴”は別名“眠素”と呼ばれているそうで...(笑)。

 民対民の争い(民事紛争)の解決について裁判所で要件事実の認定を実施して、法律効果の是非を認定を行う上での考え方や手続きを...というレクチャーなんですが、言葉が頭の上をスースーと通り抜けて行きます。残念!



 授業終了後、TKC近畿大阪会の出席メンバーで恒例の夕食会。まあ、近所の居酒屋さんでウダウダと管を巻いているだけなんですが(笑)。



  1月11日。土曜日。

  5時過ぎに起床。着替えをして5時半頃から朝ラン。今朝は比較的暖かいのでちょっと助かります。

 市ヶ谷から外堀の外側を走って四谷。ここから外堀の内側を走ってホテルニューオータニの前を右折。赤坂離宮迎賓館の北辺を東進。代々木公園から青山通り、表参道を経由してJR原宿駅で折り返し。帰りは赤坂離宮迎賓館の南辺をグルリと回ってホテルニューオータニで往路に戻って市ヶ谷に到着。

 合計14km。前回も同じコースを走ったので定番コース化してきた感じです。まだ日の出前に走っているので景色がはっきりと見えないけれども緑が多く、お洒落な街中を走っている感じがします。

 総平均ペースは6分17秒/km。

 出だしの2kmほどは身体が固まっていてうまく走れない感じだったので7分20秒/km程度で走っていたので、以降は6分/kmくらいで走った感じ。身体が重い割にはまあまあの調子という事か。

 朝ラン終了後、ホテルの大浴場でゆっくりと朝風呂。これが一番の楽しみ。湯船で眠り込む感じで長湯。



 今日は午前の2コマは人気教授の野村修也先生の企業法基礎。テレビを観ないので分からないのですが、色々なテレビ番組にも出演されているようでさすがに分かりやすい説明が立て板に水。職業上、人に教えるのが上手だという域を超えてお見事といった感じでした。

 午後からは民法の相続編。これは仕事で関わる事が多い領域。昼ご飯を食べて眠たい時間帯ではありましたが、眠気に負けず頑張りました(10分ほど落ちましたが。)。経験上知っていた事が民法の条文や判例で根拠付けられていて、自分の中の解釈がスッキリしていく感じです。やっぱり勉強はするもんですねえ。

 15時前にレクチャー終了。そのまま羽田空港まで向かいラウンジで18時発の伊丹便を待つ。息抜きに歴史物の文庫本を読み一冊読了。こうした歴史関連の書籍は愉しみで読んでいるので気楽にサラサラと読めますし、頭の中でもスッと整理していけるのですが、税法や会計の書籍を読むとどうしても引っ掛かり、引っ掛かりの苦しい作業になる事が多いのが辛いところです。まあ、ご飯の種ですから、苦労するのも当たり前と言えば当たり前なんですがね。

 20時過ぎに自宅に到着。

 今日から私と入れ替わりに嫁さんが資産税の研修で東京出張なので「ケン」がポツリと一匹で待っていました。やっぱり私が帰って来たら大喜びでお迎えをしてくれるのですが、毎度お決まりの事とは言え飼い主としては嬉しいところです。帰ってドシンとお尻を下ろすと嫌になってしまうので、その足で「ケン」を散歩に連れ出します。寒さもさほど厳しくなくって助かります。 
 

仕事、仕事で課題レポートを一本諦め...

  1月 8日。水曜日。

 朝一から税理士会豊能支部の総務委員会メンバーなので10時半から開催される新年互例会の準備。総務委員会メンバーと言いながら、TKC近畿大阪会の会長職を務めている関係でしょっちゅう日程がバッティングして思うように出席できず他のメンバーに迷惑をかけているので、日程が空いている時くらい真面目に仕事を務めておかないとしまいに怒られそうで...(泣)。

 昼過ぎまで新年互例会に出席して、後片付けを済ませて事務所に戻る。



 昼からクレセントアカデミーの課題レポートの残りの一つを書く予定だったのだけれども、次から次に提携企業の方が新年の挨拶に来られたり、スタッフからの個別相談やデスクワークが続き、結局全てを終わらせて時計を見ると19時。何をやっていたのか思い出すのも難しいくらいにあれこれと立て込んで...。

 そのまま嫁さんと義母が入っている老健施設に着替えを届けて帰宅すると20時。

 帰ってからもあれこれとダイニングテーブルで仕事。結局、すっかり疲れてしまってレポートが手につかず。翌日へ先送りになってしまう(泣)。



  1月 9日。木曜日。

 雨降りなので朝ラン無し。

 今日こそは事務所でしっかりとクレセントアカデミーの課題レポートを書くぞと意気込んで出社するが、朝から仕事の切れ目無し。

 朝一からお客さんと返済猶予をしている金融機関に同行して、経営改善計画のモニタリングを行う。年度末に大幅な原価アップが見込まれているので、それをどのように凌いで利益確保するのかがテーマだ。

 金融機関側は売値上昇に伴う売上減或いは売上総利益減少を計画に織り込みたいようだが、過年度も事前の各種対策で売上減或いは売上総利益減少は無かった実績もあるので、今回もしっかりと対策を打っている旨を個別具体的に説明して最終的にはこちら側の原案で納得してもらった。

 今期に入ってから会社の調子も上がってきており、今回の説明が当初の線で通ったことで社長も随分と気を良くされてホッとひと息。社長の気分は上げ潮って感じで良かったです。



 昼から提携企業の方が来られたり、会議があったり、スタッフからの個別事案の相談があったりして自分の仕事に全く手が付けられず。本当に面白いように次から次にいろいろなところから声がかかり...。予定じゃあ2~3本の用件を済ませりゃあ良かったはずなのにね。

 こりゃあまずいと思って17時前に事務所を出て自宅に籠って仕事をして、課題レポートに取り組む事にしました。

 と言ってもデスクワークが思ったより多くって20時頃までバタバタ。

 結局、課題レポートに手を付けることができないまま明日のクレセントアカデミーを迎える事になってしまいました。もう、とても21時過ぎからシコシコと課題レポートに取り組む気力も湧いて来ません。

 仕事が始まるとこうして仕事が怒涛のように打ち寄せてくるのは分かってたと言えば分かっていたのでねえ。年末年始の9連休の間に二本ともレポートを上げてしまうべきでした。まあ、今更言うまでもないことなんですが。

 残念ですが、今回は課題レポートは一本未提出という事で...。全体で3回パスしても卒業できるようですから、不本意な話ですがね(泣)。

 まあ、高校生までだったら先生に怒られるのをどうしようかとあれこれ考えていましたが、今回はパスを認めてもらえそうなのが救いです(笑)。

 



静岡まで日帰りで事務所見学

  1月 7日。火曜日。

 今日は静岡県東部の三島(正確には長泉町)にある村田先生の事務所に日帰りで見学に行ってきました。

 私がTKC全国会に入会した平成8年頃に初めて初心の会(静岡会と北陸会と近畿京滋会の若手会員の自主的な勉強会。何故か全然関係の無い近畿大阪会から私一人だけ飛び入り参加させてもらっていました。本当に楽しくって勉強になりました。)でお会いしてからの付き合いですから、23年来の付き合いという事になるでしょうか。

 聞けば平成17年に一度近畿大阪会のメンバーを連れて先生の事務所に見学に行っているので、今回で2度目です。



 朝一で事務所に顔を出してデスクワークをちょっとだけ片付けて、昼前に新大阪を出発。こだまに乗って行くのでJR三島駅まで3時間弱。距離的には東京より近いのですが、時間的には望みに乗って東京に行くより30分近く遠い微妙な距離感です。

 今回は、この秋に開催されたTKCニューメンバーズフォーラムで浜松を訪れた際に近畿大阪会のニューメンバーズ会員の方から村田先生の事務所に訪問してみたいという声が上がったので、ニューメンバーズのメンバー2名とセンター長代理と私の4名編成です。

お会いした当初は事務所経営で随分と悩まれていた印象でしたが、見事に高単価高収益の事務所を作り上げられていて勉強になる点がいっぱいありました。頑張りよってんなあ。

 うちの事務所も開業以来ずっとTKCビジネスモデルを下敷きにして高単価高収益の事務所経営モデルを追求してきましたが、根本的な取り組みが良く似通っていて参考になる点がいっぱい。話を聴いていても「分かる。分かる。」という感じです。

 身近でワイワイと一緒に遊んできたメンバーの話だけに距離感が近く、教科書的な響きではなく実感を持って話が聴ける感じでありがたいものです。

 見学後は駅のお寿司屋さんで懇親会。

 地元の新鮮な魚介を堪能して、そのまま大阪に折り返して23時頃に自宅に戻ってきました。

 

仕事始め

 今日からいよいよ仕事。 1月 6日の月曜日。

 年末年始の9連休の間はずっと朝の8時くらいまでウダウダと朝寝を楽しんでいたのですが、今日から早起きも再開。ちょっと辛い。



 6時半頃から朝ランへ。

 さすがに陽がまだ昇っておらず真っ暗で、とにかく寒い。厳しい冷え込みにすっかり身体が固く縮んでしまい、走る気になれず。

 出だしの1kmは7分43秒/kmだからほとんど歩くのに毛が生えた程度のペースでランニングをスタート。

 とりあえず今朝は朝ランを何とか再開できたという事が値打ちだと思い、終始スローペースで定番の箕面周回大コース 8.6kmを走る。結果的に総平均ペースは7分10秒/kmだから、とりあえず走ったよと自分に言い訳するために走ったようなものになる。

 まあ、内容はともかく「継続は力也。」という事で今日のところは自分を許してやる事にする。

 これから70日程度は厳冬期なので朝ランを続けるにはかなり厳しい季節を迎えるが、頑張って走り続けようと思う。 



 事務所のメンバー全員で朝一から事務所の氏神さんの呉服神社に向かい本殿で新年のお祓いを受ける。事務所の恒例行事だ。神主さんに祝詞を挙げてもらっていると厳かな気持ちになる。

 今年は私自身が数え年で61歳の還暦を迎えるので、無病息災を祈念。



 9時半から月初会議。私の方から年間の事務所の方向性を喋って、あとは課長が中心になって例月の通りの運用。 

 夕方からお客さんの所で担当スタッフと訪問。東京から社長が来阪されているので、お話をしにお伺いしました。途中からリーガロイヤルホテル内の鰻屋さんに場所を移してあれこれ。

 社業は今のところ順調に推移しているように月次試算表からは見えていたのですが、同席された営業を受け持っておられる常務のお話しだと2月以降の受注に不安があり景気の腰折れ感を強調されていました。やはり経営は生き物。実際のところはこうして顔を会わせてお話を伺わないと分からないものです。3月決算に向けて打ち手を切っていかねばなりませんが、かなり戸惑っておられる様子でした。

 社長さんの相続対策についてもあれこれ。月次巡回監査と並行して、色々な資料をお願いしながら相続税のシュミレーションをして対応策を一緒に考えていきましょうという事になりました。

 やっぱり、日頃は担当スタッフがしっかりと月次巡回監査をしてくれているので任せ切りなんですが、こうして直接お会いしてみると新たな話がこぼれ出て来ます。お客さんと面と向かってお話しする重要性を痛感しました。

 23時前に帰宅。

 さすがに、長期休み明けの一日ですから疲れました。仕事のペースについて行けず身体がアタフタしている感じです。



 

9連休最終日(泣)

  1月 5日。日曜日。

 あれだけ長いと思っていた年末年始の9連休も今日でお終い。最終日ともなると、9連休もアッと言う間だったなあと言う感想しかない。まさに光陰矢の如しですね。

 8時頃にゆっくりと起床。すっかり早起き習慣が無くなってしまう。やっぱり朝、布団の中でウダウダしている時間ってのは幸せなもんです。

 9時頃から中央大学のクレセント・アカデミーで出されていたレポート課題に取り組む。2題出されているのだが、今日のところは刑法の課題の方で、お題は「罪刑法定主義について論ぜよ。」。

 論ぜよと言われても、前回の4時間半ほどの時間の授業で聴いた程度の知識しかない私には論ずる道具が少な過ぎてどうしようもないので、年末に刑法総論の書籍を2冊ほど買って来てウダウダと読んで知識を寝かしておいたのだけれども...。

 結局、俄か詰め込みの知識は忘却の彼方に落ちてしまった量が多すぎて、知識が熟成するところまで行かず(泣)。一から罪刑法定主義に関する記述を読み直し。

 その後、粗筋を決めてとにかく駄文を書き始めるが、書いては消し、消しては書きの繰り返しで何とか14時前に脱稿。とりあえず読み直して誤字脱字、或いは論旨が明後日の方向に向かって走っていないか確認してひと段落を迎えました。

 まあ、数日寝かせてもう一度読み直すと、さらにおかしなところが目に浮かんで来るでしょうが...、今日のところはここまで。

 正月惚けでボーッとしているところで、いきなり頭を使う事をしたものでやたらと疲れを感じる。まあ、明日からの仕事を考えると良い準備運動になったのかもしれませんが。



 15時過ぎからランニングへ。

 コースは箕面周回特大コースの後半で、箕面高校からそのまま阪急箕面駅まで向かい、そこから旧巡礼街道を経由して自宅に戻る12km。

 9連休最後のランニングという事でペースはユルユルの 7分 6秒/km。疲労抜きという意味でウダウダと走りました。

 この9連休は我ながらよく走ったと思います。今日を含めるとざっと160km。12月30日は雨で走れなかったので都合8日間で一日平均20km。

 調子が悪い中ではあったけれどもよく頑張ったと思う。まだまだ本格的にトレーニングをするほど基礎体力が上がっていないけれども、この調子でコツコツとランニングを重ねていくと、もうちょっとしっかりと練習が積めて良い記録も狙えるようになると思うのだけれどもね。

 自宅に戻ってそのままお風呂。冷え切った手足に血流が急激に戻る感じが凄い。なんか身体中の疲労感がドッとお湯の中に溶け出していくような気がします。



18時頃から嫁さんと車で池田の街に日用品の買い物に出発。

 そのまま音羽茶屋で晩御飯。最近、減量を意識し始めた事もあってアルコールを呑まなくなってきたのですが、今晩もその調子で済ませました。仕事や付き合いで必要とあらばアルコールを呑むのもやぶさかではなのですが、プライベートでは呑まなくても何という事もありません。

 そう言えば、もう半月近く呑んでいないのではないかなあ。

 21時頃に帰宅。自宅でゆっくりと落ち着いてしまうと行くのが辛くなるので、そのまま「ケン」の夜散歩。早朝と夕方の長距離散歩は隣家の父親の仕事ですが、寝る前の散歩(「ケン」は一日に3回も散歩をします。私の父親にとっては一日で都合1時間超は歩いているので、老化防止に良いと思っています。)は私か嫁さんの仕事です。

 肌寒い季節で辛い日もありますが、仕事でヒートアップした頭をクールダウンがてらに「ケン」と近所をウロウロするのは丁度良いリラックスタイムです。



 今から寝室に籠って、ちょっと足踏み状態になっている宮部みゆきの「この世の春」でも読むとします。2時間くらいは宮部ワールドに浸れるかなあ。
 

 

9連休もそろそろお終い

  1月 4日。土曜日。

 年末年始の9連休もアッと言う間にお終いを迎えそうです。残り二日。

 楽しい時間が過ぎるのは本当に速いもの。この分では何をしたという強烈な想い出も無いままに仕事が始まりそう。



 8時にゆっくりと起床。この9連休ですっかり早起きの習慣が無くなってしまいました。6日の初出社以降が心配です。

 ダラダラと過ごして、10時くらいからランニングへ。

 昨日、京都の晴明神社まで44kmの道のりを走った割に筋肉のダメージもさほどに残っていないので、箕面周回特大コース+今宮 14.2kmを走る事にしました。

 さすがに出だしの4kmくらいは昨日の長距離ランの影響で身体が固まっており、6分20秒~7分20秒/kmをウロウロするくらいの超スローペースでしたが、次第に筋肉がほぐれだしたお蔭でそれ以降は6分~6分30秒/km程度のペースで淡々とランニングをこなしました。

 総平均ペースは6分26秒/kmですから、昨日の疲労抜きで走っている割には良いペースだと思います。

 この年末年始はそれなりにしっかりと走り込んだなあと思うのですが、ランニングの道中で子供たちが遊んでいる姿を見かけなかったなあというのが気懸りと言えば気懸りです。今時の子供は、友達とフラフラと外を出歩いて遊ぶというより家でゲームでもしているのでしょうか。ちょっと寂しい気がします。

 ランニングが終わると昼風呂。

 その後は、長かった長期休暇を惜しむが如くリビングでゴロゴロ。こうしてダラダラと過ごせるのも残り1日になってしまいました。夕方から次女の所にかぼちゃの煮物配達のお使い、掃除、「ケン」の散歩、そしてテレビのダラダラ見。申し訳程度の家事手伝いを済ませて、やっぱりダラダラ。こんな機会はそうそうないので、たまにはこんなダラダラも良いもんです(もう、かなり飽きて来たけれどもね...。)。

正月三日目 晴明神社までランニング

  1月 3日。金曜日。

 今日は自宅から京都の晴明神社まで旧巡礼街道、旧西国街道経由で走る事に。走れる身体作りという事でそれなりの距離を踏まないとアカンと考えて長距離ランを企画しました。嫁さんが車で晴明神社まで行って、現地で私を拾ってくれるというのでお言葉に甘える事になったのがラッキーです。

 8時過ぎに自宅を出発。

 ランニングのペースは一切自己規制せず思うままで、とにかく距離を踏むというのがテーマ。

 距離は晴明神社まで「キョリ測」で測ると44km。半月前に沖縄100kウルトラマラソンでリタイアしたのが50km少々走った地点ですから、ほぼほぼその時と似たような距離。当時は軽い喘息の症状があり、微熱もあったので、その時に比べてどれくらい身体が回復して、どの程度走れる状態になっているのかを観察する目的もあります(なにせ1月19日に再び100Kのウルトラマラソンに出場する予定なもので。)。

 高槻まで17km少々は順調に距離を稼ぎ、総平均ペースは6分/km。今の私では上出来です。

 以後の32kmはちょっとペースが落ちて総平均ペースが6分33秒/km。

 気ままに走った割には良いペースです。

 ウルトラマラソンの大会だとそれなりに一生懸命に走るのでこれより20~30秒/kmほどペースを上げても大丈夫なような気がします。

 まあ、最後まで足が良く動いていましたし、走り終わった後の筋肉のダメージもさほど残っておらずなので、50kmを過ぎてからの後半部分もそれなりに戦えそうな感じなので我ながら上々の結果と言っても良いかなあと思います。

 晴明神社は本殿から鳥居までズラリと参拝客が並んでおり、汗冷えすると風邪をひきそうなので本殿の横から参拝を済ませてそのまま嫁さんの車に乗って京都タワーの地下にある温泉へ行って一風呂浴びます。

 途中で、嫁さんが御金神社を耳にしていて是非とも初詣に行こうと言うので神社前を車で走りましたが、神社前の道路にズラリと参拝客が並んでいたので初詣を断念。嫁さんは知る人ぞ知るだから空いていると熱弁していたのですが、我々の耳に入るという事は既に相当多くの人が知っているという事で...。そうそう上手く穴場が見つかるもんではありませんね(笑)。

 こういった長距離ランの楽しみは、何を置いても走った後の温泉と食事。車を運転しないとアカンのでアルコールがご法度なのはちょっと残念ではありますが。

 その後、京都タワーの地下一階のフードコートで嫁さんと食事を済ませて、両親と我が家に京都の漬物を土産として買い求めてそのまま帰宅。

 自宅に戻って来たら17時過ぎになっていました。



 正月の三が日はこうして恙なく終わりを迎えそうです。9連休の長丁場も気が付けば残りは2日間。まあ、休みの時の時間の経過は怖ろしく速いものです。

 そろそろ、あれもこれもと仕事関係の勉強や事務所の来年の方針など取り組まないとアカン宿題に手を出さないとまずいのですが、今の時点で何一つきっちりと終わっていない事にいささか焦りを感じ始めています。まあ、毎度の事ではありますが(笑)。

 まあ、今晩はこのままゆっくり過ごして、明日から頑張るとするか(笑)。

 

正月二日目 一族集合

  1月 2日。木曜日。

 今日は隣の両親の家に一族集合。と言っても兄弟と甥、姪、大甥(甥の子供っていう意味だそうです。)まで含めて合計11名が年に一回集まって鍋をつつきながらワイワイガヤガヤという一族の年中行事です。

 昨年は、まだ大甥は生まれたばかりだったので寝てばかりでしたが、さすがに生まれて一年ちょっと経つと可愛い盛り。座の主役を独り占めでした。



 とりあえず11時過ぎからバラバラとメンバーが集まり出すので、その前に机を出したり、鍋のセッティングを手伝ったり...。まあ、そんなにたいした労働でもないのですが、朝一から一族集合の場のセッティングを済ませてしまってそのまま走りに出ようと思ったのですが、リビングのテレビで箱根駅伝の中継がかかっていたものでついつい2区が終わるところまでテレビに引き込まれてしまいました。

 やっぱり箱根駅伝。淡々とランナーが走っているだけの映像ですが引き込まれてしまいますねえ。



 結局、10時過ぎから朝ランへ。

 今日は一族集合の都合上、箕面周回特大コース+今宮 14.2kmしか走る時間はありませんでした。

 さすがに箱根駅伝の映像が頭に沁みついてしまい、ユルユルペースで走ろうと思っていたにもかかわらずついついペースが上がってしまいます。人間ってのは面白いもので、さっき見た映像に影響されて自然と身体がそれ様に動いてしまうものなんですね。

 出だしの1kmこそ6分14秒/kmですが、身体が温もってくると自然とペースが上がり出し5分20~40秒/kmで淡々と走り続けました。まあ、これくらいのペースだったら呼吸が乱れる訳でも無く、そこまで必死で走るイメージでもないのですが、先程の映像イメージに引き摺られている感じでそれなりに快適です。

 まあ、箱根駅伝で走っている彼らはこのペースより6~7割速いペースで走っているので、いくらイメージが膨らもうともレベルは全然違うのですが(泣)。

 結局、総平均ペースは5分37秒/km。

 まだ1~2割はペースを上げれそうですが、今の私ではこれくらいのペースで走れれば充分です。

 ランニング後、急いで昼風呂を済ませて、少し前から始まっていた一族大集合の食事会に合流です。

 面白かったのは、うちの「ケン」が赤ちゃんを見て大興奮した事。

 「ケン」は噛み癖があるのでみんながいる場所に連れ出すことはできないので庭に放していたのですが、ガラス越しに興奮気味に赤ちゃんの一挙手一投足を食い入る様に見入っていました。

 帰り際に5分ほどですがかなり注意をしながら赤ちゃんと一緒にさせたのですが、「ケン」も赤ちゃんもお互いに気が合ったのか大興奮です。赤ちゃんがゲラゲラと笑いながら「ケン」を撫でると「ケン」も尻尾を振って大喜び。両者意気投合という感じでちょっとビックリでした。

 知らない人を見ると大声で吠え、相手を威嚇する「ケン」がこんなにデレデレになるのも意外でしたが、言葉の喋れない赤ちゃんとちゃんと意思疎通ができているとうのも、まさに生き物同士の妙です。



 一族揃っての食事会が終わってちょっと休憩。夕方から嫁さんが、何かで当たった映画のタダ券があるので映画を観に行こうというのでにわかに着替えをして茨木のイオン(近所でタダ券が使えるのがここだけでした。)へ。

 券売機でタダ券を入れると、ちょっとビックリですが期限切れの表示が...。

 せっかくここまで来てこのまま家に戻るのも癪なので、そのままお金を払って「スターウォーズ」を観る事にしました。なんのこっちゃ。

 高校の時に「スターウォーズ」の一発目が封切られて、学校行事で観に行った記憶があるのですが、目新しい特撮技術が次から次に繰り広げられた上に、バラエティーに富むキャラクターも面白く随分と楽しんだ印象の映画でしたが、今回観たそれは最早とうに賞味期限が切れましたといった感じでした。

 確かに特撮技術なんて精一杯頑張っているんでしょうし、次から次にスリリングな展開が続き、最後はハッピーエンドというハリウッドお得意の映画になっていましたが、高校の時に見た驚きを超えるものは何も無し。柳の下の泥鰌を5匹も6匹も狙っても、そりゃあ初回作を超えるのは難しいわなあという感じでした。

 私は「スターウォーズ」の初回作を観て凄いと思って、第2作をワクワク感いっぱいで観に行って多少ガッカリしたという薄い記憶がある(それ以降、「スターウォーズ」物を観るのを止めました。)のですが、40年以上の年月を連綿と作り続けられた今回作を観てやっぱりなあという感じです。まあ、シリーズものが40年も続いた事自体が凄いですし、きっと「スターウォーズ」ファンもたくさんおられると思うのでこれ以上くさすのもやめますし、あくまで私の私見ですから違う楽しみ方もあるのだと思うのですがね。
 
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR