FC2ブログ

ただ時間だけが淡々と過ぎていく感じで... 受け身になったら時間がもったいないもんね

  7月31日。金曜日。

 前回、ブログをアップしてから早いもので1週間が過ぎてしまいました。その間、新型コロナウィルスの第2波が広がり、長梅雨で鬱陶しいお天気が続いたので、私の気分もなんとなく↓↓↓

 誕生日からこちらは、ずっと気持ちも下がりっ放し。

 とにかく目先の仕事のスケジュールをこなすという義務的な時間の使い方で精一杯。朝ランをしたり、自分なりにテーマを決めて勉強したり...なんていう自分であれこれと企画して取り組んでいくというクリエイティブな時間の使い方が全くできない受け身の過ごし方になっているのが残念なところです。

 先ほどネットを見ていると近畿地方も梅雨明けという事ですから、そろそろ落ち込んでいる気分を上げ直さんと「なんとも時間がもったいないわい。」という気分になっているところです。



 午前中は事務所のスタッフ全員に集まってもらって8月の月初会議。昔と違って、スタッフ側からもあれこれと意見が上がるようになったのがありがたいところです。

 意見ってのはなんでも言えば良いもんでもなく、それなりに見識を備え、その場の状況を考えた中で発せられないとアカンもんなんで意見を言う側にもそれなりの力量が問われるものですが、うちのスタッフ達の成長の過程が見える様で嬉しいなあと思います。


 午後からは非常勤監査役を務めている某上場企業の取締役会に参加してから、さらに夕方からWeb形式で開催されたTKC近畿大阪会の中小企業支援委員会に参加。


 18時過ぎに仕事から解放されたので、今から自宅で相続税の中で引っかかりを感じているテーマについて研究してみようかなあと思案中です。

 時間については義務的に消化していく使い方も全否定する事はできないけれどもそればっかりじゃあねえ。やっぱり、あれこれと使い方や目的を工夫して自分から動いていかないと気分的にも上がって来ないからねえ。

 
スポンサーサイト



アッと言う間の4連休 いよいよ60歳になりました

 なんだか梅雨が長引いていて、一向に終わる気配を見せません。30度を超える猛暑、酷暑は数えるばかりなので過ごしやすいのですが、こうも雨が続くと気持ちも塞がり気味です。新型コロナも憂鬱な話ですが、それに輪をかける様な感じで...。



  7月23日と24日は終日、嫁さんと一緒に梅田で笹岡税理士の資産税研修を受講。

 10時半から17時までビッシリと税務判例を使った研修なんですが、本当に勉強になります。

 梅田の街は30歳台未満の人達で溢れかえっていました。そりゃあ、いくら新型コロナで危ないから家でジッとしていなさいと言ったところでジッとしてられへんやろねえ。若くてエネルギーが有り余っているんやから。

 ただ、昼ご飯を食べに食べ物屋さんをウロウロと探すと、まだまだどこの店もガラガラ。こんな風だと本格的に消費が戻ってきているとは言えないなあ。



  7月25日。土曜日。

 早起きをしたんですが、土砂降りだったので二度寝。ここ1週間は雨のお陰で走れていません。そう言えば7月に入ってから思う様に走れておらず、ジワジワと体重がリバウンドし始めています(汗)。

 今日は、家の掃除と片付け。

 ざっと掃除機掛けを済ませてから、寝室に置いてある本棚とサイドテーブル周りを片付け。さらに自分の書籍をドサッとしまっている書庫部屋を片付け始めましたが、片付け切れず。

 片付けの過程で、どこかのパーティーの賞品でもらったTANITAの体重計が出てきたのでセッティング。今どきの体重計は携帯電話と連動してデータを遣り取りして保管してくれるみたいです。まことに便利なものですが、ジワジワと体重が増え続けるグラフなんかを目にしたら結構辛そうで...(笑)。

 なるべく読まなくなった或いは今後も読まないであろう書籍は捨てるべく断捨離をするのですが、これが一向にはかどりません。断捨離って、「言うは易し、行うは難し。」の典型例ですよね。

 特に子供の頃に「本を粗末に扱うな。」と言われて育った様な記憶があるので、罪悪感があると言えばあるので...。ただ、書籍を収納するスペースという物理的な問題は如何ともし難いですし、老い先短い余生で読める書籍の絶対量を考えると、ある程度の選別はせんとアカンと思っているのですが...。

 夕方前からテレビを見出したので、そのまま片付けは自然終了。ついつい煩わしい事から無意識に逃げ出す堪え性の無さが哀しいですね。



  7月26日。日曜日。誕生日。

  8時前から朝ランへ。コースは箕面周回特大コース+今宮を走り、途中から千里川沿いに伊丹空港のところまで下っていったん休憩。かなり蒸し暑い中を辛抱して走り切りましたが、喉が渇いたので阪神高速空港線との交差点周辺で自動販売機からお茶を買ってガブ飲み。

 13㎞ぐらいでしたが、総平均ペースは5分55秒/kmと久し振りのランニングにしたらそこそこの頑張りでした。

 ここら辺りからさらに気温が上がり出し、さらに太陽が時折顔を出してきつい直射日光に晒され始めたので、ペースをうんと落として散歩の延長のような感じでノラリクラリと自宅まで走って帰ってきました。言わばおまけ部分ですが、自分があまり知らない街中にあえてコース取りをして物見遊山という感じです。

 総距離は16km。まあ、一週間振りのランニングなので、こんなもんでしょう。


 自宅に戻ってから軽い筋トレをして、ゆっくりと昼風呂。湯船の中でほとんど寝かけるほどグッタリ、マッタリでした。

 昼過ぎからはノンビリと昼寝。それから意味も無くテレビをボーッと眺めたり...。完全に休養モードです。 

 夕方からは近所のイタリアン レストランに嫁さんと出かけて、誕生日祝いという事で御馳走を頂きました。まあ、御馳走と言っても飲みに行く訳じゃあないので安いものですが。



 今日でまごうことなき60歳になりました。精神年齢は小学生の時とあまり変わっていない気がするのですが、とにかく時間だけはしっかりと経過したようです。

 残りの方が圧倒的に短くなった命ですが、のんべんだらりという風にならず、しっかりと燃やし切っていきたいものですね。
 




 

 

暑さ真っ盛り 今日からまた仕事

 7月20日。月曜日。

 先週末にお義母さんの四十九日で大分、別府の小旅行。久し振りにボンヤリと楽しく過ごせた週末だったのですが、今日からまた新しい一週間の始まりです。

 さすがに旅行疲れで早起きはできず。

 7時過ぎにゆっくりと起床。のんびりと朝風呂に入ったりして、9時に出社。

 今日は午前中はTKC近畿大阪会のシステム委員会のWeb会議に出席して、午後からは相続税申告のお客さんが来所されるので資料の遣り取りをあれこれと。

 まだ完全に梅雨が明けた訳ではないみたいですが、そろそろ真夏に突入という感じになってきました。そう言えば、朝から蝉の鳴き声がやかましく響いていましたし...。

 良いのか悪いのか分かりませんが、今年の梅雨は長くて激しかった(梅雨明けの予想では7月末から8月頃になるらしいです。)ので、例年より低めの気温で推移してきていたのでまだ身体が楽だったんですが...。そろそろ30度なんて序の口で35度前後の超絶高温の世界が当たり前になりそうでちょっと怖い。

 これから1ヶ月半ほどは暑くって暑くって...どうしようもない季節なんですが、暑さに負けずに元気に遣り過ごしていかないとアカン訳です。なんだか年々、暑さが厳しくなってきているような気がしますが、愚痴っていても仕方がありません。夏バテ知らずで元気に夏が越せるように色々と工夫を凝らさんとねえ。



  7月21日。火曜日。

 朝一から「さかぐち鍼灸接骨院」に通院して、左肩の施術と猫背矯正をしてもらいました。

 通い出して半年ちょっとになるのですが、随分と左肩の痛みは取れてきましたし、猫背の具合も良くなってきたような...。こればっかりは自分でははっきり分からないので、他人さんの目を信じるしかないのですが。
 

 午前中は、某ハウスメーカー主催の税務相談会で相談に乗ったお客さんがわざわざうちの事務所に訪ねて来られて、相続税対策のトータルプランの提案をしてくれないかという依頼を受けました。

 こうしていろいろな所で1~2時間ほど税務に関する相談に乗ったお客さんが改めてうちの事務所と顧問契約したいといって頂くのは税理士冥利に尽きる話です。 

 聞けばお父さんの持っておられる資産を自分や子供に一族として効率的に相続させていくにはどうしたら良いのかという事がテーマですが、お父さんの顧問税理士に聞いてみてもなかなかピンとくる提案がないようでうちの方にお願いをするという流れの様です。

 毎年、不動産所得の確定申告はやって頂けるけれども相続対策までは...という事らしいのですが、そこまでサービスの幅を広げて対応してくれない様で...。

 こういった税務や会計のサービスについてどのような展開をしていくのかというのは事務所毎に考え方が違うので、私がとやかく言う事は無いのですが、もうちょっと頑張って幅を広げてあげたら良いのになあと思わないでもありません。


 昼食に、嫁さんといつもの定食屋さんに向かって池田の街を歩いていると、あまりの暑さに気が遠くなりそうでした。5分も歩いていないのに、直射日光の強さがもはや殺人的なレベルに達しているような気がします。

 日中に届いたメールでこの23日と24日の1泊2日で予定されていた東京出張が諸般の都合で8月上旬に変更になった事を知り、なんだかホッとしました。この暑い時期に遊びに出かけるならまだしも、出張用のスーツケースをガタガタと引き摺って東京のオフィス街を歩くなんてちょっとゾッとしていたもんですから。

 予定が無くなった二日間を丸々使って笹岡税理士の資産税講座を受講する事ができるのも嬉しいポイントです。


 午後からはデスクワーク。

 日中に外を出歩くと暑さが厳しくって体力を消耗しますが、幸いにもずっと事務所内のクーラーの利いたところで仕事をしておれるので助かります。

 17時からはWeb形式で開催されるTKC近畿大阪会の豊能支部の支部総会と例会に出席。

別府の街中を朝ラン 高塚地蔵尊をお参りしてから杵築の武家屋敷群を見物

  7月19日。日曜日。

 5時半頃に起床。

 そのまま朝ランへ。別府は鶴見岳の麓、別府湾沿いに南北に広がった温泉街なので、山の斜面地に展開している特性上は東西方向に走ると高低差が凄いので、等高線に沿う形で南北方向に走る事としました。

 鉄輪温泉をスタートして、別府の南端にある杉乃井ホテルを折り返して一段下の道を戻る周回コースを設定しました。距離にして8.6km。

 なんだか温泉地という事もあってゆったりランニングになったので総平均ペースは6分49秒/km。温泉地ってのは何だか身も心もユルユルになる様で、全く頑張れないボンヤリランって感じになりました。まあ、走らないよりはマシか...。

 朝ラン後、旅館の内湯でゆっくり。また朝食後にももう一度、朝風呂。ここ二日間は温泉三昧。贅沢な話です。



 午前中は日田にある高塚地蔵尊にお参りに行きました。

 ここはまだ私が無職で公認会計士の勉強をしている時(30歳前後の頃やねえ。)に、「霊験あらたか」とか「一生に一度だけのお願いを聞いてくれはる」とかいう話を聞いて苦し紛れにお参りした記憶があるところです。

 まあ、私の「一生に一度のお願い」は公認会計士試験の二次試験合格という事で終わったので、もうこれ以上重ねてのお願いをするのも強欲だと考えて単なるお礼参りという事にしました。試験に通った後にお礼参りはしているのですが、まあ、お礼の言い過ぎって事も無いと思いますし...。



 お昼過ぎに別府に戻って来て、お寿司の昼食。地元の新鮮なネタを使っているので美味しいです。

 18:55発の飛行機に乗らないとアカンので、午後からは大分空港の近くの杵築の武家屋敷群を見学する事にしました。江戸時代の街割りの7割方が残る武家屋敷群。景観も市の条例で細かく配慮されており趣深い街並みです。

 子どもが小さい頃に訪れているのですが、子どもが小さかっただけに駆け足でしか資料館などを観れていなかったので、今回は腰を据えて見学させてもらいました。

 何せ大学は勉強を全然していなかったと言えども史学地理学科を卒業している訳で、こういった街の形成過程を知り、その背後の政策や風習を知るのは大好きです。

 特にお城はその地域の政治、経済、文化の中心地であり、地勢的な影響を上手く活用して縄張りを打って防衛網を構築していますし、歴史的な経緯について話のネタに尽きる事はありません。まさにネタの宝庫ってやつですね。

 よくお城の話で、現在も天守閣が残っている知名度の高いお城にだけ光を当てて関心を持つ人も居てはりますが、そういった知名度の高いお城以外にも知名度の低いお城は山のようにある訳ですし、各地で埋もれてしまった山城の類は枚挙に暇がないという言葉がピッタリですから、全国を旅行する際にこうした場所に触れてあれこれと想像を膨らませ、関連資料を読んで一人で悦に入るのは贅沢な遊びだと思っています。

 ブラタモリが話題になっていますが、ほとんど追いかけているテーマはあれと一緒。テレビで番組を観て、世の中に同じような視点で興味を広げる人間が他にも居るもんなんだとちょっとビックリ。それまで私が抱いていたタモリのイメージと全く違って、私と同じような台詞をブツブツ言いながら全国各地を回っているもんですから、人間ってのは外見では分からないもんだなあと思います。

 17時前にかなり激しい夕立に降られたので、杵築の武家屋敷群の見物も途中で打ち切って空港へ。後は粛々と予定に従って我が家へ。

 お義母さんの四十九日に引っ張られる形で、前泊を含めて二泊二日の大分の旅行になりました。私が関わり始めて35年以上立つ第二の故郷みたいな場所ですが、今回も充分に楽しめました。
 

大分川沿いを朝ラン 四十九日を済ませてから別府の鉄輪温泉へ

  7月18日。土曜日。

  5時過ぎに起床。5時半頃から大分市街を朝ランです。

 コースはJR大分駅から210号線を南下して上野丘陵をトンネルでパスして南大分側に出て大分川に合流。そのまま堤防をずっと川下に下ってJR日豊本線に突き当たってからは、散歩がてらに大分市街をブラブラと走り回る10kmのコースです。

 今の大分市街は上野丘陵の北側、別府湾側に広がっていますが、ここはかつては海、或いは低湿地で、戦国時代後半くらいから現代に至るまで延々と埋め立てを繰り返して市街地を拡張してきて作り上げた街です。戦国時代以前の大分は治水技術もさほどに発達していなかった事(これは全国的に言える事ですが。)もあり、現在はJR久大線が走っている上野丘陵南縁に国府なども設けられていたようで、そんな市街地の変遷を実感できる歴史探訪のランニングコースです。

 大分川沿いは涼しい風が吹き抜けており、走っていても快適そのもの。数多くのランナーともすれ違いました。

 JR日豊線に合流してからは、大友氏館跡の発掘調査地を観たり、繁華街の府内町や竹町をウロウロと回ったり...。もう大分の街とは35年以上の付き合いですが、随分と街の様子も変わったもんです。

 ずっと散策モードで走り続けたので、総平均ペースは6分26秒/km。

 ランニング後は屋上露天風呂でゆっくり。30分ほど湯船に浸かって、風に吹かれながら朝の大分の街を見下ろしていました。



 11時から実家の近くのお寺でお義母さんの四十九日。

 私の家は臨済宗ですからこういう時の中心のお経は般若心経なんですが、浄土真宗なのであまり耳馴染みのないお経が続きます。同じお釈迦さんの始めた宗教ですが、こうしていろいろな解釈が生まれて、多様なお経が唱えられる様を観ていると、人の世でものの考えを伝える際の難しさをつくづく感じます。

 納骨も済ませて、誰も住まなくなった実家に戻って着替え。義兄と今後の事を打ち合わせて、13時過ぎには終了。

 この家とも35年を超える付き合いになったけれども、今後はもうそんな頻繁に顔を出す事も無いだろうなあという寂しいような感慨を持って実家を辞しました。



 娘二人は今日の最終便で大阪に戻る予定なので、JR大分駅上のショッピングセンターで一緒に昼食を摂ってそのまま解散。

 その足で、嫁さんと二人で別府の鉄輪温泉に向かいました。鉄輪の街は至る所から噴煙が噴き出す温泉の中の温泉地って場所です。とにかく湯量が豊富です。

 今日の宿は一日三組の予約しか取らない「癒心」という旅館。館内に3ヶ所の内湯があって、貸し切り入浴ができます。

 旅館到着後、すぐに旅館を飛び出して鉄輪温泉を歩き回りました。とにかく外湯があちこちにあって、旅館や外湯から下水に温泉を排出しているので下水溝から熱いい噴気が吹き上げています。まさに街中が源泉掛け流しって感じ。

 昭和レトロな食堂や土産屋が街あちこちにあって、何とも言えない温泉情緒に溢れています。 ここ鉄輪温泉では貸間というスタイルも多く見受けられます。湯治客が部屋だけ借りて素泊まりで長期間療養するタイプです。こんなところで1週間ほど湯治目的泊まり込むのも良いなあ...。

 何だかバタバタと気忙しい生活を送っていたので、そのまま昼寝をしたり、温泉に浸かったり...。
 

お義母さんの四十九日に大分へ

  7月17日。金曜日。

 夕方から久し振りに野垣家4名が集合して、お義母さんの四十九日の法要のために大分に向かいました。

 16時過ぎからバタバタと仕事を片付けて、事務所で一家4人が集合して伊丹空港へ。そのまま大分へ向かうANAの最終便に乗り込んで...。何とも慌ただしい大分行きです。

 大分空港からはレンタカーを借りて、JR大分駅上にあるまだまだ新しい匂いのするJR九州ホテルブロッサム大分にチェックイン。

 かつてはちょっと寂れた風になっていた大分駅が再開発で一新。ショッピングセンターや公園やオフィスが立ち並んで本当に便利な所にある良いホテルです。屋上に大分市街や高崎山、別府湾を見下ろせる展望露天風呂があるのがなおよろしい。実家は無人になっているので、大分に帰ると野垣家の常宿になっています。

 駅前の居酒屋でゆっくりと晩御飯を食べて、展望露天風呂でゆったり。

 夕方からバタバタしてここまで来ましたが、一日の締めはゆったり気分です。

蝉の幼虫を咥えてきた「ケン」

 仕事を終えて、20時前に嫁さんと自宅に帰って玄関ドアを開けたら、「ケン」が大喜びで庭に飛び出してきました。ここまではよくある話。

 庭の方に飛び出して端の方に走っていったかと思うと、たちまち走り戻って来て、私たちの目の前に咥えていたコロンとした黒い物体を吐き出して得意そうにしています。

 最初はギョッとしたのですが、よく見ると蝉の幼虫です。

 そう言えば、ここ半月以上雨が降り続いていて、今年はまだ本格的な蝉時雨を聞いていないのですが、さすがに痺れを切らした蝉の幼虫が土の中から這い出したタイミングでアッと言う間に「ケン」に捕まってしまったようで...。何とも運の悪い蝉です。

 Wikipediaで調べてみると、蝉は幼虫として土中で3~17年を過ごし、成虫として外を飛び回る期間が1ヶ月程度(昔、蝉の命は1週間程度と聞いた覚えがあるのですが、どうやら違うようです。どっちにしても短い命ですが。)との事。せっかく土中から這い出して、これから晴れ舞台に立つ直前に「ケン」のオモチャにされるなんて...。

 口に咥えて持ってきたので、てっきり牙が身体を貫いているものと思いちょっと可哀想だなあと思ったのですが、よく見ると動いています。手に取ってしっかりと見てみると、身体にも傷は無いので多分大丈夫。

 そのまま、そっと庭のシマトネリコの樹に止まらせてソーッとしておきました。

 今朝になって様子を確認しに行くと、もう蝉の幼虫の姿はそこに無く、死骸が転がっている訳でもありませんでした。なんとか彼なりに羽化して何処かに飛び立っていったのだろうと思います。なんとなくホッとしました。

 「ケン」にしたら殺すつもりも無く、とにかく珍しいものを見つけたので私たちに見せびらかして、誉めて欲しかったのだと思います。

 我が家を建てて10年ちょっと。最近、夏のこの時期に庭木にかなりの数の蝉の抜け殻を観るようになりました。また、夜中に酔っ払いながらフラフラと帰って来て蝉の羽化シーンに出合わせた事も何度かあるのですが、今回はかなり気の毒な蝉との出会いになりました。

 それにしても、いったいいつになったらこの梅雨が明けるのでしょうか。もういい加減、退屈で...。

 

梅雨の合間の晴れ間で朝ラン

  7月16日。木曜日。

 朝起きると梅雨の合間の晴れ間が顔を覗かせていたので朝ランへ出ました。

 しかし今年の梅雨は良く降るし、期間も長い。

 この前の日曜日に10日振りに走ったのですが、再び3日間のブランク。ここ半月はほとんど走れていない事になるので、何だか走る動作を身体が忘れてしまいそうな気がするほどブランク期間が長い。

 こんな時に気持ちまで切れてしまうと、ランニングとどんどん縁遠くなって...。後はブクブクに太った身体が残されるだけで...(笑)。

 久し振りのランニングなのでペースは一切気にせずに散歩がてらに走るような感覚で、超定番の箕面周回大コース 8.6kmをトレースしました。日差しもあまり差し込まず、暑過ぎずのグッドコンディション。

 やっぱり実際にユルユルペースで走ってみるとランニングの楽しさを再確認できたような気がしました。

 ランニング後に手元のGPSを確認してみると総平均ペースは 6分 4秒/km。出だしの1kmこそギクシャクした走りで6分54秒/kmペースでしたが、その後はずっと5分50秒~6分/kmペースですから、まずまずそんなに悪くない出来だと思います。

 これくらいのペースだと、走りながら街並みの様子をボンヤリと観察したり、今日の仕事の事をあれこれ思案したり...。まさに朝の散歩の延長って感じになります。



 今週も気が付けば後半戦に突入です。
 
 終日、デスクワーク。あれこれと未整理な資料が積み上がっていたので、そのひとつひとつを片付けて行きました。仕事が終わる頃にはかなりスッキリした状態に。お客さんと直接顔を合わせてあれこれと相談する方が好きなんですが、やっぱりたまにはこうしてデスクワークだけの日を確保しておかないと、上手く仕事が回りませんね。

新たな一週間の始まり

  7月13日。月曜日。

 朝から雨。雨音でパッと分かるくらいかなりきつめに降っていたので朝ランは無し。ここのところ仕事で随分とお疲れ気味なんで、朝ラン中止って事がありがたい。



 午前中は、友人からの紹介で相続税申告の依頼を受けたので、宝塚にあるご自宅まで訪問して今後のスケジュールと必要資料の説明をしてきました。こうして次々と相続税申告の注文が飛び込んで来る事は嬉しいのですが、この1ヶ月は全然違ったルートから5件も紹介が積み上がったのでちょっと本気モードで取り組んでいかないとアカン感じになっています。嬉しい悲鳴というやつですが。

 午後からは、新型コロナの緊急融資で15百万円の借り入れができて資金繰り的にひと段落のお客さんの所へ。

 返済猶予期間経過後から本格的な返済が始まるために収益構造を抜本的に見直さないとお金が回らない状態になる事が予想されるので、経営改善計画の策定支援に行ってきました。

 幸い、社長さんの方で売上を増やしていく方策を2案ほど考えて頂いていたので、既存の売上を含めて3本柱という事で経営改善計画を立てる事が出来ました。まあ、数字を羅列するだけだったら簡単なんですが、それを達成するために必要な具体的な方策を書き並べて、野心的な目標の言いっ放しに終わらない様な工夫を凝らしました。

 よく中期計画なんて作っても、「所詮は適当な数字の羅列だから効果なんてないさ。」という台詞を耳にしますが、それを達成すべき具体的なアクションを書き上げて、1ヶ月毎にその進捗をチェックしていけば、かなり実現可能性が上がってくるものだと思っています。実際にこんなやり方でかなりの数のお客さんの経営の建て直しに成功してきたので、成功率もそこそこ高い話です。



  7月14日。火曜日。

 朝から土砂降りの雨。必然的にランニング中止。



 午前中は今回の新型コロナウィルスの緊急融資で運転資金の調達ができたお客さんの所に訪問しました。ビジネスホテルを運営されているので、新型コロナウィルスの影響をまともに受けて大変な業種なんですが、何とか売り上げは対前年比で5~6割は確保していて、同業種の中ではかなり健闘している方です。

 今後の経営方針についてあれこれと社長さんと話し合いました。

 グループ会社が飲食店チェーンを経営しているので、こちらも影響甚大。既に緊急融資などは制度創設のタイミングとほぼ同時期に手当て済みですし、売上を回復するべくあれこれと対策は考じてあるのですが、まさに苦境のど真ん中にあるって感じになっています。

 ただ、しっかりと会社の舵取りができる社長さん、いわゆる遣り手の社長さんってのは転んでもただでは起きないというのは本当で、このタイミングを上手に捕まえて構造的な問題を解決する切っ掛けに活用したり、今まで手が出なかった場所への出店を企画したり...とタフに動き回られています。

 経営の勉強をするには、経営学の教科書を読むより、こういった立派な社長さんとあれこれ一緒に仕事をさせてもらう方が万倍の効果があるように思います。ありがたい事です。

 夕方からTKC近畿大阪会のニューメンバーズの会員の方や未入会の税理士・公認会計士の方を対象に講演。「コロナ禍におけr会計事務所経営」というテーマでしたが、持ち時間が短かったので2時間ほどで喋る内容を極端にダイジェストして話したので慌ただしくって...。やっぱり3~4割方の時間を調整して喋るのであれば何とか臨機応変という事も可能ですが、本来必要な時間の3~4割の時間で喋れと言われると厳しいですね。まあ、当たり前の話ですが。



  7月15日。水曜日。

 今朝も雨。朝ラン無し。出勤前の朝の貴重な時間をダラダラと過ごしてしまい、少しもったいないような...。



 15時からTKC近畿大阪会の常務理事会。

 会議にあたって司会役や議題に絡んで説明を求められている担当役員など4~5名は会場に来ていますが、残りの大半の役員はWeb会議形式で開催しています。

 4月くらいから、ずっとこういったハイブリット形式で会議を進めてきました。

 機材の関係で音響が悪くって聞き辛い場面があったり(Web会議システムの注文が殺到して、必要な音響機材の購入が10月になると聞いています。どこの会社や団体でも困っている状況は一緒なんですね。)しましたが、 今までWeb会議なんてものは1対1の場面ならまだしも多人数で開催した経験が無かった割には、すっかり馴染んでしまった感があります。

 新型コロナウィルス騒動で社会的にも経済的にも大きく混乱していますが、こういった生活様式の変化は目覚ましいものがあります。まさに5年かかったであろう変化が、半年で済んでしまうスピード感です。

 きっとビフォーコロナとアフターコロナは人々の生活様式や価値観において大きな違いが生じる事になるだろうし、社会構造そのものも根本的な部分で変化が生じる事になるんだろうなあという感じがします。



 
 

梅雨の晴れ間に久々にランニング

  7月12日。日曜日。

 今年の梅雨は雨の降り方がかなり強烈。九州や中部地方ではかなりの水害や土砂災害が起こっている様で、昔のシトシト雨はどこに行ったんだって感じですよね。

 今朝は梅雨の晴れ間で、曇り空から時折お日様が顔を出していました。

  7月 2日以来、雨と仕事疲れで走れていなかったので朝ランに出る事にしました。

  7時45分からランニングスタート。

 思いの外、身体が良く動いてハイペースのまま走り続けました。コースは箕面周回特大コース+今宮から後半部分を千里川沿いに伊丹空港の東南端の阪神高速空港線との合流地点まで下る13km。

 総平均ペースは5分37秒/kmですから、10日間のブランクがあった割にはハイペースです。

 阪神高速空港線との合流地点で自販機からお茶のペットボトルを買って一気飲みしたのがまずかったようで、お腹がチャポンチャポンになってしまったので、一生懸命に走るのはここまで。

 以降は伊丹空港の東縁を北上して自宅近辺まで6分30秒/km前後のスローペースでゆったりと走って帰ってきました。

 このおまけ部分が5kmだったので、今日のランニング距離は18km。

 とりあえずブランク明けにしては頑張った口です。

 帰宅後、汗かきついでに自宅の掃除機掛けを済ませてから朝風呂。風呂の中であまりに気持ちが良かったので、ほとんど眠ってしまいそうになりました。極楽じゃ。



 今日は13時から相続税のお客さんが事務所に来られるので、昼前から嫁さんと出社。

 ご紹介で来たお客さんですが、相続税の申告期限が8月下旬までという事なんで超特急で仕事を進めないとえらい事になるって事が判明したので、かなり緊張感を持って取り組んで行かんとアカン案件でした。決して無理な仕事ではないのですが、余裕綽々という訳には行きません。

 とりあえず申告書作成に必要な書類を集めて頂かない事には仕事が始まらないので、そのお願いをして今日のところは終了。

 その後は、多少のデスクワークも済ませて16時頃に仕事を終い、嫁さんと行きつけの「小花庵」で蕎麦を食べて帰宅。後はひたすら自宅でダラダラダラダラ...。



 明日からも予定がビッシリ。英気を養っておかないと体力的に持ちそうもないので、半分ほど居眠りしながらダラダラと過ごしました。

 こうした何をするでもない時間って良いなあと思いますが、そんな時間をほとんど取れていないのが残念なところ。ダラダラし過ぎは問題だけど、還暦近くになったので多少のゆとり時間は確保せんとアカンやろなあ。
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR