FC2ブログ

北 杜夫さん死去

 昨日、ラジオで北 杜夫さんの死去が伝えられました。

 ショックです。



 小学生の時に、本屋で立ち読みをしていて文庫本のコーナーで「船乗りクプクプ
の冒険」を見つけ出し、本の概念を飛び出したような内容に強烈なインパクトを
受けてから、「どくとるマンボウ青春期」や「どくとるマンボウ航海記」を始めとした
「どくとるマンボウ」シリーズや「楡家の人々」...。

 なけなしの小遣いをやりくり(確か月300円から500円程度でした。「船乗りクプ
クプの冒険」を見つけ出したのも値段が200円を切っていて安かったからじゃな
かったかなあと思います。)して、次から次へと読み漁りました。

 私の生涯で初めて一人の作家に入れあげて作品を読み漁る最初の体験を
させてもらった作家です。

 私の人生に与えた影響も絶大で、「どくとるマンボウ青春期」を読んでから学
校の引いたレールの上を歩くことに拒絶感を持ち、自分の人生ってなんだろうと
幼稚な頭をひねりながら生き方を模索しだすきっかけを頂きました。

 小、中学生の自分にとっては「どくとるマノボウ」シリーズは、読んでいてもその
すべてが理解できるものではありませんでしたが、なんだか大人の匂いを感
じ、なんとなくそのハチャメチャさに憧れを抱いていました。

 

 そう言えば社会人になってからほとんど北 杜夫さんの作品を読んでいませ
んし、その消息についてもあまり耳にしなくなりましたが、今の私の性格のあ
ちこちに北 杜夫さんから頂いたフフフなものが根をおろしているのを感じます。

 ちょっと寂しい気持ちにさせられるニュースでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR