FC2ブログ

朝ラン無し 昨日に続いて2台分洗車

  5月29日。金曜日。

  6時頃に目が覚めるが、一週間分の疲れがドッと出てしんどい。朝ラン無し。



 コロナウィルス騒動からこっち洗車に目覚めたので、その勢いを借りて今朝も2台分の洗車を頑張りました。仕事に使っている車が合計5台あるので、やり出すとそれなりにパワーが要ります。

 今朝の洗車の一台目は平成19年 2月に買ったダイハツ(池田市の地元の会社ですからね。)の軽自動車で、走行距離が147,380km。もう大年寄で、塗装も焼けてしまっているためにお疲れ感満載のアイボリーの車です。とは言っても、今どきの軽自動車ってのは随分としっかり作ってあって、まだまだ丁寧に使えば充分走ってくれる(昔の軽自動車と大違いです。)ので、事務所の貴重な戦力です。

 たまにスタッフから「そろそろ次の車に買い替えを...。」と言われる事がありますが、今ある車をしっかりと乗り潰すまで使う事で、お金はスタッフの給料の方に少しでも多く回したいという考え方(環境にもそっちの方が良いですよね。)ですから、まだまだ問題無く走れるうちは頑張ってもらうつもりです。

 そりゃあ新車を運転するのは気持ちが良いもんですが、給料とどちらを取るかと言われたら給料がちょっとでも多い方が嬉しいですよね。

 二台目は父親がタイル貼りの職人だったのですが、今から10年ほど前に仕事を引退した時に譲り受けたハッチバックスタイルのカローラ。平成16年6月に初度登録で、走行距離が112,558kmですから、ロートル感が半端ありません。

 こちらは車内も入念に掃除機掛けまで済ませました(軽自動車の方も時間があればやったのですが。何せ、朝の慌ただしい時間帯にやったもんですから。)。

 どちらの車もスタッフ達がお客さんへお伺いする時に日常的に使用しているのですが、ボディー全体に細かい擦り傷がいっぱい入っていて満身創痍って感じです。

 まあ、人身事故だけは絶対に起こさず、怪我さへなければ、少々ぶつけたり、擦ったりしてもヘッチャラだと思っているので、これはこれで仕方が無いですよね。

 ここ最近の事務所のリクルート採用では免許証有りで入所してくるのですが、完全なペーパードライバーで運転に全く自信がありませんっていうスタッフが続いています。

 社有車はそういったスタッフ達の練習台になっている(泣)ような面もあるので、これくらいの車の方がスタッフ達にしても運転に挑戦する心理的ハードルは低いのかもしれませんね。 

 それにしても最近の若い人達の車に対する興味の低さって半端ない感じでビックリです。私たちの時代はそれこそ猫も杓子も車に乗りたいっていう世代でしたから、社会人になったら運転免許証を持っているのが当たり前って感じがありましたよね。今は携帯電話に取って代わられたって事でしょうか。時代の移り変わりを感じます。

 社有車の洗車もスタッフにお願いをすると仕事の範疇に入るために業務時間管理の対象になるのは当たり前の話です(スタッフにはもっと生産性の高い仕事に取り組んでもらわないとねえ。)が、私がやると何時間かけて車を磨いていようが労働基準法の問題にはなりません。

 所長が休みの日の時間潰しがてらに遊び気分で車を洗っていても何の問題にもならないので、これから月に一回くらいのペースで社有車を洗っていこうかなあと思っています。

 これはこれでいろいろなワックスを試してみたり、オイル類の交換まで手を出して凝ってみる(若い時にいろいろと試して遊んでました。)と面白いなあという感じもします。あくまで遊び気分ってのが大切ですがね。

 ただ、肌寒い季節になると一気に洗車が辛くなってくるので、その時はアッサリとガソリンスタンドの洗車機使用に切り替えという割り切りが大事だと思っています。500円くらい支払えばものの5分もすれば多少の粗っぽさはあるもののピカピカになるので、社員や所長が手洗いをする経済的合理性はありません。

 あくまでも遊び心がベースになってことの行為だと割り切って考えているので、これで風邪をひくのも間抜けですし、苦行になってまで取り組むのも駄目駄目な気がします。


 午前中に某地銀の役員の方に事務所にお出で頂いて、TKC近畿大阪会との業務提携の打ち合わせをしました。わざわざ役員の方に池田くんだりまでお出で頂いて細かな提携内容について打ち合わせを頂くのは申し訳ない気がしたのですが、一度くらい事務所も見てどんな感じで仕事をしているのかなあという現場視察的な意味もあるのかなあ。



 遅い時間帯に、嫁さんと池田の居酒屋さんで昼食。

 コロナウィルスの緊急事態宣言は解除されましたし、大阪府の自粛要請も段階的に解除されているのですが、全く客足が戻る気配が感じられません。居酒屋さん自体に落ち度はなく、ただただ天変地異の類に巻き込まれているだけなんですが、気の毒で...。

 真面目に経営されている居酒屋さんに何とかこのピンチを乗り切って頂きたくって、時間的な余裕があれば必ず地元の居酒屋さんに順番に昼食を摂りに行っています。まあ、私ら二人が食べたところでたいした支援にはならないのですが気は心と言いますし...。

 それにしてもコロナウィルス恐るべしです。

 これはワクチンが開発されて一般に使える状況になるまで、こんな感じでウダウダと横這い推移を続けて行きそうな...。そうだとすれば日本社会に与える経済的な打撃って凄まじいものになりそうで、考えただけでも身がすくみます。

 うちのお客さんも何とかこの混乱を大過なく乗り切って頂けるように可能な限りの支援に努めるのは当たり前の話ですが、とにかく影響が大き過ぎて...。
 
スポンサーサイト



どんなに嫌でもとりあえず朝ラン その後洗車

  5月28日。木曜日。

 昨夜、お客さんとの打ち合わせが長引き22時半頃に帰宅。バタバタと身繕いを済ませて23時過ぎに就寝。それなりにハードな一日だったので目覚めが悪い。

 ドヨーンと残る疲労感。走りに行きたくない気分全開です。

 そんな愚図る自分を何とか説得して、とにかくユルユルで良いから形だけでも走ったという格好になるように朝ランをしました。

 ペースは落としに落としてほとんど歩いているのにちょっとプラスくらいのイメージで、自宅から巡礼街道を東進して新稲の村外れを折り返して戻って来てから近所をグルグル。都合5kmのミニミニランニング。ほとんど負荷がかかっていない感じです。

 総平均ペースを確認すると6分43秒/kmですから、本当にゆっくり。散歩をいささかペースアップしたような感じです。

 内容的には全然だけども、とりあえず本日のノルマは終了。まあ、内容の良し悪しも大事ですが、とにかく継続は力也りですからね。



 帰宅後、天気が良かったので家の前に止めてあった2台の社用車を水洗いして、その後丹念に拭き上げ。およそ60~70分くらいかけて頑張りましたが、車がピカピカになって気分良し。先週の雨で、結構汚れが目立っていただけに気分がスッキリします。

 気温が上がってきたので、水仕事が苦痛ではなくなってきました。って言うか、車も奇麗になるし、ちょっとした水遊びみたいなもんでやってみると意外に楽しいもんです。

 開業して24年。もう頭の中は仕事ばっかりだったので自分で車を洗うなんてところまで気が回らず、汚れが目立ってくるとガソリンスタンドの洗車機を使ってサッと洗車ってのが定番でしたが、最近はスタッフ達が実務の細かなところは率先して片付けてくれるようになったので楽しみ半分で手洗いするところまで気持ちの余裕ができてきたんだと思います。ありがたい事です。

 出勤前に一仕事って感じで、朝からテンション高めに仕事に突入です。

 



  

えらい速いやん 朝ラン絶好調やんか

  5月27日。水曜日。

  6時起床。

 何となく気怠い。今にも雨が降りそう...。

 快適なベッドに後ろ髪をひかれながら、とにかくゆっくりペースでも良いから走るだけは走ってこようと自分を説得して、朝ランスタート。走っている間に手元のGPSは一切見ずに終始マイペースで義務的に走れば内容は問わないというルール設定をしてトライ。

 コースは箕面周回大コース 8.6km。

 とにかくペースを気にせずゆっくりと...という気持ちで走り始めますが、1kmほど走ると身体が暖まり出して、徐々にペースが上がり出します。そのまま息が切れるまでは行かないペースで、淡々と走り続けました。

 途中、ダイハツの陸上部らしき人にスッと抜かれる。私もゆったりペースを意識して走ってはいるものの、彼女とは持っているスピードが違い過ぎるのがよく分かる瞬間です(泣)。

 走り終わってGPSを確認してちょっとビックリ。総平均ペースは5分25秒/km。

 かなり調子の良い時だとこれくらいのペースで走っていても不思議はないけれども、全然調子の上がらないこの時期にこのタイムは意外です。って言うか嬉しいやんか。

 ラップタイムを見ると出だしの1kmこそ6分27秒/kmですが、あとは5分10~25秒/kmで走り続けています。最速ラップは4分57秒/km。

 凄いですやんか。結構、走れてしまっています。どうしたんやろ。 自分?



 家に帰ってきたら、そのまま庭の植木の様子見。皐月がワーッと一斉に花を付けてきて賑やか。気温が上がり出すと皐月の植え込みに餅病がポツポツと発生し出すので丹念にチェックして病気に侵された花芽や葉っぱを摘むのですが、今日のところは無し。

 2月に植え替えたシマトネリコが、元々植えていたもう一株のシマトネリコに2ヶ月くらい遅れるペースで新芽が伸びてきました。植え替えてからずっと様子を観察していたんですが、大手術をしたにもかかわらず新しい足場に根がしっかりとついて来ているのが見て取れて嬉しい限り。

 ㈱TKCの中島さんにもらった葡萄の苗が立派に成長していて、今年はきちんと世話をして一族郎党にお裾分けをしよう(そこまでいっぱい採れる訳じゃあありませんが(笑)。)と算段したり...。

 今までは育つに任せ、葡萄が成るとその場で一粒づつ摘み食いする程度で、残りはほとんど野鳥の餌になっていたのですが、中島さんのfacebookを見ているとマメに葡萄の世話をされている様子がアップされているので、今年から真似してみようかと思っているところです。

 また、庭の植込みの間に野鳥用の餌と水遣りの台座をセッティングしたら家の中から彼らの様子が観察できそうだなあと思い、あれこれと思いを巡らせているところ。

 今朝の走り始めにはスズメを筆頭に、ツバメやヒヨドリがいっぱい飛んでいたのですが、さすがに走っている時にジッと観察する訳にも行きません。そんなに沢山の野鳥の見分けができる訳ではありませんが、それでも多少の知識を持って彼らの動きを観察するのも面白いもんです。

 これからドンドン歳を重ねていくと、いずれは身体の自由が利かなくなっていくのでしょうが、そんな時でも楽しめる趣味を作っておく事は大切です。庭木の手入れや草花のあれこれを勉強したり、野鳥について物知りになっていると相当高齢になっても十分楽しめますもんね。

 朝ラン後にひと息つく時間で、庭を世話しながらあれこれと妄想を巡らせる瞬間ってのは贅沢な時間だなあと思います。



 家の中に戻ると、そのまま入念にストレッチ。首、肩と股関節回りを入念に。その後、朝風呂。

意外に調子が良い朝ラン ㈱TKCの新入社員の人との面談が...

  5月26日。火曜日。

 6時過ぎに起床。ダラダラと身繕いを済ませて朝ランへ。今朝は定番の箕面周回大コース 8.6kmを走りました。

 何だか調子がいまいちっぽいので出だしの1kmはダラダラ走り(後で確認すると6分31秒/km)ましたが、特に意識をした訳ではないのですが徐々にペースが上がり出し総平均ペースは5分41秒/km。今の私にはまずまずのペースです。

 後半だけを見ると特に息を切らす訳でもないのに5分20秒~35秒/kmくらいで走っているので立派なものです。

 これでもうちょっと体重が落ちるとそれなりに走れる状態になりそうな...。

 自宅に戻ると庭で「ケン」が待ってくれていたので、そのまま一緒に庭の皐月の手入れを...。我が家の皐月は今からが花の旬の季節を迎えます。

 吹く風が爽やかで、本当に気持ちが良いです。もう、このままここで一日過ごしていたいような...。


 自宅では丹念にストレッチ。最近、ストレッチの効果が出てきたようで、筋が随分と柔らかくなってきて、関節の可動範囲が広くなってきたような...。その後、朝風呂。



 今日は朝一でお客さんのさかぐち鍼灸接骨院にお伺いして、左肩関節痛の施術と猫背矯正を受けました。

 まだ左肩にかすかな痛みが残りますが、可動域はほぼ正常に服していて完治の一歩手前って感じ。

 猫背矯正については劇的な効果が出て、結果的に寝る時に枕が全くなくても大丈夫なくらい(タオルを何度か追って後頭部の首筋にあてがうと丁度です。ほぼほぼペッタンコ。)になりました。背筋がシュンと伸びたので周りから「背が高くなった?」と言われる事が出てきました。今更、背が伸びて嬉しいという感覚はありませんが、知らず知らずの間に両肩が前に突き出て首が前に迫り出す爺臭い姿勢になっていたようで、幾分若返った様な気がします。



 11時からはこの春に㈱TKCに入社して、この度大阪SCG情報センターに配属になった2名の新人さんとWeb会議システムを使って会長面談をしました。

 初々しい事この上無しでした。

 私が新入社員だった時は、こんないろいろな教育研修の場なんて全く無く(3日ほど東京に集められて座学で勉強しましたが、習った事は仕事に何も役にも立ちませんでした。)って、会社に顔を出したら即「初見でお客さんの所に飛び込んで来い。」方式だったので、毎日震え上がって過ごしていましたが、今どきはしっかりと事前研修をして...という事になっています。

 私自身は、やっぱり今どきのやり方の方が良いと思いますね。

 何も分からずに、見ず知らずのお客さんの所に飛び込むってのは、ある種の度胸試しみたいにやっていたのだと思います。ただ、飛び込んだ先が荒っぽいお客さんだとコテンパンに締め上げられますから、営業そのものに変な恐怖感ばかり植え付けてしまう事になりますよね(実際に、えらい目に何度か会いました。私が多分、ドン臭かったのでしょうね。お陰で新規飛込ってのにトラウマができてしまって、還暦前でもその感覚は抜けません。)。

 まあ、そんな気弱な奴は使い物にならないから辞めなさいという事だった(実際に、私は4年ほどで辞めてしまいました。当時は完全に終身雇用制が前提の時代でしたから、人生の落後者になった様な気がしました(笑)。)のでしょうがね。

 この度のコロナウィルス騒動で、まだ一度も会社に出社せずにWebで研修ばかり受けている(まだ大阪SCG情報センターの誰とも一度も顔を合わせた事が無いようです。社員同士の顔合わせも済んでいないのに、いきなり会長面談ってのも辛かったでしょうね(笑)。)ようで可哀想ですよね。

 大学を卒業して、世の中に飛び出して一発目で出会った騒動ですから、当人さん達の戸惑いって凄いんだと思います。

 まあ、人生ってのはそうそう計算通りに行くものではありませんから、彼らが特別に不幸だとは思いませんが、面喰う出来事だというのは確かですよね。

 「人間、万事塞翁が丙午。」という言葉があるので、こういった珍体験を楽しみながら将来の成長に繋げていくような頼もしさを持ってくれたら嬉しいなあと思いました。そんな余裕は無いかな(笑)。



 今日も18時に事務所を出て、まだ明るいうちに帰宅。夕方くらいから雨が降り出したのでちょっと鬱陶しい天気ですが、家に帰ると「ケン」が尻尾を振って迎えてくれるのが無邪気に嬉しい。

 雨が降っている中をランニングに出ていく気力も湧かないので、軽い筋トレ。

 テレビでワンポイントヨガをやっていたので真似てみるが、身体がバキバキで似ても似つかぬ格好しかできずガッカリ。最近、ストレッチに凝り出して、かなり身体が柔らかくなってきたなあとちょっと誇らしげな気分になっていたが、単なる勘違いだという事が分かり気持ちが下がる。一人でやっているとまさに「井の中の蛙、大海を知らず。」ってな事にはまってしまう典型事例だ。

 まあ、諦めず1年くらいじっくりとストレッチに取り組んでみるともう少しマシになるだろうと自分に言い聞かせてやるが、正直言って本当にそうなるかは保証の限りにあらずだ(笑)。

 今日も22時頃に就寝。ジジイになると早寝早起きが生活の基本だ(私は随分と若いうちから早寝早起きだったけれども。)。随分とポンコツになってしまった身体を労わってやらんとなあ。

 

今日から新しい一週間が始まります

  5月25日。月曜日。

 7時起床。丹念にストレッチと軽い筋トレをすると結構な汗。そのまま朝風呂。

 家の窓を開け放つと爽やかな風が家の中を吹き抜けて、本当に気持ちが良い。五月山の山裾にあるので、野鳥の鳴き声が響き、山の樹々の濃厚な匂いが我が家辺りまで下りてくるのがありがたい。

 おまけに、今朝は大きな猿が威風堂々と道を歩いていました。人間としてかくありたいというくらいの貫禄です。道行く人も圧倒されて、道の隅っこに避けて遠巻きに眺める感じ。さすがに、これは始めての経験。

 そう言えば地域の連絡網で猿が街に降りてきている旨の連絡があったような...。

 池田の街中から2kmも離れていないくらいの距離ですが、庭で一人ボーッとしていると街中と違った空気感が漂っていて、ちょっとした別世界です。このままここでボンヤリしてたいなあ...って感じ。



 午前中は課長以上のメンバーで事務所の幹部会議です。

 コロナウィルスの緊急事態宣言が解除されて、社会全体が経済の再立ち上げに向かって動き始めている中で、事務所としてどのような動きを取っていくのかという意思統一。また、今までのコロナウィルス対応で問題が生じたお客さんは無かったのかといった確認も必要です。



 会議後、早めの昼食。このところのコロナウィルス騒動で飲食店もたいへんでしょうから、「世間で何と言われるか分かれへんなあ。」と思いながらも、ここ数ヶ月ほどずっと意識して地元の居酒屋で昼食を摂るようにしています。

 自粛、自粛で地元の居酒屋さんはたいへんですもんね。

 アフターコロナの時代に突入していきますが、一軒でも多くの居酒屋さんに生き残ってもらいたいもんで...。

 昼食後は、氏神さんにお参り。ここ数ヶ月、ほとんど毎日、神社にお参りに行っている勘定です。まあ、事務所から徒歩数分ですから、行って帰っても10分前後。たいして負担になりませんしね。

 今回の様な自分ではコントロールのしようがない事象は、まさに神さんにお参りするくらいしか手がありません。コロナウィルス騒動にもかかわらずこうして仕事をさせてもらっているありがたさへの感謝と、なるべく早めに終息するようにお願いをするのですが、神さんに手を合わせている時はまさに無力な自分を自覚する瞬間であります。



 午後からは何件かのお客さんと電話で打ち合わせ。スタッフが月次巡回監査してくれている情報を基にして、ちょっと気になる部分をさらに深掘り。

 お客さんからの問い合わせやTKC近畿大阪会関係の会務、さらにリクルート広告の内容検討や出張旅費の精算(これが結構邪魔くさい。)などをしていると時間が経つのはアッという間。

 ふと時計を見ると19時。気付けば大部分のスタッフは帰っていました。

 いかん。残業時間に食い込まずサッと家に帰る見本にならんと...っていう事で、残っている仕事は明日へ回して本日の業務は終了。



 自宅では「ケン」とのじゃれ合い。一日の仕事が終わって、一番ホッとする瞬間です。

 誕生日が私と同じ7月26日で、私が50歳になった時に飼い出したもんで、今年の7月26日を迎えると、私は還暦。「ケン」は満10歳。お互いに人生(犬生)の終盤にほぼほぼ同時に突入していく感じですから、今となっては人生のパートナーかもしれませんね。

 ひとしきり遊び終わってから定番の夜の散歩。早朝と夕方の長時間の散歩は隣家に住んでいる父親の仕事になっていますが、寝る前の15分くらいの散歩は私の仕事。

 今夜の様に天気も良くって、夜風が心地良い時は楽しいもんですが、寒さが厳しい折や雨風がきつい日はたいへん。ペットを飼うってのは本当に楽しい事ですが、面倒臭い世話もちゃんと引き受けなければあきません。まあ、何事も良い話ばかりじゃあないよって事です。

 今晩は22時前にはベッドに潜り込んで小説を読み出しましたが、「ケン」がベッドに上って来てちょっかいを出してきます。まあ、これが愉しいのですが。

 だいたい10分くらい相手をしていると「ケン」の方で飽きてきて自分の寝床に戻って大人しくなるのですが、今晩はいつもより興奮モードが強く入っていたようで30分ほどウダウダと...。最後は私の方が寝落ちをしてしまって(笑)。

のんびりの日曜日

  5月24日。日曜日。

 結構、頭を使ったというのか...忙しかった一週間が終わって、今日は全面休み。のんびりの一日とする予定。

 8時頃まで惰眠を貪り、そのままベッドで読書。

 午前中の予定は「ケン」がここのところアトピーっぽくって痒そうにしているので、いつもの動物病院に連れて行くだけ。

 「ケン」は動物病院が大嫌いなので、車から降りて状況を察した途端から激しい抵抗をするのが常です。今日もあえなく待合室に連れ込まれたのですが、その後も大暴れ。躾というものが全くなっていない粗忽者です。

 抵抗してもかなわないと分かると、今度はブルブルと震え出します。

 横で見ていると動作の移り変わりが本当に極端。今日は注射は無いのですが、「ケン」にしたら動物病院=注射ですから、怖いのは分かるんですが。

 粗忽者の上に臆病者。まあ、立派なもんです。

 11時前に自宅に戻ってから朝昼兼用のご飯。



 12時過ぎから事務所へ出勤。誰も居ないガランとした執務室で、のんびりと仕事絡みの勉強です。

 今日は週末に二日間研修を受けた笹岡税理士の民法改正のおさらいを重点的に取り組みました。せっかく今までの自分の認識の間口が大幅に広がり、深みがドーンと増したところなので、しっかりと定着させておかないともったいないものね。

 さらに関連資料や書籍も読み込んで相互の関連付けもしておきたいところだし。

 税理士業務と弁護士業務の間に広がるゾーン(この領域に自由自在に手が出せる専門家ってのは極めて少ないですからねえ。)ですからしっかりと理解しておきたいところです。ここが分からないと税務と法務でそれぞれ認識が異なる問題の調整が上手く取れなくなるからね。

 まあ、勉強ってのは怖いもので、勉強すればするほどさらにその周辺の問題点が見えてきて疑問が広がったりするものだからキリがないもんですが。だから面白いとも言うのですが、終わりが無いだけに辛いと言えば辛いところ。

 あっちこっちの窓を開け放つと、心地良い風が吹き抜けて気持ち良い事この上なし。途中、小一時間ほど昼寝。

 「ケン」も連れてきているので、横でダラリとリラックスしています。今日は終日、一緒におれるので、ベッタリ相手をしてやろうと思っているところです。

 まあ、今日は仕事じゃあないので気まま放題です。

 労働者という立場ではないので、こんな手前勝手な時間の過ごし方が許される(労働者だと出勤=仕事ですから、休みの日に職場でマイペースで過ごすなんていう概念がそもそもあり得ませんものね。休日出勤や残業カウントの対象にしないと即労働基準法違反ですよね。)んだと思っています。



 事務所に㈱TKCからマスクが50枚ほど送られて来るとの事。㈱TKCの本業とは関係ないのでしょうが、会計事務所支援という意味で送ってくれはったんだろうと思います。そう言えば他の提携企業さんも何社かから同じように...。

 こうしていろいろと仕事で縁のある関係者から御支援を頂けるのは、ありがたいことです。素直に感謝せんとあきませんね。
 
 そう言えばアベノマスク。我が家には届いていないような...。嫁さんに聞いたら、隣家に住む母親が使ってたとあやふやな言い方をしてたので、ちゃんと届いていたのかもしれませんが。

 それにしても緊急事態宣言が解除されるかどうかっていうタイミングで届いてもなあ...。国の方はもっと違う支援の仕方があったような気がしますが...。

 「言うは易し、行うは難し。」という事ですから、何もこの度のコロナウィルス騒動でたいしたことをしていない私が文句を言ってもアカンとは思いますが、アベノマスクはちょっとピンボケやねえ。

 菅官房長官がアベノマスクがマスク相場の値下がりに貢献したようなコメントをされていましたが、なんだか無理矢理のコメントって感じが強くって...。もう政府関係者がマスク関係についてはコメントせん方が良い気がします。

 そんなどうでも良い事をほじくり返してエネルギーを使うより、これからの経済の建て直しを頑張ってもらわない事にはね。

 経済的には相当深刻な事になっているので、ここのところ何をやってもパッとしない安倍さんですが、経済の立て直しに身体を張って取り組んで欲しいなあと切に希望します。

東京出張3日目 朝ラン頑張って浅草、吉原へ

  5月23日。土曜日。

 東京出張3日目。

 6時に起床。今にも雨が降りそうな鬱陶しい空模様。思わず走るのを止めようかと思いましたが、とりあえず行けるところまで走ろうという事でJR東京駅方向に向かって走り出しました。

 今朝は浅草方面に向かって走る事に決めていたので、江戸通りを東進。馬喰町、浅草橋、蔵前と淡々と通過して浅草に至る。

 浅草寺は何度も朝ランで訪ねているので、何処か目新しい場所は無いかとGoogle Mapを眺めていると、近場で吉原大門という地名に目が張り付きました。

 吉原って耳にする機会が多いのだけれど、いったいどこにあるのかよく分からない場所です。江戸時代に日本橋の近所にあった遊郭を浅草の外れに移転させたいわゆる新吉原で、落語や歴史物の小説によく登場します。

 実際に行ってみると、どうと言う事のない住宅地になっていて、吉原大門辺りに多少はそんな雰囲気が残っている程度で...。まあ、訪ねたのが夜でなくって早朝ですからどんなところか分かりようがないって感じでした。

 吉原弁財天という所があったので、そこの掲示板を読んでみると当時は広大な湿地帯を埋め立てて造ったいわゆる新開地だったとの事。

 新橋のビジネスホテルから往復16kmの行程ですから、江戸の当時の下町からだと片道4~5km前後。歩くと1時間ちょっとだから、いささか遠い感じ。江戸の町中からは主に船でやって来たらしいのですが、今は面影無し。

 ランニングの方は総平均ペースは6分15秒/km。まずまず頑張ったなあという感じ。
 
 幸いな事に、最初から最後までお天気は崩れずだったので助かりました。

 そのままビジネスホテルの狭苦しいユニットバスで朝風呂。私はビジネスホテルの狭い部屋でも別に不満は無いのですが、お風呂だけはもうちょっと広めの方が嬉しいなあと思います。最近はビジネスホテルでも大浴場を備えた所が増えてきていますが、できればああいうスタイルの方が...。

 朝ご飯を済ませて10時過ぎにホテルを出発する頃には霧雨が...。やっぱり今日の私は運が良いなあ。



 今日はJR熱海駅でお客さんと今後の会社経営についての打ち合わせが入っていたので、JR品川駅から新幹線に乗車。小一時間だし、車内は私一人の貸し切り列車みたいにガラガラだったので自由席にして正解でした。

 JR熱海駅のロータリー前の古風な喫茶店で社長と1時間ほど打ち合わせ。仕事の都合でたまたま熱海の現場に来ているという事なので、東京出張から帰る私と予定を合わせました。

 コロナウィルス騒動と全く関係のない理由で6月くらいから会社に大きな動きが出てくるので、それに備えての下打ち合わせです。実際には変化に突入してからでないと分からない話が多いのですが、とりあえず嵐が来る前にできる範囲で情報交換を済ませておくという感じ。理詰めの打ち合わせというよりは、心理的な一体感を大切にしておくという感じでしょうか。

 大阪からだとJR熱海駅ってのは新幹線でも各駅停車しか止まらず、時間的に見てものぞみに乗ってJR東京駅に向かった方がよっぽど早いという行きにくい場所なんですが、今日は土曜日。帰ってからの至急の仕事も無いので、ゆっくりまったりモードで帰阪しました。

 事務所には17時前に到着。

 机に積み上がった書類に一通り目を通し、スタッフからの日報をチェックして、まだ陽の高い間に家に帰る事にします。やっぱり我が家の「ケン」と3日も顔を合わせていなかったら寂しいもんで...。

今日も朝ラン

  5月22日。金曜日。

  6時前に起床。身繕いをして6時半頃から朝ラン開始。

 昨日は新橋のビジネスホテルからJR品川駅往復でしたが、今日はベイエリア方向に向かって走る事にしました。

 結果的に築地の旧中央市場から勝鬨橋、月島を経由して豊洲の新中央市場へ。辺りをグルリと走ってホテルに戻ってくる往復10kmのコースです。総平均ペースは6分15秒/km。

 ランニングの内容は今一歩だけど、とりあえず今日のランニングノルマはクリア。



 10時半から昨日に続いて民法改正のセミナー受講。

 昨日のブログにも書いたけれども、今まで見えていなかった問題点をあれこれと発見。5時間ちょっとの研修だけど中身は濃密。ありがたい限り。



 夕食を済ませてから、ひとっ走りしようと着替えを済ませて走り出すが、昨夜に続いて小雨が降り出してきたので2kmほど走ったところで中止。

 のんびりとダラダラ走りをしようかと思っていたのですが、雨でずぶ濡れになって走るほどモチベーション高くはありません。

 ホテルに戻って今日の研修の復習でもして今晩は過ごします。

 



 

久々に朝ラン

  5月20日。水曜日。

 朝から事務所でスタッフ全員を集めて企業防衛会議。

 コロナウィルスの緊急融資を借りる事で負債額が大きくなったお客さんの標準保障額を再算定して、社長さんにまさかの出来事が起こった時の必要資金が不足している会社が無いのかを確認しました。

 今の時期はコロナウィルス対策の緊急融資絡みで資金調達ばかりが注目されていますが、会社にとってはその分だけ負債額が増える事実は否めません。そんな時に社長に不幸が起こった場合や、三大疾病等に罹患して経営から長期離脱した場合のリスクが膨らむ事になります。

 こういった不測の場合にリスクをカバーできるのは生命保険しかないので、会社の財務状況に変化が生じる都度、標準保障額を算定し直してちゃんとしたメンテナンスを心掛ける事が大切です。

 昼前に、事務所のリクルートについて提携企業さんと打ち合わせ。

 会計事務所にとっては人材こそが宝物。素直で元気で明るい若者を一人でも多く採用したいと思っているのですが、なかなか大阪の中心地から電車で20分ほど離れた池田に事務所を構えていると、思うように就職希望者が集まらずにリクルートに苦労します。

 結果的に、うちの事務所では池田の地元に住んでいて会計事務所で働くスタッフが8割以上を占める事になっています。

 今回のコロナウィルス騒動など世相が不安定になると、通勤時間が10分前後のスタッフが大半だという状況はプラスに働きます。

 また、スタッフにしても通勤時間がほとんど無い状態なので、家事、子育て、資格試験の勉強や趣味事などに余った時間を使えるので悪い話ではないと思うのですが、別に池田近隣在住を絶対条件としている訳ではありません。

 できるだけ多くの人と面接をしたいという希望を持っているので、多くの就職希望の方に応募してもらえるような環境作りの打ち合わせです。



 午後からはTKC近畿大阪会の常務理事会。

  6割強のメンバーがWeb会議形式で参加。

 ここのところのコロナウィルス騒動のあおりを受けて変則的な運用を余儀なくされているので、神経を使います。前例踏襲という行動パターンを採用できないので、まさにリーダーシップの試され時だと思っています。

 18時に終了。そのまま新幹線に飛び乗って東京へ。

 新幹線の車両は9割方ガラガラ。これやったらコロナウィルスの感染リスクは無いわ。



  5月21日。木曜日。

  6時前に起床。

 出張でホテルに泊まると確実に早起きができます。多分、自宅で寝るのと比べると、同じ寝るにしてもどうしても眠りが浅いんでしょうね。

 ここ最近のコロナウィルス騒動で気持ちも落ち気味。ランニングのモチベーションも下がりっ放し。なんとか、この出張をきっかけにしてランニング再開と行きたいところ。

 数えてみるともう3週間弱、走るのを止めてた勘定やからね。

 これだけ自粛、自粛とテレビや新聞、ネットで言われ続けていたら、なんだか気力が落ちてきて...。仕事だけは無気力になる訳にはいかんので何とかモチベーションを保ってきたけれども、それ以外は全然アカン感じになるってるからねえ。生活のメリハリが無くなったと言ったら良いのやろか。

 今日からやっと大阪の緊急事態宣言が解除されるという事なんで、私の気持ちも上げていかんとなあ...。

 JR新橋駅前のビジネスホテルを出発して、日比谷通りを西進。増上寺を過ぎて、JR田町駅、JR高輪ゲートウェイ駅を通過してJR品川駅で折り返し。帰路は日比谷通りを通らずに第一京浜を通ってビジネスホテルに戻る10kmのコース。

 総平均ペースは6分16秒/km。上手く走れずまだらっこしい感じだ。

 朝風呂を済ませてから、朝食。



 今日と明日の二日間は、10時半から17時まで税理士の笹岡先生の資産税研修の受講の予定です。今回のテーマは民法改正。とりあえず民法改正自体は理解しているのですが、とにかく先生の研修は巨大な知識や経験がベースになっているので、新たな気付きが山の様に...。

 年間通してのシリーズものの研修で受講料もかなり高額なんですが、資産税の分野では私が逆立ちしても勝てない巨人ですから、ここは素直に笹岡先生の教えを受ける事が必要だと思っています。

 コロナウィルスの緊急事態宣言下でわざわざ東京まで来て研修を受講するのはいかがなものかというご意見もあるのは承知していますが、やっぱり本業の仕入れに該当する部分ですからこの世界でご飯を食べさせてもらっている限り欠かす事ができないという認識でやっています。

 すまぬ。

 研修室は40名ぐらい入れるキャパのところに5~6名の受講者ですし、主催者側が1時間毎に窓を全開にして換気に努めておられたのでコロナ感染リスクは極めて低い状況でした。

 もうコロナウィルス騒動が始まってからでも3~4回ほど大阪開催のタイミングでこのシリーズものの研修に参加していますが、主催者側がかなり気を使って受講環境を整えてくれていたので安心して参加させてもらっています。ありがたい話だと思い笹岡先生や主催者さんには感謝しています。



 研修後、夕食を済ませてから夜ランに出ようと着替えまで済ませましたが、あいにく小雨がパラついていたのであっさりとランニング中止。
 
 そのままビジネスホテルに籠って、今日の研修の復習や関連書籍をウダウダと読み込んでいます。

 元々、勉強嫌いな私ですが、お客さんに対する責任があるので、好き嫌いの問題を乗り越えて勉強に努めないとこの世界に残る資格は無いと思っています。
 

野垣家発祥の地へドライブ

  5月17日。日曜日。

 特にやる事のない休日なので、朝から篠山盆地にある野垣家発祥の地と言われている場所まで嫁さんとドライブへ。

 コロナウィルス騒動で3ヶ月近くランニング以外では、どこにも行かず、何もせずだったので大阪府の外出自粛要請が段階的に解除に成り出したタイミングを捕まえて行ってみる事にしました。

 まあ、良いのか悪いのか分かりませんが、車の中に乗っているだけなので感染リスクも低いだろうという判断です。自粛警察に追及されたら怖いなあ。



 野垣家の本家は篠山の近傍のJR福知山線谷川駅にほど近い太田というところにある(父親の実家です。私も子どもの時に何度もお世話になったので私の田舎でもあります。)のですが、そこに移ってくる前は篠山盆地を戦国時代に統治していた波多野氏の居城である八上城の東山麓にある「野々垣」という集落に居たという事になっています。

 まあ、これは地名と名字が一致しているのでほぼ確実なんだと思います。

 この八上城ってお城は、NHK大河ドラマで今年に取り上げられている明智光秀が織田信長の命で丹波攻略に取り組んだ際、1年間に及ぶ壮絶な籠城戦で抵抗したお城です。俗説では明智光秀の母親を人質に取って交渉決裂時に磔にしたと言われており、真偽の程は別として相当激しい抵抗を繰り返したことだけは事実の様です。

 「野々垣」はその八上城の東麓にあり、京都方面から攻め上ってきた場合の正面にあたる場所。野々垣口と言って八上城の本丸に繋がる城門(野々垣大道という表記がされている地図もあります。)があった要地でもあります。

 おそらく、その明智光秀に攻められた時に「野々垣」を捨てて今のところに移ったのでは...という話(所説あるようです。)ですが、それ以上の事は分かりません。

 先祖さんも時代が時代だっただけに、自分たちの地所を守るために必死で戦ったんだろうなあと思います。今は丸っきり平和な景色(当たり前です。)で、そんな壮絶な過去があったなんて思いもよりませんがね。

 今日はその「野々垣」のすぐ横、八上城の山裾にある「弓月神社」にお参りするのが目的。

 この神社。地元の人に護られている小さなお社なんですが、日本ユダヤ同祖論を論じる人達がこの神社の「弓月」という名前は「弓月の君」というユダヤ系の渡来人(後の秦氏)の名称の事であり、この神社の本殿に打たれている社章は天皇家の菊の御紋と同じ物が入っている事からも皇室とユダヤの繋がりが...なんて話をまことしやかに論じている記事を目にする事が昔から何度もあったので、この際だから現地を見てこようかという話になった訳です。

 真偽の程は分かりませんが、面白い話ではあります。

 現地に行ったところ、本当に小さなお社でしたが、鳥居に「正一位弓月神社」の額が掛けてありました。よく手入れはされていたので地元の人に大切にされているのだろうなあという事が伝わってくる感じ。また本殿は柏原藩の宮大工で彫り物師 中井権次一統の見事な龍の彫り物が入れられており(1800年代前半ですから江戸の後半から幕末ですね。)、格式の高さが伺えました。

 山の北麓にある事から神社全体が苔むしており、独特の雰囲気です。人っ子一人いないシーンとした神社で、手を合わせてゆっくりとお参り。

 これだけを見に来たという事と、コロナウィルスの外出自粛が解けた訳ではないという事で観光地化されている篠山城や篠山城下には一切立ち寄らずにそのまま帰宅(途中、立杭焼の里に寄ってご飯だけは食べましたが。玉子ご飯の専門店。これが結構いけました。)。

 我が家から篠山まで走ると丁度42km前後。アップダウンが激しくって結構きついコースですが、今までに何度か一人でランニングでこのコースを辿った際に「野々垣」の集落を通過しましたが、「弓月神社」までは気が回らずでした。

 って事で、今回が初見。現地に訪れてみて何となく納得の良い神社だと思いました。

 先祖がどんな暮らしをして、どんな歴史を辿ったのかについては、今となっては辿り切れず想像力を逞しくするしかありませんが、今ある私の暮らしもそんな先祖さんの営みの結果ですから先祖さんに思いを致すって事は大切だと思います。こういう所を訪ねると、自分自身が先祖から子孫に繋がる一本の糸の線上に居る事が実感でき、先祖さんが喜んでくれる生き様或いは子孫が誇れる生き様を意識して生活せんとアカンなあと思います。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR