FC2ブログ

「ホームページ&Facebook リアル活用術」を受講して

 午後から3時間ほど「ホームページ&Facebook リアル活用術」の講座を受講して
います。事務所でも事務所のホームページやリクルート専用ホームページ、さらに今年
採用の新人達のブログ(大きく育て! ヒヨコ倶楽部)や私自身のこのブログなど
も作っていますが、今一こういったIT系の媒体の使い方が分かりません。

 よく事務所としてIT系の媒体を使ったブランディングが大切という記事を見ます
し、そういった事を熱心に喋る人ともお会いしますが、今一だからどうなのって
感じから抜け切れません。

 そんな曖昧模糊とした状況から脱するために本を読んだり(結局分からない
ままです。)して努力をするのですが、埒が開かずにこの講座に出席した訳で
す。

 

 でも結果は、今一分からないままです。

 先生が色々な活用事例をウェブ画面で紹介してくれて、色々な活用事例を述
べてくれるのですが、大規模小売業の事例であったり、海外事例であったりし
て会計事務所としてぐっと来るようなものではありませんでした。

 また講座の中ではコミュニティーを作ってたくさんの方の集客をして、それに対し
て情報を発信していくということを是として話をされるのですが、確かに広告宣
伝的な要素は否定できないかもしれませんが、そうやたらと人を集めてもうち
の事務所としては意味が無くて、ニーズや問題意識がぴったりのお客さんに見て
もらうという点が重要なんですが...。

 また発進する情報の質や種類についてはコメントが無く、この辺りの考え方につ
いての考え方が曖昧なままで終わってしまいました。

 やっぱり色々な事例を見ながら自分オリジナルでこういったことは考え込まない
と駄目なんだなあと痛感しました。



 事務所にとって望ましいホームページやブログ等のIT媒体の使い方を巡る旅はま
だまだ緒についたばかりで、先が見えません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: No title

> ご指摘ありがとうございます。仰る通りホームページにはある程度の情報や事例があてこそ価値があって、それ以上のぞむ場合には連絡をどうぞという基本スタイルが必要だということはその通りだと思います。
>
> ですが、会計事務所としてどのような情報(情報は山のようにあるのですが、見る方が望まれる情報がどのようなものかが千差万別で、対象が上手に絞り切れていないのだと思います。)をどのおうな見せ方をしてという原理原則の分析ができていないから今一落ち着きなく、自信なくホームページを運営しているような事態になってしまっているのだと思います。
>
> 先日の講座では集客の方法ばかりに視点があり、聞いていてちょっとストレスがありました。ご指摘の通り、まずはちゃんと対象を絞り切って、その対象の方に対して適切な情報を適切に表現するということが大事なんだということですよね。これとて実際にやるとなると簡単なことではないと思いますが、考え方は極めてシンプルで分かり易いと思います。
>
> ありがとうございました。ホームページ等も参考にさせてもらいます。
>
>
>
>
プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR