FC2ブログ

事務所経営について講演をしてきました

  2月10日。水曜日。

 夕方からTKC近畿大阪会の新規入会の会員先生を前にして小一時間、事務所経営について講演をしました。

 今回はたまたまうちの事務所の近所で開業される会員先生が2名居られました。まあ、御近所さんと言っても電車に乗って10~15分程度はかかる距離ですがね。

 こうして今から税理士事務所を開業しようと意気込んでおられる新規入会の会員先生を前にして喋る機会が定期的にあると、やっぱり開業25年目に入りつつあるジジイにその都度初心を思い返させてもらえますのでありがたい事だなあと思っています。

 コロナの緊急事態宣言が発令されて、さらに年が明けてからもこうして事務所経営について喋る依頼は淡々と続いており、これで3件目ですか...。

 まあ、今日のTKC近畿大阪会の新規入会の方に喋る分は年に5回くらい定期的に開催されるやつですからコロナの影響は関係なしですが。

 私の話はとにかくオーソドックスに尽きるので当たり前の話を当たり前に喋っているだけ。こんな話を聞いていて何が楽しいのだろか?とも思うのですが、依頼が来れば嬉しそうに喋りに行く感じです(もっともここ数ヶ月はWeb形式ですから、滅茶苦茶喋りにくいのですが。)。

 1時間半ほど早めにTKC大阪SCGセンターに入って、地域会の会務運営について事務局長やセンター長と打ち合わせを済ませ当面も課題も明確化できたので、とりあえず良しとします。

 それにしても、このコロナ、早くスッキリと終わってくれないかなあ...。
スポンサーサイト



今日も事務所往復ラン

  2月 8日。月曜日。

 在宅勤務。

 昼からスタッフと事務所で打ち合わせの予定が2件入っているので、今日も通勤ランをする事にしました。

 行きは日曜日と同じく事務所まで最短距離の1.5kmを走って、汗を拭いて、着替えをし直して、打ち合わせを粛々とこなす感じです。事務所は確定申告期に入って、うちのスタッフ達はまさに大忙しって感じです。

 一方の私は、決算申告などの担当は持っていないので、仕事の内容はいつもと同じ。忙しくも無く、さりとて暇でもない...。

 打ち合わせを済ませたら再び走って帰宅なんですが、そのまま最短経路を戻るだけだと距離も稼げません。仕事に差し支えない程度のほど良い負荷がかかるように猪名川の川西側の土手沿いを北上して、能勢電鉄滝山駅手前で折り返し。呉服橋まで戻ってから旧池田の街中を通って自宅まで戻ってきて都合 8kmのランニングになりました。

 総平均ペースは 相変わらずユルユルの6分23秒/kmです。

 ランニングを身体が忘れない程度に走っているのですが、この程度のランニングじゃあほとんど身体に負荷がかかっていない感じなので、体重がジワジワと増える歯止めにはなっていないようです(泣)。

 帰宅後、そのまま昼風呂を済ませて、そのままデスクワークを再開です。

 自宅に一人籠って仕事をしていると誰とも喋らないので、すっかり独り言をブツブツと喋る怖い癖が身に付き始めています。横から見ているとオッサンが机に向かってブツブツと何事か唱えつつ...。きっと異様でしょうねえ(笑)。あ~っ、怖っ!

不思議な夢

 ここのところあまり夢なんて見た記憶が無かったのですが、昨晩はえらい鮮明な夢を見ました。

 そこで、ちょっと訳が分からない夢の顛末を一席。

 台風が通過した直後らしく、かなり流れの激しい川の中州を一人で歩き下っていました。なんで歩いていたのか意味不明です。

 なんとなく自分の中では武庫川だという事になっているのですが、そもそも私は武庫川とそんなに縁が深い訳でもありません。なぜ武庫川が夢に出てくるのか不思議と言えば不思議ですね。

 台風の直後ですから水が濁っているのが普通でしょうが、夢の中では透き通った清流だった(妙に印象に残っています。)のも屁妙な事です。透き通った清流という事ですから、色付きの夢を観ていたのでしょう。

 中州の先端が5m程度の滝状になって切れていたので、岩登りの要領でクライムダウンしましたが、そこから先は中州が途切れて激流が流れているのみ。歩いて下れるのはここまで。行き止まりです。

 数百m先に橋が見えるのですが、橋の袂の土手まで泳ぎ渡ると街に出れそうなのでそのままザブンと川に飛び込みました。後から考えると、なんでそんな危ない決断をしたのかよく分かりません。あまり危険を感じず、まさに飄々とした感じで意思決定をしていました。

 あとは激流に揉まれながらなんとか橋の袂の土手まで泳ぎ切ると、工事のおっちゃん達が集まってきて「よう頑張ったなあ。」と口々に誉めてくれます(なんで美女ではなくて工事のおっちゃん達なんかなあ。残念な夢やねえ。)。まあ、ちょっと誇らしい気分です。

 おっちゃん達のうちの一人が警察に届けを出しに行ったら賞金を貰えると言うので、そこから警察まで黙々と歩いて行きました。結構遠かったような気が...。

 ようやく警察署に到着して、受付で顛末を話すと、「この書類に内容を書いてもらえると賞金が出ます。」との事。至極真面目に書類を作成して念願の賞金を手に入れたのですが、あまり金額は大きくなかったような...。それでも何人かの警察官の方が拍手をしてくれたのでちょっと嬉しいような...。



 なんじゃこれというような夢ですが、妙にリアリティを感じる夢でした。特に激流を泳ぐ辺りは完全にカラー映像で、スリルいっぱい。アクション映画のサビの部分ですが、手に汗握る感じ。

 目が覚めた後、ちょっとしんどかったような、嬉しかったような変な感じでした。



 こうして文章にしてみると、やっぱり何のことかよく分からないですよね(笑)。

 夏目漱石が「夢十夜」って小説を書いていますが、なんだか不思議な感じだけは小説中の雰囲気そのものでした。もっとも内容に至っては、何の含蓄を含んだようなものでもないのが残念ですが(笑)。

 これって夢判断をしてもらうとどうなるんでしょうかねえ。

日曜出勤で事務所まで往復ランニング ランニングの習慣だけは途切らせないようにせんとねえ

  2月 7日。日曜日。

 朝 6時半頃から起き出して、デスクワーク。一日のスタートが早いと、ちょっと得をしたような気がしますね。

 10時から来客の予定があったので、 9時30分頃からランニングがてらに事務所に顔を出しました。

 さすがに気ままに遠回りをして距離を稼いでいたら約束の時間に間に合わなくなるので、我が家から事務所までの最短経路の1.5kmを走り下りました。総平均ペースは 別に速い訳でも何でもない6分27秒/km。

 事務所に到着後、汗臭いのもお客さんに迷惑だと思ってタオルで汗を拭き、着替えを済ませると丁度良い時間になりました。

 高校のアメリカンフットボール部のチームメイトの弟さんですが、彼の家に入り浸っていた頃に丁度小学生だったのでよく小間使いに使っていた間柄(弟君にしたら迷惑千番だったんだろうけど、嬉しそうにしてたしなあ。)。その後、彼もアメリカンフットボールをやったのでクラブの後輩でもあります。

 確定申告そのものの話より、その後のアメリカンフットボールのグタグタ話に花が咲き、お昼前に終了。

 自宅への戻りは時間の制約が無くなったので、ちょっと遠回りをしてランニング。

 猪名川沿いを神田の八坂神社付近まで南下して、その後国道171号線沿いを東進して井口堂へ。そこから池高坂、渋高坂を旧巡礼街道まで駆け上って自宅に戻る 7kmのコースです。後半はジワジワとした登りが続くので、それなりに負荷がかかるコースです。総平均ペースはやっぱりウダウダの 6分39秒/km。

 家に帰ってからも仕事があるので、あまりランニングで自分を追いこんでしまうと使い物にならなくなっちゃうので、まあこんなもんでしょう。

 帰宅後、昼風呂。ついでに嫌がる「ケン」も風呂場に引きづり込んで犬洗い。 

 小一時間、昼寝をしてからデスクワーク再開。

 こうして自宅に閉じ籠って、事務所にも最小限しか顔を出さない生活をしているとまさにコロナ対策という意味では優等生的な生活態度ですね。全然、面白くないのが難ですが。

いよいよ確定申告期が始まっていよいよ繁忙期がスタート 私はみんなの邪魔をしない様に...

  2月 6日。土曜日。

 いよいよ会計事務所の一年で一番忙しいと言われている確定申告期が始まりました。うちのスタッフもみんな忙しそうで、表情もかなり真剣モードです。私は直接的に決算申告の担当を持っている訳ではないので、忙しそうに立ち働いているみんなの邪魔をしたらアカンという事で所長室に籠ったり、在宅でチマチマとしているところ。

 今日も本来的には週末のお休みなんですが、繁忙期のこの時期だけは土曜日が出勤になって、その分を他の閑散期に休日を振り替える事務所の就業カレンダーになっているので大部分のスタッフは出勤してくれています。

 今年は、例年よりかなり速いペースで確定申告業務が進行しているので、ちょっと安心って感じです。うちのスタッフ達も随分と頼もしくなってきたもので、ありがたい限りです。

 例に漏れず、昼まで自宅でチマチマしていて14時過ぎから打ち合わせが一件あったので事務所に出勤してきました。

 お客さんには合わないので、往復はランニング。ここのところの運動不足解消に丁度良い7.5km、総平均ペースは 6分43秒/kmのユルユルランニングでした。

 自宅を出て五月山の山麓線を池田市民の五月山動物園まで下っていき、伊居太神社でお参り。そのまま猪名川の河川敷を南進して、猪名川公園事務所前で折り返して呉服神社で再びお参りを済ませて事務所到着です。

 打ち合わせ自体は小一時間で終了。

 そのまま呉服小学校の南縁に出て、そのまま満寿美、宇保、鉢塚、秦野を通って自宅に戻ってきました。鉢塚からはダラダラとした登りになるので、今の私には結構堪えます。

 帰宅後、そのままお風呂。

 「ケン」と遊んでから、さらに在宅で一仕事です。なんだか淡々と時間が過ぎていく感じですが、コロナが酷くなってから生活の彩が無くなって、何だか白黒写真のようなイメージの毎日を過ごしています。何が不満という事もないのですが、そろそろコロナ感染も終息してもらってパッと気分を解放させたいなあ。
 

とりあえず事務所まで資料を取りに行きがてらの朝ラン

  2月 2日。火曜日。

 今日と明日の二日間は終日、自宅に籠って資産税関係のビデオ研修です。

  7時頃からボチボチと勉強を始めていたのですが、一部の資料を事務所に置き忘れているのに気が付いたので小一時間かけてランニングがてらに事務所まで往復してきました。

 二日前の久方振りのランニングがあまりに無様だったもので、ちょっとした距離でもこまめに走ってランニングの基礎能力をあまり下げない工夫をしないとアカンと思ったので走ってみました。

 自宅から五月山の山麓線沿いに丘陵を下り、伊居太神社前を通過して猪名川縁を南下して事務所に到着。まだ事務所の始業前だったので数名しか出勤していない中で資料を回収してから、近所の呉服神社にお参りを済ませて、今度は満寿美、宇保、さらに鉢塚を経由して帰宅。距離にして5.5km。総平均ペースはやっぱりユルユルだったけど一昨日よりは随分とマシになった 6分46秒/kmになっていました。

 まあ、走らないよりは幾分マシといったところかなあ。

 ランニング後、朝風呂を楽しんでビデオ研修のスタート。

事務所の月初会議

  2月 1日。月曜日。

 今日は朝一から事務所の月初会議。

 今回は月初会議の様子を税理士先生が単独で見学に来られていましたが、会議そのものはいつもと同じで粛々と進められました。

 冒頭の小一時間は私の方から令和 3年度の事務所方針の話をしました。 1月の月初会議で年度方針は話しているのですが、それをもう少し具体的な形で話し直したという感じ。

 その後、業務の進捗状況の確認。それぞれの課で事前に進捗管理をしているので、問題になる様な事案もなくて昨年に比べてもかなり順調に仕事は進んでいるようです。スタッフがかなり前倒しで仕事を進めて来てくれている(コロナ禍の異常な状況下ですから何が起こるか分かりませんものね。)のを感じ、嬉しくなりました。

 スタッフみんなが、年々、着実に成長してくれている様で嬉しい限りです。


 さらに各プロジェクトから現在の問題点や進捗状況についての報告。うちの事務所ではそれぞれのスタッフが事務所の経営管理に係る何らかのテーマの改善、克服を目的にしたプロジェクトを担当しており、所長や課長と協力しながら起案、実践する仕組みにしているのですが、どのプロジェクトもかなり踏み込んだ内容で頑張って問題解決に取り組んでくれている様でありがたい限りです。

 研修、システム、業務改善、広報、営業推進等のプロジェクトがあるのですが、所長が一人でこれを全部やる訳にもいきませんから、事務所の健全な成長発展にはこういった取り組みは不可欠だと思います。

 また、よく感じる事なんですが、会計事務所のスタッフさんって目の前の会計や税務の事案については頑張って仕事をするけれども、それ以外の事務所の経営管理に絡む仕事は私の仕事に関係が無いから一切手を出しませんって感じの人が多いんですね。

 これだと経営者のお客さんの経営助言をする際に、助言内容が会計や税務に偏ったものしかできなくなってしまいます。やっぱり経営管理上の様々な論点を少ないながらでも経験して、その難しさを体験しておかないと、助言そのものの厚みが欠けたものになるのでお客さんの信頼も薄くなるような気がします。

 とは言っても、こういった所内プロジェクトにスタッフ達が積極的に取り組むとうい状況作りに苦労してきました(もう何年も成果が実らない不毛の期間を過ごしました。)が、今のうちのスタッフ達は嫌がらずに取り組んでくれるようになったので凄いなあと思っています。本当にありがたい事ですし、回り回って自身の職業会計人の成長にもしっかりと連動する事だと思うので、このまま頑張って欲しいものです。


 最後は、「TKC基本講座」の読み合わせ。 定番は 1時間なんですが、 2月は既に確定申告期に突入しているので、短縮バージョンの20分で終了です。うちの事務所のビジネスモデルはTKC全国会が提唱しているものをそのまま移植しているので、なぜこういったビジネスモデルが創り出され、TKC全国会がこれを一生懸命に育てていこうと努力をしているのかという本質的なところをスタッフ達に肌身で理解してもらうのが狙いです。面白くても、面白くなくても必須の研修としています(まあ、だいたい端から欠片も理解する気が無い人に限って屁理屈をこねながら「面白くない。」と言うもんですもんね。なんでも踏み込んでみてから判断すれば良いのにねえ。)。

 なかなか一度読んで「はい、そうですか。」というもんでもないのですが、分からないなりに読み進め、一度読み終わると再読し...という動作が必要になる書籍だと思っています。私自身も開業して24年になりますが、この書籍をもう何回読んだんだろうかなあ...。その割に理解が薄いとお叱りを受けるかもしれませんが(笑)。


 12時からは、お客さんのサンドウィッチ屋さんから人数分買って来た昼食を全員でウダウダと喋りながら...。

 スタッフ達は普段はお客さんの所に訪問して、マイペースで月次巡回監査をするのが基本的スタイルですので、一堂に会してウダウダと喋る機会があまりありません。みんなで揃ってウダウダと喋るというのは貴重な場だと私は思っています。

 今回の月初会議は確定申告期に突入しているので、いつもよりかなりの短縮バージョンで開催しました。いつもだともうちょっとそれぞれの検討も時間をかけますし、事務所内研修を開催したりするのですが、繁忙期ですからその辺りは臨機応変という事で13時頃に終了です。
 
 新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令下の異常時期なんですが、こんな時期だからこそ浮足立たず、自分たちができる事に淡々と取り組んで事務所経営の足腰の強化を図り続ける必要があるのだと思っています。

 まさに凡事徹底が、今のうちの事務所の最大テーマになるのかな。

1月はバタバタで本当に走らなかった月になってしまいました 残念!

 令和 3年 1月。とにかくバタバタと忙しくてブログのアップもままならず。このブログを書き始めて10年超になりますが、一ケ月平均で20数回は確実に記事をアップしていたのですがそれもできないくらいのドタバタで...。

 まあ、例えこのブログが中断したとしても誰も困らないので良いと言えば良いのですが、10年以上続けてきた習慣に変化が出るほどの慌ただしい一ヶ月だったという事で...。

 お蔭さんで12月まで絶好調で続いていたランニングもピタリと止まってしまい、1月で走ったのは7回。距離にしてたったの51.7km。

 その間のジジイの身体能力の低下は凄まじく、一ヶ月ちょっとのブランクですっかり走れない身体に逆戻りしつつある今日この頃です(泪)。



 とりあえずその1月の締めという事で 1月31日の日曜日のランニング記録を上げときます(と言っても上げるほどの話でも無いのですが。)。

 日曜日。朝から真面目に家に籠って仕事絡みの勉強をしていました。その勢いのままで、昼から翌日の2月の月初会議の発表資料を作りかけたのですが、事務所に資料の一部を置き忘れていた事に気が付いたのでその往復をランニングで済ませたというだけなんですがね。

 久し振りに走ってみて、とにかく急に走れなくなっている身体に成り下がっている自分に気が付いてちょっとビックリって感じでした。

 自宅から五月山丘陵を南に下ってその昔に住んでいた事のある鉢塚、宇保(それぞれ幼児期、小学生の時に住んでいた場所なので何となく懐かしい感じがします。)を通って、そのまま池田の南部にある神田地区にある八坂神社にお参りをしてから室町にある事務所へ到着。

 資料を回収して、近所の氏神さんの呉服神社にお参りを済ませて、そのまま自宅まで満寿美、宇保を通って帰宅。

 ちょっと遠回りをした事務所往復ですが、距離にして6.5km。

 何と言う事もないのですが、全くペースに乗った走りができずでした。総平均ペースは脅威的に遅い 8分 4秒/kmですから、走るというより速歩きって言った方が早い感じです。

 なんだか呼吸器系が詰まったような感じになっていて不調そのもの。

 例え一回当たりのランニング距離が短くなっても、やっぱり定期的に走り続けていかないと加速度的に年齢相応の身体能力に戻ってしまう感じですね。まあ、60歳ですから、本来的には今ある状態の方が自然なのかもしれませんが、やっぱりあまり面白い話でもないしなあ。

 相変わらず仕事やその周辺の勉強、TKC近畿大阪会関連の会務に忙しくて、しっかりとしたランニングの時間は取れそうにありませんが、それでもそれなりの頻度で短時間でも走り続けておかないと身体パフォーマンスを維持しておく事ができないってのが1ヶ月超の中断でよく理解できた感じです。

 やっぱり身体能力が徐々に下っている老齢期にそれなりにランニングやトライアスロンで楽しもうと思うと、身体のメンテナンスは若い人に増して何倍も必要になるって事ですよねえ。  
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR