FC2ブログ

土曜日の事務所で考える

 うちの事務所は隔週週休二日。

 今朝事務所に来てみると、本来は出勤日なのですがスタッフ全員が確定申告
期の振替休日を取っているために空っぽです。嫁さんと二人ポツンと仕事をし
ています。

 事務所を開業して16年が経過しようとしていますが、いろいろな問題や壁を
乗り越えて、やっとほぼ完全な形で労働基準法に準じた事務所運営ができる
ようになりました。

 労働基準法で問題にならないというのは法規に抵触しないという事で、スタッフ
全員が幸せを感じるというレベルとは異なることは充分認識しています(労務管
理の次なるテーマはこの部分です。)が、ここ数年間の取組で正常化が図れた
事は喜びです。



 スタッフ達の仕事は事務所のサラリーマンという形でしていますので勘違いをしやす
いのですが、職業専門家ですから本来的には労働基準法の枠内で修業をして
それで一人前のスキルが磨けるのかといった指摘もありますし、私自身はそんな
ディープな世界で育てられましたので、ディープな世界の良さも理解できるのですが、
経営者として事務所運営の中でそのことを公言する事はもはやできません。

 職場を離れて個人として修養を積まないと迫力を持った職業専門家になれず、
結局は一生苦労することになるよとは思いますが...。

 そういった意味では、我が事務所においても個人の自覚と行動がはるかに試さ
れる時代になってきたようです。



 過日、とある電機メーカーの同年代の営業部長と個人的に話をしていて、「我々の
頃は開発プロジェクトのスケジュールが例え不合理でも徹夜の連続で何とかこなしてい
たもんだ。今の若手はそれが無理でどうしても開発スケジュールが後ろにズレる傾向
が強く、この開発スピードの一点において韓国メーカーに押されてしまう要因になって
しまっている。お客さんには他の要素は未だ日本のメーカーの方が優れた点も多く
そんなに差がつくことなんてないのだが、開発スピードという点を指摘されると足元
の若手が頑張り切れず辛い。」と言われていました。

 もちろんこの営業部長さんは単に愚痴っているだけではなく一矢報いるべく孤軍
奮闘されて現在でも相当な営業実績を上げられている方ですが、おそらく10年後
に若手が私の立場に立った時には私のようなハンドリングは出来そうな予感がないの
で、ちょっと日本の今後が心配だと感想を述べられていました。

 最近の日本はいろいろな点で問題が発生しており、一概にこれが正解という答え
が出せないのですが、どうやら日本国民全体のサラリーマン志向が強まり、「俺一人で
も闘ってやる。」というファイターがいなくなっているのではないかとのことでした。



 うちのスタッフもこの電機メーカーの営業部長の指摘が決して当ってしまうことのないよ
うに、労働時間についてはきっちりと労働基準法の枠を遵守することは当然としても、
知恵を絞る事については血眼で頑張って欲しいなあと思います。

 「そんなことは言われんでも分かってるわい。」そんな気概を持って人生頑張って
頂戴って願っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野垣 浩

Author:野垣 浩
 
 大阪府池田市で公認会計士・税理士事務所 を経営。税務や会計の切り口から中小零細企業の良きビジネスドクターたらんと頑張っています。

 28歳までスキーの世界で飯を食べていましたが、それから一転して公認会計士を目指し、36歳で独立して公認会計士・税理士の事務所を経営するようになりました。この世界では変わり種です。

 さすがにもうアメリカンットボールの試合に出場(高校時代は大阪代表になっていました。)することは無くなりましたが、週末には長距離ランイングやロードレーサーで周囲を走り回り、ロードレーサーやトライアスロン、フルマラソンの大会に出場しては惨敗を繰り返している元気な53歳です。

 守秘義務の関係で業務上の詳細は書けませんが、日常業務の折々の雑感やプライベートの出来事を書いていこうと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR