FC2ブログ

「小花庵」

 日曜日の朝一で、生パスタ作りに精を出して、犬の散歩で遊び、さらに家の大掃除(中掃除?)と午前中は目一杯働いたので、ちょっと遅い昼ご飯ですが近所のお蕎麦屋さんに嫁さんと二人で行きました。

 ここは手打ちの蕎麦とうどん(蕎麦がメインでうどんは多分おまけでやっているようです。)の店で、池田の自宅からですと猪名川を渡ってすぐの堤防沿いの道近くの住宅街の中(兵庫県川西市)にさりげなくあります。

 駐車場はちょっと離れたところに4台と店の前に2台。

 土、日の昼時に行くといつも一杯です。が、一杯になるのも納得。とにかく蕎麦らしい蕎麦を出してくれますので、いつ食べても満足感一杯です。

 今日は14時を過ぎているのですが、やっぱりお客さんで一杯でした。

 店主はそれこそ絵に描いたような頑固一徹のオヤジって感じです。私達がざる蕎麦をすすっていると、隣に来ては「最初のうちはツユにつけないで塩(店主は青酸カリと言っていますが...。)をちょっとつけて食べた方が蕎麦そのものの味や香りが楽しめて美味しい。」とか、ツユにつける時も「山葵(いい山葵を使っていると思います。)をちょっと取って蕎麦で巻くよう
にしてつけて、ツユにつける時も箸側の蕎麦を一部ツユに浸さない方が、山葵と蕎麦とツユそれぞれの味とそのハーモニーが楽しめる。」とかボソボソと伝授しにやってきます。

 注文をとっているオバサンも独特の風情でサービスをしています。一見無愛想に見えますが、実は小さな声でボソボソと色々と話しかけてこられて、その話を良く聴いていると実はおもしろいコメントだらけなのです。このギャップがなんともおかしくて、私達は大ファンです。

 蕎麦はどれを頼んでもたっぷりの量があり、蕎麦の名店を気取ってチョロッとしか入っていない店とは違って、私達庶民の見方です。この気取らなさ、ありふれた雰囲気でちゃんとおいしい味を出しているというのがいいなあと思います。

 飲食店でもちょっと気取った店というのが結構たくさんあります(ケースバイケースで必要なのでしょうが...。)が、私達夫婦は呼吸がつまって窒息死しそうですから、できれば日常感覚を感じさせながら実は美味しい店なんていうのが最高に嬉しいなあと思っています。なかなかこの微妙なバランスをクリアするのが難しいようですが...。

 仕上げはドロドロの蕎麦湯(これもタップリでてきます。)を、最初は塩で、その後はツユで割って飲んでお終い。下手をすると蕎麦湯だけでもお腹一杯になるほどの重量感があります。

 夫婦二人で小1時間。充分満足した昼ごはんでした。

 さあ、これから有馬温泉でも行って、ゆっくり過ごして来るとするか。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR