FC2ブログ

横浜で一泊二日の研修

 金曜日と土曜日の一泊二日で、笹岡先生の資産税に関する研修を受けに
行きました。

 朝の10時から夕方16時半までビッシリですから結構ハードです。

 今回のテーマは「土地等の時価について」ということです。基本的には資産税
の世界では財産評価基本通達に基づく路線価評価や固定資産税評価額を
基にする倍率方式で算定するのですが、低額みなし譲渡や負担付贈与等の
問題が起こった時にはこういう税務的な考え方の時価ではなくて、一般的な
取引通念上で使われる時価を基本に考えることになるのですが、この一般的
な時価というものが我々税理士には分かりにくくて困ることがよくあります。

 結局、問題が大きくて慎重を期したいときには不動産鑑定士の鑑定評価と
いうものを基本にして考えていくことになるのですが、ややこしいことにどうや
ら不動産鑑定士が考えている時価と税理士が考えている時価は大きく異なっ
ており、私たち税理士から見れば不動産鑑定士が考える時価の考え方に対
しては理解不足の状況になっています。

 そこで今回の一泊二日で不動産鑑定士から見た土地等の評価や時価の考
え方をしっかりと理解して、鑑定評価書にも目を通してその内容に馴染み、さ
らに過去の判例なども広く深く検討してみようという趣旨で開催されました。

 なかなかこの不動産鑑定士の世界と税理士の世界の常識に通暁している人
間が少なくて、これが実務の世界での混乱の原因になっているのですが、今回
の研修でこういった問題について取り組んでいく際の指針が自分の中にできた
ような気がしています。

 それにしても笹岡先生の博覧強記振りには毎度驚嘆です。2~3ヶ月に一回
くらいの割合で研修に参加して、自分の足りずを一生懸命にキャッチアップしている
のですが、勉強しても勉強しても先生の知識の果てが見えません。

 毎度、こういった研修に参加してもっと勉強しなければというモチベーションアップだ
けは強烈に意識させてもらっています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR